iPhone 15の価格をキャリア別に解説!安く買う方法も紹介!

iPhone 15の価格をキャリア別に解説!安く買う方法も紹介!

iPhone 15が2023年9月22日に発売開始されました。

大変注目度が高いので、iPhone15のキャリア別の価格はいくらのか知りたい方も多いと思います。

今回はiPhone 15のキャリア別の価格と、安く買う方法について解説しています。

ぜひ参考にご覧ください。

※表記している価格は税込みです

この記事の監修者椎名椎名(しぃ)

元新聞記者。当ブログ「internet-all」を立ち上げてから約8年間、インターネット回線に関する情報発信に携わってきました。ネット回線ナビゲーターとして、インターネット回線の選び方やお困りごとに関する無料相談を200件以上行ってきた実績があります。
@shey_blog

iPhone 15の価格

iPhone 15の価格をキャリア別に見ると下記のようになります。

iPhone 15

キャリア容量通常販売価格割引後価格
ドコモ128GB149,490円75,570円
256GB172,040円86,240円
512GB212,300円106,700円
au128GB145,640円49,760円
256GB166,780円60,570円
512GB206,930円80,925円
ソフトバンク128GB145,440円52,656円
256GB166,320円63,936円
512GB206,640円85,176円
楽天モバイル128GB140,844円51,392円
256GB161,800円61,800円
512GB199,800円80,888円

iPhone 15 Plus

キャリア容量通常販売価格割引後価格
ドコモ128GB168,740円85,580円
256GB190,080円96,360円
512GB230,890円116,050円
au128GB163,490円58,730円
256GB184,850円69,770円
512GB225,360円90,355円
ソフトバンク128GB163,440円62,016円
256GB184,320円73,536円
512GB224,640円95,016円
楽天モバイル128GB156,800円59,384円
256GB178,800円70,400円 
512GB199,800円90,440円 

iPhone 15 Pro

キャリア容量通常販売価格割引後価格
ドコモ128GB192,060円97,020円
256GB218,790円110,550円
512GB255,090円128,370円
1TB291,830円146,630円
au128GB185,860円  72,645円
256GB211,930円  85,870円
512GB248,560円 104,500円
1TB285,420円 123,360円
ソフトバンク128GB185,760円 74,136円
256GB211,680円 87,216円
512GB248,400円 108,696円
1TB285,120円 128,376円
楽天モバイル128GB179,800円 70,880円
256GB205,800円  83,888円 
512GB240,900円 101,432円
1TB276,800円  119,384円

iPhone 15 Pro Max

キャリア容量通常販売価格割引後価格
ドコモ256GB236,940円119,460円
512GB273,680円 137,720円
1TB305,910円154,110円 
au256GB230,360円 95,300円
512GB267,100円 114,045円
1TB303,850円 132,790円
ソフトバンク256GB229,680円 98,856円
512GB266,400円 118,416円
1TB293,040円 133,056円
楽天モバイル
 
256GB224,800円93,392円 
512GB260,800円 111,392円
1TB288,800円  125,384円

iPhone 15をキャリアで購入するメリット

それではiPhone 15をキャリアで購入するメリットを解説します。

返却プログラムを利用すれば安くなる

キャリアでは、スマホの返却プログラムを実施しています。返却プログラムは、支払いを分割払いにして一定期間内に返却すれば、残りの支払い分が無料になるというプログラムです。

最大で50%ほど安くなるので、安く購入したい方は利用するのがおすすめですよ。

キャンペーンが充実している

キャリアでは端末代割引キャンペーンやポイント還元キャンペーンなど、様々な特典を利用することができます。

先ほど紹介した返却プログラムと併用も可能なので、うまく組み合わせるとかなりお得にiPhone 15を契約することが可能です。

下取りサービスを利用できる

キャリアでは下取りサービスも実施しています。画面割れや機能不良があったとしても下取りを利用することができ、かなり高額で引き取ってくれます。

安くiPhone 15を買うなら利用するのがおすすめです。

光回線とのセット割を活用すると月額料金が安くなる

光回線とスマホを同じキャリアで契約すると、セット割が利用でき、月額料金が最大1,100円割引になります。

また、光回線も同じキャリアのサービスにすれば、数万円単位の高額キャッシュバックが受け取れるので、iPhone 15を機種変更するタイミングでネット回線を見直すのも安くiPhone 15を購入できるポイントです。

