戸建てで光回線を引くには?インターネット回線5つを比較!

戸建てで光回線を引くには?インターネット回線5つを比較!

『戸建てに住んでいて光回線を乗り換えたい』『これから戸建てに引っ越しをして光回線を引く』という方から、『どのインターネット回線が良いでしょうか?』というご相談をちょくちょくいただきます。

光コラボが登場したおかげで、今はたくさんの光回線があり、どれが良いのか決められないという人も意外に多いのではないでしょうか?

そこで今回は、戸建て向けの光回線をそれぞれの特徴を交えながらご紹介していきますので、迷った時はこの記事を読んで戸建てにピッタリのインターネット選びに役立ててくださいね。

では、さっそく見ていきましょう!

※表記している価格は税込みです。

戸建て向けの安くておすすめの光回線

戸建てで利用できるインターネット回線はたくさんありますが、その中でも安くておすすめの光回線が、「auひかり」「NURO光」「光コラボ」です。

auひかり:速度も速くキャンペーンも豊富

auひかり引用元 NEXTのキャンペーンサイトより

最初にご紹介するのは、KDDIが提供している光回線の「auひかり」です。

NTT東西のフレッツ光や光コラボとは違い、独自の光回線設備を使うためフレッツ光や光コラボの光回線よりも通信速度が出やすいのが特徴のひとつです。また、2018年3月からは戸建てタイプ限定で10ギガ・5ギガの超高速インターネットサービスが提供開始されています。

代理店からの申し込みで最大52,000円 キャッシュバックキャンペーンが受けられ、工事費無料や他社インターネット回線からの乗り換え費用負担など、キャンペーンも充実しているのもおすすめポイントです。

また、auユーザーであればスマホとのセット割「auスマートバリュー」でスマホ料金が毎月550~2,200円割引、UQモバイルユーザーなら「自宅セット割」で毎月638~858円割引になるので、通信費全体として安くしたい方にはおすすめの光回線です。

 サービス内容評価
回線速度1Gbps
月額料金1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
工事費41,250円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間36ヶ月(自動更新)
解約金16,500円
+撤去工事費31,680円
×
キャンペーン・工事費実質無料
・キャッシュバック最大52,000円+10,000円増額中
・他社からの乗り換え費用還元
セット割引auスマートバリュー
自宅セット割
提供エリア東海・長野・関西を除く全国

auひかりでは工事費無料などひかり電話(月額550円)が条件になるキャンペーンが多いので、必要がない人も最初は付けておいて後で解約してしまいましょう。

注意点としては、工事費が35ヶ月の分割割引で実質0円となるため、36ヶ月以内に解約をすると残った工事費の残額が負担となってしまいます。また、戸建てタイプの解約時は必ず撤去費用がかかるようになりました(引っ越し先でauひかりを継続するか、auのホームルーターを利用する場合は撤去費用が免除)。
 ⇒auひかりのキャンペーンと料金、メリット・デメリットを詳しく解説

NURO光:回線速度下り最大2Gbps+コスパの良さがおすすめ

NURO光引用元 NURO光公式サイトより

※提供エリア拡大※
今までの北海道、関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)、東海(愛知、静岡、岐阜、三重)、関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)、九州(福岡、佐賀)に加えて、2021年6月からは中国(岡山・広島)でも提供開始されています^^

下り最大2Gbpsの回線速度と、無線LANが標準装備で月額5,200円を切るコスパの良さが評判の光回線「NURO光」

お住まいがNURO光の提供エリア内なら、このインターネット回線を選ぶことをおすすめします。また、NURO光は特典・キャンペーンも充実しています。

NURO光のキャンペーン・割引

  • 45,000円 キャッシュバック
  • 初期工事費が実質無料
  • 高速無線LANが標準装備
  • 設定サポートが1回無料
  • ソフトバンクスマホ・ケータイとのセット割「おうち割光セット」が組める

