『ドコモ光のプロバイダandline(アンドライン)は遅い…』という評判を調査!

『ドコモ光のプロバイダandline(アンドライン)は遅い…』という評判を調査!

ドコモ光は光コラボとしては珍しくプロバイダを24社の中から選べます。

選べるプロバイダはバリエーションが多く大手から若干知名度に劣る会社など様々で、プロバイダ選びの際にはやはり有名どころを選びたくなるのが心情ですが、聞き慣れない会社にも興味をもった人も多いと思われます。

その中の1つ「andline(アンドライン)」も大手プロバイダと比較すると、マイナー寄りになるかもしれませんね。

インターネットを利用する上で気になるのが通信速度ですが、『andlineは遅い』という声を聞きます。

そこで今回は、ドコモ光のプロバイダ「andline」の評判を調査し、サービス内容なども紹介していきますので、ドコモ光のプロバイダ選びの参考にしてみてください。

※表記している価格は税込みです。

『andline(アンドライン)は遅い…』というの評判は?

プロバイダでandline(アンドライン)を使っている人の口コミはそこまで多くないですが、糸色と評判見てみると何やら不穏なフレーズが目に入ります。

特に多かったのが『andlineは遅い』という口コミです。

光回線自体(ドコモ光)はフレッツ光のため品質が悪いというわけではありません。これはプロバイダ側の設備や環境なども考えられますが、利用者が少ないということを考慮すると少し不安になってしまいます。

andlineはIPv6対応

もうひとつ考えられるのが、不満を口にしている人がIPv6を導入しているかどうかです。

andlineはフレッツ光回線(ドコモ光)+次世代通信規格の「IPv6」を使った高速通信のインターネットで、このIpv6を導入しているかどうかによって事情が変わってきます。


一つ目の口コミは、回線混雑による速度遅延していた方がIpv6対応のルーターをレンタルしたことで少し改善したというものです。Ipv6を対応している・していないでは結構違いがあるため、やはりIPv6を利用することで通信速度の改善が見込めるようですね。

二つ目の口コミでは、Ipv6を使うことで速度は速くなるものの、『一般利用者に優しいとは言えない』とあるようにネット初心者には向いていないようです。初心者の方ならBIGLOBEや@niftyなど大手のプロバイダを選ぶ方が無難なのかもしれません。

プロバイダのandlineはスピードテストでも遅いという結果に…

みんなのネット回線速度」というスピードテストのサイトではドコモ光のプロバイダごとの平均速度がランキングで紹介されていますが、andlineは下から(遅い方から)4番目という結果でした…。

順位プロバイダ名ダウンロード速度(平均)
1ASAHIネット315.01Mbps
2GMOとくとくBB291.5Mbps
3ドコモnet268.61Mbps
4OCN248.87Mbps
5plala(ぷらら)245.95Mbps
6DTI237.29Mbps
7エディオンネット235.77Mbps
8@TCOM235.77Mbps
9BIGLOBE235.34Mbps
10タイガースネット227.93Mbps
11@nifty226.08Mbps 
12
BB.excite217.23Mbps
13
andline207.12Mbps
14
WAKWAK175.84Mbps
15
楽天ブロードバンド143.19Mbps
16
hi-ho99.46Mbps

ドコモ光で選べるプロバイダは24社ですが、ランキングに反映されているプロバイダは直近3ヶ月間で50名以上の方が測定されているプロバイダです。

これを見るとandline(アンドライン)の順位は下から4番目…。ただ、平均速度は207.12Mbps出ているため遅いといった印象はありませんが、実はこの速度結果が測定するサイトによって違うのです。

僕の知り合いがドコモ光をプロバイダDTIで使っていて、スピードテストをした時にみんなのネット回線速度では200Mbpsを超えていたものの、サイトによっては50Mbpsというところもあったそうです。結局8社ほど試したみたいで、平均は130Mbpsぐらいと言ってました。

それを考慮すると、DTIより30Mbpsも遅いandlineは100~130Mbpsぐらいが平均速度なのかもしれません。(あくまで推測です)

andline(アンドライン)ってどんな会社?

