まだそんな高いの?auスマホの料金を安くするための4つの知識・方法とは

まだそんな高いの?auスマホの料金を安くするための4つの知識・方法とは

auの毎月の料金が高くて、もっと安くなる方法を探していますね?

カケホに、データ定額プラン、LTEネットとトータルで毎月6,000円以上かかっている人が多いのではないでしょうか?

割引も色々とあったりしますが、1年間や2年間のみが当たり前なので、結局は使っているうちに月額料金が上がってしまいます。

この記事では、auスマホの月額料金を少しでも安くするための知識・方法をお伝えします。読んだ後は、ぜひ実践できるものはやってみて無駄な出費を抑えてくださいね。

いらないオプションを外す

通信系のサービスには何でも当てはまることですが、申し込みの時に強制的に付けられたオプションがそのままになっていませんか?

オプション月額料金
auスマートパス372円
auスマートパスプレミアム499円
TELASA(旧ビデオパス)562円
うたパス500円
ブックパス562円
ディズニーパス500円

基本的にはじめの30日間は無料で使えますが、試してみて『やっぱり必要ない』とか『もう使わないなぁ』というオプションは無駄ですよね。

オプション2つでも月額料金は1,000円前後違ってくるので、不要なオプションがある人は「My au」から解約しておくことをおすすめします。

 

そもそものプランを見直してみる

auの月額料金ですが、特にデータ定額のプランを変えるだけでかなり節約できるのが下の表からわかると思います。LTE NET(データ通信を使うためには必須)もなくなると良いんですけどね^^;

 料金
データMAXプラン Netflixパック4,880円(7ヶ月目~:5,880円)
データMAXプランPro4,480円(7ヶ月目~:5,480円)
フラットプラン7プラスN3,480円(2年契約N適用時:5,480円)
新auピタットプランN1,980円~(データ利用量による)
フラットプラン25 NetflixパックN5,150円(7ヶ月目~:6,150円)
データMAXプラン Netflixパック4,880円(7ヶ月目~:5,880円)
フラットプラン20N4,000円(7ヶ月目~:5,000円)

auでは、データ定額制、使った分の従量制など、様々なプランが用意されています。

新auピタットプランNであればデータ利用量によっては安く利用できるので、普通に使ってひと月の通信量が1GB・2GBあたりで収まる人は今までよりも安くできるでしょう。

スマホの通信量はここで確認

例えば、データプランの月間通信量はスマホ側の機能でザックリですが確認できます。

  • Android:歯車アイコンの「設定」をタップ。⇒「データ通信量」をタップで確認できます。
  • iPhone:ホーム画面で「設定」をタップ。⇒「モバイルデータ通信」をタップ。⇒「現在までの合計」(または「現在までの期間」)で確認できます。

ひと月に使っている通信量が5GB以下の人で、特によく分からずに、auショップの店員さん任せてしまいデータプランは20GBとか30GBを契約してしまっている人は、こんな状態かもしれませんね^^;

自分の月々の通信量に見合っていないデータプランなら、適したプランに変えましょう。

 

ネット回線とのセット割引を使う

家のネット回線とセットにして割引を受ける方法も効果は高いです。特にauのスマホ料金が毎月500円~2,000円が割引される「auスマートバリュー」。

最大10回線まで割引してもらえるので、家族全員がauを使っているならさらに効果は抜群です。

ただ、auのネット回線とのセット割引は少し特殊で、ネット回線によって「auスマートバリュー」の他にも割引が2つあります。

 割引名称割引額
auひかりauスマートバリュー最大2,000円
ビッグローブ光
So-net光プラス
auセット割
※auスマートバリューも可
最大1,200円
WiMAX2+auスマートバリューmine最大1,000円

