【2024年5月版】WiMAX+5Gのプロバイダ7社を比較!おすすめランキング1位はココ!

【2024年5月版】WiMAX+5Gのプロバイダ7社を比較!おすすめランキング1位はココ!

WiMAX+5Gは複数のプロバイダから提供されているので、どこで申し込もうか迷ってしまいますよね。

プロバイダごとに月額料金や端末代金、キャッシュバックなどが異なるため、全てを比較するのはなかなか大変です。

そこでこの記事では、WiMAX+5Gの人気のプロバイダ7社の料金やキャンペーンを徹底比較し、どこで契約するのがおすすめなのかランキング形式でご紹介しています。

WiMAX+5Gをお得に申し込みたい!と思っている方は、ぜひ参考にしてください^^

※表記している価格は税込みです。

この記事の監修者椎名椎名(しぃ)

元新聞記者。当ブログ「internet-all」を立ち上げてから約8年間、インターネット回線に関する情報発信に携わってきました。ネット回線ナビゲーターとして、インターネット回線の選び方やお困りごとに関する無料相談を200件以上行ってきた実績があります。
@shey_blog

目次

WiMAX+5Gのプロバイダ7社を比較

WiMAX+5Gはどのプロバイダを選んでも、速度・提供エリア・繋がりやすさに差はありません。どのプロバイダも、WiMAXの提供元であるUQコミュニケーションズの通信設備を使っているからです。

しかし、月額料金、契約事務手数料、端末代、キャッシュバックについては、契約するプロバイダによって異なります。

そのため、WiMAX+5Gを契約する際は、月額料金やキャンペーンでプロバイダを選ぶのが賢い選択となります。

そこで今回は、WiMAX+5Gのプロバイダの中から人気の7社をピックアップし、月額料金やキャンペーンなどを徹底比較しました。

WiMAX+5Gのプロバイダの違いを一覧表でサクっとチェック

下の比較表は、WiMAX+5Gを提供している人気のプロバイダ7社の月額料金やキャンペーン、契約期間をまとめたものです。

プロバイダ実質の
月額料金
月額料金端末代キャッシュバック契約期間解約金
GMOとくとくBB3,843円端末発送月:1,375円
1ヶ月目~:4,807円
実質無料23,000円
(他社の違約金は40,000円まで)
2年
(自動更新なし)
なし
BIGLOBE WiMAX4,648円1~24ヶ月目:3,773円
25ヶ月~:4,928円
27,720円10,000円なしなし
カシモ WiMAX
4,813円1ヶ月目:1,408円
2ヶ月目~:4,818円
実質無料なし
(実質3年)
最大
27,720円
UQ WiMAX4,998円1~13ヶ月目:4,268円
14ヶ月目~:4,950円
27,720円20,988円なしなし
Broad WiMAX
5,131円1ヶ月目:1,397円
2~36ヶ月目:3,773円
31,680円(他社の違約金は19,000円まで)2年4,818円
BIC WiMAX
5,176円1~13ヶ月目:4,268円
14ヶ月目~:4,950円
11,000円なしなし
Vision WiMAX
5,489円初月:2,398円
1~12ヶ月目:4,400円
13ヶ月目~:5,049円
27,720円10,000円2年5,049円
※利用開始月「日割り」の料金は変動するため計算から外しています。
※上記の他に事務手数料3,300円がかかります。

実質の月額料金は、2年間(ほとんどのプロバイダが2年契約なので)でかかる費用の総額から算出した平均月額料金です。

実質の月額料金の算出方法

(24ヶ月間の月額料金+端末代+事務手数料+キャッシュバック)÷24

上の表から分かるように、新機種ではGMOとくとくBBが最も実質の月額料金が低く、他社から乗り換える際に発生した解約金のキャシュバック額が高いです。新規で申し込む人も他社からの乗り換えの人もお得に契約できますね。

また、最低利用期間は2年ですが解約金はないので、2年使うか分からない人でも安心です。

したがって、WiMAX+5Gを最もお得に・気軽に契約するなら、プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめです。

WiMAX+5Gのおすすめプロバイダランキング!

それでは、WiMAX+5Gのプロバイダの比較表をもとに、ランキング1位からキャンペーン内容などを詳しく見ていきましょう!

