NURO光のONUを新型に交換して通信速度を上げる手順と3つの注意点

NURO光のCMキャプチャ画像

NURO光のルーター(ONU)には種類がいくつかあり、それによって性能が違ってきます。特に古い機種を使っていた場合は無線LAN(Wi-Fi)の通信速度にかかわってくることなので、最新の機器にしたいところです。

ここでは、NURO光のONUの種類と古いものを使っている人のために、新しい機器への交換方法と注意点をお伝えしていきます。

※アイキャッチ画像出典:【公式】NURO TVCM

1.ONUは全部で5種類

NURO光のONUは、5種類のうちランダムで設置されるようです。ですが、最新の無線LAN規格(11ac)に対応しているONUは最新の「F660A」と「HG8045Q」の2つです。

 NURO光のONU:F660TF660TNURO光のONU:HG8045jHG8045jNURO光のONU:HG8045DHG8045DNURO光のONU:F660AF660ANURO光のONU:HG8045AHG8045Q
有線ポート数3ポート3ポート3ポート3ポート3ポート
無線LAN規格a/b/g/na/b/g/na/b/g/na/b/g/n/aca/b/g/n/ac
下り速度2Gbps2Gbps2Gbps2Gbps2Gbps
上り速度1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps

上の比較表を見るとほとんど性能には差が無いように見えますが、気を付けたいところが「無線LAN規格」の部分です。

左側の3機種は、無線LANの規格が「a/b/g/n」と11nまでなのに対し、右側の2機種は「a/b/g/n/ac」と最新規格の11acまで対応となっています。難しい話は置いておきますが、両者の違いは無線LANを使ったときの最大通信速度にあり、

  • 「a/b/g/n」は最大450Mbps
  • 「a/b/g/n/ac」は最大1,300Mbps

とかなりの差があること。

せっかくNURO光の回線速度が最大2Gbpsなのに、古いタイプのONUでWi-Fi接続をすると、最大450Mbpsしかないためにボトルネックとなってしまって、ネットを使っていても「なんか思ったより快適じゃないなぁ…」という状況になるかもしれません。

それを、11ac対応のONUに変えるだけで、無線LAN(Wi-Fi)の速度が最大1,300Mbps対応になるので、NURO光の強みである通信速度の恩恵を受けることができます。(LANケーブルで有線接続をした方が、もっと安定して速度は出ますが。)

余談ですが、11acなどの無線LAN規格は正式には「802.11ac」という表記になります。詳しく知りたい人は、「素朴な疑問。Wifiの2.4Ghzと5Ghzって何がどう違うの?」で解説しています。

 

それでは、続いてルーター(ONU)の交換方法をお伝えします。

2.新しい機器への交換方法

NURO光のテクニカルサポートに連絡をして、機器の交換を希望すれば対応してもらえます。

念のため、問い合わせる時には手元に「So-net 契約内容のご案内」の中にある「入会証」ページが見えるようにしておきましょう。本人確認で中の情報が必要になる場合があります。

NUROサポートデスク

  • 問い合わせ先:フリーダイヤル 0120-65-3810 (無料)
  • 受付時間:9:00 ~ 18:00(1月1日、2日および指定のメンテナンス日を除く)

 ※自動音声ガイダンスが流れるので、トラブルや技術的な問い合わせは「3」をプッシュすればOKです。

ルーター(ONU)が故障してしまってネットが使えない人はもちろんですが、機器が古くて無線LANが11nまでしか使えない人も、「11acの無線LAN規格で通信をしたいから。」とダメ元で伝えましょう。

実際に機器が故障じゃなくても、機器を交換してもらったという人もいるようです。

11acの規格で無線LAN(Wi-Fi)を使うには、デバイス側(パソコンやスマホ、タブレット)も11acに対応している必要があります。自分が使っているデバイスがacに対応しているのかどうかわからない人は、製品のメーカーページでスペック詳細を見て確認しましょう。

ちなみに交換を依頼してから、3日ほどで新しいONUが届くようですよ。

ONU交換の注意点としては、最初から「F660Aをお願いします。」というような機器の指定はできないようです。

twitterを見ると、古いタイプのONUを設置されることも普通にあるようで、交換はあくまでも開通した後になるとのこと。ちょっと面倒くさいですね^^;

すでにNURO光を解約した人が使っていた古いタイプのONUを使いまわしているとは思いますが、スペックが低い機器をわざわざ持ってこられても嫌だなぁ…

インターネットを使う上で重要な通信速度に関係があるのと、開通後の交換は自分で取り付けたり、元のONUを送り返したりと手間もかかるし。

詳しい条件は下の注意点でお伝えしますが、NURO光ユーザーは加入した時期によってONUの交換に10,800円かかる人もいるみたい。ただ、これから申し込みをする人は無料で交換ができるのでご心配なく。

実際に、11ac対応のONUに交換したユーザーは、通信速度がかなり向上したようですよ^^(そりゃ、そうか)

 

3.ONU交換の注意点

すでに上でお伝えしていますが、ここで改めて注意点をまとめておきます。

交換が有償となる場合もある

NURO光を以前から使っているユーザーは、宅内工事をした時期が2015年8月以前なら交換が有償(税込み10,800円)となるようです。

2015年9月以降に宅内工事をしたユーザーについては無償で交換をしてもらえます。

ちなみに、ONUの配送・返却にかかる送料についてはもちろんNURO光がもってくれます。

初めからONUを指定することはできない

NURO光の開通前に11ac対応のONUを指定することはできないので、屋内の工事が終わって古いタイプのONUが取り付けられてしまった場合は、開通した後にテクニカルサポートに連絡をして交換を頼むようになります。

ここが不便なところ。

機器の交換は自分でやる

機器の交換なので線を挿しかえればいいだけですが、「NURO光でんわ」を使っているユーザーがONU交換をしたら、でんわが使えなくなったという口コミもありました。(NURO光でんわは電話用の機器(TA)をONUと固定電話の間に接続します。)

もし、ONUを交換してから、

  • 通信がうまくできずにONUを再起動しても直らない
  • ONUのアラームランプが赤く点灯している
  • NURO光でんわが使えなくなった

などの症状があれば再度テクニカルサポートに連絡をして対応してもらうのが確実です。

 

まとめ

NURO光のONU交換方法をお伝えしましたがいかがでしたか? もし、あなたがすでにNURO光を使っていて古いタイプのONUを使っている、機器の調子が悪くなったという時は参考にしてください。

また、これからNURO光にしようかという人は古いタイプのONUが設置されたら必ず交換を希望してください。無線LAN(Wi-Fi)を使うなら必須です。

NURO光運営サイドには、せめて新規で申し込むユーザーには11ac対応のONUを回すように改善をして欲しいものです。

 

これで納得!NURO光開通までの工事内容と注意点を詳しく解説

【2017年最新】NURO光の公式キャンペーン4つの価値を徹底比較、一番のおすすめはこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

まずは無料でNURO光の提供エリアをチェック

インターネット回線に、安さだけでなく回線速度も求める人にとっては、「NURO光」がコストパフォーマンスが最も良い光インターネットと言えます。

さらに、今ならキャンペーンとして

 ◆30,000円のキャッシュバック

 ◆40,000円の工事費用が実質無料

 ◆6,500円の訪問設定サポートが1回無料

 ◆初月の月額料金4,743円が日割り

がついてくるので、検討しているならキャンペーンがやっている間に申し込む方がおトクですね^^


提供エリアをチェックする

facebookでの購読が便利です

SNSでもご購読できます

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*