北海道・東北地方でおすすめできるプロバイダー4つはこれでした

北海道・東北エリアのイメージ

今よりも快適に使える・安く使えるプロバイダーを探すのは、数も多くて疲れませんか?特に北海道・東北地方は関東から西の各地域のように、コストパフォーマンスがよく使い勝手の良い電力系の光インターネットがないので、余計どれを選べばいいのか迷ってしまいます。

かと言って、適当なプロバイダーを選んでしまうと回線速度が遅くてストレスになる可能性もあります。

この記事では、北海道・東北地方でどのプロバイダーを使えば良いのか、第3者機関の評価などを元にお伝えしていきます。

これを読めば、あなたがどのプロバイダーを選べば良いかわかり、プロバイダー選びに悩む時間も短縮できますよ^^

今回、北海道・東北地方でおすすめできるプロバイダーは次の4つ。

  • GMOとくとくBB(ドコモ光)
  • So-net(auひかり)
  • DMM光
  • スマート光コラボレーション

それでは、各プロバイダーをおすすめ理由と合わせてひとつひとつ見ていきます。

1.GMOとくとくBB(ドコモ光)

GMOとくとくBB×ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン画像

全国で300万ユーザーを達成したドコモ光。ドコモ光は、そのプロバイダーを20社以上から選べることも特徴ですが、特に「GMOとくとくBB」を選ぶことで回線速度の速いv6プラスという通信方式が使えます。専用の高速Wi-Fiルーターも0円レンタルなのが嬉しいところです。

提供エリアはNTTフレッツ光と同じですが、GMOとくとくBB(ドコモ光)はドコモユーザー限定となってしまうので要注意。ドコモユーザーはセット割引きが使えて通信費がトータルでお得です。

おすすめの理由として、価格.comの「ネット回線満足度ランキング2017」(光回線 部門)において北海道・東北エリアで総合満足度1位を獲得しています。(調査人数は5,000人)

価格.com「ネット回線満足度ランキング2017」結果

※出典:価格.com

また、世界規模で各業界の顧客満足度を測定している調査機関 J.Dパワーの「2017年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」でも北海道で第2位・東北地方で第1位になっています。

J.Dパワー「2017年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」東北地方の結果(2位ドコモ光)

 J.Dパワー「2017年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」東北地方の結果

※出典: J.Dパワー「2017年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」

月額料金やその他の費用

 マンションファミリー
月額料金4,000円 5,200円
事務手数料3,000円
工事費15,000円 18,000円 
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金8,000円13,000円

月額の料金は、光インターネットとしては標準と言える価格設定です。フレッツ光のマンションタイプが入っているアパート・マンションであれば、安い4,000円の月額料金で使うことができます。

新規申し込みだと工事費用はかかってきてしまうので、工事費の負担がないフレッツ光から転用申し込みできる人に向いてると言えます。

北海道・東北地方で使えるキャンペーンや割引き

  • 高速Wi-Fiルーターが無料レンタル
  • dポイントが10,000ptもらえる
  • ドコモとのセット割り

エリアによってはキャッシュバックがありますが、北海道・東北地方は対象外となっています。

ドコモとのセット割りですが、ドコモの契約プランや利用年数によって、一人なら最大で毎月1,900円引き、家族でシェアパックを使っているなら、最大で毎月5,700円引きが受けられます。

注意点としては、ドコモ光の2年しばりの他に、高速Wi-Fiルーターの無料レンタルに3年しばりがつきます。途中解約の違約金は10,000円なので、考えた上で申し込みをしましょう。

GMOとくとくBB(ドコモ光)のメリット

  • 価格.com、J.Dパワーでの評価がエリア1位
  • v6プラスで回線速度が快適
  • 高速Wi-Fiルーターが無料でレンタル
  • 初期設定がいらない
  • dポイントが10,000ptもらえる
  • ドコモとのセット割りが使える
  • dカードGOLDでの支払いなら毎月dポイント10%

GMOとくとくBB(ドコモ光)のデメリット

  • 新規の申し込みは、初期工事費がかかる
  • ドコモユーザーじゃないと申し込みができない
  • 高速Wi-Fiルーターが無料レンタルが3年しばり

こんな人におススメ

GMOとくとくBB(ドコモ光)は北海道・東北地方に住んでいる人の中でも、

ドコモユーザーでフレッツ光から転用ができる人

に特におススメと言えます。

◆公式サイト:GMOとくとくBB(ドコモ光)

 

2.速度もキャンペーンも優秀なauひかり

auひかり、NNコミュニケーションズのキャンペーン2017年10月

KDDI系の1Gbps光インターネット「auひかり」。

特徴としては、キャンペーンがとても充実していて、auとのセット割引きも使えます。NTTとは設備が違うために、提供エリアはフレッツ光に比べ限られますが、ユーザー数がフレッツ光より少ないので、地域ごとに回線速度が出やすい傾向があります。

おすすめの理由として、auひかりは通信速度を測定するWebサービス「RBB SPEED TEST」の『RBB SPEED AWARD 2016』で固定回線の部、北海道・東北地方で1位になっています。

このアワードは、RBB SPEED TESTを使ったユーザーが1年間に測定したデータを集計して、部門ごとに実測値(下り速度)の平均が速かったサービスを表彰しているとのことなので、純粋に回線の通信速度を重視しています。

『RBB SPEED AWARD 2016』固定回線の部、結果

※出典:RBB SPEED AWARD 2016

また、前述で見ていると思いますが、 J.Dパワーの「2017年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」北海道で第1位・東北地方で第2位になっています。

J.Dパワー「2017年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」東北地方の結果(1位auひかり)

J.Dパワー「2017年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」北海道の結果(2位auひかり)

※出典: J.Dパワー「2017年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」

プロバイダーは7つの中から選ぶことができますが、その中でも一番キャンペーン内容が良い「So-net」を選んでおくのが無難です。

そして、キャンペーンや割引きは下の4つ。

  • キャッシュバック最大50,000円
  • 初期工事費が実質無料
  • 他社からの乗り換え費用還元(+毎月1,000円×12ヶ月割引き)
  • auのセット割り「auスマートバリュー」が使える

回線速度もありつつ、工事費無料やキャッシュバック、他社からの乗り換え費用の負担、さらに月額料金割引きなどの充実キャンペーン内容です^^

キャッシュバックについては、通常auひかり公式サイトやauショップで申し込んでも貰うことはできませんが、auひかりの優良代理店「NNコミュニケーションズ」のキャンペーンサイトから申し込むことで最大50,000円(光電話付き。ネット回線だけでも43,000円)がもらえちゃいます^^

しかも、キャッシュバックの半分以上は代理店から開通の翌月末に銀行振り込みでもらえるというスピード対応です。(残りはプロバイダーからもらえます)

初期工事費の実質無料は「ネット回線+光電話」が条件となりますが、工事費37,500円相当の割引き。ネット回線のみでも、22,500円相当の割引きになります。

「auスマートバリュー」はauの契約プランによって、毎月最大2,000円 安くなるのでauユーザーはお得。また、auは最大10回線まで割引きできるので、家族みんなauユーザーなら断然お得に使えますよ。

キャンペーンを含めた月額料金や初期費用・解約金は下のようになります。

 ホームタイプ
回線速度1Gbps
月額料金1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目~:4,900円
事務手数料3,000円
工事費用37,500円 → 0円
最低利用期間36ヶ月間
解約金15,000円
提供エリア全国

※工事費無料など光電話(月額500円)が条件になるキャンペーンが多いので、必要がない人もはじめは付けておいて、あとで解約してしまいましょう。

auひかりのメリット

  • RBB SPEED AWARDでの評価がエリア1位
  • 回線がKDDIのため速度は出やすい
  • キャンペーンの内容が良く、公式や代理店と好みで選べる
  • auとのセット割りが使える

auひかりのデメリット

  • フレッツ光(光コラボ)ほど提供エリアは広くない
  • マンションタイプもあるが棟数が少ない
  • 契約期間が3年と他のプロバイダーより長い
  • 解約金もそこそこ高い設定

こんな人におススメ

auひかりは北海道・東北地方に住んでいる人の中でも、

3年は使い続けられそうで、auユーザーなら尚良し

と言えます。サービスやキャンペーン内容は申し分ないので、提供エリアであれば問題なしですね。

「auひかり」キャンペーンサイト

 

3.DMM光

DMM光のロゴ画像

なDMMグループの光コラボ「DMM光」。

主な特徴は、v6プラスが選べるので回線速度が快適に使える上に、DMMのダウンロードを必要とする動画や電子書籍のサービスもサーバーと直でやり取りするのでストレスなく使えます。

DMMの格安SIM「DMMモバイル」とのセット割りで家のインターネット回線とスマホをトータルで節約することも可能。

光コラボなのでフレッツ光と同じ提供エリアであれば使え、前述した「GMOとくとくBB(ドコモ光)」のように特定の携帯キャリアの制限を受けません。

今回、北海道・東北地方でのおすすめにDMM光を挙げた理由は、v6プラスが使えて提供エリアも広い、そしてこの後、お伝えしますがキャンペーンもそこそこ良いという点です。

キャンペーンや割引きは次のようになります。

  • 新規申し込みで月額料金4カ月分(転用は2ヶ月分)無料
  • 新規申し込みで5,000円(転用は3,000円)キャッシュバックあり
  • 転用の事務手数料0円
  • DMMモバイル(格安SIM)とのセット割り

また月額料金無料とキャッシュバックは、9月~11月末までの期間限定キャンペーンなのでタイミングが合う人はお得ですよ。

月額料金や、初期費用・解約金は下のとおりです。

 マンションファミリー
月額料金3,780円4,820円
事務手数料2,000円
工事費15,000円18,000円
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
解約金9,500円

最低利用期間が24ヶ月のみなので、25ヶ月目~は解約金ナシでやめる事もできます。v6プラスを申し込み時に選ぶと月額料金に+100円かかりますが、それで快適に使えるなら安いものと思います。

DMM光のメリット

  • v6プラスで快適に使える
  • DMMサービスのダウンロードも速い
  • 提供エリアがフレッツ光と同じ
  • 月額料金が4カ月無料
  • キャッシュバックがもらえる
  • 転用は手数料が無料
  • DMMモバイルとセット割りが使える
  • しばりは2年のみ

DMM光のデメリット

特にデメリットはないように思いますが、DMMを使っていない(知らない)人にとっては馴染みが無いところでしょうか。

こんな人におススメ

  • 回線速度を速く使いたい
  • もともとDMMのサービスを使っている
  • DMMモバイルでセット割りをした

◆公式サイト:DMM光

 

4.スマート光コラボレーション

スマート光コラボレーション

光コラボの中ではマイナーですが、「スマート光コラボレーション」。

特徴としては、光インターネットとして業界最安値の月額料金です。提供エリアはフレッツ光と同じですが、集合住宅の場合はマンションタイプしか提供はしていないようです。

おすすめの理由としては、単純に安いからです^^; 

月額料金やその他の費用

 マンションファミリー
月額料金3,300円 4,300円
事務手数料3000円
工事費用15,000円
→ 0円
18,000円
→ 0円
最低利用期間2年間
(自動更新なし)
解約金20,000円

キャンペーンは新規の工事費が無料とシンプルです。フレッツ光からの転用のユーザーには、キャンペーンの恩恵はなく月額料金が安いところだけです。

DMM光と同じように2年間のみの最低利用期間ですが、途中解約は20,000円という高い解約金がかかってしまうので注意が必要です。

スマート光のメリット

  • 月額料金が安い
  • 提供エリアがフレッツ光と同じ
  • 初期費用が0円
  • しばりは2年のみ

スマート光のデメリット

  • 回線速度は使ってみないとわからない。
  • 集合住宅にファミリータイプは提供NG
  • 解約金が高い
  • 知名度が低い

こんな人におススメ

とにかくシンプルに月額料金を安くしたい。新規申し込みの工事費用も無料がいい。

◆公式サイト:スマート光コラボレーション

 

5.注意点や補足が知りたい

ここで注意点を再度、まとめておきます。

提供エリアの注意点ですが、「GMOとくとくBB(ドコモ光)」、「DMM光」、「スマート光コラボレーション」の3つのプロバイダーは光コラボ(NTT光回線の卸し)のため、提供エリアはフレッツ光と同じなので北海道・東北地方の中でも広い範囲で使えて、マンションタイプが使える集合住宅も多いです。

ただ、GMOとくとくBB(ドコモ光)はドコモユーザーへのみ提供、スマート光は集合住宅でマンションタイプが入っていない場合は提供してもらえません。

So-net(auひかり)は、独自の提供エリアを持っているため、フレッツ光のようにほぼどこでも使えるという訳ではありません。中にはauひかりのマンションタイプが入っている集合住宅もありますが、棟数が少ないためホームタイプでの料金・キャンペーンをお伝えしています。

 

また、GMOとくとくBB(ドコモ光)は高速無線LANルーターを無料レンタルできますが、3年しばり(解約金10,000円)がついてきます。

auひかりは契約期間が3年と長く、契約更新月以外での解約は解約金15,000円と、工事費用の分割支払いの残りもかかります。

スマート光コラボレーションは2年以内での解約金20,000円が高いので注意しましょう。

6.まとめ

北海道・東北地方でおススメできるプロバイダーとして4つお伝えしました。

それぞれで回線速度の評価が高かったり、料金やキャンペーンも違いますが、まずは提供エリアと提供条件が合うプロバイダーの中で探すのが近道です。この記事が、快適に使えるプロバイダー探しの参考になれば幸いです。

 

お役に立てたらイイネ・シェアをお願いします♪

もし、この記事が少しでもあなたのお役に立てたと感じられたら、
下のSNSからひとつでいいので、イイネやシェアをして頂けませんか?

これからも価値あるコンテンツを作っていく励みになります^^*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

ネット回線えらびでこんな風に困っていませんか?

  •  ・光コラボに興味がある
  •  ・おトクな乗り換え方法が知りたい
  •  ・工事費用ナシで光回線を申し込みたい
  •  ・キャッシュバックがもらえるキャンペーンで申し込みたい
  •  ・月額料金が安いインターネット回線が知りたい
  •  ・ネット回線が多すぎて選べない
  •  ・ネット回線えらびに疲れた
  •  ・そもそもネット回線についてよくわからない
  •  ・自分に合ったネット回線が知りたい
  •  ・自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

 

などなど、些細なことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*
ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。


今すぐ無料相談してみる

facebookでの購読が便利です

SNSでもご購読できます

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*