IIJmioひかりのサービス内容、メリット・デメリット、評判・口コミまとめ

IIJmioひかりのサービス内容、メリット・デメリット、評判・口コミまとめ

プロバイダの「IIJ」は、光コラボサービス「IIJmioひかり」を展開しています。

IIJは日本ではじめての国産プロバイダで、国内最大級のインターネットバックボーンを持っているため中小規模のプロバイダにインターネット接続環境を提供していたりします。

今回は、そんなIIJが提供している光コラボ「IIJmioひかり」を取り上げて、メリットやデメリット、料金・サービス内容をまとめてお伝えしていきますね。

最後に、IIJmioひかりがどんな人向けなのかもまとめていますので、IIJmioひかりが気になる人はぜひ最後までご覧ください。

※表記している価格は税込みです。

IIJmioひかりとは?

IIJmioひかり引用元 IIJmio公式サイトより

「IIJmioひかりは」、プロバイダのIIJがプロバイダと光回線をまとめて提供する光インターネットサービスのことです。

回線はNTT東日本・西日本の光回線を使いますが、光コラボレーションモデル(NTT光回線の卸し)のため、IIJ自身のサービスとして一括提供ができるわけです。IIJmioひかりの公式サイト のカラーリングは個人的には好きですね。

光コラボレーションモデルを詳しく知りたい方はこちら

IIJmioひかりのメリット・デメリット

まず、IIJmioひかりのメリット・デメリットをわかりやすくまとめてみます。

メリット

  • フレッツ光と同品質の1Gbps
  • フレッツ光と同じ提供エリア
  • フレッツ光からは工事なしの「転用乗り換え」ができる
  • 光コラボからは工事なしの「事業者変更乗り換え」ができる
  • フレッツ光より月額費用が安い
  • IIJ格安SIMとのセット割がある
  • 支払い・対応窓口がIIJひとつにまとまる。
  • IPoEオプション(後述)を使えば、快適な速度でインターネットができる

デメリット

  • 新規申し込みは工事費がかかる
  • 契約が2年間(自動更新なし)
  • 特にキャンペーンがない

IIJmioひかりの料金やサービス内容は?

それでは具体的にIIJmioひかりの月額料金や初期費用、解約金を見ていきましょう。

IIJmioひかりの月額料金、初期費用や解約金について

IIJmioひかりの月額料金や初期費用は以下のようになっています。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金5,456円4,356円
事務手数料新規:880円/転用:1,980円/事業者変更:3,300円
工事費19,800円16,500円
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
解約金5,000円
提供エリア全国

月額料金は他の光コラボ事業者と比べると少し高めな印象です。フレッツ光マンションタイプでプラン2を使っている人なら、そのままのほうが安いかもしれません。

転用や事業者変更の場合は工事費用などは基本かかりませんが、新規申し込みの場合は工事費用がガッツリかかってくるので厳しいですね。

IIJmioひかりのキャンペーン・割引

現在IIJmioひかりでは、「6ヵ月間月額料金割引キャンペーン」を実施中で、戸建てタイプは2,090円、マンションタイプは990円でIIJmioひかりの利用を始められます。安すぎます^^

このキャンペーンは「IIJmioひかりスタートキャンペーン」と「mio割」の2つが合わさったキャンペーンになっていて、例えば、マンションタイプの場合、月額4,356円が「IIJmioひかりスタートキャンペーン」で2,706円割引、「mio割」で660円割引となり、990円という破格の料金になります。

「IIJmioひかりスタートキャンペーン」はIIJmioひかりの月額料金を割引するキャンペーンで、「mio割」はIIJの格安SIMとのセット割です。

この「mio割」が良い感じなんです^^

IIJmioひかり mio割引用元 IIJmio公式サイトより

格安SIMは元々の料金が安いこともあり、セット割があっても割引額が安かったりしますが、「mio割」は660円割引と、他のSIMセット割をしている光コラボ事業者の中では1番の割引率です。

IIJmioひかり mio割の料金イメージ

この「mio割」は、1契約でも毎月660円割引されるので、1年で考えても7,920円はお得ですね。

IIJmioひかりのオプションサービスは電話サポートサービス、セキュリティサービス、会員様向け優待サービスなどありますが、オプション料金数百円が初めの3ヶ月くらい無料なので必要なオプションがあれば試しで使うこともできそうです。

IIJmioひかりのオプション

オプションで特筆するべきは、IPoEオプションです。

これはどういうものかと言うと、一般的なプロバイダの接続の方法(IPv4のPPPoE)の他にIPv6で接続をするIPoEというやり方があります。この方法だと、混雑を回避して快適にインターネットを使うことができるんです。しかも、月額料金も無料です。

ただし、IPoE対応のルーターは自分で用意する必要があります。自分で購入するか、オプションサービスとして330円でレンタルするかです。

それを考えると、これならIPoEの料金と対応の無線LANルーターが込みの 「ドコモ光×GMOとくとくBB」 の方が全然良いように思えます。新規工事費も今なら0円ですからね。

IIJmioひかりの評判・口コミは?

IIJの光コラボなので回線速度には定評があるのかと思いきや、回線速度が遅いという意見がけっこう目立ってます^^;

良い評判・口コミ

前述したIPoEオプションを使っている方は無線(WiFi)で400Mbps越えと、物凄い回線速度が出ていますね^^

よろしくない評判・口コミ

IPoEでは高速で使えるようですが、通常の接続(IPv4のPPPoE)では回線速度が遅い!という評判・口コミがありました。

光インターネットは使う地域などの影響も受けるため、普通にIIJmioひかりでインターネットが使えているユーザーもいると思いますが、有料のIPoEを付けないと数メガとかじゃ光の意味がないし、これじゃWiMAXと変わらないですね…。

まとめ

今回、IIJmioひかりのサービス内容をまとめてみた結果、

  • 良くも悪くも標準的なサービス内容
  • 格安SIMとのセット割は魅力的
  • 新規申し込みの人は工事費用がかかってしまう
  • 契約が自動更新ではなく、解約金も低いため将来的に乗り換えはカンタン
  • IPoE(月額無料)を使えば、快適インターネット

という事がわかりました。

他の光コラボと同じように、基本的にはフレッツ光からの「転用」乗り換えの人に向いています。特にフレッツ光の戸建てタイプや、マンションタイプ光配線方式プラン1やミニからの転用はお得です。

スマホの通信量も抑えたい方は、SIMフリースマホ(docomoスマホでもOK)で「mio割」を組むとより節約に効果的です。

また、評判・口コミからは回線速度に難ありの意見が多数見られます。IIJmioひかりを検討中であれば、参考にしてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございます

記事を読んでのご感想や質問があれば気軽にコメントください。
最後にソーシャルメディアのどれかでシェアして頂けると喜びます^^

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*