一人暮らしのインターネットはどうすればいい?契約方法とおすすめ8選を解説

一人暮らしのインターネットはどうすればいい?契約方法とおすすめ8選を解説

これから実家を出て一人暮らしを始める人や、一人暮らしをしていてインターネット回線の乗り換えを考えている人は多いと思います。

あなたにピッタリのインターネット回線を選べば、通信費の節約にも繋がりますよ。

この記事では、一人暮らしでインターネットを使う方法と、一人暮らしに向いているインターネット回線(光回線・ホームルーター・ポケット型WiFi)の中からおすすめの8回線を紹介しています。

一人暮らしに最適なインターネット回線を探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしのインターネットの選び方

※表記している価格は税込みです。

この記事の監修者椎名椎名(しぃ)

元新聞記者。当ブログ「internet-all」を立ち上げてから約8年間、インターネット回線に関する情報発信に携わってきました。ネット回線ナビゲーターとして、インターネット回線の選び方やお困りごとに関する無料相談を200件以上行ってきた実績があります。
@shey_blog

一人暮らしでインターネットを使うにはどうすればいい?

一人暮らしでインターネットを使う方法には、次の2つがあります。

  1.  自分でインターネット回線(光回線やモバイルルーターなど)を契約する
  2. インターネット完備の物件に住む

インターネット完備の物件は多くはないので、ほとんどの人は光回線やモバイルルーター、ホームルーターなどのインターネット回線を自分で契約しています。

それぞれの方法について見ていきましょう。

自分でインターネット回線を契約する

実家で家族と暮らしていた時は、自宅に光回線などの固定回線が引いてあって、それにスマホなどをWi-Fi接続してインターネットを使っていた人が大半だと思います。

一人暮らしをする場合は、このWi-Fi接続をする大元のインターネット回線を自分で契約する必要があります。

光回線やホームルーター、モバイルルーターなど、インターネット回線を一つ契約すれば、それにスマホやパソコン、タブレットなどをWi-Fi接続してインターネットを利用することができます。

インターネット完備の物件に住む

マンション・アパートの賃貸情報サイトなどで、「インターネット無料」「インターネット完備」と表示されている物件は、インターネットの設備がすでに備え付けられています。

大家さんが建物一括でインターネットを契約し料金を支払っているので、入居者は自分でインターネットを契約する必要がなく、無料または格安でインターネットを利用することができます。

ただし、すでに決まったインターネット回線の設備が導入されているため、自分で好きなインターネット回線を選ぶことができません。

また、こういった物件のインターネット回線はとりあえず使えるというレベルが多く、速度が遅い傾向があります。無料や格安なので仕方ないですが^^;

僕の同僚もインターネット無料の物件に住んでいますが、速度が遅くて結局自分でインターネット回線を契約していました。

一人暮らし向けのインターネット回線は3種類

ここからは、自分でインターネット回線を契約することを前提にお話しします。

一人暮らしに向いているインターネット回線は主に、光回線」「ホームルーター」「ポケット型WiFiの3つがあります。

それぞれのインターネット回線の特徴を見ていきましょう。

光回線

光回線 イメージ図2※NTT東日本公式サイトより

「光回線」は光ファイバーを使ったインターネット回線で、速度が速く安定性に優れています。

そのためネットサーフィンやSNSはもちろんのこと、高画質の動画の視聴や対戦型のオンラインゲームも快適に楽しめます。

データ通信は無制限なのでネットは使い放題です。

光回線を使うためには基本的には工事が必要ですが、前の住人が使っていた光回線の設備が部屋に残っている場合や、現在フレッツ光や光コラボの光回線を利用している場合など、工事なしで開通できるケースもあります。

<月額料金の相場>
3,500~4,500円
a
<メリット>
速度が速く安定性がある
データ通信が無制限
光電話や光テレビも使える
(光テレビは利用できない地域もある)
a
<デメリット>
基本的に工事が必要
申し込みから開通まで2週間~2ヶ月程度かかる

なお、マンション・アパートで光回線を利用する場合は、光回線の設備がすでに入っていることが前提となるので、管理会社や大家さんに光回線が使えるかどうか事前に確認した方がいいでしょう。

