mineoって評判は良いけどどうなの?料金やメリット、注意点のまとめ

mineoって評判は良いけどどうなの?料金やメリット、注意点のまとめ

格安SIMに乗り換えようと思って、「mineo」ってどんなサービスなんだろうと迷っていませんか?

mineoは人気の高い格安SIMですが、あなたに合うサービスなのか、評判は良いのかなど気になりますよね。

今回は、mineoの料金やユーザーの口コミ・評判、メリット、注意点を解説します。

どのような人におすすめできるか・おすすめできないかまでまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

※表記している価格は税込みです。

mineoってどんなサービス?

mineo※画像は公式サイトより

mineo(マイネオ)は、関西電力グループの「オプテージ」が提供する格安SIMサービスです。

「フリータンク」「ゆずるね。」「マイそく」など、他の格安SIMにはない独自のサービスが人気で、「2021年 オリコン顧客満足度調査」の格安SIM部門で第1位を獲得しています。

ソフトバンク・au・ドコモから回線を選択できるので、SIMロックの解除の手間なく今お使いの端末をそのまま利用できます。

mineoの料金プラン

mineoの料金プランは「マイピタ」と「マイそく」の2種類があります。

通常プラン「マイピタ」

マイピタ※画像は公式サイトより

mineoの料金プランマイピタは、データ通信のみの「シングルタイプ」と、音声通話も利用できる「デュアルタイプ」から選べます。

シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
1GB880円1,298円 
5GB1,265円1,518円 
10GB1,705円 1,958円
20GB1,925円2,178円 
※ソフトバンク・au・ドコモ共通
※5G通信オプション・+220円/月

パケットが足りなくなった場合は、「パケットチャージ」で100MBにつき55円で、月15GBまで追加することができます。

残ったパケットは翌月に繰り越したり家族や友達にシェアしたりもできるので、無駄にならないのもいいですね。

ちなみに初月の月額料金は日割りです。ただ、パケットはいつ申し込んでも満量もらえるため、月末に申し込みをすれば数日分の月額料金で契約したパケットを全てもらうことができます。

パケット使い放題の「マイそく」

※画像は公式サイトより

「マイそく」は、平日12時~13時の通信速度が最大32kbpsに制限される代わりに、パケットが使い放題になります。

月額料金平日12~13時以外の最大速度
スタンダード990円1.5Mbps
プレミアム2,200円3Mbps

平日12時~13時以外の速度は、1.5Mbps(スタンダード)または3Mbps(プレミアム)となります。1.5MbpsでもネットサーフィンやLINE、Youtubeの低~中画質の動画の視聴くらいならできます。

平日のお昼時はあまりネットを使わない、使っているけど家や職場のWiFiで賄える、という方には特にメリットが大きいです。

3日間で10GB以上のデータ通信を行うと速度制限がかかるため、完全にデータ使い放題ではありませんが、月間に換算すると最大で約100GBのパケットになるので、ヘビーユーザーはお得ですよ。

初期費用

mineoの初期費用は、契約事務手数料とSIMカード発行料を合わせた合計3,740円です。

契約事務手数料3,300円
SIMカード発行料440円

スマホの端末も合わせて購入する場合には、上記の初期費用と合わせて別途端末費用が必要です。

エントリーコード取得で事務手数料が無料に!
こちらのキャンペーンページでエントリーコードを取得してから公式サイトで申し込むと、契約事務手数料の3,300円が無料になります。お得なのでぜひ利用してみてください^^

通話料

mineoの通話料は30秒あたり22円ですが、「mineoでんわ」のアプリを経由すれば、半額の30秒あたり10円で利用できます。

また、通話オプションは2種類あり、格安SIM業界でも最安クラスの料金です。

10分かけ放題
(10分以内の通話が誰とでも何度でもかけ放題)
月額550円
時間無制限のかけ放題月額1,210円

1回10分の通話の場合、月に3回以上するなら10分かけ放題を利用した方がお得ですね。

mineoの評判はどう?

mineoは、「2021年 オリコン顧客満足度調査 格安SIM 第1位」をはじめ様々な受賞実績がありますが、気になるのは実際に利用したユーザーの口コミですよね。

Twitterでユーザーの口コミを見てみましょう。

夜間の通信速度は概ね満足」「Amazonミュージックなどの音楽ストリーミングサービスも低速モードでストレスなく使える」など、mineoの通信速度に満足をしている方の声を聞くことができます。

格安SIMに乗り換える場合、今のキャリアとの通信速度や品質の差が気になってしまうので、実際に利用している方からの評判は参考になりますね。

ただし、当然ですが、mineoに乗り換えてデメリットを感じている方もいることは知っておきましょう。

上の口コミのように、時間帯により通信速度が遅いと感じる人が多いようです。

大手キャリアの回線を間借りしている格安SIMでは、昼や夕方など回線が混雑する時間帯は通信速度が低下する傾向があります。

混雑する時間帯は、なるべく自宅のWiFiやフリーWiFiでカバーするのがいいですね。

mineoのメリット

ここでは、mineoに乗り換えるべき理由となる、メリットについて詳しく解説します。

  1. 低速モードでパケットが使い放題
  2. パケットを無制限で繰り越しできる
  3. パケットのシェアサービスが充実している
  4. 「ゆずるね。」でパケットを獲得可能
  5. 店舗のサポートを受けられる
  6. 家族割やネットとのセット割が使える
  7. 契約期間・解約金がない
  8. スマホ端末の種類が豊富
  9. 5Gに対応

1.低速モードでパケットが使い放題

パケット放題Plus※画像は公式サイトより

オプションの「パケット放題Plus」をつけると、最大1.5Mbpsの低速モードに切り替えることでパケットが使い放題になります。

オプション料金は次のようになっています。

月額料金
10GB以上のプラン無料
10GB以下のプラン385円

例えば、「1GBの音声通話付きプラン(1,298円)」+「 パケット放題Plus(385円)」なら、月額1,683円でパケットが使い放題になります。「10GBの音声通話付きプラン(1,958円)」なら、追加料金なしでデータ使い放題です。

ただ、3日間のデータ通信量が10GBを超えると速度制限がかかってしまいますので、一日につき3.3GBを目安に使うといいでしょう。

ちなみに最大1.5Mbpsなら、LINEやネットサーフィン、Youtubeの動画視聴(低~中画質)くらいならできます。

2.パケットを無制限で繰り越しできる

mineoの「パスケット(月額110円)」というサービスを使うと、パケットを無制限で繰り越しすることができます

通常、mineoではパケットを翌月に繰り越し可能で、翌月末までに使用しないとパケットは消滅してしまいます。しかし、パスケットにパケットを貯めておけば永久に繰り越しが可能になるんです。

貯められるパケットの上限は10PB(ペタバイト)ですが、毎月50GBずつ貯めても約1,600年かかる量です(笑)上限はないも同然ですね。

3.パケットのシェアサービスが充実している

mineoでは、「パケットギフト」「パケットシェア」「フリータンク」「チップ」など、余ってしまったパケットをシェアできるサービスがたくさんあります。

パケットギフト余ってしまったパケットを、家族や友達と分け合う
パケットシェア余ってしまったパケットを、翌月に繰り越し、グループでシェアする
フリータンク余ってしまったパケットを、全国のユーザーと分け合える。(条件つきでフリータンクからパケットを引き出せる)。
チップコミュニティサイトで1回10MBのチップを送れる。

パケットが足りなくなったり余ったりしても、みんなでシェアできれば無駄になりませんね。

4.「ゆずるね。」でパケットを獲得可能

mineoでは、多くの方が利用したい平日昼間の通信をゆずりあい、実績に応じてパケットプレゼントなどの特典がもらえる「ゆずるね。」を利用できます。

「ゆずるね。」は、毎日11時30分までにアプリで「宣言」をして、12時~13時までの混雑する時間帯のデータ通信量が少なければ達成となり、達成回数に応じて以下の特典がプレゼントされます。

5回達成100MB獲得
10回達成夜間フリー獲得
15回達成200MB獲得
20回達成プレミアム1DAYパス獲得

昼にパケットを利用する機会が少ない方は、ゆずるね。を活用して、お得にパケットをゲットしちゃいましょう。

5.店舗のサポートを受けられる

mineoは、全国200店舗以上でmineoショップや提携店舗を展開しています。

機械に苦手な方やサービス内容に疑問がある方も、店頭スタッフのサポートを受けられますよ。

ただし、電話帳やデータ移行など一部のサービスは有料となっています。

6.家族割やネットとのセット割が使える

家族でmineoを契約すると、家族割で毎月55円が割引されます。

最大5回線が割引になり、離れて暮らす家族から姓が異なる家族、同性パートナーや事実婚まで対象は幅広いです。家族で毎月最大275円の通信料を節約できますね。

また、mineoの提供元オプテージの光回線サービス「eo光」とセット割を組むと、eo光の料金に月額330円の割引が入ります。

7.契約期間・解約金がない

mineoには契約期間・解約金がないので、1ヶ月試しに使ってみたけど合わなかったから解約する、といった柔軟な使い方ができます。

mineoから他社に乗り換える場合のMNP転出料も無料です。

8.スマホ端末の種類が豊富

mineoでは、AQUOSやXperiaなど、人気の端末をお得に購入することができます。

iPhoneでは最新の13は対象外となっているものの、iPhone12はセット購入の対象なので、iPhoneユーザーにも嬉しいですね。

9.5Gに対応

mineoでは、月額料金にプラス220円で、次世代の高速通信「5G」を利用できます

5Gでは従来の4Gより高速な通信が可能です。5Gを利用するには5G対応のスマホが必要ですが、時代を先取りしたい方にはおすすめです。

mineoの注意点

ここでは、mineoを契約する前に、知っておくべきデメリットを解説します。

  1. 平日の昼などの速度が遅くなる
  2. 料金は最安ではない
  3. LINEのID検索機能が使えない
  4. キャリアのメールは使えない

1.平日の昼などの速度が遅くなる

mineoの最大のデメリットが、平日の昼などの混雑する時間帯の通信速度が遅くなってしまう点です。

mineoに限らず、大手キャリアの回線を間借りしている格安SIMでは、昼や夕方などの混雑する時間帯に、速度が低下する傾向があります。

昼休みに動画を観たいのに、カクカクしてストレスが貯まってしまうという例もあるので、昼休みの利用にはWi-Fiなどとの併用がおすすめです。

ただし、mineoでは、夜間などの通信速度に対する不満の声は少なく、混み合う時間帯以外は快適に利用できるようです。

平日の昼の通信は「ゆずるね。」で、他のユーザーに譲って、夜間などの快適な時間帯にお得に利用するというのも良いですね。

2.料金は最安ではない

mineoは、格安SIMの中では中間くらいの料金設定です。

分かりやすく、人気の格安SIMの音声通話付きプランと比較してみましょう。

料金プラン月額料金回線
mineo5GB1,518円ドコモ、au、ソフトバンク
イオンモバイル5GB1,298円 ドコモ、au
IIJmio4GB990円ドコモ、au
povo3GB990円au
UQモバイル3GB 1,628円au
ワイモバイル3GB 2,178円ソフトバンク

mineoは高い部類には入りませんが、最安ではないことが分かります。

しかし、それでもキャリアから乗り換えれば大幅にスマホの料金を下げることができます。最安にこだわらなければ、mineoの料金は十分納得のいくものでしょう。

3.LINEのID検索機能が使えない

mineoでは、LINEのID検索・電話番号検索ができません。

ただし、「ふるふる」やQRコードでの追加はできるので、ID検索ができないからmineoではLINEの友達追加ができないという訳ではありません。

また、コミュニティサイトでは、PCでLINEにログインすればID検索もできると報告されているので、大きなデメリットにはなりませんね。

4.キャリアのメールは使えない

mineoでは、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のメールが利用できません。

ただ、「XXXXX@mineo.jp」のメールアドレスを1つ使うことができます。

mineoへの乗り換えを機に、GmailやYahoo!メールに切り替えるのもアリでしょう。

mineoはこんな人におすすめ!

mineoのサービス内容、メリット・デメリットを踏まえると、mineoは次のような人におすすめです。

  1. 最安にこだわらない人
  2. パケットが余ったり足りなくなったりしがちな人
  3. 低速モードのデータ使い放題プランを探している人
  4. お昼時にあまりネットを使わない人
  5. 格安SIMにしたいけど不安な人

mineoは、格安SIMの中では最安ではありませんが、キャリアよりも安い料金で利用できます。

パケットシェアのサービスがたくさんあり、「パスケット」のサービスでパケットの永久繰り越しもできるので、パケットを無駄にしがちな人も効率的にパケットを使うことができます。

「パケット放題Plus」のオプションを使えば、低速モードの時はデータ通信が無制限になりますし、平日12時~13時の間にネットを使わない人なら「マイそく(月額990円~)」で常時低速の使い放題にできます。ネットの利用はLINEやネットサーフィン、Youtubeの低~中画質の動画視聴くらいという人にピッタリですね。

店舗もたくさんあるので、初めて格安SIMにするけど不安、という人にも向いています。

こんな人には向かないかも

反対に、mineoは次のような人には不向きです。

  1. キャリアと同じ速度で使いたい人

mineoでは、平日昼間などの混雑する時間帯に通信速度が遅くなる傾向があり、いつでも快適にインターネットをしたい方には不向きです。

ライトユーザーはあまり気にならないかもしれませんが、昼休み(12:00~13:00)によくスマホを使う人はストレスを感じるかもしれません。

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と同等の速度で使いたい人は、ドコモ・auのサブブランドのahamo(ドコモ回線)・povo(au回線)・LINEMO(ソフトバンク回線)がおすすめです。

ahamo(アハモ)の評判は?速度の口コミやメリット・デメリットを解説
povoの評判って悪いの?料金や口コミ、メリット・デメリットのまとめ
気になる!LINEMO(ラインモ)の評判やメリット・デメリット

ただ、ahamo・povo・LINEMOはオンライン専用ブランドのためショップのサポートを受けられません。

ショップのサポートを受けたい人には、auのサブブランドで店舗があるUQモバイル(au回線)やワイモバイル(ソフトバンク回線)がおすすめです。キャリアの回線を間借りしているmineoとは違い、UQモバイルはau回線、ワイモバイルはソフトバンクの回線をそのまま使っているので、速度が速いです。

UQモバイルの評判は良いって本当?利用者の口コミやメリットを解説
ワイモバイルの評判は?月額990円で使う方法やメリット・デメリットも解説

mineoでMNP転入する方法

エントリーコード取得で事務手数料が無料に!
こちらのキャンペーンページでエントリーコードを取得してから公式サイトで申し込むと、契約事務手数料の3,300円が無料になります。

今お使いのキャリアから、mineoにMNP転入する場合は、簡単な流れで転入することができます。

まず、今お使いのキャリアで「MNP予約番号」を発行します。

MNP予約番号は、店頭だけではなく、電話・インターネットでも発行できるので、簡単に発行することが可能です。

MNP予約番号を発行したら、以下の3ステップでmineoへのMNP転入が可能です。

  1. mineoにMNP転入で申し込みをする
  2. SIMカードが届いたら端末にSIMカードを挿入する(お使いのスマホをそのまま利用する場合は入れ替える)
  3. mineoのマイページで利用番号・SIMカードの製造番号を入力して「回線切替」をクリックする

回線切替をクリックすれば、約30分~1時間程度でMNP転入が完了するので、スマホを利用できない期間も最短で切り替えることが可能です。

ただし、mineoにMNP転入する際には、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があるので、予約番号を発行したらすぐにmineoに申し込みするようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

mineoは「マイそく」「パケット放題plus」「パケットシェア」「フリータンク」「ゆずるね。」など、独自性の高いサービスが豊富です。

料金は最安ではありませんが、利用の仕方によってはmineoはあなたにとって最適なサービスになり得ます。

ぜひこの記事を参考に、あなたにピッタリの格安SIMを見つけてくださいね^^

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*