改善する!?光インターネットが遅い時の5つの原因と対処法

改善する!?光インターネットが遅い時の5つの原因と対処法

インターネットの回線速度が遅くてお困りですか?

せっかく光インターネットにしたのに遅すぎだと意味がないですよね。

光インターネットのユーザーの口コミや評価を見ていると、『プロバイダが遅い』と言っている声しか見ませんが、実は色々な原因が考えられます(もちろん、使っているプロバイダが影響している場合もあります)。

今回は、その回線速度が遅い場合に考えられる原因とその対処法をお伝えしていきますので、この記事を読めば、どこがその原因なのかの特定、またその対処法がわかります。

※表記している価格は税込みです。

もともとの光回線が遅い可能性

NTTのフレッツ光や光コラボを使っている場合は、NTTのフレッツ網だけでの速度測定が可能ですので、まずはフレッツ網の速度が問題ないかを測定しましょう。

フレッツ光NGN

 ⇒NTT東日本フレッツ光サービス情報サイト ⇒NTT西日本 速度測定サイト

多少、接続設定の変更はありますが、どこが原因なのかは切り分け出来るので試してみることをおすすめします。

この測定をする時は、極力シンプルな接続でつないでください(ONU・ホームゲートウェイからLANケーブルでパソコン直結)。この結果、フレッツ網の回線速度が遅ければ、NTTに問い合わせてみた方が良いでしょう。

うまくやり方が分からない人は、それぞれのエリアのNTT故障受付に、「速度が遅くなっているから」と回線チェックをお願いすると、NTT側から回線速度のチェックをしてくれます。

【NTT東日本 故障受付窓口】0120-000-133 受付時間:24時間受付 ※午後5時~翌日午前9時までは、録音にて受付しており順次対応いたします。 ※故障修理などの対応時間は午前9時~午後5時となります。

【NTT西日本 故障受付窓口】 0120-248-995 受付時間:24時間受付(一部時間帯は録音受付による応対となります) ※故障修理などの対応については午前9時~午後5時とさせていただきます。

フレッツ網の回線速度は速いのに、インターネット接続の通信速度が遅い場合は、プロバイダなど他に原因があります。

根本的にパソコンが原因で遅い

使っているパソコンのOSが10年以上前の場合はメモリなど性能が間に合っていないので買い替えましょう。

いくら回線速度が速くても宝の持ち腐れです、今は5万円以内でも充分な性能のパソコンは手に入ります。

別にパソコンは古くないけどなんかネットが遅いという場合には、次のことを試してみると改善する場合があります。

試してみると改善するかも

  • ブラウザのキャッシュや履歴をクリアしてみる。
  • ブラウザにIEを使っている場合は、Google ChromeやSafariを使ってみると表示が速くなる場合もあります。
  • 負荷が大きいウィルス対策ソフトを使っているせいで、パソコンのパフォーマンスが低下している場合も考えられます。Windows7以降であれば、もともとWindows Defenderというセキュリティ機能があるため、それのみにしてみて様子を見るのもいいと思います。
  • パソコンのマルウェア、ウイルス感染でパソコンのパフォーマンスが落ちている場合もあります。もし感染が発覚した場合は、インターネットから切り離してクリーンインストールかリカバリーを実効すると確実です。

LANケーブル・ネットワーク機器が原因で遅くなっている

光インターネットは最大速度1Gpbsのサービスが多いですが、使っているLANケーブルの規格が古いとその時点で速度が落ちてしまいます。

もし、使っているLANケーブルがなんだか分からないというのであれば、LANケーブルの交換もしてみると良いかもしれません。特にカテゴリー5のLANケーブルを使っていた場合は、いくら光インターネットで1Gbpsと言われていても、100Mbpsまでしか手ませんので注意が必要です。

LANケーブルの規格はCAT5e以上がおすすめ

種類通信速度
CAT5(カテゴリー5)100Mbps
CAT5e(カテゴリー5e)1Gbps
CAT6(カテゴリー6)1Gbps
CAT6A(カテゴリー6)10Gbps
CAT7(カテゴリー7)10Gbps
CAT8(カテゴリー8)40Gbps

