ドコモ光×GMOとくとくBBの速度やルーターの評判は?サービス内容やメリット・デメリットなど徹底解説!

ドコモ光×GMOとくとくBBの速度やルーターの評判は?サービス内容やメリット・デメリットなど徹底解説!

ドコモ光は、知名度の高い大手プロバイダからマイナーな会社など21社のプロバイダから選べる光回線ですが、中でもGMOとくとくBBは人気のプロバイダです。

ドコモ光のプロバイダをGMOとくとくBBにするか悩んでいる方も多いと思います。

この記事では、ドコモ光×GMOの速度やルーターについての評判キャッシュバックキャンペーン、について解説していきますので、ドコモ光×GMOのご利用を検討している方はぜひ参考にしてください^^

※表記している価格は税込みです。

この記事の監修者椎名椎名(しぃ)

元新聞記者。当ブログ「internet-all」を立ち上げてから約8年間、インターネット回線に関する情報発信に携わってきました。ネット回線ナビゲーターとして、インターネット回線の選び方やお困りごとに関する無料相談を200件以上行ってきた実績があります。
@shey_blog

ドコモ光×GMOの評判

GMOとくとくBBはプロバイダとしての知名度も高いです。

WiMAXのプロバイダとして認知されている方も多いかもしれませんが、最近は光回線のプロバイダとしても人気を高め、2021年には光コラボの「GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)」という自社サービスの展開を開始しています。ネット回線事業を非常に強化しているのが分かりますね。

ただ、人気はあっても『ドコモ光×GMOの評判はどうなんだろう』と気になりますよね?結論から言うと、ドコモ光×GMOの評判は良いです。

早速、ドコモ光×GMOを使っている人からの評判を見ていきたいと思いますが、当ブログでは2022年6月にクラウドソーシングの「ランサーズ」でドコモ光の利用者20名にアンケートを実施しましたので、プロバイダでGMOとくとくBBを使っていた人(3名)からの回答結果と共に紹介していきます。

『速度が速い』『快適に使える』という評判が多い

ドコモ光×GMOの速度についての評判を探してみると、『速い』『快適に使える』といった評判が目立ちます

ドコモ光×GMOを利用している方の中には、500Mbps以上の速度が出たとの口コミがあります。

動画は20~30Mbps以上、オンラインゲームは100Mbps以上あれば快適に利用できるので、500Mbps以上もあればもはやなんでもできちゃうレベルですね。

ちなみに、当ブログ独自に行ったアンケート結果でも、ドコモ光×GMOを使っている人からは良い評判が挙がっています。

・インターネット検索やYouTube視聴の利用では不自由がありません。

(神奈川県/戸建てタイプご利用者/下り速度結果:84Mbps)

・スマホのゲームや動画配信などもストレスなく利用できます。子供も喜んでいます。

(宮崎県/戸建てタイプご利用者/下り速度結果:180Mbps)

今回のアンケートでプロバイダGMOとくとくBBを使っている人は3名でしたが、全員が速度の満足度について5段階評価(とても満足・満足・普通・やや不満・不満)で「満足」と回答していました。

なお、ドコモ光はGMOとくとくBBを含めすべてのプロバイダがIPv6に対応していますが、GMOとくとくBBのIPv6(v6プラス)は標準装備になっているため、別途費用がかかりません。

中には『速度が遅い』という評判もある

ただし、ドコモ光×GMOを使っている全ての人が速いと言っているわけではなく、『ドコモ光×GMOの速度は遅い』という評判もありました。

中には、30Mbps以下とポケット型WiFiと同じぐらいの速度しか出ていない人もいるようです。これだと光回線を利用している意味がないですよね…。

ただ、光回線は設備や環境によって速度に違いが出てしまうため、どの光回線でも速い・遅いの評判があります。そのため、『ドコモ光×GMOは速い』という評判が多いからと言って、全ての人が速い速度で利用できるとは限りません。

