安い・縛りなし!ポケットWiFiの「MONSTER MOBILE」とは?

安い・縛りなし!ポケットWiFiの「MONSTER MOBILE」とは?

ポケットWiFiは持ち運びができたりと便利ですが、種類がたくさんありますよね。

よく聞く「WiMAX」だけでも、BIGLOBE、DTI、GMOとくとくBB、So-netなど、様々なプロバイダから提供されています。他にも、ギガWi-Fi、どこよりもWiFi、THE WiFiなど、ポケットWiFiの種類は多く、いざ申し込もうと思った時に『どれが良いの?』って悩んでしまいますよね?

そんな皆さんにおすすめのポケットWiFiが、2020年10月に新登場した「モンスターモバイル(MONSTER MOBILE)」です。

「安い」「契約期間の縛りなし」「プランが選べる」といった特長があるモンスターモバイルですが、今回はサービス内容を紹介し、数あるポケットWiFiとの料金比較もしていきます。

ポケットWiFiの利用や乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

※表記している価格は税込みです。

モンスターモバイル(MONSTER MOBILE)とは?

モンスターモバイル引用元 MONSTER MOBILEの公式サイトより

2020年10月に新登場した「モンスターモバイル(MONSTER MOBILE)」ですが、特長は何と言っても月額料金の安さです。プランが6種類から選べて、契約期間の縛りあり・なしも選択できます。

 縛りなしプラン1年契約プラン
月額料金
(マンスリー)
20GB/月2,640円2,090円
50GB/月3,190円2,640円
100GB/月3,938円3,388円
月額料金
(デイリー)
2GB/日3,278円2,728円
3GB/日3,828円3,278円
5GB/日4,378円3,828円
事務手数料3,300円
端末代金0円
最大通信速度下り:150Mbps/上り:50Mbps
回線ドコモ、au、ソフトバンク
契約期間なし1年
解約金なし1年目:10,780円
2年目以降~:3,300円
モンスターモバイル(MONSTER MOBILE)の主な特長

  • ポケットWiFi最安級
  • プランは2プラン・6種類から選べる
  • 契約期間縛りなしでも契約可能

無制限の使い放題ではありませんが、

  • 1ヶ月あたりのデータ容量の上限を【20GB・50GB・100GB】
  • 1日あたりのデータ容量の上限を【2GB・3GB・5GB】

から選べるため、自分や家族の使い方に合ったプラン選択が可能です。最も安いプランであれば月額2,090円で利用可能ですし、他社と比べても圧倒的に安いです(他社との比較は後ほどします)。

『なぜこんなに安いの?』と思ってしまいますが、それもその筈、モンスターモバイルの運営会社は光コラボ最安値の@スマート光を提供している株式会社NEXTなのです。

モンスターモバイルって聞くと『聞いたことないポケットWiFiだから不安…』という方も多いかもしれませんが、『あの@スマート光のNEXTが提供している』と聞くと安心ですね。

@スマート光については以下の記事をご覧ください。

月額料金は2,090円~と安い

マンスリープラン
20GB/月50GB/月100GB/月
月額料金
1年契約2,090円2,640円3,388円
縛りなし
2,640円3,190円3,938円
デイリープラン2GB/日3GB/日5GB/日
月額料金
1年契約
2,728円3,278円3,828円
縛りなし
3,278円3,828円4,378円

モンスターモバイルの特長は、月額2,090円~と料金が安いことです。

他のポケットWiFiでも、100GBプランや無制限プランなどプランは異なりますが、大体の場合は3,000円以上だったりします。それらと比較しても1,000円ほど安く、使い方に合った料金プランから選べるのも魅力です。

ただし、残ったデータ量を翌日以降に繰り越すことはできません。また、1日の使用量が契約ギガ数を超えると速度制限がかかり、通信速度は最大256kbpsに減速してしまいます(デイリープランの場合は翌日0時、マンスリープランの場合は翌月0時にリセットされます)。

デイリープランの2ギガってどれぐらい使えるの?

