ドコモ光は24社のプロバイダから選べるけど注意点がある?!

ドコモ光は24社のプロバイダから選べるけど注意点がある?!

『ドコモ光を使いたいけど、プロバイダがたくさんあってどこが良いのか分からない』

そんなお悩みを持つ人のために、ドコモ光のプロバイダ24社の比較と選び方のポイントおすすめプロバイダをご紹介します。

この記事を読めば、ドコモ光のプロバイダ選びに失敗せずお得に使い始めることができまので、ドコモ光のプロバイダ比較に役立ててみてください。

※表記している価格は税込みです。

そもそもプロバイダって何?役割は?

プロバイダとは、インターネットと回線をつなぐ役割を担う事業者のことを指します。

例えば自宅にドコモ光の回線を引くだけでは、インターネットは使えるようになりません。プロバイダと契約してドコモ光の回線をインターネットに接続してもらうことで、インターネットのさまざまなサービスが使えるようになります。

NURO光・So-net光プラス(So-net)、ビッグローブ光(BIGLOBE)など、回線事業者がプロバイダのこともあります。

ドコモ光は契約時に24社のプロバイダから選べ、一緒に契約ができ、月額料金にプロバイダ料も含まれています。ですが、フレッツ光はネット回線の料金とは別に、プロバイダ料金は提供事業者に支払う必要があります。

ドコモ光を使うならプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ

結論から先にお伝えすると、ドコモ光の回線が利用できるプロバイダを比較した結果、「GMOとくとくBB」がおすすめです。

『プロバイダなんてどこを選んでも同じでしょ?』と考えている人もいるかもしれません。しかし、実際はプロバイダの選び方によって料金や受けられるサービスが変わってくるので、プロバイダ選びは重要です。

数百円の差ですが、上手にプロバイダを選べば月々の通信料金を節約することができます。また、キャッシュバックのキャンペーンを利用して、さらにお得にプロバイダと契約することもできますよ。

それでは、GMOとくとくBBの特徴と、おすすめの理由について見ていきましょう。

v6プラス対応なので速度が速い

v6プラスとは高速通信が可能になる次世代の通信技術です。GMOとくとくBBはv6プラス対応なので、ストレスフリーな高速通信が楽しめます。

ドコモ光はフレッツ光を利用した回線のため、混雑している時間帯は回線速度が遅くなりがちです。ですが、v6プラスを利用すれば混雑による回線の遅延がおきにくく、いつでも快適にインターネット回線が利用できます。

GMOとくとくBBの公式サイトでは全国各地の平均通信速度(実測値)を公開しているので、安心して高速通信が利用できそうです。

v6プラス対応のWi-Fiルーターレンタル

さらにGMOとくとくBBでは、v6プラス対応のWi-Fiルーターを無料でレンタルすることができます。ルーターが有料のプロバイダと比較すると、レンタル料金分お得に利用できますね。

Wi-Fiルーターは、BUFFALO製・NEC製・ELECOM製など様々なルーターから選ぶことが可能です。どれも速さにこだわった仕様のルーターなので、無線LAN環境でも高速な通信が実現できます。

さらに37ヶ月以上利用した場合は、解約時にWi-Fiルーターの返却が不要です。未返却による損害金の支払いを防ぐことができるだけでなく、無料で高性能なルーターをゲットすることができるのでお得ですね。

マカフィーのセキュリティサービスが1年間無料

GMOとくとくBBに申し込むと、インターネットのセキュリティを強化してくれるマカフィーのセキュリティサービスが1年間無料で利用できます。

スパイウェアやウイルス対策、迷惑メール対策など、通常は有料のサービスが12ヶ月間無料です。13ヶ月目以降も利用を継続する場合は550円の利用料がかかりますが、12ヶ月目で解約をすれば利用料は一切かかりません。

インターネットセキュリティに関しての知識がなく、自分でセキュリティソフトを選ぶのは難しいと感じる人には、GMOとくとくBBが無料提供しているセキュリティサービスの利用がおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX2+のキャンペーン

GMOとくとくBBは、プロバイダの他にもWiMAXのサービスも提供していて、最大30,100円キャッシュバックや月額料金の割引などのキャンペーンが実施されています。