andline 公式サイトロゴ引用元 andlineの公式サイトより

andline(アンドライン)とは、株式会社アイキューブ・マーケティングが運営しているプロバイダです。

母体の会社自体聞いたことがないという人も多いと思われますが、それもそのはず、会社設立は2010年11月とプロバイダの中では比較的若い会社なのです。ですが、事業としては光回線だけでとどまらず、モバイル回線や人材派遣などの多岐に渡る展開を見せています。

さらに言うとandlineをフレッツ光のプロバイダとして探してみるとなかなか検索には掛からず、ドコモ光のプロバイダとしての知名度のほうが高いです。

ちなみにandlineは光コラボにも参入しており、andline光の提供も行っています。後半でドコモ光×andlineとandline光の違いについて解説しています。

ドコモ光×andlineで提供されるサービス

andlineドコモ光プラン引用元 andlineの公式サイトより

口コミが少ない割にネガティブな情報の多いドコモ光×andline(アンドライン)。

これを見てしまうと不安を抱えてしますユーザーも多いとは思いますが、ドコモ光×andlineにはandline光にはないメリットも用意されているのです。

ここではドコモ光×andlineのメリットと共に、料金やサービス内容をチェックしていきましょう。

andline プロバイダサービス概要
メールアドレス数5個
メールBOX容量2GB
ドメインandline-two.net
セキュリティソフト・WEBROOTインターネットセキュリティ(12ヶ月無料) 
・先読み防御セキュリティ(12ヶ月無料)
リモートサポート
(初回無料)
訪問サポート
(初回無料)
Ipv6IPoE
IPv4 over IPv6通信
その他のサービス契約期間中は以下から1つ無償レンタルが可能
・Wi-Fiルーター
・ポータブルHDD
・スマートフォン対応防水スピーカー
・スマートフォン対応プリンター
・スマートフォン対応TVミラーリングレシーバー

ドコモ光でプロバイダをandlineを選ぶと、上記のサービスが提供されます。

メールアドレスが5個まで無料利用が可能だったりメールBOXも2GBと大容量ですので、一般的な使い方であれば何ら困ることはないと思います。また、ウイルス対策ソフトが12ヶ月で提供されます。

ドコモ光×andlineの月額料金

 戸建てタイプマンションタイプ
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円
タイプC5,720円4,400円
単独タイプ5,500円+プロバイダ料4,180円+プロバイダ料
※2年契約プランで申し込んだ場合。2年契約なしの場合はそれぞれ+1,650円。

ドコモ光は、タイプA・B・Cの中からプロバイダを選択することが可能ですが、andline(アンドライン)はドコモ光の中でも料金が安い方のタイプAに属します

なお、2020年4月から「ドコモ光 10ギガ」が戸建てタイプ限定で利用できるようになりましたが、その場合の月額料金は6,930円になります。現在の提供エリアは東京都23区と狛江市、調布市、三鷹市の一部、大阪府大阪市、愛知県名古屋市のみとまだ広くないですが、全国的に順次展開中です。

初期費用はキャンペーンで実質無料

事務手数料3,300円
初期工事費戸建てタイプ:19,800円
マンションタイプ:16,500円
→ キャンペーンで実質無料

現在ドコモ光では、初期工事費が実質無料になるキャンペーンが行われています。

ただ、他の光回線の工事費無料キャンペーンは常設されているケースが多いですが、ドコモ光の場合は期間限定の場合もあるので注意が必要です。

工事費無料キャンペーンはドコモ光で実施されているため、andline以外のプロバイダを選んだ場合でも適用されます。

ドコモ光セット割

ドコモ光 ドコモ光セット割引用元 docomo公式サイトより

ドコモのスマホや携帯電話とドコモ光を一緒に利用すると、スマホ・携帯電話の月額利用料金が割引になる「ドコモ光セット割」を組むことができ、毎月のスマホ料金が最大1,100円割引になります(「ahamo」は対象外)。

他の大手携帯キャリアのauやソフトバンクでもスマホ+光回線とのセット割はありますが、月額550円の光電話(固定電話サービス)への加入が条件になっています。しかし、ドコモ光でセット割を組む場合はオプション加入は不要です。

なお、ドコモ光セット割を組めるのはドコモ光が唯一の対象回線のため、ドコモユーザーでセット割を組みたいなら必然的に選択肢はドコモ光のみになります。

割引額はドコモで契約している料金プランよって違い、ギガプランの「ギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガライト」のプランは家族全員のスマホ料金が毎月550〜1,100円割引、カケホーダイ&パケあえるの「ウルトラシェアパック」「ベーシックシェアパック」などのプランは毎月110〜3,850円割引になります。

