ソフトバンク光からの乗り換え!注意点とおすすめの4回線を紹介

ソフトバンク光からの乗り換え!注意点とおすすめの4回線を紹介

ソフトバンク光からの乗り換えをお考えでしょうか?

ソフトバンク光からどの光回線に乗り換えようか、迷っている人もいると思います。

そこで、この記事では、ソフトバンク光からうまく乗り換えができるインターネット回線をご紹介していきます。

この「うまく」というのが今回のポイントになりますが、具体的には「キャッシュバックの金額がソフトバンク光の解約金より大きい」、他社からの乗り換えで「かかった解約金分をもらえる」といったキャンペーンをやっているサービスと、乗り換え先の工事費用が無料か安いインターネット回線をご紹介していきます。

それでは、見ていきましょう。

※表記している価格は税込みです。

この記事の監修者椎名椎名(しぃ)

元新聞記者。当ブログ「internet-all」を立ち上げてから約8年間、インターネット回線に関する情報発信に携わってきました。ネット回線ナビゲーターとして、インターネット回線の選び方やお困りごとに関する無料相談を200件以上行ってきた実績があります。
@shey_blog

ソフトバンク光から乗り換えるときの注意点

ソフトバンク光から他のインターネット回線に乗り換える場合には解約することになりますが、ソフトバンク光には2年の契約期間があります。

2年ごとに契約更新月(契約満了月から3ヶ月間)がやってきますが、更新月以外の月に解約すると以下の解約金がかかります。

戸建てタイプマンションタイプ
解約金5,720円4,180円

なお、上記の解約金は2022年7月以降に契約した場合で、2022年6月以前の契約の場合は10,450円(5年契約の場合は16,500円)の解約金がかかります。

更新月に解約すれば解約金はかかりませんが、なかなかタイミングを合わせられない人もいると思います。

そこで、ここではなるべく解約金などの負担をトータルでなくせるようなインターネット回線を紹介していきます。

また、ホワイト光電話や、光電話(N)を使っている場合は固定電話の番号がなくなります。

もともとNTTで発行した電話番号であれば、基本的に番号ポータビリティという手続きでそのまま持っていくことができます。(一部、一時的にNTTのアナログ電話に戻して、また乗り換え先のネット回線の電話サービスに番号を移す手続きが必要)

前置きを挟みましたが、これから解約金がゼロにできるインターネット回線を紹介していきます。

ソフトバンク光から乗り換えでおすすめの4回線

月額料金が安くてキャッシュバックもある「GMOとくとくBB光」

GMO光アクセス※引用元 GMOとくとくBB光公式サイトより

ドコモ光のプロバイダとしても人気のGMOとくとくBBが提供している光回線GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)」は、ソフトバンク光と同じ光コラボです。

ソフトバンク光と同じ回線設備を利用しているため、「事業者変更」という手続きで工事なし・工事費なしで簡単に乗り換えが可能です。

GMOとくとくBB光は速度の評判が良く、混雑回避の通信方式「v6プラス」に標準対応しています。v6プラスに対応した無線LANルーターも無料でレンタルできるので、ルーターを自分で用意するのが面倒な人にもおすすめです。

月額料金・費用

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金4,818円3,773円
事務手数料3,300円
工事費2,200~26,400円
→ 実質無料
2,200~25,300円
→ 実質無料
契約期間36ヶ月(自動更新)
解約金なし
提供エリア全国

スマホとのセット割はありませんが、もともとの月額料金が格安です。

契約期間はあるものの解約金がないので実質は縛りがないという点も嬉しいポイントですね。

実施中のキャンペーン

また、当サイト限定のキャンペーンで申し込むことで今なら30,000円のキャッシュバックがもらえます。

さらにソフトバンク光の解約の際に解約金が発生する場合は、最大60,000円まで解約金を負担してくれるのでお得ですよ。

このキャンペーンは2024年3月1日 9:59までの期間限定のため、GMOとくとくBB光を検討している方は早めの申し込みがおすすめです。

関東エリアならコスパNo.1「NURO光」

NURO光引用元 NURO光公式サイトより

「NURO光」はプロバイダSo-netが提供している国内最速のインターネット回線です。

関東エリアにお住まいの方であれば、NURO光がダントツでおすすめです。理由としては、回線速度が2Gbpsで個人ユーザー向けとしては一番快適に使えます。

月額料金・費用

 戸建て・マンション(NURO光2ギガ(3年契約))
回線速度2Gbps
月額料金5,200円
事務手数料3,300円
工事費44,000円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間3年(4年目以降は2年の自動更新)
解約金3,850円
提供エリア北海道・関東・東海・関西・中国・九州(一部地域を除く)

その割に、月額料金が5,500円を切るコストパフォーマンスの良さです。この料金にはプロバイダ料や無線LAN機能、セキュリティ対策ソフトも標準装備として含まれています。初期工事費用は36ヶ月で分割した分を割引してもらえるので、実質無料で開通できます。

これだけでもお得な内容ですが、これプラス、キャッシュバックも45,000円もらえます。月額料金に換算すると、だいたい半年分はタダになりますね^^

また、ソフトバンク光の解約の際に解約金が発生する場合も、最大60,000円まで解約金を負担してくれるので安心です。

ソフトバンクユーザーならおうち割光セットでスマホの料金が毎月550~1,100円割引になります(月額330~550円の光電話の契約が必要)。

こんな良い内容のNURO光ですが、デメリットもあります。第一に提供エリアが一部エリアに限定されてしまいます。そして、契約期間は3年で4年目以降は2年の自動更新型です。また、開通工事がNTTとSo-netの2回あるために立ち合いに時間をとられます。そのため、開通まで1~2ヶ月ほど見ておいた方が無難です。

NURO光の詳細については、こちらの記事をご覧ください。

キャンペーンが豊富な「auひかり」

auひかり引用元 NEXTのキャンペーンサイト特設ページより

KDDI系の光回線「auひかり」

auひかりはソフトバンク光などの光コラボとは違い、独自の回線設備を使っている光回線のため、速度が速いと評判です。

月額料金自体はあまりソフトバンク光と変わりませんが、長期割引があるため、戸建て向けで5,610円から3年目以降は5,390円まで下がります。不要なオプションを色々付けられることもないので、実際の請求額は安いでしょう。

月額料金・費用

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
3,740~5,720円
(設備による)
事務手数料3,300円
工事費41,250円
→ キャンペーンで実質無料
33,000円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間36ヶ月間24ヶ月間
解約金4,730円2,290円
提供エリア東海・長野・関西を除く全国全国

また、提供エリアは全国で使えます。とは言っても、フレッツ光ほど広くはありませんし、中部・東海、さらに長野の戸建てタイプでは提供されていません。

auスマホユーザーはセット割「auスマートバリュー」で、スマホの料金が毎月550~1,100円割引になります(月額550円の光電話の契約が必要)。

初期工事費も毎月分割した分を割引されるため実質無料。また、auひかり代理店のWebサイトから申し込むことで、最大64,000円の超高額キャッシュバックももらえます。通常は11ヶ月後にやっともらえる所がほとんどですが、こちらは最短で1ヶ月後にもらえるのも魅力です。

さらにプラスして、他社からの乗り換え時にかかった解約金も「au」から負担してもらえるんです。お得ですね~^^

デメリットとしては、光コラボなどのNTT回線系に比べてマンション用の設備が入っているマンション・アパートが圧倒的に少ないということです。集合住宅に住んでいる人は、auひかりをマンションタイプで安く使いたくても設備がそもそもない、というパターンが多いです。

契約期間のしばりが36ヶ月(マンションタイプの場合は24ヶ月)とかなり長いので、ここだけがネックかもしれませんね。持家に住んでいる人はあまり問題ないと思います。

auひかりの詳細については、こちらの記事で解説しています。

速度重視の光コラボ「ドコモ光×GMOとくとくBB」

ドコモ光×GMO引用元 GMOとくとくBBのキャンペーンサイトより

ユーザー数700万人を突破した「ドコモ光」

ドコモ光もソフトバンク光と同じ回線設備を使用しているため、「事業者変更」という手続きで工事なし・工事費なしで簡単に乗り換えが可能です。

ドコモ光は20以上のプロバイダから自分でプロバイダを選びますが、中でも大手のGMOが提供している「GMOとくとくBB」というプロバイダが一番おすすめです。

月額料金・費用

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金5,720円~4,400円~
事務手数料3,300円
工事費22,000円
→ キャンペーンで完全無料
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金5,500円4,180円
提供エリア全国

この「GMOとくとくBB」の特長として、IPv6という接続方式でインターネットにつなぐので通信速度が遅いということにはなりづらいんです。ユーザーの平均実測速度が300Mbps超えなのも安心できますね(みんなのネット回線速度より、2023年1月13日時点)。

また万が一、通信速度が100Mbpsを下回ったら100円相当のGMOとくとくポイントがもらえるようです。100円相当は微妙ですが面白いですね。それだけ通信速度にも自信があるということでしょう。

他のメリットとしても以下の点があります。

  • 他社からの乗り換えで違約金が発生する場合は10,000円キャッシュバック
  • dポイントプレゼント
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターが無料レンタル
  • 出張サポートが1回無料
  • セキュリティソフトが12ヶ月無料
  • ドコモスマホ・ケータイとのセット割「ドコモ光セット割」が組める

ソフトバンク光もドコモ光も同じ光コラボなので、乗り換え(事業者変更)する際に工事の必要はありません。無論、工事費もかかりません。

IPv6対応の無線LANルーターもGMOとくとくBBから無料レンタルができ、BUFFALO製・NEC製・ELECOM製など様々なルーターから選ぶことが可能です。大体の参考価格は2万円、実売価格は1万円ほどなので、普通はレンタル料金を330円とか取られてもいいくらいだとは思うのでお得ですね。

GMOとくとくBBは、ドコモ光の中でも回線速度もキャンペーンもおすすめできるプロバイダなので、『光コラボでも回線速度が必要』『ドコモ光が良いんだ』という方は、GMOとくとくBBにしておけば快適にインターネットが使えます。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーンを受けるには、GMOとくとくBBのキャンペーンサイトからの申し込みじゃないと受けられません。ドコモショップに行ってもダメなので気を付けてくださいね^^

ドコモ光の詳細については、こちらの記事をご覧ください。

まとめ

ソフトバンク光がイマイチで乗り換えを考えているなら、

他社からの乗り換え費用還元や、キャッシュバック金額が大きかったりするので、解約金が実質0円になるどころかお得に使うこともできちゃいますね。ソフトバンク光を解約して、他に乗り換えを考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね^^

下の記事では、当サイトの無料相談に寄せられた質問と回答を公開しています。興味がある方は、こちらも参考にしてみてください^^

ソフトバンク光の繋がりが悪いので他の光回線への乗り換えを検討中。

お役に立てたらいいね・シェアをお願いします♪

もし、この記事が少しでもあなたのお役に立てたと感じられたら、下のSNSボタンの中からひとつで良いので、いいねやシェアをして頂けませんか?

これからも価値あるコンテンツを作っていく励みになります^^*

\お役に立てたらシェアをお願いします♪/

コメント

これからインターネット回線を契約する人やすでに契約中の人の参考になるように、 良い点や悪い点を客観的にコメントしてください。
誹謗中傷や暴言、個人を攻撃する発言など、第三者を不快にするコメントは非公開とします。 また、個人情報が含まれたコメントも公開できませんのでご了承ください。
※スパム対策のため、日本語を含まないコメントは無効になっています。

コメントを残す

*

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています