【保存版】ドコモの月額料金を安くするための7つの方法を解説

【保存版】ドコモの月額料金を安くするための7つの方法を解説

今あなたは、ドコモスマホ・携帯の毎月の料金を少しでも安くする方法を探していますね?

以前の料金プランのまま、カケホーダイの基本プランにパケットパック、spモードとトータルで毎月6,600円以上ドコモに払っている人が多いのではないでしょうか?

この記事では、そんなあなたにドコモの月額料金を少しでも安くするための知識・方法をお伝えします。

実践できるものはやってみて、是非節約をしてみてくださいね。

※表記している価格は税込みです。

ドコモの料金を安くする方法7つ

今回ご紹介するドコモの料金を安くする効果的な方法は、以下の7つです。

  1. ドコモの新プラン「ahamo」に乗り換える
  2. ドコモ系の格安SIMに乗り換える
  3. ドコモのエコノミーMVNOに乗り換える
  4. ドコモ光との「ドコモ光セット割」を使う
  5. 不要なオプションを外すことで安くする
  6. 契約プランを見直すことで安くする
  7. ドコモの割引サービスを利用する

どの方法が向いているかは人それぞれ異なりますが、ポイントになるのが月間で使っているデータ通信量です。

結論から言うと、月間の通信量が20GB未満の人は方法1~3、月間の通信量が20GB以上の人は方法4~7がおすすめです。

毎月の料金の内訳がどうなっているのか、よく分かっていない人はその前にMy docomoで利用料金の明細を確認することが、料金を安くするための第一歩です。

データ通信量の確認方法

毎月、自分が一体どれくらいのデータ量を使っているかわからない人は、まずは次の方法で通信量を確認しましょう。

確認する方法としては以下の2つ。

  • スマホで確認する
  • My docomo(会員ページ)から確認する。

スマホでの確認方法

例えば、データプランの月間通信量はスマホ側の機能でザックリですが確認できます。

  • Android:歯車アイコンの「設定」をタップ。⇒「データ通信量」をタップで確認できます。
  • iPhone:ホーム画面で「設定」をタップ。⇒「モバイルデータ通信」をタップ。⇒「現在までの合計」(または「現在までの期間」)で確認できます。

My docomo(会員ページ)での確認方法

My docomo(会員ページ)からdアカウントでログインすれば、「ご利用状況」として使ったデータ通信量が確認ができます。スマホで確認するよりもこちらが正確です。

また、My docomoのアプリもあるので、スマホに入れておけばいつでもデータ通信量が確認ができます。

例えばですが、ひと月に使っているデータ通信量が5GB以下なのにギガホを使っていたらもったいないわけで、ドコモ系の格安SIMやahamoに変更することで料金を安くできます。特によく分からないで契約をしてしまっている人は、適したプランに変更するようにしましょう。

それでは、ドコモの料金を安くする7つの方法について、具体的に紹介していきます。

方法1.ドコモの新プラン「ahamo」に乗り換える

引用元 ahamo公式サイトより

2021年3月から、ドコモのオンライン専用プラン「ahamo」が提供開始になっています。

基本料金2,970円で20GB使えるので、既存プランと比べるとかなり大幅な値下げになっています。

もともと音声通話をあまり使わない人や通話をLINEで代用できる人は、ahamoにしてみると驚くほど月額料金が安くなると思いますよ。

ahamoのサービススペックは次のようになります。

基本料金2,970円
月間通信料20GB
データの追加1GBにつき550円
通話料22円/30秒
1回5分までの国内通話が無料
通話オプションかけ放題オプション(月額1,100円)
契約期間・解約金なし
契約事務手数料0円

通話料は30秒につき22円で、5分以内の通話なら何度でも無料です。

料金は格安SIMクラスですが、MNO(キャリア)としてドコモの回線を使えるので通信の品質はそのままです。ドコモユーザーならMNP予約番号は不要で移行できますし、契約解除料・番号移行手数料・機種変更手数料も無料です。格安SIMに詳しくない人も、ahamoなら乗り換えのハードルが低いです。

