格安SIMと光回線をまとめて節約!おすすめのセット割5つを紹介

格安SIMと光回線をまとめて節約!おすすめのセット割5つを紹介

最近は格安SIMとセット割が組める光回線が結構増えてきました。

セット割を組むと毎月スマホや光回線に割引が入るので、通信費をトータルで安くできますよね。

当ブログの無料相談でも、格安SIMとのセット割が組める光回線に関する問い合わせは多いです。

そこで、今回は格安SIMと光回線のセット割にはどんなものがあるのか紹介し、その中でもおすすめの5つについて解説していきます。

では、早速見ていきましょう!

※表記している価格は税込みです。

この記事の監修者椎名椎名(しぃ)

元新聞記者。当ブログ「internet-all」を立ち上げてから約8年間、インターネット回線に関する情報発信に携わってきました。ネット回線ナビゲーターとして、インターネット回線の選び方やお困りごとに関する無料相談を200件以上行ってきた実績があります。
@shey_blog

格安SIMと光回線のベストな組み合わせはコレ

まず、セット割が組める格安SIMと光回線の組み合わせを一覧にまとめました。

セット割を組んだ場合、光回線の実質の料金はどのくらいになるのか、戸建てタイプ・マンションタイプと分けて比較してみましょう。

戸建てタイプの比較

格安SIMセット割が組める
光回線
月額料金セット割の
割引額/月
実質の
月額料金
ahamo・povoenひかり4,620円110円4,510円
ワイモバイルソフトバンク光5,720円1,188円4,532円
UQモバイルauひかり1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
638~1,100円1年目:4,510~4,972円
2年目:4,400~4,862円
3年目:4,290~4,752円
IIJmioIIJmioひかり5,456円660円4,796円
BIGLOBEモバイルビッグローブ光5,478円220円5,258円
NUROモバイルNURO光5,200円1,100円
(スマホと光回線の同時申込が必要)
4,408円
mineoeo光
【関西限定】
3,280~5,448円330円2,950~5,118円
DTI SIMDTI光5,280円165円5,115円
Nifmo
(13GB以上)
@nifty光~36ヶ月:5,060円
37ヶ月~:5,720円
220円~36ヶ月:4,840円
37ヶ月~:5,500円

マンションタイプの比較

格安SIMセット割が組める
光回線
月額料金セット割の
割引額/月
実質の
月額料金
ahamo・povoenひかり3,520円110円3,190円
ワイモバイルソフトバンク光4,180円1,188円2,992円
UQモバイauひかり3,740~5,720円638~1,100円2,640~5,082円
IIJmioIIJmioひかり4,356円660円3,696円
BIGLOBEモバイルビッグローブ光4,378円220円4,158円
NUROモバイルNURO光5,200円1,100円
(スマホと光回線の同時申込が必要)
4,408円
mineoeo光
【関西限定】
2年間:3,326円
3年目~:3,876円
(建物によって異なる)
330円2,996~3,546円
DTI SIMDTI光3,960円165円3,795円
Nifmo
(13GB以上)
@nifty光~36ヶ月:3,828円
37ヶ月~:4,378円
220円~36ヶ月:3,608円
37ヶ月~:4,158円

上記の格安SIMを利用中の人は、セット割が組める光回線を利用することで毎月セット割引を受けることができます。割引は永年なので結構お得ですよね^^

セット割がない格安SIMを使っている場合はどの光回線がいい?

エキサイトモバイル、日本通信SIM、y.uモバイル、HISモバイル、b-mobile、Linksmateなど、セット割が組めない格安SIMもあります。

その場合は、ネット単体の月額料金が安い光回線を選ぶのがおすすめです。セット割がなくても、光回線単独で安く使えれば十分節約になります。

光回線とセット割が組める格安SIMを使っていても、セット割の割引額が少なくてお得感がない、という場合も同様に月額料金が安い光回線を選ぶのがおすすめです。

詳しくは、この記事の後半の「セット割がない格安SIMユーザーにおすすめの光回線」で解説しています。

格安SIMと光回線のセット割 おすすめ5選

今回は、この中からおすすめの

について紹介していきます。

ahamo・povoユーザーには「enひかり」がおすすめ

enひかり引用元 enひかり公式サイトより

ahamo・povoは、「enひかり」とセット割を組むことができます。

セット割を組むと、毎月enひかりの月額料金から110円が割引されます。

割引額は110円と小さいですが、enひかりの月額料金がもともと激安なのでデメリットに感じることはないでしょう。

ちなみにセット割は「勝手に割り」と言いますが、ドコモやKDDIがenひかりと共同で提供しているセット割ではなく、enひかりがahamo・povoユーザーを応援するという名目で、勝手に割り引きをしています(笑)面白いサービスですよね。

ahamoやpovoのサービスではないので、ahamoやpovoの公式サイトには載っていません。また、勝手に割り引きをすると言っても、セット割を受けるためには申し込みが必要です。

enひかりとは?

