改善するかも!光インターネットの速度が遅いときの5つの原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
光インターネットの回線速度が遅くても改善するかも

光インターネットの回線速度が遅くてお困りですか?せっかく光にしたのに遅すぎだと意味がないですよね。光インターネットのユーザー評価を見ていると、「プロバイダが遅い」といっている声しか見ませんが、実はいろいろな原因が考えられます。(もちろん、使っているプロバイダが影響している場合もあります。)

今回は、その光インターネットが遅い場合の考えられる原因とその対処法をお伝えしていきます。この記事を読めば、どこがその原因なのかの特定、またその対処法がわかります。

インターネットが遅い原因とその対策

1.もともと光回線が遅い可能性

NTTのフレッツ光や光コラボを使っている場合は、NTTのフレッツ網だけでの速度測定が可能ですので、まずはフレッツ網の速度が問題ないかを測定しましょう。

フレッツ光NGN

NTT東日本フレッツ光サービス情報サイト

NTT西日本 速度測定サイト

多少、接続設定の変更はありますが、どこが原因なのかは切り分け出来るので試してみることをおすすめします。この測定をするときは、極力シンプルな接続でつないでください(ONU・ホームゲートウェイからLANケーブルでパソコン直結)。この結果、フレッツ網の回線速度が遅ければ、NTTに問い合わせてみるのがいいでしょう。

うまくやり方が分からない人は、それぞれのエリアのNTT故障受付に、「速度が遅くなっているから」と回線チェックをお願いすると、NTT側から回線速度のチェックをしてくれます。

NTT東日本 故障受付 0120-000-133
NTT西日本 故障受付 0120-248-995

フレッツ網の回線速度は速いのに、インターネットに接続したときに速度が遅い場合は他に原因があります。

2.根本的にパソコンが原因の場合

使っているパソコンのOSがwindows98・XPなど10年以上前の場合はメモリなど性能が間に合っていないので買い替えましょう。いくら回線速度が速くても宝の持ち腐れです。今は5万円以内でも充分な性能のパソコンは手に入ります。

別にパソコンは古くないけどなんかネットが遅いという場合には、次のことを試してみると改善する場合があります。

  • ブラウザのキャッシュや履歴をクリアしてみる。
  • ブラウザにIEを使っている場合は、Google ChoromeやSafariを使ってみると表示が速くなる場合もありますよ。
  • 負荷が大きいウィルス対策ソフトを使っているせいでパソコンのパフォーマンスが低下している場合も考えられます。Windows7以降であれば、もともとWindows Defenderというセキュリティ機能があるため、それのみにしてみて様子を見るのもいいと思います。
  • パソコンのマルウェア、ウイルス感染でパソコンのパフォーマンスが落ちている場合もあります。もし感染が発覚した場合は、インターネットから切り離してクリーンインストールかリカバリーを実効すると確実です。

3.LANケーブル・ネットワーク機器が原因

光インターネットは回線速度1Gpbsのサービスが多いですが、使っているLANケーブルの規格が古いとそこで速度が落ちてしまいます。

もし、使っているLANケーブルがなんだか分からないというのであれば、LANケーブルの交換もしてみるといいかもしれません。特にカテゴリー5のLANケーブルを使っていた場合は、いくら光インターネットで1Gbpsと言われていても、100Mbpsまでしかでませんので注意が必要です。

LANケーブルの種類

種類通信速度
CAT5
カテゴリー5
100Mbps
CAT5e
カテゴリー5e
1Gbps
CAT6
カテゴリー6
1Gbps
CAT7
カテゴリー7
10Gbps

手持ちのLANケーブルが何か分からない場合は、ケーブルをよく見てみるとこのように「CAT5E」など書かれていますよ。

カテゴリー5eのLANケーブル

そして、もし購入するのであれば、カテゴリー5eで全然間にあいますよ。

また無線LANルーターを使って、Wi-Fi接続で使っている場合ですが、パソコンはLANケーブル接続に変えることで安定性と回線速度が劇的に変わりますよ。

無線LANルーターによって対応している規格が違い、Wi-Fiでの速度が変わるので何年も前の古い無線LANルーターを使っていると、Wi-Fi接続で速度低下が起こっている場合があります。

