ドコモ光のプロバイダ「TikiTiki」は遅いの?評判を調査!

ドコモ光のプロバイダ「TikiTiki」は遅いの?評判を調査!

みなさんは「TikiTiki」というプロバイダをご存知でしょうか?

今でこそ大手と呼ばれている会社には認知度で劣るものの、インターネット黎明期から運営している老舗プロバイダです。

そのTikiTikiですが、ドコモ光のプロバイダ・タイプA(安い料金体型のタイプ)から選べることを知らない人も多いのではないでしょうか?

プロバイダとして歴史の長いTikiTikiが、ドコモ光ではどのようなサービスが提供されているのか?プロバイダとして回線速度は速い?遅い?など、実際のユーザーの口コミや評判から分かったことをご紹介します。

20年以上の実績を誇る「TikiTiki」

今回紹介するドコモ光のプロバイダTikiTikiですが、名前を初めて聞く人もいるかもしれません。

今でこそ他社の勢いに譲る形となっていますが、その歴史はプロバイダ事業者の中でもずっと古く、1997年7月にTikiTikiインターネットサービスが開始された古参プロバイダなのです。

TikiTiki ロゴ
引用元 TikiTiki公式サイトより

20年以上の歴史を誇るプロバイダは、他にOCNや@niftyなど大手の名が挙がり、それに並ぶ老舗プロバイダなのがTikiTikiなのです。

ちょっと古い口コミですが、TikiTikiの話題で目にするのが『懐かしい』。上のつぶやきも既に8年以上前のものですが、この時点で懐かしいと言われるくらい昔から存続しているプロバイダなのです。

古参のネットユーザーの多くが懐かしいと口にするTikiTiki。まさにインターネット黎明期の立役者だったことが窺えますね。

また、岡山県で人気のインターネット光回線メガエッグと並び、名前が出てくることから当時の人気もしのばれます。また、TikiTikiは2015年7月からTiki光コラボのサービス提供も行なっています。

ちなみにプロバイダ名のTikiTikiとは、ポリネシア神話の人類創造の神を由来としています。イメージキャラクターも南の楽園のお姫さまをモチーフにしており、会社ロゴとして現在も活躍中です。

ポリネシアというとハワイを連想する人も多く、TikiTikiのことに触れている口コミも見つかりました。

 

ドコモ光×TikiTikiの「Tikiドコモ光」

ドコモ光×TikiTiki(Tikiドコモ光)引用元 TikiTiki公式サイトより

今回紹介するのはドコモ光のプロバイダとしてのTikiTiki、その名も「TikiTiki×ドコモ光(Tikiドコモ光)」

特にひねりもないストレートな名前ですが、プロバイダTikiTikiのみでだけでなくドコモ光のサービス利用がTikiドコモ光で可能となります。TikiTikiがドコモ光でのプロバイダ提供を開始したのは2016年6月なので、光コラボ登場の約1年後です。

TikiTiki×ドコモ光で提供されるサービス

TikiTiki プロバイダサービス概要
メールアドレス数1個
メールBOX容量1GB
ドメインtiki.ne.jp
セキュリティソフトプロバイダ有料サービス
リモートサポート
訪問サポートプロバイダ有料サービス
Ipv6PPPoE
IPv6通信
その他のサービス・ホームページ(20MBまで)
・Webメール
・メール転送サービス

ドコモ光でプロバイダにTikiTikiを選ぶと、上記の基本サービスが提供されます。

メールアドレス1個や1GBのメールBOXなど基本サービスは抑えていますが、現在のネットのサービスからすると正直、少し寂しい内容です。個人事業や家族で使う場合でのメールアドレス1個というのは厳しく、最大容量1GBというのもなんだか心もとない感じがしますね・・・。

プロバイダによってはメールアドレスが最大15個だったりメールBOXも無制限だったりするので、他のプロバイダに比べたら劣ると言わざるを得ないのが正直なところです。

メリットの少なさは、後述するドコモ光公式のキャンペーンでカバーするしかないようです。

月額料金

 戸建てタイプマンションタイプ
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円
タイプC5,200円4,000円
単独タイプ5,000円+プロバイダ料3,800円+プロバイダ料
※2年契約プランで申し込んだ場合。申し込みなしの場合はそれぞれ+1,500円。

ドコモ光は、タイプA・B・Cの中からプロバイダを選択することが可能です。

Tikiドコモ光はプロバイダタイプAで、ドコモ光での最安値のプランとなります。そのため、ドコモ光×TikiTikiの月額料金は、戸建てタイプが5,200円、マンションタイプが4,000円になります。