enひかりは株式会社緑人が提供している光回線で、NTTの光回線の卸売りのサービス「光コラボ」の一つです。そのため回線の品質はフレッツ光と同等です。

戸建てマンション・アパート
回線速度1Gbps
月額料金4,620円3,520円
事務手数料3,300円
※転用・事業者変更は2,200円
工事費2,200~16,500円
※転用・事業者変更は0円
契約期間・解約金なし
提供エリア全国

enひかりの最大の特徴は、光コラボ最安クラスの月額料金です。大手の光回線と比較すると月額600~1,000円程度安く利用できます。

大手が運営している光回線ではないので安かろう悪かろうでは?と思う人もいるかもしれませんが、平均実測速度は361.74Mbps(みんなのネット回線速度、2023年2月21日時点)で光コラボのトップ5に入ります。

混雑回避の通信方式「IPv6」は有料(月額198円)ですが、IPv6対応の無線LANルーターを大特価価格の1,100円で購入できます。

契約期間がないため、いつ解約しても解約金がかからないのもいいですね。

新規申し込みの場合は工事費がかかってしまいますが、フレッツ光からの乗り換え(転用)や光コラボからの乗り換え(事業者変更)なら、基本的に工事が不要で工事費もかかりませんし、乗り換えの手続きも簡単です。

enひかりのサービス内容や評判については、下の記事で紹介しています。
業界最安級のenひかりの評判は?口コミとメリット・デメリットのまとめ

ワイモバイルユーザーには「ソフトバンク光」がおすすめ

おうち割光セット(A)引用元:ワイモバイル公式サイト

ワイモバイルは、ソフトバンクの光回線「ソフトバンク光」とセット割(おうち割光セット(A))が組めます。

セット割を組むと、ワイモバイルのスマホの料金に最大で毎月1,188円の割引が入ります。

割引額/月
シンプルS・M・L1,188円
スマホベーシックプラン550円
スマホプランスマホプランS:550円
スマホプランM・R:770円
スマホプランL:1,100円

受付終了している旧プランともセット割を組むことができます。

割引額が大きいのも魅力ですが、家族にワイモバイルユーザーがいれば最大10回線まで割引対象になるのもメリットです。

家族の範囲は同居・別居に関係なく、親戚や同居の友人・シェアハウス仲間と幅広いので、周りにワイモバイルユーザーがいる人におすすめです。

ただし、おうち割光セット(A)には条件があって、月額550円のオプションサービスへの加入が必須です。オプションサービスには、ソフトバンク光を快適に利用するための無線LANルーター(IPv6対応)が含まれているため必要なものですが、割引額はマイナス550円と考えておきましょう。

ソフトバンク光とは?

ソフトバンク光の月額料金や初期費用・解約金は以下のとおりです。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金5,720円4,180円
事務手数料3,300円
工事費26,400円
→ 実質無料
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金5,720円4,180円
提供エリア全国

携帯キャリアのソフトバンクが提供している光コラボ(NTTの光回線の卸売りのサービス)のため、回線の品質はフレッツ光と同等です。

工事費はキャンペーンで実質無料になります。フレッツ光からの乗り換え(転用)や光コラボからの乗り換え(事業者変更)なら、工事不要で簡単に切り替えできるのも嬉しいところです。

他社からの乗り換えなら違約金も10万円までソフトバンクが負担してくれるので、契約中の光回線で解約金が発生する場合も安心して乗り換えができます。

下のキャンペーンサイトから申し込むことで、最大[☆SB_CB]のキャッシュバックももらえますよ。

ソフトバンク光の評判やサービス内容については下の記事で解説しています。
ソフトバンク光の評判は?利用者の口コミから分かるメリット・デメリット

UQモバイルユーザーには「auひかり」がおすすめ

自宅セット割引用元:UQモバイル公式サイト

UQモバイルがセット割を組める光回線は複数ありますが、おすすめはauひかりです。

ビッグローブ光は老舗プロバイダのBIGLOBEが提供している光回線で、UQモバイルとセットで利用することで自宅セット割というセット割を組めます。

セット割を組むと、auひかりの月額料金から毎月638~1,100円が割り引かれます。割引額は契約しているプランによって次のようになっています。

[自宅セット割(一覧表)]

