ソフトバンクエアーのAirターミナル5ってどう?速度や料金、キャンペーンのまとめ

ソフトバンクエアーのAirターミナル5ってどう?速度や料金、キャンペーンのまとめ

「工事不要でカンタン!使い放題!」のソフトバンクエアーですが、2021年10月から5Gに対応した「Airターミナル5」が発売になっています。

WiMAXやドコモからも5G対応のホームルーターが発売されているので、「Airターミナル5では速度が速くなるの?」と気になりますよね。

この記事では、新発売になったAirターミナル5のスペックや速度、料金、キャンペーンなどについて解説していきます。

ソフトバンクエアーを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

※表示価格は税込みです。

ソフトバンクエアーのAirターミナル5のスペック

Airターミナル※出典:ソフトバンク公式サイト

ソフトバンクエアーはAirターミナルという箱型の機器を使ったWiFiで、コンセントに挿すだけでインターネットを使える手軽さが最大のメリットです。

Airターミナルはこれまで5機種発売されてきましたが、2021年10月に最新機種の「Airターミナル5」が登場しました。

最新機種の「Airターミナル5」の性能について見てみましょう。

Airターミナル5Airターミナル4 NEXT
サイズ (HxWxD)約225×103×103mm
本体重さ約1,086g 約710g
通信方式 5G方式:n77(3.7GHz,3.4GHz)
4G方式:AXGP(2.5GHz)TDD-LTE(3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE(2.1GHz)
4G方式:AXGP(2.5GHz)、TDD-LTE(3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE(2.1GHz)
通信速度下り最大838Mbps
(5G対応エリアでは2.1Gbps)
下り最大612Mbps
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
WiFi最大接続数128

一つ前のモデルである「Airターミナル4 NEXT」と最新機種の「Airターミナル5」との違いは、

  • 本体が重くなった
  • 5G接続ができるようになった
  • 最大通信速度が速くなった

の3点です。

5G接続できるようになった

最新機種である「Airターミナル5」の最大の改良点は、5G接続ができるようになったことです。Airターミナル4 NEXTでは4G接続しかできませんでした。

今話題の「5G」の「G」は、スマホや携帯電話の通信規格の世代(Generation)を表していて、5Gは5世代目を意味しています。4Gは4世代目ですね。

世代が新しくなるほど回線速度が速くなり、大量のデータを送受信できるようになります。

先に発売されている5G対応のWiMAXやドコモのホームルーターでも、5G接続の速度は4G接続を上回っています。

最大通信速度が速くなった

Airターミナル5の最大通信速度は2.1Gbps、つまりAirターミナル4 NEXTの3倍以上の速度です。

Airターミナル5Airターミナル4 NEXT
最大通信速度(5G)2.1Gbps
最大通信速度(4G)838Mbps612Mbps

5Gの非対応エリアでは、Airターミナル5の最大通信速度は838Mbpsになりますが、それでも200Mbps以上も速度がアップしています。

ソフトバンクエアーのAirターミナル5のエリアについて

Airターミナル5の最大通信速度は2.1Gbps(4G接続では838Mbps)ですが、誰でもこの速度で利用できるわけではないんです。

利用エリアによって最大速度が違う

ソフトバンクエアーは利用するエリアによって最大通信速度が異なります。

5Gに対応したエリアにお住まいの方なら、Airターミナル5を使うと5G接続時は最大2.1Gbps、4G接続時は最大838Mbpsと前述の通りです。

ですが、まだ5Gの非対応エリアにお住まいの場合は、Airターミナル5を使っても5G接続はできません。4G接続はできますが、その際の最大速度は住んでいるエリアによって、261~962Mbpsとバラツキがあります。

お住まいの地域で利用できる4Gの最大通信速度は、「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)住所別下り最大通信速度情報」で確認できます。

なお、上記の最大速度情報で複数の速度が掲載されている場合、正確な速度は公式サイトでは分かりません。

正確な最大通信速度が知りたい場合は、ソフトバンクエアーの公式窓口や代理店などに問い合わせて番地まで伝えれば調べてもらえますよ。

5G対応エリアは限られている

Airターミナル5の5G接続時の最大通信速度は2.1Gpbsと速いですが、5G接続できるエリアはまだ限られています。

今のところ5Gが使えるのは首都圏や大阪などの一部エリアです。

ですが、ソフトバンクは5Gのエリア拡大を進めており、2021年10月末には人口カバー率80%になる見込みと発表しています。2022年春には90%を目指しているそうなので、いずれは広範囲で5Gが使えるようになると思います。

お住まいのエリアが5Gに対応しているのか、いつ対応予定なのか知りたい方は下のリンクで確認してみてください。
→5Gサービス提供住所リスト

ソフトバンクエアーを契約できない環境

ソフトバンクエアーは、以下の環境では契約できないことが公式サイトに記載されています。

SoftBank Airの提供をお断りする場合

  • 11F 以上の高層階
  • 周辺高層ビル地域内
  • 建物密集地域内の低層階

ソフトバンクエアーはスマホや携帯電話と同じ電波を使用しているため、高度が高かったり周りに遮蔽物が多いと電波が届きにくいです。

ソフトバンクエアーを検討している方は、上記の環境に該当していないか事前にチェックしておきましょう。

ソフトバンクエアーのAirターミナル5の評判

Airターミナル5に進化したソフトバンクエアーの実力はどの程度のものなのか、利用者の評判を見てみましょう。

まだ発売開始になったばかりなので口コミは少ないですが、いくつか紹介します。


5G接続での実測値が1.2Gbpsを超えたという人がいました。高速回線で人気のNURO光を抜くとは驚きですね。

4G接続でも110Mbps超えているので、ホームルーターの中では優秀な速度です。

まだ口コミが少ないので参考程度に留めておくのがいいと思いますが、5G接続での速度は期待が持てそうな気がします。

ソフトバンクエアーのAirターミナル5のキャンペーン

ソフトバンクエアーでAirターミナル5を申し込むと、以下3つのキャンペーンが適用できます。

ソフトバンクエアーで実施中のキャンペーン・割引

  • 他社ネット回線からの乗り換え費用負担
  • ソフトバンク・ワイモバイルとのセット割引
  • 30,000円キャッシュバック

他社ネット回線からの乗り換え費用負担

「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」では、他社のインターネット回線からソフトバンクエアーに乗り換える際の解約金や工事費の残債を、最大10万円までキャッシュバックしてくれます。

固定回線だけでなくモバイル回線からの乗り換えも対象で、その場合は解約金だけでなく機器の残債も42,000円まで負担してくれますよ。

ソフトバンク・ワイモバイルとのセット割引

ソフトバンクやワイモバイルの携帯電話を使っていれば、セット割引のおうち割光セットが使えます。

ソフトバンクのスマホは一台につき最大1,100円割引ワイモバイルは最大1,188円割引で、それぞれソフトバンクエアーの1回線に対して10回線までスマホ・携帯電話の割引が可能です。

家族みんなでソフトバンク・ワイモバイルを使っている場合は割引の合計額が大きくなるので、とてもお得です。

30,000円キャッシュバック

ソフトバンクエアー引用元 NEXTキャンペーンサイトより

ソフトバンクのインターネットはソフトバンクショップで申し込む人が多いと思いますが、一番キャンペーンが豪華なのはネットの代理店からの申し込みです。

例えば、ソフトバンクエアーの正規代理店「株式会社NEXT」でソフトバンクエアーを申し込むと、現金30,000円キャッシュバックを受け取れます。

難しい適用条件はなく、開通から最短2ヶ月後にキャッシュバックを受け取れます。ソフトバンクショップでは基本的にキャッシュバックがないのでお得ですね。

あんしん乗り換えキャンペーンなどの公式キャンペーンも併用が可能です。

ソフトバンクエアーのAirターミナル5の料金

購入(分割払い)
月額料金5,368円
Airターミナル5 機器代1,980円×36ヶ月
月月割-1,980円×36ヶ月
事務手数料3,300円
契約期間なし
解約金なし

Airターミナル5の月額料金はAirターミナル4 NEXT以前の機種から変更はなく、5,368円で据え置きとなっています。

Airターミナル5の分割代金は毎月1,980円ですが、月月割が適用されて同額の1,980円が割引になるので、実質無料で利用できます。なので、月額料金の合計は5,368円となります。

Airターミナル4 NEXT以前の機種では「SoftBank Airスタート割プラス(1,188円×24ヶ月割引)」が適用できますが、Airターミナル5は対象外なのが残念ですね。

ただ、Airターミナル4 NEXT以前の機種にある2年縛り(2年の自動更新型の契約)がなくなりました。Airターミナル5は契約期間がないので、いつ解約しても解約金がかかりません。

ソフトバンクエアーのAirターミナル5についての注意点

ソフトバンクエアーの5G対応機種「Airターミナル5」を契約する前に、知っておきたいことが2点あります。

分割での本体購入は残債に注意

先ほどお伝えしたように、Airターミナル5には契約期間がないため、いつ解約しても解約金がかかりません。

ですが、Airターミナル5の機器代金を分割払いにしている場合、完済する前に解約すると機器の残債がかかってしまいます。

例えば、Airターミナル5を36回払いで購入している場合、契約を継続している間は月月割で機器代金が割引になりますが、36ヶ月以内に解約するとその時点で割引は終了となり、1,980円×残月数分の機器残債が発生します。

機器代金を無料にするためには、実質3年縛られることに注意しましょう。

モバイル回線なので実際に使わないと速度はわからない

ソフトバンクエアーは工事なしで快適にネットが使えるという謳い文句にはなっていますが、あくまでモバイル回線なので電波の入り具合や、結局はどこかでされてる速度制限によって通信速度は変わります。

そのため、Airターミナル5の実測速度はその場所で使ってみないことには分からないというのが正直なところです。

初期契約解除制度が利用できる

ただ、ソフトバンクエアーでは初期契約解除制度を利用できます。

初期契約解除制度はクーリングオフに似た制度で、申込日を含む8日以内なら解約金なしで解約ができるというものです(事務手数料はかかります)。

万が一『回線速度が遅すぎる!』となったら、すぐカスタマーサポートに連絡して、初期契約解除制度の利用を希望しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ソフトバンクエアーから5G対応の「Airターミナル5」が発売になりました。

Airターミナル5では4G接続時の最大通信速度がアップし、5G接続も可能になっています。

5Gの対応エリアはまだ限られていますが、ソフトバンクではエリア拡大に取り組んでいるので今後対応エリアは拡大していくでしょう。

この記事で紹介した注意点などをしっかり確認して、ソフトバンクエアーの検討を進めてくださいね^^

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*