ドコモ光のプロバイダおすすめ3選!21社の料金や速度などを徹底比較!

ドコモ光のプロバイダおすすめ3選!21社の料金や速度などを徹底比較!

ドコモ光のプロバイダは2024年6月現在21社あり、プロバイダによって料金や速度、キャンペーンなどが異なります。

21社全て調べて比較していくのもかなり面倒で迷ってしまって選ぶのにも苦労しそうです^^;

そこで本記事では21社あるドコモ光のプロバイダを徹底比較し、本当におすすめのプロバイダを3社厳選しました。

今からドコモ光を契約する方はもちろん、現在ドコモ光を契約していてプロバイダの変更を考えている方もぜひご覧ください。

この記事で分かること

  1. ドコモ光のプロバイダでおすすめ3選
  2. ドコモ光のプロバイダの選び方
  3. ドコモ光おすすめプロバイダの申込から開通までの手順
  4. ドコモ光プロバイダの変更方法
  5. ドコモ光プロバイダの確認方法

※表記している価格は税込みです。

この記事の監修者椎名椎名(しぃ)

2015年に当ブログ「internet-all」を立ち上げてから約8年間、光回線に関する情報発信に携わってきました。光回線の代理店で販売やコンサルティングも経験。インターネット回線の知識を活かし、ネット回線ナビゲーターとして、インターネット回線の選び方やお困りごとに関する無料相談を200件以上行ってきた実績があります。
@shey_blog

ドコモ光のプロバイダ21社を比較

まずはドコモ光のプロバイダ21社を比較した表をご覧ください。

プロバイダタイプ無料ルーターレンタルIPoE IPv4 over IPv6通信キャッシュバック
GMOとくとくBBA38,000円
OCN
A37,000円
@niftyA
(中継機でも可)
20,000円
BB exciteA25,000円
BIGLOBEA25,000円
andlineA25,000円
SISA25,000円
エディオンネットA25,000円
タイガースネットA25,000円
ic-netA25,000円
hi-hoA25,000円
TikiTikiA25,000円
SYNAPSEA×25,000円
楽天ブロードバンドA×25,000円
DTIA25,000円
@ネスクA25,000円
@TCOMB25,000円
@ちゃんぷるネットB25,000円
AsahiネットB25,000円
TNCB×25,000円
WAKWAKB×25,000円

ドコモ光のプロバイダは、無料レンタルルーターを実施しているプロバイダやキャッシュバックの高いプロバイダなど様々あります。

最初に言っておくと、今回おすすめするプロバイダはGMOとくとくBB」「OCN」「@niftyの3つです。

表内にマークが入っているのでなんとなく気づいている方もいたかもしれませんが…

この表だけ見てもなぜこの3社がおすすめなのか分からないと思うので、後ほど「ドコモ光プロバイダの選び方」でこの3つを選んだ理由についても解説しています。

最初は「そもそもプロバイダってどんな役割を持っているのか」「必ず契約しなければならないのか」など気になる方もいると思うので、プロバイダそのものについて解説していきます。

そもそもプロバイダとは?

プロバイダの図解

プロバイダとは、光回線をインターネットに接続する事業者のことです。

インターネットは、光回線を提供する回線事業者のほかに、プロバイダとも契約しなければ利用することができません。

プロバイダは、インターネットを利用するにはなくてはならない存在なのです。

最近は1つの窓口で回線事業者とプロバイダを契約できる「光コラボ」が主流になってきており、ドコモ光も光コラボになります。

ドコモ光もプロバイダさえ決めてしまえば1つの窓口で契約できます。

ドコモ光プロバイダの選び方

ドコモ光プロバイダの選び方

それではドコモ光のプロバイダの選び方を解説します。

  1. 月額料金の安いタイプAのプロバイダを選ぶ
  2. 通信速度の速いプロバイダを選ぶ
  3. キャッシュバックが充実しているプロバイダを選ぶ
  4. レンタルルーターのスペックが良いプロバイダを選ぶ
  5. IPoE IPv4 over IPv6通信に対応したプロバイダを選ぶ

月額料金の安いタイプAのプロバイダを選ぶ

ドコモ光のプロバイダは「タイプA」「タイプB」があります。

違いは月額料金です。タイプAの方がタイプBに比べて安く設定されています。

タイプA
GMOとくとくBB、OCNインターネット、BIGLOBE、DTI、@nifty、BB.excite、SPEEDIA、andline、hi-ho、ic-net、楽天ブロードバンド、エディオンネット、SYNAPSE、タイガースネット、TIKITIKI、@ネスク
タイプB
@TCOM、ASAHIネット、TNC、@ちゃんぷるネット、WAKWAK
戸建てタイプマンションタイプ
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円

