JCOM導入済み「JCOM IN MY ROOM」ってどんなサービスなの?

JCOM導入済み「JCOM IN MY ROOM」ってどんなサービスなの?

最近は『インターネットがないと生活できない!』というくらい、ネット環境が重要視されていますよね。

それによって、マンションやアパートでは「インターネット完備」という物件も増えてきています。そのような場合、インターネット料金は家賃に含まれていることが多いため、別途でインターネットの料金を払わなくていいことが多いです。

今回ご紹介する「JCOM In My Room」はまさにこれで、すでにJCOMの設備が導入されている物件のことを指します。ただ、このサービス自体が提供されてまだ年数が浅いため、認知度が低いのが正直なところです…。

そこで今回は、JCOM In My Roomのサービス内容やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

※表記している価格は税込みです。

JCOM導入済み物件「JCOM In My Room」とは?

JCOM In My Room引用元 JCOM公式サイトより

「JCOM In My Room」はすでにJCOMが導入されている物件のことを指しますが、まずはJCOMがどのようなサービスなのか見ていきます。

JCOMは「ケーブルテレビ」サービスをメインで行っている会社です。80チャンネル以上の豊富なCSチャンネルが視聴できるということもあり、現在利用している方や以前に利用されていた方も多いのではないでしょうか。

しかも、ケーブルテレビのサービスだけではなく、ケーブルテレビの回線を利用したインターネットサービスやその他のオプションサービスの提供も行っています。

  • JCOM NET(ケーブルテレビ回線利用)
  • JCOM TV(ケーブルテレビ回線利用)
  • JCOM PHONE(ケーブルテレビ回線利用)
  • JCOM 電力
  • JCOM ガス
  • JCOM MOBILE

主なサービスは上記の6つですが、この他にも保険や日々の暮らしに役立つサービスを提供しています。

「ケーブルテレビ回線」と聞くと遅いというイメージを持つ方もいると思いますが、最近ではケーブルテレビの「光ファイバー化」や、光回線の技術をケーブルテレビ回線に組み込んだ「光ハイブリッド」なども登場し、光回線と同等の速度で提供できるところまで通信速度も進化しています。

本来、「JCOM NET」「JCOM TV」「JCOM PHONE」の3つのサービスは、JCOMの設備を導入し、JCOMの利用しているサービスごとに料金を支払うというのが一般的です。

しかし、今回ご紹介するJCOM In My Roomでは、そもそもこのJCOMの設備が導入されているため、自分でJCOMの申し込みをすることなくJCOMのサービスを入居当初から利用できます

というのも、このJCOM In My Roomはマンションのオーナー向けに提供されているサービスで、『持っている物件の一棟全戸にJCOMを完備しませんか?』というのがJCOM In My Roomです。

入居時には既にJCOMが導入されているため、工事なども必要ありません。家賃にインターネットの利用料金が含まれている、もしくは、本来よりも安い特別料金で利用できるというのが僕たち利用者のメリットと言えます。

JCOM In My Roomのサービス内容

JCOM In My Roomでは、「JCOM NET「(インターネット)と「JCOM TV」(ケーブルテレビ)が無料または特別料金で利用可能です。

オーナーがJCOM In My Roomを契約する際に、インターネットの最大速度をどのくらいにするか、そして、チャンネル数はいくつ視聴できるようにするか、によって利用できるサービスは異なります。

インターネットの場合、プラス料金を払うことで速度アップが可能なケースもあります。また、テレビの場合は、見たいオプションチャンネルを追加したり、VODでドラマ・映画などの購入も可能です。

JCOM In My Roomが導入済み物件の検索方法

インターネットやテレビサービスが無料で使えるのは嬉しい限りで、『自分が住んでいる建物(あるいは引っ越し先)はJCOM In My Roomが導入されているのかな?』と気になった方も多いと思います。

お住まいの建物にJCOM In My Roomが導入されているかは、JCOMの公式サイトで簡単に検索ができます。

「ご検討中の方 お申し込み」ボタンからエリア検索画面に入り、郵便番号を入力したら建物タイプと番地を選択し、建物名の横に「InMyRoom」と表示されればJCOM In My Roomの導入済み物件です。