ただ、ahamoはオンライン専用プランのため相談は専用チャットで行うことになります。店舗でのサポートも受けられますが、3,300円の費用がかかります。

また、「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」「U30ロング割」は対象外となります。回線数には含まれるので家族の割引はそのまま適用されますが、自分のスマホに割引は入らなくなります。ドコモの家族間通話が無料になる「ファミリー割引」も、自分からかけた通話は有料ですので注意してください。

方法2.ドコモ系の格安SIMに乗り換える

ドコモのスマホを格安SIMに変えることで毎月のスマホの通信費を節約できるので、料金を安くできる効果が一番高い方法だと個人的には思っています。

特にほとんどの格安SIMはドコモの回線に対応しているのでスマホはそのまま格安SIM事業者のSIMカードを挿せば使えますし、他のキャリアに比べて乗り換えやすい環境にあるのもメリットです。

格安SIMのブランドはたくさんありますが、ここでは格安SIMで、インターネット回線とセット割引がある「BIGLOBEモバイル」「OCNモバイルONE」を取り上げます。

「BIGLOBEモバイル」の特徴

BIGLOBEモバイル引用元 BIGLOBE公式サイトより

BIGLOBEモバイルの一番特徴は「エンタメフリーオプション」で、若い世代を中心に絶大な支持を得て、国内MVNO総合満足度NO.1になっています。

プロバイダ歴30年以上を誇るBIGLOBEで、安心の通信品質とサポート力は魅力。さらに、家族でデータ容量を分け合えるシェアSIMを利用することで月々の料金を安くすることもできます。

プランデータ通信SIM音声通話SIM
1ギガプラン~12ヶ月:770円
13ヶ月~:1,078円
3ギガプラン990円~12ヶ月:770円
13ヶ月~:1,320円
6ギガプラン1,595円~12ヶ月:1,320円
13ヶ月~:1,870円
12ギガプラン2,970円~12ヶ月:3,190円
13ヶ月~:3,740円
20ギガプラン4,950円~12ヶ月:5,170円
13ヶ月~:5,720円
30ギガプラン7,425円~12ヶ月:7,645円
13ヶ月~:8,195円

音声通話SIMなら全プランがエンタメフリーオプションに対応しています。エンタメフリーオプションで利用できるコンテンツがかなり多いのも嬉しいポイントです。

  • YouTube
  • U-NEXT
  • YouTube Kids
  • Apple Music
  • Spotify
  • Amazon Music
  • radiko.jp
  • 楽天マガジン
  • Facebook Messenger
    など

エンタメフリーオプションは音声通話SIMなら月額308円・データSIMなら月額1,078円(6ヶ月無料)で、上記のサービスはいくら楽しんでもデータ通信が発生しないので通信費も安く抑えられますね^^

光☆SIMセット割

※「光☆SIMセット割」は2021年9月21日より受付停止中です。

BIGLOBEモバイル 光SIMセット割引用元 BIGLOBE公式サイトより

光☆SIMセット割は、BIGLOBEモバイルと指定の光回線(ビッグローブ光など)をセットで利用することで、月額330円の割引を受けられます。

ドコモからBIGLOBEモバイルに乗り換えて携帯料金が安くなるのもメリットですが、ネットをビッグローブ光に乗り換えることで月額330円の割引を受けられるんです。

しかも、ビッグローブ光はドコモ光よりもネットの月額料金が安いのもポイントです。

戸建てタイプマンションタイプ
ビッグローブ光5,478円4,378円
ドコモ光タイプA:5,720円
タイプB:5,940円
タイプA:4,400円
タイプB:4,620円
※ビッグローブ光は3年プランの場合

ドコモ光のユーザーはビッグロ―ブ光に乗り換えることで、ネット料金をもっと安くできるんですね。

ただし、セット割を適用できるのは3ギガプラン以上で、自動適用ではなく申し込みが必要になります。

「OCNモバイルONE」の特徴

OCNモバイルONE引用元 OCNモバイルONE公式サイトより

OCNモバイルONEは、格安SIM内でも唯一(しぃ調べなので悪しからず)の複数回線のセット割が可能な格安SIMです。

そのため、家族みんなで格安SIMにして、月々の通信費を安くしたい方々には特におすすめです。

コース/月データ通信SIMデータ通信SIM+SMS音声通話SIM
500MB550円
1GB770円
3GB858円990円990円
6GB1,188円1,320円1,320円
10GB1,628円1,760円1,760円
OCN光モバイル割

