ドコモ光のプロバイダBIGLOBEは遅い?評判を調査!

ドコモ光は自社以外のプロバイダを選べる光コラボです。

通常の光コラボは自社の光回線とプロバイダがセットになっているものですが、ドコモ光は用意されている全41社以外にもプロバイダだけ別途契約も可能なのです。

ドコモ光側で用意されているプロバイダは大手も多く、ドコモ光だけの限定特典もあるなど初心者にも使いやすいネット環境を提供しています。

今回はドコモ光のプロバイダ「BIGLOBE(ビッグローブ)」についてご紹介します。

ドコモ光×BIGLOBEの特徴

ドコモ光×BIGLOBE※ビッグローブ公式サイトから

ビッグローブはネットを使っている人には知らない人はいない、といってもいいくらいの知名度の高い大手プロバイダです。ISDN時代から継続しているという人も多く、ネット業界の老舗として実に人気の高いプロバイダです。

今回のドコモ光×BIGLOBEは「ドコモ光の光回線でビッグローブを使う」という形式のサービスです。光コラボ以前のフレッツ光のような感覚で契約することになるので、古参ネットユーザーには懐かしさも感じられるかもしれませんね。

以前のネット回線とプロバイダが別々の契約だった時代と違うのは、あくまで光コラボという形態での申し込みとなること。つまり、フレッツ光までのような感覚を持ちつつ、支払いなどは一本化されているので細かい契約手続きは不要です。これもプロバイダを選べるドコモ光の大きなメリットのひとつです。

ドコモ光×BIGLOBEでできること

ビッグローブを使うだけならビッグローブの光コラボ「ビッグローブ光」でも問題ありません。わざわざドコモ光×BIGLOBEを選ぶメリットは、ドコモのサービスを受けつつビッグローブも使えるという点に尽きます。

ドコモ光×BIGLOBEの特徴
  • IPv6対応
  • ビッグローブメールを引き続き継続可能
  • ドコモ光×BIGLOBEのみの限定特典
  • ビッグローブを使いなが※ドコモのセット割が使える

ざっくりとドコモ光×BIGLOBEを説明すると上記になります。無料のメールアドレスや転送サービス、100MBまでのHPスペースなど細かい提供サービスもありますが、メインとなるのは主に上記でしょう。

ドコモ光×BIGLOBEの限定特典

ドコモ光の特典※ドコモ光公式サイトから

ドコモ光×BIGLOBEに申し込んで受けられる限定特典についてご紹介します。

こちらはプロバイダをビッグローブに選んだことによって受けられる特典です。ドコモ光の別のプロバイダやビッグローブ光にはない特典なので、申し込み者にとってメリットが噛み合えば十分選ぶ価値のあるサービスです。

一部はドコモ光に申し込めばどこのプロバイダでも受けられる特典があるので、特典重視でドコモ光×BIGLOBEを検討されている人は要チェックです。

新規工事料無料キャンペーン

ドコモ光で毎年定期的に行なっている無料キャンペーンです。2018年12月1日~2019年5月6日まで限定で、ドコモ光を申し込んだ人すべてに適用される特典ですので、ドコモ光×BIGLOBEだけに限ったサービスではありません。

事務手数料3,000円
工事費戸建:18,000円 → 2019年5月6日まで無料
マンション:15,000円 → 2019年5月6日まで無料

通常発生する工事費用がどの住居タイプにも期間中は無料が適用。もともとドコモ光は工事費用は標準的な金額ですが、無料でネットを始められるというのは、それだけ金銭的負担が減るので損得で言えば確実にお得です。

転用はもともと工事費無料なので、この時期にフレッツ光から乗り換えを考えるとちょっと損した気分になるかもしれませんね。

ちなみに毎年年末から引っ越しシーズン終了~新生活が落ち着き始めるころに無料キャンペーンが開始されますが、開始時期はその年によって若干変わります。終了時期は5月6日で統一されているようなので、申し込むならその時期までに始めましょう。

無料キャンペーンの注意点
  • 2019年11月6日までに開通すること
  • 土日祝日工事は別途費用が発生
  • 引っ越し、提携CATV(タイプC)からの切り替えは対象外