ただ、最安値とは言ってもリーズナブル化が進んでいる光コラボの昨今、ドコモ光は他社光コラボと比較してしまうと基本料金はやや高いという点は否めません。

ドコモ光で実施中のキャンペーン

また、TikiTiki独自として行っているキャンペーンはありません

ドコモ光で実施中の主なキャンペーン

  • 工事費無料
  • dポイント2,000ptプレゼント

現在ドコモ光で実施されている主なキャンペーンは上記2つですが、ドコモ光公式で行われているキャンペーンなので、どのプロバイダを選んでも受けられます。

工事費無料 + dポイント2,000ptプレゼント

ドコモ光 工事費無料引用元 docomo公式サイトよ

事務手数料3,000円
工事費用戸建て:18,000円
マンション:15,000円
→ キャンペーンで工事費無料

現在ドコモ光では工事費用キャンペーンが行われていますが、このキャンペーンは公式キャンペーンなので、TikiTiki以外のプロバイダを選んでも適用されます。

ただし、ドコモ光の工事費無料キャンペーンは期間限定の場合があるので、『気づいたら終わっていた…』なんてことにならないように注意しましょう。なお、土日祝日工事の追加工事費用や、2020年4月から提供開始している「ドコモ光 10ギガ」の工事費用は対象外です。

もう一つのdポイントプレゼントは、ポイント数の変動はあるものの常に行われているキャンペーンです。

工事費無料キャンペーンの注意点

  • 新規契約の契約事務手数料(3,000円)はかかる
  • 土日祝日工事の際にかかる別途費用は対象外
  • 「ドコモ光 10ギガ」はキャンペーン対象外
  • 申し込み月を含む7ヶ月以内に開通すること
  • 引っ越し、提携CATV(タイプC)からの切り替えは対象外

dポイント2,000ptキャンペーンの注意点

  • 申し込み月を含む7ヶ月以内に開通すること
  • キャッシュバック受け取りまで継続利用
  • ドコモ光開通月の翌々月に進呈

先程もお伝えしましたが、工事費無料キャンペーンは期間限定の場合がある点に注意が必要です。申し込みから7ヶ月以内に開通するという条件があり、比較的猶予はありますが申し込み後はなるべく早く開通させることをおすすめします。

一方のdポイントプレゼントですが、進呈されるポイントは有効期限が6ヶ月間と決まっているため長期間の保有ができません。ですので、ポイントの用途が特に無ければネット回線やスマホの支払いに充ててしまう方が良いでしょう。

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割引用元 docomo公式サイトより

「ドコモ光セット割」は、ドコモのスマホ・ケータイとドコモ光をセット利用することで、毎月のスマホ料金が最大1,000円割引されるサービスです。

大手携帯キャリアのauやソフトバンクでもスマホとネット回線とのセット割引は提供されていますが、月額500円の光電話(固定電話)サービスが適用条件になっています。ですが、ドコモ光でスマホセット割を組む場合にはオプション加入は必要ありません。

なお、割引額はスマホ・ケータイで契約している料金プランよって異なります。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ/5Gギガライト/ギガホ/ギガライトの総称になります。

料金プラン割引額
5Gギガホ-1,000円
ギガホ-1,000円
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,000円
ステップ3:~5GB-1,000円
ステップ2:~3GB-500円
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,500円
ウルトラシェアパック50-2,900円
ウルトラシェアパック30-2,500円
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,800円
ステップ3:~15GB-1,800円
ステップ2:~10GB-1,200円
ステップ1:~5GB-800円
ウルトラデータLLパック-1,600円
ウルトラデータLパック-1,400円
ベーシックパックステップ4:~20GB-800円
ステップ3:~5GB-800円
ステップ2:~3GB-200円
ステップ1:~1GB-100円

新しい「ギガプラン」の場合は毎月最大1,000円割引、以前の「カケホーダイ&パケあえる」シェアパックを使っている場合は毎月最大3,500円の割引が受けられます。

そのため、ドコモ光セット割は基本的には古参ユーザーか、もしくは家族全員がドコモユーザーのご家庭におすすめと言えるでしょう。また、ドコモ光セット割はドコモ光が唯一の対象回線なため、ドコモユーザーでセット割を使いたいなら選択肢はドコモ光のみとなります。

 

