ドコモ光のプロバイダ「シナプス」の評判は?通信速度は遅い?

ドコモ光のプロバイダ「シナプス」の評判は?通信速度は遅い?

ドコモ光はプロバイダを24社から選べるタイプの光コラボです。

フレッツ光でも有名な大手はもちろん、知名度的にやや劣るマイナーなプロバイダまで様々です。

ほとんどの人は人気プロバイダを選ぶと思いますが、あまり名前を聞かないプロバイダにも『どんな会社?』と興味を持たれるのではないでしょうか。例えば、プロバイダタイプAの「synapse(シナプス)」は大手に比べて知名度は高くありませんが、どこか惹かれる社名ですよね?

そこで今回は、プロバイダsynapseの評判プロバイダのサービス内容シナプス光との違い、などについて解説していきます。

※表記している価格は税込みです。

ドコモ光のプロバイダ「synapse(シナプス)」とは?

synapse ロゴ引用元 synapse公式サイトより

synapse(シナプス)は鹿児島県鹿児島市に本社を置くプロバイダです。設立はなんと2017年4月と若手のプロバイダなのです。

現在は光コラボにも参入していて、シナプス光の運営も行なっています。

実は、シナプスは前身の「株式会社グッドコミュニケーションズ」からISPサービスを行なっていました。1995年から地域密着型プロバイダとしてサービスを提供しているため、まったく経験も実績もない素人ISPというわけではありません。

鹿児島を含め九州のプロバイダと言えばBBIQが有名ですが、前身時代を含めるとシナプスはそれよりも歴史のある会社なのです。

ちなみに、シナプスとは情報伝達をつかさどる神経細胞間の結合部の名称で、ネットとプロバイダの関係性はまさにシナプスと表現できますね。

プロバイダsynapse(シナプス)の評判

プロバイダ事業がシナプスに継承されてからのネットの評判ですが、やはり知名度的には大手やBBIQに譲る形のようです。

Twitterでの評判を探してもなかなか情報がつかめません。なんとか見つけられたものをいくつかピックアップしてみました。


何人かの方が通信障害について書き込んでいましたが、通信速度や料金についての評判がほとんど見られず、良いのか悪いのかこの時点ではハッキリしません。

ドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)で提供されるサービス

シナプス・ドコモ光タイプA引用元 synapse公式サイトより

プロバイダとしての評価は良くも悪くもないsynapse(シナプス)ですが、ドコモ光のプロバイダとして見た場合はどうでしょうか?

フレッツ光や光コラボのシナプス光とドコモ光のプロバイダ・シナプスは別物です。シナプスは鹿児島のプロバイダですが全国どこでも利用することが可能で、「シナプス・ドコモ光タイプA」(ドコモ光×プロバイダsynapse)という名称で提供されます。

ドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)のサービスを見ていきましょう。

ドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)の基本サービス

synapse プロバイダサービス概要
メールアドレス数1個
メールBOX容量1GB
ドメインsynapse.ne.jp
セキュリティソフトセキュリティガード(12ヶ月無料)
リモートサポート
(初回無料・6ヶ月以内)
訪問サポート
(初回無料・6ヶ月以内)
Ipv6IPoE
IPv6通信
その他のサービス・メール転送サービス
・有害サイトブロック
・Webメール

ドコモ光でプロバイダをシナプスにすると、上記のサービスが提供されます。

メールアドレスは1個まででメールBOXも1GBと最低限といった印象ですが、セキュリティソフトが12ヶ月無料だったり、サポートサービスも6ヶ月以内であれば初回無料と、サポート面でのサービスは充実しています。

なお、今や1Gbpsが光回線の基本で、接続数が増える時間帯だとどうしても速度低下が起こりやすくなりますが、それを回避する接続技術「IPv6」にも対応しています。そのため、ドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)は速度的に問題はないプロバイダと考えて良いでしょう。

ドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)の月額料金

 戸建てタイプマンションタイプ
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円
タイプC5,720円4,400円
単独タイプ5,500円+プロバイダ料4,180円+プロバイダ料
※2年契約プランで申し込んだ場合。2年契約なしの場合はそれぞれ+1,650円。

ドコモ光ではタイプA・B・Cの中からプロバイダを選べますが、シナプスはドコモ光の中でも料金が安いタイプAに属します。

そのため、ドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)の月額料金は、戸建てタイプが5,720円、マンションタイプが4,400円になります。