手持ちのLANケーブルが何か分からない場合は、ケーブルをよく見てみるとこのように「CAT5E」など書かれていますよ。

カテゴリー5eのLANケーブル

そして、もし購入するのであれば、カテゴリー5eでも全然間に合いますよ。

また無線LANルーターを使って、Wi-Fi接続で使っている場合ですが、パソコンはLANケーブル接続に変えることで安定性と回線速度が劇的に変わりますよ。

無線LANルーターによって対応している規格が違い、Wi-Fiでの速度が変わるので何年も前の古い無線LANルーターを使っていると、Wi-Fi接続で速度低下が起こっている場合があります。

Wi-Fiの規格2.4Ghz5Ghz最大通信速度
802.11b×11Mbps
802.11a×54Mbps
802.11g×54Mbps
802.11n600Mbps
802.11ac×6.9Gbps
802.11ax9.6Gbps

ここが原因になっている場合は機器を変えるだけで改善します。

ただし、対向でWi-Fiをつなげる子機側(パソコンやスマホ)も同じ無線規格に対応していないと意味がありません。

2.4Ghz帯でWi-Fiを使っている場合は電子レンジやコードレス電話などの他の機器の電波の影響や、自分の家や部屋のまわりで使われている他のWi-Fiルーターとの干渉などがあると、Wi-Fiの速度低下の原因になります。Wi-Fiルーターの設置場所を変更してみると改善される可能性もあります。

5Ghz帯は高速で家電製品との干渉はないですが障害物・遮蔽物に弱いので、ここが速度が遅い原因だった場合は置き場所を調整すると改善される可能性があります。

興味があれば、以下の記事も見てみてください。

プロバイダが原因で遅い可能性も…

プロバイダはそれぞれインターネット接続のための設備を持っていますが(外部委託している場合も多い)、ユーザーが増え通信量が設備でまかなえる帯域を圧迫してくると回線速度が低下します。

当ブログで色々な大手プロバイダの光回線の評判をまとめたりしていますが、光インターネットの速度が遅いという声が多い大手プロバイダは多いです。もちろん、ユーザーの利用環境もそれぞれ違うので問題なく快適に使えている方もいます。

大手よりも中堅以下のユーザー数が少ないプロバイダを使う方が快適にインターネットが出来たりする場合もあります。プロバイダが怪しいなと思ったら、変更してみるのもひとつの手です。

IPアドレスの枯渇問題

IPアドレスの枯渇問題は、インターネットの発展とともに出てきた問題で、現在メジャーなIPv4接続ではIPアドレスが足りなくなる問題の総称です。

IPv4接続では、使用可能なIPアドレスが約43億個であるのに対し、現在順次移行されているIPv6接続では約340澗(澗は、10の36乗!!)ものIPアドレスを発行することが可能です。

これは、事実上無限の数のIPアドレスと言われ、一生かけても使い尽くせないほどの数でIPアドレスの枯渇問題はこれで解消されるのだそう。

ここでは、特にNTTの光回線系(フレッツ光・光コラボ)で使えるプロバイダの中から独自技術での速度向上や、ユーザーの満足度で高い評価をもらっているプロバイダをいくつかご紹介しますね。

IPv6接続対応インターネット回線
ドコモ光全24のプロバイダが対応
ソフトバンク光IPv6 IPoE+IPv4
auひかりIPv6
ビッグローブ光IPv6オプション
@スマート光v6プラス
So-net光 v6プラス
@nifty光v6プラス
OCN光IPv6(IPoE)

ドコモ光

ドコモ光×GMO引用元 GMOとくとくBBキャンペーンサイトより

ドコモ光では20社以上のプロバイダから選ぶことができますが、どのプロバイダを選んでもIPv6接続が可能です。

タイプA・タイプBで選べるプロバイダは異なりますが、どれもIPv6には対応しているので安心して使えます。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金5,720円~4,400円~
事務手数料3,300円
工事費19,800円
→ キャンペーンで実質無料
16,500円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金14,300円8,800円
提供エリア全国

