【2022年10月版】WiMAX +5Gのプロバイダ7社を比較!おすすめランキング1位はココ!

【2022年10月版】WiMAX +5Gのプロバイダ7社を比較!おすすめランキング1位はココ!

WiMAX +5Gは複数のプロバイダから提供されているので、どこで申し込もうか迷ってしまいますよね。

プロバイダごとに月額料金や端末代金、キャッシュバックなどが異なるため、全てを比較するのはなかなか大変です。

そこでこの記事では、WiMAX +5Gの人気のプロバイダ7社の料金やキャンペーンを徹底比較し、どこで契約するのがおすすめなのかランキング形式でご紹介しています。

WiMAX +5Gをお得に申し込みたい!と思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※表記している価格は税込みです。

WiMAX +5Gのプロバイダ比較のポイント

WiMAX +5Gはどのプロバイダを選んでも、速度・提供エリア・繋がりやすさに差はありません。どのプロバイダも、WiMAXの提供元であるUQコミュニケーションズの通信設備を使っているからです。

しかし、月額料金、契約事務手数料、端末代、キャッシュバックについては、契約するプロバイダによって異なります。

そのため、WiMAX +5Gを契約する際は、月額料金やキャンペーンでプロバイダを選ぶのが賢い選択となります。

そこで今回は、WiMAX +5Gのプロバイダの中から人気の7社をピックアップし、月額料金やキャンペーンなどを徹底比較しました。

WiMAX +5Gのプロバイダ7社の料金を比較

下の比較表は、WiMAX +5Gを提供している人気のプロバイダ7社の月額料金やキャンペーン、契約期間をまとめたものです。

プロバイダ実質の
月額料金
月額料金端末代キャッシュバック契約期間解約金
GMOとくとくBB3,678円1~2ヶ月目:1,474円
3~35ヶ月目:3,784円
36ヶ月目~:4,444円
21,780円23,000円
(他社の違約金は49,000円まで)
2年
(自動更新なし)
1,100円
カシモ WiMAX4,183円1ヶ月目:1,408円
2ヶ月目~:4,378円
実質無料5,000円なし
(実質3年)
最大
21,780円
BIGLOBE WiMAX4,314円1ヶ月目:1,166円
2~24ヶ月目:3,355円
25ヶ月目~:4,928円
21,912円なしなし
UQ WiMAX4,620円1~24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目~:4,950円
11,088円5,938円なしなし
Vision WiMAX4,802円1~24ヶ月目:4,103円
25ヶ月目~:4,785円
21,780円8,300円なしなし
Broad WiMAX4,824円1ヶ月目:1,397円
2~36ヶ月目:3,883円
21,780円(他社の違約金は19,000円まで)2年3,883円
BIC WiMAX5,313円1~24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目~:4,950円
21,780円なしなし
※利用開始月「日割り」の料金は変動するため計算から外しています。
※上記の他に事務手数料3,300円がかかります。

実質の月額料金は、2年間(ほとんどのプロバイダが2年契約なので)でかかる費用の総額から算出した平均月額料金です。

実質の月額料金の算出方法

(24ヶ月間の月額料金+端末代+事務手数料+キャッシュバック)÷24

上の表から分かるように、GMOとくとくBBが最も実質の月額料金が低く、他社の解約金キャシュバックが高額です。契約期間内に解約した場合の解約金も1,100円と安いので、2年使うか分からない人でも安心です。

したがって、WiMAX+5Gを最もお得に・気軽に契約するなら、GMOとくとくBBがおすすめです。

WiMAX +5Gのおすすめプロバイダランキング!

それでは、WiMAX +5Gのプロバイダの比較表をもとに、ランキング1位からキャンペーン内容などを詳しく見ていきましょう!

ランキング1位:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAX +5G引用元 GMOとくとくBB WiMAX公式サイトより

ドコモ光のプロバイダとしても人気の「GMOとくとくBB」が、WiMAX +5Gのプロバイダランキング1位となりました。

GMOとくとくBBの月額料金の高さとキャッシュバックは共にトップクラスで、WiMAX+5Gを最安で契約できるプロバイダと言えます。

 ギガ放題プラス
月額料金1~2ヶ月目:1,474円
3~35ヶ月目:3,784円
36ヶ月目~:4,444円
事務手数料3,300円
端末代金21,780円
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
解約金1~24ヶ月目:1,100円
25ヶ月目~:0円
キャッシュバック23,000円
プラスエリアモード利用料利用した月のみ1,100円

他社からの乗り換えなら、23,000円のキャッシュバックではなく最大49,000円の違約金キャッシュバックを選ぶこともできます(併用は不可)。解約金だけでなく工事費や端末代の残債も負担してもらえるので、現在利用中のインターネットの契約期間が残っている方も安心して乗り換えられますよ。

2年の契約期間はありますが、解約金が1,100円という安さなので縛りがないも同然です。2年使うか分からないという人にもおすすめです。

また、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」で毎月550~1,100円の割引を受けられますし、UQモバイルならセット割「自宅セット割」で638~858円の割引も受けられます。

注意点としては、キャッシュバックの手続きは端末の発送月を含む11ヶ月目に行います。GMOとくとくBBのメールアドレスにキャッシュバックの案内メールが届きますが、忘れないように注意しましょう。

GMOとくとくBBのおすすめポイント

  • 月額料金が圧倒的に安い
  • 23,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 最大49,000円の違約金キャッシュバックも選べる
  • 契約期間の縛りがほとんどない
  • auとのセット割「auスマートバリュー」、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が使える

GMOとくとくBB WiMAX+5Gはおすすめ?評判やキャンペーン、注意点のまとめ

ランキング2位:カシモ WiMAX

カシモWiMAX引用元 カシモ WiMAX公式サイトより

格安SIM事業も手掛ける株式会社MEモバイルが提供している「カシモ WiMAX」が、WiMAX +5Gのプロバイダランキング第2位となりました。

5Gギガ放題プラン
月額料金1ヶ月目:1,408円
2ヶ月目~:4,378円
事務手数料3,300円
端末代金21,780円→実質無料
契約期間なし(実質3年)
解約金なし
キャッシュバック5,000円
※端末返却時に破損がなかった場合
プラスエリアモード利用料利用した月のみ1,100円

キャッシュバックは申し込み時ではなく、解約時に端末の破損や不具合がなかった場合にAmazonギフト券5,000円分が受け取れます。

端末代は分割払い(605円×36ヶ月)の場合、毎月同額の605円が割り引かれて実質無料になります。ただし、この割引は契約している間だけ適用されるため、36ヶ月以内に解約すると端末代の残債がかかってしまいます。例えば1年使って解約すると、14,520円の残債が発生するため注意が必要です。

カシモWiMAXには契約期間がありませんが、端末代を無料にするために36ヶ月縛られるため、実質は3年契約と思っておいた方がいいでしょう。

カシモWiMAXのおすすめポイント

  • 36ヶ月使えば端末代は完全無料
  • 端末返却時にAmazonギフト券5,000円分がもらえる
  • auとのセット割「auスマートバリュー」、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が使える

ランキング3位:BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX引用元 BIGLOBE WiMAX公式サイトより

大手の老舗プロバイダ「BIGLOBE」が提供している「BIGLOBE WiMAX」が、WiMAX +5Gのプロバイダランキング第3位となりました。

ギガ放題プラス
月額料金
1ヶ月目1,166円
2~24ヶ月目3,355円
25ヶ月目~4,928円
事務手数料3,300円
端末代金21,912円
契約期間なし
解約金なし
プラスエリアモード利用料無料
※auスマホ・UQモバイルとのセット割適用で

BIGLOBE WiMAXの最大の特徴は契約期間・解約金がないこといつ解約しても解約金がかかりません。縛りのないWiMAXでは、BIGLOBE WiMAXが最安となります。

キャッシュバックはありませんが、月額料金割引で毎月の費用を安く抑えることができます。

端末代は21,912円ですが、分割払い(913円×24ヶ月)も可能です。

また、BIGLOBE WiMAXはauスマホとのセット割「auスマートバリュー」またはUQモバイルとのセット割「自宅セット割」を組むとプラスエリアモードが無料になります。プラスエリアモードとは、感度の良いau 4G LTEの回線により広域で接続できるオプションです。