JCOM In My Roomが導入済みの集合住宅検索引用元 JCOM公式サイトより

物件によってはプラス料金で速度アップも可能

ちなみに、僕が済んでいるマンションにもJCOM In My Roomが導入されました。

JCOM In My Room(320Mコース無料)引用元 JCOM公式サイトより

無料で使えるのは最大320Mbpsの「320Mコース」ですが、最大1Gbpsの「1Gコース」に変更したい場合はプラス料金のみを払うことで変更可能とのことです。聞くには聞いたけど申し込んではいません^^

ただし、JCOM In My Roomの導入済み物件だからと言って、必ずしも最大1Gbpsへ速度アップできるというわけではありません。

他のマンションでも調べてみたのですが、「120Mコースまで無料/320Mコースまで利用可能」や「40Mコースまで無料/1Gコースまで利用可能」と、JCOM In My Roomの導入済み物件によって対応しているコースが違うのです。

JCOM In My Room(120Mコース無料)JCOM In My Room(40Mコース無料)引用元 JCOM公式サイトより

そのため、JCOM In My Roomを申し込む時は、「最大何Mbpsのコースが無料で利用できるか?」「最大何Mbpsまたは最大1Gbpsに対応しているか?」を確認するようにしましょう。

JCOM In My Roomのメリット・デメリット

では次に、JCOM In My Roomのメリット・デメリットについて見てみましょう。

ネットサービスを選ぶなら、メリットだけでなくデメリットもしっかり知っておく必要があります。

というのも、ネットサービスには最低利用期間があることが多く、最低利用期間を過ぎないで解約してしまうと解約金が発生してしまうので、実際利用してみて合わなかったらすぐ解約するということがしづらいです。

もちろんメリットも多くありますので、まずはメリットからご紹介していきます。

JCOM In My Roomのメリット3つ

JCOM In My Roomのメリットはこちらの3つです。

  1. JCOM NETとJCOM TVが無料または特別料金で利用可能
  2. auスマートバリューや自宅セット割で毎月のスマホ料金が割引
  3. アンテナ不要でCS放送が視聴可能

JCOM NETとJCOM TVが無料または特別料金で利用可能

JCOM In My Roomの最大のメリットは、既にお伝えしているようにJCOM NET(インターネット)とJCOM TV(ケーブルテレビ)が無料または特別料金で利用できるという点です。

無料で利用できるコースや視聴可能なチャンネル数は物件によって異なりますが、物件によってはプラス料金だけを払うことでインターネットの最大速度をアップできたり、視聴できるチャンネル数を増やせたりします。

そのため、自分でJCOMや他の光回線を契約するよりもかなり安上がりです^^

メリット2.auスマートバリューや自宅セット割で毎月のスマホ料金が割引

JCOM In My RoomではauまたはUQモバイルとのスマホセット割を組めます。

「auスマートバリュー」ではauスマホの料金が毎月最大1,100円割引、「自宅セット割」ではUQモバイルの料金が毎月638円~858円割引になります。

自分だけでなく家族のスマホ料金も最大10回線(au・UQモバイルの合計)まで割引してもらえるため、家族にauまたはUQモバイルユーザーが多いほどお得です^^

割引額はau・UQモバイルで契約しているプランによって異なります。

スマートフォン(5G/4G LTE)

料金プラン割引額
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)

※受付終了プラン
新auピタットプラン
1GBまで割引対象外
1GB超~7GBまで-550円/月
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G Netflixパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G Netflixパック
使い放題MAX 4G

※受付終了プラン
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G テレビパック
データMAX 5G Netflixパック(P)
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G with Amazonプライム
データMAX 5G
データMAX 4G LTE テレビパック
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
-1,100円/月
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GBまで-550円/月
※受付終了プラン
auピタットプランN(s)
auピタットプラン

auピタットプラン(s)
2GBまで
※(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外です。
-550円/月
2GB超~20GBまで-1,100円/月
※受付終了プラン
データ定額1
-1,027円/月
(3年目以降は-550円/月)
※受付終了プラン
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
-1,027円/月
※受付終了プラン
U18データ定額20
-1,551円/月
※受付終了プラン
データ定額5/8/20
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)
※受付終了プラン
データ定額10/13/30
-2,200円/月
(3年目以降は-1,027円/月)

ケータイ (4G LTE)

料金プラン割引額
※受付終了プラン
データ定額1(ケータイ)
-1,027円/月
(3年目以降は-550円/月)
※受付終了プラン
データ定額2/3(ケータイ)
-1,027円/月
※受付終了プラン
データ定額5/8(ケータイ)
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)
※受付終了プラン
データ定額10/13(ケータイ)
-2,200円/月
(3年目以降は-1,027円/月)

ケータイ (3G)

料金プラン割引額
カケホ(3Gケータイ・データ付)-1,027円/月

4G LTEタブレット/4G LTE対応PC

料金プラン割引額
タブレットプラン20

※受付終了プラン
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
-1,100円/月
※受付終了プラン
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)

対象プラン割引額
くりこしプラン+5G S638円
くりこしプラン+5G M
くりこしプラン+5G L858円

メリット3.アンテナ不要でCS放送が視聴可能

本来、CS放送を視聴するためにはアンテナが必要ですが、JCOM In My Roomでは元からJCOMの設備が導入されているためわざわざアンテナを立てる必要がありません

これは光回線の光テレビでも同じ(auひかり以外)ですが、「アンテナの工事費を支払わなくていい」「手間がかからない」という点はメリットと言えますね。

JCOM In My Roomのデメリット3つ

反対に、JCOM In My Roomには以下3つのデメリットがあります。

  1. 料金が高くなる可能性もある
  2. 通信速度が遅いコースしか使えない場合もある
  3. 引っ越しをする際に少し面倒

デメリット1.料金が高くなる可能性もある

JCOM In My Roomで料金が家賃に含まれている場合、通常より安い料金でJCOM NETとJCOM TVを利用することになります。

ただ、このような全戸一括型の特徴として、マンション棟内の戸数によって料金が上下するという難点が挙げられます。

そのため、実際どれくらいの料金で利用できるのかはマンションそれぞれによって違いますし、JCOM In My Roomの場合はインターネットの速度によって料金が異なります。

よって、料金の安定性を考えるとデメリットとなるかもしれない、ということを覚えておいたほうが良いですね。

デメリット2.通信速度が遅いコースしか使えない場合もある

JCOM In My Roomでは、オーナーがインターネットの速度を40Mbps/120Mbps/320Mbps/1Gbpsから選び、入居者がその速度で利用することになります。

そのため、最大速度が320Mbps以下のコースしか使えない場合には不便に感じるかもしれません。ただし、先ほどもお伝えしたようにプラスいくらかを払うことで速度アップができます(物件によって)。

なお、JCOM In My Roomに限らず最大速度は理論上の最大値で、利用時にその速度が出るというわけではありません。実際にインターネット接続する際の速度は、最大速度の10分の1くらい出れば良しと言ったところです。

デメリット3.引っ越しをする際に少し面倒

JCOMは様々なサービスを提供していることもあり、引っ越しをする際には以下のような手続きが必要です。

JCOMの引っ越し手順

  1. 引っ越しの申し込み
  2. 引っ越し内容の確認+撤去工事日の調整
  3. 引っ越しの連絡(ケーブルテレビ局間)
  4. 加入手続き、設置工事日の調整
  5. 撤去工事
  6. 設置工事

全部で6つの手順があるため結構面倒くさい気がします…。

また、引っ越し先がJCOM In My Roomだと良いのですが、JCOM In My Roomが導入されていない物件だとJCOMの料金を今度は自分で支払うことになってしまうため、それまでよりも割高になってしまうケースがあります。

マンションに住んでいて引っ越しをする方も多いと思いますので、引っ越しの際に必要な手続きについても考えておくと良いですね。

引っ越し先の建物がJCOM In My Roomの導入物件かどうかは、JCOM公式サイトで確認できます。

マンションでJCOM IN MY ROOMよりおすすめのインターネット回線

マンションで賃貸住宅にお住まいの場合、オーナーから工事の許可が下りないケースも考えられます。

そういった場合は、工事不要のインターネット回線(ホームルーターやポケットWiFiなど)を利用することになります。工事の許可が下りれば様々な光回線を導入できるため、選択肢も広がります。