TikiTiki×ドコモ光の口コミは極めて少ない

ちょっと基本サービスに難があるように思われるTikiTiki×ドコモ光ですが、プロバイダの役割はネット接続の窓口となることです。

プロバイダとしての質が低ければどんなに光回線が高品質でも、ネット回線は不安定で使いづらいものとなります。

そこで、TikiTiki×ドコモ光の使い勝手を調査するべくユーザーの口コミを探してみましたが、TikiTikiについての情報がなかなか見つかりません。出てくるのはかろうじてプロバイダとしての情報です。

IPv6非対応だったころの光回線と現在の対応済みの回線では比較するまでもありませんが、『遅い』という口コミがやや目立つ気がします。

もちろん、問題なく使えている人もいるようですが、『速い』という評判はあまりない印象です。

 

TikiTiki×ドコモ光のメリットは決定的に薄い

先程も紹介しましたが、プロバイダTikiTiki自体のキャンペーン特典はほぼ皆無であり、特典はドコモ光に依存しています。同じ光回線なら格安でセット割が使えて月額料金も安く、無料キャンペーンもあるTiki光のほうが優位と言えるのが現状です。

現時点ではTikiTiki×ドコモ光のメリットがほとんどなく、ドコモスマホとのドコモ光セット割目的以外に選択肢として候補に挙げるのは難しいと言わざるを得ません…

ドコモにこだわらなければTiki光の格安SIMとのセット割でも代替えが利くので、ますますTikiTiki×ドコモ光の存在意義に疑問を持たれます。

TikiTiki×ドコモ光の問題点

  • 料金が高い
  • セット割の条件が厳しい
  • 特典で期待ができない

競合するプロバイダの多いドコモ光にあって、これらのデメリットは致命的と言って過言ではありません。プロバイダTikiTikiにこだわるよほどの理由がない限り、TikiTiki×ドコモ光をおすすめすることはできません。

 

TikiTiki×ドコモ光とTiki光コラボの違いは?

Tiki光コラボ引用元 TikiTiki公式サイトより

プロバイダのTikiTikiは、自社でTiki光コラボという光回線サービスも提供しています。

同じフレッツ光回線を使った光コラボのドコモ光でプロバイダTikiTikiを利用する場合と、Tiki光コラボ(プロバイダは当然TikiTiki)を利用する場合では、どんな違いがあるのか見てみましょう。

初期費用と月額料金比較

 TikiTiki×ドコモ光Tiki光コラボ
事務手数料3,000円2,000円
→ キャンペーンで無料
初期工事費戸建て:18,000円
マンション:15,000円
→ キャンペーンで無料
戸建て:18,000円
マンション:15,000円
→ キャンペーンで無料
月額料金戸建て:5,200円
マンション:4,000円
戸建て:4,800円
マンション:3,800円
→ 転用・事業者変更は200円引き
契約期間2年2年
解約金戸建て:13,000円
マンション:8,000円
9,800円

工事費で比較した場合

まずは工事費についてですが、Tiki光コラボでも工事費無料キャンペーンを実施中で、さらに、事務手数料の2,000円もキャンペーンによって無料になります。

ただし、こちらのキャンペーンは2020年9月24日までとなっているので注意しましょう。

月額料金で比較した場合

月額料金についてですが、ドコモ光は選ぶプロバイダによって料金が異なります。

TikiTiki×ドコモ光に比べて、戸建てタイプは400円、マンションタイプは200円、Tiki光コラボの方が安い料金設定になっていて、フレッツ光からの転用や他の光コラボからの事業者変更の場合には、さらに200円安い料金で利用可能です。

契約期間・解約金で比較した場合

次に契約期間や解約金で比較した場合ですが、どちらとも2年契約で一緒です。

インターネット光回線の縛り期間は2年で解約金は9,500円が平均的ですが、Tiki光コラボは住居タイプに関わらず9,800円なので、戸建てタイプはTiki光コラボの方が安く、マンションタイプはTikiTiki×ドコモ光の方が安い設定になっています。

 

ドコモ光ならプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

ドコモ光×GMO引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

料金が光コラボでも割高の部類に入ってしまうドコモ光ですが、それでもなおドコモ光を使いたいと言うならGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBで受けられるキャンペーン特典は以下の7つです。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン特典