光回線がおすすめな人

  • 高画質の動画を視聴する
  • 対戦型のオンラインゲームをプレイする
  • テレワークでビデオ会議をする
  • オンライン授業を受けている
  • ネットだけでなく光電話・光テレビをまとめて契約したい

ホームルーター

ホームルーター※ソフトバンクエアー公式サイトより引用

「ホームルーター」は据え置き型のインターネットで、コンセントに挿すだけですぐにネットが使えます工事が必要ないので、引っ越す時も住所変更をすれば引っ越し先ですぐにインターネットに接続できます。

マンションで一人暮らしをしていて工事の許可が下りない人や、工事をしたくない・忙しくて工事に立ち会う時間がないという人におすすめです。

ただし、ホームルーターは無線(WiFi)を使ったインターネットのため、光回線と比較すると速度が遅い傾向があります。

と言っても、ネットサーフィンやLINEなどのSNSのアプリ、Youtubeなどストリーミングサービスの標準画質の動画の視聴、音楽の視聴くらいであれば問題ありません。

<月額料金の相場>
3,500~5,000円
a
<メリット>
工事不要ですぐにネットが使える
申し込みから機器の到着までは3~7日程度
データ通信が無制限(混雑時に速度制限がかかるサービスもある)
a
<デメリット>
光回線よりも速度が劣る
ホームルーターがおすすめな人

  • 工事をしたくない、工事ができないマンションで一人暮らしをしている
  • 光回線が提供エリア外
  • ネットのヘビーユーザーではない

ポケット型WiFi

Speed Wi-Fi 5G X11※UQ WiMAX公式サイトより引用

「ポケット型WiFi(モバイルルーター)」は持ち歩きができるインターネット回線です。自宅だけでなく外出や旅行、出張の際に持っていくとスマホのパケットを節約できますよ。

工事も必要ないので、ホームルーターと同様に工事をしたくない人・できない人にもおすすめです。

ポケット型WiFiは光回線やホームルーターよりも速度は劣りますが、ネットサーフィンやSNS、Youtubeなどストリーミングサービスでの標準画質の動画の視聴、音楽の視聴くらいなら問題ありません。

ライトユーザーなら月額2,000円台で利用できるのもメリットの一つです。

<月額料金の相場>
2,000~4,000円
a
<メリット>
持ち運びできる
工事不要
申し込みから最短1~2日で届く
月額料金が安い
a
<デメリット>
光回線やホームルーターよりも速度が劣る
月間のデータ容量が決まっているサービスが多い
ポケット型WiFiがおすすめな人

  • 外出先でもインターネットを使いたい
  • 工事をしたくない、工事ができないマンションで一人暮らしをしている
  • 光回線が提供エリア外
  • ネットのヘビーユーザーではない
  • 月額料金をできるだけ抑えたい

テザリングはあまりおすすめできない

実はもう一つ、一人暮らしでインターネットを使う方法としてテザリングがあります。

テザリングは、スマホをルーター代わりにしてインターネットに接続する方法で、インターネットを契約する必要がないので通信費を節約できます。

ただし、テザリングの利用中もスマホのデータ容量を消費するため、ガンガン使っているとあっという間にパケットがなくなってしまいます。

また、テザリングの場合は速度や安定性に劣っているので、インターネットをあまり使わないライトユーザーがたまに使ったり、何かあった時の緊急用として使うのに向いています。

一人暮らしのインターネットの選び方

一人暮らしで使えるインターネット(光回線、ホームルーター、ポケット型WiFi)の特徴を、分かりやすく表で比較してみましょう。

光回線ホームルーターポケット型WiFi
月額料金3,500~4,500円3,500~5,000円2,000~4,000円
平均実測速度353.6Mbps202Mbps59.4Mbps
工事ありなしなし
申込から利用開始まで2週間~2ヶ月3~7日2~3日
月間のデータ通信量無制限無制限制限あり
※WiMAXは無制限
持ち歩き××
※光回線の料金はマンションタイプ。戸建てに住んでいる場合は4,500~6,000円程度
※平均実測速度はみんなのネット回線速度(2023年1月26日時点)より

上記の比較を踏まえて次のような基準で選ぶと、あなたに合ったインターネット回線が見つかると思いますよ。

一人暮らしにおすすめの光回線4選

月額料金の安さで選ぶなら「@スマート光」

@スマート光引用元 @スマート光公式サイトより

一人暮らしで安い光回線を使いたい場合は、業界最安クラスの@スマート光がおすすめです。

通常プランならマンション・アパートは月額3,630円という安さで、しかも工事費はキャンペーンで無料、とコストパフォーマンスが抜群です。

さらに、事務手数料やひかり電話・光テレビの工事費までキャンペーンで無料なので、初期費用をとことん抑えることができますよ。

 サービス内容
回線速度1Gbps
月額料金格安プラン:3,300円
通常プラン:3,630円
事務手数料3,300円
→ キャンペーンで無料
工事費22,000円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
契約期間なし
解約金なし
提供エリア全国

ネットの混雑を回避できる通信方式の「IPv6」が無料で利用できるため、高速通信も可能です。

また、最低利用期間と解約金がないので、いつ解約しても解約金がかかりません。

一人暮らしの光回線選びで迷ったら、@スマート光にしておけばまず間違いないと思います。自分に合わないと思ったらいつでも解約金なしで乗り換えできますし、初期費用無料でリスクがないのでおすすめです。

@スマート光の料金、キャンペーンなどは下の記事で解説しています。
@スマート光がおすすめの人は?料金やキャンペーンなど徹底解説!

ドコモユーザーは「ドコモ光」

ドコモ光(公式スクショ)引用元 ドコモ光公式サイトより

携帯キャリアのドコモが提供しているドコモ光は、セット割によりドコモのスマホの料金が毎月550~1,100円割引になります。家族にドコモユーザーがいれば、最大20回線まで割引を受けられます。

ちなみに、ドコモユーザーがセット割を組める光回線は「ドコモ光」だけです。

 サービス内容
回線速度1Gbps
月額料金4,400円~
事務手数料3,300円
工事費16,500円
→ キャンペーンで無料
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金4,180円
提供エリア全国

ドコモ光は20社以上のプロバイダから選べますが、中でも速度の評判が良いGMOとくとくBBがおすすめです。GMOとくとくBBをドコモ光で使った場合の平均実測速度は300Mbps超えしていて速いです。

速度が速い理由は、ネットの混雑を回避できる通信方式「IPv6」に標準対応していることで、IPv6に対応した無線LANルーターも無料でレンタルできます。

また、下のキャンペーンサイトから申し込むことで、38,000円の高額キャッシュバックももらえます。一人暮らしで節約をしている人は、結構な贅沢ができますね^^

注意点としては、ahamoはドコモ光とセット割を組むことができません。

ahamoのスマホを使っている人は、ahamoユーザー専用の光回線「ahamo光」が2023年7月1日から提供開始になっているので、そちらを使うのがおすすめです(戸建ては4,950円、マンションは3,630円で安いです)。

ドコモ光の評判・口コミ、料金などは下の記事で解説しています。
ドコモ光の評判は悪い?速度や料金などサービス内容を徹底解説!

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーは「ソフトバンク光」

ソフトバンク光引用元 ソフトバンク光公式サイトより

ソフトバンク(またはワイモバイル)のスマホを使っている方なら、セット割(おうち割光セット)が組めるソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンクのスマホが毎月550~1,100円割引ワイモバイルは毎月最大1,650円割引になりますよ。

しかも、家族で最大10回線まで割引になりますし、同居・別居の家族だけでなく同居している友人や恋人、シェアハウス仲間も割引対象になるんです。

ソフトバンク光のオプションサービス(月額550円)に加入する必要がありますが、オプションには混雑回避の通信方式「IPv6」に対応した無線LANルーターなどが含まれるので、加入して損はありません。

 サービス内容
回線速度1Gbps
月額料金4,180円
事務手数料3,300円
工事費31,680円
→キャンペーンで実質無料
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金4,180円
提供エリア全国

工事費はキャンペーンで実質無料になります。さらに、他のインターネット回線からの乗り換えの人は最大10万円まで違約金や工事費残債を負担してもらえます。

また、下のキャンペーンサイトから申し込むことで最大40,000円のキャッシュバックももらえますので、一人暮らしで頑張って貯金をしている人にも嬉しい特典が揃っています^^

ソフトバンク光の評判・口コミ、料金などは下の記事で解説しています。
ソフトバンク光の評判は?利用者の口コミから分かるメリット・デメリット

au・UQモバイルユーザーは「ビッグローブ光」

ビッグローブ光引用元 NEXTのキャンペーンサイトより

ビッグローブ光では、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」に加え、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が組めます。

auスマートバリューなら毎月550~1,100円割引自宅セット割なら638~1,100円割引を受けられます。家族のau・UQスマホも最大10回線まで割引対象になりますよ。

 3年プラン2年プラン
回線速度1Gbps
月額料金4,378円4,488円
事務手数料3,300円1,100円
(転用・事業者変更は2,200円)
工事費28,600円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間3年(自動更新)2年(自動更新)
解約金3,360円
提供エリア全国

工事費はキャンペーンで実質無料にできるので、初期費用を抑えることができます。

ビッグローブ光は3年・2年の好きな方で契約が可能で、3年契約なら移転工事費が何度でも無料になるので、一人暮らしをしている転勤族の人や先々引っ越し予定の人にも安心です。

また、下のキャンペーンサイトから申し込むことで最大25,000円のキャッシュバックももらえるので、一人暮らしに必要な家電や家具などの足しにもできますね^^

ビッグローブ光の料金、キャンペーン・割引などは下の記事で解説しています。
ビッグローブ光の評判はどう?メリット・デメリットも併せて徹底解説!

一人暮らしにおすすめのホームルーター2選

速度が速い「ドコモ home 5G」

home5G公式 スクショ※画像はドコモ公式サイトから引用

ドコモが提供しているホーム―ルーター「home 5G」はホームルーターの中で最速で、平均実測速度は200Mbpsを超えています。一人暮らしで速度を重視している人にはhome 5Gがおすすめです。

直近3日間で大量のデータ通信を行うと速度制限がかかると公式サイトには記載されていますが、ユーザーの口コミでは速度制限にかかることはごく稀で、無制限で使い放題と大好評です。

 ドコモhome 5G
月額料金4,950円
事務手数料3,300円
端末代金1,100円×36ヶ月
→実質無料
データ通信量無制限
回線速度最大4.2Gbps
回線ドコモ(4G, 5G)
契約期間・解約金なし

home 5Gもドコモのスマホとセット割が組めるので、スマホの料金が毎月550~1,100円割引になります。家族のドコモスマホも最大20回線まで割引対象です。

home 5Gの機種代は月々サポートにより実質無料になりますが、36ヶ月以内に解約すると機器の残債がかかるため、最低3年使うのがおすすめです。

万が一、インターネットを利用できないほど電波状況が悪い場合は、初期契約解除制度により、契約書を受領した日から8日以内であれば解約金なしで解約できるので安心です。

home 5Gは下のキャンペーンサイトから申し込めば、20,000円分のAmazonギフト券ももらえるので、一人暮らしに必要なものをAmazonでゲットすることができます^^

ドコモのホームルーター「home 5G」の評判が良い理由!デメリットはある?

料金が安い「GMOとくとくBB WiMAX」

GMOとくとくBB WiMAX(ホームルーター)キャンペーンサイト※GMOとくとくBBキャンペーンサイトより引用

プロバイダのGMOとくとくBBが提供しているWiMAXは、ホームルーターの中では月額料金が安いです。

また、auユーザーなら毎月550~1,100円の割引UQモバイルユーザーなら毎月638~1,100円の割引を受けられます。家族のau・UQスマホも最大20回線まで割引対象です。

 ギガ放題(2年)接続サービス
月額料金端末発送月:1,375円
1~35ヶ月目:3,762円
36ヶ月目~:4,807円
事務手数料3,300円
端末代金27,720円(770円×36回)
キャッシュバック15,000円
回線速度最大4.2Gbps
回線WiMAX 2+, au 4G LTE, au 5G
データ通信量無制限
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
解約金なし
プラスエリアモード利用料利用した月のみ1,100円

GMOとくとくBBでは15,000円のキャッシュバックももらえます。一人暮らしで節約をしている人には嬉しい特典ですね^^ 他社のインターネット回線からの乗り換えであれば、最大40,000円まで解約金や工事費、端末代の残債を負担してもらえますよ(15,000円のキャッシュバックと併用は不可)。

端末を最短で即日発送してくれるのも嬉しいポイントです。

GMOとくとくBBも初期契約解除制度により、契約書を受領した日から8日以内であれば解約金なしで解約できるので安心ですね。

最低利用期間は2年(自動更新なし)ですが、2年以内に解約しても解約金は1,100円と安いので縛りなしも同然です。

WiMAXは一定期間内に大量のデータ通信を行うと速度制限がかかりますが、ユーザーの口コミを見ている限り、常識的なネットの使い方をしている分には速度制限はかからないようです。以前もっと厳しい速度制限があった頃でも、Youtubeの標準画質の動画を1日10時間程度見ることができたので、これで十分と感じる人は問題なく使えると思います。

WiMAXのホームルーターの評判って良いの?速度などを口コミから検証

一人暮らしにおすすめのポケット型WiFi2選

月額料金が安い「MONSTER MOBILE」

モンスターモバイル画像引用元:公式サイト

月額料金が安いポケット型WiFiなら、最安級の「MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)」がおすすめです。

月額1,980円(月20GB)から使えるので、一人暮らしでとにかくコスパを重視している人に最適です。

 2年契約プラン縛りなしプラン
月額料金20GB/月1,980円2,640円
50GB/月2,530円3,190円
100GB/月2,948円3,938円
事務手数料3,300円
端末代金0円
最大通信速度下り:150Mbps/上り:50Mbps
回線ドコモ、au、ソフトバンク
契約期間2年(自動更新なし)なし
解約金1~2年目:月額料金の1か月分
3年目以降~:0円
なし

参考までに、20GB・50GB・100GBでできることの目安を紹介しておきます。Youtubeの動画(普通画質)ならこのくらい視聴することができます。

  • 20GB・・・40時間
  • 50GB・・・100時間
  • 100GB・・・200時間

なお、データ容量もチャージできるため、契約したプランのデータ容量を使い切っても安心です。

縛りありプランは2年使えばそれ以降はいつ解約しても解約金は無料です。縛りなしプランから縛りありプランへのプラン変更も可能(逆は不可)です。

また、現在お試しキャンペーンを実施していて、14日間以内なら解約金・月額料金・事務手数料なしで解約が可能です(データ通信量は2GBまで。送料の1,100円は必要)。

初期契約解除制度も使えるので、万が一速度が遅くてネットが使えないようなことがあっても、契約書の受領から8日以内なら解約金なしで解約が可能です。ただし、事務手数料と月額料金はかかってしまうので注意してください。

安いと評判のポケット型WiFi「MONSTER MOBILE」を申し込んでみた!

データ無制限で使える「GMOとくとくBB WiMAX」

GMOとくとくBB WiMAX +5G※GMOとくとくBBのキャンペーンサイトより引用

「GMOとくとくBB WiMAX +5G」は、データ通信量が無制限のポケット型WiFiです。

一定期間に大量のデータ通信を行うと速度制限がかかることがありますが、常識的な使い方をしていれば問題ありません。

WiMAX以外のポケットWiFiは月間のデータ通信量が決められているサービスがほとんどなので、一人暮らしでデータ無制限のポケット型WiFiが使いたい人にはWiMAXがおすすめです。

 ギガ放題(2年)接続サービス
月額料金端末発送月:1,375円
1~35ヶ月目:3,762円
36ヶ月目~:4,807円
事務手数料3,300円
端末代金27,720円
(770円×36回)
キャッシュバック15,000円
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
解約金なし
プラスエリアモード利用料利用した月のみ1,100円

