楽天モバイル「Rakuten最強プラン」の評判・口コミはどう?メリット・デメリットも併せて解説!

楽天モバイル「Rakuten最強プラン」の評判・口コミはどう?メリット・デメリットも併せて解説!

楽天モバイルは、2023年6月1日から新プランの提供を開始しました。

新プラン名は「Rakuten最強プラン」(楽天最強プラン)です。

楽天モバイル自身が「最強」と付けており、相当な自信が伺えますね。利用者からしたら、どのぐらい最強なのか気になるところ。

そこでこの記事では、楽天モバイル「Rakuten最強プラン」の評判・口コミ、メリット・デメリットなど幅広い情報を準備しました。ぜひご覧ください。

この記事の監修者椎名椎名(しぃ)

元新聞記者。当ブログ「internet-all」を立ち上げてから約8年間、インターネット回線に関する情報発信に携わってきました。ネット回線ナビゲーターとして、インターネット回線の選び方やお困りごとに関する無料相談を200件以上行ってきた実績があります。
@shey_blog

楽天モバイル(Rakuten最強プラン)の料金プラン

楽天最強プランのトップ画像楽天モバイル公式サイトより引用

プラン音声タイプ(電話+ネット)
データタイプ(ネットのみ)
月額料金~3GB:1,078円
~20GB:2,178円
無制限:3,278円
契約事務手数料0円
データ容量無制限(パートナー回線も含む)
通話料金無料※
※Rakuten Linkを使用した場合

Rakuten最強プランは電話とネット通信ができる「音声タイプ」とネット通信のみの「データタイプ」があり、それぞれ月額料金は最大3,278円となっています。

データ使用量によって月額料金が変動するようになっており、3GBまでは1,078円、20GBまでは2,178円、20GB超過後は3,278円です。

これは旧プランである「Rakuten UN LIMIT VII」の料金プランと変わりません。

また、Rakuten Linkというアプリを利用することで国内通話は無料で利用可能。固定電話との通話も無料です。日常的に通話をする方は嬉しいですね!

Rakuten最強プランでパートナー回線の利用が無制限に

楽天のエリア拡大楽天モバイル公式サイトより引用

パートナー回線
Rakuten最強プランRakuten UNLIMIT Ⅶ
無制限5GBまで

Rakuten最強プランが旧プランRakuten UNLIMIT Ⅶと違う点はパートナー回線の利用が無制限になったことです。

パートナー回線は全国どこでも繋がりやすいau回線を使用しており、楽天回線の繋がりにくい場所はau回線で接続可能になります。

楽天はまだ基地局の数が少なく、繋がりにくい場所も多いので、au回線が利用できると安心ですね。

Rakuten UNLIMIT Ⅶでは、パートナー回線のデータ容量が5GBまでと制限があり、どうしても楽天回線が繋がりにくいエリアだとすぐに容量いっぱいになってしまいました。

しかし、Rakuten最強プランになって無制限になったのでそのような心配がなくなりました。今まで以上に利用しやすいサービスになったのです。

パートナー回線とは、楽天回線エリア外でローミング接続される回線のことです。

楽天モバイルでは、au回線をパートナー回線として利用することができます。

音声タイプとデータタイプの違い

Rakuten最強プランの音声タイプとデータタイプの違いについて具体的に紹介します。

音声タイプとデータタイプの比較※楽天モバイル公式サイトより引用

データタイプは、音声通話やキャリアメールの利用ができません。データタイプという名の通り、ネット利用のみ可能という感じです。

音声タイプよりもやれることが少ないデータタイプですが、音声タイプよりもやれることが少ないものの、月額料金は変わりません。この点がちょっと疑問に感じてしまいますね^^;

この2つのプランについて唯一の違いとしては、3GB相当の1ヶ月分の月額料金が実質無料になる「ギガプレキャンペーン」が利用できるかどうかです。

正直そこまでメリットは感じませんね^^;

個人的に契約するなら音声タイプ一択という感じですね。

楽天モバイル(Rakuten最強プラン)の評判・口コミ

Rakuten最強プランの評判・口コミ

Rakuten最強プランになってまだそこまで経っていませんが、X(旧Twitter)には多くの口コミが投稿されていました。速度、料金、サポートに対する評判を見てみましょう。

速度に関する評判・口コミ

まずは速度の評判を見てみましょう。

速度に関する評判を見てみると良い口コミと悪い口コミが半々といった印象でした。

良い口コミを見ると「実家の固定回線より速い」「駅ビルでも繋がる」と書かれていました。

2つ目の口コミはauの回線によって駅ビルの奥でも繋がると書いており、パートナー回線の速度に満足している様子ですね。

悪い口コミを見ると「最強プランでも局地的に死ぬ」「まだ繋がらないとこある」など、場所によって繋がりにくくなるとの書き込みがありました。

無線通信なのでどうしても場所によって繋がらなくケースは発生してしまいますので、この点は理解しておいた方が良いかもしれませんね。

料金に関する評判・口コミ

続いて料金の評判を見てみましょう。

続いて料金の評判を見てみると「無制限で3,000円だもんな」「スマホ料金高かったからありがたい」など、良い口コミが目立ちました。

確かに無制限で3,278円なので、他社のキャリアスマホと比較すると格段に安いですからね。

最後の口コミには「追加料金なしでNBAやパ・リーグの試合が観れる」と書かれています。

その通りで、楽天モバイルを契約すると、バスケと野球の試合を追加料金なしで観ることができます。

料金が安いうえに追加料金なしでスポーツも楽しむことができるのは魅力的ですね。

サポートに関する評判・口コミ

最後のサポートの評判を見てみましょう。

サポートに関する評判は正直そこまで良いものではありませんでした…

特に多かったのが「サポートに繋がらない」という口コミです。電話はもちろん、チャットサービスでも繋がりにくいことは多いみたいですね。

特に土日になると、30分ほど繋がらないということもあるみたいなので、楽天モバイルのサポートに問い合わせる時は、待ち時間が長くなることを覚悟しておいた方がいいかもしれませんね。

楽天モバイル(Rakuten最強プラン)のメリット

Rakuten最強プランのメリット

Rakuten最強プランがどれぐらい最強なのか気になりますよね。

ここからは、Rakuten最強プランのメリットについて見ていきます。

  1. 楽天ひかりの月額料金が最大6ヶ月無料になる
  2. 最短3分で申し込みが完了する
  3. 通信速度が改善傾向
  4. テザリング機能が無制限使い放題
  5. 海外でも2GBまで無料で使える
  6. SPUポイントが最大+3倍
  7. データタイプはキャンペーンで楽天ポイントが1,081pt還元される

それぞれ見ていきましょう。

楽天ひかりの月額料金が最大6ヶ月無料になる

楽天ひかり月額料金6ヶ月無料キャンペーン※楽天モバイル公式サイトより引用

楽天モバイルを契約すると、楽天ひかりの月額料金が最大6ヶ月分無料になります。

楽天ひかりの月額料金は戸建てが5,280円、マンションが4,180円。それぞれ6ヶ月分の月額料金を計算すると、戸建てで31,680円、マンションで25,080円となるので、相当お得ですね。

モバイルに加えて光回線もお探しの方は、楽天モバイルと楽天ひかりをセットで契約することを検討してみてください。

最短3分で申し込みが完了する

楽天モバイルは、Rakuten最強プランになって申し込み方法が簡素化されました。

2023年7月3日にデータプランが提供開始され、データプランにおいては申し込みが簡素化されていましたが、8月31日からは音声プランでも同じく申し込みが簡単にできるようになりました。

従来の申込方法では本人確認書類の提出が必要で、手続きの際に必要な情報が多いのですが、今は本人確認書類が不要で、最短3分で申し込みが完了します。

手際のよい方は1分くらいあれば終わりそうです^^

Rakuten最強プランでは、eSIMとSIMカードのいずれかを選択することができるのですが、既にスマホへ内蔵されているeSIMの場合、申し込みをしたらすぐに利用できるようになります。