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン・割引

  • 初期工事費が実質無料※1
  • 最大20,000円 キャッシュバック※2
  • dポイントプレゼント
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターが無料レンタル
  • 出張サポートが1回無料
  • セキュリティソフトが12ヶ月無料
  • ドコモスマホ・ケータイとのセット割「ドコモ光セット割」が組める
    ※1 docomo公式のキャンペーン。
    ※2 プロバイダ「GMOとくとくBB」のキャンペーン。条件として「ひかりTV for docomo(2年割)」+「DAZN for docomo」の申し込みが必要。

ソフトバンク光

ソフトバンク光引用元 NEXTキャンペーンサイトより

ソフトバンク光は一昔前まで『遅い遅い』と酷評のオンパレードでしたが、最近は解消した模様です。

ポイントは光BBユニットをレンタルすること(おうち割必須オプション)で、IPv6(IPoE方式)で利用することができます。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金5,720円4,180円
事務手数料3,300円
工事費26,400円
→ 乗り換え時のみ実質無料
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金10,450円
提供エリア全国

ソフトバンク光のキャンペーン・割引

  • 最大36,000円キャッシュバック
  • 乗り換え時の工事費用が実質無料
  • 他社からの乗り換え費用を最大10万円還元
  • 開通するまでWi-Fiルーター(またはソフトバンクエアー)を無料レンタル
  • ソフトバンクスマホ・ケータイとのセット割「おうち割光セット」が組める

auひかり

auひかり引用元 NEXTキャンペーンサイトより

auひかりは光コラボ各社とは全く別の独自のインターネット回線網を持っているので、『ユーザーが少ないことから速い!』という話を聞いたことがある方も多いでしょう。

1Gbpsの速度でも、実測調査NO.1を各地域で獲得しており、速度面は折り紙付きです。1Gbpsに物足りない方向けに、首都圏限定ですが5Gbps・10Gbpsの超高速回線auひかりV・Xも展開されています。

1Gbpsの料金はこのようになります。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
3,740~
5,500円
(設備による)
事務手数料3,300円
工事費41,250円
→ キャンペーンで実質無料
33,000円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間36ヶ月間24ヶ月間
解約金16,500円7,700円
撤去費用31,680円
提供エリア東海・長野・関西を除く全国全国

auひかりのキャンペーン・割引

  • 最大52,000円 キャッシュバック
  • 初期工事費が実質無料
  • 他社からの乗り換え費用を最大3万円負担(+最大25,000円キャッシュバック)
  • auスマホ・ケータイとのセット割「auスマートバリュー」が組める

ビッグローブ光

ビッグローブ光引用元 NEXTキャンペーンサイトより

ビッグローブ光は老舗プロバイダのBIGLOBEが運営している光コラボで、ドコモ光やauひかりでもプロバイダ事業を行っています。

ビッグローブ光公式サイトでもユーザーからの評判がアップされていて、IPv6(IPoE方式)の満足度もかなり高め。プランは3年・2年から選ぶことができます。

auユーザーであればauスマートバリューかauセット割のどちらかを選択することができますし、自社の格安SIM(BIGLOBEモバイル)とのセット割「光☆SIMセット割」や、UQ mobileとの「ギガMAX月割」も選択することができます。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金3年プラン:5,478円
2年プラン:5,698円
3年プラン:4,378円
2年プラン:4,488円
事務手数料3年プラン:3,300円
2年プラン:新規1,100円/転用2,200円/事業者変更3,300円
工事費19,800円
→ キャンペーンで実質無料
16,500円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間3年または2年(自動更新)
解約金3年プラン:11,900円
2年プラン:9,500円
提供エリア全国

ビッグローブ光のキャンペーン・割引

  • 最大35,000円 キャッシュバック
    または、最大26,000円 キャッシュバック+工事費無料
  • 光電話加入で4,000円、光テレビ加入で5,000円キャッシュバック増額中
  • Ipv6対応の無線LANルーター無料レンタル
  • auスマホ・ケータイとのセット割「auスマートバリュー」「auセット割」が組める
  • BIGLOBEモバイルとのセット割「光☆SIMセット割」が組める
  • UQ mobileとのセット割「ギガMAX月割」が組める

