ドコモ光のプロバイダ「plala」の評判は?回線速度は遅い?

ドコモ光のプロバイダ「plala」の評判は?回線速度は遅い?

光コラボはプロバイダと光回線が一体型になったインターネットサービスです。

ほとんどの光コラボは提供している会社のプロバイダを使用することになりますが、ドコモ光では全24社の中からプロバイダを選ぶことができます。

その中の1つ「plala(ぷらら)」はドコモグループ会社のぷららが提供するプロバイダです。ドコモ光の回線とプロバイダがセットになった「ドコモ光×ぷらら」では、ドコモのスマホ・ケータイの割引が適用できたり、高速通信サービスIPv6の利用ができます。

この記事では、プロバイダplalaの評判・口コミサービス内容ドコモ光×ぷららとぷらら光の違い、などをご紹介していきます。

ドコモ光×ぷららの契約を検討している人は参考にしてみてください。

※表記している価格は税込みです。

プロバイダのplala(ぷらら)はIpv6対応だけど評判は?速度は遅い?

プロバイダのplala(ぷらら)ではIPv6接続の高速インターネット通信を利用できますが、『IPv6にも関わらず回線速度が遅い』などあまり良くない評判が多く…。

もちろん、ドコモ×ぷらら利用者全ての方が遅いと言っているわけではなく、『速い・快適』といった評判も書き込まれています。

ここでは、悪い評判・良い評判に分けて紹介していきます。

『プロバイダのぷららは遅い・重い』という評判

まずは、『プロバイダのぷららは遅い・重い』といったあまり良くない評判を紹介します。


常に遅い人、夜になると遅くなる人など様々ですが、plala(ぷらら)の速度が遅いという評判は多いです。

中には、家電量販店のスタッフに『plalaは化石』と言われた人もいるようで、売る側の人にも「ぷららは遅い」といった評判が定着してしまっているようです…。

『プロバイダのぷららは速い』という評判

続いては、『速い・快適』などの良い評判です。


ドコモ光×ぷららに限らずですが、光回線の1GBサービスは概ね80~200Mbps出れば不自由なく使えると言われていますが、これだけ速い速度が出ればNETFLIXやYouTubeなどの動画配信サービスもサクサク見れそうですね。

ドコモ光×ぷららに関しての評判は、『遅い』『5Mbps程度しか出ない』といった声もある一方で、『300Mbps以上出る』『快適に使えている』という声も少なくなありません。

そのため、「プロバイダでplala(ぷらら)を使っている人からは速度が遅いという評判が少し多い」と言えるかもしれません。

ドコモ光×ぷららの利用を検討している場合は、プロバイダぷららの評判や口コミを事前に確認しておいた方が良いでしょう。

プロバイダのぷららはスピードテストで上位にランクイン

みんなのネット回線速度」というスピードテストのサイトではドコモ光のプロバイダごとの平均速度がランキングで紹介されていて、plala(ぷらら)は比較的上位にランクインしています。

順位プロバイダ名ダウンロード速度(平均)
1ASAHIネット315.01Mbps
2GMOとくとくBB291.5Mbps
3ドコモnet268.61Mbps
4OCN248.87Mbps
5plala(ぷらら)245.95Mbps
6DTI237.29Mbps
7エディオンネット235.77Mbps
8@TCOM235.77Mbps
9BIGLOBE235.34Mbps
10タイガースネット227.93Mbps
11@nifty226.08Mbps 
12
BB.excite217.23Mbps
13
andline207.12Mbps
14
WAKWAK175.84Mbps
15
楽天ブロードバンド143.19Mbps
16
hi-ho99.46Mbps

ドコモ光で選べるプロバイダは24社ですが、ランキングに反映されているプロバイダは直近3ヶ月間で50名以上の方が測定されているプロバイダです。

ぷららの順位は5位と比較的上位で平均速度も245.95Mbpsとかなり速い速度ですが、実はこの速度結果が測定するサイトによって違うのです。

僕の知り合いがドコモ光をプロバイダDTIで使っていて、スピードテストをした時にみんなのネット回線速度では200Mbpsを超えていたものの、サイトによっては50Mbpsというところもあったそうです。結局8社ほど試したみたいで、平均は130Mbpsぐらいと言ってました。

それを考慮すると、DTIより10Mbpsほど速いぷららも130~150Mbpsぐらいの平均速度なのかもしれません。(あくまで推測です)

プロバイダplala(ぷらら)とは?

plala ロゴ引用元 ぷらら公式サイトより

プロバイダplala(ぷらら)は、株式会社NTTドコモのグループ企業である株式会社NTTぷららが提供しているサービスです。

プロバイダやIPTVサービス、IP電話サービスの他に、ショッピング、ゲーム、ミュージックなど幅広く展開しています。

IPoE対応のIPv6接続によって高速で快適なインターネット通信を利用することが可能で、セキュリティサービスや豊富なオプションサービスで便利に楽しくインターネットを利用する環境も提供しています。

ドコモ光×ぷららで提供されるサービス

ドコモ光でプロバイダplala(ぷらら)を選んだ場合、基本的には単独プロバイダ契約とほとんど同じものが提供されています。

ぷらら プロバイダサービス概要
メールアドレス数7個
メールBOX容量2GB(容量無制限へ変更可能)
ドメインplala.or.jp
セキュリティソフトマカフィー for plala(24ヶ月無料)
リモートサポート
訪問サポート
(初回無料)
Ipv6IPoE
IPv4 over IPv6通信
その他のサービス・Wi-Fiルーター(契約期間中は無償レンタル)
・フリーチケット 1,320円分/毎月
・ひかりTVエントリープラン
・Webメール
・メール転送サービス
・プライベートドメインメール

昨今はリーズナブル化を推し進めるプロバイダも増えていますが、ぷららは従来のプロバイダサービスと遜色のないサービスが提供されています。

メールアドレスは最大7個まで無料で、メールBOX容量は無制限への変更も可能です。これなら、個人用・仕事用に使い分けるだけでなく、家族全員に専用メールアドレスを振り分けて使うこともできますね。

また、契約期間中であればWi-Fiルーターを無償レンタルしてもらえるので、特に購入する必要もありません。

ドコモ光×ぷららの月額料金は4,400円~

 戸建てタイプマンションタイプ
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円
タイプC5,720円4,400円
単独タイプ5,500円+プロバイダ料4,180円+プロバイダ料
※2年契約プランで申し込んだ場合。2年契約なしの場合はそれぞれ+1,650円。

ドコモ光はタイプA・B・Cの中からプロバイダを選択できます。

プロバイダplala(ぷらら)は安いタイプAに属しているため、ドコモ光×ぷららの月額料金は、戸建てタイプが5,720円、マンションタイプが4,400円になります。

2年契約プランで申し込んだ場合、更新月以外に解約をすると戸建てタイプは14,300円、マンションタイプは8,800円の解約金がかかります。

2020年4月から「ドコモ光 10ギガ」が提供開始されていますが、ぷららでも「ドコモ光 10ギガ」は利用可能で月額料金は6,930円になります。

現在の提供エリアは東京都23区と西東京エリアの一部、大阪府大阪市、愛知県名古屋市とまだ狭いですが、全国的に順次展開中とのことです。

初期費用はキャンペーンで実質無料

事務手数料3,300円
初期工事費戸建てタイプ:19,800円
マンションタイプ:16,500円
→ キャンペーンで実質無料

現在ドコモ光では、初期工事費が実質無料になるキャンペーンが行われています。

ただ、他の光回線の工事費無料キャンペーンは常設されているケースが多いですが、ドコモ光の場合は期間限定の場合もあるので注意が必要です。

この工事費無料キャンペーンはドコモ光公式で実施されているため、ぷらら以外のプロバイダを選んだ場合でも適用できます。

ドコモ光セット割で毎月のスマホ料金が割引

ドコモ光 ドコモ光セット割引用元 docomo公式サイトより

ドコモのスマホや携帯電話とドコモ光を一緒に利用すると、スマホ・携帯電話の月額利用料金が割引になる「ドコモ光セット割」を組むことができ、毎月のスマホ料金が最大1,100円割引になります(「ahamo」は対象外)。

他の大手携帯キャリアのauやソフトバンクでもスマホ+光回線とのセット割はありますが、月額550円の光電話(固定電話サービス)への加入が条件になっています。しかし、ドコモ光でセット割を組む場合はオプション加入は不要です。

なお、ドコモ光セット割を組めるのはドコモ光が唯一の対象回線のため、ドコモユーザーでセット割を組みたいなら必然的に選択肢はドコモ光のみになります。

割引額はドコモで契約している料金プランよって違い、ギガプランの「ギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガライト」のプランは家族全員のスマホ料金が毎月550〜1,100円割引、カケホーダイ&パケあえるの「ウルトラシェアパック」「ベーシックシェアパック」などのプランは毎月110〜3,850円割引になります。

割引額やプランに関しては以下をご覧ください。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ プレミア、5Gギガホ、ギガホ プレミア、ギガホ、5Gギガライト、ギガライトの総称です。