『データ容量の2ギガってどれぐらい?』『1日2GBって少なくない?』と思う方もいるかもしれませんが、YouTubeの標準画質でも8時間視聴ができたり、LINEのビデオ通話も約6時間可能です。

プランごとによるデータ使用量の目安については以下の通りです。

サービス2GB/日3GB/日5GB/日
YouTube低画質(約2MB)約16時間約25時間約41時間
標準画質(約4MB)約8時間約12時間約21時間
高画質(約13.5MB)約2時間約4時間約6時間
超高画質(約23.3MB)約1時間約2時間約3時間
NETFLIX低画質(約5MB)約6時間約10時間約16時間
標準画質(約12MB)約3時間約4時間約7時間
高画質(約50MB)約30分約1時間約1時間半
ダウンロード(約3MB)約11時間約17時間約28時間
Apple MUsic1曲約5分の標準音質267曲400曲667曲
LINE音声通話(約0.5MB)約67時間約100時間約167時間
ビデオ通話(約5MB)約6時間約10時間約16時間
ZOOM音声通話(約0.7MB)約47時間約71時間約119時間
ビデオ通話(約10MB)約3時間約5時間約8時間
Skype音声通話(約0.8MB)約42時間約62時間約104時間
ビデオ通話(約2MB)約17時間約25時間約42時間
※Apple MUsic以外の表記データ容量は1分あたり

動画配信サービスはただでさえデータ容量が大きいため、高画質ほど容量を使います。

標準画質であれば1番安い2GBプランでも、YouTubeなら約8時間、NETFLIXなら3時間の視聴が可能なため、仕事から帰ってきて家でちょっと観る程度の使用頻度であれば不自由しないと思います。

なお、その日の使ったデータ量は無料レンタルされる機器のディスプレイで確認できます。

ギガの追加が可能

モンスターモバイルはデータ容量が足りなくなったら専用アプリ「ユーロコム」でチャージが可能。引用元 MONSTER MOBILEの公式サイトより

使っている途中でデータ容量が足りなくなった場合には、専用のアプリからチャージができます。

予め、「ユーロコム」というアプリをApp StoreかGoogle Playでダウンロードしておくことで、即時500MB~30GBの容量のチャージが可能になります。

有効期限料金
500MB1日225円
1GB7日330円
3GB30日665円
7GB30日979円
30GB60日3,450円

例えば、5GB/日プランを契約していて容量が足りなくなり7GBをチャージしたとします。その場合、「1日最大12GB」または「6GB×7日間」での利用が可能になるというわけです。

プラン変更も可能

また、『月々使えるデータ容量を上げたい』という時には料金プランの変更が可能です。

使う頻度が増えてその都度チャージするのは面倒くさい・もったいないという場合には、プラン変更することでデータ容量の上限を上げることができます。

ただし、プラン変更には注意点があります。

プラン変更の注意点

  • 「1年契約」⇒「契約期間なし」への変更は不可
  • データ通信量を少なくする変更は不可
  • プラン変更したい月の前月15日まで手続きが必要
  • プラン変更手数料として1,100円かかる

このように、「契約期間なし」から「1年契約」への変更は可能でもその逆は不可だったり、データ容量は増やす変更は可能でも減らす変更は不可になっています。

そのため、最初から大きいデータ容量を契約するよりかは、少ないデータ量で使ってみて毎月必ずチャージするようであれば容量を上げるという使い方がおすすめと言えます。

また、プランを変更したい場合は、変更したい月の前月15日までに手続きを行う必要があり、16日以降に手続きをした場合には適用されるのが翌々月からになってしまう可能性があるため注意しましょう。

縛りなし契約は解約金がかからない

プランマンスリープラン・デイリープラン共通
契約期間1年(自動更新)縛りなし
解約金1~12ヶ月目:10,780円
14ヶ月目~:3,300円
更新月(13ヶ月目):0円
なし

モンスターモバイルは、1年(自動更新)プランか縛りなしプランどちらか選べます

1年契約を結ばない場合は解約金がかかりませんが、1年契約を結んだ場合は利用期間に応じた解約金がかかります。1年契約を結んだ場合は1年ごとの自動更新になり、更新月(13ヶ月目)に解約しないと再び1年契約が始まります。

とは言え、他のポケットWiFiは2年や3年契約が主流で、更新月以外の解約金も5,500~10,450円ほどかかったりするため、それを考えればだいぶ優しい条件と言えますけどね^^

参考までに他社の契約期間や解約金を載せておきます。

契約年数利用月ごとの解約金更新月以外の解約金
GMOとくとくBB WiMAX2+3年~12ヶ月:20,900円
13~24ヶ月:15,400円
10,450円
ギガWi-Fi2年4,950円
どこよりもWiFi2年
※縛りありの場合
10,450円
Ex Wi-Fi CLOUD2年4,950円
縛りなしWiFi1年
※縛りありの場合
5,500円
Broad WiMAX2年~12ヶ月:20,900円
13~24ヶ月:15,400円
10,450円
ギガゴリWiFi2年~12ヶ月:24,200円
13~24ヶ月:17,600円

なお、モンスターモバイルは初月・解約月ともに日割り計算にはならないため、月中に契約する場合は「月初発送」を選ぶのがおすすめです。

機種Macaroon M1・Macaroon M1の特長やスペックを紹介

MONSTER MOBILE(モンスターモバイル) レンタル機器引用元 MONSTER MOBILEの公式サイトより

モンスターモバイルでレンタルされるWi-Fiルーターは「Macaroon SE」・「Macaroon M1」という機種で、レンタル代は無料です。クラウドSIM対応なので自分でSIMカードを用意する必要もありません。

主なスペックは以下の通りです。

Macaroon SEMacaroon M1
通信速度下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
ディスプレイありあり
連続使用可能時間20時間12時間
サイズ(幅×高さ×厚さ)85mm×85mm×23.5mm85mm×85mm×20.6mm
重量125g110g
同時接続台数10台10台

どちらの機器ともにダウンロード速度は最大150Mbpsで、WiMAXより速度は遅いです。とは言っても、他社でよく提供されているU2sやU3も下り150Mbpsのため、特別遅いわけではありません。

Macaroon SEの連続使用可能時間は20時間と長いですし、どちらもUSBケーブルが装着されているため、変換コネクタとかを使えばスマホなどの充電もできるといった特徴があります。

ただ、レンタル品には充電器(ACアダプタ)が付属されていません。よって、Macaroon SEの場合はUSB Type-C、Macaroon M1の場合はTypeAが差し込める充電器を自分で用意する必要があります。

端末レンタル代無料&最短当日発送

レンタルされるMacaroon SE・Macaroon M1は、どちらもレンタル代は無料です。

月々880円などの端末レンタル代がかかる事業者もありますが、モンスターモバイルは端末費用がかかりません。しかも、本来なら分割で払う機器代金が相殺されているわけでもないため、解約時に残債を請求される心配もありません。

端末は即日~3営業日以内(土日祝日除く)に送料無料で発送してもらえるため、すぐに使いたい方には嬉しいポイントですね。

ちなみに解約時に端末の残債を請求される主な事業者は以下の通りです。

契約年数更新月以外の解約金端末の残債請求額
Ex Wi-Fi CLOUD2年4,950円残月(24-利用月数)×1,100円
ギガWi-Fi2年4,950円残月(24-利用月数)×1,210円
それがだいじWi-Fi2年4,950円残月(24-利用月数)×1,100円

端末費用は契約年数を過ぎれば完済する感じになりますが、契約年数未満で解約してしまうと解約金にプラスして端末の残債が請求されてしまいます。

海外約90の国・地域で利用可能

モンスターモバイルは海外約90の国と地域で使える(Macaroon M1のみ可能)ため、出張が多い方や旅行好きな方にも便利です。

ただし、利用するにあたっては渡航先に対応したチャージをする必要があります。主な料金例は以下の通りです。

1GB
※有効期限7日間
3GB
※有効期限30日間
中国・香港(特別回線)800円1,600円
アメリカ920円1,785円
シンガポール460円920円
ドイツ740円1,785円
イギリス740円1,785円
フランス740円1,785円
オーストラリア780円1,785円

容量を超えた場合は通信不可になってしまう点には注意が必要です。

リセット時間は日本時間のAM0時です。渡航先の時間ではありませんのでくれぐれも注意しましょう。その他の国・地域に関しては、モンスターモバイル公式サイトで確認できます。

端末補償オプション(月額385円)

この端末補償オプションでは、月額385円(初月無料)で端末の破損や水没時に最大16,500円の費用が無料になります。

オプション加入時オプション未加入時
端末本体無料16,500円
バッテリー交換無料8,800円
付属ケーブル交換無料1,100円

ホームルーターと違い持ち運びがメインになると思うので、落としてしまったり、雨で濡れてしまったりするケースが考えられます。そのため、個人的には入っておくことをおすすめします。

付け加えると、この端末補償オプションは契約時のみしか加入できず、使用途中での加入はできません。よって、『来週から旅行だから念のために入っておこう』ということはできないので注意しましょう。

また、1度解約してしまうと再加入ができません。

端末補償オプションの主な注意点

  • 契約時のみしか加入できない
  • 1度解約すると再加入ができない
  • 修理・交換は、紛失時を除き機器の返却が確認でき次第の対応
  • 端末保証は1年に1回利用可能で、2回目以降は通常費用が発生

以下の記事では実際にモンスターモバイルを申し込んだレビューを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

モンスターモバイルの料金は他のポケットWiFiより安い?高い?

ポケットWiFiは様々な事業者で展開しています。

  • GMOとくとくBB WiMAX2+
  • MUGEN WiFi
  • ギガWi-Fi
  • どこよりもWiFi
  • クラウドWiFi
  • 縛りなしWiFi
  • THE WiFi
  • FUJI Wifi
    などなど…

他にも色々あり、そんなに多いと『どこが安いの?』『どのポケットWiFiがおすすめなの?』と迷ってしまいますよね?

そんな方のために、僕の方で何社かをピックアップして、モンスターモバイルで提供されているギガ数(プラン)に応じた料金比較をしてみました。新規申し込みを考えている方、ポケットWiFiを乗り換えたいと思っている方は、是非参考にしてください。

2GB/1日・50GB/月プランで比較した場合

モンスターモバイルと同じく、縛りなしWiFiでも2GB/1日プランが提供されています。

また、2GB×30日で60GBになりますがそのプランが提供されている事業者がなく、近い50GB/月プランであれば、縛りなしWiFiやそれがだいじWi-Fiをはじめ様々な事業者で提供されています。

モンスターモバイル縛りなしWiFiそれがだいじWi-Fi
2GB/日の
月額料金
1年契約:2,728円
縛りなし:3,278円
1年契約:3,300円
縛りなし:3,630円
50GB/月の
月額料金
1年契約:2,640円
縛りなし:3,190円
縛りあり:3,278円
縛りなし:3,575円
2年契約:2,948円
最大速度下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
※機種による
下り:150Mbps
上り:50Mbps
事務手数料3,300円3,300円3,300円
契約期間
※年契約時のみ
1年(自動更新)1年(自動更新)2年(自動更新)
解約金
※年契約時のみ
1~12ヶ月目:10,780円
更新月(13ヶ月目):0円
14ヶ月目~:3,300円
5,500円4,950円

縛りなしWiFi、それがだいじWi-Fiと比較するとこのようになります。

縛りなしWiFiでも1年契約をする・しないが選べますが、2GB/日・50GB/月ともにモンスターモバイルの方が500円以上も安いということが分かります。それがだいじWi-Fiよりも300円安いですね。

速度で見ると、縛りなしWiFiは機種が豊富で、中には最大1.2Gbpsと光回線並みのWi-Fiルーターもレンタルされていますが機種は選べません。

また、それがだいじWi-Fiは2年縛りのため、ややリスクが高いといった印象もします。

3GB/1日・100GB/月プランで比較した場合

では次に、3GB/1日プランと100GB/月プランを比較してみます。

ただし、モンスターモバイルと同じ3GB/1日プランを提供している事業者がないため、3GB×30日=90GBに近い100GB/月プランが提供されているMUGEN WiFiとギガWi-Fiとの比較になります。

モンスターモバイルMUGEN WiFiギガWi-Fi
3GB/日の
月額料金
1年契約:3,278円
縛りなし:3,828円
100GB/月の
月額料金
1年契約:3,388円
縛りなし:3,938円
充電機能なし:3,718円
充電機能あり:4,268円
充電機能なし:3,718円
充電機能あり:4,158円
最大速度下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
事務手数料3,300円3,300円3,300円
契約期間
※年契約時のみ
1年(自動更新)2年(自動更新なし)2年(自動更新)
解約金
※年契約時のみ
~12ヶ月目:10,780円
更新月(13ヶ月目):0円
14ヶ月目~:3,300円
~12ヶ月目:9,900円
13~24ヶ月目:5,500円
25ヶ月目以降:0円
更新月以外:4,950円

MUGEN WiFi、ギガWi-Fiと比較した場合はこのようになります。

MUGEN WiFiとギガWi-Fiどちらとも充電機能あり・なしの機種を選べ、充電機能なしの方が安い料金設定になっています。

しかし、モンスターモバイルでレンタルされるWi-Fiルーターは元から充電機能が搭載されていて、他2社の安い充電機能なしプランと比較した場合でもモンスターモバイルの方が料金が安いです。

100GBで比較してみても、MUGEN WiFiやギガWi-Fiよりもモンスターモバイルの方が300円以上安いです。ただ、前述したデータ容量の目安をご覧いただいてお分かりの通り3GB/1日でも十分な容量のため、そこまでのヘビーユーザーでなければ個人的には3GBでも問題なく使えると思います。

MUGEN WiFi・ギガWi-Fiとの比較については以下の記事で詳しく解説しています。

5GB/1日・150GB/月プランまたは無制限プランで比較した場合

では最後に、5GB/1日プランと無制限プランと比較してみましょう。

モンスターモバイル以外に5GB/1日プランを提供しているサービスは少ないため、今回はどこよりもWiFiのプランプレミアムとGMOとくとくBB WiMAX2+の無制限プランで比較します。

以前はほとんどの事業者で無制限・使い放題プランが提供されていましたが、テレワークの普及によってデータ通信量がパンクし『繋がらない…』というクレームが増えたことから、無制限から100GBとかに容量に制限を設ける事業者が多くなってきました。

モンスターモバイルどこよりもWiFiGMOとくとくBB WiMAX2+
5GB/日の
月額料金
1年契約:3,828円
縛りなし:4,378円
150GB・無制限/月の
月額料金
2年契約:3,900円
縛りなし:4,400円
1・2ヶ月目:3,969円
3ヶ月目~:4,688円
最大速度下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
※機種による
事務手数料3,300円3,300円3,300円
契約期間
※年契約時のみ
1年(自動更新)2年(自動更新)3年(自動更新)
解約金
※年契約時のみ
~12ヶ月目:10,780円
更新月(13ヶ月目):0円
14ヶ月目~:3,300円
10,450円~12ヶ月目:20,900円
13~24ヶ月目:15,400円
25ヶ月目~:10,450円
更新月(37ヶ月目):0円

どこよりもWiFiやGMOとくとくBB WiMAX2+と比較するとこのようになります。

どこよりもWiFiは、月内で使ったデータ容量に応じて料金が変動数する従量制のプランになっていて、表内の金額はデータ容量が150GBまでの料金です。どこよりもWiFiも他と比べて安い料金設定になっていますが、モンスターモバイルはそれよりも安い設定になっています。

