ギガWi-Fiの評判は?他と比較してメリット・デメリットは?

ギガWi-Fiの評判は?他と比較してメリット・デメリットは?

皆さんは「ギガWi-Fi」というポケットWiFiをご存知ですか?

最近は、駅、カフェ、商業施設など、外出先でフリーWiFiが使える場所も多くなってきましたが、全ての場所で使えるというわけではありません。

そんな時に便利なのが、ポケットWiFiです。ポケットWiFiには様々なサービスがありますが、果たして違いはあるのでしょうか?

今回は人気の「ギガWi-Fi」にスポットを当て、クラウドWiFiや2020年10月に登場したモンスターモバイルと比較し、口コミの評判、メリット・デメリットについてもご紹介していきます。

※表記している価格は税込みです。

ギガW-iFiとは?

ギガWi-FiギガWi-Fi「ミニ従量制プラン」
引用元 ギガWi-Fi公式サイトより

ギガWi-Fiは100GBで月額2,695円と、ポケットWiFiとしてはリーズナブルな料金設定です。

また、使った分に応じて料金が変動する従量制プランとして、月内のデータ利用料が5GB未満の場合は550円で使える「ミニ従量プラン」もあります。

ギガWi-Fiは3大キャリアを切り替えて使えるため、ソフトバンク回線の電波が良いならソフトバンク回線など、つながりの良い電波に切り替えながらインターネット接続ができます。

ギガWi-Fiのサービス概要
月額料金【ミニ従量プラン】
~5GB:550円/~10GB:1,045円/~20GB:1,540円
【通常プラン】
100GB:2,695円
【プレミアムプラン】
100GB:4,378円
通信速度下り:150Mbps
上り:50Mbps
事務手数料3,300円
端末代0円
契約期間2年(自動更新)
解約金ミニ従量プラン 更新月以外:4,500円
プレミアムプラン 更新月以外:4,950円
100GBプラン 更新月以外:16,500円
通信制限あり(海外含む)

ギガWi-Fiのサービス概要はこのようになっていて、特徴としては以下のことが挙げられます。

プレミアムプランは、スマホ・ノートパソコン・タブレット・モバイルゲーム機などの補償や、パソコンやデジタル家電の設定サポートが受けられる新プランです。

ギガWi-Fiの特徴

  • ドコモ、au、ソフトバンク回線を使える
  • 最短翌日発送で手軽
  • 海外でも使える
  • 引っ越しをしてもそのまま使える
  • WiFi接続が最大5台まで可能
  • モバイルバッテリーとしても使える(機種による)
  • クラウド型のポケットWiFi

端末はU3・G4Max・MacaroonSEの3種類

レンタルされる端末は3種類ありますが、プランによって異なります。

U3G4MaxMacaroonSE
プランプレミアムプランプレミアムプランミニ従量プラン/通常プラン
ディスプレイなしありあり
連続使用時間12時間12時間20時間

U3は他社でもレンタルしていることが多くスペックに違いはありません。特徴としては世界134カ国で使えるという点です。

G4Maxは、ディスプレイでタッチ操作ができ、翻訳機能・tripadvisor・Google MAPといった機能がついていたり、モバイルバッテリーとしても使えるといった特徴があります。

MacaroonSEは連続使用時間が長く、USB Type-Cに対応しているため、対応の充電器を自分で用意すればモバイルバッテリーとしても利用可能です。

ギガWi-Fiは、プランに応じてこの3種類からレンタルされます。

ギガWi-Fiのメリット4つ

ギガWi-Fiにはこのようなメリットがあります。

  1. au・ドコモ・ソフトバンクの3キャリア対応
  2. 月間で最大100GBの大容量通信が可能
  3. 海外134カ国でも利用可能
  4. 8日以内であれば初期契約解除制度が適用

メリット1.au・ドコモ・ソフトバンクの3大キャリア対応

ギガWi-Fi トリプルキャリア引用元 ギガWi-Fi公式サイトより

ギガWi-Fiはドコモ・au・ソフトバンク回線を切り替えて使うことができます

普段はソフトバンク回線で、ソフトバンク回線が混雑してつながりにくいと、ドコモやauの回線に自動切り替えをしてくれます。

スマホの場合は一つの回線のみ、WiMAXはau(KDDI)のみですが、ギガWi-Fiは3キャリアの電波を使うことで屋内・屋外での電波環境を良くしてくれています。

メリット2.月間で最大100GBの大容量通信が可能

ギガWi-Fiは月間通信量が最大100GBと大容量のため、ネット検索だけでなく動画サービスも存分に楽しめます。

ただ、海外通信は1日500MBタイプ、1日1GBタイプのプランがつき、月額のデータ量が超えると通信速度は384kbpsに制限されてしまいます。

メリット3.海外134カ国でも利用可能

ギガWi-Fi 世界134ヶ国で利用可能引用元 ギガWi-Fi公式サイトより

ギガWi-Fiは、実に世界134カ国で使えます。

主な利用可能国
中国香港イギリスアメリカ
台湾ドイツイタリアフランス

他にも様々な国・地域で利用が可能で、対応エリアは拡大中です。

ヨーロッパ、北米・南米、アジアのほとんどの地域で対応しています。もちろん、一部のエリアでは電波がつながりにくいということもあるので注意が必要です。

また、海外で使うには月間のデータ量に注意しましょう。海外で使うときは、プラン変更やデータ量を減らさないと気づかずに費用が増えてしまうので、その点にも併せて注意が必要です。

メリット4.8日以内であれば初期契約解除制度が適用

ギガWi-Fiでは契約後に8日間まではキャンセルが可能です。

クーリングオフ制度と同じで、商品到着後に使ってみて『電波が入らない』などの場合には、手続きをすれば良いのです。違約金もかかりませんが、初期費用の事務手数料3,300円だけは発生してしまいます。

また、初期契約解除制度の条件は商品や説明書一式をそろえることが条件で、欠品があると「未返却代金19,800円+付属品の再調達価格」がかかってしまいますので覚えておいてください。

ギガWi-Fiのデメリット3つ

ギガWi-Fiは大容量で使いやすいポケットWiFiですが、デメリットもあります。

  1. 通信速度が遅い
  2. 解約金が高い
  3. 解約時に端末残債が請求される可能性がある

デメリット1.通信速度が遅い

ギガWi-Fiの通信速度(ダウンロード)は最大でも150Mbpsです。もちろん、有線LAN接続はできません。

写真や動画をアップロードするなら、上りの通信速度も大事なポイントです。光回線ではアップロードの通信速度も速いですが、ギガWi-Fiはやや遅いことがあります。

しかし、アップロード速度ではギガWi-FiもWiMAX同じ速度です。WiMAXとは違い、ギガWi-Fiは月間制限がないため大容量の通信を行うには向いています。

メリット2.解約金が高い

ギガWi-Fiは解約するタイミングによって解約金が発生します。

解約金
更新月以外ミニ従量プラン:4,500円
プレミアムプラン:4,950円
100GBプラン:16,500円

以前は更新月以外の解約金は4,950円と安かったですが、2022年2月の新プラン登場によって100GBプランの解約金が16,500円に爆上がりしました…。

ギガWi-Fiの契約期間は2年で、更新月となる25ヶ月目であれば無料解約ができますが、更新月に何もしないと自動更新され、更新月以外の解約では100GBプランの場合は16,500円の解約金がかかります。

デメリット3.解約時に端末残債が請求される可能性がある

解約時に注意すべきなのは、2年以内に解約をしてしまうと端末の残債費用が請求されてしまうということです(100GBプランの場合は不要)。

U3とMacaroonSEの端末代は26,400円で「1,100円×24ヶ月」、G4Maxの端末代は29,040円で「1,210円×24ヶ月」と、それぞれ端末代や支払い回数が設定されていて割引によって相殺されています。

しかし、端末の支払い期間内である2年以内に解約してしまうと、「1,100円または1,210円×残月数(24回-利用月)」が、解約金4,950円とは別に請求されてしまうので注意が必要です。端末の支払い期間が過ぎていればもちろんかかりません。

光回線の工事費実質無料キャンペーンで残債請求が発生するのと似たような感じですかね。

ギガWi-Fiは他のポケットWiFiより料金が安い?

冒頭でもご紹介したようにポケットWiFiには様々な種類があるため、実際に申し込もうと思っても『他と何が違うの?』と疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、ギガWi-Fiが「モンスターモバイル」や「クラウドWiFi」といった他のポケットWiFiと何が違い、どの点が優れているのか?を見ていきます。

ギガWi-Fiモンスターモバイル
クラウドWiFi
月額料金
20GB1,540円2,090円2,580円
50GB2,640円2,980円
100GB2,695円~3,388円3,718円
最大速度
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
事務手数料
3,300円3,300円3,300円
端末代
0円0円0円
契約期間
2年1年または縛りなしなし
解約金
4,500円~16,500円【1年契約の場合】
~12ヶ月:10,780円

13ヶ月~:3,300円
更新月:0円
なし
通信制限
ありありなし

3社を比較するとこのようになります。

ギガWi-Fiの特徴は先ほどご紹介したので、ここではモンスターモバイルとクラウドWiFiの特徴について簡単にご紹介します。

モンスターモバイルの特徴

モンスターモバイルには以下のような特徴があります。

  • 月額2,090円~と安い
  • 料金プランは2プラン・6種類から選べる
  • 1年契約・縛りなしが選べる
  • データ容量のチャージが可能
  • 機種は選べない
  • 2021年12月23日から「14日お試しキャンペーン」を実施中

モンスターモバイル(MONSTER MOBILE)はギガWi-Fiと速度こそ同じですが、料金が安いのが最大の特徴です。

プランは【2GB・3GB・5GB/日】のデイリープラン、【20GB・50GB・100GB/月】のマンスリープランが選べます。契約方法に関しては、【1年契約・縛りなし】選ぶことができます。よって、1番安い20GB/月プランで1年契約をした場合には2,090円という安さで利用できます。

現在は、1年契約で申し込むことで6ヶ月間の月額料金が500円割引になる「新生活スタート割引キャンペーン」を実施しているため、月額1,590円~とさらに安く使えます(2022年6月30日19時まで)。

また、万が一、データ容量の上限を超えてしまっても500MBから最大30GBまでチャージが可能ですし、プランの変更もできます(容量を上げるのみ)。

利用できる端末の速度はギガWi-Fiと同じなので差はないので、『少しでも安いポケットWiFiが良い!』という方向けのサービスと言えます。

なお、「14日お試しキャンペーン」も実施されているため、使ってみて『速度が遅いな…』などの不満があれば、利用データ容量が2GB以内の場合は14日間以内に解約することで、月額料金、事務手数料、解約金が無料になります(1年契約ありプラン限定)。

モンスターモバイルについては以下の記事をご覧ください。

クラウドWiFiの特徴

クラウドWiFiには以下のような特徴があります。

  • 契約期間や解約金がない
  • 料金プランが3種類から選べる
  • 月額料金が比較的安い

ギガWi-FiとクラウドWiFiの料金を比較した場合、20GBはギガWi-Fiの方が600円以上も安いですが、クラウドWiFiには契約期間や解約金がありません

ギガWi-Fiには2年の契約期間があり、更新月以外に解約をしてしまうと4,950円の解約金がかかってしまいますが、クラウドWiFiはいつ解約しても解約金がかからないのです。

通信速度もギガWi-Fiと同じ最大150Mbpsのため、『ポケットWiFiを試しで使ってみたい』という人にはおすすすめのサービスと言えます。

クラウドWiFiについては以下の記事をご覧ください。

ギガWi-Fiの口コミ・評判

良い評判

ギガWi-Fiの口コミ自体がそこまで多くないですが、『速度は安定している』『快適』などの口コミがありました。

悪い評判

一方で、『遅い』と嘆いているユーザーの口コミも目にしました。


モバイルルーターはあくまでも電波を用いた通信のため、利用するエリアや時間帯によっては差が出てしまうのが正直なところです。

普通にネット検索するぐらいでしたら不自由しないと思いますが、動画配信やオンラインゲームを楽しみたいという方は光回線の方が適していると言えます。

ギガWi-Fiはこんな人におすすめ

ギガWi-Fiはこんな人におすすめ

  • 大容量で使いたい
  • 安く手軽に使いたい
  • とにかく月額料金を安くしたい
  • スマホの通信プランに不満
  • 家でも外でもネットしたい
  • 海外出張や旅行が多い

ギガWi-Fiは大容量なのに安いのが最大のメリットです。

スマホの無制限プランでは、月額5,500円以上と高くなります。フリーWiFiスポットではセキュリティに不安ですし、安全な自分専用のWi-Fi通信が欲しい人におすすめです。

オンラインゲームや動画サイトをストレスなく楽しみたいという人にも、ギガWi-Fiがおすすめです。休日に一気に好きな動画やゲームをしたいなら、ギガWi-Fiの大容量プランがピッタリでしょう。

ギガWi-Fiがおすすめできない人

ギガWi-Fiがおすすめできない人

  • 固定回線の有線LAN接続が良い
  • 高速データ通信がしたい
  • Ping値や応答速度を速くしたい
  • 提供会社の信頼性を求めたい

ギガWi-Fiはメリットがたくさんありますが、向かない人もいます。

例えばゲームで遅延やラグがないようにしたい人です。ギガWi-Fiはゲームではスペックがやや不足気味でしたので、そういう人は安定した光回線がおすすめです。

他には無線Wi-Fi接続しかできないことがあります。無線電波は途切れることもあるので、有線LAN接続をしたい人にはおすすめできません。

ギガWi-Fiの申し込みは公式サイトがおすすめ

最後に申し込みについてですが、ギガWi-Fiの申し込みは公式サイトがおすすめです。

ギガWi-Fi引用元 ギガWi-Fi公式サイトより

ギガWi-Fiは、株式会社メディアサービスの公式サイトから申し込みができます。

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 名前や生年月日などの個人情報を入力
  3. 利用端末(料金プラン)やオプションを選択
  4. 申し込み完了
  5. 後日電話確認
  6. 商品発送・受け取り
  7. 利用開始

このように、申し込みは簡単に終わり早ければ即日発送してくれるため、早ければ申し込みをした翌日から利用することも可能です。

Wi-Fiルーターが到着後、SIMカードを差し込んだりIDやパスワード入力がありますが、この簡単な作業が終わったら利用開始です。

まとめ

いかがでしたか?

ギガWi-FiのスペックはポケットWiFiの中では平均的ですが、3大キャリアの電波を使い分けられることや海外でも使えるという点がポイントです。

月額料金もWiMAXなどより安いため料金面でもメリットがあります。

光回線と比較すると上り・下りの通信速度では勝てませんが、ポケットWiFiは配線不要で持ち歩きができるという便利さがありますので、手軽に使いたいという方にはおすすめです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*