  • 新規の工事費用が無料
  • キャッシュバックが最大20,000円※1
  • dポイントが2,000ptもらえる※2
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターが0円レンタル
  • 出張サポートが1回無料
  • セキュリティソフトが12ヶ月無料
  • ドコモスマホ・ケータイとのセット割引が使える
    ※1 プロバイダ「GMOとくとくBB」からのキャンペーン。条件として「ひかりTV for docomo(2年割)」+「DAZN for docomo」の申し込みが必要。
    ※2 ドコモからのキャンペーン。新規・転用・事業者変更ともに2,000ptもらえます。

新規工事費無料、dポイント、セット割引はドコモ光で行っているキャンペーンなので、プロバイダをTikiTikiにした場合にも受けられますが、それ以外は全てGMOとくとくBB独自のキャンペーンになります。

最大15個の無料メールアドレスv6プラス対応の無線LANルーター無料レンタルキャッシュバック最大20,000円など充実していて、同じドコモ光なのにもかかわらずこれだけ特典に違いがあります。

金額は変動することもありますが、キャッシュバックキャンペーンは定期的に行なわれています。申し込みを検討している人は予めGMOとくとくBBの公式サイトを確認しておきましょう。

◆キャンペーンサイト:ドコモ光×GMOとくとくBB

ドコモ回線にこだわるなら格安SIMのセット割も視野に!

ドコモキャリアとのセット割はドコモ光でしか組めませんが、ドコモの格安SIMならセット割が使える光コラボがおすすめです。

 セット割割引額概要
DTI光DTI光×SIMセット割150円割引DTI光の料金を割引
OCN光OCNモバイルONE200円割引/1回線5回線まで適用可能
ビッグローブ光光☆SIMセット割300円割引1回線のみ

格安SIMの多くはドコモ回線を利用しているため、今まで使っていた端末との相性もバツグンです。TikiTiki同様に他のプロバイダ3社でも、それぞれ格安SIMのセット割が提供されています。

DTI光とビッグローブ光はauセット割(ネット回線料金が最大1,200円割引/月)が組めて、ビッグローブ光ではauスマートバリュー(スマホ料金が最大1,000円割引/月)も選べます。ただし、auセット割とauスマートバリューは併用ができないためどちらか一方しか組めません。

◆公式サイト:DTI光
◆キャンペーンサイト:OCN光
◆キャンペーンサイト:ビッグローブ光

安いインターネットなら@スマート光がおすすめ!

@スマート光引用元 @スマート光公式サイトより

そもそもスマホのセット割前提というのは、スマホが生活必需品となった今だからこその概念です。ネットユーザーの中にはスマホを使わない人、スマホのセット割は考えていないという人も存在します。

そんな人におすすめな光回線が、光コラボで業界最安値の「@スマート光」です。@スマート光は、光コラボ最安値に加えて工事費無料というコスパの良さが魅力のネット回線です。

 戸建てタイプマンションタイプ
事務手数料新規・転用・事業者変更:3,000円
工事費用18,000円
→ キャンペーンで無料
15,000円
→ キャンペーンで無料
月額料金4,300円3,300円
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
解約金9,500円(3年目以降無料)

@スマート光でも工事費無料キャンペーンは行われていますが、ドコモ光が期間限定なのに対してこちらは常に無料。いつ申し込んでも無料でネットを始められる強みがあります。

また、月額料金を見るとドコモ光との差が如実に分かりますし、マンションタイプはキャリアスマホの料金とほとんど変わらないのが驚きです。光コラボはご存知の通りフレッツ光を使用しているので、品質も保証済みで安心・快適に使えます。

唯一の注意点としては、最低利用期間が24ヶ月あること。期間中の解約には違約金20,000円が請求されるので覚えておきましょう。25ヶ月目以降はいつでも無料で解約できます。

主なオプションサービス
ひかり電話500円/月
※初期工事費用(2,000円~)キャンペーンで無料
@スマート・テレビ660円/月
※初期工事費用5,800円~
v6プラス(IPv6 IPOE接続サービス)300円/月
無線LANルーターレンタル光電話あり:300円/月
光電話なし:500円/月

また、@スマート光はサービスのシンプル差も売りで、自分の環境に合わせてネットをカスタマイズできるのも特徴です。無駄なオプションが付いていない、シンプルで安い光回線なのです。

ちなみに@スマート光は、高額キャッシュバックで条件も優しいとネット上でも評判の、光コラボ代理店「株式会社NEXT」がサービス提供しています。

先ほど紹介したOCN光やビッグローブ光など様々な光コラボから、各地域の電力系光回線も取り扱っていますので、ネット探しに迷っている方はNEXTの公式サイトを見てみるのもおすすめです。

◆公式サイト:@スマート光

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*