もう1社のGMOとくとくBB WiMAX2+ですが、WiMAXのウリは月間のデータ使用量が無制限という点です。しかし、公式サイトには以下のように書かれています。

【速度制限がかかるご利用データ量】
  3日間で10GB以上ご利用の場合、速度制限を行います
【制限後の最大通信速度】
 概ね1Mbps(※1)
 ※1 送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります。
【制限時間】
 3日間のデータ通信量が10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯(2017年2月時点:18時頃から翌日2時頃まで(※2))
 ※2  2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで速度制限が継続することがあります。この場合、一旦、セッションを切断して接続しなおすと速度制限が解除されます。

引用元 GMOとくとくBBの公式サイトより

実は、月間のデータ使用量は使い放題と言いながら、3日間で10GB以上利用すると、超えた翌日の18時~翌々日の2時まで1Mbps程度に速度制限されてしまいます

モンスターモバイルのメリット5つ

それでは、サービス内容を一通り見てきたましたが、モンスターモバイルのメリット・デメリットをまとめておきましょう。

まずはメリットから見ていきますが、モンスターモバイルに以下のようなメリットがあります。

モンスターモバイルのメリット5つ

  1. 月額料金が安い
  2. 1年自動更新・縛りなし を選べる
  3. 自分に合ったプランが選べる
  4. データ容量が足りなくなったらチャージできる
  5. 海外でも利用可能(Macaroon M1の場合)

メリット1.月額料金が安い

モンスターモバイルの最大のメリットと言えば、月額料金が安いということです。

データ容量はマンスリー・デイリーの3プラン合計6種類用意されていて、いずれのプランもポケットWiFiとしては格段に安いです。

他社比較をしても、MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)の安さは一目瞭然でしたよね。塵も積もれば山となるといいますし、月々の固定支出は1円でも安くしたいものです。

メリット2.1年契約あり・縛りなしを選べる

2年・3年縛りという事業者が多い中、モンスターモバイルは1年契約あり・縛りなしを選べます

1年契約を結んだ場合、1年以内の解約には10,780円の解約金がかかるというリスクがありますが、1年契約を結ばない時より550円安い料金で使えます。2年目以降の解約金は3,300円のため、『2年は微妙だけど1年は絶対使う』という人であれば1年契約ありでの申し込みをおすすめします。

しかし、1年契約をしない場合の料金でも他のポケットWiFiとそれほど変わらない料金設定のため、『絶対に解約金は嫌だ』という人は1年契約なしでも特に問題ないと思います。

メリット3.自分に合ったプランが選べる

モンスターモバイルでは、【20GB・50GB・100GB/月】【2GB・3GB・5GB/日】の2プラン6種類の中から選ぶことができます。

使っていく中でWi-Fiの利用頻度が増え『使えるデータ容量を増やしたい』と思えば、2GB→3GB・5GB、3GB→5GBと容量を上げるプラン変更も可能です。ただし、逆に3GB→2GB、5GB→2GB・3GBと容量を減らすプラン変更はできないので注意しましょう。

メリット4.データ容量が足りなくなったらチャージできる

『とりあえず一時的に増やしたい』という場合であれば、プラン変更ではなくチャージする方法がおすすめです。

500MBから最大30GBまでチャージが可能で、一時的な容量アップであればこちらの方法が良いかもしれません。ただ、容量によって1日のみ・7日間・30日間・60日間と有効期限に違いがあるため、チャージする際にしっかり確認しておきましょう。

メリット5.海外でも利用可能(Macaroon M1の場合)

Macaroon M1に限った場合ですが、そのまま海外でも使える点もメリットの1つと言えます。

事業者によっては、海外専用の端末やSIMカードのレンタルが必要だったり、空港で手続きが必要だったりします。しかし、モンスターモバイルは渡航先に対応したチャージを行うだけで利用可能です。

チャージはスマホから簡単にできるため、急な海外出張の時とかでも手間がかかりません。

モンスターモバイルのデメリット2つ

では反対に、デメリットについてまとめておきましょう。

モンスターモバイルのデメリット

  1. 下りの回線速度は最大150Mbpsと遅い
  2. 無制限(使い放題)ではない

デメリット1.下りの速度は最大150Mbpsと遅い

GMOとくとくBB WiMAX2+をはじめ最大1.2Gbps通信が可能な機種を選べるプロバイダ事業者もありますが、モンスターモバイルでレンタルされるWi-Fiルーターの通信速度は下り最大150Mbpsと遅いです。

