ドコモ光×TCOMの評判を徹底解説!『速度が遅い』って本当?

ドコモ光×TCOMの評判を徹底解説!『速度が遅い』って本当?

ドコモ光×TCOMの評判についてお調べですか?

ドコモ光は23種類のプロバイダから選べる光回線ですが、プロバイダの一つに、光回線やモバイル事業、ケーブルテレビまで幅広く事業展開をしている東海地方のプロバイダ「TCOM(@TCOM)」があります。

プロバイダTCOMの利用を検討していて、『ドコモ光×TCOMは遅い』という評判を耳にしていまい迷っている方いませんか?

この記事では、ドコモ光×TCOMの評判、サービス内容、TCOM光との違いなどを解説していきますので、ドコモ光×TCOMを検討している方は参考にしてみてください。

※表記している価格は税込みです。

ドコモ光×TCOMの評判

早速ですが、ドコモ光×TCOMの速度についての評判を見ていきたと思います。

ドコモ光×TCOMについては遅い・速い両方の評判がありますが、これはドコモ光×TCOMに限った話しではなく、全てのインターネット回線やプロバイダについて言えます。

僕もTwitterでドコモ光×TCOMの評判を色々と調べてみましたが、結論から言うと『遅い』という評判は思ったほど多くない印象がしました。

確かに、『ドコモ光×TCOMは遅い』という評判はありますが、快適に使えている方も多くいるため、ドコモ光×TCOM=遅いという判断は早計かもしれません。

速い・快適に使えている

ドコモ光×TCOMを使っていて下り速度が400Mbpsを超えている方他の光回線(またはプロバイダ)から乗り換えて速度が改善した方が多くいるようです。

アクセスが集中する時間帯(夜間や休日)は混雑によって速度遅延が起きてしまうケースもありますが、遅延することなく安定して使えている方もいるようです。

不安定・遅い

一方で、『繋がりが不安定』『遅い』など不満を口にしている方もいました。

逆に、他の光回線(またはプロバイダ)から乗り換えて速度が遅くなってしまった方もいるようです。乗り換えたことで改悪してしまったら不満の一つも言いたくなりますよね…。

TCOMの速度はドコモ光のプロバイダの中で中間

「みんなのネット回線速度」というスピードテストのサイトではドコモ光のプロバイダごとの平均速度がランキング化されていて、TCOMは中間の7位という結果でした(2022年10月27日時点)。

順位プロバイダ名ダウンロード速度
1ドコモnet315.88Mbps
2GMOとくとくBB291.44Mbps
3BB.excite286.78Mbps
4BIGLOBE282.44Mbps
5OCN280.48Mbps
6ぷらら269.92Mbps
7TCOM258.75Mbps
8ASAHIネット257.82Mbps
9エディオンネット249.2Mbps
10DTI237.14Mbps
11アンドライン235.49Mbps
12
WAKWAK212.28Mbps
13
@nifty211.62Mbps
14
楽天ブロードバンド172.24Mbps
15hi-ho101.77Mbps
※タイプA・B対応のプロバイダのみを抜粋。

ドコモ光で選べるプロバイダは23社ですが、ランキングに反映されているプロバイダは直近3ヶ月間で50名以上の方が測定されているプロバイダです。

TCOMの平均速度は258.75Mbps出ているためそこまで遅いといった印象はありませんが、この速度結果が測定するサイトによって違うのです。

僕の知り合いがドコモ光をプロバイダDTIで使っていてスピードテストをした時に、みんなのネット回線速度では200Mbpsを超えていたものの、サイトによっては50Mbpsというところもあったそうです。結局8社ほど試した結果、平均は130Mbpsぐらいと言ってました。

それを考慮すると、DTIより20Mbpsほど速いTCOMは150Mbps前後が平均速度なのかもしれません。

ドコモ光×TCOMの料金・提供サービス

ドコモ光×@TCOM引用元 TCOM公式サイトより

ドコモ光×TCOMのサービスについて解説する前に、プロバイダのTCOMについて簡単に説明しておきます。

TCOMは、株式会社TOKAIコミュニケーションズが運営するプロバイダです。もともとは1977年に焼津ケーブルテレビの発足から始まり、ビック東海の社名変更を経て現在の社名になりました。