WiMAXにはデータ容量制限なしのプランもありますし、モバイルWi-Fiルーターのため外出時にも持ち歩けるといったメリットがあります。外出先でもデータ容量を気にせず高速インターネットを使いたい人は、WiMAXを持っていればいつでもインターネットを楽しめそうですね。

端末代も0円ですので、手軽に使い始められますよ。

GMOとくとくBB WiMAX2+のキャンペーンについては以下の記事をご覧ください。

プロバイダを選ぶ際の基準や注意点

すでにお伝えしているように、ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめですが、プロバイダを選ぶ際のポイントや注意点をご紹介します。

月額料金の安さで選ぶ

ドコモ光の月額料金は5つのタイプによって異なります。

  • タイプA
  • タイプB
  • タイプC
  • 単独
  • ドコモ光ミニ

ドコモ光1ギガプラン(2年契約)を申し込んだ場合の月額料金は以下のとおりです。

 ホームタイプマンションタイプ特徴
タイプA5,720円4,400円プロバイダ料金含む
タイプB5,940円4,620円プロバイダ料金含む
タイプC5,720円4,400円ケーブルテレビ回線で速度が遅い可能性がある
単独5,500円4,180円プロバイダ料金別途のため割高
ドコモ光ミニ2,970〜6,270円プロバイダ料金別途のため割高 従量プラン

ドコモ光の回線を利用するなら、タイプAがおすすめです。タイプAとBどちらもプロバイダ料金込みですが、タイプBはタイプAより220円高いです。

タイプCはケーブルテレビの回線を利用するプランで、IPv6非対応のため回線速度が遅い可能性があります。現在のケーブルテレビの回線を利用してドコモ光に乗り換えたいなどの事情がない限りは、あまりおすすめできません。

単独タイプはプロバイダ料金が含まれていない契約タイプです。ドコモ光の未提携プロバイダを利用したい場合などはこのタイプになりますが、割高になります。

ドコモ光ミニは戸建て向けの2段階定額サービスです。使わなかった月は2,970円、200MB以上は10MBあたり33円の従量課金で、1,200MB以上は6,270円の定額です。家で日常的にインターネットを利用する場合は、結局6,270円の定額料金まで利用してしまう可能性が高いため、こちらのプランも割高です。

タイプAとBの対応プロバイダは以下の通りです。なお、1ギガと10ギガで対応プロバイダの数は異なります。

タイプA

タイプA 対応プロバイダ
ドコモnet ◎plala ◎GMOとくとくBB ◎@nifty
DTIandline ◎BIGLOBESIS
hi-ho ◎ic-net ◎Tigers-net.comエディオンネット ◎
SYNAPSEBB excite ◎楽天ブロードバンドTikiTiki
@ネスク01光コアラ  
※プロバイダ名の後ろに◎が付いているのは、10ギガにも対応しています。 ※BB exciteとエディオンネットは10ギガではタイプBに属します。

タイプB

タイプB 対応プロバイダ
OCN@TCOMTNC@ちゃんぷるネット
Asahiネット ◎WAKWAK  
※プロバイダ名の後ろに◎が付いているのは、10ギガにも対応しています。

タイプC

タイプCの提携ケーブルテレビは、地域によって異なります。一部地域の提携ケーブルテレビをご紹介します。

タイプC 対応ケーブルテレビ
シー・ティー・ワイケーブルネット鈴鹿近鉄ケーブルネットワークエヌ・シィ・ティ
ニューメディアテレビ小松多摩ケーブルネットワーク香川テレビ放送網
秋田ケーブルテレビ伊賀上野ケーブルテレビ上越ケーブルビジョン射水ケーブルネットワーク
アドバンスコープテレビ岸和田ケーブルテレビ富山ケーブルメディアワイワイ
ベイ・コミュニケーションズキャッチネットワークTOKAIケーブルネットワークKCN京都
上田ケーブルビジョン鹿沼ケーブルテレビエコーシティー・駒ヶ岳中部ケーブルネットワーク
ひまわりネットワークシーシーエヌ長崎ケーブルメディア出雲ケーブルビジョン
知多メディアスネットワーク   

IPv6対応のプロバイダを選ぶ

インターネットの利用シーンが増えている昨今は、インターネットの速度が重要です。速度が遅いと利用時にストレスが溜まりますし、やりたいことがスムーズに行えない難点もあります。

