JCOMの評判からわかる5つの注意点とメリット・デメリットを解説

JCOMの評判からわかる5つの注意点とメリット・デメリットを解説

JCOMを検討中でしょうか?

ケーブルテレビの中では一番の知名度がある「JCOM(ジェイコム)」。テレビ視聴とインターネット利用を考えた時に、JCOMは候補として挙がってくると思います。

しかし…

『JCOMは速度が遅い』
『JCOMは月額料金が高い』

などの悪い評判や口コミがあり、実際にそんな悪評を目にしてしまいJCOMの利用をためらっている人も少なくないと思います。

この記事では、JCOMの評判や口コミからわかるメリット・デメリットと、JCOMがどんな人に向いているのか?をお伝えします。

※表記している価格は税込みです。

JCOMユーザーの評判は?

JCOMユーザーからは割とネガティブな評判や口コミが目立ちます。

『回線速度が遅い』『月額料金が高い』という不満の声は、光回線を利用する上でかなりの参考意見です。

ただ、もちろん全てのユーザーがこのように言っているわけではなく、速度の遅さや料金や解約金の高さは、料金プランの改定や法改正によって改善されています。そのため、今後はこのような評判も減ってくるかもしれません。

それでは、それぞれの評判について見ていきましょう。

評判1.回線速度が遅い

JCOMの評判で一番目立つのが速度の遅さについてで、Twitterでも結構書き込まれています。

JCOMのメインはケーブルテレビ(テレビサービス)なので、ケーブルテレビ回線はテレビ番組や専門チャンネルなどの放送サービスを見るための設備です。そのため、通常の光回線とは異なるため『インターネットの速度が遅い』というのは致し方ありません。

ただ、近年はauひかりの設備を使った光回線サービスも提供しているため、以前に比べて『速度が遅い』という不満は減ってきました。まぁ、まだまだ多いですが…^^ゞ

通信技術は違いますが、以前のADSLが遅いのもそもそも電話のための回線ですからね。

光コラボやフレッツ光などの光回線とは異なり、JCOMのケーブルテレビ回線では最大速度が320Mbps・120Mbps・12Mbpsなど低速のインターネットサービスも提供されています。

120Mbps以下のサービスは2022年3月をもって新規受付を終了しましたが、それ以前に申し込んだ利用者が多いため現在でも『遅い』という評判が多いのだと思います。

先ほどもお伝えしたように、JCOMではauひかりの設備を使った1Gbpsサービスが提供されていますが、auひかり回線とは別に、ケーブルテレビ回線を使った1Gbpsのサービスもあります。

ケーブルテレビ回線は、下り速度こそ最大1Gbpsですが上り速度は最大100Mbpsのため、中には『ブログに写真がアップできない』『YouTube配信ができない』などの嘆きの声も…。

ちなみに僕の知り合いでもJCOMを使っている人が何人かいましたが、1人はドコモ光に乗り換えたことで速度がかなり改善したみたいで、もう1人は2Mbpsの速度で頑張って使い続けていました…^^;

なお、最大1Gbpsのインターネットが「JCOMのケーブルテレビ回線で使える」か「auひかりの光回線で使える」かは、利用する地域によって異なります。auひかり回線を使った10G・5Gコースが使える地域も含めてまとめてみましたので、良かったら参考にしてください。

地域auひかり回線JCOM回線
光10G・5Gコース光1Gコース NET 1Gコース
北海道JCOM札幌
宮城JCOM仙台
埼玉JCOM熊谷・深谷
JCOM東上・川越
JCOMさいたま
JCOM川口・戸田
JCOM所沢
JCOM埼玉県央
JCOM草加
JCOM越谷・春日部
千葉JCOM市川・浦安
JCOM東葛・葛飾
JCOMYY船橋習志野
JCOM千葉セントラル
JCOM木更津
JCOM東関東
神奈川JCOM湘南・鎌倉
JCOM西湘
JCOM南横浜
JCOM横浜
JCOM町田・川崎
JCOMかながわセントラル
JCOM相模原・大和
JCOM小田原
JCOM横須賀
茨城JCOM茨城
東京JCOM杉並・中野
JCOM大田
JCOM武蔵野・三鷹
JCOM東葛・葛飾
JCOM八王子・日野
JCOM板橋・北
JCOM足立
JCOM多摩
JCOM調布
JCOM町田・川崎
JCOMすみだ・台東
JCOM世田谷
JCOM江戸川
JCOM港・新宿
JCOM西東京
JCOM東京 東エリア
JCOM東京 西エリア
群馬JCOM群馬
京都JCOM京都みやびじょん
大阪JCOMかわち
JCOM北大阪(吹田/豊中・池田)
JCOMりんくう
JCOM堺
JCOM和泉・泉大津
JCOM南大阪
JCOM大阪
JCOM大阪セントラル
JCOM北摂
JCOM北河内
JCOM高槻
JCOM東大阪
兵庫JCOM宝塚・川西
JCOM神戸・芦屋
JCOM神戸・三木
和歌山JCOM和歌山
山口JCOM下関
熊本JCOM熊本
福岡JCOM福岡
JCOM北九州
※2022年7月22日時点。

一方で、『速い』という人も増えてきている

ご覧いただいたように、JCOMの速度については『遅い』という評判が多いのが正直なところですが、全てのJCOMユーザーが遅いと言っているわけではありません。

中には、下り速度が500Mbps以上出ている人もいたり満足に使えている人からの評判もあります。

このように、200Mbpsや500Mbps以上の下り速度が出ている人や、フレッツ光からJCOMに乗り換えて速くなったという人も多くいます。

『JCOMってこんなに速いんだ!』という口コミもあり、きっとこの人も使う前は『JCOMは速度が遅い』と思っていたのかもしれません。嬉しい誤算ですね^^

JCOMの速度は、Twitter上の評判や口コミだけではなく、「みんなのネット回線速度」という様々なインターネット回線の実測速度を集計している口コミサイトでも証明されています。

サービス名平均下り速度平均上り速度平均Ping値
1キャッチネクスト613.08Mbps434.03Mbps15.47ms
2コミュファ光583.84Mbps509.54Mbps14.87ms
3eo光575.5Mbps465.33Mbps19.16ms
4TNCひかりdeネット539.34Mbps324.97Mbps12.81ms
5NURO光513.65Mbps469.48Mbps12.84ms
6JCOM NET光461.06Mbps369.86Mbps24.2ms
7auひかり460.26Mbps410.48Mbps17.79ms
8NCV光454.56Mbps408.51Mbps18.15ms
9スターキャット光437.55Mbps358.46Mbps13.91ms
10ピカラ光426.91Mbps370.38Mbps18.99ms
※2022年7月22日時点。

TOP10の中で広範囲で使える光回線はNURO光とauひかりぐらいで、他は地域限定の電力系回線かケーブルテレビの光回線です。その中でもJCOMは6位と上位にランクインしていて、何とauひかりの上を行っているのです^^

フレッツ光やNTTの回線設備を使った光コラボはTOP10に一つも入っていません…。

フレッツ光や光コラボは全国で使えるというメリットこそあるものの同じ設備(光ファイバー)を使っているため、契約者数の増加によって回線が混雑し速度が出にくいというデメリットがあります。

平均300Mbps以上の光コラボもありますがJCOMには遠く及びませんので、これからは光コラボよりもJCOMの利用を検討するのもありかもしれません。

評判2.月額料金が高い

『速度が遅い』という評判と同様に多いのが、『JCOMはサービスの割に料金が高い(そして遅い)』という評判です。

遅くて高いのは一番ダメだと思います…>_<

JCOMのインターネットサービスの料金プランは以下の4種類があります。

最大速度(下り/上り)戸建てタイプマンションタイプ
10GB(戸建て向け)10Gbps/10Gbps~12ヶ月目:4,907円
13ヶ月目~:6,886円
5GB(戸建て向け)5Gbps/5Gbps~12ヶ月目:4,049円
13ヶ月目~:6,028円
1GB1Gbps/1Gbps~12ヶ月目:3,500円
13ヶ月目~:5,478円
~6ヶ月目:1,900円
7ヶ月目~:5,258円
320MB320Mbps/10Mbps~12ヶ月目:3,500円
13ヶ月目~:4,928円
~6ヶ月目:1,900円
7ヶ月目~:4,708円

2022年3月までは120M・40M・12Mの低速プランもありましたが、現在はこちらの4種類です。以前はもっと料金が高かったのですが、現在は他の光回線と変わらないぐらいの料金体系になっています。

10GB・5GBは戸建てタイプのみと提供エリアは限られていて、マンションタイプの1GBプランは札幌・仙台・関東・関西・九州の一部エリアで利用可能です。

では、ユーザーから料金についての評判を見てみましょう。

『料金が高い』だけならまだしも、『高いわりに遅い』というダブルパンチの口コミもあります。

高いに加えて速度も遅かったらグチりたくなるのもごもっともです。JCOMを使っていた知り合いも相当グチっていました^^;

一方で、『安い』という人もいる

一方で、『JCOMに変えて安くなった』『電気やガスとまとめて安く使えている』など、料金に満足している人もいます。

以前のJCOMについては僕も高いというイメージが強かったですが、現在のプランを見る限りでは安いというイメージの方が勝っています。

ただ、昨今の光回線の料金はリーズナブル化が進んでいるため、それらと比較するとやや高いのが正直なところですが、光回線の相場よりは少し安くなっています(マンションタイプは高いです…)。

サービス名戸建てタイプマンションタイプ
JCOM~12ヶ月目:3,500円
13ヶ月目~:5,478円
~6ヶ月目:1,900円
7ヶ月目~:5,258円
ドコモ光5,720円4,400円
ソフトバンク光5,720円4,180円
auひかり5,500円3,740~5,720円
NURO光5,200円5,200円
So-net光プラス6,138円4,928円
@nifty光5,720円4,378円
ビッグローブ光5,478円4,378円
@スマート光4,730円3,630円
enひかり4,620円3,520円
※auひかりの戸建てタイプは3年間の平均です。マンションタイプは設備によって異なります。

JCOMはインターネット単体よりテレビ・電気・ガスなどとのセット利用がおすすめ

JCOMなどのケーブルテレビはテレビサービスをメインで提供しているため、インターネット単体で見た場合の料金は確かに高い傾向があります。

そのため、JCOMはインターネット単体で利用するよりもテレビ・固定電話・電気・ガスとのセット利用がおすすめです。

最大速度が1Gbpsと320Mbpsの主なセットプランは以下のとおりです。

【速度が最大1Gbpsの主なセットプラン】

プランNETTV電話電気ガス
戸建てタイプマンションタイプ
スマートお得セレクト1G(TV+NETコース)
~12ヶ月:5,082円
13ヶ月~:8,558円
~6ヶ月:2,970円
7ヶ月~:7,300円
スマートお得NET 1G+PHONE



~12ヶ月:4,709円
13ヶ月~:6,688円
~6ヶ月:3,110円
7ヶ月~:6,468円
スマートお得セレクト NET1G + PHONE



~12ヶ月:6,129円
13ヶ月~:9,605円
~6ヶ月:4,227円
7ヶ月~:8,558円
スマートお得セレクト NET1G + PHONE・電力
~12ヶ月:5,799円
~24ヶ月:9,275円
25ヶ月~:9,605円
~6ヶ月:3,897円
~12ヶ月:8,228円
13ヶ月~:8,558円
スマートお得セレクト NET1G + PHONE ガスセット~12ヶ月:6,019円
13ヶ月~:9,495円
~6ヶ月:4,117円
7ヶ月~:8,448円
スマートお得セレクト NET1G + PHONE ガスセット・電力~12ヶ月:5,689円
~24ヶ月:9,165円
25ヶ月~:9,495円
~6ヶ月:3,787円
~12ヶ月:8,118円
13ヶ月~:8,448円
※テレビは「セレクト」プランの場合。

【速度が最大320Mbpsの主なセットプラン】

プランNETTV電話電気ガス
戸建てタイプマンションタイプ
スマートお得セレクト320M(TV+NETコース)
~12ヶ月:5,082円
13ヶ月~:8,008円
~6ヶ月:2,970円
7ヶ月~:6,750円
スマートお得NET 320+PHONE



~12ヶ月:4,709円
13ヶ月~:6,138円
~6ヶ月:3,110円
7ヶ月~:5,918円
スマートお得セレクト NET320M + PHONE



~12ヶ月:6,129円
13ヶ月~:9,055円
~6ヶ月:4,227円
7ヶ月~:8,008円
スマートお得セレクト NET320M + PHONE・電力
~12ヶ月:5,799円
~24ヶ月:8,725円
25ヶ月~:9,055円
~6ヶ月:3,897円
~12ヶ月:7,678円
13ヶ月~:8,008円
スマートお得セレクト NET320M + PHONE ガスセット~12ヶ月:6,019円
13ヶ月~:8,945円
~6ヶ月:4,117円
7ヶ月~:7,898円
スマートお得セレクト NET320M + PHONE ガスセット・電力~12ヶ月:5,689円
~24ヶ月:8,615円
25ヶ月~:8,945円
~6ヶ月:3,787円
~12ヶ月:7,568円
13ヶ月~:7,898円
※テレビは「セレクト」プランの場合。

インターネット単体の月額料金と比較しても、テレビ・固定電話・ガスなどとセットで使う方がお得ということが分かりますね。

ただし、ご注意いただきたいのは、インターネットのみで使うのと同じく、戸建てタイプは13ヶ月目以降、マンションタイプは7ヶ月目以降に料金が上がってしまう点です。

JCOMでは「WEB限定スタート割」というキャンペーンによって、戸建てタイプは12ヶ月、マンションタイプは6ヶ月間、月額料金が2,000円~3,000円ほど割引されるため安く利用できます。しかし、割引終了後は通常料金に戻ってしまいます。それでも、セットプランは安いですけどね^^

実際に、JCOMで電気やガスなどをまとめたことで安くなったという方や、支払いがまとめられることにメリットを感じている方からの口コミがありました。

固定電話・電気・ガスといった家庭インフラの支払いをまとめることができるため、『請求が別々で面倒だから一緒にしたい』という人にはJCOMのセットプランは重宝すると思いますよ。

評判3.解約金が高い

『JCOMは解約金が高い』という評判も多くありました。

人によって言っている解約金の金額が異なり、40,000円とかなり高額な解約金を請求された人もいるみたいです。

『実際のところ、いくらなんだろう?』と思いJCOMの公式サイトで探してみましたが、なかなか見当たらず…。色々と探してみると深~いところにありましたが、JCOMの解約金はプランによって異なるようです。

なお、Twitterにもあるように20,000円や40,000円といった解約金が設定されていましたが、2022年7月の電気通信事業法の改正によって、2022年7月以降の申し込み分から解約金が大幅に安くなりました

戸建てタイプマンションタイプ
・スマートお得プラン+
・スマートお得プラン
・スマートお得プランフレックス
4,950円
【九州エリア限定】
・スマートもっとお得プラン+

・スマートもっとお得プラン
・スマートもっとお得プランフレックス
4,400円
・スマートお得セレクト1,100円/4,440円
・スマートお得プランミニ+
・スマートお得プランミニ
1,100円
・スマートお得NET3,850円

JCOMのプランは基本的に、戸建てタイプが2年の自動更新、マンションタイプが1年の自動更新になっていて、更新月(満了月+翌月)であれば無料解約が可能です。更新月以外に解約をすると上記の解約金がかかります。

この解約金とは別に10,780円もしくは4,950円の撤去工事費もかかりますが、自分で撤去やレンタル機器の返却をする場合は撤去工事費はかかりません(機器の返却費用はかかります)。

以前に比べたらJCOMの解約金はかなり安くなりましたので、今後は『解約金が高い…』という評判や口コミも少しは減ってくるかもしれません。

戸建てタイプマンションタイプ
・スマートお得プラン+
・スマートお得プラン
・スマートお得プランフレックス
22,000円11,000円
【九州エリア限定】
・スマートもっとお得プラン+

・スマートもっとお得プラン
・スマートもっとお得プランフレックス
13ヶ月未満:38,500円
13~25ヶ月未満:27,500円
25~36ヶ月未満:16,500円
27,500円
・スマートお得セレクト16,500円/4,950円11,000円/3,850円
・スマートお得プランミニ+
・スマートお得プランミニ
9,350円3,850円
・お得NET3,850円

評判4.点検という名目で営業が来る

「点検」と称し営業マンが自宅に来てセールスを受けた人も多くいるようです。

これはちょっと気味が悪いですね…。

ちなみに、僕が以前に住んでいた所でも建物の各階に張り紙がしてあって、ポストに点検の希望日時を記入して郵送する用紙が入っていました(大家さんが集合住宅向けのJCOM設備を入れたようです)。

どうせ営業だろうと分かっていたので話だけ聞くつもりでしたが、テレビを置いてないのと、テレビ線の挿し込み口を宅内工事で変えないとダメらしく営業もされず数分で帰っていきました^^;

なお、この点検は強制じゃなくて任意なので受けなくても良いようです。時間のムダなので受けなきゃ良かったですが、ブログのネタになったので、まぁ良しとしましょう。

評判5.公式サイトがわかりづらい

僕もJCOMの公式サイトを見て思ったのが、テレビのチャンネルや電話とのセットプランばかりが目立つようになっていて正直わかりづらいと思いました。

実際に先ほど紹介した解約金を調べるのにも結構苦労しました。何時間かかったんだろう^^;

果たして、これからJCOMを申し込もうと思っている人は公式サイトを見てわかるんでしょうか?

JCOMのメリット・デメリットが知りたい

ここまでは、JCOMユーザーからの評判や口コミをお伝えしてきましたが、JCOMを使う上でのメリット・デメリットを一度まとめておきます。

メリットは4つ

JCOMのメリット

  • 地デジの電波が届かない(もしくは悪い)地域でも地デジ放送を視聴できる
  • インターネット単体より、テレビ・固定電話・電気・ガスなどとのセット利用が割安
  • テレビサービスだけでも申し込みができる(フレッツ・テレビはできない)
  • auやUQモバイルとのセット割が組める

デメリットは2つ

JCOMのデメリット

  • 『インターネットの速度が遅い』という評判が多い
  • 月額料金がやや高い

JCOMはテレビサービス以外にも、インターネット、固定電話、電気、ガス、といったインフラ系のサービスを展開しているため、「まとめて使える」や「支払い先を一本化できる」という便利さがあります。

気になるのは、『インターネットの速度が遅い』という評判が目立つ点です。

ただ、auやUQモバイルとのセット割が組めたり、エリアによっては最大10Gbpsの光回線も使えますので、インターネット以外にテレビや電気などの利用も検討している人は選択肢に入れるのもアリかもしれません。

よくある質問

JCOMのネットの評判は?

この記事でも解説しているように、JCOMのネットを使っている人からは『速度が遅い』『料金や解約金が高い』などのネガティブな評判が目立ちます

ただし、最近はプラン(料金・速度)や解約金が改定されたため、今後はこのような評判も減ってくるかもしれません。

JCOMの評判についてはこちらをご覧ください。

JCOMはどんな人におすすめですか?

JCOMユーザーの評判や口コミ、メリット・デメリットを見る限り、JCOMは以下のような人におすすめです。

  • インターネットが利用できれば良い
  • 地デジ放送や専門チャンネルを見るのがメイン
  • アンテナで地デジ放送が見れない地域で、フレッツ・テレビも使えない地域に住んでいる
  • インターネット以外のテレビ・電気・ガスなどのインフラ系をまとめたい

まとめ

今回は、JCOMユーザーの評判や口コミ、メリット・デメリット、について解説してきました。

選択肢がJCOMしかないという地域であれば、JCOMでも仕方がないと思います。また、アパートやマンションにJCOMの設備が入っていて、オーナーさんからJCOM以外の許可が下りないという場合も同様です。

しかし、インターネット回線の選択肢としてJCOM以外も選べる状態であるなら、JCOMと比較してみるのも良いかもしれません。

月額料金が安いインターネット回線や工事費無料やキャッシュバックなどのキャンペーンがある方が良い、という人にはこちらの記事を参考にしてみてください^^

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*