無制限で安い!MUGEN Wi-Fiは他と比べてどれだけお得?

無制限で安い!MUGEN Wi-Fiは他と比べてどれだけお得?

多くのモバイルルーターがある中で、MUGEN WiFiは2019年10月にサービス開始し直後の11月に早くも料金改定が行われて気軽に使用できるようになったりと、注目のモバイルWi-Fiです。

そこでこの記事では、MUGEN WiFiの月額料金、通信速度、通信制限の有無や、他のモバイルWi-Fiとの比較、口コミや評判、メリット・デメリットを解説していきます。

モバイルルーターの利用を検討している人は、是非参考にしてみてください。

※ご注意

コロナウイルス対策のテレワーク需要によって、 発送に遅れまたは新規受付を停止しています。 すぐに使えるポケットWiFiをお探しの方は、 「テレワークにおすすめのポケットWiFi6選」をご覧ください。

MUGEN WiFiとは?

MUGEN WiFi

MUGEN WiFiは、大手携帯キャリア3社(au・ドコモ・ソフトバンク)のLTE回線を使用したトリプルキャリア対応が特徴的なモバイルWi-Fiです。

クラウド上でSIMカードを管理するクラウドSIMというシステムを使用していて、このクラウドSIMシステムによって自動的にいつでも最適な回線に切り替わるようになっています。

MUGEN WiFiの初期費用や月額料金などの基本情報は以下のとおりです。

 MUGEN WiFiのサービス概要
月額料金MUGENアドバンスプラン:3,880円
MUGEN格安プラン:3,280円
通信速度下り:最大150Mbps
上り:最大50Mbps
事務手数料3,000円
契約期間2年(自動更新なし)
解約金1年未満:9,000円
1年以上2年未満:5,000円
更新月以降:0円
通信制限なし
※海外では通信制限あり

MUGEN WiFiは2種類のプランから選べる

MUGEN WiFi プラン

MUGEN WiFiでは、2種類のプランから選ぶことができます。

無制限で安く使えるMUGEN格安プランは3,280円で、数ヶ月後や2年後とかに料金が上がる心配もありません。一方のMUGENアドバンスプランは、無制限通信プラスで翻訳機能と充電機能も付きます。

と言いますか、プランによって利用する機種が違うので、機種とプランが紐づいていると思っておけば簡単です。

持ち運びには便利の補償サービス

MUGEN WiFiには補償サービスもあるので、万が一壊れてしまったり水濡れしてしまった時には、新品の機器と交換してもらえます。

MUGEN WiFi 補償オプション月額500円
補償対象になる故障
  • 取扱説明書などの記載内容に従った使用をしているにも関わらず発生した端末機器の故障
  • 端末機器の破損故障
  • 端末機器の水濡れによる故障
  • 端末機器の全損
補償対象外の故障
  • 端末機器利用者の改造による破損
  • 端末機器利用者の故意による破損
  • 使用による劣化や端末機器の色落ち
  • 紛失、盗難

この端末補償オプションは契約時のみにしか加入できません。途中加入・途中解約はできませんので注意しましょう。また、一度補償を受けた後、12ヶ月以内に再度補償を受ける場合には3,800円の費用がかかります。

MUGEN WiFiの端末は2種類

先ほど簡単に紹介しましたが、MUGEN WiFiには2つの端末があります。

選ぶ料金プランによって使える機器が変わりますので、料金プラン選びの参考にしてみてください。

 G4U2s
通信速度下り:最大150Mbps
上り:最大50Mbps
重さ188g149g
サイズ136×72.2×12mm127×65.7×14.2mm
同時接続台数5台
主な機能・スマホ充電機能付き(最大充電3,900mAh、iPhoneX1回分・Samusung Galaxy1回分フル充電可能)
・翻訳機能付き(無料で使用可能、21ヶ国語対応)
・Googleマップ機能搭載
・tripadvisor対応
・バッテリー3,500mAh(最大12時間使用可能)
・4G回線使用、国内外で使用可能(海外使用は手続き不要)

