GMOとくとくBB WiMAX+5Gはおすすめ?評判やキャンペーン、注意点のまとめ

GMOとくとくBB WiMAX+5Gはおすすめ?評判やキャンペーン、注意点のまとめ

WiMAX+5Gのプロバイダの中でも「GMOとくとくBB」は人気なので、「本当にお得なプロバイダなのかな?」「評判は良いのかな?」と気になっている人も多いと思います。

結論から言うと、お得にWiMAX+5Gを申し込みたい方にはGMOとくとくBBは最もおすすめのプロバイダですが、お得に申し込むために注意したい点もあります。

この記事では、GMOとくとくBB WiMAX+5Gのキャンペーン内容をご紹介し、確実にキャッシュバックをもらうためのポイントや申し込み前の注意点などについてもお伝えしていきます。

GMOとくとくBBからの申し込みを検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※表記している価格は税込みです。

WiMAX+5Gのプロバイダ「GMOとくとくBB 」とは

「GMOとくとくBB」は、インターネットインフラ、インターネット広告、ドメイン、ネット銀行・証券、仮想通貨などの事業を行っているGMOインターネットグループのプロバイダです。

ドコモ光やauひかりなどのプロバイダとしても人気で、特に安い料金や充実したキャンペーンで他社を圧倒するサービスを提供しています。

余談ですが、GMOインターネットは「すべての人にインターネット」をモットーとしているようですが、グループソングの「Internet for Everyone」は、小室哲哉さんが作曲されたそうですよ。

なお、WiMAXについてはWiMAX2+の販売は終了し、現在はWiMAX+5Gのみの取り扱いとなっています。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gのキャンペーン内容

GMOとくとくBB WiMAX +5G※画像はGMOとくとくBB公式サイトより

早速、GMOとくとくBB WiMAX+5Gのキャンペーン内容について見ていきましょう。

月額料金と初期費用

WiMAX+5Gは、提供元のUQ WiMAXの他に複数のプロバイダが取り扱っており、それぞれのプロバイダで月額料金や初期費用が異なります。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gの月額料金・初期費用は次のようになっています。

月額料金1~2ヶ月目:2,079円
3~36ヶ月目:4,389円

37ヶ月目~:4,444円
事務手数料3,300円
端末代金0円

GMOとくとくBBではキャンペーンで月額料金割引を実施していて、初めの2ヶ月は2,079円で利用できます。3ヶ月目以降は4,389円で、4年目以降は4,444円になります。

また、20,000円以上かかる端末代金はキャンペーンで無料になります。

そのため、初期費用は事務手数料の3,300円だけです。利用開始時の負担が少ないのはメリットですね。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gの月額料金は安い

GMOとくとくBB WiMAX+5Gの月額料金を聞いて、高いのか安いのか分からないという人もいると思います。

そこで、GMOとくとくBB WiMAX+5Gの料金を人気のプロバイダと比較してみたいと思います。

月額料金端末代金
1~2ヶ月目3~24ヶ月目25~36ヶ月目
GMOとくとくBB2,079円4,389円4,389円0円
Broad WiMAX2,090円3,894円21,780円
UQ WiMAX4,268円4,818円21,780円
Vision WiMAX4,400円
4,950円
0円

Broad WiMAXの方が平均の月額料金は安くなりますが、Broad WiMAXは端末代は有料のため、トータルではGMOとくとくBBの方が低コストです。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gは月額料金が安い上に端末代金も0円なので、いかにお得か分かりますね。

プラスエリアモードが無料

WiMAX+5Gでは「WiMAX2+」「au 4G LTE」「au 5G」の3つの回線を使えますが、「WiMAX2+」の回線が繋がりにくい時に、より感度の良い「au 4G LTE」に接続することができます。

これが「プラスエリアモード」というオプションサービスで、本家のUQ WiMAXでは月額1,100円がかかりますが、GMOとくとくBB WiMAX+5Gなら無料です。

ちなみにスタンダードモードでも「au 4G LTE」に接続することは可能ですが、プラスエリアモードならさらに広域の「au 4G LTE」に接続できるので、あって損はないオプションです。

キャッシュバックは14,000円

GMOとくとくBB WiMAX+5Gのキャンペーンで最も注目の特典が、こちらのキャッシュバックです。

2022年5月現在、GMOとくとくBBでWiMAX+5Gを申し込むと、14,000円のキャッシュバックがもらえます。

14,000円は、WiMAX+5Gのプロバイダのキャッシュバックでは1位・2位を争うほど高額です。

キャッシュバック金額
GMOとくとくBB14,000円
Broad WiMAX7,000円
カシモ WiMAX0円
UQ WiMAX10,000円
BIGLOBE WiMAX15,000円

BIGLOBE WiMAXの方がキャッシュバック金額が高額ですが、BIGLOBE WiMAXは端末代が有料(21,912円)のため、トータルではGMOとくとくBB WiMAX+5Gの方がはるかにお得です。

キャッシュバックは、端末の発送月を含む11ヶ月目に案内メールが届き、その後指定口座を登録してから振り込まれます。

最大23,000円の違約金キャッシュバックも選べる

GMOとくとくBB WiMAX+5Gでは、14,000円のキャッシュバックではなく、最大23,000円の違約金キャッシュバックを選ぶこともできます。

他社からの乗り換えの際の解約金が14,000円を超えそうな場合は、こちらの違約金キャッシュバックを選んだ方がお得ですね。

auスマホとの「auスマートバリュー」やUQモバイルとの「自宅セット割」も使える

これはGMOとくとくBBだけでなく他のプロバイダでも適用可能なサービスですが、WiMAX+5Gのメリットの一つなのでご紹介しておきます。

auスマホやUQモバイルをお持ちなら、WiMAX+5Gとセットで利用することで「auスマートバリュー」や「自宅セット割」を組むことができます。

auスマートバリューは毎月550~1,100円割引自宅セット割は毎月638~858円割引で、家族にauユーザーやUQモバイルユーザーがいれば、最大10回線まで割引対象になります。

auユーザー・UQモバイルユーザーが両方いる場合も、合わせて最大10回線まで割引になるので、家族みんなで通信費を節約できちゃいますよ。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gの評判

インターネットを契約する際は、速度や使用感などが気になるものですよね。

そこで、Twitterの口コミからGMOとくとくBB WiMAX+5Gの利用者の声を紹介したいと思います。


こちらはGMOとくとくBB WiMAX+5Gの通信速度に関する口コミで、このユーザーは速度には満足しているようです。

インターネットは毎日使うものなので、快適な速度で通信できることは重要なポイントですよね。


上の投稿者は、GMOとくとくBBの安さに惹かれて契約を決めたそうです。

残念ながら、GMOとくとくBB WiMAX+5Gは提供開始からまだ間もないため、利用者による口コミ・評判が数件しかありませんでした。

今後口コミが増えてきたら更新していきたいと思います。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gの申し込み手順

GMOとくとくBBでWiMAX+5Gを申し込む手順は次のようになります。

ステップ1.エリアを確認する

WiMAX2+の対応エリアは人口カバー率90%以上ですが、人口が少ないエリアはカバーされていないこともあります。

そのため、申し込む前にお住まいの地域やよく外出する地域が対応エリアになっているか、サービスエリアマップで確認するのがおすすめです。
→WiMAX+5G対応エリア

マップの黄色に塗られた部分がWiMAX2+の対応エリアで、ピンク色・オレンジ色はau 5Gに対応しているエリアです。

ステップ2.WiMAX+5Gを申し込む

まず、GMOとくとくBB WiMAX+5Gのキャンペーンサイトにアクセスします。

右上の「お申込み」ボタンをクリックし、必要事項を記入・選択していきます。

端末の種類、機種を選んだらお客様情報を入力し、送信して完了です。

GMOとくとくBB WiMAX +5G 申し込み※画像はGMOとくとくBB公式サイトより

ステップ3.端末が届く

端末は最短で即日発送されます。

ただし、即日発送は以下の時間までの申し込みに限られますので、急ぎの場合は余裕をもって手続きするようにしましょう。なお、送料は無料です。

即日発送の締切時間
平日15:30まで
土曜・日曜・祝日14:00まで

配送業者は佐川急便で、追跡番号を教えてもらえるので配送状況も確認できます。

端末が届いたら、端末にSIMカードをセットします。あとは電源を入れて、スマホやパソコンのWi-Fi設定をすればインターネットが使えるようになります。

設定マニュアルも同梱されているので、詳しくない人でも安心ですよ。

ステップ4.11ヶ月後にキャッシュバックの案内メールが届く

端末の発送から11ヶ月目に、申し込み時に登録したメールアドレス宛でキャッシュバックの案内メールが届きます。

振り込み用の口座情報を登録すると、キャッシュバックが振り込まれます。

案内メールの送信日の翌月末までにキャッシュバックを受け取らない場合は、キャッシュバックの対象外になってしまうので注意しましょう。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gのキャッシュバックを確実にゲットするポイント2つ

1.キャッシュバック申請は11ヶ月後に行う

先ほどお伝えしたように、キャッシュバック申請は端末の発送から11ヶ月目に行います。

GMOとくとくBBから案内メールが届いてから手続きしますが、案内メールの送信日の翌月末までにキャッシュバックを受け取らない場合は、キャッシュバックの対象外になってしまいます。

GMOとくとくBBから案内のメールは届きますが、忘れないように自分でもスケジュール管理をしておいた方がいいでしょう。

2.案内メールはGMOのメールアドレスに届く

GMOとくとくBBでWiMAX+5Gを申し込む際、GMOとくとくBBのメールアドレス(ドメイン名に「gmobb」入っているアドレス)を作成します。

キャッシュバックの案内メールは、このGMOとくとくBBのメールアドレスに届きます。

別のメールアドレスを日頃から使っている場合は、見逃さないように注意が必要です。

GMOとくとくBB WiMAX+5Gを申し込む前に知っておきたい注意点

最後に、GMOとくとくBB WiMAX+5Gを申し込む前に、知っておきたい注意点を2つお伝えします。

36ヶ月以内に解約すると解約金がかかる

GMOとくとくBB WiMAX+5Gは、自動更新型の3年契約です。解約を申し出ない限り、3年の契約期間が終わると自動的に契約が更新されていきます。

注意したいのは、契約期間である3年以内に解約すると解約金がかかるという点です。

解約金は、解約する時期によって次のようになっています。

解約金
1~12ヶ月目20,900円
13~24ヶ月目15,400円
25ヶ月目~10,450円

特に1年目の解約金は高いので避けたいところですね。

更新月は37ヶ月目(新たな3年契約が始まる月)で、更新月に解約すれば解約金は発生しません。そのため、解約する際はなるべく更新月に合わせた方が良いです。

GMOとくとくBB WiMAX+5G 解約金※画像はGMOとくとくBB公式サイトより

8日以内ならキャンセル可能

GMOとくとくBB WiMAX+5Gは、初期契約解除制度を利用できます。

実際に端末を利用し、電波が入らない、低速でインターネットが使えないなどの問題があった場合は、契約書を受け取った日から8日以内であれば、解約金なしで解約できます。

通信業界のクーリングオフといったところでしょうか。

ただし、初期契約解除制度を使って解約しても、事務手数料の3,300円だけはかかってしまいます。

また、端末の到着から8日以内に返却しないと端末代金21,780円がかかってしまうので、端末が届いたらなるべく早く、インターネットが使えるか確認するようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

GMOとくとくBB WiMAX+5Gは月額割引やキャッシュバックなど、キャンペーンが充実していておすすめのプロバイダです。

キャンペーンを利用する上での注意点は、キャッシュバックのメールが届くのが端末の発送から11ヶ月目になるので、忘れずに手続きをすることだけです。

また、メールは申し込み時に登録するGMOのメールアドレスに届きます。

その他に特に難しい点などはありませんので、ぜひキャンペーンを使ってお得にWiMAX+5Gを始めてくださいね。

下の記事では、WiMAX+5Gの他のプロバイダとの比較をしています。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*