ドコモ光のプロバイダ「タイガースネット」の評判は?

ドコモ光のプロバイダ「タイガースネット」の評判は?

ドコモ光はプロバイダを24社から選べる光コラボです。

ネットに詳しくない人でも知っているような大手プロバイダから、知名度がそこまで高くないプロバイダまで多種多様です。

その中でも変わり種とでもいうべき会社「Tigers-net(タイガースネット)」をご存知でしょうか?

こちらはなんと、プロ野球チーム阪神タイガース公認のプロバイダです。名前にもタイガースって入ってますよね。

今回はドコモ光のプロバイダの中でも、異色の会社であるタイガースネットの評判サービス内容について紹介していきます。

※表記している価格は税込みです。

ドコモ光×タイガースネットの評判は?

ドコモ光は、24社全てのプロバイダが次世代規格のIpv6に対応していますが、プロバイダによっては『遅い…』という口コミや評判も多かったりするのが事実です。

では、ドコモ光×タイガースネットの評判はどうなのでしょうか?他のプロバイダのように遅いのでしょうか?

実際に、ドコモ光×タイガースネットを利用しているユーザーの口コミや評判をピックアップしてみましたが、ドコモ光ユーザーに限ると少ないため、フレッツ光ユーザーの評判も含めて紹介します。


予想通りと言うべきか、かなり阪神ファンの利用者が多いプロバイダのようです^^ プロバイダのコンテンツで実際にプレゼントが当選された方もいるようで、阪神ファンにとってかなり有益な情報ではないでしょうか?

とにかく阪神タイガース関連に関しては随一と言えるプロバイダだというのは確認できました。

では、ネットとしての使い勝手はと言うと、プロバイダとしての情報が少ないというレアなケースとなっているため、これもプロバイダを象徴する特徴と言うべきでしょうか。しかし、その中でも通信速度に関して触れている口コミもありましたが、遅いという評判が若干目立つ印象です。

プロバイダは利用者が多ければ多いほど通信速度に影響をもたらすため、自宅周辺によほど阪神ファンが密集していると遅延する可能性が高まる(特にリアルタイムで阪神戦が行なわれている時間帯)と思われます。

タイガースネットはスピードテストで10位と可もなく不可もなく

みんなのネット回線速度」というスピードテストのサイトではドコモ光のプロバイダごとの平均速度がランキングで紹介されていますが、タイガースネットは10番目という結果でした。

順位プロバイダ名ダウンロード速度(平均)
1ASAHIネット315.01Mbps
2GMOとくとくBB291.5Mbps
3ドコモnet268.61Mbps
4OCN248.87Mbps
5plala(ぷらら)245.95Mbps
6DTI237.29Mbps
7エディオンネット235.77Mbps
8@TCOM235.77Mbps
9BIGLOBE235.34Mbps
10タイガースネット227.93Mbps
11@nifty226.08Mbps 
12
BB.excite217.23Mbps
13
andline207.12Mbps
14
WAKWAK175.84Mbps
15
楽天ブロードバンド143.19Mbps
16
hi-ho99.46Mbps

ドコモ光で選べるプロバイダは24社ですが、ランキングに反映されているプロバイダは直近3ヶ月間で50名以上の方が測定されているプロバイダです。

これを見るとタイガースネット(Tigers-net)の順位は10位で、平均速度は227.93Mbpsと遅いという感じはしませんが、実はこの速度結果が測定するサイトによって違うのです。

僕の知り合いがドコモ光をプロバイダDTIで使っていて、スピードテストをした時にみんなのネット回線速度では200Mbpsを超えていたものの、サイトによっては50Mbpsというところもあったそうです。結局8社ほど試したみたいで、平均は130Mbpsぐらいと言ってました。

それを考慮すると、DTIより10Mbpsも遅いタイガースネットは120Mbpsぐらいが平均速度なのかもしれません。(あくまで推測です)

プロバイダのタイガースネットとは?

Tigers-net引用元 Tigers-net公式サイトより

タイガースネット(Tigers-net)とは、アイテック阪急阪神株式会社が運営するプロバイダです。

阪神グッズが当たったり、試合速報や壁紙など、コンテンツも色々あり、一言で言えば、阪神タイガースファンのためのプロバイダです。

阪神タイガースファン必見のプロバイダサービス

Tigers-net コンテンツ引用元 Tigers-net公式サイトより

タイガースネットのオリジナルサービス

  • 甲子園球場で行われる公式戦(巨人戦を除く)の全試合を動画&テキスト速報配信
  • ハイライトシーンのプレイバック
  • 試合速報のメール通達
  • 壁紙配信(PC・スマホ)
  • 好きな選手へのメール配達
  • 選手プロフィール
  • カレンダー&年賀状
  • グッズやチケットがあたるプレゼント企画
    など

