気になる!LINEMO(ラインモ)の評判やメリット・デメリット

気になる!LINEMO(ラインモ)の評判やメリット・デメリット

「LINEMO(ラインモ)」は、ソフトバンクから登場した格安の新ブランドです。

月間3GBで990円、月間20GBで2,728円とリーズナブルな料金で利用できるため、気になっている方も多いですよね。

ここでは、LINEMOの評判やサービス内容、メリット・デメリット、どのような人におすすめなのか、などについてお伝えしていきます。

この記事を読めば、LINEMOがあなたに合っているかどうか、乗り換えるべきかどうか分かるようになりますよ。

それでは、いってみましょう。

※表記している価格は税込みです。

「LINEMO(ラインモ)」とは

LINEMO※LINEMO公式サイトより引用

LINEMO(LINEMO)は、「タノシイオドロキ」をキーワードとした、ソフトバンクのオンライン専用ブランドです。

ソフトバンクのプランよりも料金が安く、また、LINEモバイルのサービスを引き継いでいることから、LINEが使い放題になるといった特徴もあります。

月額990円~+LINEデータ通信無料

ミニプランスマホプラン
月額料金990円2,728円
データ容量3GB 20GB
速度制限下の最大速度300kbps1Mbps
通話オプション5分かけ放題:月額550円 →無料(1年間)
24時間かけ放題:月額1,650円 →月額1,100円(1年間)

LINEMOのプランは、3GBで月額990円または20GBで月額2,728円の2種類があります。

この料金で、LINEトーク・LINE音声通話・LINEビデオ通話などが使い放題です。

データ容量を使い切ってしまった場合でも、スマホプランなら最大1Mbpsで通信ができます。1MbpsならLINEなど最低限のサービスは使えますし、通信制限時もストレスなく過ごすことができます。

通話料は30秒につき22円ですが、通話オプションも準備されているので、自分に合った通話プランを選択できますね。通話オプションはキャンペーンで1年間550円割引にもなります。

また、LINEMOでは留守番電話機能を月額220円でつけることができます。同じオンライン専用ブランドのahamoやpovoではつけられないので、これは嬉しいポイントですね。

LINEMOの口コミ・評判

LINEMOのユーザーはLINEMOに対してどのような評価をしているのか、Twitterの口コミをチェックしていきましょう。

料金が安くなった


LINEMOの料金に関する評判では、「LINEMOに乗り換えたら安くなった」という声が多いです。

特にソフトバンクの料金が高いと感じていていた人は、LINEMOに乗り換えることで通信費を大幅に節約できると思いますよ。

速度には概ね満足している


速度に関する口コミでは、「速い」「ソフトバンクと変わらない」という声が多かったです。


5G対応エリアでは、200Mbpsを超えることもあるみたいですね。

一方で、速度が遅いと感じている人もいました。


ただ、通信サービスは利用時間帯や利用環境によって実測速度が異なるため、「速い」「遅い」の両方の口コミがあるのが普通です。

LINEMOはソフトバンクと同じネットワーク回線を使っているので、ソフトバンクやワイモバイルを快適に使えていたなら問題ないと個人的には思います。

キャンペーンがお得

Twitterで口コミを見ていると、LINEMOのキャンペーンを利用している人が多いようでした。


PayPayボーナスあげちゃうキャンペーンは継続的に実施しているようなので、PayPayを使っている方はお得に契約できちゃいますね。

LINEMOのメリット9つ

評判が良好なLINEMOですが、具体的なサービスのメリットはどんなものがあるのでしょうか。

  1. 料金が安い
  2. ソフトバンクと同じ回線を使える
  3. LINEが使い放題
  4. 1GBあたり550円でデータチャージできる
  5. 契約解除料・番号移行手数料・契約事務手数料が無料
  6. eSIM対応で即開通OK
  7. 5G対応
  8. テザリングが無料
  9. ソフトバンクまとめて支払いに対応

メリット1.料金が安い

3GB20GB
LINEMO990円2,728円
ソフトバンク5,478円7,238円(無制限)
ワイモバイル2,178円4,158円(25GB)
ahamo2,970円
povo990円2,700円

