『ドコモ光×ニフティはIPv6なのに遅い』って本当?

『ドコモ光×ニフティはIPv6なのに遅い』って本当?

ドコモ光×ニフティ(@nifty)の評判についてお探しですが?

ドコモ光は最大1Gbpsの光回線で、23社どのプロバイダを選んでも違いはありません。

しかし、ユーザーからは『ドコモ光×ニフティは遅い』という評判・口コミも聞こえてくるため、本当だとドコモ光×ニフティを使おうと思っている方にとっては悩みどころです。

果たして、ドコモ光×ニフティは本当に遅いのでしょうか?

この記事では、ドコモ光×ニフティの速度の評判サービス内容@nifty光との違い、などを解説していきますので、ドコモ光×ニフティのご利用を検討している方は参考にしてみてください^^

※表記している価格は税込みです。

『ドコモ光×ニフティは遅い』という評判は本当?

ドコモ光×ニフティではIPv6を利用した高速インターネット通信が利用可能です。

しかし、IPv6対応にも関わらず『ドコモ光×ニフティは遅い』という評判を聞きますが、本当なのでしょうか?

結論から言うと、『ドコモ光×ニフティは遅い』という評判・口コミはそこまで多くないのが正直なところです。

『ドコモ光×ニフティは速い』という評判

ニフティ(@nifty)を含めた23社全てのプロバイダでIpv6が利用できますが、ドコモ光×ニフティでIPv6を使っている方からの評判は上々のようです。

400Mbps以上の速度が出ている方も多く、中には600Mbpsを超えている方もいるようです。

これだけ速ければネットサーフィンはもちろんのこと、動画視聴やオンラインゲームも快適に楽しめそうですね^^

また、他には『IPv6を使うようになって速度が速くなった』という口コミもありました。

当ブログ独自に行ったアンケートでも評判は良い

なお、当ブログでは2022年6月にクラウドソーシングの「ランサーズ」でドコモ光の利用者にアンケートを実施したのですが、プロバイダでニフティを利用している方からは以下のような回答をいただきました。

ドコモ光×ニフティ利用者の声

  • 質問:ダウンロード速度は何Mbpsでしたか?
    回答.540Mbps
  • 質問:アップロード速度は何Mbpsでしたか?
    回答.220Mbps
  • 質問:レイテンシ(アンロード済み)の数値はいくつでしたか?
    回答.9ms
  • 質問:ドコモ光の速度についての感想を聞かせてください。
    回答.時間帯を問わず動画やオンラインゲームが止まる事が無くスムーズに利用できているので満足している
  • 質問:プロバイダを利用した感想をお聞かせください。
    回答.使ってみて特に可も無く不可も無く不満に思う点は特に無く利用できている

こちらの方は、ダウンロード速度が540Mbpsとかなり速い速度が出ているようです。

また、「グランドセフトオートオンライン」というオンラインゲームをプレイしているみたいで、時間帯を問わず楽しめているみたいです。

『ドコモ光×ニフティは遅い』という評判は目立ちますが、もしかするとIPv6を利用していない可能性もあります。そのため、IPv6利用者が増えて速い速度で使えるユーザーが増えてくれば『ドコモ光×ニフティは遅い』という評判は減ってくると思います。

なお、ニフティでは「v6プラス」と「OCNバーチャルコネクト」が併用されていて、申し込み時は自動的にOCNバーチャルコネクトになります。ただ、OCNバーチャルコネクトは夜間に速度が遅くなる傾向があるため、夜間にインターネットを使っていて『遅い』と感じる方は、サポートに連絡してv6プラスに変更してもらうと良いでしょう。

  • @niftyサポート窓口
    電話番号:0570-03-2210
    受付時間:10時~18時(日曜・祝日・年末年始は除く)

『ドコモ光×ニフティは遅い』という評判

一方で、IPv6を使っているにも関わらず『ドコモ光×ニフティは遅い』と嘆いている方もいます。

IPv6を使っているのに下り速度が20Mbps程度だとハッキリ言って遅いです。

僕は、以前にポケットWiFiを使っていたことがありましたがそれとほぼ同じぐらいの速度なので、ほとんど光回線の意味を成していません…。

ニフティの速度はドコモ光のプロバイダの中で遅い部類…

「みんなのネット回線速度」というスピードテストのサイトではドコモ光のプロバイダごとの平均速度がランキング化されていて、ニフティ(@nifty)は遅い方の部類に入ります(2022年11月30日時点)。

順位プロバイダ名ダウンロード速度
1BBエキサイト320.34Mbps
2ドコモnet316.2Mbps
3GMOとくとくBB291.54Mbps
4ASAHIネット290.78Mbps
5BIGLOBE283.07Mbps
6OCN276.15Mbps
7ぷらら269.77Mbps
8@TCOM255.21Mbps
9アンドライン254.06Mbps
10エディオンネット249.73Mbps
11DTI245.63Mbps
12WAKWAK228.94Mbps
13タイガースネット223.24Mbps
14ニフティ(@nifty)211.43Mbps
15楽天ブロードバンド170.6Mbps
16hi-ho87.91Mbps
※タイプA・B対応のプロバイダのみを抜粋。

ドコモ光で選べるプロバイダは23社ですが、ランキングに反映されているプロバイダは直近3ヶ月間で50名以上の方が測定されているプロバイダです。

ニフティの平均速度は211.43Mbps出ているためそこまで遅いといった印象はありませんが、この速度結果が測定するサイトによって違うのです。

僕の知り合いがドコモ光をプロバイダDTIで使っていてスピードテストをした時に、みんなのネット回線速度では200Mbpsを超えていたものの、サイトによっては50Mbpsというところもあったそうです。結局8社ほど試した結果、平均は130Mbpsぐらいと言ってました。

それを考慮すると、DTIより30Mbpsほど遅い速いニフティは100Mbps前後が平均速度なのかもしれません。

なお、ニフティから他のプロバイダに変更して速度が改善した方もいるみたいですので、使ってみて遅いと感じる場合はプロバイダの変更を検討するのも良いでしょう。

ドコモ光×ニフティの料金・提供サービス

ドコモ光×ニフティ(@nifty)引用元 @nifty公式サイトより

ドコモ光×ニフティのサービスについて解説する前に、プロバイダのニフティ(@nifty)について簡単に説明しておきます。

大手プロバイダであるニフティは、ドコモ光だけではなくフレッツ光やauひかりなど様々なネット回線でプロバイダ提供を行っていて、自社でも@nifty光という光コラボを提供しています。

今回のドコモ光×ニフティは、「ドコモ光の光回線でプロバイダのニフティを使う」というサービスです。光コラボ以前のフレッツ光のような感覚で契約することになるため、古参のネットユーザーには懐かしさがあるかもしれません^^;

以前のインターネットサービスのように、ネット回線とプロバイダが別々の契約ではなく、あくまでもプロバイダ一体型の光コラボという形態での申し込みとなります。

つまり、フレッツ光までのような感覚を持ちながらも、支払いは一本化されているので細かい手続きも不要です。これもプロバイダを選べるドコモ光の大きなメリットと言えます。

月額料金は4,400円~

 戸建てタイプマンションタイプ
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円
タイプC5,720円4,400円
単独タイプ5,500円+プロバイダ料4,180円+プロバイダ料
※2年契約プランで申し込んだ場合。2年契約なしの場合はそれぞれ+1,650円。

ドコモ光はタイプA・B・Cの中からプロバイダを選択できます。

ニフティは料金が安いタイプAに属しているため、ドコモ光×ニフティの月額料金は、戸建てタイプが5,720円、マンションタイプが4,400円です。

タイプBよりは安いですが、それでもドコモ光は他社光コラボと比較してしまうと基本料金はやや高いという点は否めません。NTTの光コラボなので安心感はありますけどね^^;

プロバイダ「ニフティ(@nifty)」のサービス概要

プロバイダのニフティ(@nifty)で提供されるサービスは以下のとおりです。

プロバイダ「ニフティ(@nifty)」のサービス概要
メールアドレス数最大15個
メールBOX容量5GB
ドメインnifty.com
セキュリティソフト常時安全セキュリティ24(12ヶ月無料)
リモートサポート(初回無料)
訪問サポート(初回無料・開通から13ヶ月以内)
Ipv6IPoE
IPv4 over IPv6通信
その他のサービス・WiFiルーターまたはWiFi中継器(契約期間中は無償レンタル)
・マルウェア不正通信ブロック機能
・ニフティポイント

・ファミリープラン(家族用の子ID4つまで無料)
・Webメール
・メール転送サービス
・ブログ(2GBまで)

昨今は、基本サービスを最低限にしてリーズナブル化するプロバイダも増えていますが、ニフティでは従来のプロバイダサービスとそれほど変わらないサービスが提供されています。

メールアドレスは最大15個まで無料に加え、メールBOX容量は5GBと大容量です。個人用と仕事用に使い分けるだけでなく、家族全員に専用メールアドレスを振り分けても十分に使えますね。

また、契約期間中はWiFiルーターかWiFi中継器を無償レンタルできるため、余計なコストをかけずにインターネット光回線を利用することができます。

ニフティのオプションサービス

ニフティでは、セキュリティ、家族用ID、サポートなどのオプションサービスも充実しています。

セキュリティ対策サービス

ニフティが提供しているセキュリティ対策サービスは、主に以下の4つです。

サービス内容特典
メールウイルスチェック
メールウイルス対策ドコモ光利用中は永年無料
(通常220円/月)
常時安心セキュリティ24総合セキュリティ対策最大12ヶ月無料
(13ヶ月目以降550円/月)
@nifty 詐欺ウォール
AI機能でネット詐欺から防御初月無料
(2ヶ月目以降550円/月)
@niftyセキュア・プライバシー複数のパスワードを一括管理最大6ヶ月無料
(7ヶ月目以降440円/月)

「メールウイルスチェック」はメールソフトに働きかけてくれるウイルスバスターです。@niftyのメールアドレスを使ったメールを利用する際、ウイルスメールやスパムメールを拒否してくれます。ドコモ光×ニフティを利用している間はずっと無料で使えます。

二つ目の「常時安心セキュリティ24」は総合セキュリティソフトです。こちらは、実際にウイルスを感知・防御する働きをしてくれるため重要な機能です。通常は月額550円のオプションですが、最大12ヶ月間は無料で使えます。

また、「@nifty詐欺ウォール」では最新のAI機能を使ってネット詐欺から守ってくれたり、「@niftyセキュア・プライバシー」では大事なパスワードを安全に一括管理してくれたりと、ニフティでは様々なセキュリティ対策に関するサービスが完備されています。これなら安心して利用できますね^^

ニフティ独自のファミリープラン

ニフティの「ファミリープラン」引用元 @nifty公式サイトより

ニフティには「ファミリープラン」というサービスがあります。

これは、加入すればニフティの子IDが作れる(契約者が親IDの権限を持ちます)というサービスです。ファミリープランに加入すれば親IDに加え最大6つまで子IDを作ることができますが、4つまでは無料で使えます(5~6IDは月額550円)。

つまり、ファミリープランを利用すれば@nifty.comのメールアドレスが無料で最大5つまで作れるということです(基本の1アドレス+ファミリープランでの4アドレス)。ただし、メールサーバの容量はIDの数にかかわらず5GBまでです。

リモートサポート&訪問サポートは初回無料

プロバイダでニフティを利用するメリットの一つに、リモートサポート&訪問サポートが初回無料で利用できる、という点があります。

リモートサポートでは、パソコンやスマホの設定方法などのサポートを専門スタッフが行ってくれて、電話説明だけでなく遠隔操作でパソコンやスマホを実際に操作してくれます。

訪問サポートは、専門スタッフが直接自宅まで来てくれ接続や設定をしてくれます。ただし、訪問サポートの初回無料は開通から3ヶ月以内の期限付きですので注意しましょう。

ドコモ光×ニフティで行われているキャンペーン・割引

ドコモ光×ニフティでは、工事費無料、スマホとのセット割、キャッシュバックなどのキャンペーンが行われています。

ドコモ光×ニフティで行われているキャンペーン・割引

初期工事費はキャンペーンで完全無料

事務手数料3,300円
初期工事費戸建てタイプ:19,800円
マンションタイプ:16,500円
→ キャンペーンで無料

現在ドコモ光では、初期工事費が完全無料になるキャンペーンが行われています。

他社のように実質無料ではなく完全無料のため、解約時に残債請求をされる心配がありません。

なお、工事費無料キャンペーンはドコモ光で実施されているため、ニフティ以外のプロバイダを選んだ場合でも適用されます。

ドコモ光セット割で毎月のスマホ料金が最大1,100円割引

ドコモ光 ドコモ光セット割引用元 ドコモ公式サイトより

ドコモのスマホや携帯電話とドコモ光を一緒に利用すると、スマホ・携帯電話の月額利用料金が割引になる「ドコモ光セット割」を組むことができ、毎月のスマホ料金が最大1,100円割引になります(「ahamo」は対象外)。

他の大手携帯キャリアのauやソフトバンクでもスマホ+光回線とのセット割があり、月額550円の光電話(固定電話サービス)への加入が条件になっていますが、ドコモ光でセット割を組む場合はオプション加入は不要です。

なお、ドコモ光セット割を組める光回線はドコモ光のみなので、ドコモユーザーがセット割を組みたい場合は必然的にドコモ光一択になります。

割引額はドコモで契約している料金プランよって違い、ギガプランの「ギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガライト」のプランは家族全員のスマホ料金が毎月550〜1,100円割引、カケホーダイ&パケあえるの「ウルトラシェアパック」「ベーシックシェアパック」などのプランは毎月110〜3,850円割引になります。

割引額やプランに関しては以下をご覧ください。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ プレミア、5Gギガホ、ギガホ プレミア、ギガホ、5Gギガライト、ギガライトの総称です。

料金プラン割引額
5Gギガホ プレミア/5Gギガホ-1,100円/月
ギガホ プレミア/ギガホ
-1,100円/月
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,100円/月
ステップ3:~5GB-1,100円/月
ステップ2:~3GB-550円/月
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,850円/月
ウルトラシェアパック50-3,190円/月
ウルトラシェアパック30-2,750円/月
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,980円/月
ステップ3:~15GB-1,980円/月
ステップ2:~10GB-1,320円/月
ステップ1:~5GB-880円/月
ウルトラデータLLパック-1,760円/月
ウルトラデータLパック-1,540円/月
ベーシックパックステップ4:~20GB-880円/月
ステップ3:~5GB-880円/月
ステップ2:~3GB-220円/月
ステップ1:~1GB-110円/月

42,000円キャッシュバックキャンペーン

ドコモ光引用元 NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトより

ドコモ光×ニフティの申し込みは、ドコモ光の正規代理店「NNコミュニケーションズ」がおすすめです。

NNコミュニケーションズでは、オプション加入不要で42,000円キャッシュバックがもらえます。手続きは申し込み時に口座情報を伝えるだけとシンプルで、振り込みも最短1ヶ月後と早いです。

NNコミュニケーションズのキャンペーン内容

  • 42,000円キャッシュバック
  • オプション加入不要
  • 申し込む際に口座情報を伝えるだけ(SMSでも登録可能)
  • 振り込みはドコモ光が開通した最短1ヶ月後

NNコミュニケーションズではニフティ以外のプロバイダでもドコモ光を申し込めますので、どのプロバイダが良いかわからない方・お悩みの方は是非相談してみてください^^

なお、ニフティ以外のプロバイダが気になる方は、以下の記事を参考にしてみてください。
ドコモ光のプロバイダは速度・キャンペーンで選ぶとどこがおすすめ?

ドコモ光×ニフティと@nifty光の違いは?

@nifty光引用元 NEXTのキャンペーンサイトより

プロバイダのニフティ(@nifty)は自社で@nifty光という光コラボも提供していますが、ドコモ光×ニフティと@nifty光にはどんな違いがあるのか見てみましょう。

なお、どちらもプロバイダは同じニフティのため、ここでは速い・遅いではなく、料金やキャンペーンで比較していきます。

月額料金・初期費用・セット割などで比較

ドコモ光×ニフティ@nifty光
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
戸建て:5,060円
(37ヶ月目~:5,720円)
マンション:3,828円
(37ヶ月目~:4,378円)
初期工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
→ キャンペーンで無料
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
事務手数料3,300円3,300円
契約期間2年3年
解約金戸建て:5,500円
マンション:4,180円
戸建て:4,840円
マンション:3,630円

月額料金で比較

月額料金で比較したば場合、@nifty光は最初の36ヶ月間は割引が適用されるため、ドコモ光×ニフティよりも@nifty光の方が安い料金設定になっています(割引は新規申し込み時のみ)。

37ヶ月目以降になると通常料金になりますが、それでも戸建てタイプは同額、マンションタイプは22円安いため、ドコモ光×ニフティよりも@nifty光の方がお得です。

初期工事費で比較

工事費は、ドコモ光はキャンペーンによって完全無料になりますが、@nifty光では工事費無料キャンペーンが行われていません。そのため、@nifty光は月額料金に工事費がプラスされます。

ただ、フレッツ光からの転用や、他の光コラボからの事業者変更といった乗り換えの場合は工事費がかかりません。

契約期間・解約金で比較

契約期間は、ドコモ光が2年、@nifty光が3年になっています。

更新月以外に解約した場合は解約金がかかりますが、戸建てタイプ・マンションタイプどちらも@nifty光の方が若干安いです。

プロバイダのニフティ(@nifty)にこだわるなら「@nifty光」の方がおすすめ

ドコモ光×ニフティと@nifty光を月額料金・初期工事費・契約期間・解約金で比較してみましたが、ドコモ光×ニフティよりもnifty光の方がおすすめです。

月額料金で見た場合、@nifty光は最初の36ヶ月間は割引が適用され、ドコモ光よりも最大で660円安く使えます。ただし、@nifty光は工事費が自己負担になるため、最大19,800円の工事費が発生した場合には、月額料金はドコモ光とほぼ同額になってしまいます。

また、『ドコモ光×ニフティは速度が遅い』という評判があることを紹介しましたが、@nifty光もプロバイダは当然ニフティ(@nifty)のため、同じように遅いという評判はあるにはあります。

こちらの記事では、@nifty光の評判やサービス内容について解説していますので、@nifty光を検討中の方は参考にしてみてください。

ドコモ光×ニフティについてよくある質問

『ドコモ光×ニフティは遅い』って聞くけどどうなの?

この記事でも解説していますが、『ドコモ光×ニフティは遅い』という評判はそこまで多くないです。遅いという評判はあるにはありますが、速いと言っている方も多くいます。

詳しくは「『ドコモ光×ニフティは遅い』という評判は本当?」をご覧ください。

ドコモ光×ニフティではルーターの無料レンタルを行っていますか?

ドコモ光×ニフティではルーターの無料レンタルを行っています。

ドコモ光×ニフティの契約期間中であれば、WiFiルーターかWiFi中継器を無料でレンタルできます。

ドコモ光×ニフティの解約方法は?

ドコモ光×ニフティを解約するには、ドコモインフォメーションセンターへ連絡するドコモショップへ行って手続きを行うかのどちらかです。

  • ドコモインフォメーションセンター(0120-800-000)へ電話をする。
  • またはドコモショップへ行く。

プロバイダによってはプロバイダへの解約手続きも必要な場合がありますが、ニフティの場合は必要ありません。

ドコモ光のプロバイダをニフティから変更できる?

ドコモ光ではプロバイダの変更が可能のため、ニフティ(@nifty)から他のプロバイダへ変更できます。

プロバイダの変更はドコモインフォメーションセンターへ電話、またはドコモショップで行えます。プロバイダを変更する際は、ドコモのネットワーク暗証番号や光回線契約者IDなどの契約者情報が必要です。

  • ドコモインフォメーションセンター(0120-800-000)へ電話をする
  • ドコモショップへ行く

プロバイダの変更方法や費用などの詳細はこちらをご覧ください。
ドコモ光のプロバイダは速度・キャンペーンで選ぶとどこがおすすめ?

まとめ

今回は、ドコモ光×ニフティについての速度の評判や、サービス内容やキャンペーン、@nifty光との違いについて解説してきました。

ニフティ(@nifty)は大手プロバイダではあるものの、際立って良いというわけではないということが分かりましたね。

今回紹介した内容を参考に、ご自身の使い方や目的にマッチしたネット回線を見つけてくだいね^^

なお、以下の記事では、速度が速い光回線、転用・事業者変更におすすめの光コラボ、料金が安い光コラボ、について解説していますので、是非参考にしてみてください。

こちらの記事もご参考に!

  • 速度が速い光回線をお探しの方は ⇒ こちら
  • フレッツ光からの転用(乗り換え)を検討中の方は ⇒ こちら
  • 光コラボからの事業者変更(乗り換え)を検討中の方は ⇒ こちら
  • 料金が安い光コラボをお探しの方は ⇒ こちら

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています