ドコモ光のプロバイダ「OCN」の評判を調査!遅いって本当?

ドコモ光のプロバイダ「OCN」の評判を調査!遅いって本当?

ドコモ光では24社のプロバイダから選べます。

その中にはNTTコミュニケーションズが提供するプロバイダOCNとセットになっているドコモ光×OCN(OCN for ドコモ光)があります。

ドコモのスマホ・ケータイの割引が適用できたり高速通信サービスIPv6の利用ができるため、ドコモ光×プロバイダOCNを検討する人も多いでしょう。

この記事では、ドコモ光×プロバイダOCNの評判・口コミサービス内容OCN光との違い、などをご紹介していきます。

ドコモ光×プロバイダOCNの契約を検討している人は参考にしてみてください。

※表記している価格は税込みです。

ドコモ光×プロバイダOCNは遅いという評判は多い…

ドコモ光×プロバイダOCNは、IPv6を利用した高速インターネット通信を利用できますが、IPv6にも関わらず『ドコモ光×プロバイダOCNは回線速度が遅い』という評判をよく聞きます。

ここではTwitterの口コミをご紹介します。


場所や環境によると思いますが、ドコモ光×プロバイダOCNが特に速度が遅いと感じるような測定結果は出ていない人もいます。

一方でドコモ光×プロバイダOCNのユーザーが増えていることで、測定結果が遅かったり、体感的に遅いと感じる人もいるようです。


Twitterやインターネットの口コミや評判を見ていると、ドコモ光×プロバイダOCNの回線速度が遅いと感じている人は少なくありませんでした

利用環境や時間帯によって体感の回線速度に差はあると思われますが、ユーザーからは『ドコモ光×プロバイダOCNは遅い』という評判が多いため、契約後に後悔しないためにも評判や口コミは事前に確認しておいた方が良いでしょう。

『プロバイダOCNは遅い』という評判だけど、スピードテストでは上位にランクイン

Twitterでは『ドコモ光×プロバイダOCNは遅い』という評判が目立ちますが、「みんなのネット回線速度」というスピードテストのサイトではドコモ光のプロバイダごとの平均速度がランキングで紹介されていて、OCNは上位にランクインしています。

順位プロバイダ名ダウンロード速度(平均)
1ASAHIネット315.01Mbps
2GMOとくとくBB291.5Mbps
3ドコモnet268.61Mbps
4OCN248.87Mbps
5plala(ぷらら)245.95Mbps
6DTI237.29Mbps
7エディオンネット235.77Mbps
8@TCOM235.77Mbps
9BIGLOBE235.34Mbps
10タイガースネット227.93Mbps
11@nifty226.08Mbps 
12
BB.excite217.23Mbps
13
andline207.12Mbps
14
WAKWAK175.84Mbps
15
楽天ブロードバンド143.19Mbps
16
hi-ho99.46Mbps

ドコモ光で選べるプロバイダは24社ですが、ランキングに反映されているプロバイダは直近3ヶ月間で50名以上の方が測定されているプロバイダです。

OCNの順位は5位と比較的上位で平均速度も248.87Mbpsと遅いということはないですが、実はこの速度結果が測定するサイトによって違うのです。

僕の知り合いがドコモ光をプロバイダDTIで使っていて、スピードテストをした時にみんなのネット回線速度では200Mbpsを超えていたものの、サイトによっては50Mbpsというところもあったそうです。結局8社ほど試したみたいで、平均は130Mbpsぐらいと言ってました。

それを考慮すると、DTIより10Mbpsほど速いOCNも130~150Mbpsぐらいの平均速度なのかもしれません。(あくまで推測です)

プロバイダOCNとは?

OCN ロゴ引用元 OCN公式サイトより

OCNは、NTTコミュニケーションズが提供するインターネットのプロバイダサービスです。各種光回線のサービスや、IP電話、メールサービスなどを提供しています。

ドコモ光×プロバイダOCNは、OCNが提供しているサービスの一つで、光コラボレーションのドコモ光とOCNのプロバイダーがセットになっています。

ドコモ光で選べるプロバイダは24社ありますが、そのうちの一つがOCNです。ドコモのスマホとセットで利用する場合は「ドコモ光セット割」の適用ができるので、スマホの月額料金がお得になるという利点もあります。

OCNはIPoE方式のインターネット接続技術にも対応しているため、IPv6の高速インターネット通信が利用できます。また、大手通信会社NTTコミュニケーションズが提供するプロバイダサービスとあって利用者が多く運用実績も豊富ですので、安心してインターネットサービスを利用することができるでしょう。

