PLALA GGGG光の評判は良い?実測速度とメリット・注意点のまとめ

PLALA GGGG光の評判は良い?実測速度とメリット・注意点のまとめ

PLALA GGGG光はラグの軽減を目的としたゲーム用のオプションのため、ゲーマーの中には気になっている人が多いのではないでしょうか。

しかし、ゲーム用のオプションといっても、本当にラグが軽減されて快適にゲームがプレイできるのか、気になるところですよね。

結論から言うと、PLALA GGGG光は評判が良く、ユーザーの平均実測速度・Ping値もゲーミング回線の中では高い水準にあります。

この記事ではPLALA GGGG光のユーザーの評判や実測速度、メリットや注意点、利用方法などについて解説していきますので、ゲーミング回線を探している方はぜひ参考にしてくださいね。

※表記している価格は税込みです。

PLALA GGGG光とは

PLALA GGGG光※PLALA GGGG光公式サイトより 

「PLALA GGGG光(プララ・ジージージージーヒカリ)」は、プロバイダのぷらら(plala)が提供しているゲーマー向けのオプションサービスです。

最大の特徴は、オンラインゲームで致命傷になるラグ(遅延)を軽減し、パケロスを抑制する仕様になっていることです。

「GGGG」はネットスラングのGG(good game)に由来していて、ゲームのプレイヤーが満足のいく環境でプレイをして、良いゲーム・楽しいゲームを繰り広げて欲しいという意味からつけられたそうです。

PLALA GGGG光はプロeスポーツチームの「ZETA DIVISION」のスポンサーを務めていて、人気ストリーマーの関優太さんも利用しているみたいですよ。

PLALA GGGG光の料金・スペック

PLALA GGGG光は、オプションサービスのため単独で利用することができません。

ドコモ光またはぷらら光の契約者が利用可能ですが、ぷらら光は2022年6月末で新規受付を終了しています。

そのため、現在ドコモ光とぷらら光を契約している人以外は、ドコモ光を新たに契約する必要があります

ドコモ光+PLALA GGGG光の料金・スペックをまとめると次のようになります。

戸建てタイプ マンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金(ドコモ光)5,720円4,400円
GGGG光オプション990円
(2ヶ月無料)

事務手数料3,300円
工事費19,800円
→ キャンペーンで実質無料
16,500円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金 5,500円4,180円
提供エリア全国

GGGG光オプションの月額料金は990円ですが、ドコモ光の料金と合わせると戸建てタイプは6,710円、マンションタイプは5,390円で、2ヶ月間は990円割引になります。

この記事ではドコモ光の1ギガプランを紹介していますが、ドコモ光の10ギガプランでもGGGG光オプションを付けられます(ぷららSコースには付けられません)。

ドコモ光では、光電話(550円~)や光テレビ(825円)のオプションをつけることもできます。

なお、すでにドコモ光・ぷらら光を契約している人は、PLALA GGGG光の公式ページからGGGG光オプションを申し込むことができますよ。(ドコモ光のユーザーはプロバイダをplalaにする必要があります)