iPhone 15を安く買う方法

続いてiPhone 15を安く買う方法を紹介します。

ドコモで安く買う方法

まずはドコモで安く買う方法を紹介します。

カエドキプログラム+を利用する

カエドキプログラム+ロゴ
ドコモ公式より引用

ドコモの実施している「カエドキプログラム+」を利用すれば、iPhone 15がお得に契約することができます。

いつでもカエドキプログラム+は、スマホを24回払いで契約し、23ヶ月以内に返却すると、24ヶ月目までの機種の残価の支払いが免除される仕組みです。

カエドキプログラム+を利用した場合の料金は下記のようになります。

 通常料金実質負担額
(23ヶ月で返却した場合)
iPhone15
(128GB)
149,490円75,570円
iPhone15 Plus
(128GB)
168,740円85,580円
iPhone15 Pro
(128GB)
192,060円97,020円
iPhone15 Pro Max
(256GB)
236,940円119,460円

下取りプログラムを利用する

ドコモスマホでは最大100,000円の下取りプログラムを実施しています。

カエドキプログラム+と組み合わせれば、かなりお得にiPhone 15を契約することができます。

ドコモスマホの下取り金額一覧

ドコモ光を契約する

ドコモ光 ロゴドコモ光公式より引用

iPhone 15だけでなく、光回線の「ドコモ光」を契約すると、お得な特典を受けることができます。

ドコモ光を契約すると、35,000円の高額キャッシュバックがもらえます。iPhone 15の機種代金に充てることが可能です。

また、スマホとネットのセット割も適用され、1台あたり毎月最大1,100円月額料金が割引されます。家族のスマホも割引対象なので、ドコモのスマホを契約している方が家族に多ければ多いほどお得になります。

ぜひドコモでiPhone 15を契約する際は、ドコモ光も検討してみてください。

ドコモ光の評判は悪い?速度や料金などサービス内容を徹底解説!

auで安く買う方法

続いてauで安く買う方法を紹介します。

スマホトクするプログラムを利用する

au公式より引用

auの「スマホトクするプログラム」を活用すれば、iPhone 15がお得に契約することができます。

スマホを24回払いで契約し、23ヶ月以内に返却すると、24ヶ月目までの機種の残価の支払いが免除される仕組みです。

機種の返却が必須にはなりますが、最大で50%割引されるのは魅力的ですよね。

 通常料金実質負担額
(23ヶ月で返却した場合)
iPhone15
(128GB)
145,640円71,760円
iPhone15 Plus
(128GB)
163,490円80,730円
iPhone15 Pro
(128GB)
185,860円94,645円
iPhone15 Pro Max
(256GB)
230,360円117,300円

au Online Shop お得割

au Online Shop お得割は、auのオンラインショップでスマホを購入すると、最大22,000円割引されるキャンペーンです。店頭では実施していないキャンペーンなので、お得にiPhone 15を購入するにはやはりオンラインショップで購入するのがベストです。

22,000円の割引はかなりお得ですね。

先ほど紹介したスマホトクするプログラムと併用すると下記のようにかなりお得になります。

 スマホトクするプログラムのみ

au Online Shop お得割
併用時

iPhone15
(128GB)
71,760円49,760円
iPhone15 Plus
(128GB)
80,730円58,730円
iPhone15 Pro
(128GB)
94,645円72,645円
iPhone15 Pro Max
(256GB)
117,300円95,300円

併用すると、なんとiPhone 15を5万円以下で手に入れることもできます。

auでiPhone 15を契約するのはかなりお得ですね。

下取りプログラムを利用する

auは最大70,400円還元される下取りプログラムを実施しています。

最安でも1,650円で買い取ってくれるので、使うに越したことはないですね。

auスマホの下取り金額一覧

auひかりを契約する

auひかりauひかり公式より引用

auでiPhone 15を契約した方は、ネット回線の「auひかり」も検討してみてください。auひかりを契約すると、58,000円のキャッシュバックがもらえるので、高額なiPhone 15の機種代金に充てることができます。オプション加入なしでもらえるので、無駄な手間がありません。

そして、オプションの「auひかり電話」(月額550円)を契約すると、auスマホの月額料金が1,100円割引されるセット割が適用されます。またauひかり電話に加入すればキャッシュバック額が5,000円増額し、64,000円となります。かなり高額なキャッシュバックですよね。

また、auひかり電話の月額料金よりも割引額の方が高いので、あまり固定電話を利用しない方でも加入しておくのがおすすめです。

auひかりの評判は悪い?キャンペーンや料金、メリット・デメリットなど詳しく解説

ソフトバンクで安く買う方法

続いてソフトバンクで安く買う方法を紹介します。

新トクするサポートを利用する

新トクするサポート※ソフトバンク公式より引用

ソフトバンクの返却プログラム「新トクするサポート」を利用すればiPhone 15を安く買うことができます。

スマホを24回払いで契約し、23ヶ月以内に返却すると、24ヶ月目までの機種の残価の支払いが免除される仕組みです。

新トクするサポートを利用した際の料金は下記になります。

 通常料金実質負担額
(23ヶ月で返却した場合)
iPhone15
(128GB)
145,440円74,640円
iPhone15 Plus
(128GB)
163,440円84,000円
iPhone15 Pro
(128GB)
185,760円96,120円
iPhone15 Pro Max
(256GB)
229,680円120,840円

Web割

Web割は、その名の通りオンラインショップ限定のキャンペーンで、他社から対象機種に乗り換えると機種代金が最大21,984円割引になります。

かなりの大幅値引きになるので、ぜひ活用してiPhone 15を安く手に入れてください。

先ほどの新トクするサポートと併用も可能です。

 新トクするサポートのみWeb割併用時
iPhone15
(128GB)
74,640円52,656円
iPhone15 Plus
(128GB)
84,000円62,016円
iPhone15 Pro
(128GB)
96,120円74,136円
iPhone15 Pro Max
(256GB)
120,840円98,856円

下取りプログラム

下取りプログラムは、現在利用しているスマホやタブレットの下取りが成立すると最大58,800円相当のPayPayポイント還元、もしくは機種を購入する際に値引きされます。

安くiPhone 15を利用するにはうってつけのキャンペーンですよね。

ソフトバンク光を契約する

ソフトバンク光ロゴ

ソフトバンク公式より引用

ソフトバンクでiPhone 15を契約した方は、ネットをソフトバンク光にするのがおすすめです。

ソフトバンク光に乗り換えればキャッシュバック37,000円がもらえます。ドコモ、au同様に高額なので、iPhone 15の機種代金に充てればお得に購入できます。

また、同様にセット割も適用されるので、ソフトバンクスマホの月額料金が最大1,100円割引されるので、お得にiPhone 15を利用できますよ。

ソフトバンク光の評判は?利用者の口コミから分かるメリット・デメリット

楽天モバイルで安く買う方法

最後に楽天モバイルで安く買う方法を紹介します。

楽天モバイル買い替え超トクプログラムを利用する

楽天モバイル買い替え超トクプログラム※楽天モバイル公式より引用

楽天モバイル買い替え超トクプログラムは、楽天モバイルの返却プログラムで、スマホを48回払いで契約し、25ヶ月以内に返却すると、機種代金が約半額になる仕組みです。

楽天モバイル買い替え超トクプログラムを利用すると、下記のようになります。

 通常料金実質負担額
(25ヶ月で返却した場合)
iPhone15
(128GB)
140,800円70,392円
iPhone15 Plus
(128GB)
156,800円78,384円
iPhone15 Pro
(128GB)
179,800円89,880円
iPhone15 Pro Max
(256GB)
224,800円112,392円

iPhoneトク得乗り換え!を利用する

iPhoneトク得乗り換え!は、対象のiPhoneを購入し、対象のスマホの下取りが成立すれば、楽天ポイントが最大19,000pt還元されます。

楽天ポイントは、楽天市場だけでなく、提携ショップでも利用可能で、楽天モバイルの支払いにも使えます。

ポイントとはいってもかなり汎用性が高いので魅力的ですね。

下取りを活用してお得にiPhone 15を利用していきましょう。

19,000ptを受け取る場合、実質金額は下記のようになります。

 楽天モバイル買い替え超トクプログラムのみ

iPhoneトク得乗り換え!
併用時

iPhone15
(128GB)
70,392円51,392円
iPhone15 Plus
(128GB)
78,384円59,384円
iPhone15 Pro
(128GB)
89,880円70,880円
iPhone15 Pro Max
(256GB)
112,392円93,392円

楽天ひかりを契約する

楽天ひかり公式より引用

楽天モバイルでiPhone 15を購入した方は、ネットを楽天ひかりにするのがおすすめです。楽天ひかりを契約するとSPUが+4倍となり、楽天市場で買い物した際のポイント還元率が大幅にアップします。

また、楽天ひかりは他社から乗り換えると、1年間月額料金が2,000円割引されるので、お得にネットを利用することが可能です。

ぜひ楽天モバイルでiPhone 15を購入する方はチェックしておいてください。

iPhone 15の購入手順

それではキャリアごとの購入手順を見ていきましょう。

ドコモの購入手順

ドコモロゴドコモ公式より引用

  1.  ドコモオンラインショップにアクセスする
  2. dアカウントにログインする
  3. iPhone 15シリーズで購入したい種類を選択する
  4. 希望のカラーと容量を選択する
  5. 「機種変更」「新規契約」「のりかえ(MNP)」のいずれかを選択する
  6. 機種の支払い方法を選択する
  7. 「購入する」を選択する

ドコモオンラインショップでの手続き手順は上記の通りです。

ドコモスマホの料金プラン

eximoirumo
~1GB:2,178円
~3GB:3,278円
無制限:4,928円
~3GB:880円
~6GB:1,540円
9GB~:2,090円

ドコモの料金プランは、eximoという通常プランとirumoという2種類です。

eximoは無制限プランではあるものの、1GBまでだと2,178円、3GBまでだと3,278円とお得に利用することができます。

auの購入手順

auひかり公式より引用

  1.  auオンラインショップにアクセスする
  2. iPhone 15シリーズで購入したい種類を選択する
  3. 希望のカラーと容量を選択する
  4. 「機種変更/povo1.0から乗りかえ」「新規契約」「他社/povo2.0から乗りかえ(MNP)」「UQ mobileから乗りかえ(番号以降)」のいずれかを選択する
  5. 機種の支払い方法を選択する
  6. au IDにログインする
  7. 「購入する」を選択する

auのオンラインショップでの購入手続きは上記の通りです。povo1.0の場合は不要なのですが、povo2.0の場合はMNP予約番号が必要になるみたいなので、事前に番号を取得しておきましょうね。

auスマホの料金プラン

使い放題MAXauマネ活プランスマホミニプラン
~3GB:3,278円
無制限:4,928円
~3GB:3,688円
無制限:5,338円
~1GB:21,78円
~2GB:3,278円
~3GB:4,378円
~4GB:4,928円

auは、通常プランの使い放題MAX、4GBまでの少量プランに加え、23年9月から「auマネ活プラン」という斬新なプランをリリースしました。

auマネ活プランは、auPAYカード、au自分銀行、通信料金支払いサービスを利用すると、au PAY残高還元特典が最大800円還元されるプランです。そのほかにも他のauサービスの還元率が高くなります。

ソフトバンクの購入手順

ソフトバンク公式より引用

  1.  ソフトバンクオンラインショップにアクセスする
  2. おススメ商品から「iPhone」を選択する
  3. 購入したい種類を選び「予約・購入する」を選択する
  4. 「受け取り方法」と「お手続き」を選択する
  5. 利用者の年齢を選択する
  6. SoftBank IDとパスワードを選択してログインする
  7. カラーと容量を選択する
  8. 支払い回数を選択する
  9. 内容をチェックして「確定する」を選択する

ソフトバンクでの手順は上記のようになります。

LINEMOやワイモバイルから乗り換える際はMNP予約番号不要です。

ソフトバンクの料金プラン

ギガ無制限ミニフィットプラン+スマホデビュープラン
4,928円~1GB:2,178円
~2GB:3,278円
~3GB:4,378円
~4GB:1,078円(2年目以降:2,266円)
~20GB:2,728円(2年目以降:3,916円)

ソフトバンクは通常プランのギガ制限、3GBまでのミニフィットプラン+、4GBと20GBまでのスマホデビュープランの3種類あります。

通常プランでは、半年間YouTubeプレミアムが無料(7ヶ月目以降は25%OFF)の特典があるので、YouTubeを日常的に鑑賞する方にはおすすめです。

楽天モバイルの購入手順

楽天モバイル公式より引用

  1.  楽天モバイルオンラインショップにアクセスする
  2. メニューボタンの「iPhone」を選択する
  3. 容量とカラーを選択する
  4. 楽天会員にログインする
  5. 内容を確認して「この内容で申し込み」を選択する

楽天での購入方法は上記の通りです。

楽天モバイルでiPhone 15を購入する前に楽天会員に入会しておくとスムーズですよ。

楽天モバイルの料金プラン

Rakuten最強プラン
~3GB:1,078円
~20GB:2,178円
無制限:3,278円

楽天モバイルのプランはRakuten最強プランのみです。キャリアスマホでありながら格安SIM並みに安いのが特徴です。

「Rakuten Link」という専用アプリを使えば、通話料も無料なので、大変使いやすいキャリアスマホです。

iPhone15シリーズのスペック

名称iPhone 15iPhone 15 PlusiPhone 15 proiPhone 15 pro Max
本体画像
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク
ブラックチタニウム
ホワイトチタニウム
ブルーチタニウム
ナチュラルチタニウム
機種代金124,800~169,800円139,800~184,800円159,800~234,800円189,800~249,800円
容量128~512GB128GB~1TB256GB~1TB
サイズ71.6×147.6×7.80mm
(幅×高さ×厚さ)
77.8×160.9×7.80mm
(幅×高さ×厚さ)
70.6×146.6×8.25mm
(幅×高さ×厚さ)
76.7×159.9×8.25mm
(幅×高さ×厚さ)
重さ171g201g187g221g
ディスプレイ6.1インチ6.7インチ6.1インチ6.7インチ
解像度2,556×1,179ピクセル
(460ppi)
2,796 x 1,290ピクセル
(460ppi)
2,556 x 1,179ピクセル
(460ppi)
2,796 x 1,290ピクセル
(460ppi)
プロセッサA16 BionicA17 Pro
カメラ【メイン】
広角:4800万画素
超広角:1200万画素
2倍望遠:1200万画素
【イン】
1200万画素
【メイン】
広角:4800万画素
超広角:1200万画素
望遠:1200万画素
3倍望遠:1200万画素
【イン】
1200万画素
【メイン】
広角:4800万画素
超広角:1200万画素
望遠:1200万画素
5倍望遠:1200万画素
【イン】
1200万画素
充電端子USB-C

iPhone 15シリーズの特徴

それではiPhone 15シリーズの特徴を見ていきましょう。前回のiPhone 14シリーズと何が変わったのでしょうか。

充電端子がUSB-Cに変更

iPhone 15シリーズから充電端子がLightningコネクタからUSB-Cに変更になりました。充電端子については数年前から物議を醸していましたよね…

USB-Cに変更になった背景としてはEUが2024年秋から全てのスマホの充電端子をUSB-Cに統一する法律が制定されたからです。SDGs(持続可能な開発目標)の観点から、USB-Cに統一することで廃棄物削減に繋げるのが狙いです。

従来のLightningコネクタのままであれば、iPhoneがEU加盟国でシェアを大きく落とす可能性があったので、Appleも今回動きを見せてきました。

EU加盟国だけでなく、我々にとってもありがたいですよね。

Proシリーズが軽量化

iPhone 14 ProiPhone 14 Pro MaxiPhone 15 ProiPhone 15 Pro Max
206g240g187g221g

iPhoneのProシリーズを利用する方にとって少し不満のあった端末の重さ。今回から本体素材に「チタニウム」を採用し、iPhone 14シリーズから約20g軽量化されました。

従来よりも手で操作する際に負担が少し減りそうです。

全てのモデルで4800万画素の高画質撮影が可能に

今回からiPhone 15シリーズ全てに4800万画素の高解消度のカメラが搭載されました。

iPhone 14ではProシリーズのみでしたが、iPhone 15シリーズ全てで超高画質なカメラ撮影が可能になったのです。

日常的にカメラを利用する方にとっては魅力に感じますよね。

まとめ

iPhone 15を安く買う方法について、各キャリアごとに紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

ここ数年iPhoneシリーズは大きく進化していないとの声もありましたが、今回のiPhone 15は充電端子がUSB-Cに対応したり、Proシリーズが軽量化するなど、変更点が大きく見受けられましたね。

発売日はアクセスが殺到する可能性があるので、上記の購入方法を確認して、スムーズに購入できるようにしてくださいね。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*