1位:実質月額が最安「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB WiMAX +5G 引用元 GMOとくとくBB WiMAX公式サイトより

ドコモ光のプロバイダとしても人気の「GMOとくとくBB」が、WiMAX+5Gのプロバイダランキング1位となりました。

GMOとくとくBBは月額料金が安く、キャッシュバックも23,000円と圧倒的な高さです。WiMAX+5Gを最安で契約できるプロバイダと言えるでしょう。

 ギガ放題(2年)接続サービス
月額料金端末発送月:1,375円
1ヶ月目以降:4,807円
事務手数料3,300円
端末代金27,720円
→ 実質無料
キャッシュバック23,000円
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
解約金なし
プラスエリアモード利用料利用した月のみ1,100円

他社からの乗り換えなら、23,000円のキャッシュバックに加えて、最大40,000円の違約金キャッシュバックがもらえます。解約金だけでなく工事費や端末代の残債も負担してもらえるので、現在利用中のインターネットの契約期間が残っている方も安心して乗り換えられますよ。

端末代は分割払い(770円×36ヶ月)で、毎月同額の770円が割り引かれて実質無料になります。ただし、この割引は契約している間だけ適用されるため、36ヶ月以内に解約すると端末代の残債がかかってしまいます。最低3年は使う予定の人におすすめです。

また、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」で毎月550~1,100円の割引を受けられますし、UQモバイルならセット割「自宅セット割」で638~1,100円の割引も受けられます。

注意点としては、キャッシュバックの手続きは端末の発送月を含む11ヶ月目に行います。GMOとくとくBBのメールアドレスにキャッシュバックの案内メールが届いてから口座情報の登録をしますが、忘れるとキャッシュバックはもらえなくなってしまうため、スケジュール帳に書いておくなどするのがおすすめです。

GMOとくとくBBのおすすめポイント

  • 端末代が実質無料
  • 23,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 他社からの乗り換えの場合は最大40,000円まで違約金をキャッシュバックしてくれる
  • いつ解約しても解約金がかからない
  • auとのセット割「auスマートバリュー」、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が使える

GMOとくとくBB WiMAX+5Gはおすすめ?評判やキャンペーン、注意点のまとめ

2位:月額料金が安い「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX +5Gのキャンペーンサイト引用元 BIGLOBE WiMAX公式サイトより

大手の老舗プロバイダ「BIGLOBE」が提供している「BIGLOBE WiMAX」が、WiMAX+5Gのプロバイダランキング第2位となりました。

ギガ放題プラス
月額料金
1~24ヶ月目3,773円
25ヶ月目~4,928円
事務手数料3,300円
端末代金27,720円
※分割払いも可
(770円×36ヶ月)
キャッシュバック10,000円
契約期間なし
解約金なし
プラスエリアモード利用料無料
※auスマホ・UQモバイルとのセット割適用で

BIGLOBE WiMAXの最大の特徴は契約期間・解約金がないこと。いつ解約しても解約金がかかりません。

月額料金が安めの設定な上に、2024年5月8日から6月3日 23:50までの期間限定で10,000円のキャッシュバックももらえます。

キャッシュバックの手続きは利用開始の翌月に行いすぐに受け取ることができます。ただ、キャッシュバック特典を受けるためには、申し込みページでクーポンコード(LYH)を入力する必要がありますので、忘れないようにしましょう。

BIGLOBE WiMAXはauスマホとのセット割「auスマートバリュー」またはUQモバイルとのセット割「自宅セット割」を組むとプラスエリアモードが無料になります。プラスエリアモードとは、感度の良いau 4G LTEの回線により広域で接続できるオプションです。

BIGLOBE WiMAXのおすすめポイント

  • 月額料金が安い
  • 10,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 契約期間・解約金がない
  • auとのセット割「auスマートバリュー」、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が使える
  • プラスエリアモードが無料(auスマートバリュー、自宅セット割の適用月のみ)

3位:月額料金が変わらない「カシモ WiMAX」

カシモWiMAX引用元 カシモ WiMAX公式サイトより

格安SIM事業も手掛ける株式会社MEモバイルが提供している「カシモ WiMAX」が、WiMAX+5Gのプロバイダランキング第3位となりました。

5Gギガ放題プラン
月額料金1ヶ月目:1,408円
2ヶ月目~:4,818円
事務手数料3,300円
端末代金27,720円→実質無料
契約期間なし(実質3年)
解約金なし
キャッシュバックなし
プラスエリアモード利用料利用した月のみ1,100円

端末代は分割払い(770円×36ヶ月)の場合、毎月同額の770円が割り引かれて実質無料になります。ただし、この割引は契約している間だけ適用されるため、36ヶ月以内に解約すると端末代の残債がかかってしまいます。例えば1年使って解約すると、18,480円の残債が発生するため注意が必要です。

カシモWiMAXには契約期間がありませんが、端末代を無料にするために36ヶ月縛られるため、実質は3年契約と思っておいた方がいいでしょう。

「3年は使う予定」「キャッシュバックの手続きが必要だと忘れてしまいそう」という人にはおすすめです。

カシモWiMAXのおすすめポイント

  • 36ヶ月使えば端末代は完全無料
  • auとのセット割「auスマートバリュー」、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が使える

4位:端末代金が安い「UQ WiMAX」

UQ WiMAX引用元 UQ WiMAX公式サイトより

本家の「UQ WiMAX」が、WiMAX+5Gのプロバイダランキング4位にランクインしました。

ギガ放題プラス
月額料金1~13ヶ月目4,268円
14ヶ月目~4,950円
事務手数料3,300円
端末代金27,720円
→UQ WiMAXおトク割により6,732円
(機種変更の場合は9,900円)
契約期間なし
解約金なし
プラスエリアモード利用料利用した月のみ1,100円
※「ギガ放題プラス」=「ギガ放題プラス ホームルータープラン/モバイルルータープラン」

UQ WiMAXは最新機種を新規で契約すると、UQ WiMAXおトク割により端末代金が20,988円割引になります。

最終的な端末代は6,732円となるのでお得ですね。

UQ WiMAXはWiMAXの本家なので、安心感を重視する人にはおすすめです。

また店舗でサポートを受けることもできるので、初心者の人にも安心ですね。

UQ WiMAXのおすすめポイント

  • 端末代が20,988円割引
  • auとのセット割「auスマートバリュー」、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が使える

5位:乗り換えキャンペーンがある「Broad WiMAX」

引用元 Broad WiMAX公式サイトより

WiMAX+5Gのプロバイダランキング5位は、株式会社Link Lifeが提供している「Broad WiMAX」です。株式会社Link Lifeは光回線や格安スマホなど通信事業を幅広く展開している事業者です。

ギガ放題コスパDXプラン(2年契約)
月額料金
1ヶ月目1,397円
2~36ヶ月目3,773円
37ヶ月目以降4,818円
事務手数料3,300円
端末代金31,680円
キャッシュバックなし
※違約金19,000円キャッシュバックはあり
契約期間24ヶ月
解約金0~24ヶ月目:4,818円
25ヶ月目以降:0円
プラスエリアモード利用料利用した月のみ1,100円

Broad WiMAXは、他のプロバイダと比較すると月額料金が安く設定されています。

ただ、端末代金は自己負担であることから6位という結果になりました。

Broad WiMAXで特徴的なのは、他社からの乗り換えで発生した解約金を最大19,000円キャッシュバックするキャンペーンを実施していることです。解約金がネックで乗り換えをためらっている人には嬉しいキャンペーンですね。

ただ、GMOとくとくBBでは解約金を最大40,000円キャッシュバックしていますので、解約金を目当てにプロバイダを選ぶ場合、Broad WiMAXにするメリットはないかもしれません^^;

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • 月額料金が安い
  • 他社の解約金を最大19,000円までキャッシュバック
  • auとのセット割「auスマートバリュー」、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が使える

6位:ビックポイントがつく「BIC WiMAX」

BIC WiMAX+5G引用元 BIC WiMAX公式サイトより

BIC WiMAX」はビックカメラの子会社の株式会社ラネットが提供しているWiMAXで、ビックカメラやソフマップ、コジマなどで展開されています。

BICギガ放題プラスS
月額料金1~13ヶ月目:4,268円
14ヶ月目~:4,950円
事務手数料3,300円
端末代金11,000円
キャッシュバック
契約期間なし
解約金なし
プラスエリアモード利用料利用した月のみ1,100円

BIC WiMAXでは端末代金の27,720円に割引が入り、11,000円で購入できます。

ただ、14ヶ月目以降の月額料金が特に高くキャッシュバックもないので、金銭的なメリットが薄いプロバイダと言えるでしょう。

セット割を実施していることもありますが、家電の購入が必要だったり、店舗によってキャンペーンの実施の有無・キャンペーン内容が異なるため、必ずお得に契約できるプロバイダとは言い難いです。

BIC WiMAXのおすすめポイント

  • 店舗によっては独自のセット割がある
  • auとのセット割「auスマートバリュー」、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が使える
  • プラスエリアモードはauスマートバリューまたはUQモバイル加入で無料

7位:プラスリアモードが無料「Vision WiMAX」

Vision WiMAX公式サイト引用元 Vision WiMAX公式サイトより

WiMAX+5Gプロバイダランキング第7位は、株式会社ビジョンが提供している「Vision WiMAX」です。株式会社ビジョンはWiFiルーターのレンタルサービスでも有名な会社で、日本だけでなく海外でも事業展開しています。

ギガ放題プラスS 2年プラン
月額料金
初月2,398円
1~12ヶ月目4,400円
13ヶ月目~5,049円
事務手数料3,300円
端末代金27,720円
→一括払いなら24,420円
キャッシュバック10,000円(3/31~6/29)
契約期間2年
解約金5,049円
プラスエリアモード利用料 無料

Vision WiMAXは、2024年3月31日から2024年6月29日までに申し込めば10,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

契約期間・縛りがないため、いつ解約しても解約金がかからないのも嬉しいポイントです。

プラスリアモードが無料で利用できるため、外出する時などに追加料金を気にせず感度の良い電波を使うことができます。

WiMAXの中では比較的月額料金が安いプロバイダですが、端末代金が有料のため7位という結果になりました。

Vision MAXのおすすめポイント

  • 10,000円のキャッシュバックがもらえる(2024/3/31~2024/6/29)
  • 端末代は一括払いにすると3,300円割引の24,420円になる
  • プラスエリアモードが無料
  • auとのセット割「auスマートバリュー」、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が使える

WiMAX+5GのプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ!

WiMAX+5Gのプロバイダの中で最もおすすめなのは、GMOとくとくBBという結果になりました。

GMOとくとくBBをおすすめする理由

  • 実質の平均月額料金が一番安い
  • WiMAX+5Gで最も高額なキャッシュバックがもらえる
  • 端末代が実質無料
  • WiMAXのプロバイダとして実績がある

GMOとくとくBBでは、月額料金が安い上に23,000円の高額キャッシュバックがもらえます。

実質の平均月額料金も、WiMAX+5Gのプロバイダの中で一番安いです。

WiMAX+5Gをお得に利用したい人には、GMOとくとくBBからの申し込みがおすすめです。

WiMAX+5Gのプロバイダの選び方のポイント

WiMAX+5Gのプロバイダを選ぶ上で、ポイントになるのが次の4つです。

  1. 実質料金で比較する
  2. キャッシュバックは振込時期・手続き方法に注意する
  3. 契約期間・解約金がないこと
  4. 端末代の残債請求があるかチェックする

1.実質料金で比較する

WiMAX+5Gはプロバイダによって月額料金・キャッシュバックの金額・端末代が異なります。そのため、この3つの金額を全て考慮して計算しないと、どれが本当に安いのか分かりません。

分かりやすいのは「実質の月額料金」で、2年間でかかる平均の月額料金でプロバイダを比較することができます。

実質の月額料金の算出方法

(24ヶ月間の月額料金+端末代+事務手数料+キャッシュバック)÷24

プロバイダ実質の月額料金
GMOとくとくBB3,843円
BIGLOBE WiMAX4,648円
カシモ WiMAX4,813円
UQ WiMAX4,998円
Broad WiMAX5,131円
BIC WiMAX5,176円
Vision WiMAX5,489円
※利用開始月「日割り」の場合の料金は変動するため計算から外しています。

現在、実質月額料金が一番安いのはGMOとくとくBBです。

最安で契約したい人には、GMOとくとくBBがおすすめです。

2.キャッシュバックは振込時期・手続き方法に注意する

プロバイダによってはキャンペーンでキャッシュバックがもらえますが、キャッシュバックがいつもらえて」「どんな手続きが必要なのかという点にも注目する必要があります。

プロバイダキャッシュバック受け取り手続き
GMOとくとくBB23,000円
12ヶ月後・案内メールが届いたら口座登録
BIGLOBE WiMAX10,000円1ヶ月後・案内メールが届いたら口座登録
Vision WiMAX10,000円3ヶ月後なし