充電機能などが搭載されているG4の方が重いですが、バッテリー容量はどちらも大きな差はありません。

海外旅行・出張が多く翻訳機能や充電器機能などを利用したい場合にはG4を使用するMUGENアドバンスプラン、とにかく安く利用したい場合にはU2sを使用するMUGEN格安プランがおすすめです。

MUGEN WiFiと他社モバイルWi-Fiとの比較

MUGEN WiFiと他社モバイルWi-Fiの中でも人気が高い「どんなときもWiFi」と「GMOとくとくBB WiMAX2+」と料金や通信速度などを比較してみましょう。

WiMAX2+は契約できるプロバイダが複数あり、プロバイダによって料金設定や年縛りに違いがありますので最安値と最高値を掲載しています。

 MUGEN WiFiどんな時もWiFiGMOとくとくBB WiMAX2+
月額料金アドバンスプラン:3,880円
格安プラン:3,280円
24ヶ月目まで:3,480円
25ヶ月目以降:3,980円
1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目~:4,263円
初期費用3,000円3,000円3,000円
契約期間2年(自動更新なし)2年3年
解約金1年未満:9,000円
1年以上2年未満:5,000円
更新月以降:0円
〜12ヶ月目:19,000円
13〜24ヶ月目: 14,000円
25ヶ月目:0円

26ヶ月以降:9,500円
〜12ヶ月目:19,000円
13〜24ヶ月目: 14,000円
25ヶ月目:0円

26ヶ月以降:9,500円
速度下り:最大150Mbps
上り:最大50Mbps
下り:最大150Mbps
上り:最大50Mbps
下り:最大1.2Gbps
(Wi-Fi接続時:最大867Mbps)
上り:最大75Mbps

※USBケーブル接続時
通信制限なしなし3日間で10GB

3社を比較するとこのようになります。

MUGEN WiFiの特徴は先述しましたので、ここではどんなときもWiFiとGMOとくとくBB WiMAX2+の特徴について簡単にご紹介します。

どんなときもWiFiの特徴

表で紹介した以外に、以下のような特徴があります。

  • 国内海外でも使える
  • 料金プランは定額制プラン一つのみ
  • 通信制限原則なし
  • 3大キャリア回線使用
  • 3年目以降に料金が500円上がる
  • 通信障害が増えた

どんなときもWiFiの特徴はこのようになります。

どんなときもWiFiはMUGEN WiFiに比べて月額料金は高めです。MUGEN WiFiのMUGEN格安プランは月額3,280円で、どんなときもWiFiは月額3,480円です。しかし、その料金は24ヶ月目までで、25ヶ月目以降は3,980円に上がってしまうため、MUGEN WiFiよりも700円も高くります。

また、どんなときもWiFiは2020年に入ってから通信障害が増えて『使いにくい…』という口コミが目立っていましたが、それが影響しているのか定かではありませんが2020年4月3日からどんなときもWiFiは新規契約を停止しているのです。

GMOとくとくBB WiMAX2+の特徴

GMOとくとくBB WiMAX2+は、他に以下のような特徴があります。

  • ギガ放題でも3日間10GB制限あり
  • 下り最大1.2Gbpsの機種もある
  • KDDI(au)回線使用
  • 通信には安定感がある
  • 据え置きホームルーターもある

GMOとくとくBB WiMAX2+の最大の特徴は、下りの通信速度が最大1.2Gbpsの機種が使えるという点です。自宅で利用するauひかりやソフトバンク光などの固定回線が最大1Gbpsなので、ほぼ光回線並みの通信ができるということです。

ただし、月額料金を比較した場合にはMUGEN WiFiの方が安いです。また、GMOとくとくBB WiMAX2+のギガ放題プランでは、月内では使い放題であるものの3日間10GB制限があります。ですが、MUGEN WiFiは3日制限もなく、月額料金も安いため、GMOとくとくBB WiMAX2+よりも優れています。

