北海道・東北地方でおすすめできるプロバイダ4つはこれでした

北海道・東北地方でおすすめできるプロバイダ4つはこれでした

今よりも快適に使える・安い料金で使えるプロバイダ(インターネット回線)を探すのは、数も多くて疲れませんか?

特に北海道・東北地方は、関東から西の各地域のようにコストパフォーマンスが良く使い勝手の良い電力系の光回線がないので、どれを選べば良いのか余計に迷ってしまいます。

かと言って、適当なプロバイダを選んでしまうと回線速度が遅くてストレスになる可能性もあります。

この記事では、北海道・東北地方でどのプロバイダがおすすめなのか第3者機関の評価などを元にお伝えしていきますので、これを読めばあなたがどのプロバイダを選べば良いかが分かりプロバイダ選びに悩む時間も短縮できますよ^^

北海道・東北地方でおすすめできるプロバイダ(光回線)は次の4つです。

  1. ドコモ光(プロバイダ:GMOとくとくBB)
  2. auひかり(プロバイダ:So-net)
  3. ソフトバンク光
  4. @スマート光

それでは、各プロバイダをおすすめ理由と合わせて見ていきましょう。

 

おすすめNo.1は顧客満足度1位の「ドコモ光×GMOとくとくBB」

ドコモ光×GMO引用元 GMOとくとくBBキャンペーンサイトより

全国でユーザー数が610万人を突破したドコモ光。

ドコモ光はプロバイダを20社以上から選べることも特徴ですが、中でも特に「GMOとくとくBB」を選ぶことで回線速度の速いv6プラスという通信方式が使えます。専用の高速Wi-Fiルーターも0円レンタルなのが嬉しいところです。

提供エリアはNTTフレッツ光と同じですが、ドコモユーザーはスマホとのセット割引「ドコモ光セット割」が組めるので、光回線をドコモ光にすることでスマホ料金を安くでき通信費の節約にもつながります。

おすすめの理由としては、世界規模で各業界の顧客満足度を測定している調査機関 J.Dパワーの「2020年固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」でも北海道地方で第1位に輝いています。

2020年固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 北海道地方でドコモ光は第1位

※出典: J.Dパワー「2020年固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」

ドコモ光×GMOとくとくBBの料金・費用

 マンションタイプ戸建てタイプ
月額料金4,000円 5,200円
事務手数料3,000円
工事費15,000円
→ キャンペーンで実質無料
18,000円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金8,000円13,000円

ドコモ光の月額料金は、光回線としては標準と言える料金設定です。フレッツ光のマンションタイプが入っているアパート・マンションであれば、4,000円と安い月額料金で使うことができます。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーンや割引

現在のキャンペーン・割引は以下の6点です。

  1. 新規の工事費用が実質無料(dポイント還元)※1
  2. キャッシュバックが最大20,000円※2
  3. v6プラス対応Wi-Fiルーターが0円レンタル
  4. 出張サポートが1回無料
  5. セキュリティソフトが12ヶ月無料
  6. ドコモスマホ・ケータイとのセット割引が使える
    ※1 docomo公式からのキャンペーン。新規(戸建て)は20,000pt、新規(マンション)は15,000pt、転用・事業者は2,000ptがもらえます。
    ※2 プロバイダ「GMOとくとくBB」からのキャンペーン。条件として「ひかりTV for docomo(2年割)」+「DAZN for docomo」の申し込みが必要。

工事費は発生しますが、最大20,000ptのdポイントがもらえるので実質無料になると思って良いでしょう。

最大キャッシュバックをもらうための条件(「ひかりTV for docomo(2年割)」+「DAZN for docomo」の申し込み)はややハードルが高かったりしますが、申し込みをしない場合でも5,500円をキャッシュバックしてもらえます。

ドコモスマホ・ケータイとのセット割引「ドコモ光セット割」ですが、新しいギガプランであれば最大で毎月1,000円割引、以前のカケホーダイ&パケあえるでシェアパックを使っているなら最大で毎月3,500円の割引が受けられます。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ プレミア、5Gギガホ、ギガホ プレミア、ギガホ、5Gギガライト、ギガライトの総称です。