PLALA GGGG光の評判

PLALA GGGG光を検討している人は、ユーザーの口コミや満足度が気になるところですよね。

そこで、速度や遅延に関するTwitterの口コミを集めてみました。

速度についての口コミ

実測速度で100Mbps以上の速度が出ていますので、オンラインゲームには十分ですね。

PLALA GGGG光の口コミでは、上記のように満足しているユーザーが多い印象でした。

しかし一方で、速度が遅いと感じているユーザーもいます。

78Mbpsは決して遅い速度ではないですが、人によっては期待外れということもあるかもしれません。

ただ、どの光回線にも遅いという口コミはあるので、こういった口コミがあるからといって自分も速度が遅いとは限りません。

Ping値(ラグ、遅延)についての口コミ

Ping値については、低くなったという口コミが多かったです。

中には「あまり変わらなかった」というユーザーもいましたが、概ね満足しているようですね。

パケットロスについての口コミ

Pingと似ていますが、パケロスもゲームをプレイするにあたって重要なポイントです。

パケットロス(データの一部またはすべてが消失して正常に届かないこと)が起きると、弾抜けしたりキャラが瞬間移動したりしてしまいますからね。

パケットロスについては、「なくて快適」という人が多かったですが、「発生している」というユーザーもちらほら見られました。

NURO光と比較した口コミ

NURO光からPLALA GGGG光に乗り換えたら、パケロスがなくなって快適にゲームができるようになったという口コミです。

最近はNURO光については、速度低下やパケロスに対する不満の声を聞くようになりました。

NURO光からの乗り換え先として、PLALA GGGG光を選ぶ人が結構いるようですね。

ぷらら光と比較した口コミ

ぷらら光からPLALA GGGG光に乗り換えた人の口コミは上の3つだけで、3人ともPing値が改善しています。

速度については、1名は「Ping値は小さくなったけど速度は速くはならなかった」と口コミしています。

PLALA GGGG光の速度は速い?

PLALA GGGG光はゲーマー向けの光回線を謳っていますが、その実力はいかほどなのでしょうか。

ゲーマーに人気の光回線と速度・Ping値を比較してみたいと思います。

最大速度平均実測速度平均Ping値
PLALA GGGG光1Gbps424.51Mbps13.32ms
NURO光2Gbps483.02Mbps15.72ms
GameWith光1Gbps273.17Mbps22.6ms
Gaming+1Gbps450.27Mbps15.99ms
コミュファ光 ゲーミングカスタム
※東海エリア+長野限定
10Gbps1884.19Mbps11.09ms
みんなのネット回線速度(2022年9月28日時点)

最速の光回線として人気のNURO光と引け取らない速度が出ています。

Ping値はゲーム中のラグにつながる数値で、小さいほどラグが少なくなります。

Ping値の目安はゲームによって異なりますが、FPS・TPSなどの対戦型のオンラインゲームでは15ms以下が理想とされています(中には10ms以下が理想という人もいます)。

ゲーマー向け光回線の中では、PLALA GGGG光の速度・Ping値は共に優秀です。

NURO光のキャンペーン・料金・メリット・デメリットを徹底解説!
GameWith光の評判は悪い?速度の口コミやデメリットも徹底解説

一般的な光回線と比較しても速い

特にゲーマー向けを謳っていない、一般的な光回線とPLALA GGGG光の速度・Pingと比較するとどうなのでしょうか。

最大速度平均実測速度平均Ping値
PLALA GGGG光1Gbps424.51Mbps13.32ms
ソフトバンク光1Gbps310.98Mbps16.24ms
ドコモ光1Gbps269.41Mbps19.33ms
ぷらら光1Gbps271.12Mbps21.87ms
So-net光プラス1Gbps263.07Mbps15.89ms
みんなのネット回線速度(2022年9月28日時点)

PLALA GGGG光の速度の速さ・Ping値の低さが際立っていますね。

専用帯域を設けて遅延を抑制している

PLALA GGGG光が低遅延を実現できている大きな理由としては、専用帯域を設けていることが挙げられます。

一般ユーザーとは別の専用帯域を設けることで、アクセス集中による遅延の発生を防いでいるんです。

また、この専用帯域では、「動画」「ソフトウェアダウンロード」「P2Pファイル交換ソフト」のトラフィックをコントロールすることによって、ゲームにおけるパケロスを抑制しています。

「トラフィックをコントロールしている」というと、「動画がちゃんと見られないのでは?」と心配になる人もいるかもしれませんが、「動画が遅い」という口コミは上がっていないため、実際の利用での影響はそこまで大きくないと推測します。ベータテストの際も、半数以上がフルハイビジョン画質(1,080p)でYoutubeを視聴できていたようです。

ゲームタイトルのサーバーまでの距離を短縮化

ゲームサーバーまでの距離が長いと、データ通信に時間がかかり遅延の原因となってしまいます。

PLALA GGGG光はゲームタイトルのサーバーまでの距離を短縮化しています。

専用帯域とサーバーまでの距離短縮化の合わせ技によって、遅延を最小限に抑えているわけですね。

特に、ラグが命取りになるようなFPSやTPSなどの対戦ゲームに効果的だと思います。

ただ、P2P方式のゲームではサーバーを経由しない通信を行うため、この「ゲームサーバーへの経路の短縮化」の特徴が活かせず、あまり効果を実感できない可能性があります。