キャッシュバックの振り込みが一番早いのはBIGLOBE WiMAXです。

キャッシュバックがもらえるのが遅くても構わないから高額な方が良いという人は、GMOとくとくBBを選ぶと良いでしょう。

3.契約期間・解約金がないこと

以前はWiMAX+5Gのプロバイダでは3年契約(自動更新)が主流でしたが、電気通信事業法の改正により契約期間・解約金がないプロバイダが増えてきました。つまり、たいていはいつ解約しても解約金を支払う必要がありません。

しかし、一部のプロバイダではまだ契約期間や解約金があります。

契約期間があると解約金がゼロになるタイミングまで、無理矢理サービスを使い続けることになってしまいます。

好きなタイミングで乗り換えができるように、なるべく契約期間や解約金がないプロバイダを選ぶのがおすすめです。

3.端末代の残債請求があるかチェックする

端末代が「実質無料」となっている場合、毎月端末の分割代金が請求されますが、同額の割引が入るため実質の支払いが0円になります。

しかし、分割払いの端末代を完済する前にサービスを解約すると、端末代の残債が請求されてしまいます。

例えば、GMO WiMAXとカシモWiMAXの場合は端末代は770円×36回払いで、毎月の端末代は実質無料になります。しかし、36ヶ月以内に解約すると端末の残債が発生してしまうんです。

実際は端末代が完全無料になるまで36ヶ月は解約できないことになり、実質3年縛りになるので注意しましょう。

WiMAX+5Gを申し込む前の3つの注意点

最後に、WiMAX+5Gを申し込む前に知っておきたい3つの注意点をお伝えします。

  1. どのプロバイダを選んでも提供エリアは同じ
  2. プロバイダによる速度の違いはない
  3. WiMAXは初期契約解除制度が使える

どのプロバイダを選んでも提供エリアは同じ

どのプロバイダを選んでも、WiMAX+5Gの提供エリアは同じです。

WiMAX+5Gが主回線として使っているのは4G回線(WiMAX2+、au 4G LTE)です。4G回線がエリア外の場合は、インターネットを使うことができません。

また、WiMAX+5Gではauの5G回線にも接続できますが、5Gが使えるエリアは今のところ東京や大阪などの大都市圏の一部です。そのため、5Gを使いたい場所が提供エリア外の可能性もあります。

WiMAX+5Gを申し込む際は、ネットの利用場所が4G・5Gに対応しているか事前にチェックしておきましょう。

下のサービスエリアマップの地図で黄色の部分が4G対応エリアで、ピンク色とオレンジ色の部分が5G対応エリアです。
WiMAX(ルーター)のサービスエリアマップ

なお、KDDIは5G対応エリアを急ピッチで拡大しているところなので、現時点で提供エリア外でも将来的にエリア内になる可能性はあります。

プロバイダによる速度の違いはない

WiMAX+5Gのプロバイダは代理店のようなものなので、どのプロバイダで申し込んでも速度に大きな違いはありません。

ただし、WiMAX+5Gの機種によって多少は速度に差があります。また、5Gに対応しているエリアで5Gに対応したスマホやPCで利用すれば、通信速度は速くなります。

WiMAXは初期契約解除制度が使える

WiMAXは契約書を受け取った日(または商品が届いた日の遅い方)から8日以内なら、初期契約制度によって解約金なしで解約することが可能です。

初期契約解除制度は通信業界のクーリング・オフのような制度ですが、クーリング・オフとは違い契約の「キャンセル」ではなく「解約」という扱いです。そのため、契約を解除できても事務手数料は戻ってきません。

WiMAXの利用開始後、インターネットを使うのが難しいくらい電波状況が悪い、通信速度が遅いという場合には、初期契約解除制度を利用するといいでしょう。

WiMAX+5Gをプロバイダから申し込む方法(GMOとくとくBB)

ここでは、GMOとくとくBBでWiMAX+5Gを申し込む手順を説明します。

ステップ1.エリアを確認する

WiMAX2+の対応エリアは人口カバー率90%以上ですが、人口が少ないエリアはカバーされていないこともあります。

そのため、申し込む前にお住まいの地域やよく外出する地域が対応エリアになっているか、サービスエリアマップで確認するのがおすすめです。
WiMAX+5G対応エリア

※WiMAX+5Gのスタンダードモードで検索してください。

マップの黄色に塗られた部分がWiMAX2+の対応エリアで、ピンク色・オレンジ色はau 5Gに対応しているエリアです。

最新の通信規格は5Gですが、メイン回線のWiMAX2+に対応していればネットの利用には問題ありません。

ステップ2.WiMAX+5Gを申し込む

まず、GMOとくとくBB WiMAX+5Gのキャンペーンサイトにアクセスします。

右上の「お申込み」ボタンをクリックし、必要事項を記入・選択していきます。

端末の種類、機種を選んだらお客様情報を入力し、送信して完了です。

GMOとくとくBB WiMAX +5G 申し込み※画像はGMOとくとくBB公式サイトより

ステップ3.端末が届く

端末は最短で即日発送されます。

ただし、即日発送は以下の時間までの申し込みに限られますので、急ぎの場合は余裕をもって手続きするようにしましょう。なお、送料は無料です。

即日発送の締切時間
平日15:30まで
土曜・日曜・祝日14:00まで

配送業者は佐川急便で、追跡番号を教えてもらえるので配送状況も確認できます。

端末が届いたら、端末にSIMカードをセットします。あとは電源を入れて、スマホやパソコンのWi-Fi設定をすればインターネットが使えるようになります。

設定マニュアルも同梱されているので、詳しくない人でも安心ですよ。

ステップ4.11ヶ月後にキャッシュバックの案内メールが届く

端末の発送月を含む11ヶ月目に、申し込み時に登録したメールアドレス宛でキャッシュバックの案内メールが届きます。

振り込み用の口座情報を登録すると、キャッシュバックが振り込まれます。

案内メールの送信日の翌月末までにキャッシュバックを受け取らない場合は、キャッシュバックの対象外になってしまうので注意しましょう。

WiMAX+5Gの新端末と旧端末を比較

2023年6月、WiMAX+5Gの新端末が発売開始になりました。新端末はホームルーターとモバイルルーターでそれぞれ1機種ずつです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13Speed Wi-Fi 5G X12
Speed Wi-Fi HOME 5G L13Speed Wi-Fi 5G X12

旧端末と新端末の速度を比較してみましょう。

旧端末
(Speed Wi-Fi HOME 5G L12)
新端末
Speed Wi-Fi HOME 5G L13
最大通信速度2.7Gbps4.2Gbps
実測速度94.89Mbps168.41Mbps
※実測速度はみんなのネット回線速度(2023年11月30日時点)より引用

旧端末と比較すると、新端末では最大通信速度も実測速度も速くなっています。

ただし、新端末の最大4.2Gbpsで通信できるのは5G対応エリア内だけなので、利用できるのは東京や大阪、名古屋などの都市部に限られます(WiMAX 5G対応エリアマップ)。

WiMAX+5Gを比較する際によくある質問

ここでは、WiMAX+5Gのプロバイダを比較する際によくある質問にお答えしていきます。

最安で契約できるプロバイダ(窓口)はどこ?

2024年5月、WiMAX+5Gを最も安く契約できるのはGMOとくとくBBです。

月額料金や端末代、キャンペーンを考慮した2年間の実質月額料金は4,330で、最安となっています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

WiMAX+5Gは、プロバイダによって月額料金や実施しているキャンペーンが異なります。

比較の結果、2024年5月現在、WiMAX+5Gを最もお得に契約できるプロバイダはGMOとくとくBBあることが分かりましたね。

その理由をまとめると次のようになります。

GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • 実質の月額料金が最安
  • 他社解約時の違約金を40,000円まで負担(契約期間が残っていても解約金を気にせず乗り換えできる)

この記事がWiMAX+5Gのプロバイダ選びの参考になれば嬉しいです^^

\お役に立てたらシェアをお願いします♪/

コメント

これからインターネット回線を契約する人やすでに契約中の人の参考になるように、 良い点や悪い点を客観的にコメントしてください。
誹謗中傷や暴言、個人を攻撃する発言など、第三者を不快にするコメントは非公開とします。 また、個人情報が含まれたコメントも公開できませんのでご了承ください。
※スパム対策のため、日本語を含まないコメントは無効になっています。

コメントを残す

*

この記事を見た人はこんな記事も見ています