ドコモ光×プロバイダOCNで提供されるサービス

ここでは、ドコモ光×プロバイダOCNの月額料金や初期費用、スマホとのセット割、キャッシュバックキャンペーン、オプションサービスについてご紹介します。

OCN プロバイダサービス概要
メールアドレス数1個
メールBOX容量10GB
ドメインocn.ne.jp
セキュリティソフト・マイセキュア (1ライセンス)(12ヶ月無料)
・ホームネットセキュリティ(12ヶ月無料)
リモートサポートプロバイダ有料サービス
訪問サポート
(初回無料)
Ipv6IPoE
IPv4 over IPv6通信
その他のサービス・Wi-Fiルーター(ご契約期間中は無償レンタル)
・マルウェア不正通信ブロックサービス
・Webメール
・gooブログ(3GBまで)

メールアドレスは1個のみですが、メールBOX容量は10GBまで利用可能です。また、契約期間中であればWi-Fiルーターを無償レンタルしてもらえるので、特に購入する必要もありません。

月額料金

 戸建てタイプマンションタイプ
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円
タイプC5,720円4,400円
単独タイプ5,500円+プロバイダ料4,180円+プロバイダ料
※2年契約プランで申し込んだ場合。2年契約なしの場合はそれぞれ+1,650円。

ドコモ光は、タイプA・B・Cの中からプロバイダを選択できます。

ドコモ光×プロバイダOCNはタイプBに属します。そのため、タイプAと比較すると月額料金が高めなので注意しましょう。

初期費用

事務手数料3,300円
初期工事費戸建てタイプ:19,800円
マンションタイプ:16,500円
→ キャンペーンで実質無料

現在ドコモ光では、初期工事費が実質無料になるキャンペーンが行われています。

ただ、他の光回線の工事費無料キャンペーンは常設されているケースが多いですが、ドコモ光の場合は期間限定の場合もあるので注意が必要です。

この工事費無料キャンペーンは、OCN以外のプロバイダを選んでも適用可能です。

ドコモ光セット割

ドコモ光 ドコモ光セット割引用元 docomo公式サイトより

ドコモのスマホや携帯電話とドコモ光を一緒に利用すると、スマホ・携帯電話の月額利用料金が割引になる「ドコモ光セット割」を組むことができ、毎月のスマホ料金が最大1,100円割引になります(「ahamo」は対象外)。

他の大手携帯キャリアのauやソフトバンクでもスマホ+光回線とのセット割はありますが、月額550円の光電話(固定電話サービス)への加入が条件になっています。しかし、ドコモ光でセット割を組む場合はオプション加入は不要です。

なお、ドコモ光セット割を組めるのはドコモ光が唯一の対象回線のため、ドコモユーザーでセット割を組みたいなら必然的に選択肢はドコモ光のみになります。

割引額はドコモで契約している料金プランよって違い、ギガプランの「ギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガライト」のプランは家族全員のスマホ料金が毎月550〜1,100円割引、カケホーダイ&パケあえるの「ウルトラシェアパック」「ベーシックシェアパック」などのプランは毎月110〜3,850円割引になります。

割引額やプランに関しては以下をご覧ください。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ プレミア、5Gギガホ、ギガホ プレミア、ギガホ、5Gギガライト、ギガライトの総称です。

料金プラン割引額
5Gギガホ プレミア/5Gギガホ-1,100円/月
ギガホ プレミア/ギガホ
-1,100円/月
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,100円/月
ステップ3:~5GB-1,100円/月
ステップ2:~3GB-550円/月
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,850円/月
ウルトラシェアパック50-3,190円/月
ウルトラシェアパック30-2,750円/月
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,980円/月
ステップ3:~15GB-1,980円/月
ステップ2:~10GB-1,320円/月
ステップ1:~5GB-880円/月
ウルトラデータLLパック-1,760円/月
ウルトラデータLパック-1,540円/月
ベーシックパックステップ4:~20GB-880円/月
ステップ3:~5GB-880円/月
ステップ2:~3GB-220円/月
ステップ1:~1GB-110円/月
 

キャッシュバックキャンペーン

ドコモ光×プロバイダOCNの公式サイトから申し込みを行うと、20,000円のキャッシュバックをもらえます。

キャッシュバックがもらえる条件

  • ドコモ光×プロバイダOCNを新規・転用・事業者変更のいずれかで申し込みをする
  • 申し込み月から3ヶ月後の月末までに利用を開始すること
  • 「ご登録のご案内」メールの受け取りから60日以内にキャッシュバックに必要な情報登録を完了する

