ドコモ光のプロバイダ「BIGLOBE」は遅い?評判を調査!

ドコモ光のプロバイダ「BIGLOBE」は遅い?評判を調査!

ドコモ光は自社以外のプロバイダを選べる光コラボです。

通常の光コラボは自社の光回線とプロバイダがセットになっているものですが、ドコモ光では20社以上ものプロバイダから選ぶことが可能なのです。

選べるプロバイダの中には大手も多く、ドコモ光だけの限定特典もあるなど初心者にも使いやすいネット環境を提供しています。

今回は、ドコモ光のプロバイダ「BIGLOBE(ビッグローブ)」のサービス、キャンペーン内容、評判についてご紹介します。

ドコモ光×BIGLOBEの特徴

ドコモ光×BIGLOBE引用元 BIGLOBE公式サイトより

BIGLOBEはネットを使っている人には知らない人はいない、と言っても良いくらいの知名度の高い大手プロバイダです。ISDN時代から継続しているという人も多く、ネット業界の老舗として実に人気の高いプロバイダです。

今回のドコモ光×BIGLOBEは、「ドコモ光の光回線でBIGLOBEを使う」という形式のサービスです。光コラボ以前のフレッツ光のような感覚で契約することになるので、古参ネットユーザーには懐かしさも感じられるかもしれませんね。

以前のネット回線とプロバイダが別々の契約だった時代と違うのは、あくまで光コラボという形態での申し込みとなること。つまり、フレッツ光までのような感覚を持ちつつ、支払いなどは一本化されているので細かい契約手続きは不要です。これもプロバイダを選べるドコモ光の大きなメリットのひとつです。

ドコモ光×BIGLOBEで提供されるサービス

プロバイダBIGLOBEを使うだけならBIGLOBEの光コラボ「ビッグローブ光」でも問題ありません。わざわざドコモ光×BIGLOBEを選ぶメリットは、ドコモのサービスを受けつつBIGLOBEも使えるという点に尽きます。

基本的にはプロバイダを単独契約する場合とほとんど同じものが提供されています。

BIGLOBE プロバイダサービス概要
メールアドレス数最大5個
メールBOX容量5GB
ドメインbiglobe.ne.jp
セキュリティソフトBIGLOBEネットあんしんパック for ドコモ光(12ヶ月)
リモートサポート
訪問サポート
(初回無料)
Ipv6IPoE
IPv4 over IPv6通信
その他のサービス・Wi-Fiルーター(ご契約期間中は無償レンタル)
・家族会員サービス(家族4名まで家族ID無料)
・メール転送サービス
・ホームページ(100MBまで)

・ブログ(10GBまで)
・Webメール

ドコモ光でプロバイダBIGLOBEを利用する際のサービスは、主に以上のようになります。

無料のメールアドレスは5個まで使えたり、メール転送サービス、100MBまでのHPスペースなどのサービスもあります。Wi-Fiルーターが無償レンタルというのも嬉しい特典ですね。

 

ドコモ光×BIGLOBEの限定特典

ドコモ光×BIGLOBEに申し込んで受けられる限定特典についてご紹介します。

限定特典には、プロバイダでBIGLOBEに選ぶことによって受けられる特典や、別のプロバイダを選んでも受けられる特典もあるので、申し込み時にどの特典が受けられるかを知っておく必要があります。

特典重視でドコモ光×BIGLOBEを検討されている人は要チェックです^^

新規工事料無料キャンペーン

ドコモ光 工事費無料引用元 docomo公式サイトより

新規工事費無料はドコモ光が定期的に行っているキャンペーンです。

ドコモ光を申し込んだ人すべてに適用される特典で、ドコモ光×BIGLOBEだけに限ったサービスではありません。

「定期的に」という点にご注意いただきたいのですが、逆に言うと実施していない時期もあるので、『工事費無料キャンペーンを利用しょうと思ったら終わっていた…』なんてことにならないようにご注意ください。

事務手数料3,000円
工事費戸建て:18,000円 → キャンペーンで無料
マンション:15,000円 → キャンペーンで無料

工事費無料によってドコモ光開通までの初期費用は事務手数料のみで、一番のネックとなる工事費無料が不要となります。

通常発生する工事費用がどの住居タイプにも、キャンペーン期間中(終了日未定)であれば適用されます。もともとドコモ光の工事費用は標準的な金額ですが、無料でネットを始められるというのは、それだけ金銭的負担が減るので損得で言えば確実にお得です。

転用(フレッツ光からの乗り換え)や事業者変更(他の光コラボからの乗り換え)はもともと工事費無料なので、転用や事業者変更を考えている人はちょっと損した気分になるかもしれませんね^^ゞ

こちらはドコモ光新規契約者全てに適用され、プロバイダでBIGLOBE以外を選んでも受けられるキャンペーンです。ただし、土日祝日工事の追加工事費用や、2020年4月から提供開始になった「ドコモ光 10ギガ」の工事費は対象外ですのでご注意ください。

期間限定であることや、申し込み後もちゃんと開通しないと意味がありません。その開通期限も7ヶ月以内と決められています。

申し込み後にうっかりそのままにしておくとせっかくの工事費無料の権利が消えてしまいますので、申し込み後は忘れないうちに開通させておくことをおすすめします。

工事費無料キャンペーンの注意点

  • 新規契約の契約事務手数料(3,000円)はかかる
  • 土日祝日工事の際にかかる別途費用は対象外
  • 「ドコモ光 10ギガ」はキャンペーン対象外
  • 引っ越し、提携CATV(タイプC)からの切り替えは対象外

BIGLOBEならIPv6対応でインターネット通信が快適

ドコモ光×BIGLOBE Ipv6引用元 BIGLOBE公式サイトより

近年はIPv6対応のネットも増え、混雑回避に余念がないサービスも浸透し始めています。そのため、ドコモ光でもIPv6に対応してきたプロバイダも多く、「IPv6対応」がアドバンテージとなる状況も少なくなりつつあります。

IPv6とは?

Ipv6とは、IPアドレスを事実上無限に増やすことによってネットの混雑を回避し、通信速度の遅延を避けながらカタログスペックに近い高速通信を実現する次世代の接続方式です。

旧規格であるIPv4は有限のIPアドレスを使用してネット接続を行っていましたが、ネットの利用環境が増加してきたことによって、インターネット通信時に必要なIPアドレス(住所のようなもの)の発行が間に合わなくなってきてしまったのです。それを改善するために登場したのがIpv6です。

BIGLOBEならIPv6対応無線LANルーターのレンタル料無料

ドコモ光×BIGLOBE ルーター無料引用元 BIGLOBE公式サイトより

IPv6を利用するには対応する無線LANルーターも必要になりますが、プロバイダでBIGLOBEを選べばIpv6対応の無線LANルーターが無料で利用できます。

ドコモ光×BIGLOBEへの新規申し込み特典でNEC Aterm WG1200HS3の無線LANルーターが永年無料でレンタルできます。Wi-Fi(無線)のネットは自宅ならどこでもネットに繋ぐことができ、スマホのデータ通信量も消費しないというメリットがあります。

これによってスマホ代を節約することもでき、通常なら月額300円かかるルーターのレンタル料も無料になります。長期的に見て無線LANの無料のメリットはネット生活には計り知れず、これだけでもプロバイダでBIGLOBEを選ぶ価値は十分だと言えるでしょう。

その他の無料特典

上記で紹介した以外にも、ドコモ光でプロバイダをBIGLOBEにすることで受けられる特典があります。

利用する人は限られると思われますが、基本的には必要とされている人が限定的なので、『こういう特典もあるんだ?』程度に覚えておいてください。

  • BIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光 最大12ヶ月無料
  • 訪問サポート初回無料

「BIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光」は、セキュリティセット・プレミアム(ウイルス対策)、インターネットサギウォール(ネット詐欺対策)、迷惑メールフォルダオプション(迷惑メール対策)の、3つの厳選セキュリティ対策がパックになったドコモ光×BIGLOBE限定のセキュリティソフトのパックです。

通常は月額500円のオプションサービスですが、キャンペーンによって12ヶ月間は無料になります。なお、13ヶ月目以降は月額500円の料金がかかります。

もう一つの「訪問サポート」は、インターネットの接続設定(1台)、BIGLOBEメール設定(1アカウント)、ドコモテレビターミナルの設定(1台)などの設定をしてもらえるサービスで、1回だけ無料で利用できます。

 

ドコモ光のメリットは?

ドコモ光×BIGLOBEは「ドコモ光でプロバイダをBIGLOBEで利用する」というものですが、『ドコモ光でプロバイダをBIGLOBEにするメリットがどこにあるの?』と疑問を持つ人も多いことでしょう。

プロバイダBIGLOBEを使いたかったらビッグローブ光を直接申し込めば良いだけの話です。しかし、ビッグローブ光では使えないサービスがドコモ光で使えるというメリットがあります。

ドコモスマホとのセット割引「ドコモ光セット割」はドコモ光専用

ビッグローブ光では決して利用することができないドコモスマホ・ケータイとのセット割引「ドコモ光セット割」。このドコモ光セット割が組めるのはドコモ光のみいうこともあり、ドコモユーザーにとって唯一のネット回線がドコモ光なのです。

つまり、プロバイダでBIGLOBEを使いたいドコモユーザーにとって、ドコモ光は都合の良いネットということになりますね。

ドコモ光セット割は、ドコモのスマホ・ケータイとドコモ光をセット利用することで、月々のスマホ料金が割引されるサービスです。

他の携帯キャリアのauやソフトバンクでもスマホとのセット割引は提供されていますが、光電話(月額500円ほどの固定電話サービス)の申し込みが必須条件になっています。ですが、ドコモ光セット割を組む場合にはオプション加入の必要はありません。

なお、割引額はスマホ・ケータイで契約しているプランよって異なります。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ/5Gギガライト/ギガホ/ギガライトの総称になります。

料金プラン割引額
5Gギガホ-1,000円
ギガホ-1,000円
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,000円
ステップ3:~5GB-1,000円
ステップ2:~3GB-500円
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,500円
ウルトラシェアパック50-2,900円
ウルトラシェアパック30-2,500円
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,800円
ステップ3:~15GB-1,800円
ステップ2:~10GB-1,200円
ステップ1:~5GB-800円
ウルトラデータLLパック-1,600円
ウルトラデータLパック-1,400円
ベーシックパックステップ4:~20GB-800円
ステップ3:~5GB-800円
ステップ2:~3GB-200円
ステップ1:~1GB-100円

新しい「ギガプラン」であれば最大で毎月1,000円割引、以前の「カケホーダイ&パケあえる」シェアパックを使っているなら最大で毎月3,500円の割引が受けられます。

光コラボではキャリア、格安スマホのセット割引も主流となっている中、ドコモだけ対応しているネット回線がドコモ光だけというのは少々扱いにくさがあります^^ゞ

 

ドコモ光×BIGLOBEとビッグローブ光の違いは?

結論から先に言うと、ドコモ光×BIGLOBEはドコモ光セット割以外のメリットはありません

工事費無料キャンペーンは一見お得なように思えますがドコモ光独自のキャンペーンであり、最近はビッグローブ光を始め他のインターネット光回線でも工事費無料キャンペーンは実施されています。

では、同じフレッツ光の光コラボであるドコモ光でプロバイダBIGLOBEを利用する場合と、ビッグローブ光(プロバイダは当然BIGLOBE)を利用する場合とでは、どんな違いがあるのか見てみましょう。

初期費用と月額料金比較

 ドコモ光×BIGLOBEビッグローブ光
事務手数料3,000円3,000円
初期工事費戸建て:18,000円
マンション:15,000円
→ キャンペーンで無料
戸建て:30,000円
マンション:27,000円
→ キャンペーンで実質無料
月額料金戸建て:5,200円
マンション:4,000円
戸建て:4,980円
マンション:3,980円
契約期間2年3年
解約金戸建て:13,000円
マンション:8,000円
20,000円
※ビッグローブ光は3年契約の場合。

工事費で比較すると?