プロバイダサービスのほとんどが阪神タイガース一色で、阪神タイガースの試合観戦に有利な優待サービスから試合の模様をストリーミング配信で生中継など、ほぼファンクラブ並みの充実度を誇るプロバイダです。

タイガースネット(Tigers-net)のコンテンツの中でちょっと面白いのが動画配信。阪神タイガースが関わる試合で、巨人の試合だけ配信を除外しています。ここまで徹底しているのが阪神タイガースというこだわりと言うか、「打倒巨人!」の執念を感じますよね。

その他にもタイガースネットでは阪神タイガースのグッズプレゼントなどを行っており、阪神と同じエリアのネット回線eo光とは別のベクトルで地元愛にあふれたプロバイダです。

ドコモ光×タイガースネットで提供されるサービス

ひとつ前の項まではタイガースネット(Tigers-net)の通常のサービスです。

ここから先は、ドコモ光のプロバイダとして選んだ場合のタイガースネットをご紹介します。

Tigers-net プロバイダサービス概要
メールアドレス数2個
メールBOX容量15GB
ドメインtigers-net.com または t-bb.jp
セキュリティソフト・インターネットセキュリティサービス
・詐欺ウォール
リモートサポート
訪問サポート
(初回無料・180日以内)
Ipv6IPoE
IPv4 over IPv6通信
その他のサービス・Wi-Fiルーター(契約期間中は無償レンタル)
・阪神タイガース関連コンテンツ
・Webメール
・ホームページ(100MBまで)
・メール転送サービス
・ブログ(200MBまで)

タイガースネットで提供されているオリジナルコンテンツや無料サービスは、ドコモ光×タイガースネットでも利用可能です。

メールアカウントも2種類から選ぶことができ、ウイルスチェック機能付きでスタンダードなネットサービスも提供されています。さらに、ドコモ光のみで組めるドコモスマホとのセット割のドコモ光セット割や、工事費無料キャンペーンも併用可能です。

タイガースファンにとってこれ以上ないくらいのサービスを提供しているタイガースネットは、熱狂的なファンにとってはまさに理想とも言えるプロバイダです。

ドコモ光×タイガースネットの月額料金

 戸建てタイプマンションタイプ
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円
タイプC5,720円4,400円
単独タイプ5,500円+プロバイダ料4,180円+プロバイダ料
※2年契約プランで申し込んだ場合。2年契約なしの場合はそれぞれ+1,650円。

ドコモ光のプロバイダはA・B・Cの中から選択可能で、タイガースネットは料金が安いタイプAに属しています。

契約は単年と2年から選べますが料金が安くなる2年契約で利用するのが一般的で、光回線とプロバイダの料金がひとまとめで請求されます。

初期費用はキャンペーンで無料

事務手数料3,300円
初期工事費戸建てタイプ:19,800円
マンションタイプ:16,500円
→ キャンペーンで実質無料

現在ドコモ光では、初期工事費が実質無料になるキャンペーンが行われています。

ただ、他の光回線の工事費無料キャンペーンは常設されているケースが多いですが、ドコモ光の場合は期間限定の場合もあるので注意が必要です。

この工事費無料キャンペーンは、タイガースネット以外のプロバイダを選んでも適用可能です。

フレッツ光からの転用や他の光コラボからの事業者変更の場合は、工事費はかかりません。

ドコモ光セット割で毎月のスマホ料金が割引

ドコモ光 ドコモ光セット割引用元 docomo公式サイトより

ドコモのスマホや携帯電話とドコモ光を一緒に利用すると、スマホ・携帯電話の月額利用料金が割引になる「ドコモ光セット割」を組むことができ、毎月のスマホ料金が最大1,100円割引になります(「ahamo」は対象外)。

他の大手携帯キャリアのauやソフトバンクでもスマホ+光回線とのセット割はありますが、月額550円の光電話(固定電話サービス)への加入が条件になっています。しかし、ドコモ光でセット割を組む場合はオプション加入は不要です。

なお、ドコモ光セット割を組めるのはドコモ光が唯一の対象回線のため、ドコモユーザーでセット割を組みたいなら必然的に選択肢はドコモ光のみになります。

割引額はドコモで契約している料金プランよって違い、ギガプランの「ギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガライト」のプランは家族全員のスマホ料金が毎月550〜1,100円割引、カケホーダイ&パケあえるの「ウルトラシェアパック」「ベーシックシェアパック」などのプランは毎月110〜3,850円割引になります。

割引額やプランに関しては以下をご覧ください。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ プレミア、5Gギガホ、ギガホ プレミア、ギガホ、5Gギガライト、ギガライトの総称です。