@スマート光

@スマート光引用元 @スマート光公式サイトより

業界最安値の@スマート光も、フレッツ光でもプロバイダ事業を行っています。自社光コラボ回線は月額料金がコスパ抜群で工事費も無料です。

工事費は他社のように実質無料ではないので、解約時に残債を請求されるということがありません。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金4,730円3,630円
事務手数料3,300円
工事費19,800円
→ キャンペーンで無料
16,500円
→ キャンペーンで無料
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
解約金22,000円(25ヶ月目以降無料)
提供エリア全国
@スマート光のキャンペーン・割引
  • 初期工事費が実質無料

回線速度のスピードテストサイトについては、こちらの記事で書いてますので参考にしてくださいね。

どうしようもできない環境が原因

モデム・ONUやホームゲートウェイの機器より先のネットワークが混んでいて光インターネットの速度が上がらない場合もありますが、この場合は自分ではどうすることもできません。このケースだけは諦めましょう^^;

集合住宅でVDSLタイプ

ほとんどの光インターネット速度の1Gbps(理論値)ですが、アパート・マンションの集合住宅でVDSLという一部電話回線を使ってインターネットを使う方法がありますが、回線速度がもともと200Mbpsなので1Gbpsと比べるともちろん遅くなります。

また、電話回線はノイズに弱く、長さに比例して信号が弱まるため、速度の低下が起こる原因にもなります。壁のモジュラージャック(電話線の挿し口)からモデムまでは極力短めの電話線を使うことをおすすめします。

しかし、このVDSLタイプでもIPv6接続で高速サービスも利用できるので、試してみる価値アリです。

VDSLタイプについては以下の記事をご覧ください。
フレッツ光マンションタイプでVDSLが遅い!光配線にして欲しいときの対処法

ネットワーク自体が混んでいる

パソコンからインターネット上の利用先のウェブサイト・サービスの間で、大勢の人がインターネットを利用する平日の夜や、週末の混み合う時間帯がゴールデンタイムと呼ばれ通信速度が低下することがあります。

戸建て向けのファミリータイプであっても、NTTは1本の光ファイバーを最大32本に分けて引いています。そのため、その利用者の中の誰かがヘビーユーザーだった場合は、自分の回線速度は低下します。

集合住宅向けのマンションタイプは、32本で分かれてきた光ファイバー線をさらに建物のユーザー数で共有することになるので、他の住人にヘビーユーザーがいた場合、回線速度がさらに低下してしまいます。そういう人に限って『速度が遅い…』と言っていたりしますが^^;

また、フレッツ光の速度は「テレビ電話」や「フレッツテレビ」を優先して帯域を確保する仕組みのため、他の「Webサイトを見る」などの接続は、残った帯域で接続されます。なので、フレッツTVを使うユーザーと大元が同じ光ファイバーを使っている場合は、速度が遅くなるときもあるでしょう。

ウェブサイト側が混んでいる

特定のWebサイトにアクセスが一気に集中してしまうと、通信速度があがらない・Webサイトがダウンすることがあります。

このような場合は、時間をおいてアクセスするとつながりやすくなります。

まとめ

インターネットの回線速度の低下は、どうにもならない理由の時もありますが、自分のパソコンやネットワーク環境が良くないために起こる場合もあります。

今回お伝えしたような方法で原因の切り分けをしてみて、改善できそうな場合は試してみるのが良いでしょう。どうしても回線速度が改善されず、このまま使っていくのがストレスだなという人は、回線自体を他のサービスに乗り換える事を考えたほうが良いでしょう。

『速度が遅いから他の光インターネットにしたい』という方は以下の記事を参考にしてみてください。

お役に立てたらいいね・シェアをお願いします♪

もし、この記事が少しでもあなたのお役に立てたと感じられたら、下のSNSボタンの中からひとつで良いので、いいねやシェアをして頂けませんか?

これからも価値あるコンテンツを作っていく励みになります^^*

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

ネット回線えらびでこんな風に困っていませんか?

  • 光コラボに興味がある
  • おトクな乗り換え方法が知りたい
  • 工事費用ナシで光回線を申し込みたい
  • キャッシュバックがもらえる特典・キャンペーンで申し込みたい
  • 月額料金が安いインターネット回線が知りたい
  • ネット回線が多すぎて選べない
  • ネット回線えらびに疲れた
  • そもそもネット回線についてよくわからない
  • 自分に合ったネット回線が知りたい
  • 自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

 

などなど、どんなことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*

ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。


今すぐ無料相談してみる

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメント

  1. ラスカル より:

    最近フレッツ光からauひかりに変えようとしたところ、対応しておらずどうしようもない状態です。プロバイダーを介入しない状態で速度を調べても10Mbpsしか出ません。一戸建てです。

    1. しぃ より:

      ラスカルさん、コメントありがとうございます。

      ファミリータイプで回線のみの速度が10Mbpsくらいはちょっと問題ですね。この場合、プロバイダーではなく光回線自体に原因があると思われます。

      ONU(ホームゲートウェイ)の故障や、光ファイバー線が途中で断線・破損している可能性もあると思いますので、一度、NTTフレッツ光の故障受付窓口に連絡・相談してみることをおすすめします。

      回線が悪い場合は、原因の特定と改善をしてくれますよ。

      NTT東日本:0120-000113 《フレッツ・サポートセンタ》(24時間年中無休)
      ※午後5時~翌日午前9時までは、録音にて受付しており順次対応いたします。
      ※故障修理などの対応時間は午前9時~午後5時となります。

      NTT西日本:0120-248995 受付時間:24時間受付(一部時間帯は録音受付による応対となります)
      ※故障修理などの対応については午前9時~午後5時とさせていただきます。

  2. おじさん より:

    最近、インターネットの通信速度が遅くなりました。プロバイダーが10月27日に工事をしましたが、その後土日の夜間に通信速度が低下し、日が経つにつれ平日の夜間も速度低下してしまいました。どうもプロバイダーが新サービスを始めた様なので、いろいろ調べていくと今までは「PPPoE接続」でしたが、新サービスは「IPoE接続(IPv6)」をする様なので、ネットで接続方法を調べたうえで新サービスに”乗り換え”しました。新サービスはフレッツ光端末の後に接続した自前のルータをプロバイダーが設定済みの「wi-fiルータ」に交換しました。同一プロバイダーの新サービス乗り換えなので手続きも簡単でした。

    「PPPoE接続」から「IPoE接続(IPv6)」になって変わったこと。
    昼間26Mbps/夜間と休日0.5Mbps —> 昼夜約27Mbps

    これはフレッツ光(家からフレッツ光サーバー)は今までと変わらないが、フレッツから契約プロバイダー及びその先のネットサーバーの接続経路が変わるため、制御渋滞を極力避けることができる様です。プロバイダーの工事はサーバーが「IPoE接続(IPv6)」する為の変更を行った為であったと思われる。(問い合わせていませんが、工事後に従来のサービスが低下するとは言わないですよね)ちなみにフレッツサーバー内の通信速度は昼でも夜間でも速度がおよそ40Mbpsでほぼ安定
    していますので、総合的に20Mbps以上で昼も夜も通信できれば、動画もストレスなく見ることができます。

    参考:プロバイダーでなくフレッツ光(東)の実力測定
     http://www4.syutoken-speed.flets-east.jp/

          2017/12/

  3. おじさんのその後 より:

    :「PPPoE接続」から「IPoE接続(IPv6)」変更のその後
    休日や夜間の制御渋滞時にホームページを探して接続するのに一呼吸遅れる。
    一旦接続すれば、その後は早い(動画ページに入るのに一呼吸置くが、動画再生中に問題はない。)平日の昼間は、この一呼吸が短い。
    つまり制御渋滞を避ける経路を探すのに遅れが生ずる。早く言えば交通渋滞を避けるのと同じ感覚でしょうか。

    :フレッツ東とフレッツ西の料金問題について 
    フレッツ西日本(名古屋を含む)は、フレッツ東日本より約1000円安い。西日本は電力会社の光回線と競合しているため、東日本は競合が無くて高い。(エリアを超えて契約できませんが参考まで)

コメントは停止中です。