フレッツ光クロスの評判は悪い?提供エリアと実測速度も徹底解説!

フレッツ光クロスの評判は悪い?提供エリアと実測速度も徹底解説!

NTT東日本・西日本が提供している光回線のフレッツ光は、2022年4月から最大10Gbpsの「フレッツ光クロス」を提供しています。

最大10Gbpsの光回線ということは知っていても、『自分が住んでいる場所は提供エリアなのかな?』『月額料金はいくら?』と、サービス内容についてはあまり知らなかったりしませんか?

また、フレッツ光クロスに興味を持っていて『実測速度はどれくらい出るんだろう?』と気になっている方も多いと思います。

この記事では、フレッツ光クロスの評判、提供エリア、実測速度、対応プロバイダなどを解説していきますので、フレッツ光クロスを検討している方はぜひ参考にしてくださいね^^

この記事で分かること

  • フレッツ光クロスの評判
  • フレッツ光クロスの提供エリア
  • フレッツ光クロスの実測速度
  • フレッツ光クロスの月額料金
  • フレッツ光クロスの対応プロバイダ

※表記している価格は税込みです。

この記事の監修者椎名椎名(しぃ)

2015年に当ブログ「internet-all」を立ち上げてから約8年間、光回線に関する情報発信に携わってきました。光回線の代理店で販売やコンサルティングも経験。インターネット回線の知識を活かし、ネット回線ナビゲーターとして、インターネット回線の選び方やお困りごとに関する無料相談を200件以上行ってきた実績があります。
@shey_blog

フレッツ光クロスでは最大10Gbpsの光回線

フレッツ光クロス引用元 NTT東日本公式サイトより

フレッツ光はNTT東日本・西日本が提供している光回線サービスで、光回線の先駆け的存在です。

従来は最大1Gbpsのサービス「フレッツ光ネクスト」を提供していましたが、2020年4月から「フレッツ光クロス」という最大速度10Gbpsのサービスも提供開始しています。

下り(ダウンロード)上り(アップロード)
通信速度最大10Gbps最大10Gbps

単純計算でフレッツ光ネクストの速度よりも10倍速いため、ネット検索はもちろんのこと、高画質の動画配信サービス、オンラインゲーム、さらにテレワークの方はオンライン会議も快適に利用できます。

なお、フレッツ光クロスが提供されるようになった背景には以下の理由があったようです。

  • 4K・8Kを使った映像コンテンツが高品質化したこと
  • オンラインゲームを始め大容量データ通信が増加したこと
  • スマホで5G通信が本格提供されること

ひと昔前であれば最大1Gbpsでも全然問題ありませんでしたが、最近は映像が高画質化されたことでデータ量が増加したりして、1Gbpsでは徐々に厳しくなってきてしまったのです。

ちなみにTwitterなどの口コミを見ても、高画質の動画視聴やオンラインゲームを楽しみたい方は、NURO光やauひかりなどの10Gbpsサービスを利用している方が多いです。

フレッツ光クロスの評判は?

フレッツ光クロスを使っている人、または検討している人からの評判はどうなのかを見ていきましょう。

Twitterでフレッツ光クロスの評判を探してみましたが、実測速度、エリア、料金、この3つについての書き込みが多かったです。

実測速度の評判は良い

最大10Gbpsということもあり、さすがに速度についての評判は良いですね。

中にはダウンロード速度が7Gbpsの方もいるようで、70~90Mbpsの僕の家と比べたら100倍…。もう笑うしかないです^^;

エリア拡大を喜ぶ口コミ

実測速度の次に多かったのが提供エリアについての書き込みですが、エリア拡大を喜ぶ口コミが多いです。

最大1Gbpsのフレッツ光ネクストに比べたら遠く及びませんが、お住まいの地域が提供エリアになったり、マンションタイプでも使えるようなったことを喜んでいる方が目立ちます。