一方、SIMカードの場合は郵送で送られてくるまで少し時間が必要です。

1点注意する必要こととしては、本人確認書類不要で簡単に契約するこの申込方法を利用するには、楽天カードユーザーでなければなりません。

そのため、事前に楽天カードを作成しておくのが良さそうです。

通信速度が改善傾向

スマホ事業の歴史が浅く、他社のキャリアと比較して基地局がまだ少ないので「他社の方が通信速度だと安定しているのでは?」と思っている人も多いでしょう。まさに私も思ってました…

しかし、最近では基地局も年々増加しており、通信速度の口コミサイト「みんなのネット回線速度」で見てみると、下り速度で85.19Mbps(2023年12月12日現在)と快適にネットが使えるくらいの速度は出ています。

キャリア名下り速度
楽天モバイル85.19Mbps
ドコモ116.23Mbps
ソフトバンク105.69Mbps
au84.75Mbps
※引用元:みんなのネット回線速度(2023年12月12日現在)

ご覧のように、ドコモやソフトバンクとはまだ少し差はあるものの、auよりも通信速度が出ていることが分かります。

2024年にはネット回線が繋がりやすい「プラチナバンド」を運用する予定なので、さらに通信速度が速くなるかもしれません。

速度が心配な方もぜひ楽天モバイルを選択してみてください。

テザリング機能が無制限使い放題

楽天モバイルは、オプション加入なしでテザリング機能が使い放題です。

他社のキャリアスマホでは、プランによっては有料のテザリングオプションへ加入しなければ利用できませんが、楽天モバイルは無料で利用することができます。

外出先でパソコン作業する時はテザリングを利用する方も多いでしょうから、無制限で利用できるのは助かるのではないでしょうか。

また先ほども話しましたが、Rakuten最強プラン開始を機にパートナー回線が無制限で利用できるようになったので、楽天回線エリアだけでなく、au回線エリアでも無制限でテザリングが利用可能になりました。

Rakuten最強プランによってこれまで以上にテザリングが使いやすくなったのは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