BIGLOBE WiMAXのおすすめポイント

  • 契約期間・解約金がない
  • 月額料金が安い
  • auとのセット割「auスマートバリュー」、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が使える
  • プラスエリアモードが無料(auスマートバリュー、自宅セット割の適用月のみ)

ランキング4位:UQ WiMAX

UQ WiMAX引用元 UQ WiMAX公式サイトより

本家の「UQ WiMAX」が、WiMAX +5Gのプロバイダランキング4位にランクインしました。

ギガ放題プラス
月額料金1~24ヶ月目4,268円
25ヶ月目~4,950円
事務手数料3,300円
端末代金5,940円または11,088円
契約期間なし
解約金なし
キャッシュバック最大5,938円
プラスエリアモード利用料利用した月のみ1,100円
※「ギガ放題プラス」=「ギガ放題プラス ホームルータープラン/モバイルルータープラン」

UQ WiMAXは端末代が安く、機種によっては5,940円で購入することができます。

5,938円のキャッシュバックももらえますが、支払い方法をクレジットカードにすることとauスマートバリューまたは自宅セット割に加入することが条件なので注意が必要です。

また、月額料金が高いので、GMOとくとくBBと比較すると実質の月額料金は1,000円も上がってしまいます。

UQ WiMAXの特徴は全国に専売の店舗があることで、店頭でサポートが受けられるのはWiMAX初心者には安心だと思います。店頭でサポートを受けたいという人以外には、あまりメリットのない申し込み窓口かもしれません。

UQ WiMAXのおすすめポイント

  • 端末代が安い
  • 5,938円のキャッシュバックがもらえる
  • auとのセット割「auスマートバリュー」、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が使える

ランキング5位:Vision WiMAX

Vision WiMAX引用元 Vision WiMAX公式サイトより

WiMAX +5Gプロバイダランキング第5位は、株式会社ビジョンが提供している「Vision WiMAX」です。株式会社ビジョンはWiFiルーターのレンタルサービスでも有名な会社で、日本だけでなく海外でも事業展開しています。

ギガ放題5Gプラン
月額料金1~24ヶ月目4,103円
25ヶ月目~4,785円
事務手数料3,300円
端末代金21,780円
→一括払いで3,300円割引
契約期間なし
解約金なし
キャッシュバック8,300円(10/1~10/30)
プラスエリアモード利用料 無料

Vision WiMAXは、2022年10月1日から2022年10月30日までに申し込めば8,300円のキャッシュバックを受け取ることができます。

契約期間・縛りがないため、いつ解約しても解約金がかからないのも嬉しいポイントです。

プラスリアモードが無料で利用できるため、外出する時などに追加料金を気にせず感度の良い電波を使うことができます。

WiMAXの中では比較的月額料金が安いプロバイダですが、端末代金が有料のため5位という結果になりました。

Vision MAXのおすすめポイント

  • 8,300円のキャッシュバックがもらえる(2022/10/1~2022/10/30)
  • 一括払いで端末代が3,300円割引の18,480円になる
  • プラスエリアモードが無料
  • auとのセット割「auスマートバリュー」、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が使える

ランキング6位:Broad WiMAX

Broad WiMAX引用元 Broad WiMAX公式サイトより

WiMAX +5Gのプロバイダランキング6位は、株式会社Link Lifeが提供している「Broad WiMAX」です。株式会社Link Lifeは光回線や格安スマホなど通信事業を幅広く展開している事業者です。

ギガ放題バリュープラン
月額料金
1ヶ月目1,397円
2~36ヶ月目3,883円
事務手数料3,300円
端末代金21,780円
契約期間24ヶ月
解約金0~24ヶ月目:3,883円
25ヶ月目以降:0円
キャッシュバックなし
※違約金19,000円キャッシュバックはあり
プラスエリアモード利用料利用した月のみ1,100円

Broad WiMAXは、他のプロバイダと比較すると月額料金が安く設定されています。

ただ、端末代金は自己負担であることから6位という結果になりました。

Broad WiMAXで特徴的なのは、他社からの乗り換えで発生した解約金を最大19,000円キャッシュバックするキャンペーンを実施していることです。解約金がネックで乗り換えをためらっている人には嬉しいキャンペーンですね。

ただ、GMOとくとくBBでは解約金を最大49,000円キャッシュバックしていますので、解約金を目当てにプロバイダを選ぶ場合、Broad WiMAXにするメリットはないかもしれません^^;

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • 月額料金が安い
  • 他社の解約金を最大19,000円までキャッシュバック
  • auとのセット割「auスマートバリュー」、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が使える

ランキング7位:BIC WiMAX

BIC WiMAX引用元 BIC WiMAX公式サイトより

BIC WiMAX」はビックカメラの子会社の株式会社ラネットが提供しているWiMAXで、ビックカメラやソフマップ、コジマなどで展開されています。

BICギガ放題プラス
月額料金1~24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目~:4,950円
事務手数料3,300円
端末代金21,780円
契約期間なし
解約金なし
キャッシュバック
プラスエリアモード利用料利用した月のみ1,100円

BIC WiMAXは月額料金の割引がなく、端末代金は自己負担、キャッシュバックもないので金銭的なメリットの薄いプロバイダです。

セット割を実施していることもありますが、家電の購入が必要だったり、店舗によってキャンペーンの実施の有無・キャンペーン内容が異なるため、必ずお得に契約できるプロバイダとは言い難いです。

BIC WiMAXのおすすめポイント

  • 店舗によっては独自のセット割がある
  • auとのセット割「auスマートバリュー」、UQモバイルとのセット割「自宅セット割」が使える
  • プラスエリアモードはauスマートバリューまたはUQモバイル加入で無料

WiMAX+5Gのルーターはどれがおすすめ?機種を比較

WiMAX+5Gの機種は、ホームルーターで2機種、モバイルルーターで2機種の、計4機種あります。

ホームルーターは持ち運びができないので、基本的に家でしか使わない人はホームルーターで良いと思います。

ただ、一人暮らしの方なら、ちょっとした旅行や帰省の際に持ち運べるモバイルルーターの方が便利かもしれませんね。

では、WiMAX+5Gの機種を比較してみましょう。

ホームルーターで比較

Speed Wi-Fi HOME 5G L12Speed Wi-Fi HOME 5G L11
機種Speed Wi-Fi HOME 5G L12ホワイト Speed Wi-Fi HOME 5G L11
最大速度(下り)2.7Gbps
最大速度(上り)183Mbps
平均実測速度(下り)66.26Mbps70.09Mbps
平均実測速度(上り)10.96Mbps10.6Mbps
平均Ping値46.11ms53.34ms
無線の規格IEEE802.11ax(Wi-Fi 6対応)
最大同時接続数40台32台
サイズ約W101×H179×D99mm約W70×H182×D124mm
重さ約446g約599g
※画像は公式サイトより引用
※平均実測速度・Ping値は「みんなのネット回線速度(2022年9月16日時点)」より引用

L12とL11に大きな差はありませんが、細かいところを見ていくとL12の方がやや優秀です。

L12は4ストリーム対応(搭載されているアンテナの本数が多くて速い)だったり、遅延が少ないOFDMAに対応しています。

あとはデザインの好みも考慮すると良いと思います。

モバイルルーターで比較

Galaxy 5G Mobile Wi-FiSpeed Wi-Fi 5G X11
機種Galaxy 5G Mobile Wi-FiSpeed Wi-Fi 5G X11
最大速度(下り)2.2Gbps2.7Gbps
最大速度(上り)183Mbps
平均実測速度(下り)67.65Mbps96.16Mbps
平均実測速度(上り)13.48Mbps20.78Mbps
平均Ping値 49.1ms45.41ms
無線の規格IEEE802.11ax(Wi-Fi 6対応)
連続通信時間約16時間約8時間
最大同時接続数11台17台
サイズ約W147×H76×D10.9mm約W136.0×H68.0×D14.8mm
重さ約203g約174g
※画像は公式サイトより引用
※平均実測速度・Ping値は「みんなのネット回線速度(2022年9月16日時点)」より引用

