縛りがない!?縛りなしWiFiの評判やメリット・デメリットを解説

縛りがない!?縛りなしWiFiの評判やメリット・デメリットを解説

ポケットWiFiには契約期間の縛りがあるものが多く、2年や3年は使わなければいけないサービスがほとんどです。

これはとても不便に感じるものですが、契約期間の縛りがなく利用できるサービスも実はあります。

その一つとして人気を集めているのが「縛りなしWiFi」です。

ここでは、縛りなしWiFiのサービス、評判、メリット・デメリットなどについて詳しく解説します。

縛りなしWiFiってどんなサービス?

画像元:縛りなしWiFi公式サイト

縛りなしWiFiは、フォン・ジャパン株式会社が提供しているポケットWiFiのレンタルサービスです。

サービス名にある「縛りなし」は、契約期間の縛りがないことを指し、いつ解約しても解約金がかからないというポケットWiFiでは珍しいサービスを提供しています。

料金プランは「縛りなし」と「縛りあり」の2種類

縛りなしWiFiのプランは大きく分けて、契約期間の縛りがない「縛りなしプラン」と、契約期間・解約金がある「縛っちゃうプラン」の2種類です。縛りなしWiFiは契約期間の縛りがないことを売りにしていますが、契約期間のある「縛っちゃうプラン」も用意されているのです。

個人的にはサービス名にしている「縛りなしプラン」がおすすめですが、それぞれのプランについて詳しくご紹介します。

 プラン(データ通信量)縛りなしプラン縛っちゃうプラン
月額料金
ライトプラン
(20GB/月)
3,000円2,600円
通常プラン
(2GB/日)
3,300円2,800円
無制限プラン
(10GB/日 or 月間300GB)
3,480円
WiMAXプラン
(10GB/3日)
4,300円3,600円
初期費用
3,000円
→6月22日(17:00)~7月1日(13:59)までキャンペーンで1,000円
契約期間
なし3年
解約金
なし15,000円
※WiMAXプランは、
12ヶ月未満:30,000円
12~35ヶ月:25,000円
それ以降:9,500円
端末代金
0円実質無料

※現在、縛っちゃうプランの「無制限プラン」は売り切れです。

縛りなしプランは、契約期間がないためいつ解約しても解約金は0円です。厳密に言うと最低2ヶ月の利用が必要ですが(解約申請の翌月末が解約日になるので)、その後の解約が自由なのは手軽でいいですね。

「短期で利用したい」「試しに使ってみたい」「いつ乗り換えるか分からない」と言う方には、縛りなしプランは使いやすいと思います。

縛っちゃうプランの場合、契約期間が3年となりますが、その分縛りなしプランと比較して400~700円安い月額料金で利用できます。ただし、更新月以外で解約する場合は15,000円(縛っちゃうプランのWiMAXプランは最大30,000円)の解約金がかかってしまいます。

ある程度長い期間利用することが明確で、なるべく安く利用したいという場合は縛っちゃうプランの方がお得です。

ちなみにプラン変更は、「縛りなしプラン」から「縛っちゃうプラン」への変更に限り可能となっています。

事務手数料は3,000円

縛りなしWiFiの事務手数料は3,000円で、ポケットWiFiではごく標準的な金額となっています。

春頃には、事務手数料と初月利用料が無料となるキャンペーンも頻繁に実施しています。契約時期を調整できる場合はキャンペーンを利用するのもいいですね。

端末補償について

WiMAXプランの端末はレンタルなので、万が一端末を水没させたり破損させてしまった場合は39,800円の弁済金が発生します。

しかし、「安心サポートプラン(月額500円)」に加入していると、端末の弁済金が10,000円になります。

WiMAXプラン以外は端末は買い取りとなるため、端末の紛失時や故障・水没時の端末弁済金は発生しません。

縛りなしWiFiで使える端末について

縛りなしWiFiは、ソフトバンクとWiMAXのどちらかの回線を選択できます。WiMAXプランはWiMAX、その他のプランではソフトバンクが使えます。

それぞれの回線で利用できる機種のスペックは次の通りです。

 機種最大通信速度
ソフトバンク801ZT112.5Mbps
FS030W150Mbps
601HW612Mbps
WiMAXW04440Mbps
W05758Mbps
WX05440Mbps
W061.2Gbps

速度はあくまでもベストエフォート方式の理論値となりますが、最速はW06で1.2Gbpsとなります。

なお、ソフトバンク・WiMAXどちらの回線を使うか選ぶことはできますが、端末の指定はできません。

一番速度が速い端末を選ぶ、ということはできないので注意が必要です。

速度制限について

縛りなしWiFiは、プランによって通信量が決められています。

 通信量
ライトプラン20GB/月
通常プラン2GB/日
無制限プラン10GB/日 or 月間300GB
WiMAXプラン10B/3日

ライトプランは1ヶ月で20GBを超えると当日速度制限がかかりますが、1日の速度制限はないので「今日は使わないけど明日は多めに使う」などの使い方もできます。

通常プランは、1日で2GBを超えると当日回線停止となります。月間では60GB使えることになります。

無制限プランは、1日10GBまたは月間で300GBを超えると速度制限がかかります。なかなか大容量なので、たっぷり使いたい人に向いていますね。

WiMAXプランの場合は10GB/3日を超えると、翌日18時頃~翌々日2時頃まで速度制限がかかり低速化します。

使えるエリアは?

「ライトプラン」「通常プラン」「無制限プラン」ではソフトバンクの回線を、「WiMAXプラン」ではWiMAXの回線を選択できるようになっています。

ソフトバンクの回線は全国の人口のカバー率99%なので、より幅広いエリアで利用したいなら、ソフトバンクの回線の方がおすすめです。

それぞれの回線が使えるエリアについては、下のリンクで確認してみてください。

→ソフトバンクのエリア
→WiMAXのエリア

縛りなしWiFiの評判

縛りなしWiFiのユーザーの評判をTwitterの口コミから調べてみました。

良い評判

契約期間の縛りがない「縛りなしプラン」はお得だという口コミです。

縛りがあるプランなら他社のサービスでもっと安いものがあるので、縛りなしWiFiなら「縛りなしプラン」がおすすめです。

縛りなしプランはいつ解約しても解約金がかからない、と言う点を評価しているユーザーもいます。

こちらの方は家で仕事する際に縛りなしWiFiを使っているようですが、1日2GBで足りているみたいですね。

縛りなしWiFiからMugen wifiに乗り換えたら、速度が遅くなってしまった…という口コミです。縛りなしWiFiでは実測で20MB出ていて満足されていたようです。

縛りなしWiFiはソフトバンクまたはWiMAXの回線を選べます。

ソフトバンクは使える範囲が広いため、都市部ではない方でも繋がりやすいというメリットがあります。

悪い評判

次に、悪い評判についてご紹介します。

縛りなしWiFiは「なかなか電話が通じない」という口コミが比較的多く見られました。

縛りなしWiFiの「縛りなしプラン」はポケットWiFiでは珍しいため、申し込みが混み合っている可能性があります。

特に解約時に繋がらなくて困るという口コミが多いです。すんなり解約できないのは困りますね…。

縛りなしWiFiが届く時の包装が簡素だという口コミもいくつかありました。

ポケットWiFiは精密機器なので、確かに梱包は頑丈な方が安心感があります。

電話が通じない口コミと似ていますが、サポートの対応が良くないという内容です。

申し込みや問い合わせが多くスタッフの手が回っていないのかもしれません。

サポート体制はしっかりしてほしいですね。

縛りなしWiFiのメリット

縛りなしWiFiのメリットとしては、以下4点が挙げられます。

  1. 「縛りあり」と「縛りなし」の2つのプランがある
  2. 契約期間の縛りなし
  3. 最短翌日発送
  4. 縛りなしプランの端末代金は0円

1.「縛りあり」と「縛りなし」の2つのプランがある

縛りなしWiFiは「縛りなし」「縛りあり」のプランに分類されていて、分かりやすいのが特徴です。

他のポケットWiFiでは契約期間や解約金が小さく書かれていて見つけられないこともありますが、縛りなしWiFiは縛りなしと縛りありのプランが明言されているので、自分に合ったプランを選びやすくなっています。

料金もリーズナブルな設定なので、より安くWiFiを楽しみたい方にも向いています。

2.契約期間の縛りなし

縛りなしプランなら契約期間の縛りがないので、いつでも解約できる手軽さがあります。

他社では数年縛りがあるケースが多く不便に感じている人も多いと思いますが、縛りなしプランならいつでも解約金なしで解約が可能です。

3.最短翌日発送

縛りなしWiFiは発送が早く、14時までに申し込みをすると最短で翌日に端末を発送してくれます。

WiFiが必要な時にすぐ手元に届くのは助かりますね。

4.縛りなしプランの端末代金は0円

縛りなしプランと縛っちゃうプランのWiMAXプランでは端末代金がかかりません。

端末代金は実質無料でもないので、解約時に端末代金を請求される心配もありません。

縛りなしWiFiのデメリット

縛りなしWiFiのデメリットは、以下3点が挙げられます。

  1. 端末が選べない
  2. 縛っちゃうプランの端末代金は実質0円
  3. ハイスピードプラスエリアモードが有料

1.端末が選べない

縛りなしWiFiには最新の端末も用意されていますが、機種は自分で選ぶことができません。

端末の速度は選びたい、という場合は、他のポケットWiFiの方が向いています。

2.縛っちゃうプランの端末代金は実質0円

縛っちゃうプランの「ライトプラン」「通常プラン」「無制限プラン」は、端末は買取となります。毎月の端末代(1,200円)は同額の割引が入るので無料になりますが、35ヶ月以内に解約すると契約残月数×1,200円の端末代金が発生します。

ただし、WiMAXプランは端末はレンタルとなるので、端末代金は発生しません。

更新月で解約すれば解約金も端末代金もかかりませんが、「縛りがイヤ」「端末代金は払いたくない」という方は、縛りなしプランがおすすめです。

3.ハイスピードプラスエリアモードが有料

ハイスピードエリアモードは、WiMAX2+回線に加えてauの4G LTE回線を利用できる通信モードです。

WiMAX2+回線よりもauの4G LTE回線回線の方が通信可能なエリアが広く、建物内部でも比較的安定した通信を行えます。

ですが、縛りなしWiFiでは、WiMAX端末のハイスピードプラスエリアモードは有料(1,005円)になるので注意しましょう。

縛りなしWiFiとGMOとくとくBB WiMAX2+を比較!