OCN光モバイル割引用元 OCNモバイルONE公式サイトより

OCNモバイルONEとOCN光をセットで利用すると、OCNモバイル割で毎月220円の割引を受けられます。

OCN光もドコモ光(プロバイダはOCN)よりも月額料金が安いので、乗り換えることでネットの料金を安くできます。

戸建てタイプマンションタイプ
OCN光5,610円3,960円
ドコモ光タイプA:5,720円
タイプB:5,940円
タイプA:4,400円
タイプB:4,620円

ドコモ光と比較すると、戸建てタイプで330円・マンションタイプで660円もOCN光の方が安いですね。

さらに、OCN光モバイル割は月額220円割引が家族も含め最大5回線まで割引される優れもの。これなら家族みんなで節約できますね。

方法3.ドコモのエコノミーMVNOに乗り換える

エコノミーMVNO引用元 OCNモバイルONE公式サイトより

「エコノミーMVNO」とは、NTTドコモと提携している格安SIM(MVNO)のプランを、ドコモショップでも取り扱いできる仕組みのことです。ドコモのエコノミーMVNO第一弾として、現在はOCNモバイルONEの取り扱いを開始していて、先ほどご紹介したOCNモバイルONEのプランをドコモショップで契約することができます。

月額料金通話料備考
0.5GB550円11円/30秒最大10分の無料通話つき
1GB770円
3GB990円
6GB1,320円
10GB1,760円

店頭では、SIMカードの発行から開通までの契約手続きだけではなく、スマホの購入や初期設定、端末の故障受付にも対応してくれるようです。

ahamoの20GBは多いからもっと小容量の格安SIMに乗り換えたいけど、初めてだから不安…という人に向いています。

ただ、エコノミーMVNOはあくまでも格安SIMのサービスのため、ドコモの回線を間借りして提供しています。ドコモの回線そのものを使っているahamoより通信速度が劣ってしまう点に注意してください。

方法4.ドコモ光との「ドコモ光セット割」を使う

ドコモ光 ドコモ光セット割引用元 docomo公式サイトより

ドコモのスマホや携帯電話とドコモ光を一緒に利用すると、スマホ・携帯電話の月額利用料金が割引になる「ドコモ光セット割」を組むことができ、毎月のスマホ料金が最大1,100円割引になります(「ahamo」は対象外)。

他の大手携帯キャリアのauやソフトバンクでもスマホ+光回線とのセット割はありますが、月額550円の光電話(固定電話サービス)への加入が条件になっています。しかし、ドコモ光でセット割を組む場合はオプション加入は不要です。

なお、ドコモ光セット割を組めるのはドコモ光が唯一の対象回線のため、ドコモユーザーでセット割を組みたいなら必然的に選択肢はドコモ光のみになります。

割引額はドコモで契約している料金プランよって違い、ギガプランの「ギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガライト」のプランは家族全員のスマホ料金が毎月550〜1,100円割引、カケホーダイ&パケあえるの「ウルトラシェアパック」「ベーシックシェアパック」などのプランは毎月110〜3,850円割引になります。

割引額やプランに関しては以下をご覧ください。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ プレミア、5Gギガホ、ギガホ プレミア、ギガホ、5Gギガライト、ギガライトの総称です。

料金プラン割引額
5Gギガホ プレミア/5Gギガホ-1,100円/月
ギガホ プレミア/ギガホ
-1,100円/月
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,100円/月
ステップ3:~5GB-1,100円/月
ステップ2:~3GB-550円/月
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,850円/月
ウルトラシェアパック50-3,190円/月
ウルトラシェアパック30-2,750円/月
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,980円/月
ステップ3:~15GB-1,980円/月
ステップ2:~10GB-1,320円/月
ステップ1:~5GB-880円/月
ウルトラデータLLパック-1,760円/月
ウルトラデータLパック-1,540円/月
ベーシックパックステップ4:~20GB-880円/月
ステップ3:~5GB-880円/月
ステップ2:~3GB-220円/月
ステップ1:~1GB-110円/月
 

