WiMAX2+の端末W06の特徴や性能、キャンペーン比較のまとめ

WiMAX2+の端末W06の特徴や性能、キャンペーン比較のまとめ

WiMAX2+に通信速度が最大1.2Gbpsの端末W06があります。

この記事では、W06の特徴や機能の紹介と、旧端末とのスペック比較、そしてW06を申し込めるWiMAX2+プロバイダのキャンペーン比較をして、どのプロバイダで申し込むのが一番お得なのかもお伝えしていきますね。

W06が気になる人はぜひ参考にしてください。それでは、見ていきましょう。

W06の特徴・機能はどんな感じ?

Speed Wi-Fi NEXT W06

W06は、P10やMate 10 proなど評価の高いスマホで世界的にシェアが伸びてきているHUAWEI(ファーウェイ)製のモバイルWi-Fiルーターです。

  • 下り速度が全端末の中で1番速い最大1.2Gbps
  • 高性能アンテナ搭載でつながりやすさ向上
  • 3つのモードでパフォーマンスが選べる

W06には上記のような特徴や機能がありますが、順番に見ていきましょう。

下り速度が全端末の中で1番速い

W06は下りの最大速度が1.2Gbpsとなっていて、これまでの従来の端末758Mpbsに比べるとかなり速度UPをしています。

ただし、下り最大1.2Gbpsについては条件があり、USBケーブルを使用した際の接続(有線接続)をしている時に限ります。コンパクトなんで、有線接続してもそこまで邪魔にならないです。ちなみにWi-Fiでの接続時は最大867Mbpsになります。

また、使用するエリアが東京都、埼玉県、愛知県、大阪府であることや、端末側でハイパフォーマンスモードを設定していないとこの回線速度では使えません(ノーマルモード・バッテリーセーブモードは速度が抑えてバッテリーとのバランスを取るため)。

Speed Wi-Fi NEXT W06 1.2Gbps

ただし、上り速度はW05より遅くなった…

下りの速度に関しては前身のW05よりも速くなりましたが、上りの速度に関しては遅くなってしまいました。W05では上りの回線速度が112.5Mbpsなのに対し、W06では75Mbpsになりました。

ただし、こちらも使用するエリアが東京都、埼玉県、愛知県、大阪府であること、且つ、ハイスピードプラスエリアモードを使っている時に限ります。

繋がりやすさが20%アップ

W06では高性能ハイモードアンテナが搭載されたことで、つながりにくかった場所でも受信速度が20%アップしています。

通信の安定性が向上していますので、ご自宅内や外出先で繋がりにくかった場所でも快適にWi-Fi通信ができるようになりました。

Speed Wi-Fi NEXT W06_繋がりやすさ20%アップ

3つのモードでパフォーマンスが選べる

W06は、回線速度とバッテリー消費のバランスを3つのモードから選ぶことができます。

充電しながら使うときはハイパフォーマンスモード、カフェなどで使う時にはバッテリーの持ちが良いバッテリーセービングモードというような使い分けができます。

 ハイスピードモード
(WiMAX2+)
ハイスピードプラスエリアモード
(WIMAX2+、LTE)
ハイパフォーマンス約7時間10分約5時間
スマート(ノーマル)約9時間約6時間40分
バッテリーセーブ約11時間40分約10時間

これはWi-Fiテザリングで使った時の連続通信時間ですが、省電力のBluetoothテザリングを使うことによって、下りの通信速度が数Mbpsになる代わりにさらに通信時間が伸びますよ。

ノマド的にカフェでブログを書いたり、調べ物をしたりなら事足りるのではないでしょうか。

 

旧端末W05とのスペック比較

次に、一つ前のモデルW05とのスペック比較をしてみます。

 W06W05
端末Speed Wi-Fi NEXT W06HUAWEI Speed Wi-Fi NEXT W05
回線速度下り:最大1.2Gbps
上り:最大75Mbps
下り:最大708Mbps
上り:最大112.5Mbps
対応ネットワークWiMAX 2+/4G LTE 
連続通信時間■ハイスピードモード(WiMAX2+)
 ・ハイパフォーマンス:約7時間10分
 ・スマート:約9時間
 ・バッテリーサービス:約11時間40分
■ハイスピードプラスエリアモード(WIMAX2+、LTE)
 ・ハイパフォーマンス:約5時間
 ・ノーマル:約6時間40分
 ・バッテリーセーブ:約10時間
■ハイスピードモード(WiMAX2+)
 ・ハイパフォーマンス:約6時間30分
 ・ノーマル:約9時間
 ・バッテリーサービス:約10時間30分
■ハイスピードプラスエリアモード(WIMAX2+、LTE)
 ・ハイパフォーマンス:約4時間20分
 ・ノーマル:約6時間30分
 ・バッテリーセーブ:約9時間10分
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetoothテザリング可能
Wi-Fi最大接続数16台10台
サイズW128×H64×D11.9mmW130×H55×D12.6mm
重量約125g約131g
カラー・ブラック×ブルー
・ホワイト×シルバー
・ブラック×ライム
・ホワイト×シルバー

他にはバッテリー容量が2,750mAhから3,000mAhに大きくなっています。液晶画面の大きさや解像度(2.4インチTFTタッ チ液晶/解像度320×240)には変わりがありません。

スペック的に一番違うところは下りの回線速度ですね。W06はW05に比べて下りの速度は約1.7倍も向上しています5倍となっています。他に関しては、一度にWi-Fi接続できる台数が増えたぐらいですかね。

ただし、お伝えしたように最大速度で使うには、東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の提供エリア内でLTEオプションも付けている必要があるためすべての人がこの性能の恩恵を受けられるわけではありませんので注意しましょう。

 

一番お得なW06のキャンペーンはどこ?

W06の特徴やスペックはお分かりいただけたと思いますが、WiMAX2+は提供しているプロバイダごとにキャンペーンが違ってきます。

ここからは、「W06をどこから申し込むのが一番お得なのか?」を見ていきます。

分かりやすく比較するために、W06を扱う主要なWiMAXプロバイダのキャンペーン・料金を含めて比較表にしてみました(標準と比較するためにあえて本家のUQ WiMAXも入れています)。

  GMOとくとくBBBroad WiMAXUQ WiMAX
事務手数料3,000円3,000円3,000円
端末代0円0円15,000円
利用開始月※1日割り日割り日割り
1・2ヶ月目3,609円2,726円3,880円
3~24ヶ月目4,263円3,411円
25ヶ月目~4,011円
キャッシュバック※231,000円
契約期間3年3年3年
契約期間の費用合計 152,160円128,626円 139,680円
契約期間の月平均金額4,226円 3,547円3,880円 
※1 利用開始月「日割り」の料金は変動するため計算から外しています。
※2 キャッシュバックは最大でもらった金額で計算。

W06の取り扱いプロバイダは結構ありますが、主要なところではこの3つになります。

こうやって見てみると月平均で払う金額としてはGMOとくとくBBが一番高いように見えます。ですが、最大31,000円のキャッシュバックを含めた(相殺した)場合は121,160円(=152,160円-31,000円)となり、それを踏まえると月平均は3,365円になるため、GMOとくとくBBが一番安い計算になるのです。

月額料金は少々高くてもキャッシュバックをもらえる方が良いという人はGMOとくとくBB、やっぱり月額料金は安い方が良いという人はBroad WiMAXがおすすめです。

【WiMAX豆知識】
どのプロバイダを選んだとしても全て同じUQコミュニケーションズの通信設備を使うため通信速度は変わらないので、キャンペーン・料金でえ選ぶのが賢い選択です。

 

W06はどんな人向きなの?

『通信速度ができるだけ速い端末を使ってみたい』という人にはW06は向いています。特に、東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の提供エリア内でau LTEオプションも使いたい人は回線速度の恩恵も受けられるため向いていると言えます。

また、なるべくキャンペーンでお得に申し込みたいという人にも、最大31,000円キャッシュバックがもらえるGMOとくとくBBがあるので良いでしょう。

注意点ですが、LTEオプションを使う月はギガ放題プランであっても月間7GBのデータ容量制限を受けてしまうので注意しておきましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか?

今回はWiMAXのギガビット超え端末W06の特徴やスペック、そしてキャンペーン比較をお伝えしてきました。

比較してみた結果、W06を申し込むのであれば

「GMOとくとくBB」が一番キャンペーン価値は高い!

ということが分かりました。

是非この記事をW06、そしてWiMAXプロバイダを選ぶ時の参考にしてみてくださいね^^

モバイルWi-Fiの知識やお得なキャンペーンがまとめてわかる

モバイルWi-Fiの知識やお得なキャンペーンがまとめてわかる

WiMAX2+をメインにモバイルWi-Fiの知っておくべき知識や、お得なキャンペーン、端末比較やレビューなどの情報を手に入れることができます。

【主な内容】

  • WiMAXの基礎知識
  • 得するWiMAXキャンペーン
  • WiMAXの端末えらび
  • 僕が実際に使ってみたレビュ―
  • 短期レンタルのモバイルWi-Fi
  • お店で使える無料Wi-Fi

ぜひ快適なWi-Fi環境づくりの参考にしてください。


モバイルWi-Fiガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*