ご覧のように、タイプAのプロバイダの方が220円安く利用することができます。

中には「月額料金の高いタイプBの方がサービス品質が高いのでは」と思う方もいるかもしれませんが、正直品質は変わりません。

昔から利用しているお気に入りのプロバイダがタイプBにあるなら別ですが、基本的にタイプAを選択することをおすすめします。

通信速度の速いプロバイダを選ぶ

通信速度の速いプロバイダを選ぶとネットを快適に利用しやすくなります。

速度を比較する際に見てほしいのがドコモ光の利用者が測定した速度のデータ(実測速度)です。

「みんなのネット回線速度」という口コミサイトでプロバイダごとの実測速度を見ることができます。

平均実測速度の速いプロバイダを選べば「ネットがなかなか繋がらない…」というような心配も少なく済みそうですね。

建物別のドコモ光プロバイダの速度ランキングを「みんなのネット回線速度」から引用すると、下記のような結果になりました。

プロバイダ名ダウンロード速度評価
ASAHIネット396.69Mbps判定:良い良い
@T COM317.8Mbps判定:普通普通
OCN300.97Mbps判定:普通普通
andline(アンドライン)299.01Mbps判定:普通普通
GMOとくとくBB292.4Mbps判定:普通普通
@nifty257.84Mbps判定:普通普通
BIGLOBE238.25Mbps判定:普通普通
So-net235.86Mbps判定:普通普通
BB.excite(BBエキサイト)215.5Mbps判定:普通普通
DTI203.1Mbps判定:普通普通

※データ参照元:みんなのネット回線速度
※このランキングは2024年03月14日から2024年06月14日までの測定データをもとに作成されています。

プロバイダ名ダウンロード速度評価
ASAHIネット559.65Mbps判定:良い良い
OCN362.9Mbps判定:良い良い
GMOとくとくBB312.74Mbps判定:普通普通
@nifty284.38Mbps判定:普通普通
@T COM260.95Mbps判定:普通普通
BIGLOBE216.53Mbps判定:普通普通
DTI215Mbps判定:普通普通
andline(アンドライン)205.76Mbps判定:普通普通
So-net192.45Mbps判定:微妙微妙

※データ参照元:みんなのネット回線速度
※このランキングは2024年03月14日から2024年06月14日までの測定データをもとに作成されています。

こちらは過去3ヶ月間の平均実測速度TOP10の表です。

このランキングで判定の欄が「良い」「普通」のプロバイダなら問題なさそうですが、「微妙」のプロバイダは少し速度に不安が残ります…

「ASAHIネット」や「@TCOM」が上位に位置していますが、どちらも月額料金の高いタイプBのプロバイダなのでおすすめプロバイダには入りませんでした…

キャッシュバックが充実しているプロバイダを選ぶ

キャッシュバックの充実しているプロバイダを選ぶとお得にドコモ光を利用することができます。

独自にキャッシュバックを実施しているプロバイダは「GMOとくとくBB」と「OCN」と「@nifty」の3つです。

そのほかのプロバイダを選択する場合は「NNコミュニケーションズ」というドコモ光の正規代理店で契約すればキャッシュバックがもらえます。

ただ現状キャッシュバックの観点から見ればGMOとくとくBBの38,000円キャッシュバックが一番手厚くなっています。

乗り換え時となると15,000円増額となるので、乗り換えの方は特にGMOとくとくBBがおすすめです。

無料レンタルルーターを実施しているプロバイダを選ぶ

レンタルルーターはプロバイダによってスペックが異なります。

ルーターは無料でレンタルしているプロバイダが多いので、そのプロバイダを選択するのがおすすめです。

無料でレンタルしているプロバイダのルーターのスペックはこちらになります。

プロバイダ名最大通信速度Wi-Fi6対応
GMOとくとくBB4,804Mbps
OCN2,402Mbps
@nifty1,201Mbps
BB excite866Mbps×
BIGLOBE867Mbps×
andline1,300Mbps
SIS867Mbps×
タイガースネット866Mbps×
ic-net1,300Mbps×
hi-ho1,201Mbps
@TCOM300Mbps×
ちゃんぷるネット300Mbps×

ご覧のように、各プロバイダが無料レンタルしているルーターを見ると、最大通信速度が300Mbps~4,804Mbpsとかなり幅があるのが分かります。

また、通信の安定性や複数端末の同時接続に優れた「Wi-Fi6」対応のルーターを無料レンタルしているプロバイダも5社あります。

21社の中で最もルーターのスペックが良いのはドコモ光おすすめプロバイダにランクインしたGMOとくとくBBで、OCNも速度が速く、Wi-Fi6に対応しています。

IPoE IPv4 over IPv6通信に対応したプロバイダを選ぶ

プロバイダを選ぶ際は「IPoE IPv4 over IPv6通信」に対応しているかもチェックすることをおすすめします。

IPoE方式は最新の通信方式で、従来の通信方式であるPPPoE方式よりも大容量通信が可能で回線が混雑しにくく、通信の安定性も向上すると言われています。

そのIPoE方式は基本的にIPv6通信の際に適用されるのですが、IPoE IPv4 over IPv6通信の場合は、IPoE方式がIPv6通信とIPv4通信の時のどちらでも適用されます。

そのためIPoE IPv4 over IPv6通信対応だと快適にネットを利用しやすくなるのです。

ドコモ光プロバイダ3選を紹介

ドコモ光プロバイダのおすすめ3選

それではドコモ光のプロバイダおすすめ3選を紹介します。

ドコモ光のプロバイダおすすめ1位:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBロゴ引用元:GMOとくとくBB公式サイト

月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
無料ルーター
レンタル
通信方式IPoE IPv4 over IPv6通信
キャッシュバック38,000円
その他サービス・ホームページ
(350MB/最大15個)

・Webメール
・メール転送サービス

ドコモ光で最もおすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBの大きなメリットは、、無料レンタルルーターがドコモ光のプロバイダの中で最も高性能な点と「キャッシュバック」です。

GMOとくとくBBでレンタルできるルーターは2種類あるのですが、最大通信速度が4.8Gbpsまたは2.4Gbpsと速く、IPoE通信にも対応しています。

キャッシュバックもプロバイダ21社の中で最も充実しており、開通して4ヶ月後に38,000円もらえます。

しかも乗り換えの場合は15,000円増額されるので、他社から乗り換える際、解約金が高くなっても安心して乗り換えが可能です。

手厚いキャッシュバックキャンペーンなので、開通して4ヶ月後に送られてくるメールから必ず申請しましょう。

またGMOとくとくBBは月額料金の安いタイプAのプロバイダに分類されており、コスト面を考慮してもGMOとくとくBBはおすすめです。

GMOとくとくBBのおすすめポイント

  1. 無料レンタルルーターのスペックがプロバイダの中で一番良い
  2. 38,000円キャッシュバックがもらえる
  3. タイプAのため月額料金が安い

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判・口コミ

GMOとくとくBBの評判・口コミを見ると、「速度が速い」や「キャッシュバックや無料レンタルルーターがあっておすすめ」とのコメントがあります。

速度に関してはGMOとくとくBBの無料レンタルルーターの性能が良いので速いのかもしれませんね。

ドコモ光のプロバイダおすすめ2位:OCN

OCNのロゴ引用元:OCN公式サイト

月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
無料ルーター
レンタル
通信方式IPoE IPv4 over IPv6通信
キャッシュバック37,000円
その他サービス・マルウェア不正通信ブロックサービス
・Webメール

ドコモ光プロバイダのおすすめ2位はOCNです。

OCNは@以前までタイプBのプロバイダに分類されていましたが、2023年7月1日から月額料金の安いタイプAにとなりました。

OCNでレンタルできる無線LANルーターは最大通信速度2,402Mbpsを誇り、最新通信規格の「Wi-Fi6」にも対応しています。

またキャッシュバック37,000円がオプション加入なしでもらえます。他社の解約金も相殺できるくらい充実していますね。

キャッシュバックは開通して3ヶ月後にOCNから送られてくるメールで口座登録する必要があるので、忘れずに申請しましょう。

OCNを運営しているのは株式会社NTTドコモなので、ドコモ光の公式プロバイダとなります。

公式という安心感もOCNの強みです。

OCNのおすすめポイント

  1. 無料レンタルルーターの最大通信速度が2.4Gbpsとかなり速い
  2. キャッシュバックが37,000円もらえる
  3. ドコモ公式プロバイダという安心感がある

