ケーブルテレビのインターネットのメリット・デメリットは?光回線と何が違うの?

ケーブルテレビのインターネットのメリット・デメリットは?光回線と何が違うの?

自宅に固定回線を導入しようを考えた際、まず最初に思い浮かぶのが光回線ですが、ケーブルテレビ(CATV)という選択肢もあるので、どちらにしようか迷っている方も多いでしょう。

ケーブルテレビ(CATV)と光回線の違いやメリット・デメリットを理解した上でどちらを選ぶか決めたいですよね。

今回はそんなケーブルテレビ(CATV)のインターネットについて詳しく解説していきます。

ケーブルテレビのインターネットの仕組み

本来、テレビはアンテナから電波を受信することで放送を行いますが、ケーブルテレビでは電波が受信しにくい山岳地帯や高層ビルが多い地域などで、ケーブルを用いてテレビ放送を視聴できるようにするサービスです。

このテレビ放送で使用しているケーブルとインターネット回線で使用する光ケーブルを組み合わせることによって、ネットに接続することができる仕組みになっています。

インターネットサービスを提供している代表的なケーブルテレビには、以下のようなものが挙げられます。

  • JCOM
  • イッツコム
  • Baycom
  • 中部テレコミュニケーション

ケーブルテレビ局は地域ごとに放送局を立ち上げており、インターネットサービスを利用する場合には、お住まいの地域のケーブルテレビ局のサービスを利用する必要があります。

光回線とは何が違うのか

光回線とケーブルテレビ(CATV)の大きな違いとしては、インターネットに接続するための設備が挙げられます。

ケーブルテレビでは、テレビ放送で使用する同軸ケーブルに加えて、光ケーブルを組み合わせることによって、インターネットに接続しています。

一方、光回線は光ケーブルを直接家に引き込み、光信号によって情報を伝達することでインターネットに接続しています。

どちらも光ケーブルを使用しているサービスではありますが、ケーブルテレビの場合、放送局から各家付近の変換器までは光ケーブルで繋いでいるものの、変換器から家までは同軸ケーブルで接続されています。

同軸ケーブルでは電気信号によって情報が伝達させるため、光回線よりも通信速度が劣ってしまう傾向があります。

ケーブルテレビのインターネットの評判

ケーブルテレビのインターネットの評判をチェックしていきます。

実際の利用者の声を確認しながら「通信速度」や「料金」「利便性」などを判断してみましょう。

通信速度については、良い評判・悪い評判共に見られました。

加入プランによって通信速度も異なるため、そういった影響もありそうですね。

ケーブルテレビのインターネットのメリット

ケーブルテレビのインターネットのメリットは以下の5点です。

  • 他サービスとのセット割がお得
  • 有線接続で通信が安定する
  • アンテナなしでテレビが視聴できる
  • 光回線のエリア外でも利用できる
  • フレッツ・テレビが使えないエリアでもテレビ視聴が可能

それでは1つずつ詳しくみていきます。

他サービスとのセット割がお得

ケーブルテレビのインターネットは、ネットの他にケーブルテレビ、固定電話、格安スマホ、スマートホーム、電気・ガスなど、さまざまなサービスも同時に提供されています。

各サービスをセットで加入することで、お得なセット割引が適用されるため、月々の料金を安く抑えることが可能です。

「ネット」+「ケーブルテレビ」+「固定電話」のセットで加入すると、月額料金が1,500〜2,000円割引になる特典を用意しているケーブルテレビも多いので、ネット以外のサービスも利用する方にとってお得な選択肢といえるでしょう。