もし、NURO光が提供エリアであれば選んで損はありません。

提供エリアが中国エリアに拡大した点は、インターネット回線に速度を求めるユーザーには嬉しいでしょう。今後もエリア拡大を続けてくれることを期待します。

 サービス内容評価
回線速度2Gbps
月額料金5,200円
無線LAN付き
工事費44,000円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間36ヶ月(自動更新)
※以降は2年の自動更新
解約金10,450円
キャンペーン・工事費実質無料
・キャッシュバック45,000円
・訪問設定サポート1回無料
セット割引おうち割 光セット(ソフトバンク)
提供エリア北海道・関東・東海・関西・中国・九州エリアの一部

NURO光の通常プラン(NURO光 G2T)は戸建てタイプ・マンションタイプともに同じ料金で、光回線の戸建てタイプの月額料金としては安いです。

auひかりもそうでしたが、光回線の戸建てタイプは大体5,200~5,720円あたりが相場ですし、先ほどもお話ししたように、下り最大2Gbpsの回線速度、無線LANが標準装備ということを考えると、かなり安い!です。

注意点としては、工事費が36ヶ月の分割で、キャンペーンによって同額割引され実質0円となっています。36ヶ月以内に解約をすると工事費の残額が請求されてしまいますので覚えておきましょう。
 ⇒NURO光の特典・キャンペーンや料金、メリット・デメリットを徹底解説!

光コラボ:料金が安くスマホのセット割も豊富

光コラボ一覧

NTT東西のフレッツ光回線を使った光コラボには、以下のメリットがあります。

  • フレッツ光より安い月額料金で使える
  • 提供エリア、回線品質はフレッツ光と同じ

光コラボでは各事業者の特徴を活かしたサービスを受ける事ができます。根本的にフレッツ光で使えるオプションなどは全て利用が可能なので、これと言ってデメリットは見当たりません。

『光コラボとは?』という方はこちらの記事を読んでみてください。
 ⇒こっそりおさらい…光コラボってなんだっけ?(初心者向け)

基本的に開通工事は必要ですが、一度光コラボにしてしまえば、他の光コラボに乗り換える(事業者変更)際は工事が不要です。戸建てであれば何十年もお住まいになると思いますので、他の光回線に乗り換える際の費用も安く済みます。

また、戸建てではあまり多くないケースですが、以前に住んでいた人が光コラボを使っていた場合、撤去工事をされていなければその光回線設備を再利用することもできるので、初期費用を抑えることができます。

各事業者で月額料金やスマホ割引、工事費無料やキャッシュバックなど様々なキャンペーンが実施されているので、自分に合ったサービスを選べるのも嬉しいポイントです。ただ、事業者がたくさんあり過ぎるため、どのインターネット回線を選んで良いのか迷ってしまったりもしますが。

『戸建てでauひかりやNURO光を検討していたけど提供エリア外だった…』そんな方々も、光コラボであれば提供エリアは日本全国90%を網羅しているので、しっかりカバーできますよ。

光コラボのおすすめは最安値の「@スマート光」

@スマート光引用元 @スマート光公式サイトより

光コラボの中で今のところ最安値の光回線「@スマート光」を表にしてみます。

 サービス内容評価
回線速度1Gbps
月額料金格安プラン:4,400円
通常プラン:4,730円
工事費19,800円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
契約期間最低24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合
解約金22,000円(25ヶ月目以降は無料)
※新規の場合
キャンペーン工事費完全無料
※通常プランの場合
セット割引なし×
提供エリア全国

「@スマート光」は、インターネット回線の中でも最安値クラスの光回線です。戸建てで月額4,730円で使える時代がいつの間にか来ていたのですね。

光コラボですので、フレッツ光と同じ品質(速度・エリア・オプションなど)を安心して利用することができます。セット割など難しいことは考えず、シンプルに「安い」を求める人にはおすすめの光回線です。

また、戸建てで光回線を引くことに対して『せっかくの新築物件なのに…』とか『乗り換えるたびに工事が必要なのでは?』と思う方も多いのではないでしょうか。先ほどもご紹介しましたが、一度光コラボにしてしまえば、事業者変更という方法で新たに工事をすることなく他の光コラボに乗り換えることも可能です。

