ドコモのホームルーター「HOME 5G」の評判が良い理由!デメリットはある?

ドコモのホームルーター「HOME 5G」の評判が良い理由!デメリットはある?

ドコモのホームルーター「home 5G」は工事不要でインターネットができるので、気になっている方も多いですよね。

実際、「home 5G」は評判も良く、店舗では予約待ちの人が続出するほどの人気です。

この記事では、ドコモのホームルーター「home 5G 」の評判、速度、料金、キャンペーンなどをお伝えし、おすすめできる人とおすすめできない人まで徹底解説します。

ドコモのホームルーター「home 5G」を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

※表記している価格は税込みです。

目次

ドコモのホームルーター「home 5G」とは?

ドコモが提供している「home 5G」は、2021年8月に発売開始になったドコモ初のホームルーターです。

ホームルーターと言えば、工事不要でインターネットが楽しめる手軽さが魅力のサービスですが、「home 5G」も発売開始以来とても人気でネット上での評判も良好です。

現在発売されている機種は「home 5G HR01」で、基本スペックは次のようになっています。

home 5G HR01
ドコモのホームルーター「HOME 5G」※画像引用元:ドコモ公式サイト
最大通信速度5G接続:(下り)4.2Gbps/(上り)218Mbps
4G接続:(下り)1.7Gbps/(上り)131.3Mbps
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
同時接続台数65
サイズ(HxWxD)約170mm×約95mm×約95mm
本体重さ約720g

注目したいのはやはり最大通信速度です。4G接続でも最大通信速度は1.7Gbpsで、一般的な光回線の速度の1.7倍となっています。

ドコモの光回線「ドコモ光」の最大通信速度が1Gbpsなので、それを超えてしまっているわけです。すごいですね。

また、ホームルーターでは珍しくダークグレーのシックな外観になっています。

home 5Gの料金

購入(分割払い)
月額料金4,950円
home 5G 本体価格1,100円×36ヶ月
月々サポート-1,100円×36ヶ月
事務手数料3,300円
契約期間なし
解約金なし

ドコモのホームルーター「home 5G HR01」の本体価格は39,600円です。

分割払いにすると1,100円の36回払いになりますが、月々サポートという割引サービスで毎月1,100円の割引が入るので本体代金は実質無料になります。

つまり、初回請求時のみ事務手数料として3,300円が上乗せされるだけで、それ以降の毎月の支払いは4,950円だけです。

ドコモのホームルーター「home 5G」の評判・口コミ

ドコモのホームルーター「home 5G」を検討する上で、参考になるのが利用者の評判です。

ここではTwitterの口コミをもとに、home 5Gの速度や安定性、速度制限などについて見ていきましょう。

『速度に満足している』といった口コミが多数

ドコモのホームルーター「home 5G」の速度に関しては、好意的な口コミが圧倒的に多かったです。


実測速度は4G接続で200Mbpsを超えている人もいて、5G対応エリアでは200Mbps~1Gbpsの速度が出ている人もいます。

「速い」「快適」という声がほとんどなので、今のところは満足している人が大多数を占めているようですね。

ただ、少数ですがあまり速度が出ないという人もいました。

安定感については賛否両論

ドコモのhome 5Gの通信については、「安定している」という人と「接続がたまに切れる」「5Gが不安定」という人に分かれていました。

アップロード速度が遅い


インターネットの速度にはダウンロード(下り)とアップロード(上り)があり、アップロードは動画をネットに上げるなどデータをアップロードする際に必要となる速度です。

ドコモのホームルーター「home 5G」のダウンロード速度は「速い」と評価している人が多いのですが、アップロード速度については物足りない、と感じている人もいるようです。

Ping値が大きい(遅い)


「Ping値(ピン値、ピング値)」はデータを送受信する際の応答速度のことで、オンラインでFPSなどのシューティングゲームや格闘ゲームをする際のラグに影響する速度です。

home 5GのPing値は30~90と大きめ(遅め)なので、対戦型のオンラインゲームには不向きだと評価している人もいました。

速度制限がない!?

ドコモのホームルーター「home 5G」の利用者の中には、「いくら使っても速度制限がかからない」という人が結構いました。


中には9TB(9テラバイト=9,000GB)使ったという強者もいます。どうやってそんなに使ったんでしょうね…。

WiMAXのホームルーターは3日で15GB利用すると速度制限がかかるので、本当に無制限ならドコモのhome 5Gの制限はかなり緩いです。

置き場所によって速度が変わる


4G LTEの電波は障害物に弱いため、障害物が少ない高い位置に設置すると電波が届きやすくなります。

設置する際には置き場所にも気をつけた方がいいですね。

有線接続すると速くなる


これは実際に利用する際に参考になる口コミですね。

ドコモのhome 5Gは有線接続もできる(1台のみ)ので、Wi-Fi接続時よりも速度を上げたいと思ったときには、LANケーブルで接続してみましょう。(LANケーブルは本体に付属しています)

ドコモのホームルーター「home 5G」のおすすめ申し込み窓口

ドコモ home 5G 申し込み窓口「ドコモオンラインショップ」.png※画像引用元:ドコモオンラインショップ公式サイト

ドコモのホームルーター「home 5G」は、ドコモオンラインショップからの申し込みがおすすめです。

ドコモオンラインショップで実施中のキャンペーンでは、機種代が実質0円になるのに加えてdポイント15,000ptを受け取れます。もちろんドコモスマホとのセット割「home 5G セット割」も適用できます。

家電量販店では家電を購入した場合に限り特典がもらえますが、ドコモオンラインショップならhome 5Gの契約だけで特典がもらえます

また、代理店で申し込むと申込書を郵送する必要があるため、手間がかかりますし申込書に不備があれば申し込みが完了するまで時間もかかります。オンラインショップなら手続きはウェブ上で完結するので簡単です。

お得に・手軽にhome 5Gを申し込みたい人はぜひ利用してみてください。

ドコモのホームルーター「home 5G」のメリット

ここからは、ドコモのホームルーター「home 5G」の具体的なメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

まず、メリットは次の4点です。

  • 工事不要で届いた即日から使える
  • 5G対応で高速通信が可能
  • ドコモスマホとのセット割がある
  • 契約期間・解約金がない

それぞれ見ていきましょう。

工事不要で届いた即日から使える

ドコモのホームルーター「home 5G」はWiFiを利用したサービスのため、利用にあたって光回線のような開通工事を必要としません

機器が届いたらコンセントに挿して、パソコンやスマホなどの端末でWiFi設定するだけでインターネットに接続できるんです(WiFiの設定に必要なSSIDとパスワードは機器の裏面に記載されています)。さらにWiFi設定はQRコードの読み取りで行うことも可能です。

光回線のように申し込みから開通工事まで2週間~2ヶ月程度待つ必要もありませんし、工事の立ち会いもありません。

5G対応で高速通信が可能

「5G」とは次世代の通信規格のことです。

「5G」はこれまで一般的だった「4G LTE」よりも高速で、「home 5G」の最大通信速度は4.2Gbpsと一般的な光回線の約4倍にもなっています。4K動画の視聴など大容量のデータ通信もスムーズです。

また、同時接続台数が多いことも5Gの特徴で、例えば家族で複数人が同時接続しても速度が遅くなりにくいです。

パソコンやスマホ、タブレットの他にも、ゲーム機、家電、ウェアラブル端末など幅広い機器をWiFiで同時接続できますよ。

ドコモスマホとのセット割がある

home 5G セット割※画像引用元:ドコモ公式サイト

ドコモのスマホとhome 5Gをセット利用すると、「home 5G セット割」で毎月最大1,100円の割引を受けることができます。しかも、主回線から三親等以内の家族が最大20回線まで割引になり、家族には別居の家族も含まれます。

対象となるのは「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト」のプランで、割引額は次のようになります。

割引額
5Gギガホ プレミア1,100円
ギガホ プレミア
5Gギガライト/ギガライト<ステップ4:~7GB>
<ステップ3:~5GB>
<ステップ2:~3GB>550円
<ステップ1:~1GB>

なお、中容量ユーザー向けプラン「ahamo」は対象外となりますので注意してください。

契約期間・解約金がない

ドコモのホームルーター「home 5G」には、契約期間や最低利用期間がありません。

一般的にはインターネットサービスは2年ないし3年の契約期間が設けられており、期間内に解約すると10,000円程度の解約金がかかります。

ドコモのホームルーター「home 5G」は契約期間がないので、いつ解約しても解約金がかかりません。

ドコモのホームルーター「home 5G」のデメリット

次は、ドコモのホームルーター「home 5G」のデメリットについてです。

  • 持ち運びができない
  • 直近3日間のデータ利用量が多いと速度制限がかかる
  • 5G通信は5G対応エリアのみ可能
  • 分割払いの途中で解約すると機器の残債がかかる

それぞれ見ていきましょう。

持ち運びができない

home 5Gは、登録した設置場所のみで利用できます。登録した住所以外で利用すると利用停止になります。

また、登録した設置場所以外での利用を複数回繰り返すと、解約になることがあります。

あくまでも自宅で利用するためのルーターなので、持ち運びができるルーターを探している方にはモバイルルーターがおすすめです。

直近3日間のデータ利用量が多いと速度制限がかかる

ドコモのホームルーター「home 5G」は『データ量無制限』を謳っていますが、公式サイトには、「直近3日間のデータ利用量が多いと通信制限がかかり速度が低下する」と記載されています。

どのくらい使うと速度制限がかかるのか正確な通信量の上限は公開されていませんが、同じ5G対応のWiMAXのホームルーターでは「3日で15GB」という上限を設けています。

ただ、SNS上の評判でご紹介したように、現時点では無制限で利用できているユーザーも多いです。将来的に利用者が増えるとWiMAXのように速度制限がかかるかもしれませんが、現時点では普通のホームルーターよりも速度制限はかなり甘いようです。

5G接続は5G対応エリアのみ可能

ドコモのhome 5Gは5G接続と4G接続の両方が可能ですが、5Gに対応しているエリアは4G LTEのエリアと比べるとまだ狭いです。

下の画像はドコモのサービスエリアップで、赤色が5Gエリア、オレンジが4G  LTEのエリアです。5G対応エリアが首都圏・名古屋・大阪の都市部に集中しているのが分かりますよね。

ドコモ 5G・4G 対応エリア

ただ、ドコモでは2022年3月末に人口カバー率55%に達することを目標としているので、今後も着々とエリア拡大が進むことが予想されます。

また、SNS上の評判を見ていてもhome 5Gは4G LTE接続でも十分速いので、そこまで大きなデメリットにはならないと思います。ちなみにドコモの4G LTEは、ドコモのスマホが使えている場所なら利用可能です。

お住まいのエリアが5Gに対応しているかどうかは、下のリンクから確認できますよ。
→ドコモ 通信・エリア

分割払いの途中で解約すると機器の残債がかかる

ドコモのホームルーター「home 5G」の機種代を分割払い(1,100円×36ヶ月)で契約すると、月々サポートという割引で分割代金の1,100円と同額の割引を毎月受けられます。

ですが、36ヶ月以内にhome 5Gを解約すると、分割払いの機種代の残額を支払うことになります。月々サポートはhome 5Gを利用している間だけ適用される割引で、解約するとその時点で割引は終了してしまいます。

home 5Gには契約期間がないのでいつ解約しても解約金はかかりませんが、機種代金を完全に無料にするためには36ヶ月の継続利用が必要なことに注意しましょう。

評判・メリット・デメリットから分かった、「home 5G」がおすすめの人!

ここまでの内容を踏まえると、ドコモのホームルーター「home 5G」は次のような人におすすめと言えます。

ドコモのホームルーター「home 5G」はこんな人におすすめ!

  • 工事をしたくない人、できない人
  • 工事業者を家に入れたくない人
  • 電子機器のコードがゴチャゴチャするのが嫌な人
  • ドコモのスマホユーザー
  • そこそこの通信速度が欲しい人
  • ネットの用途は主にSNSやネットサーフィン、動画の視聴という人
  • 引っ越しや転勤が多い人

ドコモのホームルーター「home 5G」は工事不要でインターネットが使えるので、工事が面倒な人や建物の都合上工事ができない人、家に工事業者を入れたくない一人暮らしの女性などにおすすめです。

また、引っ越しする際も転居先に持っていくだけでいいので(住所変更は必要)、転勤族の方も工事費の負担がなく安心です。

光回線では複数の機器(無線ルーターやONUなど)を接続するため配線がゴチャゴチャしてしまいがちですが、ホームルーターならすっきりします。

通信速度は4G接続でも「速い」と評価している人が多く、一般的なホームルーターやモバイルルーターより実測速度が速い傾向があります。

ネットの利用用途はSNSや時刻表検索、ネットサーフィン、動画ストリーミングサービス(YoutubeやU-NEXTなど)、という人にはおすすめのサービスです。

home 5Gをおすすめできない人は?

逆に、次のような人にはドコモのホームルーター「home 5G」はおすすめできません。

ドコモのホームルーター「home 5G」がおすすめできない人

  • オンラインゲームなどでラグを避けたい人
  • 大容量データをアップロードする人
  • 外出先でも使いたい人

SNSでのhome 5Gの評判を見ていると、「アップロードが遅い」「Ping値が遅い」という声がちらほら見られます。

口コミを見ているとPing値は30~90くらいの人が多いので、対戦型ゲームやシューティングゲームなどをプレイするとキャラクターの動きが鈍く感じるかもしれません。

アップロードの速度は10~40Mbpsくらいの人が多いので、光回線と比較するとやはり遅いと言えます。

ウェブサイトを開いたり動画を視聴するなどダウンロード速度が必要なシーンでは問題ありませんが、Youtubeで動画配信をするなど大容量のデータをアップロードする機会がある人には、あまりおすすめできません。

ドコモのホームルーター「home 5G」の申し込み手順

ドコモのhome 5Gの申し込み手順は次のようになります。

1.「home 5Gを申込む」をクリックする

ドコモオンラインショップにアクセスし、「home 5Gを申込む」をクリックします。

一括払いまたは分割払いのどちらかを選択し、「予約する」をクリックします。予約詳細の画面で予約状況が「入荷済」になっていればすぐに購入手続きが可能です。

※「予約する」をクリックしただけでは購入手続きは完了していません。予約状況が「入荷済」になっていることを確認したら、購入手続きまで完了させましょう。

2.dアカウントを入力する

dアカウントをお持ちでない場合は、「dアカウントを発行する」をクリックします。

3.お客様情報を入力する

お客様情報を登録した後に表示される予約番号は控えておきます。

4.購入手続きに進み、本人確認書類をアップロードする

運転免許証、個人番号カード(マイナンバーカード)、在留カード、運転経歴証明書のうちのいずれか1つの画像をアップロードします。

5.ネットワーク暗証番号を設定する
6.必要事項を入力し、注文を確定する

「dポイントクラブ」には必ずチェックを入れましょう。dポイント還元に必要です。

以上で手続きは完了です。

申し込みには本人確認書類が必要なので、事前に準備しておくと手続きがスムーズですよ。

ドコモのホームルーター「home 5G」とドコモ光を比較

ドコモでは光回線のドコモ光も提供しています。ホームルーターのhome 5Gとドコモ光は何が違うのでしょうか。

両者を比較すると次のようになります。

home 5Gドコモ光
月額料金
4,950円戸建て:5,200円
マンション:4,400円
最大通信速度ダウンロード5G:4.2Gbps
4G:1.7Gbps
1Gbps
アップロード 5G:218Mbps
4G:131.3Mbps
1Gbps
Ping値
安定性
通信量
(今のところ)無制限無制限
開通工事
不要必要
契約期間
 なし
※機器代金を無料にするには3年の利用が必要
2年(自動更新)
解約金
戸建て:14,300円
マンション:8,800円
スマホのセット割

一番の大きな違いは、ドコモ光は固定回線なので開通工事が必要なことです。引っ越しの際には転居先で工事を再度行う必要があります(工事費はお住まいの建物やドコモが実施しているキャンペーンにより異なります)。

ただ、ドコモ光には固定回線ならではの安定性があります。接続が切れるといった状況は、home 5Gよりも少ないでしょう。

また、ドコモ光はダウンロード速度が速いだけでなくアップロード速度も速いですし、Ping値もhome 5Gよりも小さい(速い)傾向があります。

ダウンロードの最大通信速度についてはhome 5Gもドコモ光も速いです。ドコモ光には速いと評判のプロバイダ「GMOとくとくBB」がありますし、混雑回避の通信方式の「IPv6」も標準対応しています。

手軽に高速インターネットを手に入れたい方でオンラインゲームをしない方には、home 5Gがおすすめです。

オンラインゲームや大容量データのアップロードをする方はドコモ光の方が向いていますね。

ドコモのホームルーター「home 5G」を他社と比較

5G対応のホームルーターは、ドコモのhome 5Gの他にソフトバンクの「ソフトバンクエアー」、WiMAXの「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」などがあります。

この3つのスペックを比較してみたいと思います。

ドコモ
home 5G HR01
ソフトバンクエアーWiMAX
Speed Wi-Fi HOME 5G L11
最大通信速度5G4.2Gbps2.1Gbps2.7Gbps
4G1.7Gbps838Mbps非公開
通信量
無制限無制限3日で15GB
月額料金
4,950円5,368円~24ヶ月目:4,158円
25ヶ月目~4,708円
本体代金
1,100円×36ヶ月
→実質無料
1,980円×36ヶ月
→実質無料
無料
契約期間
36ヶ月
(自動更新)
解約金
1~12ヶ月目:20,900円
13~24ヶ月目:15,400円
25ヶ月目~:10,450円
スマホ割
最大1,100円
(ドコモ)
最大1,100円割引
(ソフトバンク、ワイモバイル)
最大550円割引
(UQモバイル)

機器のスペックとして最も優れているのは、最大通信速度が一番速いドコモのhome 5Gです。速度を重視する人には、home 5Gが一番おすすめです。

WiMAXは、直近3日間で15GBのデータ通信を行うと速度制限がかかります。目安としては、Youtubeの普通画質の動画を2時間視聴すると1GB消費します。それを超えそうな方には、home 5Gかソフトバンクエアーが向いていますね。

ドコモユーザーとソフトバンクユーザーは、スマホとのセット割を考慮して考えると通信費をトータルで抑えることができます。

ドコモのhome 5Gとソフトバンクエアーは契約期間がありませんが、36ヶ月以内に解約すると機種代の残債がかかるので、実質的にはWiMAXと同じ3年契約と考えましょう。

ドコモの「home 5G」についてよくある質問

ここでは、ドコモのホームルーター「home 5G」についてよくある質問に答えていきます。

1.住所変更はできる?

home 5Gは持ち運びはできませんが、設置場所の住所変更はできます。

引っ越しなどで利用場所が変わる場合は、home 5Gの設置場所の住所変更をすれば転居先でも問題なく使えます。

2.ドコモのスマホユーザーじゃなくても契約できる?

ドコモのホームルーター「home 5G」は、ドコモのスマホを契約していなくても利用できます。Twitterのドコモの公式アカウントでも以下のように回答しています。

3.クーリングオフはできる?

正しくは「初期契約解除」と言い、「8日以内キャンセル」とも言われている制度です。

インターネットを利用できないほど電波状況が悪い場合は、初期契約解除制度により解約金なしで解約が可能です。ただし、契約事務手数料(3,300円)と日割りの月額料金は発生します。

初期契約解除制度を利用するためには、申込後に郵送される「home 5G契約申込書」を受領した日から8日以内(受領した日を含む)に申告する必要があります。

4.レンタル契約はできる?

ドコモのホームルーター「home 5G」はレンタル契約はできません。

本体機器を分割購入または一括購入するかのどちらかとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ドコモのホームルーター「home 5G」は、速度が速いと評判で、速度制限についても今のところはかなり緩くなっているようです。

home 5Gがおすすめな人を再度まとめてみると、

  1.  工事をしたくない人、できない人
  2. 工事業者を家に入れたくない人
  3. 電子機器のコードがゴチャゴチャするのが嫌な人
  4. ドコモのスマホユーザー
  5. そこそこの通信速度が欲しい人
  6. ネットの用途はSNSやネットサーフィン、動画の視聴という人
  7. 引っ越しや転勤が多い人

となります。

応答速度を必要とするオンラインゲームや、大容量のファイルのアップロードなどをしない人には、おすすめできるホームルーターです。

ぜひこの記事を参考にhome 5Gを検討してみてください^^

なお、下の動画ではドコモの社員がhome 5Gのサービス内容を5分程度で簡単に紹介しています。概要を振り返りたい方はこちらも参考にしてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*