海外でも2GBまで使える

楽天モバイルは2GBまで海外で利用可能楽天モバイル公式サイトより引用

Rakuten最強プランは、海外でのデータ通信にも対応しています。

毎月2GB/月まで無料で使えるため、海外旅行や出張の際に便利です。

ただ、2GBを超えると通信制限(128Kbps)がかかりますので、注意が必要です。

仮に2GB以上使ってしまった場合、1GBあたり500円でチャージすることが可能です。

万が一データ容量が足りなくなっても課金すれば通信制限なく利用することができます。

SPUポイントが+3倍

spuポイントは最大+3倍楽天モバイル公式サイトより引用

Rakuten最強プランを契約すると、楽天市場で買い物したときに貯まるSPUポイントが最大+3倍になります。

楽天の会員ランクに応じてポイントの倍率は変動し、ダイヤモンド会員は+3倍、ダイヤモンド会員以外は+2倍です。

達成条件ポイント倍率
Rakuten最強プラン契約中で
ダイヤモンド会員
+3倍
Rakuten最強プラン契約中で
ダイヤモンド会員以外
+2倍

例えば、ダイヤモンド会員の方であれば通常ポイント1倍にプラス3倍されるため、合計4倍のポイントが付与されます。

楽天市場をよく利用する方はポイントが貯まりやすくなりますよ。

データタイプはキャンペーンで楽天ポイントが1,081pt還元される

データタイプのみのキャンペーンになりますが、データタイプを契約すると、楽天ポイント1,081ptが還元されるギガプレキャンペーンが利用できます。

月額料金分の1,078ptに加え、ユニバーサルサービス料分の2pt、電話リレーサービス料分の1ptが付与されます。

楽天モバイルは3GBまでの利用で月額料金が1,078円となりますので、ポイント特典によって3GBまでが実質無料になるということです。

楽天市場での買い物はもちろん、楽天モバイルの支払いにも利用できるので、嬉しいキャンペーンですよね。

楽天モバイル(Rakuten最強プラン)のデメリット

Rakuten最強プランのデメリット

Rakuten最強プランのデメリットは以下の通りです。

  1. パートナー回線で利用できる周波数帯が決まっている
  2. 利用実態がないと解約金が発生する
  3. Rakuten Linkが不評

それぞれ見ていきましょう。

パートナー回線で利用できる周波数帯が決まっている

Rakuten最強プランのパートナー回線で使用する周波数帯はプラチナバンド(800MHz帯)のみになります。

プラチナバンドは幅広く繋がりやすいという特徴を持ちますが、その一方で通信速度が遅くなりやすい周波数帯です。

そのため、パートナー回線エリア内においては、通信速度が少し遅いと感じるかもしれません。

ただ繋がりやすいかどうかは場所によることが多いので、もちろんパートナー回線でも繋がりやすいケースもあります。

利用実態がない場合解約金が発生する

Rakuten最強プランは原則解約金は発生しません。

ただし、2024年2月から申し込みをして1年以内に解約し、かつ利用実態がない場合は解約金1,078円が発生するようになりました。

契約者が、お申し込み後1年以内に回線契約を解約し、かつ本サービスの利用実態がない場合、 当社は、契約者に対して、当社が解約事務手数料として定める金額の980円(税込1,078円)の支払いを請求することがあります

※楽天モバイル公式サイトより引用

恐らくほとんどの方が該当しないとは思いますが、念のため注意しておきましょう。

Rakuten Linkが不評

先ほどお伝えした通り、Rakuten Linkを利用すると通話料金が無料になります。頻繁に通話をする方からしたら、嬉しいサービスですよね。

ただ、SNSを見てみるとRakuten Linkに不満の声が寄せられていました。

通話品質が悪かったら、通話料金が無料でも困ってしまいますよね…。

ただ仮にRakuten Linkの通信品質が低い場合でも、LINEの無料通話を利用すれば良いので、そこまで大きなデメリットでもなさそうです。

Rakuten最強プランの申込方法

Rakuten最強プランの申込方法

ここではRakuten最強プランの申込方法について紹介していきます。

手順は2つだけでとても簡単ですよ。

1.プランを選択する

Rakuten最強プランの「プランを選択する」をタップしてください。

Rakuten最強プランの申込方法①楽天モバイル公式サイトより引用

2.オプション・SIMタイプを選択する

希望するオプションやSIMタイプを選択します。

楽天モバイルのプランのみで申し込みの場合は「この内容で申し込む」をタップしてください。

また、スマホを同時に購入する場合には「製品を選択する」をタップし進んでください。

Rakuten最強プランの申込方法楽天モバイル公式サイトより引用

まとめ

この記事では、楽天の新プラン「Rakuten最強プラン」について紹介してきました。

旧プランとの違いは、パートナー回線エリア内におけるデータ通信容量が無制限になったことです。

これまでパートナー回線に頼っていた方にとっては朗報ですね。

楽天モバイルはキャリアスマホの中では最も安いサービスになりますので、安いスマホをお探しの方はご検討ください。

この記事がスマホ探しのお役に立てれば幸いです。

\お役に立てたらシェアをお願いします♪/

コメント

これからインターネット回線を契約する人やすでに契約中の人の参考になるように、 良い点や悪い点を客観的にコメントしてください。
誹謗中傷や暴言、個人を攻撃する発言など、第三者を不快にするコメントは非公開とします。 また、個人情報が含まれたコメントも公開できませんのでご了承ください。
※スパム対策のため、日本語を含まないコメントは無効になっています。

  1. ロドリゲス より:

    Rakuten最強プランって名前が胡散臭くて疑ったけど、使ってみたら結構良い。繋がりにくいイメージあったけど結構サクサク繋がるし。基地局増えたんかな。

    1. 椎名(しぃ) より:

      ロドリゲスさん、システムの不具合でコメントを見落としていました…。
      貴重な口コミありがとうございます^^
      楽天の基地局は順調に増えているようですね。
      もしかしたらロドリゲスさんのお住まいのエリアにも、基地局が増設されたのかもしれません。
      6月からはプラチナバンドが使えるようになるので(一部の都市から)、今後に期待したいなと思います。

コメントを残す

*

この記事を見た人はこんな記事も見ています