無料キャンペーンも万能と言うわけではなく、引っ越し時の移転工事費や後述のCATV(タイプC)の切り替えは工事費用の対象外となります。また、他社光コラボなどからの乗り換えの場合、利用中のネットの違約金などには十分に注意しておきましょう。

IPv6対応の高速インターネット

近年はIPv6対応のネットも増え、混雑回避に余念がないサービスも浸透し始めています。ドコモ光ではIPv6対応のプロバイダも徐々に増え始めており、「IPv6対応」がアドバンテージとなる状況も少なくなりつつあります。

IPv6とは?

IPアドレスを事実上無限に増やすことによってネットの混雑を回避し、通信速度の遅延を避けながらカタログスペックに近い高速通信を実現する接続方式。

旧規格であるIPv4は有限のIPアドレスを使用してネット接続を行っていましたが、有限を無限にすることでネット接続の障害を防ぐ技術です。IPv6には対応する無線LANルーターも必要になりますが、ドコモ光×BIGLOBEには対応無線LANも永年無料で利用できます。

永年無料のIPv6対応無線LANルーター

ドコモ光×BIGLOBEへの新規申し込み特典でNEC Aterm WG1200HP3の無線LANルーターが永年無料でレンタルできます。無線=WiFiのネットは自宅ならどこでもネットに繋ぐことができ、スマホのデータ通信量も消費しないというメリットがあります。

これによってスマホ代を節約することもでき、月額300円のルーターレンタル料も掛けなくて済みます。

長期的に見て無線LANの無料のメリットはネット生活には計り知れず、これだけでも一考の価値が十分だと言えるでしょう。

dポイント10,000進呈

こちらもドコモ光限定のキャンペーンですが、ドコモ光×BIGLOBEでの併用も可能です。

dポイントはドコモコンテンツでの支払い、ショッピングにも使うことができ、町の対応しているコンビニなどの店舗でも使用が可能です。

後述するドコモのステージランク制にも深く関わるdポイントですが、主に利用している店舗がdポイント対象の店舗、もしくはドコモの支払い(ネット、スマホetc.)を中心にしている人には決して損のない特典です。

そのほかの無料特典

利用期間限定でサポートサービスを提供するドコモ光の無料サービスです。利用する人は限られると思われますが、基本的には必要とされている人が限定的なので、「こういうのもある」程度に覚えておいてよい特典です。

  • BIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光最大12カ月無料
  • 訪問サポート初回無料

ドコモ光のメリット

ドコモ光パック※ドコモ光公式サイトから

ドコモ光×BIGLOBEは「ドコモ光でビッグローブが選べる」というものですが、わざわざドコモ光からプロバイダをビッグローブにするメリットがどこにあるのか?まず最初にこの疑問をもつ人も多いことでしょう。

ビッグローブを使いたかったらビッグローブ光に直接申し込めばいいだけの話です。しかし、ドコモ光からならビッグローブ光では使えないサービスが使えるというメリットがあります。

ドコモ光セット割は実質ドコモ光専用(2019年3月時点)

ビッグローブ光では決して利用することができないドコモ携帯のセット割「ドコモ光セット割」。2019年3月時点でドコモ光セット割自体が対応しているネットがドコモ光のみということもあり、ドコモユーザーにとって唯一のネットがドコモ光です。

つまりビッグローブを使いたいドコモユーザーにとって、ドコモ光は都合のよいネットということになりますね。

ドコモ光セット割概要

個人用定額従量プラン個人用定額プラン
シェア用定額プランシェア用定額プラン
※ドコモ光公式サイトから

ドコモ光セット割は毎月100円~3,500円の携帯代を割引してくれるセット割。光コラボではキャリア、格安スマホのセット割も主流となっているなか、ドコモだけ対応しているネットが1つだけというのは少々扱いにくさがあります。

