キャンプ場や別荘でWi-Fiインターネットを使うための3つの方法

キャンプ場でパパと遊ぶ女の子

夏の時期は、キャンプや別荘などレジャーや避暑地に行く機会が増えますよね。そんな時でも、食べ物や景色・楽しんでいる写真をFBやインスタにUPしたい人にはWi-Fi環境はなくてはならない必需品。

特に別荘やコテージで連泊する人には、スマホだけではデータ通信量も心配で不十分ではないでしょうか?

この記事では、キャンプ場や別荘でWi-Fi環境をつくるための方法をお伝えします。

1.おすすめの方法3選

1-1.Wi-Fi完備の場所を探す

そもそも行く先にWi-Fi環境があれば一件落着なわけなので、Wi-Fiの設備があるキャンプ場や貸別荘を選ぶのもひとつの手です。

ただ、Wi-Fiありきでこういったレジャーの場所を選ぶことはほとんどないと思うので(他の要素の方がウェイトが大きいですよね)、選んだ場所に付いてたらラッキーくらいでしょうか^^;

「CAMP HACK」さんに特集記事がありましたのでリンク載せておきます。

スマホユーザーにはありがたい!Wi-Fiがあるキャンプ場特集

貸別荘・コテージの情報サイト「aco」さんの記事。

Wi-Fi接続対応の貸別荘コテージ102選

Wi-Fi設備の需要は大きそうですね。

メリット:
設備としてあるので、そのための手配・料金は必要ない。

デメリット:
場所によっては設備がない。

次からは、キャンプ場や別荘の場所にWi-Fi環境がなくても対応ができる方法です。

 

1-2.モバイルWi-Fiルーターを短期レンタルする

Wi-Fi環境がないキャンプ場・貸別荘や、ネット環境がないけど年に数回しか行かない個人持ちの別荘もこの方法がおすすめです。

「WiFiレンタルどっとこむ」なら、一日レンタル料金が350円~で使えて、端末の受け取り・返却も宅配便なので便利です。

WifiレンタルドットコムのWebサイト画像

通常のモバイルWi-Fiルーターの契約に比べてやや割高にはなってしまいますが、初期費用や契約期間のしばり・解約金もなく、使いたい日数だけレンタルできるので無駄がありません。

端末は空港で受け取り・返却も選べるので国内の旅行にも最適ですね^^

ちなみに、海外用のレンタルWi-Fiルーターで人気の「Global Wifi」を提供している株式会社ビジョンという上場企業のサービスのため空港に専用カウンターがあるんです。

注意点ですが、通信キャリアそれぞれに対応しているWi-Fiルーター(ドコモ・au・Softbank・Y!mobile・WiMAX2+)が選べますが、遊びに行くキャンプ場・別荘がどのキャリアの提供エリアに入っているのかは調べて選ぶ必要があります。

また、レンタルした端末が水没や落下で壊れたり、盗まれてしまうなどの被害にあってしまうと弁償しなければならないので、キャンプ場など「ちょっと危ないかも…」という所へは、オプションで補償サービス(43円/日)を念のため付けておくと万が一の時でも安心ですよ。

◆公式サイト:WiFiレンタル.com

メリット:
・一日単位でレンタルができる。
・端末の受け取り・返却も宅配便で簡単。

デメリット:
・行く場所が提供エリアに入っているか自分で調べる必要がある。

 

1-3.WiMAX2+のLTEオプションを使う

キャンプ場や別荘は、街からは離れている場所がほとんどなので、WiMAX2+の電波は届きにくいケースが多いですが、WiMAX2+には、auのLTE回線(スマホと同じ回線)でも通信ができる「LTEオプション」というものがあります。

WiMAX2+の電波が入らない場所でも、LTE回線でネットが使えるオプションです。

実は、この「LTEオプション」今までは月額1,000円かかっていたオプションなんですが、「LTEオプション無料プラン」という料金プランができたので、契約期間が通常より1年多くなる代わりに、月額料金は変わらずLTEオプションが無料になるのでお得なんです。

普段は固定回線がわりにWiMAX2+を使って、キャンプ場や別荘など郊外に遊びに行ってWiMAX電波が入らなくてもLTEの電波でネットを利用、という使い方ができます。

(※注意:LTEでの通信は、月間7GBを超えると月末までは最大128kbpsになる制限があります。)

ただし上でもお伝えしたように、ここで大事なのは提供エリアですが、auのLTEは全国にあるキャンプ場が提供エリアに入っています。

もちろん、すべてカバーしているわけではないので、あなたが行くキャンプ場が提供エリアかどうかはauのWebサイトで確認ができますよ。

auのLTEが使えるキャンプ場・バーベキュー場

 

WiMAX2+なら「GMOとくとくBB」がお得

「LTEオプション無料プラン」を使うなら、WiMAX2+のプロバイダーの中でも特にキャンペーンに力を入れている「GMOとくとくBB」がなんと言ってもお得です。

GMOとくとくBB WiMAX2+、LTEオプション無料プランの画像

「LTEオプション無料プラン」は対応している端末が2つに限られますが、そのうちひとつは僕も使っている据え置きタイプなので、この記事の内容には合いません^^;

そのため、対応端末は1種類「W04」のみ。特典としては、キャッシュバックが30,000円もらえます。

【月額料金】

 開通月1ヶ月目~2ヶ月目3ヶ月目~24ヶ月目25ヶ月目以降
ギガ放題日割り3,609円4,263円4,263円
通常プラン日割り3,609円3,609円3,609円

ギガ放題プランは月間のデータ使用量による速度制限ナシ、通常プランは月間に7GB使うと速度制限がかかります。基本のプランをどちらにするかは、ネットの使い方によると思いますが、途中でもプランの変更は無料でできますよ。

【初期費用】

  金額
端末代金 0円
配送料 0円
事務手数料 3,000円

【最低利用期間と違約金】

最低利用期間36ヶ月(自動更新)
違約金1~24ヶ月目:24,800円
25~36ヶ月目:9,500円

最低でも2年は使わないと解約金が厳しいです…

◆公式サイト:とくとくBB WiMAX2+

メリット:
・auのLTEが無料で使える。
・メインでWiMAX2+が使える。
・キャッシュバックがもらえる。

デメリット:
・WiMAX2+を家のネット回線にしないと割りが合わない。
・LTEオプションは月間7GBの制限あり。
・契約期間が3年と長い。

 

2.レジャーのお供にあると便利

2-1.大容量モバイルバッテリー

Anker製PowerCore 10000の画像

どこに行っても、今はほとんどの人が持っていくであろうスマホ。特にキャンプ場などの野外はバッテリー残量が気になるし、電源の確保は難しくなりがちです。

そんな時でも、大容量のモバイルバッテリーがあればスマホやタブレット・モバイルWi-Fiルーターも繰り返し充電できるので、「あ~、せっかく撮った写真がUPできない(><)」という事態は避けられますよ。

Amazonでの売り上げランキングが1位のAnker製モバイルバッテリーなら、iPhone 6sに約4回、Galaxy S6に約3回、iPad mini 4になら1回以上充電ができるようです。それでいて、サイズはクレジットカードより小さいコンパクトサイズ。ひとつ持っておくと普段使いにも役立ちますね。

2-2.Bluetooth モバイルスピーカー

Anker製SoundCoreの画像

キャンプや別荘でのゆっくりしたひとときに、BGMを流すのもオシャレです。特に友達同士やカップルの場合は、こういう気が利いたものがひとつあるといいですよね^^

またもやAnker製ですが、コンパクトなデザインにも関わらず、24時間再生が可能なタフネススピーカー。通話もできるらしいですよ。

なんか同じメーカーばかりですが、Ankerのまわし者じゃないですよ^^; 調べたらたまたまAnker製が売れ筋人気の商品でした。

 

まとめ

キャンプ場や別荘でWi-Fi環境をつくるための方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

大切なひとときをSNSで共有したり、まわりのお店・施設の情報を検索できたりと普段と同じようにネットが使えるWi-Fi環境は逆にないと、とんでもなく不便に感じてしまいますよね。

ただ、せっかく非日常の体験ができる場所に来ても、写真撮ってスマホばかりいじるのはもったいないのでほどほどに…

この記事を参考に夏のレジャーを快適に楽しんでください^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

ネット回線えらびでこんな風に困っていませんか?

  •  ・光コラボに興味がある
  •  ・おトクな乗り換え方法が知りたい
  •  ・工事費用ナシで光回線を申し込みたい
  •  ・キャッシュバックがもらえるキャンペーンで申し込みたい
  •  ・月額料金が安いインターネット回線が知りたい
  •  ・ネット回線が多すぎて選べない
  •  ・ネット回線えらびに疲れた
  •  ・そもそもネット回線についてよくわからない
  •  ・自分に合ったネット回線が知りたい
  •  ・自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

 

などなど、些細なことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*
ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。


今すぐ無料相談してみる

facebookでの購読が便利です

SNSでもご購読できます

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメント

    コメントを残す

    *