GMOとくとくBBはドコモ光の中で速度が速いプロバイダ

ドコモ光では21社のプロバイダから選べますが、どのプロバイダを選んでも最大1Gbpsです。

ただ、プロバイダによってインターネット利用時の速度「実測速度」に大きな違いがあるのです。

「みんなのネット回線速度」というスピードテストのサイトではドコモ光のプロバイダごとの平均速度がランキング化されていて、GMOとくとくBBは3位にランクインしています(2023年11月22日時点)。

順位プロバイダ名ダウンロード速度
1ASAHIネット 384.13Mbps
2WAKWAK324.2Mbps
3GMOとくとくBB265.99Mbps
4OCN259.57Mbps
5@nifty255.97Mbps
6シナプス240.61Mbps
7BIGLOBE237.02Mbps
8andline234.24Mbps
9@T COM230.4Mbps
10エディオンネット227.97Mbps
11BB.exite210.44Mbps
12DTI205.62Mbps
13楽天ブロードバンド136.17Mbps

GMOとくとくBBの平均速度は265.99Mbpsとかなり速いことが分かります。

200Mbpsを超えていれば、オンラインゲームや高画質の動画もサクサク動きそうです^^

速度は通信環境にもよるので、全ての人が上記の速度が出るわけではありませんが、速いに越したことないですからね。

速度を重視してプロバイダを選んでいる人は、GMO選んでみてもいいかもしれません。

『パケロスがない・少ない』という評判

ドコモ光×GMOの利用者からは、『パケロスがない(あるいは少ない)』という評判の声が多々ありました。

「パケロス(パケットロスの略)」とはオンラインゲームをする方にはかなり重要な問題で、例えば、指示を出しているのにキャラクターがすぐ動かなかったり、動いたとしてもカクカクしてしまう状況のことです。

このパケロスが多いとオンラインゲームを快適に楽しむのは難しかったりしますが、GMOとくとくBBはパケロスが少ないためその心配が必要ありません。

無料レンタルできるルーターの評判も良い

ドコモ光×GMOは、速度だけでなく無料レンタルできるIPv6対応のWiFiルーターの評判も良いです。

また、GMOとくとくBBではWiFiルーターレンタルに加えて、中継器の利用として便利な「おかわりルーター」というサービスも行っています(端末代3,300円/配送料0円)。戸建てタイプを利用していて、1階に設置し『2階ではWiFiの速度が遅い』という場合はおかわりルーターのサービスを使うと良いでしょう。

GMOとくとくBBはキャンペーン特典が充実しているプロバイダで、アンケートでは『解約金を補填してもらえた』と喜びの声もありました。

・変更前に使っていたインターネットの解約金の補助が出るところが良かったです。

なお、WiFiルーターの無料レンタルやキャッシュバックなどのキャンペーンは、すべてのプロバイダで行われているわけではありません。プロバイダによってはキャンペーンが何もないところもあるので、キャンペーンを重視するのであればGMOとくとくBBはおすすめです。

ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」とは?

GMOインターネットグループ引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

テレビCMや雑誌などで「GMOとくとくBB」という名前を聞いたことがある人も多いと思います。

それもそのはず、GMOとくとくBBはインターネットインフラ関連の事業を中心に展開している一部上場で、GMOクリック証券のCMなどでも有名です。

プロバイダとしての歴史は1996年に「inter Q(インター キュー)」から始まり、2009年から現在のGMOとくとくBBが提供されています。inter Qの他にかつてのZERO、法人向けISPのベッコアメなども運営しており、ダイアルアップ接続のISDN時代からの古参ユーザーには懐かしい響きではないでしょうか?

言わばインターネットの老舗企業であるGMOを母体としたプロバイダなのです。

ドコモ光×GMOで提供されるサービス

ドコモ光×GMOで提供されているサービス概要について解説していきます。

以下のとおりです。

プロバイダ「GMOとくとくBB」のサービス概要
メールアドレス数最大15個
メールBOX容量無制限
ドメイン.gmobb.jp
セキュリティソフトインターネット安心セキュリティ(12ヶ月無料)
リモートサポート
訪問サポート○(初回無料・12ヶ月以内)
Ipv6IPoE
IPv4 over IPv6通信
その他のサービス・WiFiルーター(契約期間中は無償レンタル)
・ホームページ(350MBまで/最大15個)
・Webメール
・メール転送サービス