注意点ですが、上でお伝えしたように契約プランを適切なもの(安いプラン)に変えて節約をすると、このセット割による割引額は少なくなってしまいます。

ここは一長一短なので、もし「auスマートバリュー」を使うときは単純に割引額だけで判断するのではなく、通信量トータルで一番安くできるバランスにすることが大事です。

auスマートバリューなら「auひかり」

auスマートバリューを使うためのネット回線はauブランドの「auひかり」が一番おすすめです。

その理由としては、次の2つです。

  • NTTのフレッツ系に比べて回線速度が速い傾向にある。
  • キャンペーン内容が充実している。

auひかりは、KDDIの通信設備を使っているので、NTTフレッツ光・光コラボのようなユーザー数がいないため回線速度が出やすい傾向にあり、第3者機関の回線速度調査「RBB SPEED AWARD 2018 」でも日本の各エリアごとに評価が高い結果が出ています。

キャンペーンや割引は以下の4つです。

  • キャッシュバック最大52,000円
  • 初期工事費が実質0円
  • 他社からの乗り換え費用還元(最大30,000円)
  • auスマホのセット割引「auスマートバリュー」

※工事費無料などひかり電話(月額500円)が条件になるキャンペーンが多いので、必要がない人も最初は付けておいて、あとで解約してしまいましょう。

キャンペーンを含めた月額料金や初期費用・解約金は下のようになります。

 ホームタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目~:4,900円
3,400~
5,000円
(設備による)
事務手数料3,000円
工事費用37,500円
→ キャンペーンで実質無料
30,000円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間36ヶ月間24ヶ月間
解約金15,000円9,500円
撤去費用28,800円
提供エリア東海・長野・関西を除く全国全国

auひかりのホームタイプは、2018年3月から解約した時に撤去費用が28,800円かかるようになってしまいました。例外として、引っ越し先での移転継続か、auのホームルーターを利用する場合は撤去費用が免除になります。

長期で使っていける予定がないと難しいかもしれませんね^^;

 ⇒auひかりのキャンペーンと料金、メリット・デメリットを詳しく解説

auひかりは初期費用実質無料&業界最高額キャッシュバック

auひかり

auひかり優良代理店NEXTでは、auひかり公式とプロバイダ・代理店の3社のキャンペーンを全て適用できる上に、キャッシュバックも速いです。

auひかりを検討しているのであれば、こちらの代理店から申し込むことをおすすめします。

光コラボなら「ビッグローブ光」

もし、上記のauひかりが提供されていない住所・建物に住んでいるのであれば、光コラボ(NTT光回線の卸売り)を使ってauスマートバリューを使う方法があります。

プロバイダBIGLOBEの光コラボ、ビッグローブ光であれば次のような特長があります。

  • フレッツ光の提供エリアと同じ
  • 光コラボの中ではキャンペーンが充実
  • 販売代理店を使うとキャッシュバックがプラス

キャンペーンや割引は以下の3つ。

  • キャッシュバックが最大35,000円
  • キャッシュバックが最大26,000円&初期工事費が実質0円
  • 「auスマートバリュー」か「auセット割」が選択できる

キャッシュバックキャンペーンはユーザーの希望によって、選択することができます。

また、キャンペーンを含めた月額料金や初期費用・解約金は下のようになります。

 ファミリーマンション
回線速度1Gbps
月額料金4,980円3,980円
事務手数料3,000円
工事費用27,000円
→ キャンペーンで実質無料
30,000円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間3年間自動更新
解約金20,000円
提供エリア全国

建物にマンションタイプの設備が入っているのであれば、月額料金は抑えて使うことができますね。

また、ビッグローブ光はauセット割も選択可能です。その場合は、必須オプションの光電話の必要ないですし、月額料金からセット割が適用され、最大1,200円割引されます。

 

au系の格安SIMにしてみる

auから格安SIMに変えるのは毎月の通信費を確実に安くするための方法ですが、格安SIMの中でもauスマホが使えるプランを提供している事業者は数が限られています。

有名どころでは「UQモバイル」「IIJmio」「mineo」がそれぞれ特徴も違いおすすめです。

「UQモバイル」の特徴

WiMAX2+の本家、UQコミュニケーションズの格安SIM。

auのサブブランドとして回線速度も格安SIMの中では文句なしです。格安SIMでは珍しい店舗展開も進めています。料金プランは、無料通話込み+データ通信のセットプランがメインです。

