【5分でわかる】 光インターネットの工事内容を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
光インターネットの工事内容に納得の女性

光インターネットを始めたいけど、工事の内容がわからないと心配ですよね。特に初めて申し込む方は「工事って何するの?」「大がかりなんじゃないの?」「なんだか面倒臭そう」と思う人も、もちろんいるでしょう。

今回の記事では、NTTのフレッツ光の工事内容をもとに実際にどういう風な工事をしているのかをわかりやすく解説していきますね。

結論からお話しておくと、『工事は簡単、どちらかというと作業』 ということ。

これを最後まで読めば光インターネットの工事の内容が理解できるので、不安もなくなりますよ。それでは、早速見ていきましょう。

光インターネットは光ファイバーを使います

光インターネットの「光」って何なんでしょ。「光、光って言うけど光って何のこと?」と思いませんか?

光って呼ばれているのは、光ファイバーという通信ケーブルを使っているからです。そして、光ファイバーの強みは高速で長距離のデータ通信に向いています。僕も専門家ではないので、これ以上難しい話はしません(汗)

弱みはLANケーブルとかに比べると弱く、ケーブルを折ると芯がポキッとなるので折りまげNGです。実際に部屋内で使う光ファイバーはこんな感じです↓↓

光ファイバー

 

基本的な作業内容

まず工事員が来てからすることは、

光ファイバー線を部屋の中まで引き込む。
部屋の中に専用の終端装置(ホームゲートウェイまたは、ONU)を設置。
引き込んだ光ファイバーと終端装置をつなげて通信確認。

の3ステップです。

光インターネットは、工事と言ってもたったこれだけなんです。僕が何年も前にフレッツ光の代理店で働いていたときは、お客さんに「工事ってどんなことをするの?」と聞かれても上の説明をしてから、「工事と言うよりは作業です。お時間はだいたい30分程度ですよ。」と答えていました。

それでは、まず作業内容が比較的シンプルなマンションタイプから説明します。

マンションタイプの工事内容

マンションタイプの場合は。すでにマンションやアパートの共用設備に光ファイバー線が引き込まれていて、スプリッタと呼ばれる各部屋に分配するための機器が取り付けられています。

そのため、工事の内容はその共用設備の部分から光インターネットを申し込んだ人の部屋の中まで光ファイバー線を通して、ホームゲートウェイ(またはONU)と呼ばれる機器を設置。光ファイバー線と機器を接続します。

マンションタイプ、開通工事※出典:NTT東日本

光ファイバーを部屋内まで通した後は壁に光コンセントという差込口を取り付けます。見た目はこんな感じのものです。光ファイバー線をがカチッと差し込めるようになっています。(マンションタイプの設備によっては、共用設備から電話回線やLANケーブルの設備を使う場合もあります。)

光コンセント

※出典:NTT東日本

 

光ファイバー線の引き込みと機器の設置、光ファイバーと機器の接続が終わった後は、工事員が通信確認をして問題がなければ工事完了です。

その後、設置した機器からパソコンまでをユーザーがLANケーブルでつなぎ、プロバイダの接続情報を使ってインターネット接続の設定をする必要があります。(無線LANルーターを持っている場合は、無線でつなぐWi-Fi接続だけでインターネット接続の設定をすることもできます)

ポイント

賃貸物件に関しては、前に住んでいた人がフレッツ光を使っていた場合は部屋に光コンセントがあるために、工事員が来ない「無派遣工事」と呼ばれるものになります。内容は光ファイバー用のホームゲートウェイ/ONUと呼ばれる機器が送られてくるだけです。

同梱されている光ファイバー線を光コンセントとその機器につないで終わり…なんですが、この場合は工事員の通信確認がありません。万が一、送られてきた危機に不具合があった場合は、さんざん接続設定したけど出来ずに色々電話してみてやっと判明した。となる可能性が高いので、そこだけ注意が必要です。(そんなにないとは思いますが)

ファミリータイプの工事内容

ファミリータイプの場合は、基本戸建て向けなので外にある電柱から直接、光ファイバー線を引き込んできます。
(マンションタイプの設備が導入されていない集合住宅も同じです)ファミリータイプ、開通工事

※出典:NTT東日本

ここで、マンションタイプと違うのは光ファイバー線を直接引き込むので、そのための方法がいくつかあります。通常は電話線の配管を使いますが、ダメならエアコンダクト、それでもダメなら壁に1cmほどの穴あけとなります。

ファミリータイプ引き込み方法

※出典:NTT東日本

注意点としては、賃貸物件の場合は許可を貰った時に「穴あけNG」と言われることがありますので、その場合は電話線の配管・エアコンダクトなどから引き込めなかったときは、開通不可になってしまいます。

あとはマンションタイプと同様に、部屋内の壁に光コンセントをつけ、機器を設置。光ファイバー線と機器を接続、通信確認をして終了です。

その後、インターネット接続設定をすればOKですね。無線LANルーターを使った接続設定については、こちらの記事で詳しく書いています。

光インターネットで快適Wi-Fi!無線LANルーター設定ガイド

光インターネット工事のあるある

光インターネットの工事は、実は100%開通できるというものではないんです。何年も前ですが、フレッツ光の代理店でスタッフをしていた時に、たまに遭遇した「決まっていた工事日が延期」や 「その時に工事ができない」パターン というものをあげてみますね。

  • 配管が詰まっていて、光ファイバーが通せない。
  • 配管に光ファイバーを通すために特殊な機器を使うから延期。
  • お客さんの負担にはなるが、配管を新設してもらう必要がある。
  • 隣人や他の部屋のベランダに入る必要があり許可が必要。
  • 隣人の庭の上を光ファイバー線が通るので許可が必要。
  • 電話線を使うVDSL方式で、リフォームしたため電話線の差込口が埋まっている。
  • 電柱のない地域で、地下配線をするので時間がかかる。
  • 光ファイバーが河川を通るので、行政の管轄部署に許可をとるのに時間がかかる。
  • 県営・市営・URなどの建物のため、役所に「模様替え申請」が必要。

けっこうレアなケースもありますが、これらは実際にありました。物理的に線を通すので、こういうことはたまに起こってしまいます。

実際に、工事をしてみないとどうなるかはわかりませんが、これから光インターネットを検討している方は、こんなケースもあるんだなぁ。くらいの参考にしてもらえればと思います。

まとめ

NTTの光回線工事を例に取りましたがいかがでしたか?基本的には他の光インターネット(光コラボレーションやauひかり)も流れは同じです。

ちなみに、NURO光の開通工事は工事業者が分かれているため2回おこないます(NTT側の工事とSo-net側の工事で2回)。興味があれば、ぜひこちらも読んでみてください。

⇒ これで納得!NURO光開通までの工事内容を詳しく解説

これで、ほとんど工事の心配なく光インターネットの申し込みもできるのではないでしょうか。最初にも言いましたが工事と言っても、あくまで中身は作業なんですよ。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます

記事を読んでのご感想や質問があれば気軽にコメントください。
最後にソーシャルメディアのどれかでシェアして頂けると喜びます^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

インターネットの事なら何でもご相談ください

インターネット選びの無料相談はこちら。

■光コラボに興味がある
■おトクな乗り換え方法が知りたい
■工事費用ナシで光回線を申し込みたい
■キャッシュバックがもらえるキャンペーンで申し込みたい
■月額料金が安いインターネット回線が知りたい
■インターネット回線が多すぎて選べない
■ネット回線選びに疲れた
■そもそもインターネット回線についてよくわからない
■自分に合ったインターネット回線が知りたい
■自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

などなど、些細なことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*
元代理店スタッフの管理人がご相談にお答えします。


今すぐ無料相談してみる

あなたにおススメの記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*