連続して使用できる時間が長い方がいいならGalaxy 5G Mobile Wi-Fi速度を重視するならSpeed Wi-Fi 5G X11、でしょうか。

Speed Wi-Fi 5G X11はクレードルをつけることができます。クレードルとはルーターを立てて充電できるスタンドのことで、税込3,542円です。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiにクレードルはありませんが、背面に自立スタンドがついているので、クレードルがなくても立てて置くことができます。

どちらも有線接続はできますので、ゲームをプレイする際に有線接続してより安定した通信をするという使い方もできます。

WiMAX+5Gの速度制限はどうなってる?WiMAX2+と比較

現在のWiMAX+5Gと旧プランのWiMAX2+は、速度制限のルールが異なっています。

下の表はそれぞれの速度制限のルールを比較したものです。

WiMAX+5G
(ギガ放題プラス ホームルータープラン/ギガ放題プラス モバイルルータープラン)
WiMAX2+
(ギガ放題プラス)
スタンダードモード制限なし
※2022年2月から
(2022年1月以前は3日で15GB)
3日で10GB

WiMAX2+では直近3日間のデータ通信量の合計が10GBを超えると速度制限がかかっていましたが、WiMAX+5Gにこのような3日制限はありません。基本的にはデータ通信は無制限です。

ただ、WiMAX+5Gでは「一定期間に大量のデータ通信を行った時のみ」制限がかかると公式サイトに記載されています。とはいっても、常識的な使い方をしている限り速度制限はかかりません。

また、速度制限がかかっても最大速度は1Mbpsなので、ネットサーフィンやYoutubeの普通画質の動画視聴くらいならできます。

プラスエリアモードの制限を比較

WiMAX+5GもWiMAX2+も主に使われている電波は「WiMAX2+」ですが、この電波が繋がりにくい時にauの4G LTE回線を利用できるオプションがあります。

WiMAX+5Gでは「プラスエリアモード」、WiMAX2+では「ハイスピードエリアモード」というオプションです。

WiMAX+5G
(ギガ放題プラス ホームルータープラン/ギガ放題プラス モバイルルータープラン)
WiMAX2+
(ギガ放題プラス)
プラスエリアモード プラスエリアモード ハイスピードエリアモード
月間の上限月間15GB月間7GB
スタンダードモードへの影響なし7GB使うとスタンダードモードにも制限がかかる

WiMAX+5Gでは、月間7GBの上限があったのが15GBに緩和されています。

また、WiMAX2+で月間7GB使ってしまうとスタンダードモードに速度制限がかかっていましたが、WiMAX+5Gではプラスエリアモードの上限の15GBを使い切っても、スタンダードモードに速度制限がかかることはありません。

WiMAXはどんどん進化していますね。

WiMAX +5Gを申し込む前の4つの注意点

最後に、WiMAX +5Gを申し込む前に知っておきたい4つの知識をお伝えします。

  1. 4G/5Gの提供エリアか事前に確認しておこう
  2. WiMAXは初期契約解除制度が使える
  3. 契約期間と解約金
  4. キャッシュバックの受け取り方法

1.4G/5Gの提供エリアか事前に確認しておこう

WiMAX +5Gは5Gに対応していますが、主回線として使うのは4G回線(WiMAX2+、au 4G LTE)です。4G回線がエリア外の場合は、インターネットを使うことができません。

また、WiMAX +5Gではauの5G回線にも接続できますが、5Gが使えるエリアは今のところ東京や大阪などの大都市圏の一部です。そのため、5Gを使いたい場所が提供エリア外の可能性もあります。

WiMAX +5Gを申し込む際は、ネットの利用場所が4G・5Gに対応しているか事前にチェックしておきましょう。

下のサービスエリアマップの地図で黄色の部分が4G対応エリアで、ピンク色とオレンジ色の部分が5G対応エリアです。
WiMAX(ルーター)のサービスエリアマップ

なお、KDDIは5G対応エリアを急ピッチで拡大しているところなので、現時点で提供エリア外でも将来的にエリア内になる可能性はあります。

2.WiMAXは初期契約解除制度が使える

WiMAXは契約書を受領してから8日以内なら、初期契約制度によって解約金なしで解約することが可能です。

初期契約解除制度は通信業界のクーリング・オフのような制度ですが、クーリング・オフとは違い契約の「キャンセル」ではなく「解約」という扱いです。そのため、契約を解除できても事務手数料は戻ってきません。

WiMAXの利用開始後、インターネットを使うのが難しいくらい電波状況が悪い、通信速度が遅いという場合には、初期契約解除制度を利用するといいでしょう。

3.契約期間と解約金

以前はWiMAX +5Gのプロバイダでは3年契約(自動更新)が主流でしたが、最近は契約期間なし・あっても2年(自動更新なし)というプロバイダが増えてきました。

契約期間を設けているプロバイダで申し込んだ場合、更新月以外の月に解約すると解約金がかかります。

例えば、プロバイダのGMOとくとくBBで2年以内に解約する場合は、1,100円の解約金がかかります。

利用月数解約金
1~24ヶ月1,100円
25ヶ月目以降0円

契約は自動更新はないため、24ヶ月目以降はいつ解約しても解約金はかかりません。

GMOとくとくBBの場合は解約金が1,100円と安いのでほとんど気にする必要はありませんが、契約期間があるプロバイダを選んだ場合は解約金にも注意しましょう。

4.キャッシュバックの受け取り方法

キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダでWiMAX +5Gを申し込んだ場合、キャッシュバックを受け取るためには自分で受け取り手続きが必要です。

例えば、プロバイダのGMOとくとくBBでWiMAX +5Gを申し込むと、利用開始の翌月から11ヶ月後にキャッシュバック手続きの案内メールが届きます。

キャッシュバックは45日以内に手続きを行わないと無効になってしまいますので、見逃さないように注意する必要があります。

また、BIGLOBE WiMAXのように、マイページで振込口座の登録をするプロバイダもあります。

WiMAX +5Gを申し込む際には、どのようなキャッシュバックの手続きが必要になるのか事前に確認しておきましょう。

WiMAX+5Gを比較する際によくある質問

ここでは、WiMAX+5Gのプロバイダを比較する際によくある質問にお答えしていきます。

最安で契約できるプロバイダ(窓口)はどこ?

2022年10月、WiMAX+5Gを最も安く契約できるのはGMOとくとくBBです。

月額料金や端末代、キャンペーンを考慮した2年間の実質月額料金は3,678円で、最安となっています。

何を比較して選べばいいの?

WiMAX+5Gを契約できるプロバイダ(窓口)はいくつかありますが(GMOとくとくBB、カシモWiMAX、BIGLOBE WiMAXなど)、提供エリアや通信速度はどこで契約しても同じです。

月額料金やキャンペーンなどはプロバイダ(窓口)ごとに異なるため、月額料金やキャンペーンを考慮した実質の月額料金を比較して決めるのが最もお得に契約できる方法です。

詳しくはこちらで解説しています。

速度はどのプロバイダを選んでも同じ?

WiMAX+5Gのプロバイダは代理店のようなものなので、どのプロバイダで申し込んでも速度に大きな違いはありません。

もちろんプロバイダごとの平均実測速度は全く同じではありませんが、誤差の範囲と考えていいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

WiMAX +5Gは、プロバイダによって月額料金や実施しているキャンペーンが異なります。

比較の結果、2022年10月現在、WiMAX+5Gを最もお得に契約できるプロバイダはGMOとくとくBBであることが分かりましたね。

その理由をまとめると次のようになります。

GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • 実質の月額料金が最安
  • 解約金が安いので契約期間の縛りがほぼない(いつ解約しても安心)
  • 他社解約時の違約金を49,000円まで負担(契約期間が残っていても解約金を気にせず乗り換えできる)

この記事がWiMAX +5Gのプロバイダ選びの参考になれば嬉しいです^^

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*