WiMAXはポケット型WiFiの中では一番速度が速く、最新機種「Speed Wi-Fi 5G X12」の実測速度は平均90.12Mbps(「みんなのネット回線速度」2024年4月12日時点)となっています。

また、GMOとくとくBB WiMAX +5Gは申し込み時に15,000円のキャッシュバックがもらえます。他社から乗り換えの場合は、最大40,000円をキャッシュバックしてくれるため、契約中のインターネット回線があっても安心です。

ただし、キャッシュバックをもらうには、指定された申請手続きがあるので忘れないようにしましょう。

一人暮らしのインターネットの料金相場

一人暮らしをしている人がインターネットに毎月いくらくらい料金を支払っているのか、気になっている人もいると思います。

そこで、当ブログ独自で一人暮らしをしている25人を対象にアンケート調査を実施し、平均月額料金を算出してみました。

戸建てマンション・アパート
光回線4,912円3,990円
ホームルーター4,759円
ポケット型WiFi3,624円

光回線は戸建ての方がマンションやアパートよりも月額料金が高いので、自然な結果になっています。

マンション・アパートに住んでいる人は、インターネットの利用頻度にもよりますが、ポケット型WiFiが一番ネット代を抑えられるでしょう。月間のデータ通信量が少なければ、2,000円台に収めることもできると思います。

光回線の利用者データの収集方法について

2023年7月にクラウドソーシングサイト「ランサーズ」にて、光回線の利用者25人にアンケートを実施しました。当記事に記載している集計データは全てアンケート結果より引用しています。

一人暮らしのインターネットについてよくある質問

最後に、一人暮らしのインターネットについてよくある質問にお答えします。

一人暮らしにインターネットは必要?

あまりインターネットを使わないライトユーザーならスマホのパケットだけで何とかなるかもしれませんが、毎日ネットを使う人の場合はインターネットを別に契約した方がいいです。

スマホの大容量プランは割高なので、スマホの容量を減らしてインターネット回線を契約した方が節約できます。

また、スマホが通信障害で使えなくなった時のために、異なる回線を一つ契約しておくと安心です。

一人暮らしのインターネットの月額料金の相場は?

マンションタイプの光回線の相場が4,200円くらいなので、4,000円くらいが相場と言えると思います。

まとめ

一人暮らしでインターネットを使う方法とおすすめ回線について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

最後に、一人暮らしのインターネットの選び方とおすすめ回線をまとめておきますね。

一人暮らしのインターネットの選び方

  • 高画質の動画やオンラインゲームを楽しみたい、速度を重視 → 光回線
  • 工事ができない・したくない → ホームルーター
  • 持ち歩きたい、料金を安く抑えたい → ポケット型WiFi
<光回線>
月額料金の安さを重視、キャリア以外のスマホユーザー → @スマート光
ドコモユーザー → ドコモ光
ソフトバンク・ワイモバイルユーザー → ソフトバンク光
au・UQモバイルユーザー → ビッグローブ光
a
<ホームルーター>
速度重視、ドコモユーザー → home 5G
・料金の安さ重視、au・UQモバイルユーザー → GMOとくとくBB WiMAX
・ソフトバンク・ワイモバイルユーザー → ソフトバンクエアー
a
<ポケット型WiFi>
月額料金の安さ重視 → MONSTER MOBILE
データ無制限、au・UQモバイルユーザー → GMOとくとくBB WiMAX

ぜひこの記事を参考に、一人暮らしで快適にインターネットを楽しんでください^^

\お役に立てたらシェアをお願いします♪/

コメント

これからインターネット回線を契約する人やすでに契約中の人の参考になるように、 良い点や悪い点を客観的にコメントしてください。
誹謗中傷や暴言、個人を攻撃する発言など、第三者を不快にするコメントは非公開とします。 また、個人情報が含まれたコメントも公開できませんのでご了承ください。
※スパム対策のため、日本語を含まないコメントは無効になっています。

コメントを残す

*

この記事を見た人はこんな記事も見ています