しかし、この料金は2年契約プランで申し込んだ場合で、更新月以外に解約した場合には、戸建てタイプは14,300円、マンションタイプは8,800円の解約金がかかってしまいますので覚えておきましょう。

ドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)の初期費用

事務手数料3,300円
初期工事費戸建てタイプ:19,800円
マンションタイプ:16,500円
→ キャンペーンで実質無料

現在ドコモ光では、初期工事費が実質無料になるキャンペーンが行われています。

ただ、他の光回線の工事費無料キャンペーンは常設されているケースが多いですが、ドコモ光の場合は期間限定の場合もあるので注意が必要です。

なお、この工事費無料キャンペーンはドコモ光公式で実施されているため、synapse(シナプス)以外のプロバイダを選んでも適用できます。

ドコモ光セット割

ドコモ光 ドコモ光セット割引用元 docomo公式サイトより

ドコモのスマホや携帯電話とドコモ光を一緒に利用すると、スマホ・携帯電話の月額利用料金が割引になる「ドコモ光セット割」を組むことができ、毎月のスマホ料金が最大1,100円割引になります(「ahamo」は対象外)。

他の大手携帯キャリアのauやソフトバンクでもスマホ+光回線とのセット割はありますが、月額550円の光電話(固定電話サービス)への加入が条件になっています。しかし、ドコモ光でセット割を組む場合はオプション加入は不要です。

なお、ドコモ光セット割を組めるのはドコモ光が唯一の対象回線のため、ドコモユーザーでセット割を組みたいなら必然的に選択肢はドコモ光のみになります。

割引額はドコモで契約している料金プランよって違い、ギガプランの「ギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガライト」のプランは家族全員のスマホ料金が毎月550〜1,100円割引、カケホーダイ&パケあえるの「ウルトラシェアパック」「ベーシックシェアパック」などのプランは毎月110〜3,850円割引になります。

割引額やプランに関しては以下をご覧ください。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ プレミア、5Gギガホ、ギガホ プレミア、ギガホ、5Gギガライト、ギガライトの総称です。

料金プラン割引額
5Gギガホ プレミア/5Gギガホ-1,100円/月
ギガホ プレミア/ギガホ
-1,100円/月
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,100円/月
ステップ3:~5GB-1,100円/月
ステップ2:~3GB-550円/月
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,850円/月
ウルトラシェアパック50-3,190円/月
ウルトラシェアパック30-2,750円/月
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,980円/月
ステップ3:~15GB-1,980円/月
ステップ2:~10GB-1,320円/月
ステップ1:~5GB-880円/月
ウルトラデータLLパック-1,760円/月
ウルトラデータLパック-1,540円/月
ベーシックパックステップ4:~20GB-880円/月
ステップ3:~5GB-880円/月
ステップ2:~3GB-220円/月
ステップ1:~1GB-110円/月
 

ドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)とシナプス光の違いは?

シナプス光引用元 synapse公式サイトより

シナプス光はプロバイダsynapse(シナプス)が提供している光コラボのインターネット回線で、光回線とプロバイダがセットで提供されているサービスです。

では、プロバイダsynapse(シナプス)とシナプス光にはどういった違いがあるのか見てみましょう。

月額料金、初期費用、セット割など様々な違いがある

ドコモ光×synapseシナプス光
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
戸建て:5,060円
マンション:3,850円
初期工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
→ キャンペーンで実質無料
戸建て:23,100円
マンション:19,800円
→ キャンペーンで6,600円割引
事務手数料3,300円1,980円
→ キャンペーンで無料
契約期間2年なし
解約金戸建て:14,300円
マンション:8,800円
なし

月額料金で比較した場合

シナプス光の月額料金はドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)よりも安いです。

戸建てタイプは660円、マンションタイプは550円、それぞれドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)よりも安いですが、そもそもドコモ光自体が他の光コラボよりも高い部類に入るため、光コラボ全体で見た場合には『平均より少し安いかな~』といったところです。

工事費で比較した場合

ドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)ではキャンペーンによって工事費が実質無料になるものの、シナプス光では無料ではなく6,600円割引になります。

そのため、シナプス光の場合、戸建てタイプは16,500円、マンションタイプでは13,200円が自己負担になってしまいます…。

契約期間・解約金で比較した場合

シナプス・ドコモ光タイプAが契約期間2年なのに対して、シナプス光には契約期間の縛りがありません

これは使う側にしたらかなりの高ポイントですが、公式サイト内には記載がなく、利用規約などを細かく見ないと書かれていないので、申し込む際はきちんと確認しておきましょう。

スマホとのセット割で比較した場合

ドコモのスマホや携帯電話を利用している人は、ドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)を利用することでドコモ光セット割が組めて、スマホ料金を安くすることができます。

一方、シナプス光ではスマホセット割に対応していないため、そこまでのお得感はありません。

このように、シナプス光は初期工事費が全額ではないものの自己負担であったり、スマホとのセット割もなかったりと、これと言ってメリットがあまり見当たらないので個人的にはあまりおすすめできません。

シナプス光の評判

シナプス光の評判を探してみたところ、それほど数は多くないですが『速い』という書き込みをいくつか見つけました。


ドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)の評判でもそうでしたが、あまり『遅い』といった声がなかったことを考えると、プロバイダsynapseとしての通信速度は悪くないようです。

ドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)はメリットが少ない

地域密着型のプロバイダであるsynapse自体は、決して悪いプロバイダではありません。

しかし、ドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)として見ると、ドコモ光の基準に落とし込まれているために費用がシナプス光よりも高くなります。

せめて、キャンペーン特典が豪華であれば良いのですが、工事費無料はドコモ光であればどのプロバイダでも適用されるため、わざわざドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)を選ぶメリットがないのが正直なところです。

そのため、プロバイダでsynapseを使いたい人はシナプス光を、ドコモ光を使いたい人は別のプロバイダを選ぶ方がおすすめです。

ドコモ光ならプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ

ドコモ光×GMO引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

synapse(シナプス)と同じドコモ光タイプAのGMOとくとくBBでは、新規特典で最大20,000円 のキャッシュバックとIPv6対応無線LANルーターの永年無料レンタルを実施しています。

もちろん、ドコモ光公式の工事費無料やdポイントプレゼントも同時に受けられます。

さらに、GMOとくとくBBのプロバイダとしてのサービスは、提供メールアドレスは最大15個でメールBOX容量は無制限と、synapseよりも充実しています。

ドコモ光×プロバイダsynapse(シナプス)と同じ料金にも関わらず、キャンペーン特典やサービスにこれだけの違いがあるのなら、プロバイダにこだわりがなければGMOとくとくBBがおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判や、プロバイダのサービスについては以下の記事で解説しています。

ドコモ光とプロバイダにこだわらなければ「@スマート光」がおすすめ

@スマート光引用元 @スマート光の公式サイトより

ドコモ光やプロバイダ、スマホとのセット割などにこだわらず、費用そのものを抑えたい人は業界最安値の@スマート光をおすすめします。

工事費無料キャンペーンは常に行われていて光コラボ最安値の月額料金、これからネットを始める人にお手軽な光コラボのインターネット回線です。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金格安プラン4,400円3,300円
通常プラン4,730円3,630円
事務手数料3,300円
→ キャンペーンで無料
工事費19,800円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
16,500円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合
解約金24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合

光コラボのためフレッツ光の高品質は保証済みで、IPv6にも対応しているので混雑時の遅延を回避した高速インターネットも可能です。

サービスはシンプルですが、IPv6は月額無料で利用できたり、無線LANルーターのレンタルも可能だったりと、スタイルに合わせた使い方ができます。

一点だけ注意点を伝えると、最低利用期間が2年のため、2年以内に解約してしまう22,000円の解約金がかかってしまいます。2年過ぎればいつ解約しても解約金はかかりません。

@スマート光の評判、レビュー、サービス内容については以下の記事を参考にしてください。

まとめ

synapse(シナプス)は決して悪いプロバイダではありませんが、ドコモ光のプロバイダとしては正直あまりおすすめできません。

理由としては、今回ご紹介してきたように、シナプス光の低価格というメリットを打ち消してしまい、それを補えるほどの特典があるわけでもないからです。

ドコモ光は選ぶプロバイダによってキャンペーン特典や基本サービスが異なるため、『どれでも同じ』と思って選ぶと本来受けられたはずの特典やせっかくのメリットを手放して損をしてしまうケースが非常に高い点に要注意です。

これからドコモ光を申し込む人は自分の利用環境を見直し、メリットの多いプロバイダ選びを一通り確認してから始めてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*