WiMAXはダウンロード・アップロードともに高速で、理論上の最大速度ではモンスターモバイルの8倍にも及びます。

ただ、GMOとくとくBB WiMAX2+やSmafi WiMAXなどのWiMAX系以外で提供されているポケットWiFiはほとんどが下り最大150Mbpsのため、このデメリットはモンスターモバイルに限ったことではありません。

デメリット2.通信料無制限(使い放題)ではない

モンスターモバイルでは5GB/日の容量が多いプランもありますが、通信量無制限(使い放題)ではありません

しかし、5GB/日プランをを月に換算すると150GB使える計算です。ひと月の実際の利用データ量が50GB程度であれば、オーバースペックの無制限プランを選ぶとかえってコストが高くなってしまいます。また、先程もご紹介したように、WiMAX系は無制限とは言うものの3日間で10GB以上利用すると速度制限もされてしまいます。

そのため、動画配信サービスをよく利用するヘビーユーザーでなければ、個人的には無制限にこだわる必要はないと思います。

申し込みはモンスターモバイルの公式サイトから

モンスターモバイル引用元 MONSTER MOBILEの公式サイトより

モンスターモバイルの申し込みは、公式サイトから以下の簡単な手順で行えます。

  1. 公式サイトにアクセスし必要情報(名前・住所など)を入力する
  2. 申し込み内容に不備がなければ最短で即日発送
    ※不備がある場合は連絡が入る
  3. 端末が届いたら簡単な設定を行うだけで利用開始

支払い方法は、個人契約の場合はクレジットカード決済のみとなっていて、VISA、Master、JCB、AmericanExpress、Dinersのカード会社が利用可能です。法人契約の場合はMONSTER MOBILEカスタマーセンターに問い合わせてみてください。

申し込み内容に不備がなければ、最短で即日、遅くても3営業日に発送してもらえますが、土日祝日の発送業務はを行っていないようなので急ぎで使いたい場合は注意が必要です。

また、料金のところでもお伝えしましたが、利用開始月の料金は日割り計算になりません。月初の発送を希望する場合は忘れないようにしましょう。

「初期契約解除制度」(クーリングオフ制度)対象

使ってみて『電波が全然入らない』『速度が遅い…』という場合は、「初期契約解除制度」というクーリングオフ的な制度を適用することで解約金不要で解約することができます。

ただし、利用する上で注意点もきちんと確認しておきましょう。

「初期契約解除制度」の3つの注意点

  • 発送されたレンタル機器+契約書類が届いた日、もしくは配送業者設定の留置期間最終日、どちらか早い方から8日以内に初期契約解除制度を利用する旨を申請する。
    ※届いた日は郵便受けや宅配ボックスに投函された日も含まれます。
  • 契約時の事務手数料3,300円や月額費用は請求される。
  • 初期契約解除制度を利用後、希望日より10日以内にレンタル機器を返却しないと機器損害金として16,500円請求される。

もし初期契約解除制度を利用したい場合は、機器や書類が届いてから8日以内と限られているため、届いたら早めに利用し「電波がちゃんと入るか?」「速度は問題はないか?」などを確認するようにしましょう。

まとめ

今回ご紹介したモンスターモバイルですが、数あるポケットWiFiの中でも安いのが最大の特長です。

運営元の株式会社NEXTでは、光コラボ最安値でシンプルの@スマート光も提供しているので、モンスターモバイルも同様のメリットを受け継いでいる印象です。

ご紹介してきたように、モンスターモバイルには以下の特長があることが分かりました。

  • 他社のポケットWiFiより料金が安い
  • 料金プランが【20GB・50GB・100GB/月】【2GB・3GB・5GB/日】から選べる
  • 【1年契約・縛りなし】から選べる
  • データ容量が上限を超えたらチャージ可能

この記事を参考に、皆さんも外出時に便利なポケットWiFiを使ってみてはいかがですか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*