さらに、ドコモ光×プロバイダOCN(2年定期契約あり)の新規・転用・事業者変更で申し込みを行い、7ヶ月以内に開通した場合にdポイントクラブ会員にはdポイント2,000ptが付与されます。

dポイントの付与は利用開始月の翌々月で、もらえるdポイントは通常のdポイントとは違いdポイント(期間・用途限定)になります。有効期限は進呈月を含む6ヶ月間と限られていて、このdポイントはケータイ料金の支払いやデータ量の追加に利用することはできません。

オプションサービス

ドコモ光×プロバイダOCNでは、ドコモ光電話や映像サービスなどのドコモ光オプションサービスも利用可能で、ドコモ光×プロバイダOCNを申し込むことでお得な特典も受けられます。

IPv6サービス

プロバイダOCNが提供するIPv6サービス「v6アルファ」は0円で利用可能です。

無線LAN付きIPoE対応ルーターもずっとレンタル無料となるため、ドコモ光×プロバイダOCNに申し込むとお得に高速インターネット通信のIPv6を利用できますよ。v6アルファは開通後に申し込みが必要のため、忘れずに申し込むようにしましょう。

ホームネットセキュリティサービス

v6アルファ申し込み後には、月額220円のホームネットセキュリティサービスも12ヶ月無料で利用可能です。Webアクセス制限や不正通信ブロックなど、家庭での一般的な利用に必要なセキュリティサービスを受けることができます。

総合セキュリティサービス(マイセキュア)

ドコモ光×プロバイダOCNの開通後に「マイセキュア」の申し込みを行うと、ウイルスや悪質サイトからスマホやPCなどの端末を守る総合セキュリティサービスを12ヶ月間無料で利用できます。

OCN開通とことんサポート

インターネットの接続方法がわからない人のために、初回のみ無料で訪問サポートがつきます。通常3,300円かかるインターネット接続設定やブラウザ設定、ルーター設定を行ってもらえるので、インターネットの知識がない人でも安心です。

ドコモ光×プロバイダOCNとOCN光の違いは?

bigup_OCN光引用元 BIGUPキャンペーンサイトより

プロバイダOCNが提供する光回線サービスには、3種類があります。

  • OCN光
  • ドコモ光×プロバイダOCN(OCN for ドコモ光)
  • OCN 光 with フレッツ

ここでは、ドコモ光×プロバイダOCNとOCN光の違いについて解説していきます。

OCN光とは、プロバイダOCNが提供する光コラボのインターネット回線で、光回線とプロバイダOCNがセットになっています。インターネット回線とプロバイダの提供会社が同じなので、問い合わせやトラブル時の窓口が一本化されて安心です。

一方のドコモ光×プロバイダOCNは、ドコモが提供する光コラボのインターネット回線とプロバイダOCNがセットになったサービスです。

月額料金、初期費用、セット割など様々な違いがある

ドコモ光×プロバイダOCNOCN光
月額料金戸建て:5,940円
マンション:4,620円
戸建て:5,610円
マンション:3,960円
初期工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
→ キャンペーンで実質無料
戸建て:2,200〜19,800円
マンション:2,200〜16,500円
事務手数料3,300円3,300円
契約期間2年2年
解約金戸建て:14,300円
マンション:8,800円
11,000円

月額料金で比較した場合

月額料金はドコモ光×プロバイダOCNよりもOCN光の方が安い設定になっています。

戸建てタイプは330円、マンションタイプは660円の差があります。2年間の契約期間では、戸建てタイプで7,920円、マンションタイプで15,840円も、ドコモ光×プロバイダOCNの方が支払い総額が高くなります。

工事費で比較した場合

OCN光は現在キャンペーンを実施していないため工事費は無料ではありませんが、ドコモ光×プロバイダOCNでは工事費が実質無料になります。

ただ、OCN光は派遣工事の有無と宅内の配線工事の有無で工事費が変動し、派遣工事がなければ工事費が2,200円で済む場合もあります。

費用の差を見る場合は、契約期間の支払い総額で計算すると良いでしょう。

解約金で比較した場合

解約金で比較した場合ですが、場合によっては、OCN光の方が高くなるケースもあります。

戸建てタイプで見た場合、OCN光の方がドコモ光×プロバイダOCNよりも3,300円安いですが、マンションタイプで見た場合は逆にOCN光の方が2,200円高くなってしまいます。

スマホとのセット割で比較した場合

ドコモ光×プロバイダOCNはドコモのスマホ・ケータイとのセット割引がありますが、OCN光は大手携帯キャリアとのセット割はありません。

しかし、OCN光では格安SIMのOCN モバイル ONEとのセット割が組めて、最大220円の割引が適用されます(最大5回線)。

プロバイダOCNにこだわるならOCN光がおすすめ

このように、ドコモ光×プロバイダOCNはタイプBで月額料金が少し高いため、プロバイダとしてOCNを選択したいということであればOCN光がおすすめです。

ドコモ光×プロバイダOCNよりも月額料金が330円~660円安く、OCN光の方が2年間の合計支払い額で最大15,840円もお得に利用できます。OCN光ではIPv6も利用可能なので、高速なインターネット通信を楽しめますよ。

ただ、OCN光もドコモ光×プロバイダOCNと同じくプロバイダはOCNのため、OCN光ユーザーからも『速度が遅い』という評判が目立ちます。OCN光のご利用を検討されている方は、以下の記事も参考にしてみてください。

ドコモ光にこだわるならプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ

ドコモ光×GMO引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

『もう少しIpv6の評判が良いプロバイダを使いたい』という人には、安いタイプAの中でも特典が充実しているGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBは料金が安いタイプAに属する、プロバイダでOCNを選ぶよりも数百円安い月額料金で利用できます。

v6プラス対応、Wi-Fiルーターの無料レンタルセキュリティサービスの無料利用もありますし、OCNと同等のサービスを利用しながら月額料金は節約して利用することが可能です。

現在、GMOとくとくBBで受けられるキャンペーン特典は以下のとおりです。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン・割引

  • 初期工事費が実質無料※1
  • 最大20,000円 キャッシュバック※2
  • dポイントプレゼント
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターが無料レンタル
  • 出張サポートが1回無料
  • セキュリティソフトが12ヶ月無料
  • ドコモスマホ・ケータイとのセット割「ドコモ光セット割」が組める
    ※1 docomo公式のキャンペーン。
    ※2 プロバイダ「GMOとくとくBB」のキャンペーン。条件として「ひかりTV for docomo(2年割)」+「DAZN for docomo」の申し込みが必要。

また、GMOとくとくBBの公式サイトでは通信速度が全国平均が下り230Mbps超えということも公開されていますし、Twitterでは実際にGMOとくとくBBのv6プラスを使っているユーザーからは『速い』『快適』などの評判・口コミがありました。


万が一、通信速度が100Mbpsを下回った場合には、GMOとくとくポイント(100円相当)がもらえるペナルティ補填も行っていたりと、それだけ通信速度に自信があるということだと思いますよ。

よって、ドコモ光を利用する場合は、プロバイダはGMOとくとくBBで申し込むのがおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判やサービスについては以下の記事で解説しています。

ドコモ光とプロバイダOCNにこだわりがないなら「@スマート光」がおすすめ

@スマート光引用元 @スマート光公式サイトより

ドコモ光やプロバイダにこだわりがなければ、業界最安値の「@スマート光」がおすすめです。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金格安プラン4,400円3,300円
通常プラン4,730円3,630円
事務手数料3,300円
→ キャンペーンで無料
工事費19,800円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
16,500円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合
解約金24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合

@スマート光は光コラボの中で最安値でドコモ光よりも1,000円以上安く、工事費無料キャンペーンや自動更新なしの契約期間など、利用する上でハードルが低い光回線です。

@スマート光でもIPv6のオプションサービス(月額無料)があるため、高速なインターネット通信が可能ですし、Twitterでも『快適に使える』『IPv6使わなくても速い』といった評判も多く挙がっています。

最低利用期間は2年で途中解約の場合は22,000円の解約違約金が請求されますが、自動更新ではないため最低2年利用すれば以降は違約金は発生しません。

キャッシュバックやスマホとのセット割こそないものの、元々の料金が安いですし、工事費無料キャンペーンは残債が請求されない完全無料のため、安くシンプルに使いたいという人にはおすすめです。

@スマート光の評判やレビューについては以下の記事で解説しています。

まとめ

今回はドコモ光×プロバイダOCNの評判やサービスについて見てきました。

OCNは日本を代表するインターネットプロバイダのため、サービス提供実績は豊富なため安心して利用できます。ただ、Twitterには『ドコモ光×プロバイダOCNは遅い』という評判が目立ちます。

ドコモのスマホやケータイを利用している場合、スマホとのセット割は利用できますが、ドコモ光×プロバイダOCNはタイプBで月額料金が高いため、プロバイダGMOとくとくBBを選んだ方が月額料金も安く利用できます。

もし、プロバイダOCNにこだわるのであれば、OCN光の方が月額料金も安いため個人的にはこちらをおすすめします。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*