WiMAX利用者の評判を紹介!どんな人におすすめできる?

WiMAX利用者の評判を紹介!どんな人におすすめできる?

2023年6月1日に新端末も発売されたWiMAX。

数年前に5Gにも対応し性能も上がったということで、契約をしようか考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

端末や回線の理論上の性能は公式サイトなどで見ることができますが、実際に契約する上で重要になってくるのは利用者の口コミや評判です。

いくらスペックが高く見えても、実際に使っていく中で利用者が満足できないようでは意味がありません。

今回は実際のWiMAX利用者の評判の紹介から、どんな人にWiMAXがおすすめなのか、そしてどんな人はWiMAXを選ばない方がいいのかまで解説していきます。

WiMAXにしようか悩んでいるという方の参考になればと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

※表記している価格は税込みです。

この記事の監修者椎名椎名(しぃ)

元新聞記者。当ブログ「internet-all」を立ち上げてから約8年間、インターネット回線に関する情報発信に携わってきました。ネット回線ナビゲーターとして、インターネット回線の選び方やお困りごとに関する無料相談を200件以上行ってきた実績があります。
@shey_blog

WiMAX利用者からの評判・口コミ

ではさっそく利用者の口コミを見ながら実際の評判を確認してみましょう。

今回はX(旧twitter)からWiMAX利用者の声を集めてみました。

評判/WiMAXの速度に関する良い口コミ

速度が390Mbpsということでこの方は光回線並みの速度が出ていますね。

これだけの速度がでていれば快適にインターネットを利用することができます。

こちらの方も安定して200Mbps以上出ているとのこと。

L13ということでホームルータータイプの口コミですが、これなら自宅の回線としても申し分なしです。

5Gエリアに入ったことで一気に速度が上がったという口コミです。

5Gエリアかどうかで速度はかなり変わるので、契約の前にはエリアのチェックを必ずするようにしましょう。

WiMAXでも簡単なゲームの配信ならできたそうです。

WiMAXでの配信は個人的には難しいと思っていたのでこれは意外な口コミでした。

評判/WiMAXの速度に関する悪い口コミ

速度が速いと言っている方がいる一方でこんな方も…

これではウェブサイトを見るのも難しそうですね。

こちらの方も速度が1Mbps程度しか出ていませんね。

使える方と使えない方でかなり大きな差があるようです。

このようにWiMAXのようなポケット型Wi-Fiは通信環境によって速度が大きく変わってしまうことが多くあります。

普通に使う分には問題なくても、WiMAXでオンラインゲームを快適に遊ぶのは難しいようです。

こちらの方もPingが高くてゲームができないといった口コミです。

評判/WiMAXの電波のつながりに関する良い口コミ

この方は車内や田舎でも快適に使えているようです。

以前のWiMAXは地方エリアに弱かったですが、5Gに対応した際にスタンダードモードでもauの電波も使えるようになり、かなり電波のつながりがよくなりました。

なんとキャンプ地のような場所でもつながるようです。

これもauの電波が使える恩恵かもしれませんね。

駅の地下2階でもしっかりとつながったそうです。

東京よりも繋がったというのは意外ですね。

評判/WiMAXの電波のつながりに関する悪い口コミ

地下で繋がったという声がある一方で、札幌駅周辺でつながらなかったという声も。

同じエリアでも少し場所がずれるだけで、通信の状況はかなり変わるようです。

コンクリート壁などのWi-Fi電波を通しづらい環境ではWiMAXの電波だと少し弱そうです。

評判/WiMAXの制限に関する良い口コミ

動画をたくさん見ても制限にかからず快適に使えているようです。

この制限は公式の注意書きにある「一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合の混雑する時間帯の速度制限」のことだと思います。

今のWiMAXには一か月や3日単位の制限はありません。

2022年の2月にWiMAXは速度制限を撤廃して無制限になりましたが、実際にこの方は1日30GB使っても制限はかからず快適に使えているようです。

なんと3日で1TB使っても制限にかからなかったそうです。ここまでくると、制限にかからなかったことよりこれだけのギガを使ったことの方がすごい気もしますね^^

評判/WiMAXの制限に関する悪い口コミ

現在のWiMAXは3日で10GB制限は撤廃されているので、もしかしたらこの方が利用しているのは旧サービスのWiMAx2+かもしれませんね。

他にも制限にかかったと言っている方がいましたが、もしかしたら同じく旧サービスを利用しているか、制限ではなく通信の混雑による速度低下の可能性も考えられます。

WiMAXは5Gに移行した直後は3日で15GBの制限がありましたが、こちらも現在は撤廃されています。

さきほど3日でTB使っても大丈夫と言っている方がいましたが、この方は1週間で100GBを使って制限にかかってしまったそうです。

何か利用場所やそのときの通信環境などによって制限の基準が変わるのかもしれませんね。

WiMAXの評判まとめ

利用者の口コミを見てみるとWiMAXの評判は満足している人と不満を持つ人でバッサリ2つに割れていました。

速度が速いと言っている人がいたり遅いと言っている人がいたり、速度制限にかかったと言っている人もいれば無制限に使えると言っている人もいます。

WiMAXが実際どうなのかというと、結論を言ってしまえばこの評判の通りで「WiMAXは満足できる人もいればできない人もいるサービス」となります。

WiMAXのメリットとデメリット

とはいえ、そんなことを言われても自分が実際にWiMAXを使っても大丈夫かどうか判断できないと思います。

そこでここからは、なぜこんなに満足している人と不満を持つ人でわかれてしまうのか?

WiMAXのメリットとデメリットについて解説しながら、お話ししていきたいと思います。

WiMAXついてよく知ったうえで自分に合うサービスなのかをしっかり見極めるようにしてみてください。

WiMAXのメリット

WiMAXのメリットは以下の通りです。

工事不要で即日開通

WiMAXは即日開通

引用:UQ WiMAX公式サイト

一般的な光回線の場合は工事が必要なため、日程の調整が必要だったり、開通までに時間がかかってしまうことがあります。

繁忙期だと工事までに2か月以上かかったなんてことも実際にありました。

WiMAXの場合は工事がいらないので即日開通

発送までの時間はプロバイダによって変わりますが、最短で申し込みから2~3日ほどで使いはじめることが可能です。

5G通信に対応

WiMAXは5G対応

引用:UQ WiMAX公式サイト

現在発売されているWiMAX端末は基本的に5G通信に対応しているので、エリアによっては光回線とそん色ない速度で利用することができます。

最大通信速度は4.2Gbpsと、理論値だけを見れば一般に普及している1Gbpsの回線よりも速度は上です。

WiMAX最新端末は5GSA対応

引用:UQWiMAX公式サイト

さらに最新の端末である「X12」と「L13」は5GSAにも対応しています。

こちらはまだほとんどエリアがない状態なので実用性はありませんが、今後エリアが広がっていけばより快適な通信を期待することができそうです。

無制限で使える

3日で15GB制限のなごり

WiMAX5Gの端末には3日で15GBを計測する機能があります。昔の制限の名残ですね。

口コミの部分でも少し触れましたがWiMAXは2022年2月1日に「直近3日で15GBまで」の速度制限が撤廃されました。

実際に僕も3日で150GBほど使って試してみましたが、制限にかかることなく普通に利用することができました

今のWiMAXであればYouTubeやネットフリックスなどの動画も通信量を気にせずに気兼ねなく見ることができます。

WiMAXは無制限

引用:UQ WiMAX公式サイト

ただし「より多くのお客さまにWiMAX +5Gを快適にご利用いただくために、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。」との注意書きがあるので制限がかかる可能性が0でないことだけは覚えておきましょう。

実際に、中にはこの制限にかかったと言っている方もいるようです。

WiMAXの速度制限については、下の記事で詳しく解説しています。
WiMAX+5Gの速度制限の条件は?制限下の速度や制限を防ぐ方法も解説

モバイルタイプなら外でも使える

WiMAXは外でも利用可能

引用:UQ WiMAX公式サイト

これはモバイルタイプに限った話ですがWiMAXは外で利用することもできます。

普段は家の回線として利用し、旅行や出張の際は外に持ち出して利用するという使い方が可能です。

WiMAX以外にもモバイルルーターはいろいろありますが(クラウドSIMを利用したWi-Fiルーターなど)そういったルーターのほとんどが最大速度150Mbpsとなっていて、今では無制限のものもほとんどありません。

家でも外でも快適に利用できるというのは、最大通信速度3.9Gbpsで無制限で利用できるWiMAXならではメリットといえます。

auかUQのスマホを持っていると安くなる

auかuqを使っていると割引

引用:UQ WiMAX公式サイト

WiMAXはauかUQのスマホを持っていると「auスマートバリュー」「自宅セット割」といったキャンペーンが適用できるようになり、スマホの料金が最大で1,100円安くなります

別途申し込みは必要ですが、割引額は結構大きいのでauやUQのスマホをご利用の方は忘れずに申し込むようにしましょう。

プラスエリアモードが無料

引用:UQ WiMAX公式サイト

ちなみにプラスエリアモードというauのプラチナバンドが使えるオプションも無料で使えるようになります。

月間30GBまでという制限はありますがauのスマホが使える場所ならどこでもつながるようになるので、地方や山間部などで利用したいという人はぜひ使ってみてください。

WiMAXのデメリット

そしてWiMAXのデメリットは以下の通り。

速度はエリアによりまちまち

WiMAXエリア

引用:UQ WiMAX公式サイト※赤が5G(sub6)エリア

口コミを見てみるとWiMAXを利用している方の中には光回線並みの速度が出ている人もいれば、逆に1Mbpsも出ないという人もいました。

このようにWiMAXには速度が場所によってかなりバラバラになるというデメリットがあります。

光回線の場合は光ケーブル宅内までしっかり引き込むので速度が安定しやすいですが、WiMAXの場合は基地局から無線で電波を飛ばすので通信環境の影響を大きく受けやすいです

建物などの障害物や電波干渉が少なければ速くなりますし、障害物や電波干渉が増えると速度は一気に遅くなります。

だからあんなにWiMAXの速度が速いと言ったり遅いと言ったりしている人で評判が分かれてしまったというわけです。

また、利用場所が5Gエリアかどうかでも大きく速度が変わってきます。

契約前には必ず自分の利用エリアの状況を確認するようにしましょう

WiMAXエリアマップ(UQ WiMAX公式サイト)

どうしても不安だという方は「Try WiMAX」という2週間のお試しサービスを使ってみるのもひとつの方法です。

アップロード速度は遅い

X12のスペック

引用:UQ WiMAX公式サイト

WiMAXのダウンロード速度は3.9Gbps(端末によっては4.2Gbps)とかなり高速になっていますが、アップロード速度に関しては183Mbps(端末によっては286Mbps)とかなり速度が落ちてしまいます

Webサイトを見たり、動画を見たりといった基本的な使い方をする場合はほとんどがダウンロードなので多くの人はそこまで気になることはないと思います。

ですが、何か大容量ファイルを相手に送ったり、動画をアップロードしたりするという方はここの速度には注意が必要です。

ping値は高い

オンラインゲームを遊ぶ

本格的なオンラインゲームを遊びたい人には向かない

そしてもうひとつ、WiMAXの通信で注意が必要なのがPing値が高いということです。

Ping値というのは回線の安定度のようなもので、この数値が低いほど安定度が高くなります

光回線の場合はこの数値が5を切るということもありますが、WiMAXの場合は50以上になることもざらです。

ここもアップロードと同じくネットや動画を見る分には気にならない部分ではありますが、オンラインゲームなどをやる場合には重要な数値になってきます。

特にFPSや格闘ゲームを快適に遊ぶためには15以下が必要といわれているので、WiMAXはオンラインゲームには不向きです。

オンラインゲームでがっつり遊びたいという人は光回線を選ぶようにしましょう。

WiMAXをおすすめする人・しない人

この通りWiMAXはメリットとデメリットがはっきりしたサービスです。

下にWiMAXがどんな人におすすめなのか、逆にどんな人におすすめしないのかをまとめてみました。

WiMAXがおすすめの人

  1. 工事や設定などの面倒な手間なくネット回線を引きたい
  2. いろいろな場所で使いたい
  3. 家に固定回線が引けない
  4. auやUQのスマホを使っている

WiMAXの特徴はなんといっても工事不要で気軽にインターネット回線を引けることです。

設定も簡単なので、工事や設定が面倒というような方にWiMAXはおすすめです。

場所にもよりますが5Gエリアに入ってしまえば光回線とそん色ない速度でインターネットを利用することもできます。

あとは、光回線を引きたいけど事情があって工事ができないという方にもおすすめの回線です。

WiMAXをおすすめしない人

  1. 安定した通信、高速通信を求める
  2. オンラインゲームで遊ぶ
  3. アップロードを多用する

一方でWiMAXは高性能な回線を求めている方には向きません

ダウンロード速度だけを見れば光回線を超える速度が出ることもありますが、アップロードやPing値といった部分では光回線には遠く及びません。

Webサイトや動画を見るといった日常使いにはいいですが、オンラインゲームや動画のアップロードといったような使い方には向かない回線です。

通信速度についても場所にかなり左右されるので、繰り返しになりますがエリアのチェックは必ず行うようにしましょう。

高性能で安定した回線を求める人はWiMAXではなく光回線を引くことをおすすめします

WiMAXの速度は実際どのくらいあればいい?

galaxyの通信速度

通信速度84Mbpsこれは速いのか?

この記事ではWiMAXの評判や口コミをいろいろ紹介してきましたが、やはり一番多かったのは通信速度に関する内容でした。

「速くて快適」

「遅くて使えない」

などいろいろな声がありましたが、具体的に「速い」「遅い」の基準はどこにあるのでしょうか。

速度が1Mbpsでは遅いというのはわかると思いますし、逆にWebサイトを見るのに100Mbpsも200Mbpsもいらないというのはなんとなくわかると思います。

ですが、実際普段使う上でどのくらいの通信速度があれば大丈夫なのかというのを知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?

ここでは実際にどのくらいの通信速度があればいいのかについてお話したいと思います。

プライムビデオ

引用:amazon

インターネット回線の使い道はいろいろありますが、一番多いのはWebサイトを見たり動画を見たりといった内容だと思います。

動画というのはYouTubeもそうですし、ネットフリックスやHulu、あとはAmazonプライムビデオ、Dアニメなどいろいろあります。

他にも電子書籍を読んだり、音楽を聴いているという方もいるかもしれませんね。

いずれにせよ、この中で一番通信速度が必要なのは動画の再生です。

つまり、動画が快適に見られる速度が出ていれば通信速度は速いと言えるわけです。

では、どのくらいの速度があれば動画を快適に見ることができるのでしょうか。

通信速度目安

引用:BUFFALO

大手周辺機器メーカーである「BUFFALO」によると、動画を快適に視聴するためには30Mbpsあれば問題ないといわれています

僕の実体験からいうとWebサイトを見たりYoutubeの動画を視聴するくらいであれば、通信速度は40~50Mbpsも出ていれば光回線と比べても差を感じることなく快適にインターネットを利用できました

もちろん大容量のファイルをダウンロードしたり、4Kなどの高画質な動画を見る際は大きな差がでてくることもあります。

ギガ単位のファイルのやりとりを普段しているなら通信速度は速いに越したことはありません。

逆にスマホでYouTubeを見るくらいであれば5~10Mbpsでも普通に見れたりもします。

ここについては自分が普段どのような使い方をするのかを考えながら、どのくらいの速度が必要かを判断してみてください。

WiMAXの端末は何を選ぶべき?

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

生産終了してしまったGalaxy 5G Mobile Wi-Fi

WiMAXにはいくつか端末の種類があるので、どれを選べばいいのかについてもここでついでにお話ししておきます。

と言っても5G対応端末である「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」「X11」「X12」のうち2機種は生産終了しているので実質1択状態になっています。

ただ、プロバイダによっては在庫が残っていれば契約できる場合もあるので簡単に各機種について紹介しておきます。

基本的には在庫の問題で新機種のX12一択

WiMAX X12

新機種のX12

生産終了してしまった端末のうち、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiはバッテリーが長持ちでタッチパネルにも対応しているので個人的にはお気に入りの端末です。

X11に関しては新機種のX12が完全に上位互換なので、何か特別なキャンペーンでもない限り無理に選ぶ必要はないと思います。

X12は5GSAやWi-Fi6に対応しているので、性能の面で見ればX12が一番高いです。

ですが操作性やバッテリー持ちで考えると個人的にはGalaxy方が使いやすいかなと思っています。

なのでバッテリー持ちがいい方がいいという方は、もし在庫が残っていたらGalaxyの方を選んでみてもいいかもしれません。

少しでも性能を上げたければホームルータータイプのL13を選ぼう

ホームルータータイプのL13

ちゃんと家で使えるか不安、少しでも速度を上げたいという方はホームルータータイプを選択するのもありです。

ホームルーターはコンセントに挿して利用するタイプなので外に持ち出すことはできませんが、電波の強度はモバイルタイプよりも強くなっています

こちらも旧機種の「L11」「L12」は生産が終了しているので、基本的には新機種の「L13」一択となります。

もしWiMAXを家の回線として利用して絶対に外には持ち出さないということであれば、このホームルータータイプを選ぶのがおすすめです

WiMAXのホームルーターの評判って良いの?速度などを口コミから検証

WiMAXはどこで契約するのがおすすめ?

GMOとくとくBB WiMAX +5G引用元:GMOとくとくBB WiMAX+5Gキャンペーンサイト

最後に一点補足で大事なことをお話しておきます。

もしWiMAXを使おうと決めた場合、いろいろなプロバイダで契約することができます。

本家であるUQ WiMAXをはじめGMOとくとくBB WiMAXにBIGLOBE WiMAX、カシモWiMAXなど多くのサービスが存在していますが、どこで契約しても端末や通信の性能は同じです。

違うのは料金や保証などのオプションくらいです。

たまに「〇〇WiMAXの方が速度が速い!」というような口コミや評判を見かけることがありますがそんなことはないので、そこは気にしなくても大丈夫です。

逆に言えば同じ端末、同じ通信を使うことになるので契約する際はなるべく金額の安いプロバイダを選ぶのがおすすめです。

同じ性能なのに高い料金を払ってしまうのはちょっと損ですよね。

なので契約前には各プロバイダの料金やキャンペーンをチェックして、そのタイミングで一番いいプロバイダを選ぶようにしましょう。

とにかく安く使いたいという方は高額のキャッシュバックを受け取ることができるGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

他にもプロバイダを選ぶポイントはいくつかありますが、よくわからないという方は下におすすめのプロバイダを載せておくのでそちらも参考にしてみてください。

下の記事ではWiMAXのプロバイダのキャンペーンを比較しています。
【2024年2月版】WiMAX+5Gのプロバイダ7社を比較!おすすめランキング1位はココ!

まとめ

WiMAX5G端末

今回はWiMAXについて利用者からの評判と、実際にどんなメリットやデメリットがあるかを解説しました。

WiMAXは面倒や工事や設定がいらない気軽にインターネットを利用したい人にとてもおすすめのサービスです。

今回はWiMAXを紹介しましたが、すべての人が満足できるというサービスというものはありません。

この記事を参考に自分に合ったインターネット回線選びをしてみてください!

\お役に立てたらシェアをお願いします♪/

コメント

これからインターネット回線を契約する人やすでに契約中の人の参考になるように、 良い点や悪い点を客観的にコメントしてください。
誹謗中傷や暴言、個人を攻撃する発言など、第三者を不快にするコメントは非公開とします。 また、個人情報が含まれたコメントも公開できませんのでご了承ください。
※スパム対策のため、日本語を含まないコメントは無効になっています。

コメントを残す

*

この記事を見た人はこんな記事も見ています