また、割引額は契約している料金プランに応じているため、上のプラン一覧を見てわかるように割引額に対して月額料金の高さも目立ちます。

※画像はドコモ光公式サイトから引用

セット割とは別に、ドコモにはステージ制が敷かれています。ランクに応じてdポイントの付与が行なわれますが、ランクはドコモの利用年数か半年間での獲得dポイントによって決定されるため、古参ユーザー以外の新規にはやはり格差が生まれるものとなるでしょう。

ドコモ光とビッグローブ光の比較

率直に言うと、ドコモ光×BIGLOBEはドコモ光セット割以外のメリットを問われると強くはおすすめしません。確かに工事費無料やdポイント特典といったドコモ光独自のサービスもあり、一見お得なようにも見えてきます。

しかし、ビッグローブのネットを使いたい場合だと、ビッグローブ光を選んだほうが2019年2月時点でははるかにお得と言わざるを得ません。

初期費用と月額料金比較

ドコモ光とビッグローブの初期費用
ドコモ光
事務手数料3,000円
工事費戸建:18,000円 → 2019年5月6日まで無料
マンション:15,000円 → 2019年5月6日まで無料
ビッグローブ光
事務手数料3,000円
工事費戸建:30,000円 → 40ヶ月継続利用で無料
マンション:27,000円 → 40ヶ月継続利用で無料

ビッグローブ光でも毎月初回特典が行なわれており、工事費無料キャンペーンも実施しています。ドコモ光は利用期間は設けていませんが、ビッグローブ光は継続利用さえ守れば工事費用なしでほぼいつでもキャンペーンを利用できるメリットがあります。

ビッグローブ光の工事費用はは光コラボのなかでも高額ですが、そもそもネットは長期利用を見越して契約するものですからそのつもりでいれば大きな負担にはなりません。ただし、何らかの事情で解約するときには利用期間から差し引いた残債金が一気に請求されることだけは要注意です。

ドコモ光とビッグローブの月額料金
ドコモ光
戸建2年自動更新:5,200円
マンション2年自動更新:4,000円
ビッグローブ光
戸建2年プラン:5,180円
3年プラン:4,980円
マンション2年プラン:4,080円
3年プラン:3,980円

ドコモ光はタイプごとに料金が異なります。戸建専用の定額従量制のドコモ光ミニもありますが、今回はビッグローブ光との比較なので基本プランのみを比較します。

まず2年契約で比較すると戸建はビッグローブ光。マンションタイプはドコモ光が安いという結果になります。マンションタイプで4,000円を超えるのは、昨今の光コラボで考えると安いとは言えません。しかし、3年プランで見ていくと、戸建・マンションどちらもビッグローブ光のほうが安くなります。

ビッグローブ光では単年契約がないためにそちらの比較はできませんが、一般的には単年契約だと高くなる傾向にあります。あると仮定して考えれば恐らくビッグローブ光のほうが割高になる可能性は高いでしょう。

契約解除料
ドコモ光
2年契約時戸建:13,000円
マンション:8,000円
ビッグローブ光
契約プラン共通2年プラン:9,500円
3年プラン:20,000円

次に契約解除料で比較します。ドコモは契約している住居タイプで違約金が異なります。一方のビッグローブ光は3年プランの契約解除料が一気に高騰しています。

ネットの平均的な契約解除料は9,500円。これを踏まえるとドコモ光はマンションタイプが少し安い代わりに戸建が割高となっています。ビッグローブ光は2年プランは平均的な違約金ですが、3年プランだとちょっとした工事費用並の高額請求になります。

ドコモ光は利用者の多いマンションプランが少しだけお得。ビッグローブ光は2年プランだと契約解除料が普通だけど、3年プランは高額。しかし、月額料金が安くなるのは3年プラン。

この辺りは利用者がどのような契約期間を考えているかにもよります。ビッグローブ光は、申し込み者に3年プランの長期利用を推奨しているのが何となく察せますね。

初回特典の比較

ここまでドコモ光×BIGLOBEをあまりおすすめしなかった最大の理由が初回特典の比較です。ドコモ光×BIGLOBEにあった初回無料特典のほとんどがドコモ光×BIGLOBEを上回ってしまっていることが原因です。

初回特典比較
 工事費CB無料レンタル無料サポート
ドコモ光無料×
ビッグローブ光無料

簡易的な比較表を作って見ました。すでにご紹介している工事費無料はもとより、実は無線LANルーターの無料レンタルはビッグローブ光でも行われています。ただし、こちらは12ヶ月間の期間があるため、永年無料というわけではありません(13ヶ月目以降は月額300円請求)。

ドコモ光のビッグローブはIPv6対応。当然ビッグローブ光でもIPv6は対応しているので、ドコモ光×BIGLOBEとビッグローブ光の通信速度には大きな差はありません。

ドコモ光×BIGLOBEの評判

ビッグローブ光の評判

どこの口コミにも必ず遅いという評判は付きまとうものですが、利用環境がある程度把握できる状況の情報であれば信ぴょう性は高くなります。例えば上記のIPv6の利用者の口コミ。

これはドコモ光×BIGLOBEでもビッグローブ光でも同じことが言える様子で、IPv6対応のルーターを使用している、または切り替えた人たちはおおむね満足をしている模様です。

やはりIPv6は偉大ということですね。

ビッグローブ光のキャッシュバックキャンペーン

ビッグローブ光では3年プランで新規申し込みした人に最大26,000円のキャッシュバックが行なわれています。これはドコモ光×BIGLOBEでは実施されていない大きなアドバンテージ。

ドコモ光のdポイント10,000ポイントも還元率100%で実質1万円と言えなくもないですが、使える店舗は限られています。それに対してどこでも使える26,000円が贈られてくるとなると、ドコモ光×BIGLOBEには少々どころじゃない分の悪さがありますね。やはり現金というのはそれだけ魅力的な特典です。

セット割比較

ドコモ光×BIGLOBEがドコモ光セット割のみに対し、ビッグローブ光ではauスマートバリュービッグローブモバイルの光☆SIMセット割の2種類を選べます。

ドコモ光セット割

ドコモ
※ドコモ公式サイトから

  • 100円~3,500円割引
  • ドコモ光とドコモのデータ定額プラン

基本的な部分で比較してみると、ドコモは割引の対象回線数に限りがありません。これは家族で使うシェアプランを見据えた措置とも受け取れ、そうなると高額な定額料金も納得できます。しかし、お手軽にスマホを使いたいという人には、高額料金というのはどうしても使い難さを与えてしまいます。

auスマートバリュー

※画像はau公式サイトから引用

  • 最大2,000円割引
  • 10回線まで対象
  • 該当のネット+auのデータ定額+光電話

auは最大10回線までと割引対象が決まっていますが、ドコモに比べて定額プランの条件ははるかに割引されやすいです。ただし、ネット以外に光電話の契約も必要なのがauスマートバリューの特徴。月額500円にそのほかの初期費用も考えると、費用分と割引差分からお得感が減ってしまう人も多いかもしれません。

光☆SIMセット割

※画像はビッグローブ公式サイトから引用

  • 最大300円割引
  • ビッグローブ光とビッグローブモバイル
  • ドコモ回線プランのみ対象(タイプD)

そしてビッグローブが運営する格安SIMのセット割・光☆SIMセット割。こちらは約1,000円の料金から使うことができ、オプションでSNSや複数の動画サイトでデータ通信カウントフリーの「エンタメフリー」などのネットユーザーにはほぼ必須のサービスも提供されています。

もとの料金が安い格安SIMなので割引は大きくありませんが、ビッグローブ光とセット契約だけで適用されるので、さらにお手軽な格安SIMとして人気があります。

唯一の難点と言えば複数割引には対応しておらず、au回線のタイプAでは割引が適用されないこと。また、フレッツ光 with BIGLOBEとの割引にも対応していますが、こちらは最大割引100円まで減額されます。そのほかにもバースト機能が使えないなど、若干使いづらい部分もあるので、あくまで格安SIMが使える光コラボという面で評価するべきでしょう。

ドコモユーザ-以外はほかのネットを探そう

通信速度では大差がなく、料金面では環境に違いがあれどややビッグローブ光のほうがお得。なによりも初回新規特典で大きく差を開けられている感が拭えないのがドコモ光×BIGLOBE。

では、ドコモ光×BIGLOBEを選ぶメリットはどこにある?と言われれば、ドコモユーザー唯一の割引対象であること以外にほかありません。逆を言ってしまえば、それ以外には特に選ぶ理由がないというのも本音でしょう。

auと格安SIMでセット割を選べるのに、わざわざドコモ光×BIGLOBEを選ぶメリットはあまりありません。ドコモ以外のキャリア使いであればなおさらセット割があるネットを探すべきです。特にauはセット割が使えないとau特典が使えないなどのさまざまなデメリットが多いのも原因です。

とは言え、ドコモ光だと他社キャリアを使っていてもネットの費用が高くなるというデメリットがないので、この点は地味に評価できるポイントです(キャリア運営の光回線は他社キャリアだと割引が利かないもの多数のため)。

ドコモユーザーならGMOがおすすめ!

ここまでドコモ光について後ろ向きな解説をしましたが、ドコモ光がまったくダメと言うわけではありません。実はドコモ光にも新規申し込みでキャッシュバックがもらえるプロバイダがあります。

ドコモ光GMOキャンペーン※画像はGMOとくとくBB公式サイトから引用

ドコモ光のタイプAにあるGMOとくとくBBでは15,000円のキャッシュバックとdポイント30,000の特典が用意されています。さらに無線LANルーターの永年レンタルも行われているため、ドコモ光×BIGLOBEよりも数段お得なプロバイダです。もちろんIPv6対応なので通信速度もバッチリです。

現金額ではビックローブ光には負けますが、dポイントと合わせると倍に近い差額となります。dポイントはドコモ光の支払いに使えるので、それを踏まえるとビッグローブ光よりも魅力的に感じられますね。

ドコモにこだわりがある人ならドコモ光をあきらめずとも、GMOとくとくBBを選べばいいのです。もちろん工事費無料も使えるのでこちらをおすすめできます。

ドコモ光×GMOとくとくBBキャンペーンサイト

ビッグローブにこだわるなら素直にビッグローブ光!

これは言うまでもなくビッグローブ光を申し込むのが手っ取り早いです。先述した初回新規特典、キャリアと格安SIMのセット割。これだけでもドコモ光にこだわる理由がありません。auユーザーならドコモ光×BIGLOBEと比較したらなおさらビッグローブ光一択となるでしょう。

他社の格安SIMユーザーは乗り換えも必要になると思いますが、別にそのまま使っても特に大きなデメリットにはならないと思われます。格安SIMユーザーならほかにも安いネットがあるので、そちらをおすすめします。

◇ビッグローブ光キャンペーンサイト

スマホにこだわらなければ@スマート光!

初めて聞く人も多いと思われる光コラボの@スマート光。こちらはなんと業界最安値の月額料金常時工事費無料のお手軽光コラボです。

事務手数料3,000円
工事費無料
月額料金戸建:4,300円
マンション:3,300円

月額料金だけ見ても圧倒的に安く、しかも工事費が無料。これからネットを始める人に最適です。IPv6は別オプションで別途100円、無線LANルーターは300円から提供しています。必要があれば適宜任意で契約すればよいだけなので、徹底的に倹約したい人にももってこいです。

運営会社は株式会社NEXTという光コラボの代理店。優良代理店としても有名ですので、ネットユーザーの間では知る人ぞ知る的な知名度の会社なのです。

NEXTではスマート光の提供だけでなくビッグローブ光を含めたインターネット回線の取次ぎも行っており、公式とは別に高額キャッシュバックも実施されています。NURO光と並んで高評価している人もいるのは意外かもしれませんね。やはり安さは正義ということなのでしょう。

スマホのセット割を使わなくてもよいレベルで安く、フレッツ光で保証された通信速度や回線の品質。会社としての信用も高いので、初心者や当面のネットとして使いたい人におすすめの光回線です。

自動更新契約もなく、最低利用期間の24ヶ月を過ぎれば契約解除料なしで解約が可能。ただし、契約期間中の契約解除料は20,000円と高額なので、その点だけご注意ください。

◇スマート光公式サイトはこちら

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*