PLALA GGGG光のメリット4つ

PLALA GGGG光は高速・低遅延であるだけでなく、次のようなメリットもあります。

  1. ゲーミング回線の中では料金は平均的
  2. ドコモスマホとセット割が組める
  3. 転用・事業者変更なら工事がない
  4. 全国で使える

ゲーミング回線の中では料金は平均的

PLALA GGGG光は、他のゲーミング回線と比較すると料金は平均的な部類に入ります。

戸建てタイプマンションタイプ
PLALA GGGG光~2ヶ月目:5,720円
3ヶ月目~:6,710円
~2ヶ月目:4,400円
3ヶ月目~:5,390円
GameWith光6,160円4,840円
NURO光5,200円
OCN光 IPoEアドバンス1~3ヶ月目:5,610円
4ヶ月目~:7,458円
1~3ヶ月目:3,960円
4ヶ月目~:5,808円
Gaming+8,778円6,853円~7,953円
コミュファ光 ゲーミングカスタム
※東海エリア+長野限定
1年目:4,750円
2年目~:6,710円
※ネット、プロバイダ全て込みの料金
※Gaming+は東日本エリアの場合

同じくらいの実測速度が出ているGaming+と比較すると、PLALA GGGG光の方が2,000円近く料金が安いです。

一般的な光回線と比較すると高い…

ただし、ゲーマー向けではない一般的な光回線と比較すると、PLALA GGGG光の料金は高めです。

戸建てタイプマンションタイプ
PLALA GGGG光~2ヶ月目:5,720円
3ヶ月目~:6,710円
~2ヶ月目:4,400円
3ヶ月目~:5,390円
ソフトバンク光5,720円4,180円
ドコモ光5,720円4,400円
auひかり1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
3,740~5,720円

PLALA GGGG光の回線は専用帯域を確保するなどゲーミング仕様になっているため、その分料金が高くなっているのでしょうね。

ドコモスマホとセット割が組める

ドコモのスマホユーザーなら、「ドコモ光セット割」で毎月550~1,100円の割引が受けられます。

しかも、家族にドコモユーザーがいれば最大20回線まで割引対象になりますよ。

割引額は契約しているドコモのプランによって異なりますので、下の表で確認してみてください。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ プレミア、5Gギガホ、ギガホ プレミア、ギガホ、5Gギガライト、ギガライトの総称です。

料金プラン割引額
5Gギガホ プレミア/5Gギガホ-1,100円/月
ギガホ プレミア/ギガホ
-1,100円/月
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,100円/月
ステップ3:~5GB-1,100円/月
ステップ2:~3GB-550円/月
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,850円/月
ウルトラシェアパック50-3,190円/月
ウルトラシェアパック30-2,750円/月
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,980円/月
ステップ3:~15GB-1,980円/月
ステップ2:~10GB-1,320円/月
ステップ1:~5GB-880円/月
ウルトラデータLLパック-1,760円/月
ウルトラデータLパック-1,540円/月
ベーシックパックステップ4:~20GB-880円/月
ステップ3:~5GB-880円/月
ステップ2:~3GB-220円/月
ステップ1:~1GB-110円/月

ただし、ドコモのオンライン専用格安プランのahamoはセット割の対象外となります。

工事費が無料

ドコモ光の工事費は、キャンペーンによって「完全無料」になります。

他社の光回線でよくあるのは「実質無料」というもので、契約している間だけは工事費の分割払いの金額と同額が割引されて毎月実質無料になります。しかし、分割払いの途中で解約するとその時点で残っている工事費の残債を請求されてしまうんです。

ドコモ光の場合は工事費が完全無料のため、たとえ契約期間の2年以内に解約したとしても工事費の残債を請求されません。やむを得ない理由で解約することになっても、これなら安心ですね。

転用・事業者変更なら工事費がかからない

フレッツ光から光コラボに乗り換えることを「転用」、光コラボから他社の光コラボに乗り換えることを「事業者変更」と言います。

光コラボとはNTTの光回線の卸売りのサービスのことで、ドコモ光も光コラボのうちの一つです。光コラボは国内に600社以上あると言われていますが、代表的なものにはソフトバンク光やOCN光、So-net光、@nifty光などがあります。