ケーブルテレビや固定電話などを個別に契約するよりも、月々のコストを安く抑えられるのがケーブルテレビのインターネットの魅力です。

有線接続で通信が安定する

ケーブルテレビのインターネット回線は、電波ではなくテレビ放送で使われる同軸ケーブルを用いて接続しているため、通信の安定感に魅力があります。

Wi-Fiなどは電波状況によって速度や安定感が左右されてしまい、利用時の快適性に難がありますが、ケーブルテレビのインターネットなら問題なく使えるでしょう。

アンテナなしでテレビが視聴できる

地上波放送やBS放送を視聴するためには、アンテナが必要になってしまいます。

引越し先にアンテナ設備がない場合、テレビを見ることができなくなってしまいますし、アンテナ工事にもお金がかかってしまいます。

ケーブルテレビに加入すれば、アンテナ不要でテレビを視聴することができます。

しかも、地上波デジタルだけでなく、BS/CSといった衛星放送も有料チャンネルと契約するだけですぐに視聴可能です。

アンテナが不要なので、台風など悪天候の影響によって映像が乱れたりすることも心配せずに済みますし、電波の弱い地域でも問題なく視聴できます。

セット割というメリットもあるので、自宅のテレビをケーブルテレビにするのであれば、ネットもケーブルテレビで揃えるのがおすすめです。

光回線のエリア外でも利用ができる

光回線はサービスによって対応しているエリアが決まっています。

フレッツ光や光コラボのように全国展開しているサービスもあれば、NURO光のように大都市にしか提供していないサービスも存在します。

中には、お住まいのエリアが光回線のサービス提供範囲外だったというケースもあるはずです。

ケーブルテレビは地域ごとに放送局が設立されているため、対応地域のカバー範囲が広く、光回線がエリア外だった人でも利用できる可能性が高いです。

光回線に加入しようと思っていた中で、エリア外となった人はケーブルテレビのインターネットを検討してみてください。

フレッツ・テレビが使えないエリアでもテレビ視聴が可能

フレッツ・テレビはNTTが提供するテレビ視聴サービスで、地デジ・BS・CS放送がアンテナ不要で見られるサービスです。

ケーブルテレビに加入しなくても、こういったサービスを利用することで衛星放送などを視聴することが可能になっています。

しかし、中にはフレッツ・テレビが使えないエリアにお住まいの方もいるでしょう。

そういった方にとっては、ケーブルテレビがおすすめです。

ケーブルテレビのインターネットのデメリット

ケーブルテレビのインターネットのデメリットは以下の3点です。

  • 通信速度が遅い傾向にある
  • ネット単体だと料金が高い
  • 住んでいる地域によって加入できるサービスが限定される

それでは1つずつ詳しくみていきます。

通信速度が遅い傾向にある

ケーブルテレビのインターネットは、光ケーブルと同軸ケーブルを組み合わせた仕組みになっているため、光回線と比較して通信速度が遅い傾向にあります。

快適にインターネットを利用したい方や、オンラインゲームや動画視聴など通信速度が重要なサービスを利用したい方にとっては光回線の方が向いています。

ケーブルテレビのインターネットと光回線の通信速度を「みんなのネット回線速度」で調査したところ以下のようになっていました。

サービス名下り平均速度上り平均速度
J:COM132.56Mbps17.4Mbps
イッツコム61.69Mbps6.63Mbps
Baycom51.61Mbps7.01Mbps
NURO光414.02Mbps409.59Mbps
ソフトバンク光220.95Mbps168.27Mbps
フレッツ光204.4Mbps186.2Mbps

一覧で比較してみると、明らかなスペック差が確認できますね。

メールの閲覧やネットサーフィン程度の利用であれば、ケーブルテレビでも問題ありませんが、オンラインゲームや映画の視聴といった使い方だと、快適に使えない可能性があります。

ネット単体だと料金が高い

ケーブルテレビで提供されているインターネットは、他のサービスとのセット利用を前提にした料金設定になっているため、ネット単体だと料金は高くなってしまいます。

光回線だと月額料金は3,500〜5,000円程度なのが相場ですが、ケーブルテレビをネット単体で利用すると月額6,000円程度かかることもあります。

セット割を適用することで、ある程度安い料金でネットを使うことができるので、ネット単体での加入はあまりおすすめではありません。

住んでいる地域によって加入できるサービスが限定される

ケーブルテレビで提供されているサービスは、放送局によって対応するエリアが決められているため、住んでいる地域によって加入できるサービスが限定されてしまいます。

放送局によって提供されているサービスの質や料金にもバラつきがあるため、質の低いサービスに当たってしまう可能性もあります。

ケーブルテレビのインターネットの利用を検討している方は、お住まいの地域に対応した放送局のサービスをよく確認しておきましょう。

ケーブルテレビのインターネットはどんな人におすすめ?

ケーブルテレビのインターネットがおすすめなのは以下のような人です。

  • ケーブルテレビを利用する人
  • 自宅にテレビ視聴用のアンテナがない人
  • 光回線のエリア外だった人

通信速度を考慮すると、ネット単体でケーブルテレビを利用するというのは、あまりおすすめできる選択肢ではありません。

ただし、ケーブルテレビを利用する方であれば、セット割引も適用されるため、インターネットとの同時加入がおすすめです。

また、自宅にテレビ視聴用のアンテナがない人や光回線のエリア外になっている人など、光回線の代替サービスとしてケーブルテレビを選んでみるのもいいでしょう。

おすすめのケーブルテレビのインターネットは「JCOM」

J:COM NET
月額料金光10Gコース:7,960円
光5Gコース:7,180円
光1Gコース:6,680円
NET320Mコース:6,180円
NET120Mコース:5,680円
NET40Mコース:4,160円
NET12Mコース:3,160円
工事費5,000円
※対象プラン加入で無料

JCOMは東京都に本社を置くケーブルテレビ局で、テレビサービスの他にネット、スマホ、固定電話、電気、ガス、スマートホームといった多彩なサービスを展開しています。全国で展開しているので利用できるエリアも広いです。

インターネットには、通信速度ごとに種類が豊富なプランが用意されているので、用途や利用頻度に応じて自分に合ったサービスが選べます。

ネット単体では料金が割高になっていますが、セット割引も豊富に用意されています。

例えば、「光1Gコース」+「テレビ:36ch以上」にセット加入すると、通常7,580円のところ最初の12ヶ月間月額4,920円となります。

このようにセット割引によって光回線よりもお得な料金でサービスが利用できるようになっています。

ケーブルテレビのインターネットの利用を検討されている方は、是非JCOMに加入してみてください。

まとめ

ケーブルテレビのインターネットのメリット・デメリット、光回線との違いについて解説しました。

ネット単体で考えれば、光回線の方がコスト・スペック両面で優れているといえますが、テレビサービスとのセット割引などを考えるとケーブルテレビを選択した方が良いケースも存在します。

また、光回線がエリア外で使えない場合の代替サービスとして、ケーブルテレビのインターネットを選ぶというのもいいですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*