昨今はネットの基本サービスを最低限にしてリーズナブル化を推し進めるプロバイダも増えていますが、GMOとくとくBBは従来のプロバイダサービスを提供しています。

メールアドレスは最大15個までが無料で、メールBOX容量は無制限。個人用・仕事用に使い分けるだけでなく、家族全員に専用メールアドレスを振り分けることもできます。

ドコモ光×GMOのメリット

  1. 月額料金が安いタイプA
  2. 高額キャッシュバックがもらえる
  3. ドコモ光公式のキャンペーンが併用できる
  4. IPv6が標準装備
  5. Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  6. マカフィーの「インターネット安心セキュリティ」が1年間無料
  7. 訪問サポートが1回無料

月額料金が安いタイプA

ドコモ光の月額料金にはプロバイダ料が含まれているため、ドコモ光の料金=ドコモ光×GMOの料金です。

 戸建てタイプマンションタイプ
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円
タイプC5,720円4,400円
単独タイプ5,500円+プロバイダ料4,180円+プロバイダ料
※2年契約プランで申し込んだ場合。2年契約なしの場合はそれぞれ+1,650円。

ドコモ光は21種類からのプロバイダから選べ、プロバイダによってタイプA・タイプBと振り分けられます。

GMOとくとくBBは安い方のタイプAに属するため、戸建てタイプは5,720円、マンションタイプは4,400円で利用できます。

タイプAとタイプBではサービス内容や速度は変わらないので、料金の安いタイプAのプロバイダを選んでおくのが無難です。

高額キャッシュバックがもらえる

ドコモ光×GMOを契約すると、1ギガで38,000円キャッシュバック、10ギガで51,000円キャッシュバックがもらえます。

他の代理店の場合は、キャッシュバックをもらうのにオプション加入が必要なことが多いのですが、GMOの場合はオプション加入不要。余計なコストをかけず、高額キャッシュバックが受け取れるのです。

ただ、開通月を含む4ヶ月目にGMOから送られてくるメールから、指定振込口座の登録をしなければキャッシュバックがもらえません。そこは忘れずに抑えていきましょう。

他社からの乗り換えの場合は15,000円キャッシュバックが増額される

ドコモ光×GMOは他社からの乗り換えの場合だと、15,000円のキャッシュバックが増額されます。先ほどのキャッシュバックからプラスされるので、1ギガの場合42,000円、10ギガの場合62,000円のキャッシュバックになります。超高額ですね^^

乗り換えの場合、現在使っている光回線の違約金が発生することがあるので、手厚いキャッシュバックがあるのは助かりますよね。

こちらの特典を受けるには、ドコモ光の回線開通月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約し、他社サービスの解約違約金明細の写真を提出する必要があります。

ドコモ光公式のキャンペーンが併用できる

ドコモ光×GMOは、ドコモ光公式が実施しているキャンペーンの併用が可能です。

GMOとくとくBBの申し込みサイトからドコモ光を申し込んでも、ドコモ光公式で実施されているキャンペーン特典やドコモ光セット割は適用できます。

現在、ドコモ光公式では主に以下のキャンペーンを実施しています。

  • 工事費無料キャンペーン
  • dポイントプレゼント
  • ドコモ光セット割

工事費無料キャンペーン

ドコモ光 工事費無料引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

工事費無料キャンペーンは、その名の通りドコモ光を新規契約した際の工事費が無料になるキャンペーンです。

ドコモ光の工事費は戸建てで19,800円、マンションで16,500円とかなり高額。それが無料になるのは嬉しいですよね。

工事費が無料となるので、ドコモ光の初期費用は契約事務手数料の3,300円のみとなります。

dポイントプレゼントキャンペーン

ドコモ光 dポイントプレゼント引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

GMOとくとくBB独自のキャッシュバックとは別に、ドコモ光からdポイントももらえます。ポイント数は時期によって変動する時もありますが、2024年2月時点では2,000ptがもらえます。

なおドコモ光10ギガプランの場合は、17,000ptまでポイントアップするのでさらにお得に。

ただ、もらえるdポイントは期間・用途限定になっています。有効期限は6ヶ月間で、期間内に使わないとポイントが失効してしまったり、用途が限られてたりするので詳しくはdポイントの公式サイトをご確認ください。