まずは工事費についてですが、ビッグローブ光でも工事費無料キャンペーンは行われています。ドコモ光とは違い、期間限定ではなくずっと実施されています(僕が知っている限りですが)。

ビッグローブ光の工事費用は光コラボのなかでも高額ですが、そもそもネットは長期利用を見越して契約するものですから、そのつもりでいれば大きな負担にはなりません。

ただし注意点があり、工事費は通常なら月々分割で払う額をキャンペーンによって同額割引することで「実質無料」にしています。その同額割引はビッグローブ光を契約している期間中しか適用されないため、解約時に残っている(割引されていない)分の工事費は一括請求されてしまうのです。

月額料金で比較すると?

月額料金についてですが、ドコモ光は選ぶプロバイダによって料金が異なります。戸建て専用の定額従量制のドコモ光ミニもありますが、今回はビッグローブ光との比較なので基本プランのみで比較します。

表を見ると、戸建てタイプは220円、マンションタイプは20円と、戸建て・マンションどちらもビッグローブ光の方が安いということが分かります。

今や光コラボは300~500社あるとも言われていますが、マンションタイプの料金が4,000円を超えるのはやや高いと言わざるを得ません…

解約金で比較すると?

次に解約金で比較した場合ですが、ドコモは契約している住居タイプで異なります。一方、ビッグローブ光は3年契約の解約金が高いのが分かります(2年契約は9,500円)。

インターネット光回線の平均的な解約金は9,500円で、これを踏まえるとドコモ光はマンションタイプが少し安い代わりに戸建てが割高になっています。ビッグローブ光は2年契約は平均的な金額ですが、3年契約だと工事費並みの高額です。

「ドコモ光は利用者の多いマンションプランが普通の料金」。「ビッグローブ光は月額料金が安くなるのは3年契約だけど、2年契約だと解約金は普通で3年契約は高額」。

この辺りは利用者がどのような契約期間を考えているかにもよりますが、ビッグローブ光の3年契約には引っ越しの際の工事費が何回でも無料になるというメリットがあるので、3年契約の長期利用を推奨しているのが何となく察せますね。

キャンペーン特典の比較

ここまで、ドコモ光×BIGLOBEをあまりおすすめしなかった最大の理由がキャンペーン特典の比較です。

ドコモ光×BIGLOBEにあった、キャンペーン特典のほとんどがドコモ光×BIGLOBEよりにビッグローブ光の方が上回ってしまっていることが原因です。

 ドコモ光ビッグローブ光
初期工事費戸建て:18,000円
マンション:15,000円
→ キャンペーンで無料
戸建て:30,000円
マンション:27,000円
→ キャンペーンで実質無料
Ipv6対応無線LANルーター
無料レンタル
永年6ヶ月
(7ヶ月目以降:月額500円)
無料サポート
キャッシュバックなし最大35,000円
※ビッグローブ光は3年契約の場合。

簡易的な比較表を作って見ました。

すでにご紹介している工事費無料はもとより、実は無線LANルーターの無料レンタルはビッグローブ光でも行われています。ただし、こちらは6ヶ月間の期間があるため、永年無料というわけではありません(7ヶ月目以降は月額500円)。

ドコモ光×BIGLOBEはIPv6対応。当然、ビッグローブ光でもIPv6は対応しているので、ドコモ光×BIGLOBEとビッグローブ光の通信速度には大きな差はありません。

ビッグローブ光のキャッシュバックキャンペーン

ビッグローブ光では3年プランで新規申し込みした人に最大35,000円のキャッシュバックが行なわれています。このキャッシュバックキャンペーンはドコモ光×BIGLOBEでは実施されていないので、大きなアドバンテージと言えます。

ドコモ光×BIGLOBEで実施されているキャンペーンは、工事費無料と、Ipv6対応無線LANルーターのレンタル永年無料、セキュリティソフト12ヶ月無料なので、やはり現金キャッシュバックというのはかなり魅力的な特典です。

ドコモ光×BIGLOBEとビッグローブ光の口コミや評判は?

