JCOMの評判からわかる5つの注意点とメリット・デメリットを解説

JCOMの評判からわかる5つの注意点とメリット・デメリットを解説

JCOMを検討中でしょうか?

ケーブルテレビの中では一番の知名度がある「JCOM(ジェイコム)」。テレビ視聴とインターネット利用を考えた時に、JCOMは候補として挙がってくると思います。

しかし、JCOMはユーザーから悪い評判が多く、料金も他のインターネット回線と比較すると高めだったりします。そこをちゃんと理解し、ご自身に合っているサービスなのか分かった上で申し込まないと無駄にお金をかけることになってしまいます。

この記事では、JCOMの評判や口コミからわかるメリット・デメリットと、JCOMがどんな人に向いているのか?をお伝えします。

※表記している価格は税込みです。

JCOMユーザーの評判は?

評判1.回線速度が遅い

JCOMの評判で圧倒的に多いのが速度の遅さについてです。

Twitterで探してみても『こんなにあるの?』というほど、わんさか出てきます。

JCOMはケーブルテレビなので、テレビ番組や専門チャンネルなどの放送サービスを見るための設備です。そのため、インターネットが遅いというのは分かるんですが、それにしてもこんなに悪評が多いとは…。

通信技術は違いますが、以前のADSLが遅いのもそもそも電話のための回線ですからね。


光コラボやフレッツ光などの通常の光回線とは異なり、JCOMなどのケーブルテレビでは最大速度が320Mbps・120Mbpsなどのサービスも提供されています。

JCOMでもauひかりの設備を使った1Gbpsサービスが提供されていますが、提供エリアが限られているため、JCOM利用者の多くは最大320Mbpsしか利用できない状況です。

そのことが原因で、ユーザーからも『JCOMは遅い』という悪い評判が多く挙がっているのだと思います。

ちなみに僕の知り合いでもJCOMを使っている人が何人かいましたが、1人はドコモ光に乗り換えたことで速度がかなり改善したみたいですが、もう1人は2Mbpsの速度で頑張って使い続けていました…^^;

一方で速度に不満なく使えている人も

しかし、全てのJCOMユーザーが遅いと言っているわけではなく、中には200Mbps以上出ていたり、満足に使えている方もいるようです。


このように、1人目と3人目の方は320Mbpsのプランでも240Mbpsや195Mbpsの速度で使えています

インターネットは、JCOMに限らずどのインターネットサービス(光回線・モバイルWiFiなど)もベストエフォート型という方式で提供されています。これは「最大速度を出せるように頑張るけど保障はしません」という方式です。

そのため、最大1Gbps・最大320Mbpsであってもそれはあくまでも規格値であって、実際にインターネットを利用する際の速度は大体10分の1~5分の1程度とされています。

ですので、最大320Mbpsのプランで240Mbpsや195Mbpsも出ている方はかなりレアケースで、1Gbpsのプランよりも月額料金が安いためコスパ良く使えていますね^^

評判2.月額料金が高い

『速度が遅い』という評判と同様に多いのが、『JCOMはサービスの割に料金が高い(そして遅い)』という評判です。

遅くて高いのは一番ダメだと思います…>_<

ちなみに、JCOMのインターネットサービスの料金プランは以下の7種類があります。戸建て向けのみ10GB・5GB・1GBが選べますが、提供エリアは限られています。

月額料金は他のインターネット回線と比べても割高ですね…。

最大速度(下り/上り)月額料金
10GB(戸建て向け)10Gbps/10Gbps8,756円
5GB(戸建て向け)5Gbps/5Gbps7,898円
1GB(戸建て向け)1Gbps/1Gbps7,348円
320MB320Mbps/10Mbps6,798円

2022年3月までは120M・40M・12Mの低速プランもありましたが、現在はこちらの4種類です。

それでは、ユーザーの声を見てみましょう。


『速度が遅い』だけでなく、『高い』という評判もわんさかあります。

JCOMなどのケーブルテレビはテレビサービスをメインで提供しているため、インターネット単体で見た場合の料金は確かに高いです。

高い割に速度も遅かったらグチりたくなるのもごもっともです。JCOMを使っていた知り合いも相当グチってました^^;

ただ、JCOMはインターネット単体ではなく、テレビ・固定電話・ガス・電気などがセットになったプランがあり、セットで使う方がおすすめです。

JCOMはインターネット単体よりテレビやガスなどとのセット利用がおすすめ

お伝えしているように、JCOMはテレビサービスをメインに事業展開している会社のため、インターネット単体で利用するよりもテレビ・固定電話・ガスなどとセット利用の方がおすすめです。

最大速度が1Gbpsと320Mbpsの主なセットプランは以下のとおりです。

【速度が最大1Gbpsの主なセットプラン】

プランインターネットテレビ固定電話電気ガス
月額料金
スマートお得セレクト NET1G
1年目:5,412円
2年目~:8,338円
お得NET 1G+PHONE



1年目:5,259円
2年目~:6,688円
スマートお得セレクト NET1G + PHONE



1年目:6,085円
2年目~:9,385円
スマートお得プラン1G
(PHONEコース)・電力

1年目:5,755円
2年目:9,055円
3年目~:9,385円
スマートお得セレクト NET1G + PHONE ガスセット1年目:5,975円
2年目~:9,275円
スマートお得セレクト NET1G + PHONE
ガスセット・電力
1年目:5,645円
2年目:8,945円
3年目~:9,275円
※テレビは視聴チャンネル数が36チャンネルの場合。

【速度が最大320Mbpsの主なセットプラン】

プランインターネットテレビ固定電話電気ガス
月額料金
スマートお得セレクト NET320M1年目:4,862円
2年目~:7,788円
お得NET 320+PHONE1年目:4,709円
2年目~:6,138円
スマートお得セレクト NET320M + PHONE1年目:5,535円
2年目~:8,835円
スマートお得セレクト NET320M + PHONE・電力1年目:5,205円
2年目:8,505円
3年目~:8,835円
スマートお得セレクト NET320M + PHONE ガスセット1年目:4,932円
2年目~:8,725円
スマートお得セレクト NET320M + PHONE ガスセット・電力1年目:5,095円
2年目:8,395円
3年目~:8,725円
※テレビは視聴チャンネル数が36チャンネルの場合。

インターネット単体で利用する際の月額料金(最大1Gbps:7,348円/最大320Mbps:6,798円)と比較しても、テレビやガスなどとセットで使う方がお得に使えることが分かりますね。

実際に、JCOMで電気やガスなどをまとめたことで安くなったという方や、支払いがまとめられることにメリットを感じている方からの書き込みがありました。


ただし、ご注意いただきたいのは、2年目以降になると料金が上がってしまうという点です。

JCOMでは「WEB限定スタート割」というキャンペーンが行われていて、月額料金が2,000円~3,000円ほど割引されるため安く利用できます。しかし、この割引が適用されるのは1年目のみで、2年目以降は通常料金で利用することになってしまうのです。

Twitterにもありましたが、固定電話・電気・ガスといった家庭インフラの支払いをまとめることができるため、『請求が別々で面倒だから一緒にしたい』という場合にはJCOMのセットプランは重宝すると思いますよ。

評判3.解約金が高い


『JCOMは解約金が高い』という評判も多くありました。

いくらなんだろう?と思いJCOMの公式サイトで探してみましたが、なかなか見当たらず…。色々探して、深~いところにありました。

JCOMの解約金はプランや住居タイプによって異なるようです。

戸建てタイプマンションタイプ
・スマートお得プラン+
・スマートお得プラン
・スマートお得プランフレックス
22,000円11,000円
【九州エリア限定】
・スマートもっとお得プラン+

・スマートもっとお得プラン
・スマートもっとお得プランフレックス
13ヶ月未満:38,500円
13~25ヶ月未満:27,500円
25~36ヶ月未満:16,500円
27,500円
・スマートお得セレクト16,500円/4,950円11,000円/3,850円
・スマートお得プランミニ+
・スマートお得プランミニ
9,350円3,850円
・お得NET3,850円

JCOMのプランは2年の自動更新ですが、更新月以外に解約をする場合には、3,850円~38,500円の解約金が発生します。

口コミでは11,000円の解約金の人が多かった印象ですが、この解約金とは別に10,780円もしくは5,280円の解約撤去費用もかかりますので、更新月以外に解約する場合は15,000円~30,000円ぐらいの費用がかかると思っておきましょう。高いですね…。

評判4.点検という名の営業が来る


このように、「点検」と称し自宅に訪問してきてセールスを受けた方も多くいるようです。ちょっと気味が悪い気もします…。

ちなみに、僕が以前に住んでいた所でも建物の各階に張り紙と、ポストに点検の希望日時を記入して郵送する用紙が入っていました(大家さんが集合住宅向けのJCOM設備を入れたようです)。

どうせ営業だろうと分かっていたので話だけ聞くつもりでしたが、テレビ置いてないのと、テレビ線の挿し口を宅内工事で変えないとダメらしく営業もなく数分で帰っていきました^^;

なお、この点検は強制じゃなくて任意なので受けなくても良いようです。時間のムダなので受けなきゃよかったですが、ブログのネタになったので、まぁ良しとしましょう.。

評判5.公式サイトがわかりづらい

僕もJCOMの公式サイトを見て思ったのが、テレビのチャンネルや電話とのセットプランばかりが目立つようになっていて正直わかりづらいと思いました。

実際に先ほどご紹介した解約金を調べるのにも結構苦労しました^^;

果たして、これからJCOMを申し込もうと思っている人は公式サイトを見てわかるんでしょうか?

JCOMのメリット・デメリットが知りたい

ユーザーの評判と口コミをお伝えしてきましたが、JCOMを使う上でのメリット・デメリットを一度まとめておきます。

メリットは4つ

JCOMのメリット

  • 地デジの電波が届かない(もしくは悪い)地域でも地デジ放送を見ることができる。
  • インターネット単体より、テレビ・固定電話・電気・ガスなどとセットで使う方が割安。
  • テレビサービスだけでも申し込みができる(フレッツ・テレビはできない)。
  • auやUQモバイルとのセット割が組める。

デメリットは3つ

JCOMのデメリット

  • インターネットの回線速度が遅い。
  • 月額料金が高い。
  • 解約金が高い。

JCOMはテレビサービス以外にも、インターネット、固定電話、電気、ガス、といったインフラ系のサービスを展開しているため、「まとめて使える(申し込める)」という便利さがあります。ただ、インターネット単体で見た場合には他の光回線よりも速度が遅く、料金も割高、というマイナスポイントがあるのも正直なところです。

しかし、auやUQモバイルとのセット割が組めたり、エリアによっては最大1Gbpsの光回線が使えたりもしますので、「1Gbpsの提供エリア内で、インターネット以外にテレビや電気などの利用も検討している」という人は選択肢に入れてみるのもありかもしれません。

まとめ

今回は、JCOMユーザーの評判や口コミ、メリット・デメリットを見てきましたが、個人的にはJCOMはこんな人に向いていると思います。

  • 地デジ放送や専門チャンネルを見るのがメイン
  • アンテナで地デジ放送が見れない地域で、フレッツ・テレビも使えない地域に住んでいる
  • インターネット以外のテレビ・電気・ガスなどのインフラ系をまとめたい

選択肢がJCOMしかないという地域であれば、インターネットがJCOMでも仕方がないと思います。また、アパート・マンションでJCOMの設備が入っていて、オーナーさんからJCOM以外の許可が下りないという場合も同様です。

しかし、インターネット回線の選択肢としてJCOM以外も選べる状態であるなら、あえてJCOMを選ぶ必要性はないと思います。

もし、できるだけ月額料金を安くできるインターネット回線や、工事費が無料などキャンペーンがある方が良い、という人にはこちらの記事が参考になりますよ^^

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*