割引額やプランに関しては以下をご覧ください。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ プレミア、5Gギガホ、ギガホ プレミア、ギガホ、5Gギガライト、ギガライトの総称です。

料金プラン割引額
5Gギガホ プレミア/5Gギガホ-1,100円/月
ギガホ プレミア/ギガホ
-1,100円/月
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,100円/月
ステップ3:~5GB-1,100円/月
ステップ2:~3GB-550円/月
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,850円/月
ウルトラシェアパック50-3,190円/月
ウルトラシェアパック30-2,750円/月
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,980円/月
ステップ3:~15GB-1,980円/月
ステップ2:~10GB-1,320円/月
ステップ1:~5GB-880円/月
ウルトラデータLLパック-1,760円/月
ウルトラデータLパック-1,540円/月
ベーシックパックステップ4:~20GB-880円/月
ステップ3:~5GB-880円/月
ステップ2:~3GB-220円/月
ステップ1:~1GB-110円/月
 

選べるオプションサービス

andlineドコモ光プラン 初回特典引用元 andlineの公式サイトより

また、ドコモ光×andlineの初回特典には、上記の中から1つを選んで永年無料で使えるオプションサービスの提供を実施しています。すぐにネットを始めたい人にはWi-Fiルーター(通常月額330円)がおすすめですが、それ以外にもネット周りに便利なオプションが使えるのもなかなか魅力的です。

Wi-Fiルーターには1Gbpsと300Mbpsの2種類ありますが、30ヶ月の継続利用をする場合に限り1Gbps対応のルーターを選ぶことが可能で、通常は300Mbpsの機種になります。

申し込み後のオプション変更は不可

最初に選んだ特典がドコモ光×andlineでずっと使うことになるオプションとなります。利用途中での変更は不可能なので、最初に選ぶオプションは慎重に選びましょう。

購入の予定がなければ、ネットを使う限りずっと利用することになるWi-Fiルーターが無難ですね。

ドコモ光のプロバイダ選びに迷っている方はこちら

ドコモ光の公式サイトでは全プロバイダの相談や申し込みが行えるため、『プロバイダってどれが良いの?』『速度が速いプロバイダはどこ?』などの質問もできますよ。

ドコモ光×andlineとandline光の違いは?

andline光引用元 andlineの公式サイトより

andline光とは、andline(アンドライン)が提供している光コラボのインターネット回線で、フレッツ光回線とプロバイダandlineがセットになっています。

では、ドコモ光×andlineとandline光にはどういった違いがあるのかを見ていきましょう。

月額料金、初期費用、セット割など様々な違いがある

ドコモ光×andlineandline光
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
戸建て:6,270円
マンション:4,895円
※光電話の基本料550円込み
初期工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
→ キャンペーンで実質無料
戸建て:19,800円
マンション:11,000円
事務手数料3,300円4,378円
契約期間2年2年
解約金戸建て:14,300円
マンション:8,800円
40,000円

月額料金で比較した場合

andline光の月額料金は光電話550円が含まれているため高いように見えますが、実際のところドコモ光×andlineとほぼ同額です。

しかし、逆に言えば光電話をほぼ強制的に加入させられる形のため、『固定電話は必要ない』という方には大きなデメリットと言えるでしょう。

工事費で比較した場合

ドコモ光×andlineではキャンペーンによって工事費が実質無料になりますが、andline光は最大19,800円の工事費がかかります

マンションタイプは11,000円と設定金額自体はドコモ光よりは安いものの、andline光では工事費無料キャンペーンが行われていないため自己負担になってしまいます。

契約期間・解約金で比較した場合

契約期間こそ2年で同じですが、解約金については40,000円と他で類を見ない高さです。

この解約金はあくまでも2年ごとの更新月以外に解約した場合にかかる費用で、更新月であれば無料です。それにしても高過ぎますね…。

スマホとのセット割で比較した場合

ドコモのスマホや携帯電話を利用している人は、ドコモ光×andlineを利用することでドコモ光セット割が組めて、ネット回線+スマホ料金トータルの通信費用を安く抑えることができます。

一方、andline光ではスマホとのセット割がないため、元々の月額料金も高い、スマホ代も安くならないと、とあまりお得感はありません。

このように、初期工事費が自己負担であることに加え、月額料金や解約金が高い、さらにはスマホとのセット割もなかったりと、メリットがあまり見当たらないため、andline光は個人的にはあまりおすすめできません

ドコモ光×andline(アンドライン)よりおすすめのネット回線2つ

ここまでドコモ光×andlineをご紹介してきましたが、料金の割には全体的にメリットが薄いという印象を受けます。

光コラボではマンションタイプでも4,400円未満のネットも多く、それと比較するとドコモ光は割高です。先ほどご紹介しましたが、andline光より安くなっているため隠れがちですが、そもそもandline光の料金が高いです。

しかも、速度に対して『遅い』といった評判が多いため、それならandline以外のプロバイダやネット回線を利用するのがおすすめです。

ドコモ光ならプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ

ドコモ光×GMO引用元 GMOとくとくBBの公式サイトより

『どうしてもドコモ光を使いたい』という人にはプロバイダGMOとくとくBBをおすすめします。

ドコモ光×andlineと同じタイプAのGMOとくとくBBでは、Wi-Fiルーターの永年無料レンタルだけでなく最大20,000円 のキャッシュバックキャンペーンが実施されています。

Wi-Fiルーターは何種類からか選べ、どれもIpv6対応で高機能です。キャッシュバックはテレビサービスへの加入が必要ですが、加入しなくても5,500円がもらえます。もちろん、ドコモ光公式の工事費無料も受けられます。

また、GMOとくとくBBの公式サイトでは通信速度が全国平均が下り230Mbps超えということも公開されていますし、Twitterでは実際にGMOとくとくBBのv6プラスを使っているユーザーからは『速い』『快適』などの評判・口コミがありました。


万が一、通信速度が100Mbpsを下回った場合には、GMOとくとくポイント(100円相当)がもらえるペナルティ補填も行っていたりと、それだけ通信速度に自信があるということだと思いますよ。

よって、ドコモ光を利用する場合は、プロバイダはGMOとくとくBBで申し込むのがおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判やサービスについては以下の記事で解説しています。

ドコモ光とプロバイダにこだわらなければ「@スマート光」がおすすめ

@スマート光引用元 @スマート光の公式サイトより

ドコモ光やプロバイダにこだわりがなければ、業界最安値の「@スマート光」がおすすめです。

最大の特長は何と言っても料金の安さで、通常プランの場合はいつ申し込んでも工事費無料キャンペーンを利用できます。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金格安プラン4,400円3,300円
通常プラン4,730円3,630円
事務手数料3,300円
→ キャンペーンで無料
工事費19,800円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
16,500円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合
解約金24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合

ドコモ光×andlineと比べても料金差は明らかで、契約期間も最低利用期間の24ヶ月のみ。25ヶ月目以降はいつ解約しても解約金がかからないのが魅力です。

この縛りや解約金は新規申し込みの場合のみで、フレッツ光からの転用や他の光コラボからの事業者変更の場合は特にありません。

「ひかり電話」は月額550円、「v6プラス(IPv6 IPOE接続サービス)」は月額無料、「無線LANルーターレンタル」は月額330円または550円など、オプションサービスは最低限揃っているため、自分のスタイルに合ったネット回線を利用できます。

中には『@スマート光ってあまり聞いたことがない』という人もいるかと思いますが、@スマート光はサービス内容だけでなくサポートセンターの評判も良いネット回線です。


このように、実際のユーザーからは『安い!』『対応が良い』という評判の声がいくつも挙がっています。

@スマート光はスマホとのセット割こそないですが、その分、ネット代を安く抑え、浮いた分をスマホ代に充てるという節約術も有効です。

@スマート光の評判やレビューについては以下の記事を参考にしてください。

まとめ

ドコモ光×andlineは、回線速度については『遅い』という評判が目立ちます。

決して悪いサービスではないものの、せっかく料金を払って使うなら、より快適に使える以下のネット回線がおすすめです。

状況別のおすすめネット回線

今回紹介した内容を参考に、ご自身の使い方や目的にマッチしたネット回線を見つけてくだいね^^

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*