そこでおすすめするのが、こちらの2つです。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gは工事不要で使えるホームルーターで、ビッグローブ光は工事が必要な光回線です。ここからは、2つのサービスの料金や特徴について紹介していきます。

工事不要のGMOとくとくBB WiMAX+5Gがおすすめ

GMOとくとくBB WiMAX +5G引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

GMOとくとくBB WiMAX +5GはWiFiを使ったモバイル回線のインターネットサービスです。

auスマホとのセット割「auスマートバリュー」やUQモバイルとのセット割「自宅セット割」に対応しているため、JCOMでセット割を組んでいた場合は継続して割引を受けられますよ。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gの月額料金・機器代金

GMOとくとくBB WiMAX+5Gの料金プランは一つのみで、利用期間によって月額料金が異なります。

 ギガ放題プラス
月額料金1~2ヶ月目:1,474円
3~35ヶ月目:3,784円
36ヶ月目~:4,444円
事務手数料3,300円
端末代金21,780円
通信量無制限
回線速度最大2.7Gbps
回線WiMAX 2+, au 4G LTE, au 5G
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
解約金なし

GMOとくとくBB WiMAX+5Gは、他のプロバイダで提供されているWiMAX+5Gよりも月額料金が安いだけでなく、キャッシュバックや乗り換え費用負担などキャンペーンも充実しています。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gには3つの特徴がある

GMOとくとくBB WiMAX+5Gの特徴は以下の3つです。

  1. コンセントに挿したらすぐにWiFiが使える
  2. 最大速度は2.7Gbpsと光回線以上
  3. 引っ越し手続きが簡単
特徴1.コンセントに挿したらすぐにWiFiが使える

GMOとくとくBB WiMAX+5Gは、工事不要で機器をコンセントに挿すだけでWiFi環境が整うインターネットサービスです。

機器(ホームルーター)からWiFiの電波を発することで、スマホ・パソコン・テレビ・ゲーム機などの対応機器でインターネット接続が行えます。

特徴2.最大速度は2.7Gbpsと光回線以上

JCOM In My RoomでのJCOM NETの速度は最大1Gbpsでしたが、GMOとくとくBB WiMAX+5Gの最大速度は2.7Gbps

光回線よりも2.7倍速い速度でインターネットが使えるためJCOMよりも快適に使える可能性もありますし、JCOM In My Roomのように速度によってプラス料金が取られることもありません。

特徴3.引っ越し手続きが簡単

JCOMでは面倒くさかった引っ越し手続きですが、GMOとくとくBB WiMAX+5Gの場合はかなり簡単です。

住所変更をするだけで引っ越しの手続きは終了。というのも、先ほど紹介した通りGMOとくとくBB WiMAX+5Gは工事が不要のため、住所変更をしてGMOとくとくBB WiMAX+5Gを引っ越し先に持って行き、コンセントに挿せば引っ越し手続きは完了します

手間なくインターネット環境を構築できるので、かなりお手軽なサービスと言えますね。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

工事可能ならauスマートバリュー対応のビッグローブ光がおすすめ

ビッグローブ光 ロゴ引用元 BIGLOBE公式サイトより

工事の許可が下りた前提ですが、マンションタイプでも様々な光回線が利用できます。

中でも、全国で利用可能な光コラボの一つ「ビッグローブ光」には、最大1Gbpsでauスマートバリューや自宅セット割も組めるといった特徴があります。

auひかりも最大1Gbpsでauスマートバリューや自宅セット割が組めます。しかし、auひかりは独自回線を使った光回線で、ビッグローブ光をはじめとした光コラボよりも提供エリアが狭いため、ビッグローブ光の方がおすすめです。

ビッグローブ光の月額料金・工事費

ビッグローブ光の月額料金や工事費は以下のとおりです。

 3年プラン2年プラン
回線速度1Gbps
月額料金4,378円4,488円
事務手数料3,300円新規1,100円
転用・事業者変更2,200円
工事費16,500円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間3年(自動更新)2年(自動更新)
解約金3,360円
提供エリア全国

ビッグローブ光は、3年プラン・2年プランから選択可能で、3年プランを選ぶことで「引っ越し時の移転工事費が何度でも無料になる」という特典が付いてきます。

工事費はキャンペーンによって実質無料になるため、導入費用は事務手数料の3,300円のみと安く抑えられます。

ビッグローブ光にも3つの特徴がある

ビッグローブ光にも3つの特徴があります。

  1. 固定回線のため通信が安定する
  2. auまたはUQモバイルとのセット割が組める
  3. 高額キャッシュバックがもらえる
特徴1.固定回線のため通信が安定する

ビッグローブ光の通信速度は最大1Gbpsです。先ほどご紹介したGMOとくとくBB WiMAX+5Gは最大2.7Gbpsでしたので、『遅いじゃん!』と思う方も多いかもしれません。

しかし、GMOとくとくBB WiMAX+5Gは電波を使った通信方式に対して、ビッグローブ光は光回線を使った通信方式のため、ビッグローブ光の方が安定性では優れているのです。

そのため、YouTubeやNetflixなどの動画配信サービスやオンラインゲームをする時も、カクカクしたり通信が途切れたりすることなく楽しめます。

特徴2.auまたはUQモバイルとのセット割が組める

ビッグローブ光でもauスマートバリューや自宅セット割が組めます。

セット割を併用することはできませんが、自分の使い方や家族内でのスマホ環境に合わせてセット割を組めば、最大10回線のスマホ料金をお得にできますよ。

特徴3.高額キャッシュバックがもらえる

ビッグローブ光には高額キャッシュバックがもらえるという特徴もあります。

ビッグローブ光正規代理店の株式会社NEXTではキャッシュバックキャンペーンを実施中で、以下の特典から選べます。

  1. 60,000円キャッシュバック
  2. 30,000円キャッシュバック+工事費実質無料

オプション加入は必須ではありませんが、光電話や光テレビを申し込むと上記の金額に最大8,000円を上乗せしてもらえます。

手続きはビッグローブ光の申し込み時に電話口で口座情報を伝えるだけとシンプルで、書類返送やアンケート回答といった手間も一切ありません。手続きが終われば振り込まれるのを待つだけです(最短2ヶ月後)。

ビッグローブ光についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

なお、マンションではビッグローブ光以外にも様々なサービスが利用可能ですので、良かったら以下の記事も参考にしてみてください。

JCOM In My Roomについてよくある質問

JCOM In My Roomの12Mbpsはどう?

インターネットが無料で使えるのはお得ですが、速度が最大12Mbpsのプランはおすすめできません

ネット検索やLINEぐらいしか使わず速度に不満がない人も僅かながらいますが、12Mbps利用者からは『遅い…』という評判が目立ちます。

JCOM In My Roomが導入されている建物によっては、最大1Gbpsまで無料で速度アップできる場合もあり、多くの方がプラン変更しているようです。

JCOM In My Roomの解約金は?

JCOM In My Roomの「無料プラン」なら解約金はかかりません。

ただし、導入されているプランが長期契約サービスだったり、プラス料金を払って速度アップをしている場合は、解約金がかかる場合があります。

JCOM In My Roomは1Gbpsも無料なの?

いくつかの郵便番号で調べてみましたが、JCOM In My Roomが無料で利用できるのは最大320Mbpsまでっぽいです(不確かですみません…)。

ただ、全ての建物を調べたわけではないので、気になる人はJCOMの公式サイトで検索してみてください。

なお、プラス料金を払うことで最大1Gbpsに速度アップできる建物もあります。

まとめ

今回はJCOM In My Roomについてご紹介していきました。

JCOMが無料または特別料金で使えるのは良いですが、やはりインターネットの速度が最大の問題と言えます。

自分で選ぶことができない点もやや不安は残るので、インターネット環境は個人だけで完結するサービスに申し込むほうがおすすめだと僕は思います。

マンション(特に賃貸)の場合、オーナーから工事の許可が下りないケースもありますが、工事許可が下りれば自分の使い方にあったインターネット環境を整えることができますよ^^

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*