月額料金は高い…

『フレッツ光クロスの料金は高い』という評判も目立ちました。

フレッツ光クロスは元々の料金が高い上に別途でプロバイダ料もかかるため、他の10Gbpsサービスと比較したら割高感は否めません。

フレッツ光クロスの提供エリアは随時拡大中

最大1Gbpsのフレッツ光ネクストはほぼ全国で利用できますが、フレッツ光クロスの提供エリアはまだ限られています。

ただ、2022年9月にもエリア拡大が行われていて、一部エリアではマンションタイプでもフレッツ光クロスが使えるようになりました。

フレッツ光クロスのマンションタイプについては、下の記事で詳しく解説しています。
フレッツ光クロスのマンションタイプはおすすめ?実測速度の評判やエリア・料金を解説

NTT東日本エリア

NTT東日本のフレッツ光クロス提供エリア
東京都
<全域提供>
23区、狛江市、三鷹市、調布市、稲城市、小金井市、小平市、清瀬市、西東京市、東久留米市、東村山市、東大和市、府中市、武蔵野市、日野市、福生市、羽村市
<一部提供>
あきるの市、国立市、国分寺市、青梅市、昭島市、多摩市、武蔵村山市、町田市、立川市、八王子市、西多摩郡瑞穂町
神奈川県
<全域提供>
横浜市旭区、横浜市磯子区、横浜市栄区、横浜市金沢区、横浜市戸塚区、横浜市港南区、横浜市港北区、横浜市神奈川区、横浜市瀬谷区、横浜市西区、横浜市南区、横浜市青葉区、横浜市泉区、横浜市中区、横浜市都筑区、横浜市緑区、横浜市保土ヶ谷区、川崎市幸区、川崎市高津区、川崎市多摩区、川崎市中原区、川崎市宮前区、川崎市麻生区、茅ケ崎市、綾瀬市、大和市、逗子市、藤沢市、平塚市、南足柄市、高座郡寒川町、足柄上郡開成町、三浦郡葉山町、中郡二宮町、中郡大磯町
<一部提供>
横浜市鶴見区、川崎市川崎区、相模原市中央区、相模原市南区、相模原市緑区、横須賀市、海老名市、鎌倉市、厚木市、伊勢原市、座間市、小田原市、秦野市、足柄上郡大井町、足柄上郡中井町、足柄上郡松田町、愛甲郡愛川町
千葉県
<全域提供>
千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市中央区、千葉市美浜区、千葉市緑区、市川市、船橋市、習志野市、松戸市、白井市、浦安市、鎌ヶ谷市、流山市、四街道市
<一部提供>
千葉市若葉区、市原市、成田市、袖ケ浦市、大網白里市、東金市、八街市、木更津市、柏市、茂原市、八千代市、君津市、銚子市、旭市、印西市、我孫子市、鴨川市、佐倉市、山武市、富里市、野田市、香取市、匝瑳市
埼玉県
<全域提供>
さいたま市西区、さいたま市浦和区、さいたま市桜区、さいたま市南区、ふじみ野市、志木市、新座市、草加市、富士見市、北本市、和光市、蕨市、南埼玉郡宮代町、入間郡三芳町、三郷市、越谷市、戸田市、所沢市、川口市、八潮市、桶川市、入間市、北足立郡伊奈町、比企郡小川町、比企郡吉見町、入間郡毛呂山町
<一部提供>
さいたま市緑区、さいたま市見沼区、さいたま市大宮区、さいたま市中央区、さいたま市岩槻区、さいたま市北区、坂戸市、狭山市、飯能市、本庄市、羽生市、加須市、吉川市、久喜市、熊谷市、幸手市、行田市、鴻巣市、春日部市、上尾市、深谷市、川越市、鶴ヶ島市、秩父市、朝霞市、東松山市、日高市、蓮田市、 白岡市、児玉郡神川町、秩父郡小鹿野町、秩父郡横瀬町、比企郡滑川町、北葛飾郡杉戸町
北海道
<全域提供>
札幌市中央区、札幌市東区、札幌市白石区、札幌市豊平区、札幌市厚別区
<一部提供>
札幌市北区、札幌市南区、札幌市西区、札幌市手稲区、札幌市清田区、室蘭市、石狩市、登別市、苫小牧市、北広島市、石狩郡当別町
宮城県
<全域提供>
仙台市若林区
<一部提供>
仙台市青葉区、仙台市宮城野区、仙台市太白区、仙台市泉区、多賀城市、白石市、塩竈市、岩沼市、気仙沼市、石巻市、宮城郡七ヶ浜町、柴田郡村田町、柴田郡大河原町
新潟県
<全域提供>
新潟市東区、新潟市中央区
<一部提供>
新潟市秋葉区、新潟市南区、新潟市西区、新潟市西蒲区、新潟市北区、新潟市江南区

フレッツ光クロスはこれまで東日本エリアでは東京都や神奈川県、千葉県、埼玉県でのみ提供されてきましたが、2023年12月20日に北海道、宮城県、新潟県の一部エリアにもエリア拡大しました。

エリア拡大は順次行われていますので、お住まいの地域がまだ未提供でも今後のエリア拡大に期待しましょう^^

エリア確認方法

  1. NTT東日本の公式サイトにアクセスする。
  2. 郵便番号を入力する、または「住所から確認」するで検索。
  3. 「フレッツ光クロスのお申し込み」と表示されれば申し込み可能です。

NTT西日本エリア

NTT西日本エリアは以下の2府8県でフレッツ光クロスが利用できます

NTT西日本のフレッツ光クロス提供エリア
大阪府大阪市、堺市、岸和田市、豊中市、吹田市、泉大津市、高槻市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、寝屋川市、松原市、大東市、箕面市、門真市、藤井寺市、東大阪市、四条畷市、交野市、池田市、泉佐野市、富田林市、和泉市、泉南市、大阪挟山市
和歌山県和歌山市、田辺市、岩出市
京都府京都市、亀岡市、向日市、長岡京市、八幡市、宇治市、城陽市、京田辺市、木津川市
奈良県奈良市、橿原市、香芝市、大和高田市、王寺町
滋賀県大津市、彦根市、長浜市、草津市、守山市、栗東市、近江八幡市
兵庫県神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市、芦屋市、伊丹市、加古川市、宝塚市、川西市、三田市
愛知県名古屋市、豊橋市、岡崎市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、刈谷市、豊田市、安城市、江南市、小牧市、大府市、知立市、北名古屋市、あま市、長久手市、一宮市、碧南市、西尾市、蒲郡市、常滑市、稲沢市、東海市、尾張旭市、岩倉市、日進市、清須市
静岡県静岡市、浜松市、三島市、富士宮市、磐田市、焼津市、藤枝市、袋井市、裾野市、沼津市、富士市、掛川市、御殿場市、長泉町
岐阜県岐阜市、美濃加茂市、大垣市、高山市、多治見市、関市、羽島市、各務原市、可児市、瑞穂市
三重県津市、四日市市、伊勢市、桑名市、鈴鹿市

まだ利用できないエリアでも、今後のエリア拡大に期待しましょう。

エリア確認方法

  1. NTT西日本の公式サイトにアクセスする。
  2. 郵便番号、府県、電話番号、のいずれかで検索。
  3. 「ご指定の住所でご利用いただけるサービスがあります。」にフレッツ光クロスが表示されれば申し込みできます。

なお、フレッツ光クロスと同じNTTの回線設備を使ったソフトバンク光やドコモ光でも最大10Gbpsのサービスが提供されていますが、提供エリアはフレッツ光クロスと全く同じです。

ソフトバンク光の10Gプランはおすすめ?実測速度やデメリットを解説
ドコモ光10ギガの評判はどう?エリアや速度、料金など徹底解説!

フレッツ光クロスの実測速度はどれくらい出る?

フレッツ光クロスは最大10Gbpsですが、インターネットはベストエフォート型で提供されています。そのため、この数値はあくまでも規格上の最大値で、インターネットを利用する際の実測速度ではありません

とは言うものの、「1Gbpsより10倍速い!」と聞くと実際にどれくらいの速度でインターネットが使えるのか気になりますよね?

様々なインターネット回線の実測速度を集計した口コミサイト「みんなのネット回線速度」によると、フレッツ光クロスの速度は以下のようになっています。

フレッツ光クロスフレッツ光ネクスト
平均ダウンロード速度1,413.12Mbps272.47Mbps
平均アップロード速度1,631.13Mbps217.73Mbps
平均Ping値12.6ms20.6ms
※2022年9月21日時点の「みんなのネット回線速度」より。

最大1Gbpsのフレッツ光ネクストの10倍とまではいきませんが、ダウンロード速度は約5.2倍、アップロード速度は約7.5倍速い速度が出ています。

ダウンロード速度だけでなくアップロード速度も速いということは、InstagramやTikTokに動画をアップしたり、YouTubeの動画配信もスムーズに出来そうですね。

なお、Ping値(ピング値・ピン値)とは「遅延」を意味し、サーバーからデータをダウンロードする際、サーバーに接続するまでにかかる時間を表しています。

特にオンラインゲームを行う場合はこのPing値が重要で、Ping値が高いとタイムラグが発生してしまいます。オンラインゲームを快適に行うためにはPing値は20ms以下が理想と言われていますので、フレッツ光クロスはストレスなくオンラインゲームが楽しめそうですね。

他社光回線の10Gbpsと実測速度を比較

フレッツ光クロス以外にも、ソフトバンク光やドコモ光などでも10Gbpsサービスは提供されています。他にも、NURO光・auひかり・地域限定の電力系光回線でも10Gbpsサービスが提供されるなど、以前よりも10Gbpsサービスが身近なものになってきました。

そのため、10Gbpsの光回線を検討していて『他の光回線と比較してフレッツ光クロスの速度は速いのかな?』と気になっている方も多いと思います。

では、フレッツ光クロスと他の光回線の実測速度を比較して見ましょう。

実測速度の平均(Mbps)
フレッツ光クロス2,699.89
NURO光 10ギガ251.16
auひかり 10ギガ2,092.35
ドコモ光 10ギガ1,269.53
ソフトバンク光 10ギガ417.52
コミュファ光 10ギガ(東海・長野限定)1,864.91
eo光 10ギガ(関西限定)1,776.06
BBIQ 10ギガ(九州限定)1,615.29

上記の結果は、各光回線の10Gbpsサービスを使っている方がTwitterにアップしている実測速度を集計し、平均値を出したものです(2022年9月20日時点で最新の投稿者5名、BBIQは最新の投稿者4名)。

同じ最大10Gbpsの光回線でも速度が違うことが分かりますが、フレッツ光クロスの実測速度がスバ抜けて優秀ということがわかります^^

ひと昔前であれば「速度が速い光回線と言えばNURO光!」といった印象でしたが、最近はNURO光の速度についての評判があまり良くなく、『10Gbpsなのに2ケタ(100Mbps未満)しか出ない…』と嘆いている方もいるほどです。

フレッツ光・ドコモ光・ソフトバンク光はNTTの回線設備を使った光回線ですが、フレッツ光クロスが際立って速いです。独自回線を使ったauひかりや、コミュファ光・eo光・BBIQの地域限定の電力系光回線の速度も優秀ですがフレッツ光クロスには敵いません。

そのため、『少しでも速度が速い10Gbpsの光回線を使いたい』という方にはフレッツ光クロスはピッタリと言えそうです。

フレッツ光クロスの月額料金・初期費用

フレッツ光クロスの月額料金はNTT東日本エリア・西日本エリアで異なります。

NTT東日本エリアNTT西日本エリア
月額料金6,050円+プロバイダ料5,720円+プロバイダ料
初期工事費22,000円
事務手数料880円

NTT西日本エリアは月額割引キャンペーンによって毎月1,210円割引されます。

NTT東日本エリアでも提供開始から「クロススタート割引」という割引キャンペーンが行われていましたが、現在は終了してしまっています。

Draft IEEE802.11ax対応のWiFiルーターは550円でレンタル可能

フレッツ光クロス対応 WiFiルーター
レンタル料550円
初期費用自分で設置する場合:無料
工事業者が行う場合:設置工事費1,650円/設定工事費1,100円

フレッツ光クロスの提供に伴い、WiFiルーターも最新の「WiFi6」(Draft IEEE802.11ax)対応になり、上り・下りともに通信速度は最大2.4Gbpsへと高速化しています。