MUGEN WiFiの評判

特徴やスペックが良くても気になるのが、実際に使っている利用者の口コミ・評判です。

MUGEN WiFiのTwitter上での評判を見てみましょう。

【良い評判】

『夜になると通信速度がかなり遅くなる…』というよくある問題点ですが、MUGEN WiFiは夜でもストレスフリーな通信速度を維持できているという声もあります。

PCでのネットサーフィンでも、十分な通信速度を保てるという評判です。自宅でモバイルルーターを使用している方にも満足のいく速度のようです。

多くのモバイルルーターの中で日本全国対応のものは多いですが、地域差で回線が遅いという口コミもあります。ですが、MUGEN WiFiは地域差を感じさせない通信速度を維持できているという声もあります。

『料金が安い』という口コミもあります。MUGEN WiFiは無制限で、且つ、数ヶ月後や2年後とかに料金が上がる心配もないので、ずっと安い料金のまま使えます。

【悪い評判】

通信量無制限とのことでしたが、300GBを超えると通信制限がかかってしまうという口コミです。

ですが、300GBは相当のデータ容量です。ここまでデータ容量を使用するのはほとんどありませんので、日常生活において利用する分には問題がなく、通信データ容量はほぼ無制限と思って良いと言えます。

クラウドSIMによるマルチキャリア対応ですが、時折、低速回線を掴んでしまうこともあるようです。

MUGEN WiFiでは2種類の端末から選べますが、『U2sは通信速度が遅い』という声をネット上でいくつか発見しました。公式サイトではどちらの端末も上り・下りの速度を同じと掲載していますが、端末で速度の差が多少あるようです。

MUGEN WiFiのメリット

それではここまでの内容を元に、MUGEN WiFiのメリット・メリットを見ていきたいと思います。

まずはメリットからです。

  • データ容量の制限なし
  • 3日間での通信制限もなし
  • トリプルキャリア対応
  • 世界134ヶ国でも利用可能
  • 自動更新なしで3年目以降は解約金0円

データ容量の制限なし

通信データ容量は無制限と公式サイトで公表されていますが、口コミで『データ容量300GBを超えたら通信制限がかかった』というものがありました。

公式サイトにはこのように書かれています。

一般的なご利用環境における十分なデーター容量を提供しておりますが、ネットワーク品質の維持と公平な電波利用の観点から、大容量の通信を行う利用者に対し通信の停止や速度低下措置を行わせていただきます。

引用元:MUGEN WiFiのよくある質問より

300GBは相当のデータ容量を使っているので、大体の方が日常的に使う程度であれば、300GBもデータ容量を超えることは滅多にないためデータ容量無制限と言えます。

3日間での通信制限もなし

数あるモバイルルーターの中では「3日間で一定データ容量を超えてしまった場合には通信制限がかかってしまう」ものが多々あります。ですが、MUGEN WiFiにはそのような3日間通信制限はないので、常に快適に通信をすることができます。

トリプルキャリア対応

MUGEN WiFiはクラウドSIMシステムを利用しているので、au・ドコモ・ソフトバンクのLTE回線を使用することができます。

3社の通信回線を利用しているので、この3社が対応している範囲であれば地下でも使用可能です。大手携帯キャリア3社の使える範囲なので、日本全国でほぼ使用可能と言えます。

地下に入ってしまうとなかなか繋がらなくなってしまうモバイルWi-Fiは多いですが、MUGEN WiFiはキャリア3社のLTE回線を利用しているので地下でも安定した通信ができます。

世界134ヶ国でも利用可能

MUGEN WiFiは世界134ヶ国で利用申請手続き不要で利用可能です。

海外利用の場合には、データ容量1日1GBまで日割り料金で利用することができます(利用地域によって変わります)。日割り料金はアジア・ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリアが日額1,200円、中東・アフリカ・南米が日額1,600円となっています。

データ容量のリセットは日本時間の午前0時となっていて、リセットされればまた1日1GB利用可能になります。1日に使用したデータ容量が1GB未満でも、残りのデータ容量を翌日に持ち越すことができないのでその点には注意しましょう。

自動更新なしで3年目以降は解約金0円

ほとんどのモバイルルーターは2~3年縛り契約となっていて、更新月の翌月から再び2~3年の契約が始まる自動更新システムとなっています。

MUGEN WiFiは最初は2年縛りとなっていますが、25ヶ月目からは縛りがなくなり解約金も0円になります。端末返却が必要なところが多いですが、MUGEN WiFiは25ヶ月以降は返却不要です。

MUGEN WiFiのデメリット

続いてデメリットも見ていきましょう。

  • 通信速度が遅め
  • 2年縛りがある
  • 支払いがクレジットカード決済のみ

通信速度が遅め

最大通信速度が下り150Mbps・上り50Mbpsで、インターネット利用者が多い夜の時間帯には通信速度が少し遅くなってしまうようです。しかし、通信速度が落ちてしまう時間帯でも動画を通常再生できる速度は保ちます。

2年縛りがある

多くのモバイルルーターと同じように、MUGEN WiFiにも2年縛りがあります。ですが、2年経過後は解約金が0円であることや、2年以内の解約金が他社よりも比較的安く設定されています。

支払いがクレジットカード決済のみ

MUGEN WiFiの支払いはクレジットカード決済のみとなっており、口座振替での支払いはできません。そのため、クレジットカードを持っていないと利用できないのは少々痛いデメリットです。

MUGEN WiFiがおすすめできる人・できない人

ここまでMUGEN WiFiの特徴や評判、他社との比較、メリット・デメリットを紹介してきました。

それらをまとめると、MUGEN WiFiがおすすめできる人・できない人は以下のとおりになります。

2年経過後は解約金が0円というのもあり、初めてモバイルWi-Fiを使ってみたい人や試してみたい人には気軽に試せるのでおすすめです。
通信も無制限ですので動画閲覧やオンラインゲームを楽しみたい人にも向いていますし、また、海外でも使えるので、旅行が好きな人や海外出張などが多い人にもMUGEN WiFiはおすすめできます。
一方で、最大通信速度がやや遅めなので、高速通信を求める人にはあまりおすすめできません。最新の端末の中には最大通信速度が1.2Gbpsに達するものもあり、速さを求めるのであれば最新の端末が利用可能なモバイルWi-Fiを選んだ方が良いです。
また、2年縛りが嫌だという人やクレジットカードをお持ちでない人も、他のWi-Fiサービスを利用することをおすすめします。

おすすめの申し込み窓口は公式サイト

MUGEN WiFi

MUGEN WiFiは公式サイトから申し込みがおすすめです。

「30日間お試しキャンペーン」やお得なキャンペーンは公式サイトに掲載されていることが多いので、公式サイトから申し込みをした方がお得な場合が多いです。

申し込みの流れは以下のとおりです。

  1. 公式サイト右上の「30日間お試しで体験してみる」というバナーをクリック
  2. プラン、端末、オプションを選択し個人情報を入力
  3. 利用規約などの確認
  4. 決済(クレジットカード)情報を入力

上記が申し込みの流れとなっています。

決済完了のメールが届きますので、端末が手元に届くまでメールは保護しておきましょう。端末が届いて簡単な設定ができたら利用開始です。

まとめ

今回はMUGEN WiFiについて紹介してきました。

通信データ容量が実質無制限で、大手携帯キャリア3社の回線を利用するトリプルキャリア対応のため、安定した通信ができるのが魅力的なモバイルルーターです。

2年縛りはありますが3年目以降は解約金が0円になるので、初めてモバイルWi-Fiを利用してみたいという人にはおすすめのモバイルルーターと言えます。

MUGEN WiFiを契約しようと検討中の人やモバイルWi-Fi選びで迷っていらっしゃる人の参考になれば幸いです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*