料金プラン割引額
5Gギガホ プレミア/5Gギガホ-1,100円/月
ギガホ プレミア/ギガホ
-1,100円/月
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,100円/月
ステップ3:~5GB-1,100円/月
ステップ2:~3GB-550円/月
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,850円/月
ウルトラシェアパック50-3,190円/月
ウルトラシェアパック30-2,750円/月
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,980円/月
ステップ3:~15GB-1,980円/月
ステップ2:~10GB-1,320円/月
ステップ1:~5GB-880円/月
ウルトラデータLLパック-1,760円/月
ウルトラデータLパック-1,540円/月
ベーシックパックステップ4:~20GB-880円/月
ステップ3:~5GB-880円/月
ステップ2:~3GB-220円/月
ステップ1:~1GB-110円/月
 

15,000円のキャッシュバックキャンペーン

ドコモ光×ぷららの公式サイト限定で、15,000円のキャッシュバックキャンペーンを行なっています。

キャッシュバックがもらえる条件

  • ドコモ光1ギガプランをぷららの公式サイト経由で申し込みすること
  • 申し込み月から3ヶ月後の月末までに利用を開始すること

キャッシュバックは、ドコモ光の利用開始月を含む4ヶ月目の月末までに振込口座確認のメールが届き、口座番号など振込先に関する回答を行った後に振り込まれます。

振込口座確認のメールは翌月末までに回答する必要があり、期限までに回答しないとキャッシュバックキャンペーンの対象外になってしまいます。

充実したオプションサービス

プロバイダplala(ぷらら)ではオプションサービスが充実していますが、ここではドコモ光×ぷららで利用できるオプションサービスをご紹介します。

IPv6サービス

ぷららでは、「ぷららv6エクスプレス」という名前で次世代通信規格であるIPoE接続方式のIPv6サービスを展開しています。

初期費用、月額費用、申し込みが一切不要のため、ドコモ光×ぷららに申し込むことでIPv6の高速通信サービスを利用できます。

Ipv6(IPoE)対応Wi-Fiルーターレンタル無料

ドコモ光×ぷららの申し込みをすると、IPv6対応のWi-Fiルーターを無料でレンタルすることができます。

Wi-Fiルーターの無料レンタルは申し込みが必要なため、申し込みを忘れないようにしましょう。

マカフィーのセキュリティソフトの月額料金が24ヶ月無料

ドコモ光×ぷららを申し込むと、マカフィーのセキュリティソフト(月額407円)を最大24ヶ月無料で利用できます。ウイルスやスパイウェア、迷惑メール対策などが行えるセキュリティ対策ソフトで、最大3つの端末にインストールが可能です。

ただし、マカフィーセキュリティソフトの無料利用についても、プロバイダぷららへの申し込みが必要です。

訪問設定サポートが1回無料

ドコモ光×ぷららでは、訪問設定サポートが1回無料で利用できます。インターネットの接続設定や、ひかりTV、メール設定(1アドレス)など、インターネットを始める際に必要な設定を無料で行ってもらえます。

IPoE対応のWi-Fiルーター設定もサポートしてもらえるため、パソコンの設定やインターネットに関する専門知識がない人も安心ですね。

「ドコモ光×ぷらら」と「ぷらら光」の違いは?

ぷらら光引用元 ぷらら公式サイトより

プロバイダplala(ぷらら)のインターネットサービスには、ドコモ光×ぷららとは別にぷらら光があります。

ぷらら光はぷららが提供している光コラボのインターネット回線で、光回線とプロバイダぷららがセットになっています。ドコモ光×ぷららはドコモが提供していて、インターネット回線とプロバイダぷららがセットになったサービスです。

ここではドコモ光×ぷららとぷらら光の違いについて説明します。

月額料金、初期費用、セット割など様々な違いがある

ドコモ光×ぷららぷらら光
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
戸建て:5,280円
マンション:3,960円
初期工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
→ キャンペーンで実質無料
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
事務手数料3,300円0円
契約期間2年なし
解約金戸建て:14,300円
マンション:8,800円
なし

月額料金で比較した場合

月額料金はドコモ光×ぷららよりぷらら光の方が安いため、月々の費用を抑えたい人にはぷらら光の方がおすすめです。戸建て・マンションタイプともにぷらら光の方が440円安くなっていますので、年間にすると5,280円もお得に利用できますよ。

なお、他のネット回線と比べた場合、ドコモ光×ぷららは若干高いのが正直なところです…。

工事費で比較した場合

ドコモ光×ぷららはキャンペーンによって工事費が実質無料になりますが、ぷらら光は工事費が別途かかります。ただし、派遣工事の有無と宅内の配線工事の有無で工事費は異なり、派遣工事がなければ工事費は2,200円で済む場合があります。

事務手数料が無料なのはポイントですね^^

契約期間・解約金で比較した場合

ぷらら光は契約期間の縛りがないため、契約期間内の解約に対する解約金がありません。

ただし、新規申し込み時に最大55,000円のキャッシュバックキャンペーンを適用した場合、3年以内にぷらら光を解約してしまうと違約金として35,000円が請求時されてしまいます。

スマホとのセット割で比較した場合

ドコモのスマホや携帯電話を利用している人は、ドコモ光×ぷららではセット割「ドコモ光セット割」が組めるためトータルの通信費を安く抑えることができます。しかし、ぷらら光にはスマホとのセット割引がありません。

ぷらら光は月額料金が安く契約期間の縛りもないため、ドコモのスマホを利用していない場合はぷらら光の方がおすすめです。スマホセット割の特典を受けることはできませんが、安い月額料金で利用できます。

なお、長期利用をするつもりであれば、新規申し込み時に高額キャッシュバックキャンペーンを利用して申し込む方法がお得です。

ぷらら光の評判は?

ぷらら光もIPv6接続の高速インターネット通信が利用できます。

しかし、ドコモ光×プロバイダのplala(ぷらら)と同じく、『速い・快適』などの良い評判もあれば、『速度が遅い・重い』といった良くない評判も書き込まれています。

『ぷらら光は速い・快適』という評判

実際にぷらら光を使っている人からは、『200Mbps以上出ている』や『地味に速い』と快適に使えているという評判が多く見られます。

『ぷらら光は遅い・重い』という評判

一方で、『IPv6なのに遅い』『動作が重い』という評判だったり、10Mbpsも出てない人からの書き込みも目立ちました。

ドコモ光×plala(ぷらら)以外におすすめの2回線

ドコモ光×plala(ぷらら)のサービスは決して悪くありません。

しかし、速度に対しての評判を見てみると『遅い・重い』といった声が多いため、それなら他のプロバイダやネット回線を検討することをおすすめします。

ドコモ光のプロバイダは評判の良い「GMOとくとくBB」がおすすめ

ドコモ光×GMO引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

ドコモ光にこだわるなら、プロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめです。

GMOとくとくBBでもIPv6サービスが利用可能で、回線速度については『速い』という評判が多いです。先ほど紹介したみんなのネット回線速度の平均速度でも291.5Mbpsで2位にランクインしていますし、公式サイトでも平均300Mbps超えを公表しています。

また、プロバイダGMOとくとくBBでも、v6プラス対応の無線LANルーターの無料レンタルを行ってますし、マカフィのセキュリティサービスも1年間無料で利用できます。

料金も同じで安いタイプAですし、速度の評判も良い、サービスが充実しているなどメリットが多いため、ドコモ光を利用するならプロバイダはぷららよりもGMOとくとくBBがおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判やサービスについては以下の記事で解説しています。

安くて速度の評判の良い「@スマート光」もおすすめ

@スマート光引用元 @スマート光公式サイトより

ドコモ光やプロバイダにこだわりがなければ、業界最安値の「@スマート光」がおすすめです。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金格安プラン4,400円3,300円
通常プラン4,730円3,630円
事務手数料3,300円
→ キャンペーンで無料
工事費19,800円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
16,500円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合
解約金24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合

@スマート光は光コラボの中で最安値で、工事費無料キャンペーンや自動更新なしの契約期間など、利用する上でハードルが低い光回線です。

@スマート光でもIPv6のオプションサービス(月額無料)があるため、高速なインターネット通信が可能ですし、Twitterでも『快適に使える』『IPv6使わなくても速い』といった評判も多く挙がっています。

最低利用期間は2年で途中解約の場合は22,000円の解約違約金が請求されますが、自動更新ではないため最低2年利用すれば以降は違約金は発生しません。

キャッシュバックやスマホとのセット割こそないものの、元々の料金が安いですし、工事費無料キャンペーンは残債が請求されない完全無料のため、安くシンプルに使いたいという人にはおすすめです。

@スマート光の評判やレビューについては以下の記事を参考にしてください。

まとめ

ドコモ光×プロバイダplala(ぷらら)は、回線速度については遅い・速いと両方の評判があります。

決して悪いサービスではありませんが、より快適に使うなら以下のネット回線がおすすめです。

状況別のおすすめネット回線

今回紹介した内容を参考に、ご自身の使い方や目的にマッチしたネット回線を見つけてくだいね^^

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*