WiFiルーターは月額550円でレンタルすることが可能で、初期費用は自分で設置する場合と工事業者に行ってもらう場合で異なります。

なお、業者が設定を行ってくれるのは東日本エリアのみとなっていて、西日本エリアで機器設定を希望する場合は、「セットアップサービス」や「訪問サポートサービス」の申し込みが必要です。

フレッツ光クロスを利用する際の注意点

実測速度が速く、大手のNTTが提供している安心感もあるフレッツ光クロスですが、導入する前に知っておきたい注意点が3つあります。

  1. 10ギガプランでは料金が高め
  2. 対応プロバイダが少ない
  3. 10ギガ対応の機器が必要

1.10ギガプランでは料金が高め

最大通信速度10Gbpsのプランは他社の光回線でも提供されていますが、それらと比較するとフレッツ光クロスの料金は高めに設定されています。

月額料金工事費
フレッツ光クロス東日本:6,050円
西日本:5,720円
+プロバイダ料
22,000円
ソフトバンク光1~12ヶ月目:5,720円
13ヶ月目~:6,930円
31,680円
→実質無料
ドコモ光6,380円無料
NURO光5,700円44,000円
→実質無料
auひかり1〜36ヶ月目:5,610~6,468円
37ヶ月目~:6,798円
41,250円
→ 実質無料
enひかり5,445円無料
※回線名をクリックするとお得なキャンペーンサイトにジャンプできます。

他の光回線では回線とプロバイダが一体になったプランを提供しているため、フレッツ光クロスのようにプロバイダ料がかかりません。

また、工事費が実質無料になるキャンペーンを実施している事業者が多いです。

月々の料金の安さ・初期費用の安さを優先するなら、他社を検討した方がいいと思います。(おすすめの光コラボは記事の最後で紹介しています)

2.対応プロバイダが少ない

通常の1Gbps(フレッツ光ネクスト)で利用できるプロバイダは何百種類とありますが、フレッツ光クロスに対応しているプロバイダは限られています

有名どころだと次のようなプロバイダがありますが、So-netやOCN、BIGLOBEなど大手のプロバイダは対応していません。

  • @nifty
  • ASAHIネット
  • IIJ IPv6 Fiberaccess/Fサービス
  • enひかり
  • インターリンク

フレッツ光クロスの対応プロバイダはこちらで確認ができます。
→NTT東日本エリア(IPv6 IPoE方式IPv4/IPv6 PPPoE方式
→NTT西日本エリア(プロバイダ一覧

なお、人気のプロバイダの平均実測速度は次のようになっているので、プロバイダ選びの参考にしてみてください。

平均実測速度
(ダウンロード)
Ping値
フレッツ光クロス × @nifty1,050.62Mbps11.2ms
フレッツ光クロス × ASAHIネット1,359.4Mbps8.95ms
フレッツ光クロス × enひかり1,326.68Mbps10.02ms
フレッツ光クロス × インターリンク787.97Mbps10.85ms
みんなのネット回線速度より(2023年5月31日時点)

3.10ギガ対応の機器が必要

10Gbps回線のポテンシャルを最大限に発揮するためには、「10GBASE-T」対応のLANカード(1万円程度)と、「カテゴリー6A」以上のLANケーブル(500~1,000円程度)が必要です。

光回線が10Gbpsであっても、カテゴリー5e(1Gbps)のものを使用している場合は、最大で1Gbpsまでしか出すことができません。

無線で10Gbpsの速度で通信したい場合は、WiFi6に対応したスマホやタブレットが必要です。

機器は一度購入すれば長く使うものなので、先行投資と思って少しずつ揃えていくと良いと思います。

フレッツ光クロスよりも他社の10ギガプランがおすすめ

先ほどもお伝えしましたが、フレッツ光クロスは他社の10ギガプランと比較すると月額料金が割高で、工事費が無料になるキャンペーンなども実施していません。

個人的には、10ギガプランを契約するなら他社の10ギガプランの方がおすすめです。

下の表を見ると分かるように、他社では工事費割引のキャンペーンやスマホのセット割を実施している事業者が多いです。

月額料金工事費スマホセット割
フレッツ光クロス東日本:6,050円
西日本:5,720円
+プロバイダ料
22,000円
ソフトバンク光1~12ヶ月目:5,720円
13ヶ月目~:6,930円
31,680円
→実質無料
ソフトバンク
ワイモバイル
ドコモ光6,380円無料
ドコモ
ASAHINet1~24ヶ月:6,578円
25ヶ月目~7,128円
21,450円
→実質無料
au、UQモバイル、ANSIM
enひかり5,445円無料UQモバイル、ahamo、povo
NURO光5,700円44,000円
→実質無料
ソフトバンク
auひかり1〜36ヶ月目:5,610~6,468円
37ヶ月目~:6,798円
41,250円
→ 実質無料
au
UQモバイル
※回線名をクリックすると、お得なキャンペーンサイトにジャンプします。

上記のうち、ソフトバンク光、ドコモ光、ASAHINet光、enひかりはフレッツ光の卸売りのサービス(光コラボレーション)なので、フレッツ光クロスと回線の品質は同等、提供エリアも同じです。ちなみに、光コラボの10ギガプランの最安はenひかりの「enひかりクロス」です

光コラボなら品質は変わらず、安い月額料金・工事費が無料・スマホのセット割などのメリットがあるのでおすすめですよ。

NURO光とauひかりは独自の回線設備を使用していますが、通信速度が速い光回線として人気が高いです。

興味がある方は、下の記事を参考にしてみてください。

ソフトバンク光の10Gプランはおすすめ?実測速度やデメリットを解説
ドコモ光10ギガってどう?エリアや実測速度の評判を徹底解説
NURO光の10Gは契約すべき?実測速度やエリア・注意点を解説
auひかり10Gと5Gを徹底解説!エリア・実測速度・料金・注意点のまとめ

まとめ

今回は、フレッツ光クロスの評判や実測速度、提供エリアなどについて解説してきましたが、いかがでしたか?

実測速度に関しては申し分ないと言えますが、ネックになるのが月額料金の高さです。月額料金だけで比較した場合はそこまで大きな差はありませんが、フレッツ光クロスは別途でプロバイダ料がかかるため、トータルで考えると他の10Gbpsサービスより割高と言わざるを得ません。

全国にエリア拡大するまでには少し時間を要しそうな気がしますが、いずれはNURO光の10Gbpsよりも使えるエリアは広くなると思います。

ただ、フレッツ光クロスと同じNTTの回線設備を使った光コラボのソフトバンク光ドコモ光でも10Gbpsサービスは提供されていますので、月額料金の安さ、キャンペーン、スマホとのセット割、などを考えた場合にはそちらの方がお得だと思います。

以下の記事では10Gbpsサービスが使える光回線を紹介していますので、良かったら参考にしてみてください^^

\お役に立てたらシェアをお願いします♪/

コメント

これからインターネット回線を契約する人やすでに契約中の人の参考になるように、 良い点や悪い点を客観的にコメントしてください。
誹謗中傷や暴言、個人を攻撃する発言など、第三者を不快にするコメントは非公開とします。 また、個人情報が含まれたコメントも公開できませんのでご了承ください。
※スパム対策のため、日本語を含まないコメントは無効になっています。

コメントを残す

*

この記事を見た人はこんな記事も見ています