規格周波数帯通信速度
11a5Ghz54Mbps
11b2.4Ghz11Mbps/22Mbps
11g2.4Ghz54Mbps
11n2.4Ghz/5Ghz65Mbps~600Mbps
11ac5Ghz290Mbps~6.9Mbps

ここが原因になっている場合は機器を変えるだけで改善します。
例えば、こういう無線LANルーターです↓↓

BUFFALO 【iPhone6対応】 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション QRsetup ハイパワー ビームフォーミング対応 866 300Mbps WHR-1166DHP2/N (利用推奨環境3人・3LDK・2階建) [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

ただし、対向でWi-Fiをつなげる子機側(パソコンやスマホ)も同じ無線規格に対応していないと意味がありません。

2.4Ghz帯で無線LANを使っている場合は電子レンジやコードレス電話などの他の機器の電波の影響や、自分の家や部屋のまわりで使われている他の無線LANルーターとの干渉などがあると、Wi-Fiの速度低下の原因になります。無線LANルーターの位置を変えてみると改善される可能性もあります。

5Ghz帯は高速で家電製品との干渉はないですが障害物・遮蔽物に弱いので、ここが速度が遅い原因だった場合は置き場所を調整すると改善される可能性があります。

4.プロバイダが原因

プロバイダはそれぞれインターネット接続のための設備を持っていますが(外部委託している場合も多い)、ユーザーが増え通信量が設備でまかなえる帯域を圧迫してくると回線速度が低下します。当ブログで色々な大手プロバイダの光インターネットの評判をまとめたりしていますが、インターネットが遅いという声が多い大手プロバイダは多いです。もちろん、ユーザーの利用環境もそれぞれ違うので問題なく快適に使えている方もいます。

なので、大手よりも中堅以下のユーザー数が少ないプロバイダを使う方が快適にインターネットが出来たりする場合もあります。

プロバイダが怪しいなと思ったら、変更してみるのも手です。

おすすめプロバイダ

特にNTTの光回線系(フレッツ光、光コラボ)で、使えるプロバイダーの中から独自技術での速度向上や、ユーザーの満足度で高い評価を貰っているプロバイダーをいくつかご紹介しますね。

とくとくBB v6プラス

とくとくBB v6プラス

お得な料金でプロバイダーやWiMAXを提供しているとくとくBBのサービスです。IPv6という技術を利用して高速データ通信を実現しているようです。IPv6専用の無線LANルーターもセットで月額991円というかなりお得な料金で提供されています。

実際のユーザーの回線速度を「全国平均」「都道府県ごと」に見ることもでき下りは200Mbps以上出ているようです。回線速度で悩んでいる人には改善できる可能性が高いと思いますし、安定してこの速度が出るならコストパフォーマンスは高いですね。

>>とくとくBB v6プラスの詳細

2016-11-04追記:
ドコモ光のプロバイダーとして、とくとくBBのこのv6プラスが対応しました。評判がすこぶる良くないドコモ光の中で、回線速度の面ではとくとくBBv6プラスが安心できます。

Asahiネット

大手プロバイダのひとつASAHIネットです。名前が通っているプロバイダの中では価格は安価で、顧客満足度の高い評価を得ているのがポイントです。

ASAHIネット受賞歴

キャンペーンを適用すると最大12ヶ月の無料期間がついてきます。

 月額料金キャンペーン適用
ホームコース(戸建て向け)780円/月12ヶ月無料
マンションコース(集合住宅向け)700円/月6ヶ月無料

ASAHIネットは、2015年のオリコン日本顧客満足度ランキングで
プロバイダ部門 第1位に輝いています。

また、RBB TODAY 「ブロードバンドアワード2015 ISP部門」でも1位を獲っているようです。

こういう客観的な評価があると、安心して使っていきやすいですよね。最低利用期間は1年で、解約金は2,000円と良心的なのも良いですね。

>>ASAHIネット 公式サイト

ZOOT NEXT

インターリンク ZOOT NEXT

こちらのプロバイダはフレッツ光に対応していて、光コラボレーションモデルでも使えます。そして、何より最大2ヶ月無料でお試しができるので、「今使っているプロバイダが遅い原因なのでは?」と思ったら、試しでこのプロバイダに接続設定を変えて回線速度を見てみると分かると思います。