料金プラン割引額
5Gギガホ プレミア/5Gギガホ-1,100円/月
ギガホ プレミア/ギガホ
-1,100円/月
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,100円/月
ステップ3:~5GB-1,100円/月
ステップ2:~3GB-550円/月
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,850円/月
ウルトラシェアパック50-3,190円/月
ウルトラシェアパック30-2,750円/月
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,980円/月
ステップ3:~15GB-1,980円/月
ステップ2:~10GB-1,320円/月
ステップ1:~5GB-880円/月
ウルトラデータLLパック-1,760円/月
ウルトラデータLパック-1,540円/月
ベーシックパックステップ4:~20GB-880円/月
ステップ3:~5GB-880円/月
ステップ2:~3GB-220円/月
ステップ1:~1GB-110円/月
 

ドコモ光×タイガースネットは正直メリットが薄い…

タイガースネット(Tigers-net)は光コラボに参入していないため、プロバイダでタイガースネットを利用するにはフレッツ光かドコモ光に限られます。

安い料金で、支払いもひとまとめで簡単なのは言うまでもなくドコモ光です。

しかし、ドコモ光は月額料金が他のネット回線に比べて少々高いです。古参のドコモユーザーで阪神ファンであればメリットがありますが、あまりにも限定的な条件なので万人にすすめるには抵抗があります。

ドコモ光にこだわるならプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ

ドコモ光×GMO引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

特典を見ても阪神ファン以外には魅力が乏しく、料金面では他社を選んだ方が良いように思えるドコモ光×タイガースネット(Tigers-net)。

もし、ドコモ光にこだわりたいのであれば、プロバイダはGMOとくとくがおすすめです。

同じタイプAのGMOとくとくBBは、最大20,000円 のキャッシュバックを実施していて、さらにはIpv6対応の無線LANルーターの永年無料レンタルも行っています。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン・割引

  • 初期工事費が実質無料※1
  • 最大20,000円 キャッシュバック※2
  • dポイントプレゼント
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターが無料レンタル
  • 出張サポートが1回無料
  • セキュリティソフトが12ヶ月無料
  • ドコモスマホ・ケータイとのセット割「ドコモ光セット割」が組める
    ※1 docomo公式のキャンペーン。
    ※2 プロバイダ「GMOとくとくBB」のキャンペーン。条件として「ひかりTV for docomo(2年割)」+「DAZN for docomo」の申し込みが必要。

最大キャッシュバックをもらうための条件はややハードルが高かったりしますが、オプション加入なしでも5,500円をキャッシュバックしてもらえます。

GMOとくとくBBの公式サイトでは通信速度が全国平均が下り300Mbps超えということも公開されていますし、Twitterには実際にGMOとくとくBBのv6プラスを使っているユーザーから『速い』などの評判が多く挙がっています。


万が一、通信速度が100Mbpsを下回った場合には、GMOとくとくポイント(100円相当)がもらえるペナルティ補填も行っていたりと、それだけ通信速度に自信があるということだと思いますよ。

よって、ドコモ光を利用する場合は、プロバイダはGMOとくとくBBで申し込むのがおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判やサービスについては以下の記事で解説しています。

ドコモ光とプロバイダにこだわらなければ「@スマート光」がおすすめ

@スマート光引用元 @スマート光公式サイトより

ドコモ光やプロバイダにこだわりがなく『とにかく安い光回線を使いたい!』という場合は、業界最安値の「@スマート光」がおすすめです。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金格安プラン4,400円3,300円
通常プラン4,730円3,630円
事務手数料3,300円
→ キャンペーンで無料
工事費19,800円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
16,500円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合
解約金24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合

業界最安値の月額料金に期間なしの工事費無料キャンペーンを実施中です。@スマート光は通常プランで申し込むことでいつでも工事費が無料になり、しかも月額料金が安いため利用開始後も負担となりません。

@スマート光はシンプルさがウリですが、IPv6のオプションサービス(月額無料)にも対応しているため高速なインターネット通信が可能ですし、Twitterでも『快適に使える』『IPv6使わなくても速い』といった評判も多く挙がっています。

最低利用期間は2年で途中解約の場合は22,000円の解約違約金が請求されますが、自動更新ではないため最低2年利用すれば以降は違約金は発生しません。

@スマート光の評判やレビューについては以下の記事を参考にしてください。

まとめ

今回はドコモ光×タイガースネット(Tigers-net)について紹介してきました。

決して悪いサービスではないものの、回線速度については『遅い』という評判が目立つ印象です。そんため、せっかく料金を払って使うなら、より快適に使える以下のネット回線がおすすめです。

状況別のおすすめネット回線

プロバイダによって、速度、サービス内容、キャンペーンのお得度など様々な違いがあるため、プロバイダ選択をする際にはこの記事を参考にしていただけたら嬉しいです^^

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*