料金プラン割引額
5Gギガホ プレミア/5Gギガホ-1,100円/月
ギガホ プレミア/ギガホ
-1,100円/月
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,100円/月
ステップ3:~5GB-1,100円/月
ステップ2:~3GB-550円/月
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,850円/月
ウルトラシェアパック50-3,190円/月
ウルトラシェアパック30-2,750円/月
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,980円/月
ステップ3:~15GB-1,980円/月
ステップ2:~10GB-1,320円/月
ステップ1:~5GB-880円/月
ウルトラデータLLパック-1,760円/月
ウルトラデータLパック-1,540円/月
ベーシックパックステップ4:~20GB-880円/月
ステップ3:~5GB-880円/月
ステップ2:~3GB-220円/月
ステップ1:~1GB-110円/月

また、以前はドコモ光の2年しばりとは別に、v6プラス対応Wi-Fiルーター0円レンタルの最低利用期間(3年しばり)がありましたが、2017年12月からなくなりました。ドコモ光のしばりだけになったので、さらに申し込みやすくなっています。

ドコモ光×GMOとくとくBBのメリット・デメリット

メリット

  • 価格.com、J.Dパワーでの評価がエリア1位
  • v6プラスで回線速度が快適
  • 高速Wi-Fiルーターが無料でレンタル
  • 初期設定がいらない
  • 工事費が実質無料(dポイント還元)
  • 最大20,000円のキャッシュバックがもらえる
  • セキュリティソフトが12ヶ月無料
  • ドコモスマホとの「ドコモ光セット割」でスマホ代を安くできる
  • dカードGOLDでの支払いなら毎月dポイント10%付与

デメリット

  • 他の光回線よりもキャッシュバックが少ない

ドコモ光×GMOとくとくBBはこんな人におすすめ

ドコモ光×GMOとくとくBBは北海道・東北地方に住んでいるドコモユーザーの中でも、

ドコモ光×GMOとくとくBBはこんな人におすすめ

  • 回線速度を気にする
  • Ipv6で快適にインターネットをしたい
  • ドコモ光セット割でスマホ代を安くしたい

という人には特におすすめと言えます。

◆キャンペーンサイト:ドコモ光×GMOとくとくBB

 

速度・キャンペーンともにおすすめ「auひかり」

auひかり引用元 NEXTキャンペーンサイトより

KDDI系の1Gbps光回線「auひかり」

特徴としては、初期工事費無料や他社違約金還元などのキャンペーンが充実していて、auスマホや携帯電話とのセット割引「auスマートバリュー」も使えます。

NTTとは設備が違うために提供エリアはフレッツ光に比べ限られてしまいますが、逆に、ユーザー数がフレッツ光より少ないので地域ごとに回線速度が出やすい傾向があります。

おすすめの理由として、auひかりは通信速度を測定するWebサービス「RBB SPEED TEST」の『RBB SPEED AWARD 2018』で固定回線の部、北海道・東北地方で1位になっています。

このアワードは、RBB SPEED TESTを使ったユーザーが1年間に測定したデータを集計して、部門ごとに実測値(下り速度)の平均が速かったサービスを表彰しているとのことなので、純粋に回線の通信速度を重視しています(2019年4月発表)。

RBB SPEED AWARD 2018北海道・東北地方結果(1位auひかり)

※出典:RBB SPEED AWARD 2018

また、前述で見ていると思いますが、 J.Dパワーの「2020年固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」北海道で第3位・東北地方で第1位になっています。

2020年固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 北海道地方でauひかりは第3位 2020年固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査 東北地方でauひかりは第1位

※出典: J.Dパワー「2020年固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」

プロバイダは7つの中から選ぶことができますが、その中でも一番キャンペーン内容が良い「So-net」を選んでおくのが無難です。

auひかりの料金・費用

auひかりの月額料金や初期費用・解約金は以下のようになります。

 マンションタイプ戸建てタイプ
月額料金3,400~5,000円
(設備による)
1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目~:4,900円
事務手数料3,000円
工事費30,000円 
→ キャンペーンで実質無料
37,500円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間24ヶ月間36ヶ月間
解約金7,000円15,000円
撤去費用28,800円

auひかりでは、工事費無料や違約金還元などひかり電話(月額500円)が条件になるキャンペーンが多いので、必要がない人でも始めは付けておいて後で解約するという方法もありですが、auスマートバリューの適用条件になっていますので注意しましょう。

工事費の実質無料は、マンションタイプの場合は1,250円×24回、ホームタイプの場合は625円×60回で分割割引されるため、割引期間中に解約をしてしまうと解約金とは別に工事費の残額が一括請求されてしまう点には気を付けなければいけません。

また、ホームタイプは2018年3月から解約した時に撤去費用が28,800円かかるようになってしまいました。例外として、引っ越し先での継続利用か、auのホームルーター「auスマートポート」を利用する場合は撤去費用が免除になります。

auスマートポートについては以下の記事で解説していますので、興味がある方は見てみてください。
 ⇒auスマートポートの特徴・割引・評判等を8つのポイントから徹底解説

auひかりのキャンペーンや割引

キャンペーンや割引は以下の4つです。

  1. キャッシュバック最大52,000円
  2. 初期工事費が実質0円
  3. 他社からの乗り換え費用還元
  4. auのセット割引「auスマートバリュー」が使える

回線速度もありつつ、工事費無料やキャッシュバック、他社からの乗り換え費用の負担など、キャンペーン内容が充実しています。

キャッシュバックについては、auひかりの公式サイトやauショップで申し込んでも貰うことはできませんが、auひかりの優良代理店「NEXT」のキャンペーンサイトから申し込むことで最大52,000円(ひかり電話付き。ネット回線だけでも45,000円)がもらえちゃいます^^

しかも、キャッシュバックの半分以上は代理店から開通の翌月末に銀行振り込みでもらえるというスピード対応です(残りはプロバイダからもらえます)。

初期工事費の実質無料は「ネット回線+ひかり電話」が条件となりますが、工事費37,500円相当の割引。ネット回線のみでも、30,000円相当の割引になります。

auスマートバリューはauの契約プランによって、毎月のスマホ料金を500~2,000円安くできるのでauユーザーはお得です。また、auは最大10回線まで割引できるので、家族みんなauユーザーなら断然お得に使えますよ。

スマートフォン(5G/4G LTE)

料金プラン割引額
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)

※受付終了プラン
新auピタットプラン
1GBまで割引対象外
1GB超~7GBまで-550円/月
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G Netflixパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G Netflixパック
使い放題MAX 4G

※受付終了プラン
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G テレビパック
データMAX 5G Netflixパック(P)
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G with Amazonプライム
データMAX 5G
データMAX 4G LTE テレビパック
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
-1,100円/月
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GBまで-550円/月
※受付終了プラン
auピタットプランN(s)
auピタットプラン

auピタットプラン(s)
2GBまで
※(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外です。
-550円/月
2GB超~20GBまで-1,100円/月
※受付終了プラン
データ定額1
-1,027円/月
(3年目以降は-550円/月)
※受付終了プラン
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
-1,027円/月
※受付終了プラン
U18データ定額20
-1,551円/月
※受付終了プラン
データ定額5/8/20
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)
※受付終了プラン
データ定額10/13/30
-2,200円/月
(3年目以降は-1,027円/月)

ケータイ (4G LTE)

料金プラン割引額
※受付終了プラン
データ定額1(ケータイ)
-1,027円/月
(3年目以降は-550円/月)
※受付終了プラン
データ定額2/3(ケータイ)
-1,027円/月
※受付終了プラン
データ定額5/8(ケータイ)
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)
※受付終了プラン
データ定額10/13(ケータイ)
-2,200円/月
(3年目以降は-1,027円/月)

ケータイ (3G)

料金プラン割引額
カケホ(3Gケータイ・データ付)-1,027円/月

4G LTEタブレット/4G LTE対応PC

料金プラン割引額
タブレットプラン20

※受付終了プラン
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
-1,100円/月
※受付終了プラン
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)

auひかりのメリット・デメリット

メリット

  • RBB SPEED AWARDでの評価がエリア1位
  • 回線がKDDIのため速度は出やすい
  • キャンペーンの内容が良く、公式や代理店と好みで選べる
  • auスマホとの「auスマートバリュー」でスマホ代を安くできる

デメリット

  • フレッツ光や光コラボよりも提供エリアが狭い
  • マンションタイプもあるが棟数が少ない
  • 契約期間が3年と他の光回線より長い(マンションタイプは2年)
  • 解約金+撤去費用が高い

auひかりはこんな人におすすめ

auひかりは北海道・東北地方に住んでいる人の中でも、以下のような人に向いていると言えます。

auひかりはこんな人におすすめ

  • 長く使い続けられそうで、auユーザーなら尚良し
  • 高額キャッシュバックが欲しい
  • 新規の工事費用は無料が良い

サービスやキャンペーン内容は申し分ないので、長く使っていく予定で提供エリアであれば問題なしですね。

◆キャンペーンサイト:auひかり

 

ソフトバンクユーザーには「ソフトバンク光」がおすすめ

ソフトバンク光引用元 NEXTキャンペーンサイトより

ソフトバンクユーザーには「ソフトバンク光」がおすすめです。

当ブログではあまりソフトバンク光を積極的におすすめしていないですが(理由は下記)、先ほどお伝えした「2020年固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」で、北海道エリアで5位、東北エリアで2位になっているため、客観的に回線速度の評判が良いと判断したので載せます。

ソフトバンク光の料金・費用

ソフトバンク光の月額料金やその他の費用は以下の表のようになります。

 マンションタイプ戸建てタイプ
月額料金3,800円5,200円
事務手数料3,000円
工事費24,000円 
→ キャンペーンで実質無料
契約期間24ヶ月間
解約金9,500円

ソフトバンク光のキャンペーンは、以前は他社ネット回線から乗り換える人がお得なように行われていましたが、現在は新規で申し込む人もお得になります。

そのため、『初めてネット回線を使ってみたい』という人にもおすすめです。

ソフトバンクユーザーはスマホとのセット割「おうち割光セット」で、スマホの月額料金を最大1,000円も安くできるのでお得です。

ソフトバンク光のキャンペーンや割引

キャンペーンや割引は以下の3つです。

  1. キャッシュバック最大36,000円
  2. ソフトバンク公式キャッシュバック
  3. 初期工事費が実質0円
  4. 他社からの乗り換え費用還元
  5. ソフトバンクスマホとのセット割引「おうち割光セット」が使える

ソフトバンク光のキャンペーンには、キャッシュバック、工事費無料、他社からの乗り換え費用の負担がありますが、特に乗り換え費用負担は最大10万円までキャッシュバックしてくれるのでおすすめです。

キャッシュバックはソフトバンク光正規代理店のキャンペーンサイトから申し込むと、最大36,000円のキャッシュバックに加えソフトバンク公式からももらえます。特に必須加入オプションもないので誰でも気軽にもらうことができます。

スマホセット割のおうち割光セットは、ソフトバンクの契約プランによって毎月のスマホ料金を1,000円または500円割引されるので、ソフトバンクユーザーは組むことをおすすめします。最大10回線までが割引対象なので、家族にソフトバンクユーザーが多いようであれば組まない手はありません。

基本プラン(音声)/基本プラン(データ)

料金プラン割引額
データプランメリハリ無制限/データプランミニフィット+
データプランメリハリ/データプランミニフィット
データプラン50GB+/データプランミニ
-1,100円/月

通話基本プラン

料金プラン割引額
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
-550円/月

スマ放題/スマ放題ライト

料金プラン割引額
データ定額 50GB/20GB/5GB-1,100円/月
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB

データ定額(3Gケータイ)
-550円/月

上記以外の料金プラン

料金プラン割引額
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
-1,100円/月
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
-550円/月

ソフトバンク光のメリット・デメリット

メリット

  • 北海道・東北エリアでの評判が良い
  • フレッツ光と同じ提供エリアで使える
  • 他社からの乗り換えは解約金を負担してもらえる
  • ソフトバンクやワイモバイルと「おうち割光セット」が組める

デメリット

  • 工事費無料は乗り換え時のみ

ソフトバンク光はこんな人におすすめ

ソフトバンク光は北海道・東北地方に住んでいる人の中でも、特に以下のような人に向いています。

ソフトバンク光はこんな人におすすめ

  • ソフトバンクユーザーである
  • 高額キャッシュバックが欲しい
  • 他社からの乗り換えを検討している
  • 下記の記事を読んで大丈夫そうな人

以前よりはかなり改善されましたが、ユーザーからの評判・口コミがあまり良くなく、『ソフトバンク光にしたけど説明より月額料金が高くなった。解約したい』という相談が多かったためです。
 ⇒ユーザーからも悲痛の声!? ソフトバンク光の評判が悪すぎるのでまとめてみた

◆キャンペーンサイト:ソフトバンク光

 

安さ重視の人には業界最安値の「@スマート光」がおすすめ

@スマート光引用元 @スマート光公式サイトより

光コラボの中ではまだあまり名前は知られていないですが、「@スマート光」もおすすめです。

特徴としては、光回線として業界最安値の月額料金です。提供エリアはフレッツ光と同じですが、集合住宅の場合はマンションタイプしか提供はしていないようです。

おすすめの理由としては、単純に安いからです。 

月額料金やその他の費用

 マンションタイプ戸建てタイプ
月額料金3,300円 4,300円
事務手数料3000円
工事費用15,000円
→ キャンペーンで無料
18,000円
→ キャンペーンで無料
最低利用期間2年間(自動更新なし)
解約金20,000円(3年目以降は0円)

キャンペーンは新規の工事費が無料とシンプルです。フレッツ光からの転用や他の光コラボからの事業者変更のユーザーには、工事費無料キャンペーンの恩恵はなく月額料金が安いところだけです。

最低利用期間が2年間としばりはあり、途中解約は20,000円という高い解約金がかかってしまうので注意が必要です。ですが、2年使い切れば以降はいつ解約しても解約金は取られません。

@スマート光のメリット・デメリット

メリット

  • 月額料金が安い
  • 提供エリアがフレッツ光と同じ
  • 初期工事費用が0円
  • しばりは2年のみ

デメリット

  • 回線速度は使ってみないとわからない
  • 集合住宅にファミリータイプは提供NG
  • 解約金が高い
  • 大手携帯キャリアとのセット割引がない

@スマート光はこんな人におすすめ

@スマート光はこんな人におすすめ

  • とにかくシンプルに安い月額料金で使いたい
  • 新規の工事費用は無料が良い
  • 自動更新のしばりが嫌だ

◆公式サイト:@スマート光

 

注意点や補足が知りたい

ここで注意点を再度、まとめておきます。

提供エリアの注意点ですが、「ドコモ光×GMOとくとくBB」、「@スマート光」の2つは光コラボ(NTT東西フレッツ光回線の卸し)のため、提供エリアはフレッツ光と同じなので北海道・東北地方の中でも広い範囲で使えて、マンションタイプが使える集合住宅も多いです。

ただ、@スマート光は集合住宅でマンションタイプが入っていない場合は提供してもらえません。

auひかりは独自の提供エリアを持っているため、フレッツ光のようにほぼどこでも使えるという訳ではありません。中にはauひかりのマンションタイプが入っている集合住宅もありますが、棟数が少ないためホームタイプでの料金・キャンペーンをお伝えしています。

auひかりは契約期間が3年と長く、契約更新月以外での解約は解約金15,000円に加え工事費用の分割支払いの残りもかかります。

@スマート光は2年以内での解約金20,000円が高いので注意しましょう。

 

まとめ

北海道・東北地方でおすすめできるプロバイダ(光回線)として4つお伝えしました。

それぞれで回線速度の評価が高かったり、料金やキャンペーンも違いますが、まずは提供エリアと提供条件が合うプロバイダの中で探すのが近道です。この記事が、快適に使えるインターネット回線探しの参考になれば幸いです。

 

お役に立てたらいいね!・シェアをお願いします♪

もし、この記事が少しでもあなたのお役に立てたと感じられたら、下のSNSからひとつで良いので、いいね!やシェアをして頂けませんか?

これからも価値あるコンテンツを作っていく励みになります^^*

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

ネット回線えらびでこんな風に困っていませんか?

  • 光コラボに興味がある
  • おトクな乗り換え方法が知りたい
  • 工事費用ナシで光回線を申し込みたい
  • キャッシュバックがもらえる特典・キャンペーンで申し込みたい
  • 月額料金が安いインターネット回線が知りたい
  • ネット回線が多すぎて選べない
  • ネット回線えらびに疲れた
  • そもそもネット回線についてよくわからない
  • 自分に合ったネット回線が知りたい
  • 自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

 

などなど、どんなことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*

ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。


今すぐ無料相談してみる

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*