なお、dポイントはドコモ光開通月の翌々月にもらえます。

スマホとのセット割「ドコモ光セット割」

ドコモ光 セット割

引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

ドコモ光 ドコモ光セット割引用元 ドコモ公式サイトより

ドコモのスマホや携帯電話とドコモ光を一緒に利用すると、「ドコモ光セット割」で毎月のスマホ料金が最大1,100円割引になります(「ahamo」は対象外)。

他の大手携帯キャリア(au・ソフトバンク)のスマホ+光回線のセット割では、月額550円の光電話(固定電話サービス)への加入が条件になっていますが、ドコモ光でセット割を組む場合はオプション加入は不要です。

なお、ドコモ光セット割を組める光回線はドコモ光のみなので、ドコモユーザーがセット割を組みたい場合は必然的にドコモ光一択になります。

割引額はドコモで契約している料金プランよって異なるので、下の表でチェックしてみてください。

料金プラン割引額
eximo-1,100円/月
irumo9GB-1,100円/月
6GB-1,100円/月
3GB-1,100円/月
0.5GB割引適用外

ドコモ光セット割の適用条件や申し込み方法については、下の記事で解説しています。
ドコモ光セット割とは?家族も自動で割引される?適用条件や割引額を解説

なお、GMOとくとくBB以外のプロバイダが気になる人は以下の記事を参考にしてください。

IPv6が標準装備

先ほどの速度についての評判のところで出てきましたが、GMOとくとくBBはIPv6(v6プラス)対応のプロバイダです。しかも、有料オプションではなく標準装備になっています。

ちなみに、「IPv6」とはインターネットを利用する際に回線の混雑が起きにくいルートを通る方式で、インターネット接続をスムーズにしてくれます。

車の運転に例えると分かりやすいと思いますが、一般道より高速道路を走る方が速いしスムーズですよね。要は「混雑する道を通らないことでインターネットに繋がりやすくしている技術」と考えてもらえればイメージしやすいかもしれません。

速度が遅かった場合にはGMOポイントが付与される

ドコモ光 GMOとくとくBB 速度補填引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

IPv6(v6プラス)を利用している人限定ですが、インターネットの速度が100Mbpsを下回った場合には100円相当のGMOポイントの補填サービスがあります。

ポイントは料金の支払いにも使えたりもしますので、GMOとくとくBBのスピードへの自信はスゴイですね^^

WiFiルーターが無料レンタルできる

ドコモ光 GMOとくとくBB ルーター引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

ドコモ光×GMOでは、IPv6(v6プラス)対応のWiFiルーターが無料レンタルできます(10ギガの場合は月額390円)。しかも、期間限定ではなく永年です。

WiFiルーターがあれば家中どこでもネットにつなげますし、スマホ料金の節約もできますね。

ドコモ光×GMOで無料レンタルしてくれるWiFiルーターは、以下の3種類から選べます。

1ギガプランの場合

WSR-2533DHP3
(BUFFALO製)
Aterm WG2600HS2
(NEC製)
WRC-2533GST2
(ELECOM製)
写真ドコモ光×GMOの無料レンタルルーター「WSR-2533DHP3」ドコモ光×GMOの無料レンタルルーター「Aterm WG2600HS2」ドコモ光×GMOの無料レンタルルーター「WRC-2533GST2」
データ転送速度最大1,733Mbps
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
有線LANポート数LANポート:最大1,000Mbps×4
INTERNETポート:最大1,000Mbps×1
44

10ギガプランの場合

WXR
(BUFFALO製)
写真WXR-5700AX7S
データ転送速度最大4803Mbps
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
有線LANポート数LANポート:最大1Gbps×4
INTERNETポート:最大10Gbps×1

どれもハイスペックでAmazonや楽天市場などでは8,000~20,000円ほどで販売されています。プロバイダによってはレンタル料金として550円とか取られたりするので、これはお得ですね^^

10ギガに関しても月額390円なので、かなり安いですね。

WiFiルーターの発送は工事前・工事後のどちらかを選べるため、ドコモ光の利用開始と同時に高速通信が利用できます。

レンタルするにあたって条件も特になく、ドコモ光×GMOのキャンペーンサイトから申し込むことで無料レンタルが可能です。

マカフィーの「インターネット安心セキュリティ」が1年間無料

GMOとくとくBB インターネット安心セキュリティー引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

GMOとくとくBBでは、マカフィーのセキュリティサービス「インターネット安心セキュリティ」が1年間無料で利用できます(無料期間終了後は月額550円)。

市販されているセキュリティソフトと大きな違いはなく、パソコン、スマホ、タブレットなど最大3台まで利用できます。

お試し感覚で1年間使ってみるのも悪くないですが、サービスを利用するには申し込みが必要ですので忘れないようにしましょう。

訪問サポートが1回無料

ドコモ光 GMOとくとくBB 出張サポート引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

訪問サポートは、パソコンやWiFiの設定などを1回だけ無料で訪問サポートしてくれるサービスです。

利用するには希望日の1ヶ月前までに連絡が必要で、2回目以降は有料となります。ネットに慣れている人にはあまり必要ない特典かもしれませんが、ネット初心者の人には嬉しい特典です。

ちなみに、訪問サポートのサービス内容は以下のとおりです。

サポートメニュー設定可能台数
インターネット接続設定各1台
WiFi設定・接続WiFi親機1台+子機1台
メール設定1アカウント
ひかりTV for docomo接続設定各1台
dtvインストール・接続設定各1台
dtvチャンネルインストール・接続設定各1台

なお、初回無料特典を受けられる期間はドコモ光の開通月から12ヶ月後末日まで、初回のみサポート料金を無料にしてもらえます。

ドコモ光×GMOのデメリット

  1. サポートの評判があまり良くない
  2. キャッシュバックの申請が少し複雑

サポートの評判があまり良くない

GMOのサポートセンターに対する評判は正直良くなさそうです。調べてみるとほとんどがネガティブな意見でした。

ただし、サポートに対する口コミは、他のサービスでもネガティブなものが多いので、そこまで気にしなくても良さそうです。また、オペレーターの技量によるところもありますからね。

キャッシュバックの申請が少し複雑

ドコモ光×GMOはキャッシュバックをもらうのに手続きが少し複雑です。

例えば他社のプロバイダの場合、キャッシュバックの申請なしでもらうことができますが、GMOの場合は先ほども紹介しましたが開通月4ヶ月目に送られてくるメールから手続きをしなければなりません。

4ヶ月目となると少し忘れてしまいそうですよね…

必ずキャッシュバックをゲットするためにも、必ず覚えておきましょうね。

ドコモユーザー以外にはGMOとくとくBB光がおすすめ

GMO光アクセス※引用元 GMOとくとくBB光公式サイトより

GMOとくとくBBはドコモ光で人気のプロバイダですが、GMOとくとくBBが自ら提供している光回線GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)もおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBBとの大きな違いは、ドコモ光よりも月額料金が高いという点と、ドコモスマホとセット割「ドコモ光セット割」が組めない、という点です。つまり、ドコモ以外のスマホユーザーやahamoユーザーがお得に使える光回線なんです。

GMOとくとくBB光もドコモ光と同じく光コラボの一つなので、回線の品質に大きな違いはありません。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金4,818円3,773円
事務手数料3,300円
工事費2,200~26,400円
→ 実質無料
2,200~25,300円
→ 実質無料
契約期間36ヶ月(自動更新)
解約金なし
提供エリア全国

GMOとくとくBB光も混雑回避の通信方式「v6プラス(IPv6)」に標準対応しているため、速度の評判が良いです。また、v6プラスに対応した無線LANルーターを無料でレンタルできるので、自分でルーターを用意する必要はありません。

契約期間はあるものの解約金がないので実質は縛りがないという点も嬉しいポイントですね。

キャッシュバックは、当サイト限定のキャンペーンで申し込むことで、今なら30,000円がもらえます。

キャッシュバックは、開通月を含む11ヶ月目に申し込み時に登録したGMOとくとくBBのメールアドレス宛てに案内メールが届くので、案内に従って口座登録が必要です。忘れそうな人は、スケジュール帳に書いて管理しておくといいでしょう。

GMOとくとくBB光のキャンペーン・割引

  • 30,000円キャッシュバック
  • 初期工事費が実質無料
  • v6プラス対応の無線LANルーター無料レンタル

注意点としては、新規申し込み(フレッツ光や光コラボからの乗り換え以外)の場合、工事費は実質無料となっています。毎月工事費の36回払いの金額と同等の金額を割り引いて実質無料になるため、36ヶ月以内に解約すると工事費の残債を請求されてしまいます。3年は使う前提で申し込める人におすすめです。

GMOとくとくBB光については、下の記事で詳しく解説しています。
GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)の評判とデメリットを解説

ドコモ光×GMOについてよくある質問

ドコモ光×GMOのルーターの評判は良い?

ルーターの無料レンタルを利用しているユーザーからは評判が良いようです。

ドコモ光×GMOで無料レンタルしてくれるルーターは、「WSR-2533DHP3(BUFFALO製)」「Aterm WG2600HS2(NEC製)」「WRC-2533GST2(ELECOM製)」などがあり、Amazonや楽天市場では8,000~10,000円ほどで販売されているスペックの良い機器です。

ルーターの評判についてはこちらをご覧ください。

ドコモ光のプロバイダをGMOから変更できる?

ドコモ光ではプロバイダの変更が可能のため、GMOから他のプロバイダへ変更できます。

プロバイダの変更はドコモインフォメーションセンターへ電話、またはドコモショップで行えます。プロバイダを変更する際は、ドコモのネットワーク暗証番号や光回線契約者IDなどの契約者情報が必要です。

プロバイダの変更方法や費用などの詳細はこちらをご覧ください。
ドコモ光のプロバイダはどこがおすすめ?速度・キャンペーンなど21社徹底比較

ドコモ光×GMOの問い合わせ電話番号は?

ドコモ光×GMOの問い合わせ電話番号は申し込み前と申し込み後で異なります。

  • 申し込み前:0120-377-109
  • 申し込み後:0570-045-109
    受付時間:10時~19時(年中無休)
    ※サービス内容・事務手続きに関するお問い合わせは平日のみ

ドコモ光×GMOを解約したい場合は?

ドコモ光×GMOを解約するには、ドコモへの連絡が必要です。プロバイダによってはプロバイダへの解約手続きも必要な場合がありますが、GMOの場合は必要ありません。

ドコモショップで解約をする場合、身分証明書と契約ID(またはネットワーク暗証番号)が必要です。

まとめ

ドコモ光×GMOは、インターネット回線に求められる速度の評判が良い、サービスが充実、様々なキャンペーン特典も受けられる、と三拍子揃った光コラボです。

20社以上あるプロバイダ選びに迷った時は、純粋にキャンペーン特典だけで選んでしまうのも悪い考えではありません。むしろ、今すぐお得にインターネットを始めるならドコモ光×GMOは有力候補としておすすめです^^

別のプロバイダと比較して、キャッシュバックや乗り換え費用、無線LANルーターの無料レンタルなど、特典も充実しています。

以下の記事では、速度が速い光回線、転用・事業者変更におすすめの光コラボ、料金が安い光コラボ、について解説していますので、是非参考にしてみてください。

こちらの記事もご参考に!

  • 速度が速い光回線をお探しの方は ⇒ こちら
  • フレッツ光からの転用(乗り換え)を検討中の方は ⇒ こちら
  • 光コラボからの事業者変更(乗り換え)を検討中の方は ⇒ こちら
  • 料金が安い光コラボをお探しの方は ⇒ こちら

\お役に立てたらシェアをお願いします♪/

コメント

これからインターネット回線を契約する人やすでに契約中の人の参考になるように、 良い点や悪い点を客観的にコメントしてください。
誹謗中傷や暴言、個人を攻撃する発言など、第三者を不快にするコメントは非公開とします。 また、個人情報が含まれたコメントも公開できませんのでご了承ください。
※スパム対策のため、日本語を含まないコメントは無効になっています。

コメントを残す

*

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています