ここが一番おトクに使える!光コラボ料金比較ランキングTOP8

おトクに使える光コラボTOP5をご紹介します!

今まで主流だったフレッツ光よりも光コラボの方が月額料金が安くなることは、知っている人が増えてきたと思います。ただ、いざ選ぼうとするとサービスが多すぎて、どこがいいのか迷いますよね?

焦って選ぶ必要はないですが、ただずっと迷っていても何も変わりません。インターネット回線の料金は通信費として毎月かかる固定費なので、こういう部分の出費を抑えると、あとは何もしなくても自動的に節約ができます。

そこで今回は、光コラボ単体での月額料金ランキングをお伝えしていきます。

これを読めば、あなたも「なるほど、この光コラボが安く使えるのか」と分かると思います。ぜひ光コラボ選びの参考にしてくださいね。

比較の条件

今回のランキングは次の条件で比較していきます。

  • 単純に月額料金のみでの比較。
  • 携帯やSIMなどのセット割は考慮せず、単体での料金割引は適用。
  • 最初の1年目だけ安い場合は、24ヶ月平均にして計算。
  • 月額料金が同じ場合は、初期費用・最低利用期間・解約金も考慮。

また、マンションタイプとファミリータイプの双方の料金でランキング順位が同じだったため、特にマンションタイプ、ファミリータイプで分けてはいません。

それでは早速、見ていきましょう!

光コラボ料金比較ランキング|TOP8

1位: スマート光コラボレーション

スマート光コラボレーション

『スマート光コラボレーション』は、2016年2月からサービススタートした新規の光コラボです。もともと通信サービスの代理店をやっていたヒカリアルという会社が事業者として提供しています。

特筆すべきはなんと言っても、その圧倒的に安い料金設定でコストパフォーマンスに優れています。今までの最安値であろうエキサイト光を追い抜いての1位です。凄いですね^^

以前にも記事にしましたが、アンケートに答えた人から抽選で1名に、スマート光のネット料金を一生無料にするプレゼントキャンペーンをやっていました。当たった人が羨ましい… 年間で数万円単位の節約ですもんね。

 

メリットは光コラボ単体であれば、業界最安値の月額料金。最低利用期間が2年間で解約金は高めの設定ですが、自動更新型ではないので2年間使えばいつ乗り換えても解約金はかからないのもユーザーには優しいですよね。(僕は自動更新型の契約は嫌いなので)

コストを抑えるためか、サービス内容やオプションは最小限ですが(プロバイダのメールアドレスすらありません)、高速の光インターネットをできるだけ安く使いたい人はここ一択で間違いありません。

加えて、現在は新規申し込みの工事費用が無料になるスタートキャンペーンをやっています。

 マンションファミリー
月額料金3,300円 4,300円
新規の事務手数料3000円
工事費用0円0円
転用の手数料3,000円
最低利用期間2年間(自動更新なし)
解約金20,000円
割引き・キャンペーン新規申し込みの工事費用無料

※2016/11/2/追記:11月からキャンペーン内容が変わっていて、新規・転用の事務手数料が3,000円かかってしまいます。新規の工事費はまだ無料のようなので、検討中の方はキャンペーンがあるうちに申し込むとお得ですね。

※2017/03/23追記:読者の方からの情報で、スマート光はマンションタイプの設備がない集合住宅にはサービスの提供をしていない(ファミリータイプでひかない)という事がわかりました(><)

興味がある人はスマート光の他の記事、公式サイトも見てみてください。

伏兵あらわる!! 圧倒的、最安値を更新したスマート光コラボレーション参上!

スマート光コラボレーションをレビュー!実際に申し込んだリアルな口コミ

◆公式サイト:スマート 光コラボレーション

 

2位: エキサイト光

エキサイト光

もともとプロバイダーとしても安く使えるBB.exciteの光コラボ『エキサイト光』が2位となりました。販売については特に代理店展開もしていないためコストをぎりぎりまで抑えて月額料金などを低く設定、ユーザーに還元しています。

基本的に新規の申し込みには、標準の開通工事費がかかるので新規ユーザーにはおすすめできません。

公式のウェブサイトの、アフロで髭のおっさんとカエルのキャラクター、ゆるいイラストがユニークなので個人的には好きなブランドです♪

 マンションファミリー
月額料金3,360円 4,360円
新規の事務手数料1,000円
工事費用15,000円18,000円
転用の事務手数料2,000円
最低利用期間ナシ
解約金ナシ
割引き・キャンペーン

基本的には、フレッツ光からの転用での申し込みを受け付けているようです。特典も特にはありませんが、解約手数料や最低利用期間もないのが圧倒的に他とは違いユーザー目線でサービスを作っているように思います。

ただし電話窓口がナビダイヤルだったりと、コストを下げるためのしわ寄せがサポート体制にきている感もあります。

安かろう悪かろう!?格安「エキサイト光」の口コミ・評判をまとめました

◆公式サイト:エキサイト光

 

3位: @nifty光

@nifth光のメイン画像

プロバイダーとしては老舗の@niftyの光コラボ『@nifty光』です。キャンペーンは月額料金の割引だけと少ないですが、適用した後の料金が安く健闘して4位に。

事務手数料や、工事費用、最低利用期間と解約金などは標準的と言った印象。

注意したいところは、月額料金の割引きが24ヶ月間だけなので、25ヶ月目以降はけっこう高くなってしまいます。特に、ファミリータイプは要注意。

@nifty光を使っていくなら、2年後には他への乗り換えを考えていくのがおトクで賢いやり方です。

 マンションファミリー
月額料金開通月:0円
24ヵ月間:3,400円
25ヵ月目~:3,980円
開通月:0円
24ヵ月間:4,500円
25ヵ月目~:5,200円
新規の事務手数料2,000円
工事費用15,000円18,000円
転用の事務手数料0円
最低利用期間2年間(自動更新型)
解約金9,500円
割引き・キャンペーン・開始月の月額料金が0円
・月額料金の割引き(24ヵ月間)
・auセット割
・東京ガストリプル割
・@niftyでんきセット割 

この光コラボ単体のランキングでは考慮してませんが、@nifty光はauセット割が使えるため、auユーザーだけはDTI光の料金から毎月500円もしくは、1,200円(auの契約プランによる)の割引きを受ける事ができます。

また、東京ガスのトリプル割や、@niftyでんきとのセット割も使えます。でんきのセット割りについてはこちらを参考にしてください。

まとめておトク!インターネットと電気のセット割りおすすめ5選

ちなみに、セット割りはどれかひとつしか使えません。

@nifty光のサービス内容、メリット・デメリット、評判・口コミをまとめてみた

◆公式サイト:@nifty光

 

4位: OCN光

OCN光

プロバイダー最大手OCNの光コラボ『OCN光』です。割引きやキャンペーンを適用すると月額の利用料もけっこうおトクに使えます。ただし割引きが初めの12ヶ月間だけなのが残念なところです。

2年間利用のしばりや、契約の自動更新、解約手数料など大手携帯キャリアのような制約がつきますが、品質やサポ―ト面も安心ではないでしょうか。

 マンションファミリー
月額料金12ヵ月間:3,200円
13ヵ月目~:3,600円

2年平均:3,400円

12ヵ月間:4,400円
13ヵ月目~:5,100円

2年平均:4,750円

新規の事務手数料3,000円
工事費用15,000円18,000円
転用の事務手数料3,000円
最低利用期間2年間(自動更新型)
解約金11,000円
割引き・キャンペーン12ヵ月間は月額料金の割引きOCN 

※2016-03-15追記:2016年6月からの通信速度制限の発表もありました。

ただし、OCN光の評判・口コミを調査したところけっこう厳しい意見が多数ありましたので、OCN光を申し込む際はこちらの記事も読んで、このような可能性もあることを理解しておくことが大事です。

びっくり仰天!OCN光がおススメできない評判・口コミの総まとめ

◆公式サイト:OCN光

 

5位: So-net光コラボレーション

So-net光コラボレーション公式キャンペーン画像

プロバイダーSo-netの光コラボ『So-net光コラボレーション』。回線速度の低下を回避できる IPv6(IPoE)の提供を始めたので、データ量が多くなる夜の時間帯なども快適な通信速度でインターネットが使えます。

月額料金の割引きが31ヶ月目から少なくなるので月額料金が高くなります。契約更新月には乗り換えを検討した方がいいかもしれません^^;

 マンションファミリー
月額料金開通月:0円
1~30カ月:3,500円
31ヶ月~:4,100円
開通月:0円
1~30カ月:4,800円
31ヶ月目~:5,200円
新規の事務手数料800円
工事費用24,000円
(800円x30カ月)
転用の事務手数料1,800円
最低利用期間30ヶ月(自動更新型)
解約金7,500円
割引き・キャンペーン・キャッシュバック33,000円または、
Amazonギフト券20,000円分
・auスマートバリュー

このランキング記事は、光コラボ単体での月額料金で比べていますが、So-net光コラボレーションはauスマートバリューが使えるため、auユーザーはスマホの月額料金から最大2,000円(契約プランによる)の割引きを受ける事ができます。

公式キャンペーンは「33,000円のキャッシュバック、または Amazonギフト券20,000円分」と光コラボの中では良い内容となっています。新規の工事費用が24,000円のため、キャッシュバックをえらぶと9,000円分のお得ですね^^

キャッシュバック時期は開通から約1年後となるので、キャンペーン特典を早く欲しい人は価値は下がりますが、開通から5日以内にもらえるAmazonギフト券をえらびましょう。

ただし、So-net光の販売代理店サイトから申し込むことで、工事費用が実質0円+キャッシュバック最大25,000円のキャンペーンがもらえるので、この方法が一番お得に申し込む方法となります。(キャッシュバックは開通後、最短2ヶ月でもらえます。)

So-net光のキャッシュバックや割引き、評判とメリット・デメリットを総まとめ

◆公式サイト:So-net光コラボレーション

 

6位: ぷらら光

ぷらら光

NTTグループの老舗プロバイダーぷららの光コラボ『ぷらら光』。特長としては、ネット+ひかりTV+iPad mini 2 とのセット割りがあることです。映像サービスも合わせて考えてる方にはおすすめですよ。

また、エキサイト光と同様に最低利用期間・解約金がないのが嬉しい特長です。お試しのような感覚でできるのが手軽ですね。

もともと事務手数料は0円と、工事費用と同額のキャッシュバックをやっています。キャッシュバックは7か月後の利用後にもらえるようです。

※新規工事費用のキャッシュバックは終わりました。

 マンションファミリー
月額料金3,600円4,800円
新規の事務手数料0円
工事費用15,000円18,000円
転用の事務手数料0円
最低利用期間ナシ
解約金通常はナシ
割引き・キャンペーンひかりTVとのセット割り

また、ぷらら光はひかりTVをセットで申し込むと、2年しばりと解約金9,000円が発生するので注意しなければいけません。検討中の方は、こちらの記事を一度読んおくことをオススメします。

ぷらら光はおトクだけど落とし穴があるので、ここに注意!

◆公式サイト:ぷらら光

 

7位: DTI光

DTI光

プロバイダー系の光コラボ『DTI光』です。DTIはオプションの多さとカスタマーサポートに優れた老舗プロバイダー。月額料金もお手頃価格で使えるのに加えて、ここも最低利用期間・解約金が設定されていないのが大きな特長です。

月額料金はぷらら光と同じですが、初期工事費用の一部がかかってしまうので、全額キャッシュバックしているぷらら光より下の順位としました。

 マンションファミリー
月額料金開通月:0円
3,600円
開通月:0円
4,800円
新規の事務手数料800円
工事費用15,000円
(実質6,000円)
18,000円
(実質7,000円)
転用の事務手数料1,800円
最低利用期間ナシ
解約金ナシ
割引き・キャンペーン

・開通月:月額料金0円
・工事費用の一部(最大15,000円)キャッシュバック
・auセット割り、SIMセット割り

その時のキャンペーンによっても違いますが、DTI光は新規申し込みのキャンペーンとして工事費用の一部をキャッシュバックしているので全額負担に比べると新規ユーザーも比較的、申し込みしやすい光コラボと言えます。解約金もないですからね。 ただし、条件は少しずつ悪くなってきています^^;

この光コラボ単体のランキングでは考慮してませんが、DTI光はauセット割が使えるため、auユーザーだけはDTI光の料金から毎月500円もしくは、1,200円(auの契約プランによる)の割引きを受ける事ができます。

しばりナシ!DTI光のサービス評価とネットの評判・口コミのまとめ

◆公式サイト:DTI光

 

8位: DMM光

DMM光のサービス内容と口コミ・評判を徹底チェック

DMMの光コラボ『DMM光』が8位に入りました。DMMの動画や電子書籍などのサービスを快適な環境で使えるダイレクトコネクトがあるため、DMMユーザーにとっては特に魅力のあるサービスですね。

月額料金的には全体で8位ですが、キャンペーンは月額料金が4カ月無料+キャッシュバックと光コラボの中ではけっこうお得な内容です。

新規で申し込んだときのキャンペーン価値は、最大で24,280円なので工事費用が無料+αの価値ということになります。詳しくは『DMM光のサービス総まとめと3種の評判・口コミを徹底チェック』を参考にしてください。

また、最低利用期間も自動更新型ではないため、2年使えば解約金ナシでやめる事もできます。

 マンションファミリー
月額料金3,780円4,820円
新規の事務手数料2,000円
工事費用15,000円18,000円
転用の事務手数料0円
最低利用期間2年間(自動更新なし)
解約金9,500円
割引きDMMモバイルとのセット割り
キャンペーン・月額料金が最大4カ月無料
・キャッシュバック最大5,000円

また、今回のランキングには含めてませんが、DMMブランドの格安SIMのDMMモバイルを組み合わせることで、DMM光の料金から毎月500円が割引きされます。割引額の月500円は他の格安SIMのセット割りと比べるとわかりますが、けっこう大きいです。

通信費をまとめて節約!光コラボと格安SIMセット割り6つを比較

◆公式サイト:DMM光

 

まとめ

ランキングは以上ですが、いかがでしたか?最後に結果をまとめておきます。

  1. スマート 光コラボレーション
  2. エキサイト光
  3. @nifty光
  4. OCN光
  5. So-net光コラボレーション
  6. ぷらら光
  7. DTI光
  8. DMM光

ネームバリューのあるドコモ光やソフトバンク光は、単体の月額料金としては、今回お伝えした光コラボに比べて高いためランキング圏外という結果です。

学生さんや単身の人は、特にキャリアスマホとのセット割りなどの恩恵があまり受けられないため、インターネット単体で費用を抑えた方が結果として節約できたりします。

自分が求めている条件に合ったサービスを選んで、快適でおトクなインターネットライフを楽しみましょう。

 

お役に立てたらイイネ・シェアをお願いします♪

もし、この記事が少しでもあなたのお役に立てたと感じられたら、
下のSNSからひとつでいいので、イイネやシェアをして頂けませんか?

これからも価値あるコンテンツを作っていく励みになります^^*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

facebookでの購読が便利です

SNSでもご購読できます

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメント

    コメントを残す

    *