ただし、ahamoはドコモ光セット割を組めないので注意してください。

初期費用や解約金は平均的な料金になっています。

月額料金や初期費用

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金5,720円~4,400円~
事務手数料3,300円
工事費19,800円
→ キャンペーンで実質無料
16,500円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金14,300円8,800円
提供エリア全国

また、ドコモ光の特徴のひとつとして、回線とプロバイダの一体型が多い光コラボの中で、プロバイダを複数の中から選べる仕組みになっています。

選ぶプロバイダによって、タイプA(戸建てタイプ:5,720円/マンションタイプ:4,400円)とタイプB(戸建てタイプ:5,940円/マンションタイプ:4,620円)という2つの月額料金に分かれるので、安いタイプAを選んでおきたいところです。

ドコモ光単体で見ると、特に月額料金が安いという訳ではなく、どちらかというと光コラボの中では高い方の部類に入ります。このセット割引を使うなら『通信費全体としてどのくらい安くできるのか?』というのがポイントですね。

なお、フレッツ光からの転用乗り換えや他光コラボからの事業者変更の場合も、事務手数料3,300円はかかります。

ドコモ光を利用するなら「GMOとくとくBB」がおすすめ

ドコモ光×GMO引用元 GMOとくとくBBキャンペーンサイトより

もし、ドコモ光セット割を使うために、家のインターネット回線をドコモ光にするならプロバイダを選ぶ必要があります。

そして、20種類以上ある対象プロバイダの中では「GMOとくとくBB」が一番おすすめです。

その理由としては、次の3つ。

  • v6プラスという技術を使っていて通信速度の平均が下り300Mbps以上
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターが0円レンタル
  • タイプAなので月額料金が少し安い

そして、上の理由と重なる部分もありますが、「ドコモ光×GMOとくとくBB」のキャンペーンもなかなか充実しています。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン・割引

  • 初期工事費が実質無料※1
  • 最大20,000円 キャッシュバック※2
  • dポイントプレゼント
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターが無料レンタル
  • 出張サポートが1回無料
  • セキュリティソフトが12ヶ月無料
  • ドコモスマホ・ケータイとのセット割「ドコモ光セット割」が組める
    ※1 docomo公式のキャンペーン。
    ※2 プロバイダ「GMOとくとくBB」のキャンペーン。条件として「ひかりTV for docomo(2年割)」+「DAZN for docomo」の申し込みが必要。

方法5.不要なオプションを外すことで安くする

インターネット回線やスマホ・携帯電話、固定電話など通信系のサービスには何でも当てはまることですが、申し込みの時に強制的に付けられたオプションや、以前使っていたオプションがそのまま契約中になっていませんか?

主なオプション月額料金
スゴ得コンテンツ418円
iコンシェル110円
クラウド容量オプション
プラス10GB/25GB/50GB
10GB:110円
25GB:275円
50GB:440円
オプションパック割引440円
あんしんパックモバイル605~1,342円
あんしんセキュリティ220円

ひとつひとつの月額料金はそんなに高くはありませんが、いくつも契約しているとオプションだけで毎月1,100円、2,200円はかかってしまいます。

使ってもいないオプションを付けたままにしておいてもお金の無駄なので、解約して通信費を節約しましょう。

方法6.契約プランを見直すことで安くする

ドコモの月額料金ですが、以前のカケホーダイやパケットパックから、ギガホプレミア・ギガライトに変えるだけでも節約できます。

ギガホ プレミア・ギガライト

基本料金にデータ通信料も含まれている料金プランです。ギガホ プレミアでは毎月最大60GBまで利用でき、ギガライトでは毎月1~7GBまで使ったデータ量に応じて料金が変動します。

プラン月額料金
ギガホ プレミア60GB:7,205円
ギガライト~7GB:6,765円
~5GB:5,665円
~3GB:4,565円
~1GB:3,465円

5Gギガホ プレミア・5Gギガライト

こちらもギガホ プレミア・ギガライトと同様に、基本料金にデータ通信料も含まれた料金プランです。5Gギガホ プレミアでは毎月無制限で利用でき、5Gギガライトでは毎月1~7GBまで使ったデータ量に応じて料金が変動します。

プラン月額料金
5Gギガホ プレミア
無制限:7,315円
5Gギガライト~7GB:6,765円
~5GB:5,665円
~3GB:4,565円
~1GB:3,465円