TCOMはドコモ光だけでなく、auひかりのプロバイダとしても選ぶことができるので、auユーザーで興味がある人は調べてみてください。

月額料金は4,620円~

 戸建てタイプマンションタイプ
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円
タイプC5,720円4,400円
単独タイプ5,500円+プロバイダ料4,180円+プロバイダ料
※2年契約プランで申し込んだ場合。2年契約なしの場合はそれぞれ+1,650円。

ドコモ光はタイプA・B・Cの中からプロバイダを選択できます。

TCOMは料金が高い方のタイプBに属しているため、タイプAより220円割高になります。

したがって、ドコモ光×TCOMの月額料金は、戸建てタイプが5,940円、マンションタイプが4,620円になります。また、ドコモ光の月額料金は他の光コラボと比較してもやや高いのが正直なところです。

プロバイダ「TCOM」のサービス概要

プロバイダのTCOMで提供されるサービスは以下のとおりです。

プロバイダ「TCOM」のサービス概要
メールアドレス数1個
メールBOX容量無制限
ドメイン.t-com.ne.jp
セキュリティソフトTOKAI SAFE(12ヶ月無料)
リモートサポートプロバイダ有料サービス
訪問サポート○(初回無料・60日以内)
Ipv6IPoE
IPv4 over IPv6通信
その他のサービス・Wi-Fiルーター(契約期間中は無償レンタル)
・ホームページ(20MBまで)
・Webメール

メールアドレスは1個のみですが、メールBOXは無制限で利用可能です。

セキュリティソフトは12ヶ月無料で、最大6台までパソコンやスマホにインストールできます。13ヶ月目以降は月額440円です。

契約期間中であればIpv6対応のWi-Fiルーターを無償レンタルしてもらえるため、余計なコストをかけずにネット回線を利用できます。

ドコモ光×TCOMで行われているキャンペーン・割引

ドコモ光×TCOMでは、工事費無料、スマホとのセット割、キャッシュバックなどのキャンペーンが行われています。

ドコモ光×TCOMで行われているキャンペーン・割引

初期工事費はキャンペーンで完全無料

事務手数料3,300円
初期工事費戸建てタイプ:19,800円
マンションタイプ:16,500円
→ キャンペーンで無料

現在ドコモ光では、初期工事費が完全無料になるキャンペーンが行われています。

他社のように実質無料ではなく完全無料のため、解約時に残債請求をされる心配がありません。

なお、工事費無料キャンペーンはドコモ光で実施されているため、TCOM以外のプロバイダを選んだ場合でも適用されます。

ドコモ光セット割で毎月のスマホ料金が最大1,100円割引

ドコモ光 ドコモ光セット割引用元 ドコモ公式サイトより

ドコモのスマホや携帯電話とドコモ光を一緒に利用すると、スマホ・携帯電話の月額利用料金が割引になる「ドコモ光セット割」を組むことができ、毎月のスマホ料金が最大1,100円割引になります(「ahamo」は対象外)。

他の大手携帯キャリアのauやソフトバンクでもスマホ+光回線とのセット割があり、月額550円の光電話(固定電話サービス)への加入が条件になっていますが、ドコモ光でセット割を組む場合はオプション加入は不要です。

なお、ドコモ光セット割を組める光回線はドコモ光のみなので、ドコモユーザーがセット割を組みたい場合は必然的にドコモ光一択になります。

割引額はドコモで契約している料金プランよって違い、ギガプランの「ギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガライト」のプランは家族全員のスマホ料金が毎月550〜1,100円割引、カケホーダイ&パケあえるの「ウルトラシェアパック」「ベーシックシェアパック」などのプランは毎月110〜3,850円割引になります。

割引額やプランに関しては以下をご覧ください。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ プレミア、5Gギガホ、ギガホ プレミア、ギガホ、5Gギガライト、ギガライトの総称です。

料金プラン割引額
5Gギガホ プレミア/5Gギガホ-1,100円/月
ギガホ プレミア/ギガホ
-1,100円/月
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,100円/月
ステップ3:~5GB-1,100円/月
ステップ2:~3GB-550円/月
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,850円/月
ウルトラシェアパック50-3,190円/月
ウルトラシェアパック30-2,750円/月
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,980円/月
ステップ3:~15GB-1,980円/月
ステップ2:~10GB-1,320円/月
ステップ1:~5GB-880円/月
ウルトラデータLLパック-1,760円/月
ウルトラデータLパック-1,540円/月
ベーシックパックステップ4:~20GB-880円/月
ステップ3:~5GB-880円/月
ステップ2:~3GB-220円/月
ステップ1:~1GB-110円/月

42,000円キャッシュバックキャンペーン

ドコモ光引用元 NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトより

ドコモ光×TCOMの申し込みは、ドコモ光の正規代理店「NNコミュニケーションズ」がおすすめです。

NNコミュニケーションズでは、オプション加入不要で42,000円キャッシュバックがもらえます。手続きは申し込み時に口座情報を伝えるだけとシンプルで、振り込みも最短1ヶ月後と早いです。

NNコミュニケーションズのキャンペーン内容

  • 42,000円キャッシュバック
  • オプション加入不要
  • 申し込む際に口座情報を伝えるだけ(SMSでも登録可能)
  • 振り込みはドコモ光が開通した最短1ヶ月後

NNコミュニケーションズではTCOM以外のプロバイダでもドコモ光を申し込めますので、どのプロバイダが良いかわからない方・お悩みの方は是非相談してみてください^^

なお、TCOM以外のプロバイダが気になる方は、以下の記事を参考にしてみてください。
ドコモ光のプロバイダは速度・キャンペーンで選ぶとどこがおすすめ?

ドコモ光×TCOMはあまりおすすめできない

ドコモ光では高い料金タイプのグループに属するプロバイダTCOM。

プロバイダ特典が充実していれば救いはあったのですが、基本サービスのみで特に目立った特典もないですし、際立って速度が速いということもないため、TCOMを利用するメリットがあまり感じられないのが正直なところです。

例え、ドコモユーザーでセット割が目的だとしても、TCOMにこだわる理由が見当たりません。もし、ドコモ光セット割を重視してドコモ光を利用するなら、特典が充実している他のプロバイダを選ぶことを強くおすすめします。

TCOM光もキャンペーン特典はそこそこ充実していますが、他の光コラボに比べて少ないのが欠点です。月々の料金も高いですしね…。

「ドコモ光×TCOM」と「TCOM光」の違いは?

TCOM光引用元 TCOMヒカリ公式サイトより

TCOMはドコモ光にプロバイダ提供していますが、自社で「TCOM光(TCOMヒカリ)」という光コラボも提供しています。

ドコモ光×TCOMとTCOM光は、フレッツ光と同じNTT東日本・西日本の光回線設備を使ったサービスですが、ドコモ光でプロバイダTCOMを利用する場合と、TCOM光を利用する場合では、どんな違いがあるのか見てみましょう。

月額料金・初期費用・セット割などで比較

ドコモ光×TCOMTCOM光
月額料金戸建て:5,940円
マンション:4,620円
戸建て:5,610円
マンション:4,180円
初期工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
→ キャンペーンで完全無料
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
→ キャンペーンで実質無料
事務手数料3,300円3,300円
契約期間2年2年
解約金戸建て:5,500円
マンション:4,180円
戸建て:3,300円
マンション:2,200円

月額料金で比較

月額料金で比較してみると、戸建てタイプ・マンションタイプともにTCOM光の方が安いことが分かります。

ただ、他の光回線と比較した場合、ドコモ光×TCOMとTCOM光はどちらも高いのが正直なところです。

工事費で比較

工事費についてですが、TCOM光でも工事費無料キャンペーンは行われています

ただし、ドコモ光とは違い実質無料のため、2年以内に解約をしてしまうと割引が済んでいない工事費が残債分として一括請求されてしまうので注意しましょう。

契約期間・解約金で比較

契約期間はどちらも2年のため違いはありません。

解約金で比較すると、戸建てタイプ・マンションタイプ共にはTCOM光の方が安い設定になっています。

スマホとのセット割で比較

ドコモスマホとのセット割「ドコモ光セット割」はドコモ光でしか組めません。

先ほどご紹介したように、ドコモのスマホ・ケータイとドコモ光をセット利用することで毎月のスマホ料金が最大1,100円割引されますが、割引額はスマホ・ケータイで契約しているプランよって異なります。

一方、TCOM光ではauスマホとのセット割「auスマートバリュー」が組めて、毎月のスマホ料金が最大1,100円割引してもらえます。ただし、auスマートバリューを組むためには月額550円のヒカリ電話(固定電話サービス)の加入が必須になります。

なお、auスマートバリューの割引額も契約しているプランよって異なりますので、詳しくはこちらをご確認ください。

スマートフォン(5G/4G LTE)

料金プラン割引額
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)

※受付終了プラン
新auピタットプラン
1GBまで割引対象外
1GB超~7GBまで-550円/月
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G Netflixパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G Netflixパック
使い放題MAX 4G

※受付終了プラン
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G テレビパック
データMAX 5G Netflixパック(P)
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G with Amazonプライム
データMAX 5G
データMAX 4G LTE テレビパック
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
-1,100円/月
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GBまで-550円/月
※受付終了プラン
auピタットプランN(s)
auピタットプラン

auピタットプラン(s)
2GBまで
※(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外です。
-550円/月
2GB超~20GBまで-1,100円/月
※受付終了プラン
データ定額1
-1,027円/月
(3年目以降は-550円/月)
※受付終了プラン
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
-1,027円/月
※受付終了プラン
U18データ定額20
-1,551円/月
※受付終了プラン
データ定額5/8/20
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)
※受付終了プラン
データ定額10/13/30
-2,200円/月
(3年目以降は-1,027円/月)

ケータイ (4G LTE)

料金プラン割引額
※受付終了プラン
データ定額1(ケータイ)
-1,027円/月
(3年目以降は-550円/月)
※受付終了プラン
データ定額2/3(ケータイ)
-1,027円/月
※受付終了プラン
データ定額5/8(ケータイ)
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)
※受付終了プラン
データ定額10/13(ケータイ)
-2,200円/月
(3年目以降は-1,027円/月)

ケータイ (3G)

料金プラン割引額
カケホ(3Gケータイ・データ付)-1,027円/月

4G LTEタブレット/4G LTE対応PC

料金プラン割引額
タブレットプラン20

※受付終了プラン
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
-1,100円/月
※受付終了プラン
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)

ドコモ光×TCOMについてよくある質問

ドコモ光×TCOMの速度の評判は良い?

この記事でも解説していますが、ドコモ光×TCOMの速度についての評判はそこまで悪くありません

『遅い』と不満を口にしている方もいますが、400Mbps超えの方もいたりします。

なお、「みんなのネット回線速度」によると、下り速度の平均は258.75Mbpsでドコモ光のプロバイダ23社の中で7位という結果です。

ドコモ光×TCOMでIPv6を使う際に設定は必要?

v6プラス(IPv6)対応のドコモ光電話対応ルーターを利用している場合は自動で接続されるため、IPv6を利用するにあたっての設定は必要ありません。

ただし、市販されているv6プラス対応のブロードバンドルーターを利用している場合は設定が必要です。設定方法につきましては、各メーカーの公式サイトをご確認ください。

ドコモ光のプロバイダをTCOMから変更できる?

ドコモ光ではプロバイダの変更が可能のため、TCOMから他のプロバイダへ変更できます。

プロバイダの変更はドコモインフォメーションセンターへ電話、またはドコモショップで行えます。プロバイダを変更する際は、ドコモのネットワーク暗証番号や光回線契約者IDなどの契約者情報が必要です。

  • ドコモインフォメーションセンター(0120-800-000)へ電話をする
  • ドコモショップへ行く

プロバイダの変更方法や費用などの詳細はこちらをご覧ください。
ドコモ光のプロバイダは速度・キャンペーンで選ぶとどこがおすすめ?

まとめ

今回はドコモ光×TCOMについて解説してきました。

『TCOMは遅い』という評判は極端に多いというわけではありませんが、プロバイダとしてのサービスや特典も乏しいことから、利用する上であまりメリットがないことが分かりました。

ドコモ光のプロバイダは23社と豊富なためその中から選ぶのは迷ってしまいますが、ドコモ光にこだわるのであればキャッシュバックなどのキャンペーン特典が充実しているプロバイダを選ぶのがおすすめです。

人によって重視する部分(通信速度、サービス内容、キャンペーン・特典など)は違いますが、プロバイダ選びに迷った際はこの記事を参考にしていただけたら嬉しいです。

なお、以下の記事では、速度が速い光回線、転用・事業者変更におすすめの光コラボ、料金が安い光コラボ、について解説していますので、是非参考にしてみてください。

こちらの記事もご参考に!

  • 速度が速い光回線をお探しの方は ⇒ こちら
  • フレッツ光からの転用(乗り換え)を検討中の方は ⇒ こちら
  • 光コラボからの事業者変更(乗り換え)を検討中の方は ⇒ こちら
  • 料金が安い光コラボをお探しの方は ⇒ こちら

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*