 プランSプランMプランL
月額料金1,980円2,980円4,980円
2台目以降1,480円2,480円3,480円
データ容量3GB9GB14GB
通話料20円/30秒
通話オプション・かけ放題(24時間いつでも):1,700円/月
・10分かけ放題(10分/回):700円/月
・通話パック(60分/月):500円/月

2年縛りもなく手頃な料金で使えるのがUQモバイルの特徴です。

通話料単体で見ると高い印象ですが、3種類の通話オプションを上手く組み合わせて使うことで通話料も安くすることができます。

「IIJmio」の特徴

老舗プロバイダのIIJの格安SIMサービス。こちらも第3者機関の満足度調査で、総合満足度の評価が高いサービスですね。

他の格安SIMと違う特長としては、1契約でSIMカードを複数使うことができるので、スマホとタブレットの2台持ちや、家族みんなで使う(10GB)ことでコストメリットが出てきます。(追加SIMカードは1枚につき400円/月プラスされます。)

料金プランは、格安SIMの中では高めの設定。選べるプランが少なくシンプルな料金体系です。

 ミニマムライトファミリー
データ通信(SMS)900円~1,520円~2,560円~
音声+データ通信1,600円~2,220円~3,260円~
データ容量3GB6GB12GB
SIMカード利用最大2枚最大10枚

20GB、30GBの大容量のデータ通信はオプション扱いになっているのも特徴です。それぞれ、下のようになりますがちょっと値が張りますね^^;

  • 20GB:3,100円/月
  • 30GB:5,000円/月

家族となら30分以内(その他は10分以内)の通話なら何度でもかけ放題のオプション(月額+830円)や、LTEの高速通信のON・OFF機能でデータ通信の節約もできます。

スマホ端末と一緒に申し込むと、選べるe-GIFTが最大5,000円分もらえるキャンペーンもやっています。

「mineo」の特徴

関西エリアでeo光を提供しているケイオプティコムの格安SIM。第3者機関の満足度調査で、総合満足度1位や上位を受賞しているサービスです。

料金プランは、格安SIMの中では標準的です。

 データ通信のみ通話+データ通信
500MB700円1,310円
3GB900円1,510円
6GB1,580円2,190円
10GB2,520円3,130円
20GB3,980円4,590円
30GB5,900円6,510円

10分の通話なら何度でもかけ放題のオプション(月額850円)や、mineoユーザー同士でパケットを分け合えるサービスも充実。

格安SIMにするときの注意点

上でお伝えした格安SIMは、ドコモ用とau用のプランがあるので、必ずau用のプランを見るようにしてください。

また、使っているauスマホをそのまま使う場合は、申し込みをしたい格安SIMのWebサイトで「動作確認端末一覧」を見て、自分のスマホの動作確認がとれているかをきちんと確認しておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回お伝えした方法で、どれか一つでもやってみるだけでも月額料金を安くすることができます。最後にもう一度おさらいです。

  • いらないオプションを外す
  • 契約プランを見直してみる
  • ネット回線とのセット割引を使う
  • au系の格安SIMにしてみる

まずは、すぐできる事からやってみて、浮いた分のお金でもっと有意義な事に使ってくださいね^^ この記事がau料金節約の参考になれば嬉しいです。

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

ネット回線えらびでこんな風に困っていませんか?

  • 光コラボに興味がある
  • おトクな乗り換え方法が知りたい
  • 工事費用ナシで光回線を申し込みたい
  • キャッシュバックがもらえるキャンペーンで申し込みたい
  • 月額料金が安いインターネット回線が知りたい
  • ネット回線が多すぎて選べない
  • ネット回線えらびに疲れた
  • そもそもネット回線についてよくわからない
  • 自分に合ったネット回線が知りたい
  • 自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

 

などなど、どんなことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*
ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。


今すぐ無料相談してみる

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*