@スマート光は最低2年間使えば、いつでも無料で解約や乗り換えができますし、他の光回線事業者とは違い工事費は完全無料なので残債請求される心配もありません。

戸建てで『試しで光回線を使ってみたい』という方には、@スマート光がおすすめです。

スマホとセット割引で考える

今はスマホを一人1台以上持っている時代ですよね。

各キャリア、セット割のサービスを行っていますし、「全部まとめるとお得!」とスマホ+インターネット回線の乗り換えを推し進めるようなキャンペーンが目立ちます。

光コラボでも、スマホ・格安SIMとのセット割を売りにしているインターネットサービスもあります。各光回線のサービス名をクリックするとお得なキャンペーンサイトをチェックできますので是非見てみてください。

携帯大手3キャリア
光回線月額料金セット割名+割引額
ドコモドコモ光5,720円ドコモ光セット割
(最大1,100円割引×20回線)
au
ビッグローブ光
5,478円auスマートバリュー
(最大2,200円割引×10回線)
So-net光プラス6,138円
@nifty光5,720円
ソフトバンクソフトバンク光5,720円おうち割 光セット
(最大1,100円割引×10回線)
主な格安SIM・スマホ各社
格安SIM・スマホ月額料金
(ネット・SMS・通話)
セット割対象の光回線セット割名+割引額
ahamo20GB:2,970円enひかり勝手に割り
(110円割引×ネット1回線)
povo3GB:990円
20GB:2,700円
他1GB/390円(7日)などもあり
enひかり勝手に割り
(110円割引×ネット1回線)
Y!mobile3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
ソフトバンク光おうち割 光セット
(最大1,100円割引×10回線)
UQモバイル3GB:1,628円
15GB:2,728円
25GB:3,828円
enひかり勝手に割り
(110円割引×ネット1回線)
ビッグローブ光  @nifty光
So-net光プラス

自宅セット割
(最大858円割引×10回線)
OCNモバイルONE1GB:770円
3GB:990円

6GB:1,320円
10GB:1,760円
OCN光OCN光モバイル割
(220円割引×最大5回線)
DTI SIM2GB:1,320円
3GB:1,639円

5GB:2,112円
他、10GB/1.4GB(日)プランあり

DTI光DTI 光×SIMセット割
(165円割引×ネット1回線)
mineo1GB:1,298円
5GB:1,518円

10GB:1,958円
20GB:2,178円
eo光330円割引×ネット1回線
donedone50GB:2,728円
ビッグローブ光ネットスマホ割
(220円割引×ネット1回線)
IIJmio2GB:850円
4GB:990円

8GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
IIJmioひかり
ビック光
mio割
(660円割引×ネット1回線)
nuroモバイル3GB:792円
5GB:990円
8GB:1,485円
20GB:2,090円
NURO光330円割引×1回線
(12ヶ月間、同時申込に限る)
イオンモバイル500MB:803円
1GB:858円

2GB:968円
他、10GBまで1GB刻み・10GB以上プランあり

携帯大手3キャリアと言われるドコモ・ソフトバンク・auの場合、ドコモはドコモ光、ソフトバンクではソフトバンク光、auに至ってはビッグローブ光、So-net光プラス、@nifty光をはじめとした様々な光コラボでセット割を組むことができます。

また、Y!mobile、UQモバイル、OCNモバイルONE、DTI SIM、donedoneといった格安SIM・格安スマホともセット割が組める光コラボも多々あります。

ですので、大手3キャリアを使っていて『もう少し安くしたい』という時は、光回線の乗り換えと一緒にスマホも乗り換えることで、トータルの通信費をより安くできます。

先ほどもお伝えしましたが、戸建てであれば長くお住まいになるでしょうし、一度光コラボにすることでその後に別の光回線に乗り換える際の費用も安く抑えられます。戸建てタイプの料金が安い光コラボ+安いスマホ(特に格安SIM)の組み合わせが一番おすすめと言えるかもしれません。

おすすめの光コラボについては以下の記事で解説しているので、戸建てで光コラボの光回線を検討している方は是非読んでみてください。
 ⇒光コラボの料金比較ランキングTOP8|ここが一番おトクに使える!

戸建て向けでは少し割高な光回線

ここまで、戸建て向けの安くておすすめのインターネット回線を3種類ご紹介しましたが、逆に料金が高めの光回線もあります。

フレッツ光

フレッツ光_ロゴ引用元 フレッツ光公式サイトより

NTT東西が提供している安定の光回線「フレッツ光」ですが…

  • 月額料金が他の光回線に比べて高い
  • 昔と違って初期工事費が19,800円かかってしまう
  • 光コラボのようなキャッシュバックもない

という点から、正直お得とは言えません。

提供エリアが全国なのはさすがと言えますが、2015年に始まった光コラボでNTTの光回線をフレッツ光よりも安い料金で使えてしまいます^^;

 サービス内容評価
回線速度1Gbps
月額料金NTT東日本エリア:5,087.5円~+プロバイダ料
NTT西日本エリア:4,730円~プロバイダ料
工事費19,800円×
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金NTT東日本エリア:10,450円
NTT西日本エリア:11,000円
キャンペーン月額料金割引
セット割引選ぶプロバイダによっては可能
提供エリア全国

フレッツ光の場合、戸建て・マンションどちらも初期工事費が自己負担になってしまいますし、月額料金とは別にプロバイダ契約+料金(大体1,100円前後)が必要になります。

また、フレッツ光ではキャッシュバックキャンペーンも行われているケースは少なく、実施していたとしても他の光回線には遠く及びません(法人契約だと高額な場合もあります)。

光コラボで主流のスマホのセット割は、@niftyやBIGLOBEなど選ぶプロバイダによっては組めたりしますが、ドコモ・ソフトバンク・auの携帯大手3キャリアと組めないので、よほどの好条件が重ならないことにはお得に使えるケースはない光回線だと思います。

JCOM(ケーブルテレビ)

J:COM ロゴ引用元 J:COM公式サイトより

「J:COM」はもともと映像配信サービスのためか、通常の光回線と同じ1Gbpsの戸建てのコースでも月額6,600円台とかなり割高で、他の電話サービスやチャンネルサービスとの組み合わせで安くなります。

 サービス内容評価
回線速度1Gbps
月額料金~13ヶ月目:5,412円
14ヶ月目~:8,338円
工事費35,750円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間最低6ヶ月
解約金残月(6ヶ月-利用月)×月額料金
+撤去工事費用10,780円
×
キャンペーンテレビや電話とのセット割
セット割引auスマートバリュー
提供エリア北海道・宮城県・東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・茨城県・大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・山口県・福岡県・熊本県の一部

「スマートお得セレクト NET1G」というWi-Fiとテレビ36chがセットになったプランでは、割引が適用されることによって最初の12ヶ月間は5,412円と戸建てタイプのテレビがセットになったプランとしては安い料金で利用できます。ですが、14ヶ月目以降は割引がなくなり8,338円と2,926円も値上がりしてしまうのです。

また、戸建て1Gbpsの回線を使える提供エリアも札幌・仙台・関東・関西・九州の一部と狭く、それ以外のエリアでは320Mbpsの遅い速度のプランでしか契約できません。

JCOMについては以下の記事でも解説していますので参考にしてみてください。
 ⇒JCOMの評判からわかる5つの注意点とメリット・デメリットを解説

戸建て向け光回線はここに注意!

ここまでは、戸建て向けの5種類のインターネット光回線とその特徴をお伝えしてきました。

次は、戸建て向けインターネット回線の注意点をまとめましたので、知っておくと失敗が防げますよ。

新築物件は開通工事までに時間がかかる場合がある

光回線の提供エリアであっても、戸建ての新築物件の場合は各キャリアがその住所を把握できていないというケースがあります。

もう少し細かく言うと、新築物件の住所登録がないと光回線の開通工事をするにあたって、どの電柱から光ファイバー線を引き込んだら良いのかが分からないという状況になるため、インターネットの工事日程を決めることができないのです。

そのため、E-mailやFAXのやりとりで地図に住所となる場所の印を付けて、契約する光回線事業者に伝える必要があります。

住所登録にだいたい3~4日ほどかかって、そこからやっとインターネットの開通工事の日程が調整できるようになります。戸建ての新築物件で光回線を契約する方はこのパターンになる可能性があるので、インターネットの開通まで少し日数がかかるということを覚えておきましょう。

短期解約時は費用が高額になるので要注意!

何らかの理由でインターネット回線を短期解約をする場合、解約金にプラスして初期工事費(実質無料の場合も含む)の残りの費用も一括して請求される場合があります

工事費無料キャンペーンで工事費が実質無料になったとしても、それはあくまでも契約期間中に対しての割引であって、解約してしまうと支払い終わっていない期間分が残債請求されてしまいます。

今回お伝えしたインターネット回線の中では、NURO光とauひかりが高額になってしまいますので気を付けてください。(@スマート光は工事費完全無料なので、残債請求はありません)

地デジ放送が見たい場合は選択肢が少し限られる

特に戸建てに住んでいる方の中には、『地デジ放送も光回線で見たい』という人も多いと思いますが、その場合は選択肢が若干限られてしまいます。

有名なインターネット回線の中では、auひかりは地デジ放送に対応していないためNGです。

NURO光はオプションのひかりTVを申し込むと地デジ放送が一部のエリア(北海道、東海の一部、関西、中国、九州は対象外)で見られるようになりました。

フレッツ光や光コラボにはテレビオプション(フレッツ・テレビ)がありケーブルテレビはもともとテレビサービスが豊富なので、地デジもまとめて契約する場合はこれらのインターネットサービスを選びましょう。

ソフトバンク光ならセット割が適用可能

プラン契約期間月額料金(ホーム)
ソフトバンク光のみ2年自動更新5,720円
ソフトバンク光 + ソフトバンク光テレビ5年自動更新5,170円
ソフトバンク光 + ソフトバンク光テレビ + スカパー!2年間:4,950円
3年目~:5,170円
※上記にソフトバンク光テレビのオプション料金が必要です。

ソフトバンクが提供している光回線「ソフトバンク光」では、ソフトバンク光テレビをフレッツ光テレビと同額の月額825円~利用できます。

ソフトバンク光とテレビのセット利用は契約期間が5年間と長くなりますが、セット割が適用され通常よりも光回線を月額550円安く利用できます。スカパー!も契約する場合は、2年間はさらに月額220円割引で光回線を利用可能です。

このプランは戸建て限定なので、戸建てにお住まいの方で地デジも検討中であれば、光回線も安く利用できるソフトバンク光がおすすめです。

まとめ

最後に今回お伝えした内容をまとめますと、戸建てタイプのインターネット光回線を選ぶなら

戸建てでおすすめの光回線

がおすすめと言えます。

戸建てにお住まいの方、これから戸建てに引っ越される方で、『どのインターネット回線が良いんだろう?』とお悩み中の方は、是非参考にしてみてください^^

お役に立てたらいいね・シェアをお願いします♪

もし、この記事が少しでもあなたのお役に立てたと感じられたら、下のSNSボタンの中からひとつで良いので、いいねやシェアをして頂けませんか?

これからも価値あるコンテンツを作っていく励みになります^^*

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

ネット回線えらびでこんな風に困っていませんか?

  • 光コラボに興味がある
  • おトクな乗り換え方法が知りたい
  • 工事費用ナシで光回線を申し込みたい
  • キャッシュバックがもらえる特典・キャンペーンで申し込みたい
  • 月額料金が安いインターネット回線が知りたい
  • ネット回線が多すぎて選べない
  • ネット回線えらびに疲れた
  • そもそもネット回線についてよくわからない
  • 自分に合ったネット回線が知りたい
  • 自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

 

などなど、どんなことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*

ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。


今すぐ無料相談してみる

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*