OCNの評判・口コミ

OCNの評判・口コミを見ると通信速度についての口コミが多く、ほとんどが「速い」と投稿されていました。

キャッシュバックは最近始めたばかりみたいなので、これからキャッシュバックについての口コミも増えていきそうです。

ドコモ光のプロバイダおすすめ3位:@nifty

@niftyのロゴ引用元:@nifty公式サイト

月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
無料ルーター
レンタル

(中継機でも可)
通信方式IPoE IPv4 over IPv6通信
キャッシュバック20,000円
その他サービス・マルウェア不正通信ブロック機能
・ニフティポイント
・ファミリープラン
・Webメール
・メール転送サービス
・ブログ(2GBまで)

ドコモ光おすすめプロバイダ3位は@niftyです。

@niftyは老舗プロバイダで利用者も多く、人気のプロバイダになります。

@niftyはGMOとくとくBBやOCNには劣るものの、最大通信速度1,201Mbpsの高性能ルーターが無料でレンタル可能です。

また、既にルーターを持っている場合は、中継器の無料レンタルが可能です。

中継機を利用すれば、ルーターから発する電波が家全体に届きやすくなり、ルーターから離れた位置でも通信速度が安定します。

プロバイダ@niftyを運営しているニフティ株式会社は家電量販店ノジマのグループ会社であるため、ノジマ各店でのお買い物で5%割引されます。

新生活で家電を揃えたい方は特にノジマの5%OFFが嬉しく思うかもしれません。

@niftyのおすすめポイント

  1. 高性能ルーターまたは中継器の無料レンタルができる
  2. ノジマ各店での買い物で5%割引される
  3. タイプAで月額料金が安い

@niftyの評判・口コミ

@nifty評判・口コミを見ると「速度が速い」や「ノジマのキャンペーンありがたや」などとコメントされていました。

ドコモ光のおすすめプロバイダ「GMOとくとくBB」の申込から開通までの手順

GMOとくとくBBの申込から開通までの流れ

ドコモ光のおすすめプロバイダ1位で紹介したGMOとくとくBBの申込から開通までの手順を解説します。

転用の場合(フレッツ光からの乗り換え)は「転用承諾番号」を、事業者変更(光コラボからの乗り換え)の場合は「事業者変更承諾番号」の発行が必要です。

Web電話
NTT東日本転用承諾番号を取得
受付時間:8:30~22:00
0120-140-202
受付時間:9:00~17:00
NTT西日本転用承諾番号を取得
受付時間:7:00~25:00
0120-553-104
受付時間:9:00~17:00

事業者変更の窓口
ドコモ光0120-800-000
(局番なし)151※ドコモ携帯から
<9:00~18:00>
コールセンター事前予約
ドコモショップ来店予約
ソフトバンク光0800-111-6710(通話料無料)
<10:00~19:00>
※電話が繋がったらガイダンスに従って「1→3→2→2」を押す
OCN光
0120-506-355
<10:00~18:00>※年末年始を除く
So-net光0120-45-2522
<9:00~18:00>
ビッグローブ光0120-907-505(無料)
03-6479-5716(有料)※携帯電話、IP電話の場合
<9:00~18:00(365日受付)>
ぷらら光マイページ
DTI光MyDTI
@nifty光03-6625-3265
<10:00~17:00>
※契約者本人からの連絡が必要
IIJmioひかり会員ページ
エキサイト光マイページの申込受付フォームから
楽天ひかり0120-987-300
<9:00~18:00(年中無休)>

ステップ1:キャンペーンサイトの「お申込み」を押す

ドコモ光×GMOとくとくBBキャンペーンサイトの画像引用元:GMOとくとくBB公式サイト

まずは「GMOとくとくBBキャンペーンサイト」にアクセスし、「お申込み」と書かれたボタンを押します。

ステップ2:申込フォームを入力する

ドコモ光×GMOとくとくBB申込フォーム

「お申込み」ボタンを押すと画像のような申込フォームにアクセスできます。

「お名前」や「住所」などの個人情報のほか、申し込み後にオペレーターから確認電話がかかってくる際の「ご連絡希望日時」を第三希望日まで入力しましょう。

ステップ3:GMOとくとくBBの2度かかってくる電話に対応する

ステップ2で入力した第三希望までの「ご連絡希望日時」のいずれかに申し込み確認の電話がかかってきます。

こちらの電話の際に希望者は、工事完了までネットが利用できる「モバイルWi-Fiレンタルサービス」を利用したい旨を伝えましょう。

またその3~4日後には、工事日確定の電話が届きます。

電話は2度かかってくるので、どちらも対応しましょう。

ステップ4:希望者はWi-Fiルーターレンタル申し込みをする

2度の電話が終わった3~4日後にSMS(ショートメッセージサービス)が送られてきます。

Wi-Fiルーターレンタルを希望する方は、SMSに記載のURLにアクセスしてWi-Fiルーターレンタルの手続きを行いましょう。

Wi-Fiルーターの手続き方法について詳しく知りたい方は上記の動画が参考になりますのでご覧ください。

ステップ5:登録証とWi-Fiルーターを受け取る

工事日までの期間に登録証と、ステップ4で申し込みしたWi-FiルーターがGMOとくとくBBから送られてきます。

登録証とは何かというと、インターネットの接続の際に必要な会員ID、パスワードが記載された書類です。

重要な書類なので必ず保管しておきましょう。

仮に紛失した場合は「登録証再発行フォーム」で再発行手続きができますが、手数料が330円発生します。

ステップ6:開通工事を行う

開通工事はONU(回線終端装置)と呼ばれる機器と光ファイバーを接続する工事のことです。

開通工事は基本的に作業員が自宅に訪問する「派遣工事」の場合が多いですが、建物によっては「無派遣工事」の場合もあります。

派遣工事の場合は立ち合いが必要です。工事は1時間以内には終わることもあれば、建物の都合上2時間かかることもあるみたいです。

転用や事業者変更の場合は無派遣工事のケースが多く、工事日当日に遠隔操作によってドコモ光に自動切替されます。

ステップ7:機器の設定を行う

開通工事が終われば、ONUとWi-FiルーターをLANケーブルで接続し、無線通信が可能な状態にしましょう。

LANケーブルで機器を接続した後は、スマホやパソコンの設定画面でルーターの背面に記載されている「SSID]を選択し、「パスワード」を入力しなければなりません。

「SSID」と「パスワード」の入力が完了すると、「SSID」の横にチェックマークが入り、ネットが使えるようになります。

ステップ8:開通して4ヶ月後にキャッシュバック手続きを行う

開通工事が行われた4ヶ月後末にキャッシュバック申し込みの案内メールがGMOとくとくBBから送られてきます。

4ヶ月後となると申し込みを忘れてしまう方も多いかもしれませんが、38,000円キャッシュバックはかなり大きな特典なので、申し込みは忘れないようにしましょう。

ちなみにキャッシュバックは申し込み翌月に指定の口座へ振り込まれます。

ドコモ光を申し込んで6ヶ月以内に開通しなかった場合はキャッシュバックの対象外になるので注意しましょう。

ドコモ光プロバイダは変更することができる

ドコモ光はプロバイダ変更をすることができます。

プロバイダの変更方法はドコモインフォメーションセンターに電話、ドコモショップ、オンラインで変更手続きが可能です。

ドコモインフォメーションセンター
(9:00~20:00)
ドコモスマホ契約者:151
ドコモスマホ未契約者:0120-800-000
ドコモショップ来店予約
オンラインMy docomo

ドコモインフォメーションセンターの場合、ドコモスマホの契約者と未契約者で連絡先が異なるので注意しましょう。

プロバイダ変更手続きを行うと書類が送られてくる

電話やドコモショップで変更の手続きが終わると、新しく契約したプロバイダから書類が送られてきます。

その書類は、新しいプロバイダのIDやパスワードが記載されており、Wi-Fiルーターの接続に必要な情報になります。

大切に保管しましょう。

機器の設定をする

プロバイダ設定画面」にアクセスし、書類に記載のパスワードを新しく契約したプロバイダから送られてきた書類の情報を参考に、機器の設定をしましょう。

詳しい設定方法は「ドコモ光プロバイダ設定方法」をご覧ください。

プロバイダを変更する際の注意点

プロバイダを変更する際の注意点

  1. 一部のプロバイダは解約手続きが必要
  2. メールアドレスが使えなくなる
  3. ルーターレンタルをしている場合返却しなければならない

一部のプロバイダは解約手続きが必要

ドコモ光の一部のプロバイダは、解約手続きをしなければ変更後もプロバイダ利用料が請求されてしまいます。

解約手続きが必要なプロバイダは下記です。

解約手続きが必要なプロバイダ解約手続き方法
hiho会員ページ」より退会手続きが必要
andlineドコモショップ」で退会手続きが必要

プロバイダの変更手続きをして安心してしまう方も多いと思いますが、該当するプロバイダを契約している方は忘れずに解約手続きが必要をしましょうね。

メールアドレスが使えなくなる

プロバイダを変更すると、今まで利用していたプロバイダのメールアドレスが利用できなくなります。

変更前のプロバイダのアドレスに重要なメールが届くように設定していたりした場合は、プロバイダの変更前にほかのメールアドレスに設定しておきましょう。

ただし、プロバイダによっては解約後も有料にはなりますがメールアドレスを継続利用することもできます。

ルーターレンタルをしている場合は返却しなければならない

プロバイダからルーターレンタルをしていた場合は、返却をしなければなりません。

プロバイダが指定した期日までに返送しなければ違約金が発生する場合がありますので、早めに返送するようにしましょう。

ドコモ光プロバイダの確認方法

ドコモ光のプロバイダは様々な方法で確認できます。

  1. 「確認君+」にアクセスする
  2. 「My docomo」で確認する
  3. インフォメーションセンターに連絡する
  4. ドコモショップで確認する

「確認君+」にアクセスする

確認君+引用元:確認君+

確認君+」にアクセスすれば簡単に利用中のプロバイダの確認が可能です。

アクセスして「お使いのプロバイダー(ISP)」と表示されているところ(画像の赤枠部分)を見ると、プロバイダ名が表示されています。

アクセスすればすぐにプロバイダの確認ができるので、この方法が最も簡単です。

「My docomo」で確認する

ドコモの会員サイト「My docomo」にアクセスすると、ドコモ光の利用明細が確認でき、そこでプロバイダの確認もできます。

基本的に「My docomo」にアクセスすれば自動ログインできますが、できない場合は「dアカウント」のログイン情報が必要です。

ドコモインフォメーションセンターに連絡する

ドコモ光のインフォメーションセンターに連絡すれば、契約中のプロバイダが確認できます。

時間帯によっては繋がりにくいのが難点ですが、通話料無料なので、通話時間が長くなってしまっても費用は発生しません。

ドコモインフォメーションセンター 通話料無料、受付時間(午前9時~午後8時)
ドコモスマホを契約している151
ドコモスマホを契約していない0120-800-000

ドコモショップで確認する

ご利用中のプロバイダは、ドコモショップでも確認できます。

わざわざプロバイダを確認するだけに店舗に行くのはもったいないので、ドコモ光に関する相談やドコモスマホの機種を変更するついでなどに聞いてみたりしてもいいかもしれませんね。

ちなみにドコモショップは予約の方が優先なので、事前に来店予約することをおすすめします。

ドコモショップ来店予約

ドコモ光プロバイダに関するよくある質問

ドコモ光のプロバイダで最もおすすめはどこですか?

ドコモ光のプロバイダで最もおすすめなのはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは月額料金の安いタイプAのプロバイダに該当しているほか、高性能ルーターの無料レンタルや高額キャッシュバックと充実しています。

実測速度もドコモ光プロバイダの中では速い方です。

ドコモ光のプロバイダで一番キャンペーンが充実しているのはどこですか?

キャンペーンが最も優れているのはGMOとくとくBBです。

開通の4ヶ月後に送られてくるメールからキャッシュバック申請の手続きを行えば、38,000円が翌月に振り込まれます。

また、「OCN」も37,000円キャッシュバックがもらえます。

OCNはGMOとくとくBBよりもわずかにキャッシュバック額が劣るものの、1ヶ月早い開通の3ヶ月後に送られてくるメールから申し込みをすればキャッシュバックされます。

ドコモ光10ギガでおすすめのプロバイダはどこですか?

ドコモ光の10ギガでおすすめのプロバイダもGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは、10ギガになるとキャッシュバックが51,000円まで増額します。

乗り換えの場合も1ギガと同じく15,000円追加されます。

また、レンタルルーターのスペックが高いのも特長です。

ドコモ光10ギガについて詳しくは下記をご覧ください。

まとめ

ドコモ光のプロバイダのおすすめ3選を紹介してきました。

最もおすすめなのは無料レンタルルーターのスペックが高く、キャッシュバックが一番高いGMOとくとくBBとなりましたが、OCN、@niftyも魅力的なサービスを提供しています。

ぜひドコモ光のプロバイダ選びにお困りの方は、今回紹介した3つのプロバイダの中から選んでみて下さい!

\お役に立てたらシェアをお願いします♪/

コメント

これからインターネット回線を契約する人やすでに契約中の人の参考になるように、 良い点や悪い点を客観的にコメントしてください。
誹謗中傷や暴言、個人を攻撃する発言など、第三者を不快にするコメントは非公開とします。 また、個人情報が含まれたコメントも公開できませんのでご了承ください。
※スパム対策のため、日本語を含まないコメントは無効になっています。

コメントを残す

*

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています