『ドコモ光のプロバイダWAKWAKは遅い』という評判は本当?

『ドコモ光のプロバイダWAKWAKは遅い』という評判は本当?

ドコモ光は24社のプロバイダから選べますが、その中の一つに「WAKWAK(ワクワク)」というプロバイダがあります。

このWAKWAKはNTTドコモと同じグループの会社が運営するプロバイダサービスのため、「お得なオプションサービスがあるのでは?」と気になっている人も多いと思います。

しかし、『プロバイダのWAKWAKは回線速度が遅い…』という悪い評判もあり、導入を即決するのは危険です。

この記事では、プロバイダWAKWAKのIPv6サービスや回線速度の評判に加えて、料金プランやキャンペーン、さらにはドコモ光×WAKWAKよりもおすすめのネット回線をご紹介します。

※表記している価格は税込みです。

『ドコモ光×プロバイダWAKWAKは遅い』という評判は本当でした…

早速、プロバイダWAKWAKの評判を見ていきましょう。

ドコモ光×プロバイダWAKWAKにはIPv6サービス(IPoE方式またはIPv4 over IPv6)があり、動画や大容量データも気にせずインターネット回線を利用できます。(IPv6サービス利用料は無料)

IPv6サービスを利用することで従来より高速なインターネット通信が楽しめますが、『ドコモ光×プロバイダWAKWAKは遅い』『プロバイダWAKWAKの回線は遅い』という評判が多かったです。


こちらの方はIPv6オプションを利用しているのに遅いようです。

通信の混雑を回避するためのIPv6オプションにも関わらず速度が遅いようでは、いくら無料とは言え意味ないですね…。


こちらの方は、ドコモ光ではなくフレッツ光でプロバイダWAKWAKを利用しているようですが、IPv6接続でも夜間は10Mbps以下と遅いみたいです。

夜間や休日などの混雑時は速度が遅くなったりしますが、それにしても10Mbps以下は遅すぎますね。


中には0.06Mbpsとかなり遅い人もいました。

こんな速度だと、『プロバイダWAKWAKは遅い』といった悪い評判が拡散してしまうのは当然ですよね。『まじで変えたい』という気持ちお察しします。


『夜は1Mbps出ない』という人もいました。

少し古い評判のためIPv6を利用していない可能性もありますが、それにしても1Mbps以下とは遅すぎます…。これでは光回線を契約した意味がなくなってしまいますよね。

中には『快適に使えている』といった評判もありましたが、圧倒的に『プロバイダWAKWAKは遅い』といった評判の方が多く、他にも色々と良くない評判が書き込まれていました。

プロバイダをWAKWAKから変えたら速くなった!

WAKWAKが遅すぎて、他のプロバイダに変えたことで『速くなった』『速度が改善した』という評判もありました。

プロバイダWAKWAKはスピードテストでも遅いという結果に…

みんなのネット回線速度」というスピードテストのサイトではドコモ光のプロバイダごとの平均速度がランキングで紹介されていますが、WAKWAKは下から(遅い方から)3番目という結果でした。

順位プロバイダ名ダウンロード速度(平均)
1ASAHIネット315.01Mbps
2GMOとくとくBB291.5Mbps
3ドコモnet268.61Mbps
4OCN248.87Mbps
5plala(ぷらら)245.95Mbps
6DTI237.29Mbps
7エディオンネット235.77Mbps
8@TCOM235.77Mbps
9BIGLOBE235.34Mbps
10タイガースネット227.93Mbps
11@nifty226.08Mbps 
12
BB.excite217.23Mbps
13
andline207.12Mbps
14
WAKWAK175.84Mbps
15
楽天ブロードバンド143.19Mbps
16
hi-ho99.46Mbps

ドコモ光で選べるプロバイダは24社ですが、ランキングに反映されているプロバイダは直近3ヶ月間で50名以上の方が測定されているプロバイダです。

これを見るとWAKWAKの順位は下から3番目…。平均速度は175Mbpsとそこまで遅いといった印象はありませんが、実はこの速度結果が測定するサイトによって違うのです。

僕の知り合いがドコモ光をプロバイダDTIで使っていて、スピードテストをした時にみんなのネット回線速度では200Mbpsを超えていたものの、サイトによっては50Mbpsというところもあったそうです。結局8社ほど試したみたいで、平均は130Mbpsぐらいと言ってました。

それを考慮すると、DTIより60Mbpsも遅いWAKWAKは50~70Mbpsぐらいが平均速度なのかもしれません。(あくまで推測です)

ドコモ光×プロバイダWAKWAKのサービス内容

WAKWAK ロゴ引用元 WAKWAK公式サイトより

WAKWAKは、NTTドコモと同じグループにあたるNTT-ME(エヌ・ティ・ティエムイー)が提供するプロバイダサービスです。

ドコモの光回線とWAKWAKのプロバイダサービス、NTTドコモのスマホをまとめてお得に利用することができます。

  • ドコモ光のインターネット回線
  • ドコモのスマホ
  • WAKWAKのプロバイダサービス

この3つを合わせて利用することを「ドコモ光パック」と呼んでいます。

WAKWAKのオプションサービスでは、メールサービスやセキュリティサービス、独自ドメインサービス、IPv6接続サービスなどがあります。

ドコモ光×プロバイダWAKWAKで提供されるサービス

ドコモ光でプロバイダをWAKWAKにすると、以下の基本サービスが提供されます。

WAKWAK プロバイダサービス概要
メールアドレス数2個
メールBOX容量1GB
ドメイン.wakwak.com
セキュリティソフトプロバイダ有料サービス
リモートサポート
訪問サポートプロバイダ有料サービス
Ipv6IPoE
IPv4 over IPv6通信
その他のサービスホームページ(50MBまで)

メールアドレスは2個、メールBOX容量も1GBと、プロバイダとしては最低限のサービスといった印象です。Ipv6にも対応していますが、ドコモ光のプロバイダ24社は全て対応しているため「WAKWAKならでは」という感じもしません。

おまけに、GMOとくとくBBやplala(ぷらら)みたいにIpv6対応の無線LANルーター無料レンタルとかも行われておらず、シンプルと言えばシンプルですがサービスが乏しい感は否めません。

月額料金は高いタイプB

 戸建てタイプマンションタイプ
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円
タイプC5,720円4,400円
単独タイプ5,500円+プロバイダ料4,180円+プロバイダ料
※2年契約プランで申し込んだ場合。2年契約なしの場合はそれぞれ+1,650円。

ドコモ光はタイプA・B・Cの中からプロバイダを選べますが、WAKWAKは料金が割高のタイプBに属します。

初期費用はキャンペーンで実質無料

事務手数料3,300円
初期工事費戸建てタイプ:19,800円
マンションタイプ:16,500円
→ キャンペーンで実質無料

現在ドコモ光では、初期工事費が実質無料になるキャンペーンが行われています。

ただ、他の光回線の工事費無料キャンペーンは常設されているケースが多いですが、ドコモ光の場合は期間限定の場合もあるので注意が必要です。

工事費無料キャンペーンはドコモ光で実施されているため、WAKWAK以外のプロバイダを選んだ場合でも適用されます。

ドコモ光セット割で毎月のスマホ料金が割引

ドコモ光 ドコモ光セット割引用元 docomo公式サイトより

ドコモのスマホや携帯電話とドコモ光を一緒に利用すると、スマホ・携帯電話の月額利用料金が割引になる「ドコモ光セット割」を組むことができ、毎月のスマホ料金が最大1,100円割引になります(「ahamo」は対象外)。

他の大手携帯キャリアのauやソフトバンクでもスマホ+光回線とのセット割はありますが、月額550円の光電話(固定電話サービス)への加入が条件になっています。しかし、ドコモ光でセット割を組む場合はオプション加入は不要です。

なお、ドコモ光セット割を組めるのはドコモ光が唯一の対象回線のため、ドコモユーザーでセット割を組みたいなら必然的に選択肢はドコモ光のみになります。

割引額はドコモで契約している料金プランよって違い、ギガプランの「ギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガライト」のプランは家族全員のスマホ料金が毎月550〜1,100円割引、カケホーダイ&パケあえるの「ウルトラシェアパック」「ベーシックシェアパック」などのプランは毎月110〜3,850円割引になります。

割引額やプランに関しては以下をご覧ください。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ プレミア、5Gギガホ、ギガホ プレミア、ギガホ、5Gギガライト、ギガライトの総称です。

料金プラン割引額
5Gギガホ プレミア/5Gギガホ-1,100円/月
ギガホ プレミア/ギガホ
-1,100円/月
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,100円/月
ステップ3:~5GB-1,100円/月
ステップ2:~3GB-550円/月
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,850円/月
ウルトラシェアパック50-3,190円/月
ウルトラシェアパック30-2,750円/月
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,980円/月
ステップ3:~15GB-1,980円/月
ステップ2:~10GB-1,320円/月
ステップ1:~5GB-880円/月
ウルトラデータLLパック-1,760円/月
ウルトラデータLパック-1,540円/月
ベーシックパックステップ4:~20GB-880円/月
ステップ3:~5GB-880円/月
ステップ2:~3GB-220円/月
ステップ1:~1GB-110円/月
 

このように、ドコモ光×WAKWAKを利用する場合、残念ながらプロバイダWAKWAKとしての独自キャンペーンはありません。

そのため、キャッシュバックやWi-Fiルーターレンタル無料、セキュリティサービス無料など、他のプロバイダで実施されているようなキャンペーンは受けられないため、ドコモ光の利用時にプロバイダWAKWAKを選ぶメリットは薄いと言わざるを得ません。

ドコモ光×プロバイダWAKWAKよりもおすすめのネット回線4つ

WAKWAKはドコモ光とフレッツ光のプロバイダサービスのみの提供のため、他のプロバイダのように独自の光コラボは提供していません。

ドコモ光のプロバイダサービスとしてWAKWAKを利用する場合、同じNTTグループだからと言って正直これと言ったメリットはなく、他のプロバイダサービスも比較検討することをおすすめします。

中でもおすすめのネット回線がこちらの4つです。

ドコモ光のプロバイダは評判の良い「GMOとくとくBB」がおすすめ

ドコモ光×GMO引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

ドコモ光の回線を利用したいなら、プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめです。

プロバイダGMOとくとくBBは安い方のタイプAに属すため、タイプBのWAKWAKに比べて220円安く利用できます。

GMOとくとくBBでもIPv6サービスが利用でき、回線速度が速いと評判です。先ほど紹介したみんなのネット回線速度の平均速度でも291.5Mbpsで2位にランクインしていますし、公式サイトでも平均300Mbps超えを公表しています。

また、プロバイダGMOとくとくBBでは、v6プラス対応の無線LANルーターのレンタルが永年無料だったり、マカフィのセキュリティサービスを1年間無料で利用できます。

WAKWAKに比べて、料金も安い、速度の評判も良い、サービスが充実しているなどメリットが多いため、ドコモ光を利用するならプロバイダはWAKWAKよりもGMOとくとくBBがおすすめです。

auユーザーには「ビッグローブ光」がおすすめ

ビッグローブ光引用元 NEXTキャンペーンサイトより

auユーザーの場合、ビッグローブ光など他の光コラボ回線の方が月額料金が安かったり、スマホとのセット割が組めますが、中でもおすすめなのがビッグローブ光です。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金3年プラン:5,478円
2年プラン:5,698円
3年プラン:4,378円
2年プラン:4,488円
事務手数料3年プラン:3,300円
2年プラン:新規1,100円/転用2,200円/事業者変更3,300円
工事費19,800円
→ キャンペーンで実質無料
16,500円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間3年または2年(自動更新)
解約金3年プラン:11,900円
2年プラン:9,500円
提供エリア全国

高額キャッシュバックキャンペーンを実施していたり、Ipv6対応のWi-Fiルーターの無料レンタルをしていたりと、キャンペーンが今ひとつなWAKWAKと比較するとメリットが大きいです。

auユーザーは、スマホの料金が毎月最大2,200円割引になる「auスマートバリュー」や、ビッグローブ光の料金が毎月最大1,320円割引になる「ビッグローブ光×auセット割」が組めたりと、通信費の削減もできます。

速度に関しては遅い・速いどちらの評判もありますが、プロバイダBIGLOBEはみんなのネット回線速度の平均速度では235.34Mbpsという結果でしたので、WAKWAKよりも快適に使えると思いますよ。(WAKWAKは175.84Mbps)

ソフトバンクユーザーは「ソフトバンク光」がおすすめ

ソフトバンク光引用元 NEXTキャンペーンサイトより

ソフトバンクユーザーにはソフトバンク光がおすすめです。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金5,720円4,180円
事務手数料3,300円
工事費26,400円
→ 乗り換え時のみ実質無料
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金10,450円
提供エリア全国

ソフトバンク光はドコモ光よりも月額料金が安く、ソフトバンクのスマホ・携帯電話などとのセット割「おうち割光セット」が組めて、毎月の料金が最大1,100円割引になります。

ソフトバンク光では、別途光BBユニットを申し込むことでIPv6を利用できます。光BBユニットは月額514円のレンタル料金がかかりますが、高速なインターネット通信が実現できるためメリットは十分あります。

また、正規代理店NEXTで実施されている最大37,000円のキャッシュバックキャンペーンに加え、違約金負担などのSoftBank公式キャンペーンも併用できるため初期費用を抑えられます。

なお、ソフトバンク光の評判は正直あまり良くないため、こちらを一読していただいて問題ないようであれば利用してください^^;

安いインターネットが良いという人には「@スマート光」がおすすめ

@スマート光引用元 @スマート光公式サイトより

安さでインターネット回線を選ぶ場合は@スマート光がおすすめです。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金格安プラン4,400円3,300円
通常プラン4,730円3,630円
事務手数料3,300円
→ キャンペーンで無料
工事費19,800円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
16,500円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合
解約金24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合

@スマート光は、光コラボの回線の中で業界最安値と言われ、工事費無料キャンペーンや自動更新なしの契約期間など、利用する上でハードルが低いのが特徴です。

WAKWAKのプロバイダサービスと同様に、@スマート光にもIPv6のオプションサービス(月額無料)があり、v6プラス対応のルーターを自身で用意することで、より高速なインターネット通信が可能になります。

最低利用期間は2年で、途中解約の場合は22,000円の解約違約金が請求されますが、自動更新ではないため最低2年利用すれば以降は違約金は発生しません。

キャッシュバックやスマホとセット割こそないものの、元々の料金が安いですし、工事費無料キャンペーンは残債が請求されない完全無料のため、安くシンプルに使いたいという人にはおすすめです。

まとめ

ドコモ光のプロバイダであるWAKWAKは、回線速度も遅いという評判が多く見受けられますしプロバイダ独自のキャンペーンに魅力的なものがないため、正直言ってあまりおすすめできません。

今日の内容をまとめると…

状況別のおすすめネット回線

このようになりますので、ご自身の利用状況や目的に応じてピッタリなネット回線を見つけてくだい。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*