ギガホ プレミア・ギガライトと同様に通話オプションを付けて使うことができます。

ケータイプラン

あまりネット通信もなく、通話もLINEのメッセージや無料通話で代用できそうな人は、ケータイプランにするだけでも毎月かなり安くなります。

家族間通話は無料ですし、データ利用可能量も100MBまでであれば月額料金内に含まれています。

プラン月額料金
ケータイプラン1,507円
通話オプション
月額料金
5分通話無料オプション770円
かけ放題オプション1,870円

家族間通話は「ファミリー割引」で無料(申し込みは必要)になっていて、お友達とだったり仕事で通話をよくする場合には、5分以内の国内通話が無料になる「5分通話無料オプション」(770円/月)や、国内通話がかけ放題の「かけ放題オプション」(1,870円/月)をオプションとして付けるのがおすすめです。

「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ プレミア」なら、データプラス(1,100円/月)をオプション契約することで、タブレットやWi-Fiルーターなど2台目のデータ量をシェアできます。

方法7.ドコモの割引サービスを利用する

ドコモには、スマホの料金が割引になるサービスがいくつかあります。ここでは3つご紹介しますね。

みんなドコモ割

ドコモ みんなドコモ割※docomo公式サイトより

ファミリー割引グループ内の回線数に応じて、携帯電話の月額料金に割引が入るサービスです。ソフトバンクなどにもありますね。

割引額は1回線につき最大1,100円で、次のようになっています。

割引額/月
1回線
2回線-550円
3回線-1,100円

「ファミリー割引」は、代表回線から三親等以内の親族なら同居でも別居でもグループを組むことができます。

ただ、「2in1」「キッズケータイプラス」「キッズケータイプラン」は回線数にはカウントされません。

また、カケホーダイプランなども回線数に含まれますが、割引が入るのは「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト」の回線です。

「ファミリー割引」グループに入ると、家族間の国内通話が無料になるので、家族にドコモユーザーがいる場合は申し込みしましょう(ファミリー割引は申し込みが必要)。

dカードお支払割

ドコモ dカードお支払割※docomo公式サイトより

ドコモの利用料金の支払い方法を「dカード」「dカード GOLD(家族カード含む)」に設定していると、毎月187円割引になるサービスです。

適用条件は、「ドコモのギガプラン(5Gギガホ プレミア、5Gギガホ、5Gギガライト、ギガホ プレミア、ギガホ、ギガライト)」「はじめてスマホプラン」「ケータイプラン」を契約していること。

なお、ギガホとギガライトは2019年10月1日以降に「定期契約なし」のプランを契約していることが条件となってます。それ以前の契約だと、割引条件や解約金などが異なるようです。

30歳以下なら「U30ロング割」

U30ロング割※docomo公式サイトより

30歳以下で「5Gギガホ プレミア」か「ギガホ プレミア」を契約している人は、「U30ロング割」で最大3,839円の割引を6ヶ月間受けられます。(通信容量3GB以下の月は最大2,189円を割引)

7ヶ月目以降は毎月550円の割引となります。

新規で契約する人や契約変更する人だけでなく、すでに契約している人も対象になりますよ。

みんなドコモ割やdカードお支払割とも併用できるので、結構大きな割引額になりますね。

まとめ

いかがでしたか?

今回お伝えした方法で、どれか一つでもやってみるだけでもドコモの月額料金を安くすることができます。最後にもう一度おさらいしておきます。

毎月の料金の内訳をMy docomoできちんと把握してから、以下の順で見ていくのが良いでしょう。

  1. ドコモの新プラン「ahamo」に乗り換える
  2. ドコモ系の格安SIMに乗り換える
  3. ドコモのエコノミーMVNOに乗り換える
  4. ドコモ光との「ドコモ光セット割」を使う
  5. 不要なオプションを外すことで安くする
  6. 契約プランを見直すことで安くする
  7. ドコモの割引サービスを利用する

1~3の方法は解約するパターンなので、5~7の方法でもあまり安くはならず、4のセット割引ができない(したくない)人は検討してみることをおすすめします。

とりあえずは、すぐできる事からやってみてください。この記事が、ドコモの料金節約の参考になれば嬉しいです^^*

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*