家族にUQモバイルユーザーまたはauユーザーがいれば、最大10回線まで割引対象になります。

ただし、自宅セット割には条件があって、auひかり電話(月額550円)の契約が必要です。もともと光電話を契約するつもりの人は気にしなくても大丈夫ですが、セット割のために契約する場合は割引額はマイナス550円と考えておきましょう。

auひかりとは?

auひかりはフレッツ光で利用されているNTT回線ではなく、KDDIが持っている独自回線を利用した光回線です。

独自回線はNTT回線と比較して回線の混雑が発生しにくく、通信速度が安定しやすくなります。速度重視の方にはおすすめのサービスです。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
3,740~5,720円
(設備による)
事務手数料3,300円
工事費41,250円
→ キャンペーンで実質無料
33,000円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間36ヶ月間24ヶ月間
解約金4,730円2,290円
提供エリア東海・長野・関西を除く全国全国

auひかりの工事費はキャンペーンで実質無料になります。

また、auひかりはネットのみの申し込みでキャッシュバックが[★au_CB]もらえます。高額キャッシュバックもauひかりの魅力の1つです。

auひかりは申し込みから開通まで1~2ヶ月ほどかかりますが、無料でルーターレンタルサービスを実施しているので、開通までの期間もインターネットを利用することができます。すぐにネットを使いたい方も安心できますね。

auひかりのサービス内容や評判については、下の記事で紹介しています。
auひかりの評判は悪い?キャンペーンや料金、メリット・デメリットなど詳しく解説

なお、UQモバイルとセット割を組める光回線はauひかりの他にも複数あります。こちらの記事で紹介しているので、参考にしてください。
UQモバイルとセット割が組めるおすすめの光回線

IIJmioユーザーには「IIJmioひかり」がおすすめ

IIJmio mio割引用元:IIJmio公式サイト

IIJmioは同じIIJブランドの光回線「IIJmioひかり」とセット割(mio割)を組むことができます。

セット割を組むと、IIJmioひかりの月額料金から毎月660円が割り引かれます。割引は光回線の1回線のみなので、家族にIIJmioユーザーが複数人いても割引額は660円です。

IIJmioは格安SIMの中でも料金が安いので、その上で660円の割引は結構大きいですね。

IIJmioひかりとは?

IIJmioひかりは、IIJ(株式会社インターネットイニシアティブ)が提供している光回線です。

IIJmioひかりも光コラボ(NTTの光回線の卸売りのサービス)のため、フレッツ光と回線の品質は同等です。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金~12ヶ月:4,070円
13ヶ月目~:5,456円
~12ヶ月:2,970円
13ヶ月目~:4,356円
事務手数料新規:880円/転用:1,980円/事業者変更:3,300円
工事費19,800円
→ 実質無料
16,500円
→ 実質無料
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
解約金3,000円
提供エリア全国

1年目はキャンペーンにより月額料金割引が入るので、他社よりもお得な料金で使えます。

また、工事費はキャンペーンで実質無料になります。

フレッツ光からの乗り換え(転用)や光コラボからの乗り換え(事業者変更)なら、工事不要で簡単に切り替えできる上に、15,000円分の選べるe-GIFTももらえますよ。

IIJmioひかりのサービス内容や評判については、下の記事で紹介しています。
IIJmioひかりの評判はどう?口コミとメリット・デメリットまとめ

BIGLOBEモバイルユーザーには「ビッグローブ光」がおすすめ

ビッグローブ光スクショセット割引用元:ビッグローブ光公式サイト

BIGLOBEモバイルはビッグローブ光とセットで契約すると、スマホとのセット割によりビッグローブ光の月額料金が220円割引されます。

やや割引額が少ないかもしれませんが、永年割引なので、今後もBIGLOBEモバイルを使い続けたい方はビッグローブ光がおすすめです。

なお、ビッグローブ光は先ほど紹介したUQモバイルの自宅セット割も適用可能なので、UQモバイルをお使いの方もお得に利用することができます。

ビッグローブ光とは?