フレッツ光と光コラボは同じNTTの回線設備を利用しているため、転用や事業者変更でドコモ光に乗り換える時は基本的に工事が必要ありません。工事がないので、もちろん工事費も発生しません。

ドコモ光を解約して別の光コラボに事業者変更する時も工事が必要ないので、手軽な乗り換え方法としておすすめですよ。

全国で使える

ドコモ光はNTTの光回線を利用しているため、提供エリアはフレッツ光と同じく全国です。

独自回線のNURO光は提供エリアが狭いため提供エリア外だった…という人もいるかもしれませんが、光コラボのドコモ光は日本の9割以上の地域で利用できます。

引っ越すことになっても転居先で引き続き使えることが多いので、転勤族の方も安心ですね。

PLALA GGGG光の注意点

PLALA GGGG光を申し込む前に、注意点についてもきちんと確認しておきましょう。

速度よりもラグの軽減に効果がある

「PLALA GGGG光は速度が速い」とお伝えしましたが、厳密に言うとPLALA GGGG光は通信速度の向上よりもラグ(遅延)の軽減を目的としたサービスです。

公式サイトの申し込みページにも、次のように書かれています。

 本サービスは、専用帯域・帯域制御・セッション数の増加・国内ゲームサーバーへの経路の短縮化を実施することにより、オンラインゲームにおける低遅延を目指したサービスです。(ゲームのダウンロードを含めた通信の高速化を目的としたサービスではありません)

実際、実測速度で100Mbpsくらいを超えると体感的にはあまり違いがないので、ラグを抑えることの方がゲームには重要かもしれません。

とは言っても、NURO光に引けを取らない平均実測速度が出ているので、「速度は遅いのか…」と悲観的に捉える必要はないと思いますよ。混雑を回避できる通信方式「IPoE+IPv4 over IPv6接続」にも対応しています。

ただ、500Mbpsや600Mbpsの爆速が出て当たり前とは思わないようにしましょう。

2年以内に解約すると解約金がかかる

ドコモ光は2年の自動更新型の契約のため、更新月以外の月に解約すると解約金がかかります。

戸建てタイプマンションタイプ
解約金5,500円4,180円

2022年の電気通信事業法の改正により、以前は14,300円(マンションタイプは8,800円)だった解約金が半分以下の金額になりました。

これまでと比べると、比較的解約しやすくなっているのではないでしょうか。

どうしても解約金の支払いを避けたい場合は、更新月に解約するようにしましょう。

なお、GGGG光オプション自体には契約期間がないためいつ解約しても解約金がかかりません。

transix対応の無線LANルーターが必要

PLALA GGGG光はtransixというタイプのIPv6接続方式のため、transixに対応した無線LANルーターが必要です。

無線LANルーターはplalaから無料でレンタルすることもできますが、市販されている無線LANルーターを購入する場合は、transixのAFTR設定が可能なものを用意するようにしましょう。

PLALA GGGG光はこんな人におすすめ!

  1. ラグ(遅延)やパケロスに悩んでいる人
  2. FPSやTPSなど対戦型のゲームのプレイヤー
  3. フレッツ光・光コラボを利用中の人

PLALA GGGG光は低遅延・パケロスの抑制を目的として作られたサービスです。「ゲームの時にラグい…。」「パケロスがひどくてゲーム仲間に迷惑をかけてしまう。」など、遅延やパケロスに悩んでいる人にはおすすめのサービスです。

特に、FPSやTPSなどコンマ一秒が勝敗を決するようなゲームをプレイしている人に向いています。

また、フレッツ光や光コラボの光回線を利用している人は、ドコモ光の工事が必要ないので手軽に乗り換えが可能です。

PLALA GGGG光の利用方法

PLALA GGGG光の申し込み方法や開通方法について解説していきます。

ステップ1.ドコモ光を申し込む

先ほどお伝えした通り、GGGG光オプションの利用にはドコモ光またはぷらら光の契約が必要です。

どちらも利用していない場合は、ドコモ光を申し込みましょう(ぷらら光は新規受付を終了しています)。

ドコモ光は23のプロバイダから好きなプロバイダを選ぶことができますが、GGGG光オプションを利用する場合は、プロバイダに「plala(ぷらら)」を選ぶ必要があります。

GGGG光オプションは、プロバイダのplalaが提供しているサービスだからです。

申し込みはNNコミュニケーションズがお得

ドコモ光引用元 NNコミュニケーションズキャンペーンサイトより

ドコモ光の申し込みでお得なのは、代理店のNNコミュニケーションズです。

2022年12月現在、ドコモ光の申し込み窓口で最高額の42,000円のキャッシュバックがもらえるからです。

しかも、ドコモ光の開通から最短で1ヶ月後に指定口座にキャッシュバックを振り込んでくれるというスピード対応です。

よくありがちな「オプション加入」や、「面倒なキャッシュバック手続き」もなく、ドコモ光を申し込む時に電話で口座番号を伝えるだけ(ショートメールでの登録もできます)で、あとは開通後に自動的に42,000円を振り込んでくれます。

NNコミュニケーションズは評判も良く、手軽にキャッシュバックをゲットできるので、ネットに詳しくない人にもおすすめの申し込み窓口です。

【2022年9月最新】ドコモ光の代理店4社を比較!おすすめ代理店はココだ!

ステップ2.NNコミュニケーションズから確認の連絡

NNコミュニケーションズで申し込むと折り返し電話がかかってきて、正式な申し込みとなります。

その後、開通工事の日程が決まります。

工事は1時間程度で立ち会いが必要ですが、契約者本人が立ち会えない場合は家族でも大丈夫です。

なお、フレッツ光からの転用や他社光コラボからの事業者変更の場合、基本的にドコモ光の工事は必要ありません。

ステップ3.GGGG光オプションを申し込む

ドコモ光の開通日が決まったら、PLALA GGGG光の公式ページからGGGG光オプションの申し込みをします。

plalaから無線LANルーターをレンタル(無料)したい場合は、その申し込みも併せて行っておきましょう。

なお、ドコモ光とPLALA GGGG光の同時申し込みはできないため、ドコモ光を申し込んだあとにぷららのページからPLALA GGGG光を申し込むことになります。(ぷららの窓口に問い合わせて確認済)

ステップ4.ドコモ光・GGGG光の開通工事

plalaから無線LANルーターをレンタルする場合は、工事日の前に自宅に届きます。

工事が完了後、パソコンなどの設定をするとインターネットが使えるようになります。

NNコミュニケーションズでドコモ光を申し込んだ場合は、開通月の翌月末にキャッシュバックが振り込まれます。

PLALA GGGG光についてよくある質問

ここでは、PLALA GGGG光に関するよくある疑問にお答えしていきます。

PLALA GGGG光の特徴は?

専用帯域を設けてトラフィックをコントロールすることにより、遅延を軽減しパケロスを抑制する仕組みになっています。

また、混雑を回避できる「IPoE+IPv4 over IPv6接続」にも対応しています。

PLALA GGGG光の速度が速い理由

PLALA GGGG光でキャンペーンはやっている?

月額料金(990円)が2ヶ月無料になるキャンペーンを実施しています。

また、NNコミュニケーションズでドコモ光を申し込むことで、42,000円のキャッシュバックがもらえます。

どんなゲームをプレイする人に向いている?

下記の3つの条件を満たしたゲームに向いています。

  • FPS/TPSを中心としたPvPシューターなどのオンラインゲーム
  • クライアントサーバー型のゲーム(P2P通信型ではないゲーム)
  • ゲームサーバーが国内にあること(東京サーバーを選択できるなど)

まとめ

いかがだったでしょうか?

PLALA GGGG光は「速度が速い」「Ping値が低い」という口コミが多く、ユーザーの満足度が高いサービスと言えます。

パケロスについても効果がある仕組みになっているので、ラグが致命傷になるようなゲームをプレイしている方に特におすすめです。

利用するためには新たにドコモ光の契約が必要ですが(現在ドコモ光・ぷらら光を利用中の人は除く)、ドコモ光は2年以内の解約には解約金がかかるということを頭に入れておきましょう。

総合的に見てPLALA GGGG光はゲーマーにおすすめの回線と言えるので、ぜひこの記事を参考に検討を進めてくださいね^^

より高速な10ギガ回線(最大10Gbps)に興味がある方は、下の記事も読んでみてください^^*

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*