インターネットに限らずですが、使う前には何かとそのサービスの口コミ評価や評判などが気になるものです。

化粧品や雑貨、小型家電とかであればお試しで使ってみることも可能ですが、工事が必要なインターネットではそうはいきません。そんな場合には、実際に使っている人からの評判を参考にするのがおすすめです。

ドコモ光×BIGLOBEの口コミ・評判

ビッグローブ光の口コミ・評判

どこのネット回線の口コミにも遅いという評判は必ず付きまとうものですが、利用環境がある程度把握できる状況の情報であれば信ぴょう性は高くなります。

IPv6利用者の口コミについては、これはドコモ光×BIGLOBEでもビッグローブ光でも同じことが言える様子で、IPv6対応のルーターを使用している、または切り替えた人たちはおおむね満足をしている模様です。

やはりIPv6は偉大ということですね。

スマホとのセット割引で比較

ドコモ光×BIGLOBEがドコモ光セット割のみに対し、ビッグローブ光ではauスマートバリューまたはauセット割、BIGLOBEモバイルの光☆SIMセット割と、計3種類から選べます。

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割引用元 docomo公式サイトより

ドコモ光セット割の特徴

・割引額:最大1,000円(旧プランは最大3,500円)
・割引回線数:ドコモのスマホやケータイ最大20回線まで
・条件:なし

ドコモ光セット割の特徴は、他2社の携帯キャリアのスマホセット割とは違い光電話などのオプション加入の必要がないという点です。

また、最大割引数も20回線と多いため、親戚にもドコモユーザーが多いようであればかなり重宝できる割引です(10回線でも十分だと思いますが^^ゞ)。

auスマートバリュー

ビッグローブ光×auスマートバリュー引用元 BIGLOBE公式サイトより

auスマートバリューの特徴

・割引額:最大1,000円(旧プランは最大2,000円)
・割引回線数:auのスマホやケータイ最大10回線まで
・条件:ビッグローブ光電話

auは最大10回線までと割引対象が決まっていますが、ドコモに比べて定額プランの条件ははるかに割引されやすいです。

ただし、ネット回線以外に光電話の契約も必要なのがauスマートバリューを組む際のネックでもあります。月額500円の他に、初期費用も考えると費用分と割引差分からお得感が減ってしまう人もいるかもしれません。家族にauユーザーが多いようであればおすすめですね。

auセット割

ビッグローブ光×auセット割引用元 BIGLOBE公式サイトより

auセット割の特徴

・割引額:最大1,200円
・割引回線数:ビッグローブ光1回線
・条件:なし

auスマートバリューと同じauスマホとのセット割引でも、auセット割ではビッグローブ光の料金が割引されます。

auセット割は光電話の契約は不要なので、auスマートバリューよりも気軽に申し込むことができます。ただし、割引はビッグローブ光1回線のみなので、auユーザーが自分だけもしくは家族内でいない人におすすめです。

光☆SIMセット割

BIGLOBEモバイル 光SIMセット割引用元 BIGLOBE公式サイトより

光☆SIMセット割の特徴

・割引額:300円
・割引回線数:BIGLOBEモバイル1回線
・条件:なし

BIGLOBEが運営する格安SIMとの光☆SIMセット割。

もともと料金が安い格安SIMとのセット割引なので割引額は300円と大きくありませんが、ビッグローブ光と一緒に利用するだけで適用されます。フレッツ光 with BIGLOBEとの割引にも対応していますが割引額は100円なので、格安SIMが使える光コラボという面で評価するべきでしょう。

 

ドコモユーザー以外は他のネット回線がおすすめ

通信速度では大差がなく、料金面では環境に違いがあれどややビッグローブ光のほうがお得。なによりも、キャンペーン特典で大きく差を開けられている感が拭えないのがドコモ光×BIGLOBE

では、『ドコモ光×BIGLOBEを選ぶメリットはどこにある?』と言われれば、ドコモユーザー唯一の割引対象であること以外にほかありません。逆を言ってしまえば、それ以外には特に選ぶ理由がないというのも本音でしょう。

auと格安SIMでセット割を選べるのに、わざわざドコモ光×BIGLOBEを選ぶメリットはあまりありません。ドコモ以外のキャリアを使っているのであれば、尚更セット割がある他のネット回線を探すべきです。

ドコモユーザーならプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

ここまでドコモ光について後ろ向きな解説をしましたが、ドコモ光がまったくダメと言うわけではありません。

実はドコモ光でも新規申し込みでキャッシュバックがもらえるプロバイダがあります。

ドコモ光×GMO

ドコモ光のタイプAに属するGMOとくとくBBでは、最大20,000円のキャッシュバックとdポイント2,000ptがもらえるキャンペーンが行われています。

もちろん工事費無料のキャンペーンも適用可能で、さらにはIpv6対応の無線LANルーターの永年レンタルも行われているため、BIGLOBEよりも数段お得なプロバイダです。もちろんIPv6対応なので通信速度もバッチリです。

ドコモにこだわりがある人ならドコモ光をあきらめずとも、プロバイダでGMOとくとくBBを選べば良いのです。

◆キャンペーンサイト:ドコモ光×GMOとくとくBB

プロバイダBIGLOBEにこだわるなら素直にビッグローブ光

ビッグローブ光

プロバイダBIGLOBEにこだわるなら、言うまでもなくビッグローブ光を申し込むのが手っ取り早いです。

先ほどご紹介した新規のキャンペーン特典、auや格安SIM(BIGLOBEモバイル)とのセット割、これだけでもドコモ光にこだわる理由がありません。auユーザーならドコモ光×BIGLOBEと比較したらなおさらビッグローブ光一択となるでしょう。

他社の格安SIMユーザーは乗り換えも必要になると思いますが、個人的には、別にそのまま使っても特に大きなデメリットにはならないと思います。格安SIMユーザーなら他にも安いネット回線があるので、そちらをおすすめします。

◆キャンペーンサイト:ビッグローブ光

スマホのキャリアにこだわらなければ@スマート光

@スマート光

初めて聞く人も多いと思われる光コラボの@スマート光

こちらはなんと、業界最安値の月額料金常時行われている工事費無料キャンペーンのお手軽光コラボです。

@スマート光のサービス概要
月額料金戸建て:4,300円
マンション:3,300円
事務手数料3,000円
初期工事費戸建て:18,000円
マンション:15,000円
→ キャンペーンで無料
契約期間2年(自動更新なし)
解約金20,000円(3年目以降0円)

月額料金だけ見ても圧倒的に安く、しかも工事費が無料。これからネットを始める人に最適です。

IPv6は別オプションで別途300円、無線LANルーターも300円から提供しています。必要があれば適宜任意で契約すれば良いだけなので、徹底的に安い料金で使いたい人にはもってこいのネット回線です。

運営会社は株式会社NEXTという光コラボの代理店で、優良代理店としても有名ですので、ネットユーザーの間では知る人ぞ知る的な知名度の会社なのです。ちなみに、先ほどご紹介したビッグローブ光のキャンペーンもこのNEXTです。

NEXTでは@スマート光の提供だけでなくビッグローブ光を含めたインターネット回線の取次ぎも行っており、BIGLOBE公式とは別に高額キャッシュバックも実施されています。

スマホとのセット割を使わなくても安いレベルで、光コラボなためフレッツ光で保証された通信速度や回線の品質。また、会社としての信用も高いので、初心者や当面のネットとして使いたい人におすすめの光回線です。

自動更新契約もなく、最低利用期間の24ヶ月を過ぎれば解約金なしで解約が可能です。ただし、契約期間中の契約解除料は20,000円と高額なので、その点だけご注意ください。

◆公式サイト:@スマート光

 

まとめ

今回はドコモ光×BIGLOBEで使うメリットについて見てきました。

ドコモ光は20社以上のプロバイダから選べるという特長がありますが、プロバイダでBIGLOBEを選んだ場合はキャンペーンは工事費無料ぐらいで、他のネット回線のようにキャッシュバックが行われていなかったりと、あまりお得ではないのが正直なところです。

そのため、BIGLOBEにこだわるのならビッグローブ光、ドコモにこだわるならドコモ光×GMOとくとくBBの方がおすすめと言うのが正直なところです。

また、格安SIMを使っている人であればネット回線単体で安い@スマート光もお得なので、「いかにお得に使えるか?」を考えた上でネット回線を申し込むようにしてくださいね。

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*