IPv6という新しい通信規格に対応したプロバイダであれば、混雑する時間帯でも速度が遅いと感じることなく快適にインターネットが利用できますので、IPv6が利用できるプロバイダを選ぶのがおすすめです。

Wi-Fiルーターのレンタル有無で選ぶ

家でインターネットに接続する時は、有線接続ではなくWi-Fi接続することが圧倒的に多いと思います。

IPv6を利用する場合はIPv6に対応したWi-Fiルーターが必要です。よって、Wi-Fiルーターをレンタルしているプロバイダを選べば、別途自分で用意する必要がありません。

IPv6対応のWi-Fiルーターレンタルがあるか、購入する場合はどれくらいするかについても確認しておきましょう。

キャッシュバックなどのキャンペーンで選ぶ

プロバイダの中には、新規契約やオプションサービスの加入によってキャッシュバックキャンペーンを実施している場合があります。

キャッシュバックのために無理にオプションサービスに加入する必要はありませんが、プロバイダ契約するだけでキャッシュバックがもらえるならお得です。

ドコモ光のプロバイダ全24社を表で比較

ドコモ光のプロバイダ全24社について、IPv6サービス名、申し込みの必要・不要、Wi-Fiルーターレンタルの有無、キャッシュバックの項目を一覧表にしてみました。

タイプA(18社)

プロバイダ名IPv6サービス名申し込みWi-Fiルーターキャッシュバック
GMOとくとくBBv6プラス不要無料レンタル最大20,000円
ドコモnetIPv4 over IPv6機能不要××
plalaぷららv6エクスプレス不要無料レンタル最大15,000円
@nifty@nifty v6サービス不要無料レンタル最大20,000円
DTIIPv6(IPoE)接続サービス×dポイント最大10,000pt
BIGLOBEIPv6オプション不要無料レンタル×
ic-netv6プラス無料レンタル×
andlineIPv6サービス無料レンタル×
Tigers-net.comv6プラス無料レンタル×
SISIPv6サービス(v6プラス)不要無料レンタル×
エディオンネットIPoE(IPv4 over IPv6) 接続機能××
SYNAPSEIPv6接続オプション××
BB exciteIPv6 IPoE接続サービス××
楽天ブロードバンドIPv6接続機能××
hi-hoIPv6_IPoE接続サービス無料レンタル×
TikiTikiv6プラス有料レンタルdポイント最大20,000pt
@ネスクv6プラス××
01光コアラIPv6接続オプション××

タイプB(6社)

プロバイダ名IPv6サービス名申し込みWi-Fiルーターキャッシュバック
OCNOCN v6アルファ無料レンタル最大20,000円
@TCOMv6インターネット接続機能(IPoE)不要無料レンタル×
TNCPPPoE IPv6機能不要××
WAKWAKIPv6接続機能不要××
AsahiネットIPv6接続機能××
@ちゃんぷるネットv6プラス無料レンタル×

GMOとくとくBBは、申し込み不要でIPv6対応サービスが利用でき、Wi-Fiルーターが無料レンタルできます。さらに最大20,000円 の高額キャッシュバックを受けることができるので、お得に利用開始ができます。

GMOとくとくBBのキャンペーンを紹介

ドコモ光×GMO引用元 GMOとくとくBBのキャンペーンサイトより

「GMOとくとくBB」のキャンペーンサイト経由でドコモ光を申し込むと、高額キャッシュバックがもらえるだけでなく、工事費無料、dポイント付与などのドコモ光が公式で行っているキャンペーン特典も受けられるのでよりお得になります。

GMOとくとくBBのキャッシュバックの条件や、特典内容を確認しておきましょう。

最大20,000円 キャッシュバック

GMOとくとくBBの公式サイトからドコモ光を申し込むと、最大20,000円 の高額キャッシュバックを受け取ることができます。

条件や受け取り時期

条件はドコモ光を2年契約で申し込み、以下のオプションに加入することです。

  • 20,000円 :ひかりTV for docomo(2年割)+DAZN for docomoに加入
  • 18,000円:ひかりTV for docomo(2年割)に加入
  • 15,000円:DAZN for docomoまたはスカパー!(1,980円以上の商品)に加入
  • 10,000円:dTVまたはdアニメストアに加入
  • 5,500円:オプション加入なし

なお、キャッシュバック受け取り時期は、ドコモ光工事開通月を含む4ヶ月目にキャッシュバック特典の振り込みに関する案内メールが届きます。その案内にしたがって支払い口座の登録すると、翌月末日に振り込まれます。

GMOとくとくBB限定のキャッシュバックなので、公式サイトや家電量販店で申し込みをした場合にはキャッシュバックはもらえませんので気をつけましょう。

2,000ptのdポイントプレゼント

GMOとくとくBBでドコモ光を申し込んだ場合でも2,000ptのdポイントが付与され、フレッツ光からの転用や他社光コラボからの事業者変更の場合も2,000ptがもらえます。

v6プラス対応のWi-Fiルーターレンタル永年無料

また、GMOとくとくBBにはv6プラス対応のWi-Fiルーター無料レンタル特典もあります。

先程もお伝えしましたが、Wi-FiルーターはBUFFALO製・NEC製・ELECOM製などのメーカーから選ぶことが可能で、いずれもv6プラス対応です。他のプロバイダと比較してもGMOとくとくBBは高性能なWi-Fiルーターを提供しているので、快適なインターネット通信が期待できますよ。

ドコモ光を利用中はレンタル料が永年無料なだけでなく、37ヶ月目以降はドコモ光を解約しても無料で使い続けることができます。タダでv6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターを手に入れることができるのでお得ですね。

◆キャンペーンサイト:ドコモ光×GMOとくとくBB

もしプロバイダを変更したい時はどうしたら良いの?

ドコモ光の対応プロバイダ内で変更したい場合の方法をご紹介します。

変更にかかる手数料

タイプAからタイプBへ、またはその逆、タイプA・Bから単独プランへ変更する場合は、事務手数料3,300円が発生します。単独プランからタイプA・Bに変更の場合のみ、事務手数料はかかりません。

その他、別途旧プロバイダ側で解約の手数料が発生する場合があります。プロバイダ変更に伴う解約金が必要かどうかは、現在利用中のプロバイダに確認しましょう。

変更手続き

変更手続きドコモインフォメーションセンターへ電話、または近くのドコモショップで対応可能です。ドコモのネットワーク暗証番号や、光回線契約者IDなど契約者情報の確認が必要なので、契約書類を控えておきましょう。

  • ドコモインフォメーションセンター
    0120-800-000(携帯電話・PHS可)
    午前9時〜午後8時(年中無休)

変更の注意点

新しいプロバイダへの変更は10日〜3週間ほどかかります。ゴールデンウィークや年末年始など大型連休と重なる時はもっと期間を要する可能性もあるので、時期に余裕を持って変更の手続きを行いましょう。

新しいプロバイダへ切り替えた後は、旧プロバイダの契約は自動的に解約になりますが、旧プロバイダで契約していたオプションサービスについては解約がされません。オプションサービスの解約は旧プロバイダに別途連絡が必要です。

プロバイダ変更の設定

プロバイダ変更の際は工事不要ですが、Wi-FiルーターやONUなど宅内機器の設定変更が必要です。

切り替え日になったら新しいプロバイダから送られてくる案内を元に、初期設定を行いましょう。初期設定の大まかな流れは以下のとおりです。

  1. Wi-Fiルーターを設置・接続
  2. パソコンで切り替えを行う
  3. プロバイダから通知された接続先名、ユーザー名、パスワードなどを入力して設定

そこまで難しくはないので安心してください。

旧プロバイダのメールアドレス

旧プロバイダを解約した後は、旧プロバイダから発行されているメールアドレスは利用できなくなります。

ただし、月額220〜330円程度でメールアドレスを残すことができるプランもあるので、プロバイダのメールアドレスを使っている場合はアドレスを残すプランを利用すると良いでしょう。

ですが、現在はフリーメールアドレスが簡単に取得できるので、プロバイダのメールアドレスを利用している人はプロバイダ変更を機にフリーメールアドレスの利用に切り替えても良いかもしれません。

まとめ

ドコモ光と提携している24社のプロバイダについて比較と選び方、おすすめプロバイダ「GMOとくとくBB」の情報をご紹介しました。

v6プラスに対応、Wi-Fiルーターの無料レンタル、キャッシュバックキャンペーンなどの内容から、ドコモ光を利用する際はプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトからドコモ光を申し込めば、独自の特典だけでなく、ドコモ光公式で実施している工事費無料やdポイントプレゼントなどのキャンペーンも受けられますよ^^

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*