上の表を見ると分かるように、LINEMOは、ドコモ・KDDIのオンライン専用ブランド「ahamo」「povo」と比較すると同じくらいの料金です。

しかし、ソフトバンクやワイモバイルと比較すると雲泥の差があります。LINEMOは、特にソフトバンクやワイモバイルから乗り換えると、金銭的なメリットが大きくなります。

メリット2.ソフトバンクと同じ回線を使える

LINEMOでは、ソフトバンクと同じ回線を使っています。

格安SIMはキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の回線を間借りしているため、どうしてもキャリアよりも通信速度が劣ってしまいます。

しかし、LINEMOはソフトバンクと同じ品質の回線を使えるため、格安SIMレベルの低料金でありながら、ソフトバンク(ワイモバイル)と同じ品質の通信が可能です。

メリット3.LINEが使い放題

LINEMOの一番の魅力は、やはりLINE使い放題。ドコモのahamoやKDDIのpovoにはない魅力です。

音声通話・ビデオ通話も使い放題(ギガフリー)のサービスに含まれているため、よく通話するという人には特にメリットがあるでしょう。

スタンプショップの利用など、使い放題に含まれないサービスもありますが、LINEを普通に使う分には問題ありません。

また、月20GBのスマホプランなら、900万種類以上あるLINEスタンプを実質無料で利用できますよ。

メリット4.1GBあたり550円でデータチャージできる

ソフトバンクのチャージ料金は、1GBあたり1,100円。

LINEMOでは、半額の550円でデータ容量をチャージすることができます。

メリット5.契約解除料・番号移行手数料・契約事務手数料が無料

ソフトバンクブランド間の、契約解除料・番号移行手数料・契約事務手数料は無料です。

契約事務手数料はもとから無料なので、ソフトバンク・ワイモバイル以外からの乗り換えでもかかりません。

メリット6.eSIM対応で即開通できる

eSIMとは、スマートフォンにSIMが内蔵された本体一体型のSIMの名称です。

オンライン上で本人確認が完了するeKYCに対応しているLINEMOは、eSIM対応の端末であれば、LINEでLINEMOの申し込みが完了すると、数時間程度で利用開始できます。

もちろん物理SIMも対応していますが、eSIMであれば情報が書き込まれたSIMカードが届くのを待ったり、小さなSIMカードを差し替えたりする必要はありません。

メリット7.5G対応

5Gに対応したスマホで5G提供エリア内にいれば、5G通信も可能です。

ソフトバンクの5Gは、2022年3月末時点で人口カバー率90%を超えています。今後も利用できるエリアはますます広がるでしょう。

メリット8.テザリングが無料

テザリングを使えば、スマホをWiFiルーター代わりに利用できます。オプション料金がかからず利用できるのは、地味に嬉しいポイントです。

20GBプランを契約していれば、WiFi環境がないときも多少のデータ通信なら余裕がありますし、いざというとき便利です。

メリット9.ソフトバンクまとめて支払いに対応

ソフトバンクまとめて支払いでは、PayPayの残高チャージやYahoo!ショッピング、Amazonなどでの買い物をLINEMOの料金とまとめて支払うことができます。

ただし、ソフトバンクやワイモバイルからLINEMOに乗り換えると、まとめて支払いを利用しているサービスは解除されてしまいます。

LINEMOを契約後は、再度ソフトバンクまとめて支払いの登録が必要です。

LINEMOのデメリット6つ

ここまではLINEMOのメリットについて見てきました。次は、デメリットについても確認しておきましょう。

  1. 新みんな家族割のカウント対象外
  2. ソフトバンク光とのセット割「おうち割」は対象外
  3. 電話や店頭でのサポートは受けられない
  4. キャリアメールは年額3,300円
  5. スマートフォンの購入ができない
  6. Yahoo! プレミアムが引き継ぎできない

デメリット1.新みんな家族割のカウント対象外

ソフトバンクの大容量プランを契約している場合、家族のソフトバンクユーザーの人数に応じて「新みんな家族割」が適用され、月額料金を割引してもらえます。

しかし、LINEMO(ラインモ)に乗り換えると家族割から外れ、割引対象にはカウントされなくなります。

新みんな家族割の割引がなくなっても、LINEMOの方がお得になるかどうか事前に確認した方がいいでしょう。

デメリット2.ソフトバンク光とのセット割「おうち割」は対象外

ソフトバンク光やソフトバンクエアー、NURO光とのセット割「おうち割光セット」は、LINEMOでは対象外になります。

ソフトバンク光でおうち割光セットが解除されると、月額550円で利用できていたオプションパック(光BBユニット、Wi-Fiマルチパック、電話サービス)は個別の契約となり、月額2,000円以上のコストがかかってしまいます。

ソフトバンク光はソフトバンクユーザー以外はほとんどメリットがないので、LINEMOに乗り換える場合は別のインターネット回線への乗り換えがおすすめです。

なお、LINEMOではおうち割でんきセットも対象外となります。

デメリット3.電話や店頭でのサポートは受けられない

LINEMOはオンライン専用のブランドです。

ソフトバンクショップ・ワイモバイルショップへ行っても、契約はできませんしサポートも受けられないので、不安に思う方も一定数いると思います。

普段からある程度、スマホの問題を自力で解決できている人に向いているサービスと言えます。

デメリット4.キャリアメールは年額3,300円

LINEMOでは、ソフトバンクのメールアドレス(ドメインは「@softbank.ne.jp」や「@i.softbank.jp」)を利用するためには年額3,300円がかかります。2022年夏以降は、月額330円でも提供される予定です。

しかし、gmailやYahoo!メールなどのフリーメールで十分という人が多いので、個人的には大きなデメリットにはならないんじゃないかなと思います。

デメリット5.スマートフォンの購入ができない

LINEMOはSIMカードまたはeSIMのみの提供のため、スマートフォンの販売をしていません。

乗り換えのタイミングで機種変更をしたい人は、LINEMOの申し込み前に自分で好みの端末を準備しましょう。

eSIM対応のスマホであれば、即日開通が可能です。

デメリット6.Yahoo! プレミアムが引き継ぎできない

ソフトバンクやワイモバイルから番号ポータビリティで電話番号を引き継いだ場合、料金プランに含まれていたYahoo! プレミアムは強制解約になってしまい、利用できなくなってしまいます。

Yahoo! プレミアムそのものは利用はできるものの、内容は引き継ぎされず、また、ヤフー株式会社からの月額会員費の請求がされるようになります。

-例-

  • ヤフオク!出品中のものが出品取り消しになる
  • Yahoo!かんたんバックアップの容量が上限5GBまでになる
    (90日以上経過しても5GB以上のデータ容量を使用している場合全て削除されます)
  • プレミアム会員割引の適用が終了になる
    (加入中の有料サービスの請求が追加されます)

LINEMOはこんな人におすすめ!

ここまでの内容を踏まえると、LINEMOは次のような人におすすめのサービスと言えます。

  1.  ソフトバンク(ワイモバイル)ユーザーで携帯代を安くしたい人
  2. オンライン申し込みに抵抗がない人
  3. LINEの通信量が多い人
  4. 格安SIMを利用していて速度が遅いと感じている人
  5. ドコモユーザーで、ahamoの20GBより小容量プランを契約したい人

ソフトバンク(ワイモバイル)ユーザーは、手数料なしの簡単手続きでLINEMOに乗り換えができます。

申し込み手続きはオンライン限定となりますので、ショップのサポートがなくても平気な人にも向いています。

LINEで特に通話が多い人は、LINEMOでギガフリーになると格段にデータ通信量が減ると思いますよ。

また、ドコモのahamoは20GBプランだけのため、キャリアの回線でもっと小容量のプランを契約したい人には、LINEMOのミニプラン(3GB)はおすすめです。(SIMフリースマホまたはスマホのSIMロック解除が必要です)

格安SIMユーザーで通信速度が遅いと感じている人は、LINEMOに乗り換えると快適な通信が可能になります。ソフトバンク回線からの乗り換えなら、基本的にスマホもそのまま利用できます。

LINEMOがおすすめできない人

反対に、次のような人にはLINEMOはおすすめできません。

  1.  ショップのサポートを受けたい人

LINEMOは、店舗の人件費などを徹底的にカットしたことで実現した格安ブランドです。

ソフトバンクも、LINEMOのターゲットはネットを日常的に使うデジタル・ネイティブ世代としています。

ただ、スマホに関するトラブルの解決策はネット上に情報がありますし、自分で調べたり友人に聞いたりして解決できそうな人は、これを機会にオンライン専用ブランドに挑戦してみるのもいいですね。

ショップのサポートを受けたい人には、「ワイモバイル」がおすすめです。ソフトバンクの回線を使っているため、速度も安定しています。
ワイモバイルの評判は?月額990円で使う方法やメリット・デメリットも解説

LINEMOと同等もしくはそれよりも安い格安SIMなら、「NUROモバイル」あたりも良いと思います。ワイモバイルほど速くはないですが、3GBで792円と格安なので料金重視の人にはおすすめです。家電量販店などでの取り扱いもあります。なお、専用帯域を使った高速なプラン「NEOプラン」は20GB(2,090円)と安くておすすめですが、こちらはドコモ回線になりますので、今お使いのスマホをそのまま使う場合はSIMロック解除が必要です。
最安級のNUROモバイルの評判は?料金・メリット・注意点も解説

LINEMOのお得なキャンペーン!

LINEMOでは、複数のキャンペーンを常時実施しています。

現在お得なのは以下の3つのキャンペーンです。

ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン

ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン※LINEMO公式サイトより引用

他社からLINEMOのミニプラン(3GB、990円)に乗り換える人は、2022年9月30日〜2023年1月31日のキャンペーン期間中に申し込むと、最大8ヶ月間、毎月990円相当のPayPayポイントがもらえます。

月額料金が最大8ヶ月間も実質無料になるため、乗り換えの人はこのタイミングでの申し込みがお得です。

ただし、ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイル以外からの乗り換え、または新規の電話番号での申し込みの方が対象となっています。

ドコモやau、格安SIMをお使いの方なら、キャンペーンでお得にLINEMOを始められますよ。

PayPayポイントあげちゃうキャンペーン

PayPayポイントあげちゃうキャンペーン※LINEMO公式サイトより引用

スマホプラン(20GB、2,728円)を申し込む人は、10,000円相当のPayPayポイントがもらえます。

新規契約の場合は3,000円相当になりますが、他社からの乗り換えの人はお得なのでおすすめです。(ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外)

通話オプション割引キャンペーン

LINEMO 通話オプション割引キャンペーン※LINEMO公式サイトより引用

「通話オプション割引キャンペーン」では、かけ放題のオプションが1年間550円割引になります。

通話準定額
(5分かけ放題)
通話定額
(完全かけ放題)
通話オプション550円
→無料(1年間)
1,650円
→1,100円(1年間)

先ほど紹介した、ミニプランの月額料金が8ヶ月間実質無料になるキャンペーンとも併用ができます。

キャンペーン期間は2021年3月17日(水)から終了日未定となっていますが、いつ終了するか分からないので申し込みを検討中の方は早めの申し込みがおすすめです。

まとめ

ソフトバンクの新ブランド、LINEMOについてまとめてきました。

LINEMOはソフトバンクやワイモバイルよりも格安の料金設定で、LINEも使い放題です。

ソフトバンクやワイモバイルからの乗り換えなら、手数料もかかりません。

注意すべき点はオンライン専用であることで、ショップの手厚いサポートがなくても大丈夫な人にはおすすめできます。

この記事を参考に、LINEMOの検討を進めてみてくださいね^^

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

ネット回線えらびでこんな風に困っていませんか?

  • 光コラボに興味がある
  • おトクな乗り換え方法が知りたい
  • 工事費用ナシで光回線を申し込みたい
  • キャッシュバックがもらえる特典・キャンペーンで申し込みたい
  • 月額料金が安いインターネット回線が知りたい
  • ネット回線が多すぎて選べない
  • ネット回線えらびに疲れた
  • そもそもネット回線についてよくわからない
  • 自分に合ったネット回線が知りたい
  • 自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

 

などなど、どんなことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*

ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。


今すぐ無料相談してみる

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*