ドコモ光のプロバイダ「エディオンネット」は遅い?評判は?

ドコモ光のプロバイダ「エディオンネット」は遅い?評判は?

ドコモ光は光コラボとしては珍しく24社のプロバイダから選ぶことができます。

一般的な光コラボは光回線とプロバイダが一体化されているため、ドコモ光の特徴のひとつでもあります。

タイプAのプロバイダのひとつに「エディオンネット」があります。エディオンは家電量販店でもおなじみの会社で、フレッツ光や光コラボでも知名度が高く、利用者の数や人気も大手と言っても過言ではありません。

しかし、『エディオンネットは遅い』という声を聞きます。

そこで今回は、ドコモ光×エディオンネットの評判エディオンネットのサービス内容エディオン光との違い、などをご紹介します。

※表記している価格は税込みです。

『エディオンネットは遅い』という評判は本当?

エディオンネットはドコモ光以外でもプロバイダ提供されているため、全てがドコモ光×エディオンネットという訳ではないと思いますが、あまり良くない評判が目立ちます


比較的最近の評判なのでIpv6を利用している人たちだと思いますが、通信速度については『遅い』という評判が多いようです。

中には、プロバイダをエディオンネットからGMOとくとくBBに替えたら速くなったという人も何名かいました。

『エディオンネットは遅い』という評判だけど、スピードテストではそこまで遅くない

Twitterでは『エディオンネットは遅い』という評判が目立ちますが、「みんなのネット回線速度」というスピードテストのサイトではドコモ光のプロバイダごとの平均速度がランキングで紹介されていて、エディオンネットは7位にランクインしています。

順位プロバイダ名ダウンロード速度(平均)
1ASAHIネット315.01Mbps
2GMOとくとくBB291.5Mbps
3ドコモnet268.61Mbps
4OCN248.87Mbps
5plala(ぷらら)245.95Mbps
6DTI237.29Mbps
7エディオンネット235.77Mbps
8@TCOM235.77Mbps
9BIGLOBE235.34Mbps
10タイガースネット227.93Mbps
11@nifty226.08Mbps 
12
BB.excite217.23Mbps
13
andline207.12Mbps
14
WAKWAK175.84Mbps
15
楽天ブロードバンド143.19Mbps
16
hi-ho99.46Mbps

ドコモ光で選べるプロバイダは24社ですが、ランキングに反映されているプロバイダは直近3ヶ月間で50名以上の方が測定されているプロバイダです。

エディオンネットの順位は7位と比較的上位で、平均速度も235.77Mbpsと決して遅くはありません。しかし、この速度結果が測定するサイトによって違うのです。

僕の知り合いがドコモ光をプロバイダDTIで使っていて、スピードテストをした時にみんなのネット回線速度では200Mbpsを超えていたものの、サイトによっては50Mbpsというところもあったそうです。結局8社ほど試したみたいで、平均は130Mbpsぐらいと言ってました。

それを考慮すると、DTIとほぼ差のないエディオンネットも130~150Mbpsぐらいが平均速度なのかもしれません。(あくまで推測です)

プロバイダ「エディオンネット」とは?

EDION ロゴ引用元 エディオン公式サイトより

エディオンネットは日本の大手家電量販店グループ「エディオン」が運営するプロバイダで、『CMでもよく見かけるので名前を聞いたことくらいはある』という人も多いのではないでしょうか?

近畿方面から西日本を中心に事業展開してきた「デオデオ」を始めとした4つのブランドが統一され、現在の形として事業を行なっている会社で、関東の人には元・石丸電気と言えばなじみ深いかもしれませんね。

企業としてもプロバイダとしてもエディオンの名は知名度が高く、フレッツ光のエディオンネットや光コラボのエディオン光(エディオンIoTパックなど)が有名です。

ドコモ光×エディオンネットの基本サービス

ドコモ光のプロバイダでエディオンネットを選んだ場合、ドコモ光とエディオンネット両方のサービスや特典を受けられます。

サービスはドコモ光とプロバイダで別に提供されているため少しややこしいですが、提携しているプロバイダとドコモ光の契約はまとめられているため、支払いが別々になるというわけではありません。

プロバイダを選べるというのは名前だけ違うということではなく、提供しているサービスを選べるということでもあります。

混乱してしまうかもしれませんが、ここはよく理解しておきましょう。

エディオンネット プロバイダサービス概要
メールアドレス数1個
メールBOX容量1GB
ドメインenjoy.ne.jp
セキュリティソフトプロバイダ有料サービス
リモートサポート
訪問サポートプロバイダ有料サービス
Ipv6IPoE
IPv4 over IPv6通信
その他のサービス・ブログ(4GBまで)
・Webメール
・メール転送サービス

ドコモ光でプロバイダをエディオンネットを選ぶと、上記の基本サービスが提供されます。

メールアドレスやHPサーバーなどは、プロバイダとしては基本サービスなので特に目新しさはありません。Ipv6にも対応していますが、現在はドコモ光で選べる24社全てがIPv6に対応しているため、「エディオンネットならでは」という感じではないですね。

また、メールアドレスは1個のみでメールBOXの容量も1GBと少なく、GMOとくとくBBやぷらら(plala)みたいにIpv6対応の無線LANルーター無料レンタルは行われていません。

シンプルと言えばシンプルですがサービスが少ない感は否めないため、ドコモ光公式のキャンペーンでカバーするしかないようです。

ドコモ光×エディオンネットの月額料金

 戸建てタイプマンションタイプ
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円
タイプC5,720円4,400円
単独タイプ5,500円+プロバイダ料4,180円+プロバイダ料
※2年契約プランで申し込んだ場合。2年契約なしの場合はそれぞれ+1,650円。

ドコモ光は、タイプA・B・Cの中からプロバイダを選択できます。

エディオンネットは料金が安いタイプAに属しているため、エディオンネット(ドコモ光コラボプラン)の月額料金は、戸建てタイプが5,720円、マンションタイプが4,400円にです。。

安いタイプAとは言うもののドコモ光は他の光コラボと比較してしまうと月額料金はやや高いという点は否めません。

初期工事費はキャンペーンで無料

事務手数料3,300円
初期工事費戸建てタイプ:19,800円
マンションタイプ:16,500円
→ キャンペーンで実質無料

現在ドコモ光では、初期工事費が実質無料になるキャンペーンが行われています。

ただ、他の光回線の工事費無料キャンペーンは常設されているケースが多いですが、ドコモ光の場合は期間限定の場合もあるので注意が必要です。

この工事費無料キャンペーンはドコモ光公式で行われているため、エディオンネット以外のプロバイダを選んでも適用できます。

ドコモ光セット割で毎月のスマホ料金が割引

ドコモ光 ドコモ光セット割引用元 docomo公式サイトより

ドコモのスマホや携帯電話とドコモ光を一緒に利用すると、スマホ・携帯電話の月額利用料金が割引になる「ドコモ光セット割」を組むことができ、毎月のスマホ料金が最大1,100円割引になります(「ahamo」は対象外)。

他の大手携帯キャリアのauやソフトバンクでもスマホ+光回線とのセット割はありますが、月額550円の光電話(固定電話サービス)への加入が条件になっています。しかし、ドコモ光でセット割を組む場合はオプション加入は不要です。

なお、ドコモ光セット割を組めるのはドコモ光が唯一の対象回線のため、ドコモユーザーでセット割を組みたいなら必然的に選択肢はドコモ光のみになります。

割引額はドコモで契約している料金プランよって違い、ギガプランの「ギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガライト」のプランは家族全員のスマホ料金が毎月550〜1,100円割引、カケホーダイ&パケあえるの「ウルトラシェアパック」「ベーシックシェアパック」などのプランは毎月110〜3,850円割引になります。

割引額やプランに関しては以下をご覧ください。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ プレミア、5Gギガホ、ギガホ プレミア、ギガホ、5Gギガライト、ギガライトの総称です。

料金プラン割引額
5Gギガホ プレミア/5Gギガホ-1,100円/月
ギガホ プレミア/ギガホ
-1,100円/月
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,100円/月
ステップ3:~5GB-1,100円/月
ステップ2:~3GB-550円/月
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,850円/月
ウルトラシェアパック50-3,190円/月
ウルトラシェアパック30-2,750円/月
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,980円/月
ステップ3:~15GB-1,980円/月
ステップ2:~10GB-1,320円/月
ステップ1:~5GB-880円/月
ウルトラデータLLパック-1,760円/月
ウルトラデータLパック-1,540円/月
ベーシックパックステップ4:~20GB-880円/月
ステップ3:~5GB-880円/月
ステップ2:~3GB-220円/月
ステップ1:~1GB-110円/月
 

ドコモ光×エディオンネットとエディオン光の違いは?

エディオン光引用元 エディオン公式サイトより

エディオンネットは、ドコモ光以外にも自社でエディオン光コラボを提供しています。

しかし、エディオン光の新規受付は2017年1月31日をもって終了していて、現在は以下の名称で提供されています。

  • エディオンネット基本パック
  • エディオンネットIoTパック

ただし、この記事では便宜上、エディオン光と称して説明させていただきます。

エディオン光とはプロバイダのエディオンネットが提供している光コラボのインターネット回線で、光回線とプロバイダがセットになっています。

では、ドコモ光×エディオンネットとエディオン光の違いを見ていきたいと思いますが、ここではエディオンネット基本パックと比較していきます。

月額料金、初期費用、セット割など様々な違いがある

ドコモ光×エディオンネットエディオン光(基本パック)
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
戸建て:4,840円
マンション:3,520円
+プロバイダ料
初期工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
→ キャンペーンで実質無料
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
事務手数料3,300円3,300円
契約期間2年なし
解約金戸建て:14,300円
マンション:8,800円
4,400円

月額料金で比較

エディオン光の月額料金は安いように見えますが、フレッツ光のようにプロバイダ別契約のため別途料金がかかります。プロバイダ料金は大体550~1,650円ほどするため、場合によってはエディオン光の方が高くなる可能性があります。

なお、先程もお伝えしましたが、月額料金を他のネット回線と比較した場合、ドコモ光×エディオンネットとエディオン光はどちらも高いため、安さを求める人は他のネット回線を検討した方が良いです。

工事費で比較

ドコモ光×エディオンネットはキャンペーンで工事費が無料になりますが、エディオン光は最大19,800円の工事費がかかります

ただ、派遣工事の有無で工事費は異なり、無派遣工事であれば工事費は2,200円で済みます。

契約期間・解約金で比較

エディオン光は契約期間の縛りがないものの、いつ解約しても4,400円の解約金がかかります。また、選ぶプロバイダによっては解約金もかかるので注意しましょう。

スマホとのセット割で比較

ドコモのスマホや携帯電話を利用している人は、ドコモ光セット割でトータルの通信費用を安く抑えることができます。

一方、エディオン光ではauスマートバリューを組むことができ、割引額は1回線あたり最大2,200円で10回線まで割引対象です。

このように、エディオン光は契約期間の縛りもがない、auスマートバリューが組めるなどのメリットはあるものの、工事費が自己負担だったりプロバイダが別契約・別料金だったりと、割高感が否めないため個人的にはあまりおすすめできません。

ドコモ光×エディオンネットは正直メリットが薄い

エディオンネットの速度に関する評判やサービス内容を紹介してきましたが、ドコモ光×エディオンネットを使うメリットは少々薄いように感じます。

また、ドコモ光は月額料金が他のネット回線に比べて少々高いため、古参のドコモユーザーであればメリットがありますが…

  • ドコモ光にこだわる場合:別のプロバイダ
  • ドコモ光にこだわらない場合:別の光回線

を選ぶ方が賢明のように思えます。

ドコモ光にこだわるならプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ

ドコモ光×GMO引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

料金面でも他のネット回線を選んだ方が良いように思えるドコモ光ですが、ドコモ光にこだわるのであればプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめです。

同じタイプAのGMOとくとくBBでは、最大20,000円 のキャッシュバックキャンペーンを実施していて、さらにはIpv6対応の無線LANルーターの永年無料レンタルも行っています。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン・割引

  • 初期工事費が実質無料※1
  • 最大20,000円 キャッシュバック※2
  • dポイントプレゼント
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターが無料レンタル
  • 出張サポートが1回無料
  • セキュリティソフトが12ヶ月無料
  • ドコモスマホ・ケータイとのセット割「ドコモ光セット割」が組める
    ※1 docomo公式のキャンペーン。
    ※2 プロバイダ「GMOとくとくBB」のキャンペーン。条件として「ひかりTV for docomo(2年割)」+「DAZN for docomo」の申し込みが必要。

通信速度に関しては、GMOとくとくBBの公式サイトで通信速度の全国平均が下り300Mbps超えということも公開されていますし、Twitterでは実際にGMOとくとくBBのv6プラスを使っているユーザーからの評判・口コミがありました。


もし回線速度が100Mbpsを下回った場合には、GMOとくとくポイント(100円相当)がもらえるペナルティ補填も行っていたりと、それだけ通信速度に自信があるということが分かります。

よって、ドコモ光を利用する場合は、プロバイダはGMOとくとくBBで申し込むのがおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判やサービスについては以下の記事で解説しています。

ドコモ光とプロバイダにこだわりがないなら「@スマート光」がおすすめ

@スマート光引用元 @スマート光公式サイトより

ドコモ光やプロバイダにこだわりがなく、『少しでも安いネット回線を使いたい』という人には、業界最安値の「@スマート光」がおすすめです。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金格安プラン4,400円3,300円
通常プラン4,730円3,630円
事務手数料3,300円
→ キャンペーンで無料
工事費19,800円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
16,500円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合
解約金24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合

@スマート光の特長は、業界最安値の月額料金に加え、通常プランの場合は期間なしの工事費無料キャンペーンを実施中という点です。

@スマート光はサービスがシンプルなことでも評判ですが、IPv6のオプションサービス(月額無料)にも対応しているため高速なインターネット通信が可能ですし、Twitterでも『快適に使える』『IPv6使わなくても速い』といった評判も多く挙がっています。

最低利用期間は2年で途中解約の場合は22,000円の解約違約金が請求されますが、自動更新ではないため最低2年利用すれば以降は違約金は発生しません。

@スマート光の評判やレビューについては以下の記事で解説しています。

まとめ

ドコモ光×エディオンは、『速度が遅い』などの評判も多く、プロバイダとしてのメリットは正直乏しいです。

インターネットを普段からよく使っている人は、回線速度や料金に満足できないかもしれないため、そんな方には、回線速度も安定していてキャッシュバックなどのキャンペーンも充実しているドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめです。

また、ドコモ光やプロバイダにこだわりがなく、料金の安さにこだわるのであれば光コラボ最安値の@スマート光がおすすめです。

今回紹介した内容を参考に、ご自身の使い方や目的にマッチしたネット回線を見つけてくだいね^^

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*