縛りなしWiFiではWiMAXプランも用意されていますが、他のWiMAX系のサービスと比較するとどうなのか、気になっている方もいると思います。

そこで、縛りなしWiFiのWiMAXプランととGMOとくとくBB WiMAX2+のサービス内容を比較してみたいと思います。

 縛りなしWiFiGMOとくとくBB WiMAX
縛りなしプラン縛っちゃうプラン
月額料金4,300円3,600円1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目~:4,263円
契約期間なし3年3年
解約金なし12ヶ月未満:30,000円
12~35ヶ月:25,000円
それ以降:9,500円
1~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目以降、更新月以外:9,500円

縛りなしプランとGMOとくとくBB WiMAX2+の月額料金を比較してみると、縛りがない分縛りなしプランの方が割高になっています。

縛っちゃうプランとGMOとくとくBB WiMAX2+を比較すると、契約期間は同じですが、1~35ヶ月目までの解約金はGMOとくとくBB WiMAX2+の方が安い設定になっています。月額料金は、縛りなしWiFiの方が安くしかも料金は一律です。

以上のことから、「契約期間のないポケットWiFiを使いたい」「縛りがあってもいいから安い方がいい」という方には、縛りなしWiFiがおすすめです。

縛りなしWiFiにキャンペーンやクーポンはある?

2020年6月22日(17:00)~7月1日(13:59)の間に縛りなしWiFiを新規で申し込むと、通常3,000円かかる契約事務手数料が1,000円になるキャンペーンを実施しています。

縛りなしWiFiでは、春あたりに事務手数料が無料になるキャンペーンが実施されますが、1ヶ月間の限定となっていて、それ以外ではキャンペーンやクーポンが発行されることは稀です。

申し込みを検討している方は、キャンペーン期間中の申し込みがおすすめです。

縛りなしWiFiの申し込み方法

縛りなしWiFiは、公式ホームページから申し込みができます。

画面下の「お申込み」ボタンをクリックし、契約プランや申込み台数、オプションなどを選択します。次に利用者の住所や氏名などの情報を入力し、次のページで決済方法を選択します。

支払い方法は、クレジットカード・口座振替から選択できます。

申込み内容を確認して申込みボタンを押せば、申し込みが完了します。

その後、指定の住所に端末が届きます。

縛りなしWiFiの解約方法も確認しておこう

縛りなしWiFiを解約する時は、お問い合わせフォームから行います。

お問合せフォームで解約を希望するメッセージを送信すると、数日内に縛りなしWiFiの担当者から返信が届きます。

メールには返送期限(必着日)と返送先住所がメールに記載されているので、追跡ができる宅急便などの元払いで返送しましょう。

梱包は緩衝材で包んで行うことが重要で、もし返送時に端末が破損した場合は賠償金が発生するので注意してください。

解約金に関する注意点

縛りなしWiFiの縛りなしプランの場合は、契約期間縛りがないので解約金は発生しません。

ただ、縛っちゃうプランの「ライトプラン」「通常プラン」「無制限プラン」の場合は、36ヶ月毎の自動更新となり契約期間中の解約には15,000円の契約解除料が発生します。35ヶ月以内に解約する場合は、契約解除料と別途契約残月数×1,200円(税抜)の端末代金も一括請求されるので注意してください。

縛っちゃうプランの「WiMAXプラン」の場合も36ヶ月毎の自動更新となり、契約期間中の解約では下記の契約解除料が発生します。(端末代金は発生しません)

  • 12ヶ月未満の場合 30,000円
  • 12~35ヶ月の場合 25,000円
  • 更新月(36ヶ月目)の場合 0円
  • それ以降の場合 9,500円

更新月での解約には解約金は発生しないため、なるべく解約は更新月まで待つことをおすすめします。

まとめ

縛りなしWiFiには「縛りなしプラン」があるので、契約期間や解約金に縛られたくないという方は気軽に利用することができます。

ソフトバンクの回線を使えるので、広いエリアで使えるのもメリットの1つです。

縛りなしプランまたはWiMAXプランなら、端末代金も無料です。

短期で使いたい方、契約期間に縛られたくない方、お試しで使ってみたい方は、縛りなしWiFiを検討してみてはいかがでしょうか。

 

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*