大手プロバイダのBIGLOBEが提供している光コラボ(NTTの光回線の卸売り)のサービスで、フレッツ光と回線の品質は同等です。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金3年プラン:5,478円
2年プラン:5,698円
3年プラン:4,378円
2年プラン:4,488円
事務手数料3年プラン:3,300円
2年プラン:新規1,100円/転用2,200円/事業者変更3,300円
工事費19,800円
→ キャンペーンで実質無料
16,500円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間3年または2年(自動更新)
解約金4,230円3,360円
提供エリア全国

工事費はキャンペーンで実質無料になります。

フレッツ光からの乗り換え(転用)や光コラボからの乗り換え(事業者変更)なら、工事不要で簡単に切り替えできますよ。

下のキャンペーンサイトから申し込むことで、最大[■BIG_CB_2]のキャッシュバックももらえます。

IPv6対応ルーターも半年間無料になるキャンペーンも実施しています。半年も無料で高性能ルーターが使えるのはいいですよね。ビッグローブ光は、IPv6オプションが無料なのも魅力です。

ビッグローブ光のサービス内容や評判については、下の記事で紹介しています。
ビッグローブ光の評判はどう?メリット・デメリットも併せて徹底解説!

セット割がない格安SIMユーザーにおすすめの光回線

お使いの格安SIMが光回線とのセット割に対応していない場合は、セット割を考慮しないで光回線単体で安いものを使うのがおすすめです。

おすすめは光コラボの業界値を謳っている@スマート光です。

[@スマート光_スクショ]引用元 @スマート光公式サイトより

「@スマート光」はネット回線の取り次ぎ事業を行っている、株式会社NEXTという会社が提供している光コラボです。

特筆すべきはなんと言っても、圧倒的に安い月額料金でコストパフォーマンスに優れている点です。光コラボのネット単体であれば業界最安値の月額料金です。通常プランで申し込むと、新規申し込みの工事費用も無料です。凄いですね^^

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金格安プラン4,400円3,300円
通常プラン4,730円3,630円
事務手数料3,300円
→ キャンペーンで無料
工事費19,800円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
16,500円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
契約期間なし
解約金なし
提供エリア全国

契約期間がないため、いつ解約しても解約金がかからないのもユーザーには優しいですよね。

料金が安いと品質が悪いのではと思いがちですが、IPv6という混雑を回避できる通信方式に対応しているため、安定した通信が可能です。しかもIPv6の利用料は無料です。

@スマート光はサポートの評判も良いので、ネットに不慣れな方も安心して契約できると思いますよ。

@スマート光のキャンペーン・割引

  • 初期工事費が無料
  • 事務手数料も無料
  • ひかり電話や@スマート・テレビの工事費も無料

なお、@スマート光にはスマホとのセット割はありません。まさにセット割が組めない格安SIMユーザーにぴったりの光回線ですね。

@スマート光のサービス内容や評判については、下の記事で紹介しています。
スマート光が一番安いって本当!?料金やキャンペーンなど徹底解説!

格安SIMと光回線のセット利用についてよくある質問

楽天モバイルのおすすめの光回線は?

楽天モバイルとセット割を組める光回線は現在はないので、@スマート光のような月額料金が安い光回線がおすすめです。

楽天モバイルは以前は楽天ひかりとセットでで利用すると、楽天ひかりの月額料金が1年間無料になるキャンペーンを実施していましたが、2023年4月12日で終了してしまいました。

一人暮らしにおすすめの光回線と格安SIMは?

一人暮らしで通信費を節約している人には、光回線は「enひかり」、格安SIMは「ahamo」「povo」がおすすめです。

  • ahamo → 月間20GB~100GBなので中~大容量ユーザー向け
  • povo → 月間3GBから使えるので小容量ユーザー向け

ただし、enひかりは現在フレッツ光や光コラボを利用している人以外は工事費が有料になるため、これから一人暮らしを始めて初めて光回線を使うという人は、工事費が無料の@スマート光がおすすめです。

まとめ

今回は、格安SIMと光回線のセット割を使って通信費を安くできるサービスを紹介しました。

おさらいすると、格安SIMと光回線のおすすめの組み合わせは次のようになります。

  1. ahamo・povoユーザー → enひかり
  2. ワイモバイルユーザー → ソフトバンク光 
  3. UQモバイルユーザー→auひかり
  4. IIJmioユーザー → IIJmioひかり
  5. BIGLOBEモバイルユーザー → ビッグローブ光
  6. セット割が組めない人 → @スマート光

上記は全て光コラボの光回線なので、新規申し込みの人だけではなく、フレッツ光からの転用や光コラボからの事業者変更にも向いていると思います。

今回の比較を参考にして、セット割がお得な光回線を選んでください^^

光回線単体で、できるだけ安く使いたいと言う人はこちらの記事も参考にしてくださいね。

お役に立てたらいいね・シェアをお願いします

もし、この記事が少しでもあなたのお役に立てたと感じられたら、下のSNSからひとつで良いので、イイネやシェアをして頂けませんか?

これからも役に立つコンテンツを作っていく励みになります。

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*