違約金もないようなので、切り分けだけで使ってみて解約する事も可能です。

>>ZOOT NEXT

回線速度の測定サイトについては、こちらの記事で書いてますので参考にしてくださいね。

知ってると便利!おすすめスピードテスト/回線速度測定サイト8選

5.どうしようもできない環境が原因

モデム・ONUやホームゲートウェイの機器より先のネットワークが混んでいて回線速度が上がらない場合もありますが、この場合は自分ではどうすることもできません。このケースだけは諦めましょう^^;

集合住宅でVDSLタイプ

ほとんどの光回線は回線速度の1Gbps(理論値)ですが、アパート・マンションの集合住宅でVDSLという一部電話回線を使って光インターネットを使う方法がありますが、回線速度がもともと200Mbpsなので1Gbpsと比べるともちろん遅くなります。また、電話回線はノイズに弱く、長さに比例して信号が弱まるため、速度の低下が起こる原因にもなります。壁のモジュラージャック(電話線の挿し口)からモデムまでは極力短めの電話線を使うことをおすすめします。

ネットワーク自体が混んでいる

パソコンからインターネット上の利用先のウェブサイト・サービスの間で、大勢の人がインターネットを利用する平日の夜や、週末の混み合う時間帯がゴールデンタイムを呼ばれ通信速度が低下することがあります。

戸建て向けのファミリータイプであっても、NTTは1本の光ファイバーを最大32本に分けてひいています。そのため、その利用者の中の誰かがヘビーユーザーだった場合は、自分の回線速度は低下します。

集合住宅向けのマンションタイプは、32本で分かれてきた光ファイバー線を更に、建物のユーザー数で共有することになるので、他の住人にヘビーユーザーがいた場合、回線速度がさらに低下してしまいます。そういう人に限って「速度が遅い」と言っていたりしますが^^;

また、フレッツ光の回線速度は「テレビ電話」や「フレッツTV」を優先して帯域を確保する仕組みのため、他の「Webサイトを見る」などの接続は、残った帯域で接続されます。なので、フレッツTVを使うユーザーと大元が同じ光ファイバーを使っている場合は、速度が遅くなるときもあるでしょう。

ウェブサイト側が混んでいる

特定のWebサイトにアクセスが一気に集中してしまうと、通信速度があがらない・Webサイトがダウンすることがあります。
このような場合は、時間をおいてアクセスするとつながりやすくなります。

まとめ

光インターネットの回線速度の低下は、どうにもならない理由の時もありますが、自分のパソコンやネットワーク環境が良くないために起こる場合もあります。今回お伝えしたような方法で原因の切り分けをしてみて、改善できそうな場合は試してみるのがいいでしょう。見当違いなところをいくら変えても速度は改善しませんからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

インターネットの事なら何でもご相談ください

インターネット選びの無料相談はこちら。

■光コラボに興味がある
■おトクな乗り換え方法が知りたい
■工事費用ナシで光回線を申し込みたい
■キャッシュバックがもらえるキャンペーンで申し込みたい
■月額料金が安いインターネット回線が知りたい
■インターネット回線が多すぎて選べない
■ネット回線選びに疲れた
■そもそもインターネット回線についてよくわからない
■自分に合ったインターネット回線が知りたい
■自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

などなど、些細なことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*
元代理店スタッフの管理人がご相談にお答えします。


今すぐ無料相談してみる

あなたにおススメの記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*