どこよりもWiFiの料金・速度・口コミ・メリット等を徹底解説

どこよりもWiFiの料金・速度・口コミ・メリット等を徹底解説

WiMAXなどをはじめ、持ち運びに便利なモバイルWi-Fiルーターには様々な種類があります。

その中の一つである「どこよりもWiFi」は、同機種での業界最安値級をうたうポケットWiFiサービスです。

そこでこの記事では、どこよりもWiFiの料金、速度、口コミ、メリット・デメリット、申し込み方法までを徹底的にわかりやすく解説します!

※表記している価格は税込みです。

どこよりもWiFiの基本情報

どこよりもWiFi引用元 どこよりもWiFi公式サイトより

まずはじめに、どこよりもWiFiの基本情報を紹介します。

どこよりもWiFiのプランは以下の2プランです。

  • 200GBプラン(2年契約・縛りなし)
  • 100GBプラン(2年契約・縛りなし)

どこよりもWiFiの料金プランは、モバイルルーターでは珍しい従量制になっています。

あまり使わなかった月は安くでき、多く使っても上限金額が決まっているため、ムダなく使えるプラン設定と言えます。

それぞれの月額料金などは以下の通りです。

 通常プラン2年割
スタンダードプレミアムスタンダードプレミアム
月額料金~5GB1,400円900円
~20GB2,400円1,900円
~50GB3,400円2,900円
~100GB3,900円3,400円
~150GB-4,400円-3,900円
~200GB-4,900円-4,400円
事務手数料3,300円
端末代金0円
最大通信速度150Mbps
回線ドコモ
契約期間なし2年
解約金なし10,450円

どこよりもWiFiの特徴

どこよりもWiFiの特徴は、2種類のプランから自分の使い方に合ったプランを選べることです。

最大200GBまで使えるプレミアムは、動画閲覧などのデータ量が多い通信も気兼ねなく楽しめ、あまり使わず5GB未満に収まった月は900円で使えます。

スタンダード・プレミアムどちらも、2年縛りの有無を選択することができます。

どこよりもWiFiで利用できる機種は「JT101」のみ

どこよりもWiFiで利用できる機種は「JT101」の1種類のみです。

JT101
通信速度下り:最大150Mbps
上り:最大50Mbps
バッテリー容量2,700mAh
重さ約90g
サイズ58.0×92.0×13.0mm
物理SIMスロットdocomo SIM

スペック自体に大きな特徴はありませんが、他社でレンタルしている機器よりもコンパクトサイズです。

どこよりもWiFiと他のポケットWiFiサービスを比較

次に、2020年10月に登場したモンスターモバイル(MONSTER MOBILE)、人気のGMOとくとくBB WiMAX2+との比較をしてみたいと思います。

どこよりもWiFiモンスターモバイルGMOとくとくBB
WiMAX2+
月額料金~5GB:900円
~20GB:1,900円
~50GB:2,900円
~100GB:3,400円
※スタンダード2年契約の場合
20GB/月:2,090円
50GB/月:2,640円
2GB/日:2,728円
3GB/日:3,278円
5GB/日:3,878円
※1年契約ありの場合
1~2ヶ月目:3,970円
3ヶ月目~:4,689円
※ギガ放題プランの場合
最大速度下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:1.2Gbps
上り:50Mbps
事務手数料3,300円3,300円3,300円
端末代0円0円0円
契約期間2年または縛りなし1年または縛りなし3年
解約金【2年契約の場合】
更新月以外10,450円
【1年契約の場合】
~12ヶ月:10,780円

13ヶ月~:3,300円
更新月:0円
〜12ヶ月目:20,900円
13〜24ヶ月目: 15,400円
25ヶ月目:0円
26ヶ月以降:10,450円
通信制限ありあり3日間10GB

事務手数料や端末代金こそ同じですが、月額料金、縛りあり・なし、解約金など、ポケットWiFiによってそれぞれ違いがあることが分かります。

どこよりもWiFiのメリット・デメリット

どこよりもWiFiは、月内で使ったデータ容量に応じて料金が変動するプランのため、5GB未満の月の料金は900円と安くできます。

表を見ると、月内のデータ容量が20GB以内であればモンスターモバイルよりも安いことが分かります。

ただし、機種も1種類のみで、通信速度が下り最大150Mbpsとあまり速くないのがデメリットです。とは言っても、ほとんどのモバイルWi-Fiルーターが最大150Mbpsと同じ速度ですが^^;

モンスターモバイルのメリット・デメリット

モンスターモバイルのメリットは、ポケットWiFi最安級という料金の安さです

データ容量が足りなくなってしまった場合は500MBから最大30GBまでチャージが可能と、チャージをすることで速度低下を防げます。

ただし、どこよりもWiFiと同じく、通信速度が下り最大150Mbpsとあまり速くないことや機種が選べないことがデメリットです。

モンスターモバイルについては以下の記事をご覧ください。

GMOとくとくBB WiMAX2+のメリット・デメリット

GMOとくとくBB WiMAX2+のメリットは、機種・地域によっては最大1.2Gbpsという高速インターネットの利用が可能な点です。

キャッシュバックや月額割引といったキャンペーンもメリットですが、月額料金が他サービスと比較して高額な点や、データ通信量が3日で10GBを超えると制限がかかるといった点がデメリットだったりします。

GMOとくとくBB WiMAX2+については以下の記事をご覧ください。

どこよりもWiFiの評判・口コミ

では、どこよりもWiFiを実際に利用している人の口コミから、その評判を探ってみましょう。

どこよりもWiFiの良い評判

こちらの方は、どこよりもWiFiへ乗り換えたことで通信速度が20倍以上になっています。

どこよりもWiFiの悪い評判

どこよりもWiFiについては、良い評判だけでなく悪い評判もあったりします。

最初は速かったものの、繋がりにくくなっていると感じている人もいるようです。


ゲームをする人には、遅いと感じることもあるようです。

どこよりもWiFiのメリット3つ

どこよりもWiFiのメリット3つについて紹介します。

  1. データ容量が最大200GBと大容量
  2. 縛りなしプランが選べる
  3. あまり使わなかった月は安く済む

メリット1 データ容量が最大200GBと大容量

どこよりもWiFiは、プレミアムであれば最大200GBの大容量を使うことができます。

他社ポケットWiFiの多くは「1日3GB」「3日で10GB」など上限が決められ、それを越えると速度制限がかかることが多いです。しかし、どこよりもWiFiでは日ごとで通信制限をかけられることなく利用できます。

そのため、『大容量で安心してインターネットを使いたい!』という人にはおすすめです。

メリット2 縛りなしプランが選べる

どこよりもWiFiは、契約期間の有無を選ぶことができます

縛りなしプランでは解約金がかからないため、『2年使うかわからない』という人は通常プラン(縛りなしプラン)が良いでしょう。

ただ、通常プラン(縛りなしプラン)の場合は、月額料金が500円割高になる点に注意が必要です。

メリット3 あまり使わなかった月は安く済む

先ほどの料金表でもご紹介したように、どこよりもWiFiのプランは従量制のため、月内のデータ使用量が5GB未満の場合は900円と料金を安くできます。

2年契約時であれば、データ使用量が50GBに収まった場合には2,900円と、比較的リーズナブルな料金で利用可能です。

どこよりもWiFiのデメリット2つ

一方で、どこよりもWiFiには以下2点のデメリットがあります。

  1. 光回線と比較すると速度が遅い
  2. 解約金が発生する場合がある

デメリット1 光回線と比較すると速度が遅い

どこよりもWiFiの通信速度は、下り最大150Mbps・上り最大75Mbpsとなっています。これは、ポケットWiFiでは一般的な速度と言えますが、やはり光回線と比べると遅いです。

ご自宅に引く光回線の速度は最大1Gbpsがほとんどのため、今まで光回線を利用していた人にとってはどこよりもWiFiは遅く感じることがあるかもしれません。

ただ、YouTubeで4K動画を視聴するのに必要な速度は20Mbps程度と言われていますので、動画視聴やSNSを利用する分にはあまり困らないと予想できます(あくまで参考です)。

デメリット2 解約金が発生する場合がある

2年契約をした場合、更新月以外に解約をすると解約金が発生します。

更新月は、25ヶ月目、50ヶ月目…と2年ごとになっていて、この更新月以外に解約をしてしまうと10,450円の解約金がかかってしまいます。

どこよりもWiFiをおすすめできる人・できない人

ここまで見てきたどこよりもWiFiの特徴から、利用をおすすめできる人・できない人は、以下のような人です。

おすすめできる人

  • 大容量でWi-Fiを使いたい人
  • 月によってデータ使用量にバラつきがある人
  • 継続利用するかわからなく、縛りなしプランを利用したい人
  • 外出先でWi-Fiを利用したい人

また、どこよりもWiFiの利用をおすすめできない人は、以下のような人です。

おすすめできない人

  • 速度重視の人
  • オンラインゲームなどを楽しみたい人
  • 自宅でのみWi-Fiが利用できれば良いという人

上記のような人には、ポケットWiFiサービスではなく光インターネット回線などの利用をおすすめします。

どこよりもWiFiの申し込みは公式サイトがおすすめ

どこよりもWiFi 申し込み引用元 どこよりもWiFi公式サイトより

どこよりもWiFiは、公式サイトからの申し込みが簡単でわかりやすく、24時間受付可能です。

申し込みから利用開始までの手順は以下のとおりです。

  1. どこよりもWiFiの公式サイトにアクセスする
  2. 申し込みフォームに必要事項を記入する
  3. 端末を受け取って設定を行う
  4. 利用開始

申し込み完了後、通常であれば最短で翌日に発送してもらえます(送料無料)。

なお、月々の料金の支払い方法はクレジットカード払いのみなのでご注意ください。

まとめ

どこよりもWiFiは、「無駄がない」という言葉通り、使ったデータ容量に応じて料金が変動する従量制です。月内のデータ使用量が5GBに収まれば900円とかなり安いです。

他社のように2年目以降に月額料金が上がることもありませんし、最大200GBの大容量で使えるためデータ容量をあまり気にする必要もありません。

今回ご紹介したサービス内容やメリット・デメリットをご参考に、どこよりもWiFiを使ってみてはいかがですか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*